ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「買収防衛策」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「買収防衛策」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

EA、Take-Two株式のTOB期限を再度延期
Electronic Artsが、Take-Two株式の公開買い付け期限を5月16日まで延期。Take-Two側は、買収を拒否する姿勢を変えていない。(2008/4/19)

保田隆明の時事日想:
サッポロ VS スティールの「?」を読み解く
スティールパートナーズの買収提案に、1年かけてようやく拒否表明したサッポロビール。なぜサッポロは牛歩戦術を取ったのか? なぜスティールはブルドックソースの時のように敵対的TOBを仕掛けないのか? その理由を説明しよう。(2008/2/28)

保田隆明の時事日想:
Yahoo! の時間稼ぎはうまくいくか
Yahoo! の取締役会は、Microsoftの買収提案を「価格が安すぎる」という理由で拒否した。しかし提示価格は買収プレミアム60%以上という“破格”のもの。Yahoo! には買収提案を拒否するという選択肢はないはずだ。その理由は……。(2008/2/14)

保田隆明の時事日想:
サッポロビール特別委員会は正しいのか?
スティールパートナーズから買収提案を受けているサッポロビール。スティールの買収提案が企業価値を既存しないか、第三者の特別委員会に諮っているが、その回答は“予想通り”のものだった。(2008/2/7)

保田隆明の時事日想:
グリコ株買い増しに“負けはない”――スティールパートナーズの作戦
江崎グリコの株式を買い増したスティールパートナーズ。なぜグリコの株を買ったのか? グリコはどういった動きに出るのか? 根比べになれば「スティールに負けはない」と予測する。(2007/12/13)

保田隆明の時事日想:
「撤退するんじゃなかったの?」――米ウォルマートの慎重すぎる西友再建策
西友を100%子会社化、西友ブランドを続行すると発表した小売業世界最大手の米ウォルマート・ストアーズに対して、驚きの声が上がっている。(2007/10/25)

山口揚平の時事日想:
企業買収ってどうやるの?――企業を買収する人の考え方
ファンドが突然買収を発表、当の企業は焦って買収防衛策に走る……こういうケースが増えている。しかしそもそもファンドは何を狙って企業を買収するのか? 真の意味の買収防衛策とは? 今回はフリーペーパーを発行する企業を例に、“ファンドの立場”で企業買収のシミュレーションをしてみよう。(2007/10/2)

週1回リアルタイム連載「誠倶楽部」:
株価に影響を与える要素は“3つだけ”
7月からスタートした「誠倶楽部」も、残り1カ月を切った。大波乱相場という環境下で、メンバー3人の中に“勝ち組”と“負け組”が出てきたようだ。今回の指南役が指摘する「株価に与える要素は3つ」の意味とは……?(2007/9/10)

TBS特別委、買収防衛策見送りを勧告 楽天は歓迎
楽天の株式買い増しを受け、TBSの買収防衛策発動を検討していた特別委は、防衛策の見送りをTBSに勧告した。(2007/9/7)

保田隆明の時事日想:
最高裁の決定で、結局トクをしたのは誰?――ブルドックソース VS スティールパートナーズ
8月7日、最高裁判所はブルドックソースの買収防衛策を認め、スティールパートナーズの“負け”が決定した。しかしスティールはTOBを継続しているし、ブルドックソースには10億を超える赤字が残る見込みだ。一連の闘争、そして最高裁の決定で、結局何が変わったのだろうか?(2007/8/9)

保田隆明の時事日想:
スティール法廷闘争の余波で、村上ファンドは“グリーンメーラー”になるのか
グリーンメーラーに認定されたスティール・パートナーズ。過去の投資事例が“ゆすり”の類であったと判断された。スティール法廷闘争で村上ファンドは、カネボウはどうなる?(2007/7/12)

保田隆明の時事日想:
クロレッツがテイカロキャンディを飲み込む日
世界有数のお菓子メーカーがM&Aを仕掛け始めた。投資ファンドだけでなく大手メーカーの参入をきっかけに、日本の食品業界の大規模な再編が始まりつつある。今、食品メーカーがターゲットになっているのはなぜなのか。(2007/6/21)

保田隆明の時事日想:
グリーンメーラーの汚名返上か? スティール・パートナーズ
ブルドックソースに敵対的TOBを仕掛けたスティール・パートナーズ。買収防衛策を導入すると発表したブルドックだが、すでに「経済的リターン」でスティールが勝っているという。両者の狙いと背景に迫る。(2007/6/14)

保田隆明の時事日想:
株主総会の“浮動票”、個人株主を味方に付けるために大切なこと
企業の経営陣とファンドが株主総会で繰り広げる委任状争奪戦。このゲームの鍵となるのが、個人株主の存在だ。これからのファンドは、個人株主を自分の味方に付けることが重要になる。そのためには、これまでとは違う方法で個人株主の共感を得ていかなくてはならない。(2007/6/7)

ロサンゼルスMBA留学日記:
エージェンシー問題とイー・アクセス千本会長の矜持
ファイナンスの世界では「会社は株主のもの」――。資本主義のルールかもしれませんが、受け入れるのはなかなか難しいものです。今回は株価上昇を目指す株主の思惑と、それに反する経営者の存在について取り上げてみます。(2007/5/30)

保田隆明の時事日想:
ブルドックソース、4つの選択肢――ホワイトナイトの可能性は低い?
スティール・パートナーズが、ブルドックソースへのTOBを開始。絶妙なタイミングで日経ビジネスに登場し、友好的投資者だとインタビュー記事でアピールしている。ブルドックソースが取りうる選択肢は大きく4つだ。果たしてどの手を取るのが賢いのか……?(2007/5/24)

短期集中連載・保田隆明の“村上裁判傍聴記”:
最終回・踊らされた堀江、黒幕だった村上
ニッポン放送株を高値で売り抜けたい村上氏と、フジテレビを手にしたい堀江氏。二人は時間外取引による株の大量取得に打って出たが……。裁判のクライマックスともいえる、2004年秋〜冬の供述を整理する。村上ファンドは本当にインサイダー取引を行ったのか?(2007/5/15)

保田隆明の時事日想:
ニコニコ動画で活気付くか、株主総会
株主総会が退屈でワンパターンなものだったのも今は昔。今年はさらに、オンライン配信されている総会に、自宅から「異議アーリ!」とツッコミを入れるような楽しみ方が始まるかもしれない――そう、“あの”政見放送のように。(2007/5/10)

TBS、楽天による株式買い増しについてコメント
楽天が株式の買い増しを表明したことに対し、TBSは、買収防衛策を発動すべきか検討するため、楽天に適宜情報提供を要請していくとしている。(2007/4/20)

楽天、TBS株追加取得へ 三木谷社長の取締役選任求める
楽天がTBS株式を追加取得する意向を表明した。株主提案として、社外取締役に同社の三木谷浩史社長ら2人を迎え入れるよう提案。楽天とTBSの攻防戦は新たな局面を迎えた。(2007/4/19)

保田隆明の時事日想:
三角合併に大騒ぎするのは、自意識過剰企業だけ
メディアでも頻繁に報じられている三角合併が、5月から解禁される。三角合併という黒船来襲によって、海外企業による敵対的買収が増加すると懸念する経営者も多いだろう。しかし手腕ある経営者なら、「どうやって三角合併を活用するか」を考えるほうが筋なのではないだろうか?(2007/4/19)

金融・経済コラム:
楽天がTBSの株を売らずに目指すところは……?(2)
前回、楽天がTBS株式を大量取得してから1年半経つが今後の展開は、という内容を書きましたが、読者から「今後の予測が足りないのでは?」というご指摘を受けました。今回は続編として今後の展開に絞って考えてみました。(2007/3/12)

楽天、TBS株式の信託を終了
(2007/2/28)

金融・経済コラム:
敵対的買収に怯えるIT・ネット系企業
経済番組コメンテーターであり、M&Aアドバイザリーや財務コンサルティングを手がける保田隆明氏がIT業界を金融・経済面から語る連載コラム第6回。最近の株価下落によって、IT・ネット系ベンチャーが買収される可能性が高まっているが……。(2006/7/31)

「そして時は動き始めた」──そんな2005年だったかな
前年を引き継ぎ、波に乗って/起こして力を発揮し始めた人や企業に注目が集まった2005年を振り返る。(2005/12/28)

西正:
放送事業の「外資規制」にある矛盾
放送事業に外資規制が課せられることは珍しくはない。ただ、わが国では電気通信役務利用放送事業者に外資規制が課せられていない。このため、東経110度CS放送のHD化に伴って、改めて外資規制のあり方について検討する必要がありそうだ(2005/12/2)

「どうしていけないのか」──楽天、TBS株19%超に買い増し
楽天がTBS株を19%超まで買い増したことが分かった。三木谷社長は、市場で取引されているものを「どうして買ってはいけないのか」と話し、経営統合を成功させるために保有比率を高めたと説明した。(2005/10/26)

「少々心外だが、真剣に検討する」――TBS社長
楽天のTBS株大量保有を受け、TBSの井上社長が経緯を説明。何の前触れもなく株式の大量保有を知らされたことに戸惑いを示しつつも、楽天の提携案は慎重に検討するとした。(2005/10/14)

イー・アクセスが「ポイズンピル」を導入した理由
業績好調のイー・アクセスが、買収対策としてポイズンピルを導入した。会場では「ライブドア対策か」と勘ぐる報道陣も多かったが……。(2005/5/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。