ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「築地」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「築地」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
パチンコだけじゃない! 業界大手マルハンが仕掛ける、次の「意外なドル箱ビジネス」とは?
設備投資などが重荷になり逆風のパチンコ業界。そんな中、業界大手のマルハンが、第二のビジネスに取り組んでいる。(2024/4/19)

非公開の場所が見られる! 東京の建築を見学できるイベント「東京建築祭」開催 無料公開や有料ガイドツアーを予定
専門家などによるガイドツアーは44コース!(2024/4/16)

魚ビジネス:
「新鮮な魚」「とれたて」をアピールする店が、信用できない理由
(2024/3/27)

魚ビジネス:
豊洲市場に人が集まっているのに、なぜ築地場外市場は今もあるのか
豊洲市場には、日々人が集っています。一方、築地場外市場にもたくさんの人が集まっています。豊洲市場移転の際、「築地がなくなる」という声を聞いたことがあるような……。(2024/3/26)

魚ビジネス:
「サンマが食べられなくなる」は本当か よく言われる要因は3つ
漁業の世界では、「魚が獲れなくなった」という話をよく耳にします。ここのところ続いている「サンマの不漁」については……。(2024/3/24)

魚ビジネス:
同じ魚でも値段が違うのはなぜ? 普通のサバと関サバで10倍ほどの差
同じ魚でも値段が違うのはなぜでしょうか。スーパーで売られているサバは、安い時なら1尾400円ほどで買えますが、ブランドサバの「関サバ」ともなれば、1尾4000円以上もしますが、なぜ?(2024/3/20)

魚ビジネス:
高級寿司と回転寿司は何が違うのか 同じ魚なのに“味に違い”があるワケ
1食何万円もする高級な寿司もあれば、1食1000円以内で済んでしまう回転寿司のような安い寿司もあります。同じ寿司であるのに、なぜここまで差が生じてしまうのでしょうか。(2024/3/18)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「6時間待ち」を500円でスキップ 飲食店でも「ファストパス」が広がる納得の理由
人気テーマパークが行列に並ばずアトラクションを利用できる優先券を提供しているのは周知のところ。最近では、こうしたサービスが飲食店にも広がってきた。(2024/3/6)

居住ニーズの変化は:
住みやすい首都圏の街 ランク外から1位となった駅は?
大東建託(東京都港区)が「借りて住んだ&買って住んだ街の住みここちランキング2023<首都圏版>」を発表した。住みここちランキング1位の街とは。(2024/2/25)

田代まさし、肺がん闘病中の“兄貴”退院で駆け付ける 逮捕に保釈金&後見人となった“恩人”に「お寿司頬張る姿超嬉しかった」
退院し元気な姿を見せた佐藤さん。(2024/2/22)

アメリカ育ちの19歳娘が日本旅行で爆買いした“マジ神”土産は意外な日用品 「渋い!」「日本のは品質いいんですね」と話題に
日本人としてうれしくなる動画!(2024/2/17)

大東建託の調査:
子育て世代が選ぶ「街の住みここちランキング」 首都圏で1位に選ばれた街は?
大東建託の調査「子育て世帯の街の住みここちランキング2023<首都圏版>」から、子育て世代が支持する街と駅が分かった。1位に選ばれたのは?(2024/2/10)

「イオンモール宮崎」約80店舗を刷新、どう変わる?
イオンモール宮崎は3月22日から秋にかけて、大規模リニューアルを実施する(2024/2/4)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
庶民派・高級派で二極化? オーケー出店で「銀座の格が落ちた」と考えるのは早計なワケ
ディスカウントストアのオーケーが銀座にオープンして、大きな話題を呼んだとともに盛況を見せている。昨今は数多くの廉価なチェーンが出店する中で、銀座の格が落ちたと感じる人もいるかもしれないが、意外とそうでもなさそうだ。(2023/11/30)

ワタミ築地にインバウンド戦略店 業績予想は上方修正
外国人観光客が押し寄せている東京・築地に、ワタミはインバウンド戦略店「築地牛武」を14日にオープンした。(2023/11/22)

小売・流通アナリストの視点:
ディスカウント王者・オーケーの銀座進出が「勝ち確」と言える3つの理由
ディスカウントスーパーとして有名なオーケーが銀座にオープンした。実は、オーケーにとって銀座進出は「勝ち戦」ともいえる。それはなぜなのだろうか。(2023/11/22)

「社長の住む街」ランキング 3位「六本木」、2位「西新宿」、1位は?
東京商工リサーチが、約400万社の企業データベースから社長(個人企業を含む)の居住地を抽出し、ランキング化。その結果を発表した。(2023/10/12)

地方出身者が都内で住みたいエリア 1位「渋谷・恵比寿・代官山」、最下位は?
都内のマンションに住んでいる地方出身者は、東京のどのエリアに住みたいと考えているのか。(2023/9/30)

東京のどのエリアが人気なのか? 単身で住み替える場合
単身で住み替えする場合(広さは同じ)、東京のどのエリアが人気なのか。20〜30代の男女に聞いた(2023/9/17)

「無事に安産祈願完了!」東貴博、第2子妊娠中の妻・安めぐみと夫婦デート 妊娠発表時には8歳長女も大喜び
ますます第2子誕生が楽しみに。(2023/9/14)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
関東大震災復興のため東京に地下鉄網をつくれ 100年前の構想図見つかる
東京・日比谷の「後藤・安田記念東京都市研究所」で、100年前の地下鉄整備検討資料が見つかった。9月22日まで、同研究所がある市政会館で展示されている。今回は、この資料などをもとに「東京の地下鉄年表」を作成し、複数の計画案を「現在の地図上に路線図」として描いてみた。(2023/8/28)

東京駅限定「駅弁」売り上げ 3位「深川弁当」、2位「いなり詰め合わせ」、1位は?
JR東日本クロスステーション デベロップメントカンパニーは、同商業施設で販売する東京駅限定のお弁当を対象に調査した「東京駅限定お弁当売上ランキングTOP10」を発表した。(2023/8/10)

スマホやタブレットのバッテリー交換はどうやる? ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのキャリア別に解説!
ケータイ、スマホやタブレットのバッテリーには寿命があります。今使っている端末を引き続き使いたい場合は、バッテリーを交換するという選択肢も検討すべきです。この記事では、キャリアの販売した端末についてバッテリーの交換方法をまとめます。(2023/7/6)

秋葉原からその先へ:
「つくばエクスプレス」と「臨海地下鉄」の接続は実現するか
つくばエクスプレスの起点は秋葉原駅だが、今後は東京駅付近にもつながり、路線の価値をさらに高める計画もある。具体的にどういうことかというと……。(2023/6/30)

大東建託調べ:
東京都の「住みここちランキング」 3位「表参道」、2位「築地・新富町」、1位は?
大東建託は、東京都に住む男女を対象に居住満足度調査を行い、「住みここち(駅)ランキング」として発表した。(2023/6/14)

11店舗で販売:
東武船橋で「ふなっしーコラボ」開催 昨年1万6000個も売れた人気企画
東武百貨店船橋店では、地下1階食品フロアで「ふなっしーコラボFOODS」を11店舗で販売する。(2023/6/14)

週末に「へえ」な話:
取り壊された「中銀カプセルタワー」の行方は? 第1号が“動き”始めた
銀座、新橋、築地の中間ぐらいのところにあった「中銀カプセルタワービル」をご存じだろうか。140個のカプセルからできていたが、昨年老朽化のために取り壊した。ただ、再生する動きもあって、全国各地でカプセルがよみがえろうとしている。(2023/5/7)

「すき焼き」と同じ源流?:
「吉野家」の看板メニュー「牛丼」誕生秘話 120年の歴史で具材も変化
国内で約1200店舗を展開する外食チェーン「吉野家」の代表的メニュー「牛丼」。誕生の経緯を広報に聞いた。(2023/5/14)

大東建託の調査:
首都圏で「子育てをしやすい街」 2位「千葉県印西市」、1位は?
大東建託は首都圏に住む成人を対象に、居住満足度調査を実施した。「子育て世帯の街(自治体)の住みここちランキング」1位は、「東京都中央区」だった。(2023/3/29)

5月31日まで:
ドコモショップや希望の場所で「Galaxy即時修理サービス」 ドコモが「スマホ出張修理カー」を東京と沖縄で試行
NTTドコモは、スマートフォンの修理を目的とした専用車両「スマホ出張修理カー」でGalaxyの即時修理サービスのトライアルを実施。東京都と沖縄県の一部エリアで、5月31日まで行う。(2023/3/13)

笑福亭鶴瓶、笑瓶さんの死後初めてインスタ更新 口元を汚したほっこりショットに「元気そうで安心」「貴重な笑いに感謝」
元気そうで安心です。(2023/3/3)

近藤真彦、川崎麻世の還暦イベントにサプライズ登場 “ジャニ辞め”から2年経過も「マッチ変わらない」「昔のままで素敵」
川崎さん「スーパースターの弟分の登場には涙が出るほど嬉しかったよ」(2023/3/3)

地域の街づくりや活性化につなげる:
豊洲市場の場外エリアに、温泉・商業施設「千客万来施設」開業 2024年2月に
万葉倶楽部は豊洲市場の場外エリアに「千客万来施設(仮称)」を2024年2月1日に開業すると発表した。豊洲市場と連携し、地域の街づくりや活性化につなげていく狙い。(2023/2/10)

190の専門店:
「イオンモール豊川」が4月にオープン、特徴は?
イオンは4月4日、愛知県豊川市に新たな商業施設「イオンモール豊川」をオープンすると発表した。どんな店が出店するのか……。(2023/2/6)

チュートリアル徳井さんが作ったお雑煮に猫たちが集まって…… 猫愛あふれるなごやかな風景に癒やされる
黙々と食べる徳井さんと、それをじっと眺める猫ちゃんたちの平和な日常です。(2023/1/15)

すしざんまい社長の元日訪問「すげえ」「縁起が良い」と話題に 運営元「『すしざんまい!』に歓声と拍手が沸き起こった」
運営会社に現場の様子を聞きました。(2023/1/5)

仏教界のDX推進:
「あくまでデジタルは手段」 築地本願寺が目指す“スマートテンプル”とは
社会が大きく変化する中で生き残るためには何をすべきだろうか。築地本願寺が選んだのが、デジタル技術を活用した「スマートテンプル」構想だ。「変わらないこと」の象徴のように語られる伝統仏教の寺院がなぜDXに取り組むのか。(2022/12/6)

入国者数の制限が撤廃:
残念ながら、「インバウンド需要は急回復する」と考えるのが危険な理由
日本では、1日当たりの入国者数制限を10月11日より撤廃した。インバウンド需要の回復を期待する声も大きい。しかし、特需に頼るのは危険だと筆者は主張する。(2022/10/31)

保田圭、夫の新店舗オープンを夫婦2ショットでアシスト 杉浦太陽・辻希美、渡部篤郎、薬丸裕英、観月ありさも祝福
夫の小崎陽一さんはイタリア料理研究家。(2022/10/14)

三田佳子、夫の81歳バースデー2ショットに反響 自身も誕生日控え「『最終章』の覚悟を持たなくては」
すてきな夫婦2ショット。(2022/9/26)

8店舗を閉店:
「乃が美」から独立 加盟店が新たに「パン屋」をオープン
高級「生」食パン専門店「乃が美」の加盟店(8店舗)を運営してきたMTKは、事業の継続が難しいと判断し、新たにパン店をオープンした。(2022/8/2)

東京駅の弁当で最も人気の商品は? 売り上げランキングTOP10発表
JR東日本クロスステーション デベロップメントカンパニー(東京都渋谷区)が、東京駅のエキナカ商業施設「エキュート東京・グランスタ」で販売する弁当の売り上げランキングを発表した。(2022/7/8)

レアアイテムも用意:
シリーズ累計12万個! 埼玉県を越え、「東銀座」にフォーカスしたカプセルトイが登場 
JR大宮駅前にあるファッションビルを運営するアルシェとジェットワークは7月12日に、東銀座にフォーカスしたカプセルトイ「東銀座ガチャタマ」を発売する。(2022/7/7)

昭和スタイルが残る会社が目指したのは「働き方、働く環境のDX」:
PR:快適なハイブリッドワーク実現のカギは“まるでフェースツーフェース”のような環境づくり――半導体・ICT商社が行き着いた改善策とは
多くの企業がオフィスとリモートが混在したハイブリッドワークの確立を模索している。その難題に取り組んでいるのが菱洋エレクトロだ。コロナ禍発生直後からリモートワーク導入が加速し、現在はハイブリッドワークを見据えて働く環境のアップデートを進めている。同社の事例からハイブリッドワーク実現のポイントを学ぶ。(2022/6/29)

2022年大型連休の思い出:
さあ、スマホのクレカで船に乗るぞ!――できるかぎりスマホのタッチ決済だけで「船」と「電車」に乗る旅に出た(後編)
スマホにセットアップした「Visaのタッチ決済」でフェリーと電車に乗りたい――そんな思いで出発した旅行。ついにタッチ決済でフェリーと電車に乗ります……!【更新】(2022/6/22)

大東建託が居住の満足度を調査:
首都圏の住み心地がいい街 「東京・中央区」が4年連続1位
大東建託は「いい部屋ネット 街の住みここちランキング2022<首都圏版>」を発表した。「住みここち(自治体)ランキング」の1位は「中央区」、2位は「文京区」、3位は「目黒区」となった。(2022/5/22)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
1000円超の“高級のり弁”に行列、外食大手も注目 昔懐かしい国民食がなぜブームに?
「のり弁」ブームが起きている。1000円超の高級弁当を売る店には行列ができており、大手外食チェーンも注目している。消費者に支持される背景を探った。(2022/4/29)

首都圏「子育て世帯の住みここち」ランキング 3位「東京都文京区」、2位「千葉県印西市」、1位は?
大東建託は、首都圏(東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県)に居住する成人男女4万1067人の回答を集計し、各ランキングを作成した。(2022/3/30)

首都圏の「借りて住んだ街」の住みここちランキング 3位「半蔵門・麹町G」、2位は「東大前」、1位は?
当調査は首都圏(東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県)に居住する、成人男女16万5302人を対象に実施した。(2022/3/17)

タイムアウト東京のオススメ:
カウンターホッピングに挑戦、新宿の進化系横丁で食い倒れ
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2022/2/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。