ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「名刺特集_2013」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「名刺特集_2013」に関する情報が集まったページです。

野村総研グループがオンライン名刺を一斉導入 国内18社で「Sansan」活用
野村総合研究所とその国内グループ会社17社が、法人クラウド型名刺管理サービス「Sansan」を導入した。2014年にグループ内の一部部門で利用を始めたところ、口コミによって利用者が増えたことから規模を拡大したという。(2021/10/19)

クラウド利用で高まる情報セキュリティリスク、その原因は? IT担当者が身に付けるべき運用の心構え
クラウドサービスの業務利用が当たり前になった今、情報セキュリティに関するネガティブなニュースが目に付くことも非常に増えた。自身が被害者にならないために、そして二次的な被害の加害者にならないために何ができるのか。(2021/10/13)

レベニューオペレーションとは? RevOpsでバックオフィス業務の設計はどう変わるか
これからはCXが重要だと顧客情報の統合を進めたとしても、社内手続きが旧来通りの縦割り構造では、顧客体験も刷新できず「残念なまま」になりかねない。この状況を打開しようと、欧米を中心にレベニューオペレーション組織を設置する企業が増えているという。(2021/10/1)

オンプレ、クラウドで増え続けるデータを一元管理:
PR:6分かかった検索が1秒に――データの一元管理と素早い分析を実現するクラウドネイティブ時代のデータ分析基盤
デジタル時代において「データ」は収益の源泉として欠かせない。ユーザーがどの段階でどのような行動を取ったかログを収集し、さまざまな角度から分析する。それをサービスや製品の改善につなげる。工場の生産ラインでセンサーデータを収集し、品質や生産性の向上に役立てることもできる。データという宝の山を生かさない手はない。ではどのような方法で、データ活用を実現できるのだろうか。(2021/9/22)

Sansan、「オンライン名刺」の交換体験を大幅アップデート コロナ禍でオンライン名刺の利用増大
 Sansanは9月2日、法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」において、オンライン名刺交換体験の大幅アップデートを行ったと発表した。これにより、オンライン名刺を受け取った相手がフォーム入力により名刺情報を返送することが可能となり、送り返されたオンライン名刺は送信者のsansan上に登録される。(2021/9/7)

15億円の広告事業から撤退しSaaSに賭けるFringe81の決断
8月11日、Fringe81は10年以上に渡り手掛けてきたネット広告事業から撤退し、「ピアボーナス」を実現するSaaS「Unipos」専業とする公表を行った。併せて、社名も10月1日より「Unipos」となる。祖業を畳(たた)み「感情報酬」という新たな価値を主力サービスとする意思決定の背景とは、そして、今後の勝算をどう見据えているのか。(2021/9/7)

脱サイロ化の鍵:
HubSpotが考える「オペレーション」 顧客体験と営業・マーケティング部門の生産性向上を同時に実現するには?
情報や組織、戦略の分断は競争力向上を妨げる。これを回避するために重要なのが「オペレーション」だ。(2021/8/26)

経産省、オンライン名刺の「Sansan」を地方支部にも導入
Sansanは、経済産業省の地方支分部局がクラウド型名刺管理サービス「Sansan」を導入したと発表した。同省では2020年7月から本省職員約4000人がSansanを利用。地方支部の職員約1500人と合わせて約5500人がSansanを利用することになる。(2021/7/20)

【決算発表】コロナ禍で成長率鈍化も、「名刺の次」で見据えるSansanの成長ストーリー
クラウド名刺管理サービスを提供するSansanは7月14日、2021年5月期通期の決算を発表した。新型コロナウイルスの影響を受けながらも粘り強く成長を続けた名刺交換サービス「Sansan」の実績と、クラウド請求書受領サービス「Bill One」の順調な立ち上がりが見られた。(2021/7/15)

失敗しないアジャイル開発を実現するには Sansanらの企業事例から学ぶ人材育成のコツ
ビジネスの急速な変化に対応するため、柔軟性を持ってスピーディーにサービスをデリバリーすることが求められる今、IT施策においてウオーターフォール型に代わりアジャイル開発を導入することは企業における喫緊の課題だ。本稿では、ガートナーのセッションからアジャイル人材の育成に取り組む企業事例を紹介する。(2021/6/25)

非対面ビジネスの時代に向けた顧客情報活用法
売り上げアップに直結する、本当に必要な「営業支援ツール」の選定ポイントとは
「名刺管理、SFA、MA」ツール市場が大混戦だ。情報をビジネスに活用するためには「個人が便利に使える」だけでは意味がなく「営業に情報が飛んでいく」ような仕組みが必要だ。そのような中、統合型の営業支援ツールに注目が集まっている。(2021/6/10)

クラウド請求書受領、中小を無料 Sansan
クラウド名刺管理のSansanが、クラウド基盤を活用した請求書受領サービスについて、従業員100人以下の中堅・中小企業を対象に無料化すると発表。中小・中堅企業でのDXを後押しする。(2021/5/28)

コロナ禍でオンライン商談活況 対象広がり新たな商機に
 新型コロナウイルス感染拡大が止まらない中、オンライン商談に活路を見いだす企業が増えている。現物を扱うが故になかなか進まなかったオンラインやリモートのサービスがものづくりの世界にも徐々に浸透。集客を助けるサービスも登場している。(2021/5/14)

コロナ禍でオンライン商談活況 対象広がり新たな商機に
新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない中、オンライン商談に活路を見いだす企業が増えている。これまでなかなか進まなかったオンラインやリモートのサービスがものづくりの世界にも浸透。集客を助けるサービスも登場している。(2021/5/14)

Sansan、紙の名刺作成サービスを開始 1ユーザー当たり年間1500円から
Sansanが法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」で紙の名刺作成サービスを5月末に始めると発表。料金は1ユーザー当たり年間1500円から。(2021/5/10)

オンライン名刺のSansanが、紙の名刺作成サービス開始 なぜ?
クラウド名刺管理サービスを提供する「Sansan」は、5月末から紙の名刺を作成できる「Sansan 名刺メーカー」の提供を開始する。これは、Sansan上で名刺の作成と発注が行えるものだ。(2021/5/10)

富士通グループが「オンライン名刺」導入 社員8万人が「Sansan」活用
富士通グループが、クラウド型名刺管理サービス「Sansan」を導入。約8万人のグループ社員が利用し、データ化した名刺を保管、活用する。提供会社のSanSanが発表した。(2021/4/22)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
2007年からオンライン商談を導入しているSansanが話す“極意”
コロナ禍に突入する前から積極的にオンライン商談を導入してきた企業や、これらのオンライン商談を後押しするプロダクトを展開している企業の事例などから、まだまだ終わりそうにもないコロナ時代のビジネススタイルを考える。(2021/3/30)

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(57):
デジタル時代の「李下に冠を正さず」を考える
「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策の話。でも堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学・ネタをお届け! 今回は、楽天モバイル元社員逮捕のニュースから、デジタル時代におけるビジネスパーソンとしての立ち振る舞いを考えてみます。(2021/1/15)

メカ設計メルマガ 編集後記:
もう紙なんかいらない! 2021年は個人的ペーパーレス元年に
断捨離から始める新年。そして電子化へ。(2021/1/5)

CDOがいなくてもいい:
中小企業でもDX人材を確保できる「逆転の発想」とは
これまでの特集は、専門家の知見や企業事例からDX人材について考えてきた。特集第4回となる最後は、DX人材となりうる若手をうまく活用するために中小企業が取り組むべきことをSansanの柿崎 充氏が語る。(2020/12/23)

神田明神:
”捨てるのにためらう”紙の名刺を奉納 Sansanがオンラインで「名刺納め祭」
Sansanは12月16日、1年間に交換した名刺を奉納する「Sansan名刺納め祭」をオンラインで開催した。オンライン名刺交換を提供するSansanが名刺の奉納を企画する狙いは……(2020/12/17)

名刺上のメールアドレスを99.7%の精度で認識 Sansanが独自OCR技術を開発
Sansanが、名刺上の文字データの認識に特化した独自のOCR技術を新たに開発した。名刺上のメールアドレスの読み取り精度は99.7%に上るという。(2020/12/1)

事業成長を最大化:
データで「未来を予測する」戦略人事 Sansanが急成長の中、取り組んだこと
企業が急成長すると、個々の社員の能力やモチベーションの把握が難しくなる。5年間で社員が約5倍に増えるという急成長を遂げているSansanは、どのように対策をしたのだろうか。人事データで「未来を予測したい」と話す人事部の、その意図を聞いた。(2020/10/20)

収益の柱に育てる:
Sansan、セミナーの集客から運営まで一括支援 「イベントテック事業」へ参入
Sansanは10月8日、企業が主催するセミナーなどの集客や運営を一括で支援する「イベントテック事業」に参入すると発表した。あわせて、法人向けセミナー管理システム「Sansan Seminar Manager」の提供を開始(2020/10/9)

名刺をスマホで撮って申し込み Sansan、セミナー運営を効率化する新ツール
Sansanがビジネスセミナーの運営支援に参入。第1弾として、セミナー運営を効率化するツール「Sansan Seminar Manager」をリリース。企業は登録フォームなどを手早く作成でき、参加者はスマホで撮影した名刺のデータを申し込みに使える。(2020/10/8)

今日のリサーチ:
オンラインシフトに伴う名刺交換減少が引き起こす経済損失額は平均で年間約21.5億円――Sansan調査
コロナ禍における企業の商談・人脈・顧客データに関する調査です。(2020/10/1)

機会損失の可能性:
現場社員の9割が「オンライン商談だと、顧客データを活用できない」 経営層と認識にズレ
オンライン商談で、顧客データを問題なく管理・活用できている現場社員は10.8%。しかし経営層の46.5%は自社の社員が、それらができていると考えている――名刺管理システムを提供するSansanが、そんな調査結果を発表した。また、新規商談や月間の名刺交換枚数も減少しており、機会損失を懸念する声が上がっている。(2020/10/1)

新たなサービスの展開目指す:
Sansanが書き起こしメディアのログミーを子会社化 イベント事業での連携を強化
Sansan(東京都渋谷区)は8月26日、スピーチなどの書き起こしメディアを運営するログミー(東京都渋谷区)を買収すると発表。株式の約70%を取得し子会社化する。ログミーが持つ独自のネットワークをイベント関連事業などに活用し、連携を強化する方針。(2020/8/27)

名詞管理ソリューションのSansanとも連携:
Salesforceを利用した業務をRPAで自動化、UiPathが連携ソリューションを提供
UiPathは、Salesforceに対応した複数のソリューションの提供を開始する。Salesforce向け連携ソリューションは商談成約後の請求書発行やレポートの作成などを自動化できる。Sansan向けの名刺連携ソリューションは、Sansanで管理する名刺データをSalesforceと自動連携させる。(2020/8/11)

NEC、顔認証などの活用で、ニューノーマル時代のオフィス環境を目指す実証実験 2020年度内に実用化へ
NECは、ニューノーマル時代の新しい働き方実現するオフィス環境の実現を目指し、本社ビル内で、マスク着用にも対応する顔認証技術などを活用したゲートレス入退や体表面温度の自動測定、レジレス店舗などの実証実験を開始した。実証成果を踏まえ、2020年度内をめどにソリューション提供を目指す。(2020/7/15)

入館時に自動検温、売店は手ぶら決済 NECが本社ビルでコロナ対策の実験
NECが東京・港区の本社ビルで、テクノロジーを使った新型コロナ対策の実証実験を開始。顔認証と検温ができるカメラを入口に配置し、本人確認と健康管理を自動化する。売店では入店や決済の際に顔認証を活用し、店員と接さず手ぶらで買い物できるようにする。(2020/7/13)

経産省がSansanの名刺管理サービスを導入 職員4000人のDXへ
経済産業省は、Sansanの法人向け名刺管理サービス「Sansan」を正式に導入した。経産省は2019年から、同サービスを試験的に導入していたが、業務生産性の向上が実証できたため今回正式の導入に至った。同サービスの「オンライン名刺」機能の利用も積極的に開始するという。(2020/7/8)

経産省も「オンライン名刺交換」に対応 約4000人の職員が「Sansan」導入
経済産業省がクラウド型名刺管理サービス「Sansan」を導入。約4000人の職員がデジタル化した名刺を保管、活用する。「オンライン名刺」機能も使用し、新しい働き方を目指す。(2020/7/7)

ビジネススキルアップ:
さようなら名刺管理 スマホ1台、追加投資ゼロの名刺管理術
名刺をどのように管理しているだろうか。単純に名刺を引き出しの中にため込んでいて、必要なときにそこから探す、という人も多いだろう。ただ、もらった時点でスマートフォン(スマホ)を活用して取り込んでおけば、少しの手間でいつでも必要な人の名刺データが瞬時に取り出せるようになる。手間をかけずに効率よく名刺を管理する方法を伝授する。(2020/7/2)

Sansanがオンライン名刺機能提供開始 2000社が導入意向
Sansan(東京都渋谷区)は6月16日、企業向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」のオンライン名刺機能の提供を開始した。デジタル名刺をSansan上で発行でき、そのURLをチャット・メールで送ることができる。受け取った相手は、自分の名刺を送り返すことができ、デジタル上での名刺交換を実現する。(2020/6/17)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
Zoom背景にQRコード Sansanのオンライン名刺の実力
Zoomなどのビデオ会議を使ったやり取りは、コロナ禍のもとかなり普及し、一般的になってきた。ただし、初顔合わせの場がオンラインミーティングとなると、問題もある。その一つが名刺交換だ。これを解決しようと、クラウド名刺管理サービスを提供するSansanは、オンライン名刺サービスの提供に向けて動いている。具体的な活用法を聞いた。(2020/6/4)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
記者が体験した、Zoom発表会のベストプラクティス
「新型コロナの影響で、記者の仕事はかなりやりにくいのでは?」と質問を頂くことが増えてきた。3月末から徐々にリアルな発表会の自粛が始まり、4月に入ってからはほぼゼロ。5月は、発表会もインタビューも、100%オンラインに移行している。慣れないzoom発表会において、各社のベストプラクティスを共有したい。(2020/5/27)

データ統合、整備、運用設計――意外に大変な“活用の前処理”支援サービスが開始
リアライズは、企業がデータを活用する際に不可欠な一連のデータ管理サービスの中から顧客データに関するメニューを選んだ「顧客データマネジメントBasic」を提供する。最低限必要な基本的な機能に絞り込むことで、短期間で顧客データを活用可能な品質に引き上げる。(2020/5/25)

名刺管理の「Eight」、オンライン名刺交換に対応 QRコード入りのバーチャル背景を発行
名刺管理サービス「Eight」が、新機能「QR名刺交換」を追加。ユーザーは、名刺情報をQRコード化し、バーチャル背景に組み込んだものを発行できる。Web会議の際に、自己紹介や会話を円滑化するとしている。(2020/5/7)

名刺管理のSansan、Office 365と連携 名刺情報をOutlookに同期、Teamsの検索機能も強化
SansanがOffice 365との連携に対応。名刺情報を「Microsoft Outlook」に同期したり、名刺交換の履歴を「Microsoft Teams」に同期し、検索機能を強化したりできる。連携機能を利用できるのは両サービスを併用するユーザーのみ。(2020/3/12)

オンラインで完結する名刺交換サービス、Sansanが6月開始へ Web会議の相手とスムーズにあいさつ
Sansanが、クラウド型名刺管理サービス「Sansan」に、Web上で名刺交換ができる新機能を追加すると発表。ユーザーが自身の名刺をスキャンするとデジタル版が生成され、メールやチャットなどで送り合えるようになる。Web会議における名刺交換のプロセスが確立されていないことに着目したという。(2020/3/11)

名刺を検索するSansanから名刺で検索するSansanへ:
Sansanが新事業戦略「Sansan Plus」を発表
名刺を起点に業務効率化やデータ価値の向上を行うビジネスプラットフォームへ進化。各種社内データの連携を後押しし、営業活動への活用も視野に。(2020/3/11)

Go AbekawaのGo Global!〜Juan Martinez編(後):
「勉強にコツはない」――両手で考え両手でプログラミングするドクターマルティネス
エルサルバドル出身のJuan Martinez(ファン・マルティネス)氏。「不得意を得意に変える」ことでキャリアを積み重ねた同氏が教える「物事を学ぶコツ」とは。(2020/2/6)

Go AbekawaのGo Global!〜Juan Martinez編(前):
「全く分からないけど、しょうがないので超スピードで学んだ」――勉強嫌いの少年がスーパーマンに
エルサルバドル出身のJuan Martinez(ファン・マルティネス)氏。大学院に行くまでプログラムとは無縁だった同氏が「新しい言語を覚えるのが苦じゃなくなった」理由とは何か。(2020/2/5)

顧客満足度の高さで195カテゴリーの1038製品を選定:
アイティクラウドが「口コミで高評価だったIT製品やサービス」を発表
アイティクラウドは、「ITreview Grid Award 2020 Winter」を受賞した195カテゴリーの1038製品を発表した。10レビュー以上を集めた製品を対象に、カテゴリーごとに「Leader」と「High Performer」を選んだ。(2020/1/23)

名刺管理のSansan、電子契約のクラウドサインと連携 名刺スキャンで契約履歴を一括表示、法務部門の負担軽減
Sansanと弁護士ドットコムが業務提携。法人向け名刺管理サービス「Sansan」と電子契約サービス「クラウドサイン」を連携し、名刺をスキャンすると過去の契約情報が分かるサービスを始める。開始時期は5月で、両サービスを使っている企業のみ利用できる。(2020/1/21)

「今後3年間でSaaSへの投資を増やす」約8割:
SaaS導入後の課題はユーザーへの定着化、WalkMeが調査報告書を発表
WalkMeと日経BPコンサルティングの調査によると、SaaS導入後の課題はユーザーへの定着化。8割前後の企業が社内マニュアルや講習会などで定着を図っているものの、効果は低い。(2020/1/10)

今日のリサーチ:
2019年、名刺交換が最も活発だった都道府県と業種は?――Sansan調べ
500人へのアンケートと名刺アプリ「Eight」の活用動向から見えてきたビジネスパーソンの意識とは。(2019/12/30)

デジタルトランスフォーメーションを推進:
経済産業省でも進む名刺管理サービスの導入 業務引継ぎの効率化にも寄与
法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」。経産省はSansanの試験的な導入を拡大する。スタートアップ支援などを手掛ける局で導入を進める。(2019/12/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。