ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「通勤」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「通勤」に関する情報が集まったページです。

ヤマハ、電動アシスト自転車「PASシリーズ」2022年モデルを発表 安心子乗せ対応モデル、日常使い/通勤通学モデルを一新
安心チャイルドシート搭載仕様から通学仕様まで、ラインアップめっちゃ豊富です。(2021/10/22)

定期券の20%相当額:
京王グループ、通勤定期券の利用でオフィス賃料を割引き 定期券の付加価値向上
京王電鉄と京王不動産が通勤定期券の利用でオフィス賃料の初期入居費を割引くキャンペーンを開始すると発表した。(2021/10/22)

藤田ニコル、700万円ベンツに乗った“マイカー通勤”ショットに反響 「車が似合うモデルNo.1」「ベンツで出勤うらやま」
相棒感出てる。(2021/10/13)

地震や台風で電車が遅れたら? JRと主要私鉄別の「遅延証明書の取得方法」
10月7日に発生した地震の影響で、首都圏の交通機関のダイヤに乱れが出ている。その影響が翌日の通勤ラッシュを直撃。遅延証明書を求める声がTwitterなどで出ている。遅延証明書を提供する専用ページを鉄道各社別にまとめた。(2021/10/8)

通勤客の心“逆なで”:
「今日の仕事は、楽しみですか」品川駅での広告 駅利用者の反応は?
「今日の仕事は、楽しみですか」。通勤客が多い東京都港区のJR品川駅の自由通路にこんなメッセージ広告が一斉に掲げられたところ、ネット上で「働く人の神経を逆なでしている」などと非難が殺到し、公開翌日に取りやめになった。(2021/10/7)

通勤電車を丸ごとテレワークスペース化 座席前にテーブル設置 西武球場前駅で
電車内でテレワークできる「WORKING TRAIN」が西武球場前に登場。ロングシートの前にテーブルを設置し、コンセントやWi-Fiを開放。球場の試合観戦者向け。(2021/10/7)

Web会議できる“新幹線オフィス車両”本格化 JR東、全線の8号車に導入
JR東が「新幹線オフィス車両」を本格化。東北・北陸・上越新幹線の8号車で運用する。通勤やリモートワーク、ワーケーションなど向け。(2021/10/6)

モバイルSuica・モバイルPASMOでチャージできない障害 通勤・通学時間に発生し混乱広がる ※追記あり
16時ごろに復旧が発表されました。(2021/10/5)

「モバイルSuica」iOS版で障害、アプリで残高チャージできず 通勤時間を直撃【復旧済み】
JR東日本が提供する「モバイルSuica」のiOS版で障害が発生し、10月5日朝からApple Payで残高をチャージできない状態になっている。原因は調査中で、復旧のめどは立っていないという。(2021/10/5)

ITフリーランス対象の国の労災保険「特別加入制度」がスタート 通勤や仕事でのケガ、病気など補償
フリーランスのプログラマーやWebデザイナーなどの、いわゆるITフリーランスが通勤や仕事で被ったケガや病気、障害、死亡などに対して補償が行われる、国による労災保険の特別加入の対象拡大が今日、2021年9月1日からスタートした。(2021/9/1)

「地方の家族と同居したい」と引っ越すテレワーク社員 出勤時の新幹線代は「出張扱い」になる?
「遠方の配偶者と同居したい」と新幹線通勤を希望する社員がいます。通勤は月に1〜2回ほどですが、移動費用は「通勤手当扱い」と「出張扱い」、どちらにすべきでしょうか?(2021/8/31)

週刊文春、週刊新潮が中づり広告終了へ
「週刊文春」と「週刊新潮」の編集部は17日、電車内の中づり広告を終了することを明らかにした。文春は8月26日発売号、新潮は9月末が最後となる。両誌は今後、デジタル事業の強化を図る。かつては通勤や通学の電車内で目を引く存在だった週刊誌の中づり広告だが、各誌がインターネットに力を入れる中、その存在感は薄まっている。(2021/8/18)

デジタル大辞泉、新語に「テレンピック」「キャンセルカルチャー」「闇通勤」など
小学館「大辞泉」編集部が、デジタル国語辞典「デジタル大辞泉」に掲載する新語候補を毎月募集する企画で、「テレンピック」など6語を新たに選んだ。(2021/8/13)

就業意識調査:
66%が現在の仕事に「満足」 満足の理由は「通勤時間、勤務地」、不満は?
マイボイスコムが就業意識に関する調査を行った。働くうえで重視する点、仕事の満足度、仕事に対する考え方を聴取した。意識はコロナ禍でどのように変化したのか?(2021/8/10)

在宅勤務で栄養失調? 通勤がなくなる→運動しなくなる→お腹が空かなくなって死にかけた、というお話
「在宅勤務で太る」の逆パターン。(2021/9/1)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
定期代が上がる!? 鉄道の“変動運賃制度”が検討開始、利用者負担は
鉄道で「変動運賃制度」の検討が開始された。そもそも、通勤通学定期券によるボリュームディスカウントは必要だったのか。鉄道会社の費用と収益のバランスが、コロナ禍による乗客減少で崩れてしまったいま、改めて考えてみたい。(2021/7/16)

区間外の鉄道利用を促進:
東武、定期区間外の運賃を「全額還元」する社会実証を実施へ
東武鉄道は、通勤・通学PASMO定期券を持つ乗客を対象に、定期区間外利用時の運賃相当額をグループ共通ポイント「TOBU POINT(トブポ)」で還元する「定期区間外おでかけ社会実証」を実施すると発表した。(2021/7/13)

どんな不満があるのか:
車通勤のデメリット 3位「事故の危険」、2位「費用」、1位は?
車通勤のメリットとデメリットは何か? 車通勤の経験がある500人に聞いたところ、デメリット1位になったのは……。(2021/7/7)

JRE パスポート:
月額1000円で、定期券に「そばのトッピング」が付いてくる JR東がサブスクサービスのトライアル開始
JR東日本が、通勤定期券を持つ乗客を対象に、飲食やシェアオフィス利用のサブスクリプションチケット「JRE パスポート」の実証実験を開始すると発表した。(2021/7/6)

すっぴんライダーの大島由香里、アナウンサー時代のバイク話をほろ酔いでまた暴露 「フジテレビへバイクで通勤してました……」
「もう時効だと思って言うんですけど……」と大島さん。ほんとバイク大好きなんです。(2021/7/1)

「Web会議」の5大トレンド【前編】
オフィス勤務とテレワークの「良いとこ取り」な働き方は定番化するか?
感染症対策として広まったWeb会議は、コロナ禍が落ち着いた後でも引き続き日常業務で活躍する可能性がある。今後は通勤とテレワークの「ハイブリッド」が定着するだろうか。(2021/6/23)

まるで通勤中の会社員? 電車で飼い主の肩にもたれかかり、すやすや眠るワンコがかわいい
わんこの寝顔見ながらの通勤最高。(2021/6/22)

テレワークで浮いた通勤時間の使い方 女性は「家事」が1位、男性は?
テレワークの良かった点についてアンケートを実施。結果、「通勤によるストレスがなくなった」と答えた人が男女ともに最多となり、男性60%、女性は65%に上った。(2021/6/17)

残業や土日勤務とおさらば 「テレ残」を解消する資料作成サービス
新型コロナウィルス感染拡大に伴い普及したテレワークだが、通勤時間短縮のメリットがある一方で、仕事とプライベートの境界が曖昧となり時間管理が課題となっている。時間を気にせずについ残業してしまう「テレ残」を解消すべく、「HandOut」を運営するナカヨカは、スライド資料作成サービス「HandOut Quick(β版)」の事前登録受付開始を発表した。(2021/5/31)

JR九州がシェアオフィス新幹線導入 車内でオンライン会議 期間限定、追加料金なし
JR九州が、列車内でオンライン会議や電話での打ち合わせなどができる「シェアオフィス新幹線」を期間限定で導入すると発表。出張や通勤の移動時間を有効活用してもらうためのサービスで、追加料金なしで座席を提供する。(2021/5/27)

国内初「AI冷房」って何だ? 2021年度登場、JR東海の新型通勤電車「315系」 鉄道ファン目線でチェックしてみた
旧国鉄時代の車両はなくなりますが、ハイテク機能で快適そうです。(2021/5/21)

家族との別居解消にも:
通勤圏外でリモート勤務、三菱電機が導入 転勤・単身赴任しないでOK
三菱電機は、勤務する事業所の通勤圏外に居住し、リモートワークを中心とした業務を行う「遠隔勤務制度」のトライアル導入を始める。家族との別居解消や育児・介護への参画など、ライフスタイルに応じた働き方を実現するねらい。(2021/5/20)

都心回帰?:
20代が希望する通勤時間は「15〜30分」 コロナの影響で住みたい場所は「都心」へ?
働く20代に希望する通勤時間を聞いた。最も多い回答は「15〜30分」だった。住環境の考え方にもテレワークの影響が?(2021/5/19)

テレワークの疑問:
実費精算の通勤費、賃金として社会保険料計算の対象になるか?  厚労省の最新見解は
毎年4月から6月までの給与額をもとに、社会保険料が算出される。通勤手当も、賃金と見なして届け出ることになっている。では、テレワークを中心とした勤務で、数日のみ出勤した際の通勤費は、従来通りに賃金と見なすのか、否か。4月に公表された厚労省の見解も踏まえ、解説する。(2021/5/20)

「GW前の利用状況に戻っている」 JR東日本、通勤時間帯の「減便」中止を発表
通常通りのダイヤで運行します。(2021/5/6)

スピン経済の歩き方:
「緊急事態宣言下に通勤する人」を叩いても、テレワークが普及しない根本的な理由
緊急事態宣言が発令されたにもかかわらず、通勤列車を見ると、たくさんのビジネスパーソンが乗車している。テレワークを実施している企業が増えているはずなのに、なぜ会社で働く人がたくさんいるのか。コロナに対して危機感が乏しいわけでもなく、慣れているわけでもなく……。(2021/4/28)

当時のスター「テレビカー」、仰天ギミックの通勤電車「5000系」 京阪電車で感じる「昭和あの頃」ぶらり旅
昭和な人も、昭和を知らない人も……。京阪電車で愛でる「昭和」をお届けします。(2021/4/15)

電車通勤中にスマホでしていることランキング 「ゲーム」や「ニュース・天気のチェック」を抑えて1位になったのは?
ビズヒッツが電車通勤をする全国の男女500人にアンケート調査を行った。(2021/4/11)

日本のディーゼルカー「こがね」がフィリピンでデラックスに再活躍 「往復6時間」の通勤もこれなら快適!? 
内装がとてもデラックス。(2021/4/7)

通勤中や旅先で突然流しそうめんがしたくなったときに便利 “ポケットに入る流しそうめん機”が登場
「そうめんスライダー」のタカラトミーアーツから。(2021/3/26)

PR:サラリーマンの日常動画……じゃない!? 気になる雑音を超絶技巧で音楽に変える動画「サラリーマンの通勤ルーティン」が驚きのかっこよさ
雑音だらけの日常に疲れた人へ。(2021/3/5)

「忍」「忍」「忍」「忍」ニンジャがキター! “忍者”の通勤路線・草津線で忍者スタンプラリー「御SHINOBI印巡りの旅」2月27日開始
先着300部「忍者御朱印帳」が激シブの出来〜。(2021/2/22)

武蔵野線205系、東京メトロ6000系…… グッと胸が熱くなる、海を渡った日本の通勤電車が「ジャカルタ仕様」になっていく動画
205系、6000系、ジャカルタでも活躍してね。(2021/2/17)

高機能生地を使用:
イオンが自転車通勤に適したセットアップスーツ発売 AOKIやワークマンも「高機能スーツ」に商機
イオンは2月8日、「トップバリュ ウォッシャブルはっ水セットアップスーツ」を発売すると発表した。2月12日から本州・四国の「イオン」「イオンスタイル」約250店舗で販売する。(2021/2/8)

「フリーザの動向も通勤時チェック」 アイデンティティ田島、Ado「うっせぇわ」野沢雅子ver.が“クセになる”語呂の良さと話題
「その可もなく不可もねぇブロリー」(2021/1/31)

鼻毛脱毛周期にあわせて出店:
駅でこっそり鼻毛処理 1.5坪の専門店が大阪メトロに出店 東京ではリピーター続出
都営地下鉄の駅構内で鼻毛脱毛の専門店を展開する「ekibana 3分エチケット」が1月4日、大阪メトロ 御堂筋線のなかもず駅構内に出店した。固定店舗を持たないブース型の店舗で、通勤や通学、買い物時など、駅を利用する合間に立ち寄れる形式を採用。自分で鼻毛処理ができない人の需要を狙う。(2021/1/15)

JR東が特急「湘南」を運行開始:
なぜ? 首都圏で「通勤向け特急」が増えている背景
JR東日本が、通勤向けの特急に力を入れている。すでに常磐線の「ときわ」、高崎線方面「スワローあかぎ」、中央・青梅線方面の「はちおうじ」「おうめ」が運行されているが、来春のダイヤ改正では、特急「湘南」が東海道本線方面にデビューする。これら通勤向け特急が運行される背景を考えてみたい。(2020/12/24)

さよなら「有明」、通勤列車も様変わり 鉄道ファンが注目した「JRグループ2021年春のダイヤ改正」
名物(?)「横浜通過」も見納めに……。(2020/12/22)

新しい通勤スタイルを提案:
JR西日本、時差通勤でポイント付与 21年春から1年間
JR西日本は、「ICOCA」の通勤定期券を利用した時差通勤でポイントを付与するサービスを2021年春に始める。駅や車内の混雑緩和を促す。(2020/12/16)

社会保険料や税金への影響も:
テレワーク下での「通勤手当」と「在宅勤務手当」、どうやって支給する?
在宅勤務を推奨する中で、通勤手当を減らし、在宅勤務手当の創設を検討する企業が増えている。在宅勤務手当の支給方法にはさまざまな種類があるが、方法によって社会保険料や税金に影響する。制度を設計するにあたり、抑えておくべきポイントを解説する。(2020/11/24)

「時差通勤」でポイント還元、JR東日本が2021年春開始
「10回乗れば1回分タダ」の繰り返し利用特典も2021年3月1日から。(2020/11/10)

2021年春から:
JR東日本、時差通勤や「同区間月10回乗車」でポイント還元 通勤の多様化に対応
JR東日本は、通勤スタイルの多様化に対応した「Suica」の新しいポイントサービスを2021年春に開始する。時差通勤や、同一運賃区間の月10回以上利用によってポイントを還元。新しい通勤のニーズに応じたサービスを展開する。(2020/11/10)

「Uber Taxi」、都内の提供エリアを2倍に拡大 「Go To トラベル」での利用見込む
Uber Japanが、タクシー配車サービス「Uber Taxi」の提供エリアを拡大。目黒区、品川区などでもサービスを展開する。「Go To トラベル」による旅行者や通勤シーンでの利用を見込む。(2020/11/9)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「通勤」は減っていく? 東急の6700人アンケートから読み解く、これからの鉄道需要
東急は、アプリを通じて6760人に実施したアンケート結果を発表した。新型コロナの影響で在宅勤務などが広がり、鉄道の需要は低下。しかし、今後も定期券を更新する人は多く、転居しようとする人も少ない。通勤需要は元通りには戻らないが、ある程度回復しそうだ。(2020/11/6)

都市圏の通勤電車に増えている「窓の上の三角マーク」 これ、何?
少し前まではなかった「あるもの」が理由です。(2020/10/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。