ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「団塊の世代」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

小売・流通アナリストの視点:
「ニッセン売却」が象徴するセブン&アイEC構想の大失敗 カタログ通販に残された利用価値とは
5月9日、セブン&アイ・ホールディングス(以下、セブン&アイ)は、子会社の総合通販企業ニッセンホールディングスの全株式を売却すると発表した。これは同社が推し進めた、ネットをベースに連携させるオムニチャネル戦略「オムニ7」の失敗を意味する。EC全盛時代に、売却されるニッセンにはどんな価値が残されているのだろうか。(2024/6/10)

小寺信良のIT大作戦:
ネット社会は「身元不明死」に対応できるか
2025年問題というのをご存じだろうか。物流の「2024年問題」が来たばかりで、もはやいつがどの問題なのかわけが分からなくなっている方も少なくないと思うが、取りあえずこれから起こる一番近いのが、2025年問題である。(2024/4/16)

医療ITコンサルタントのためのQ&A【第7回】
政府主導の「医療DX」は成功するのか 医療現場が感じるギャップ
政府は医療DX構想「医療DX令和ビジョン2030」を掲げ、電子カルテの普及や標準化を推進しています。それ自体は望ましいとしても、医療現場はギャップを感じています。なぜでしょうか。(2024/3/26)

仕様書がなく有識者もいない残されたレガシーシステムをどうするか?:
PR:モダナイズの問題「中身が見えない」システム プロが考える「生成AI」も使った新たなアプローチ
経済産業省は2025年以降、既存ITシステムが残存することによる経済損失が最大で年間12兆円に達する可能性を指摘した。これが「2025年の崖」だ。だが、企業にはシステム刷新を進められない3つの事情がある。どうすればレガシーシステムの刷新を実現できるのだろうか。(2024/1/30)

2023年の人手不足倒産、ここ10年で最多の260件 経済活動の復活で人手不足が再び深刻なリスクに
人手不足倒産が増えている。2023年は、帝国データバンクが調査をさかのぼれる2013年以降で最多となる260件を記録した。(2024/1/22)

小寺信良のIT大作戦:
世界から取り残される日本の「電子・IT産業」 打開策は生成AIか JEITA資料で見る日本の“今と未来”
JEITAによると日本の電子情報産業は、2020年から始まった世界的パンデミックにより、ここ数年はその影響による需要変動が大きかったが、2023年はそれよりも2つの戦争や世界的インフレ傾向、AIの登場が大きなインパクトを与えたようだ。今回はJEITA公開の資料をベースに、23年の振り返りと今後起こるであろう社会変革の様相を予測してみたい。(2023/12/28)

Marketing Dive:
史上最も裕福な「X世代」がなぜかマーケターにガン無視されている件
Z世代攻略はマーケティングに携わる者の重要テーマだ。しかし、彼らの親の世代の消費ポテンシャルを見落としてはならない。(2023/11/22)

地方を救う“黒船”となるか:
6500室を一斉開業 欧州最大ホテルチェーンが日本を“狙い撃ち”した理由
欧州最大のホテルチェーン仏アコーは2024年春、計23軒のホテルで6500室以上を一斉開業させる。これだけの数を一気に開業させる理由は何か? アコージャパンのディーン・ダニエルズ社長に狙いを聞いた。(2023/11/3)

ほっかほっか亭の人気弁当 Z世代1位は「唐揚弁当」、団塊世代の1位は?
ほっかほっか亭で人気の弁当は何か。Z世代と団塊世代に分けて、それぞれの人気トップ5が明らかになった。(2023/10/26)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
アラフィフ世代が感じるさみしさと孤独感の正体
40代から50歳前後の年代は、能力、体力的に、人生の大きな分岐点。これからは、これまで蓄積した知のリソースを活かして人生を生きていくことが求められる。(2023/10/5)

累計1000万部:
糸井重里に聞く「ほぼ日手帳」売上30%増のワケ デジタル時代なのになぜ?
年間82万部を売り上げ、累計販売部数が1000万部を超えた「ほぼ日手帳」。デジタル時代なのに売上30%増の理由は? ほぼ日代表取締役社長の糸井重里さんと、取締役の小泉絢子さんに聞いた。(2023/9/29)

朝食を強化:
びっくりドンキー、「990円」朝食の反響は? ホテルのようなメニューを開発した背景
ハンバーグレストラン「びっくりドンキー」は2021年から朝食メニューを本格的に導入している。ラインアップも拡充させており、今年はホテルのような「990円」朝食も発売している。反響を担当者に聞いた。(2023/9/18)

建設業のバックオフィスから考える2024年問題:
アメックス副社長が建設業界を独自分析(前編)―「2024年問題」解決のヒントは「企業間決済」にアリ
本連載では、アメックスの建設業界を対象にした調査結果をもとに、業界が直面している人材不足や労働人口の高齢化など「ひと」に関する課題や経理業務での支払い業務の煩雑さや属人的な作業を、どう改善していくべきか、前後編の2回にわたり、解説します。(2023/8/9)

増える「45歳以上の転職」 成功者は、ある苦難に直面する
40代以降の中高年層の転職には、若い頃とは異なる特有の苦労が待っている。(2023/7/27)

スピン経済の歩き方:
なぜ「ビッグモーター」で不正が起きたのか レオパレスや大東建託との共通点
テレビCMでお馴染みのビッグモーターの不正が明らかになった。保険金を水増し請求するために、信じられない行為が行われていたわけだが、なぜ「買取台数日本一」の企業が不正を働いたのか。ビッグモーター、レオパレス、大東建託には共通点があって……。(2023/7/19)

働き方の「今」を知る:
結局、就職氷河期とは何だったのか? その背景と今に続く深い傷跡
政府が16日に閣議決定したした本年度の「骨太の方針」の内容をきっかけに、突如ネット上で「就職氷河期世代」が話題となった。結局、就職氷河期とは何だったのか。経済情勢と社会構造から読み解くその原因と、今に続く影響の大きさについて解説する。(2023/6/29)

2023年のCTV広告:
コネクテッドTV(CTV)に隠された落とし穴とは? 広告費の損失を防ぐ方法
急成長のCTV広告ですが、課題がないわけではありません。その一つがアドフラウド(広告不正)。広告費の損失を防ぐためにまず取り組むべきは……。(2023/6/1)

第7回:
「働くパパママ」川柳 大賞は「家事仕事 二刀流だし 二倍速」
オリックスは5月23日、「第7回 オリックス 働くパパママ川柳」の受賞作品を発表した。大賞は「家事仕事 二刀流だし 二倍速」が選ばれた。(2023/5/29)

古田雄介のデステック探訪:
なぜ象印は20年前から見守りサービスを続けているのか
不測のデス(death)をテクノロジーで防ぐのもデステックだ。2001年から通信技術を使った見守りサービス「みまもりほっとライン」を提供している象印マホービンに、その狙いを尋ねた。20年以上続けるのはだてじゃない。(2023/4/20)

スピン経済の歩き方:
バーガーキングがまたやらかした なぜマクドナルドを“イジる”のか
バーガーキングがまたやらからしている。広告を使って、マクドナルドをイジっているのだ。過去をさかのぼると、バーガーキングは絶対王者マックを何度もイジっているわけだが、なぜこのような行動をとるのか。海外に目を向けても同じようなことをしていて……。(2023/4/4)

墓もクラウドの時代に? 故人やペットをスマホで偲べる「クラウ墓」登場
墓やペット供養など悩みを解決するクラウドサービス「クラウ墓」を、元日本IBMの竹村譲さんなどが発表した。(2023/3/24)

働き方の見取り図:
出生数80万人割れ 成長が「無理ゲー」のいま、企業に残された最後の人事戦略とは?
出生数が1899年の統計開始以来、初めて80万人を割った。生産年齢人口の男性だけを戦力と見なした人事戦略では、この先の企業経営は立ち行かなくなる。人口減少社会で企業に残された人事戦略とは?(2023/3/15)

メニュー開発の経緯を取材:
「朝モス」利用者、実は40〜60代がボリューム層 そのコンセプトは
大手外食チェーンを中心に「朝食」の時間帯を狙った戦略を展開している。モスバーガーは2014年から「朝モス」を本格的に導入しており、現在では朝食の時間帯の売り上げが全体の約1割を支えているという。朝モスはどのような経緯で始まり、どんなメニューが人気なのか。運営企業のモスフードサービスに取材した。(2023/2/26)

無策の象徴:
空き家問題、放置してはいけない
国の無策の象徴である「空き家問題」。ここまで深刻化するまで国は何をしていたのか、そして今何をしようとしているのか、さらに「何をしようとしていない」のか。もう一度よく考えてみたい。(2023/2/3)

続く労働力不足と採用難にどう対応?:
PR:即戦力化、人材定着を促すために目を向けたい“次世代の人材育成”とは?
(2023/2/14)

小売・流通アナリストの視点:
池袋から西武がなくなる──変わりゆく街と客層、百貨店が消える本当のワケ
セブン&アイ・グループの百貨店そごう・西武が売却された。これにより、旗艦店の西武池袋がヨドバシカメラを核店舗とした商業施設に替わるのではないかという報道が、賛否両論を巻き起こしている。西武池袋のような駅に隣接した百貨店が消えゆくワケと、これからの百貨店に求められるものとは──?(2022/12/26)

古田雄介のデステック探訪:
自分にとっての「終活のポイント」を診断できる「はなまる手帳」が社会問題の解決をゴールにした理由
家族の介護やお墓、実家の不動産の扱いといった将来考えなければならない問題を、少しのインプット作業で自動診断してくれる。そんな「はなまる手帳」が立ち上がったのはコロナ禍中のことだった。(2022/12/26)

在庫量は10倍、ZEBも実現へ:
本格世界進出に向け新物流拠点着工――コアスタッフ
コアスタッフは2022年12月8日、半導体/電子部品販売ビジネスの新たな基幹拠点になる物流センター(長野県佐久市)の建設に着工した。従来拠点に比べて10倍になる約100万点の在庫を保有できる能力を持ち、同社は新物流センター稼働後、事業の海外展開を本格化させる計画だ。(2022/12/13)

「鳥獣戯画」豆絵巻のプリントデータを無料配布 くるくる巻くと手の平にのるサイズでかわいい
期間限定でコンビニプリントにも対応。(2022/11/19)

ポケモン「赤いギャラドス」を怪獣風に作ったフィギュアがリアルで怖すぎ いかりのみずうみを地獄にしそう
コイキングがいずれこうなると思うと恐ろしいな……。(2022/11/19)

猫のなで心地を完全再現した“ほぼ猫”なクッション「ミャウエバー」 ゴロゴロ鳴く音や体重・大きさ・体温まで本物そっくりなプレミアム版が登場
好きなだけモフモフできる。(2022/11/19)

シェフが客の顔にモンブランをかける動画が拡散し批判集まる シェフは「たくさんの方々に不快な思い」と謝罪
(2022/11/18)

「ジャニー氏に性被害受けた」元ジャニーズJr.の告発動画が波紋呼ぶ ジャニーズ事務所からは回答なし
過去には、東京高裁でジャニー氏から受けた性被害が「真実」と認定されています。(2022/11/18)

「Twitter社員が大量退職」報道で「RIPTwitter」トレンド入り 今後を心配する声が上がる マスク氏はお墓の画像をツイート
従業員の減少によりサービス運営に支障が出るのでは、との報道が。(2022/11/18)

ウマ娘がレースの最中突然Uターン!? 謎の逆走バグが笑えると話題(※現在は修正済み)
なんか透明なレールでもあるの?(2022/11/18)

ピクシブの利用規約改定で波紋 ピクシブ「国際カードブランドの規約違反の指摘が増え変更を検討」
(2022/11/18)

「KICK BACK」MVの“ムキムキ米津玄師”をラテアートで再現 カプチーノ3杯の合体したビジュアルが「封印されし米津」と話題
足をつけたらエクゾディア。(2022/11/19)

「子どもは泣いたり騒いだりするのが仕事。価値観を押し付けないで」 クックビズ社長がSNS上での“不適切発言”で、役員報酬を一部返上
「電車での迷惑行為を助長する可能性がある不適切な発言」との見解。(2022/11/18)

T.M.Revolution“西川アニキ”のリアル過ぎるフィギュアが登場 「HOT LIMIT」のPVを完全再現できるぞーーー!
こだわりがすごすぎる。【訂正あり】(2022/11/18)

味の素、冷凍食品「ザ★シュウマイ」にトレイの一部混入 6万袋の自主回収を公式Twitterなどで発表
商品を着払いで四国工場まで送付するように呼びかけています。(2022/11/18)

時速50キロ以上を記録する「爆速ルンバ」が誕生してしまう 見事な走りに「良い仕事だな」「素晴らしい」と称賛の声
クルマみたいな速度で走ってるじゃん……!(2022/11/19)

“アイス屋が本気を出したCM”に爆笑 ベタなラブコメに“高齢”設定を加えたカオス世界に「腹ちぎれる」「花より団塊」
ふーん、おもしれーCM。(2022/11/17)

リフォームした場所 「キッチン」「浴室」を抑えて1位になったのは?
マンションの大規模修繕などを行うカシワバラ・コーポレーション(東京都港区)は、20〜69歳の男女600人を対象に「リフォームに関する実態調査」を実施した。住宅を購入する際、「中古住宅でも構わないと思うか」聞いてみると、60.0%が構わないと回答した。(2022/11/16)

新連載:大澤孝「トイクリエイターの発想法」:
異色の新作『水星の魔女』が話題 ガンダムが“冬の時代”を乗り越えて愛され続ける理由
ロボットアニメの代名詞ともいえるガンダムシリーズ。10月から放映中の新シリーズ『水星の魔女』が話題だ。かつてロボットアニメといえば隆盛を極めた時代もあったが、なぜガンダムだけがかように生き残り続けられるのか。「ファースト世代」でもあるトイクリエイター・大澤孝氏が解説する。(2022/11/6)

調査レポート:
Z世代とポスト団塊世代でリフォームに対する価値観で差が!カシワバラコーポレーションが独自調査
カシワバラ・コーポレーションは、「リフォームに関する実態調査」を独自に実施し、その結果、リフォームを希望する理由上位はZ世代が「おうち時間」、ポスト団塊世代が「老後を見据えたリフォーム」のためと、世代間でリフォームに対する価値観の違いが明らかになった。(2022/10/12)

小寺信良のIT大作戦:
なぜ“今どきのオジサン”は「Z世代」に優しいのか
ネットのニュースでもテレビのバラエティでも、Z世代はどうだとか、世代間ギャップがどうといった話を目にする機会は多い。だが昨今のZ世代に関する論説を読んでみると、市場としての若者分析ではなく、Z世代の「人間そのもの」を理解しようと努めているように見える。(2022/9/14)

編集部コラム:
「昭和100年問題」はどうなるか
「動いているシステムはいじるな」とはいえない問題がもうすぐ訪れるようです。(2022/8/27)

産業動向:
矢野経済研究所が住宅リフォーム市場に関する調査を実施
矢野経済研究所は、2022年4月〜2022年6月、住宅リフォーム関連事業者などを対象に国内住宅リフォーム市場を調査し、現況、参入企業の動向、および将来展望を明らかにした。2021年の住宅リフォーム市場規模は前年比5.7%増の6.9兆円、2022年は6.5兆円と予測した。(2022/8/8)

キャリアニュース:
2022年下半期の転職市場、全14分野のうち13分野で求人増加と予測
転職サービス「doda」が「転職市場予測2022下半期」を発表。全14分野のうち13分野で求人が増加する見込みで、特にIT化、DX推進を担える人材の需要が高まっている。(2022/7/21)

スピン経済の歩き方:
ユニクロの「フリース1000円値上げ」は正しい、なるほどの理由
ユニクロがネット上で叩かれている。「秋冬モノで1000円前後の値上げを予定している」と発表したところ、「高すぎる!」などと厳しい声が相次いでいるのだ。同社の値上げは“間違って”いるのだろうか。いや、実はそんなことはなく……。(2022/6/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。