ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ドラッグストア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ドラッグストア」に関する情報が集まったページです。

製品動向:
日機装がドラッグストアで除菌装置「Aeropure」の販売を開始、近日中に携帯型も発売
日機装は、ウエルシア薬局とスギ薬局の店舗で空間除菌消臭装置「Aeropure」を発売する。Aeropureの実店舗での販売は日機装として初となる。(2021/6/14)

忖度し過ぎ:
スギ薬局会長夫妻のワクチン優先、背景に何が
新型コロナのワクチン接種で、愛知県西尾市の近藤芳英副市長が担当部局に指示し、市民で薬局大手スギ薬局を経営する「スギホールディングス」の創業者、杉浦広一会長と妻の昭子相談役の予約を優先的に確保していたことが発覚した。(2021/5/14)

PayPay、花王商品の購入で最大30%還元 6月1日〜6月30日
PayPayとヤフーは、花王商品の購入金額から最大30%をPayPayボーナスで付与するキャンペーンを開催。対象店舗は全国のウエルシア、スギ薬局、サンドラッグ、ツルハドラッグ、マツモトキヨシなどで、期間は6月1日〜6月30日。(2021/5/10)

廃PETリサイクルの高耐久アスファルト改質剤をウエルシアが初採用
花王が開発したアスファルト改質剤「ニュートラック 5000」を、ウエルシア薬局が新店舗の駐車場舗装に採用した。同製品は、耐久性を高めるだけでなく、マイクロプラスチックの発生を抑え、美観も向上するという。(2021/3/1)

キヤノンMJ、医療機関窓口向けの“オンライン資格確認”に対応した顔認証付きカードリーダー
キヤノンマーケティングジャパンは、医療機関や薬局の窓口業務への導入に向く顔認証付きカードリーダー「Hi-CARA」を発売する。(2021/2/24)

au PAYの「たぬきの大恩返し」、3月はスーパーやローソンなどで20%還元
KDDIは3月の「たぬきの大恩返し」キャンペーンとして、3月22日までスーパー、ドラッグストア、ローソン、飲食店で20%のPontaポイント還元を実施。auとUQ mobile以外のユーザーも参加できる。(2021/2/24)

セルフケア薬局 nonowa西国分寺店:
「処方箋がなくても買える薬局」がエキナカに出店 オンライン問診で密回避の実証実験
処方箋がなくても病院の薬が買える「セルフケア薬局」を展開するSDCは、商業施設「nonowa西国分寺」に「セルフケア薬局 nonowa 西国分寺店」を出店すると発表した。(2021/2/5)

au PAYの「たぬきの大恩返し」、2月はドラッグストアなどで20%ポイント還元
KDDIは「たぬきの大恩返し」として、ドラッグストアやスーパーなどで「au PAY」を利用すると最大20%のPontaポイントを還元するキャンペーンを開催。au PAY マーケット限定で、さらに10%還元も行う。(2021/1/28)

通年採用:
コロナの影響で中退してしまった学生を正社員として採用 ドラッグストアの「ゲンキー」
新型コロナウイルスの影響で、中途退学を余儀なくされた学生が増えている。福井県などで展開するドラッグストアのゲンキーは、そういった学生を正社員として採用する。(2020/12/4)

au PAYで最大20%還元の大型キャンペーン再び 12月から3カ月間、約100万箇所で
KDDIが、2020年12月1日から2021年3月末まで、「au PAY」を利用してPontaポイントを最大20%を還元するキャンペーンを開催する。12月1日から31日までは、マツモトキヨシ、ほっともっと、オーケーや百貨店などで20%のPontaポイントを還元する。2021年1月以降も、スーパーマーケット、ドラッグストア、飲食店で20%還元キャンペーンを展開する予定。(2020/11/30)

インターステラ、サツドラ超炭酸水とのMOMO応援プロジェクト始動 売上1本につき1円をロケット開発資金に還元
インターステラテクノロジズは、サツドラホールディングスのグループ企業、サッポロドラッグストアーと連携し、「サツドラ超炭酸水×インターステラテクノロジズMOMO応援プロジェクト」を開始した。(2020/11/27)

ドラッグストアで売ってるあれやこれやがミニチュアに 「わたしの街のぷち薬局」12月発売
薬局で販売されているバラエティ豊かなアイテムがちっちゃなサイズに。12月14日発売。(2020/11/15)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
まるで「関ヶ原の戦い」 “覇王”ウエルシアや“九州の雄”コスモスの猛攻にマツキヨ・ココカラ連合は……
ドラッグストア各社の競争が激化している。コロナ禍やインバウンド需要消失で苦戦するチェーンも出てきた。一方で、スーパーや同業を買収して勢力を拡大する動きも。(2020/11/11)

11月の「d払いお買物ラリー」、スーパーやドラッグストアなどで最大50%還元
NTTドコモは、11月2日〜30日に「d払いお買物ラリー」を開催。スーパーやドラッグストア、ホームセンター、クリーニング店、美容院などが対象で、「d払い」を初めて利用した場合は最大50%、利用したことがある場合は最大30%ポイント還元する。(2020/10/30)

「嫌よ!」「個人情報じゃない!」って言わないで なぜ薬局で保険証提示が必要なのかを説明する漫画が分かりやすい
保険証を見せる大切さがよくわかります。(2020/10/23)

小売業のDXを強力に推進 富士通が業務アプリ構築クラウドサービスを提供開始
富士通は、スーパーマーケットやドラッグストアなどの小売業者のデジタルシフトに向け、店舗業務に関わるアプリをクラウドで提供する「Brainforce」を提供開始した。第1弾として、レジを通さずスマホで買い物が完結する“ウォークスルー決済”などの仕組みを提供する。(2020/10/20)

QUOカードPayが「スギ薬局」「ユニクロ」などで利用可能に
クオカードのスマートフォン向けデジタルギフト「QUOカードPay」が、10月5日から全国の「スギ薬局」「ジャパン」、10月9日から「ユニクロ」「ジーユー」で利用可能となる。(2020/10/5)

今日のリサーチ:
有料化直後のドラッグストアでは「レジ袋購入しない人」が約8割――True Data調べ
2020年7月1日からレジ袋を有料化したドラッグストアの実購買データを調査。(2020/8/12)

コンビニやドラッグストアで5%〜30%還元 スマホ決済8月のキャンペーンまとめ
8月のスマホ決済キャンペーンまとめ記事をお届けする。7月から引き続いて「マイナポイント」を見込んだキャンペーンが開催されているが、その他にもお得感があるキャンペーンが用意されている。特にコンビニやドラッグストア、スーパーを対象にした施策が充実している。(2020/8/12)

内食・中食需要の取り込み:
吉野家が牛丼弁当をドラッグストアで実験販売 冷凍牛丼は絶好調
吉野家が中食・中食需要の取り組みを強化している。コロナ禍で冷凍牛丼の売り上げが急激に増えている。中食需要を取り込むために牛丼弁当をドラッグストアで実験的に販売している。(2020/7/31)

d払い、全国のスーパーとドラッグストアで最大30%還元 セブン限定25%還元も 8月から
全国のスーパーとドラッグストア加盟店で「d払い」を使うと最大30%相当の「dポイント」を還元するキャンペーンを、NTTドコモが8月に行う。初めてのユーザー向けにセブン-イレブンで25%還元するキャンペーンも開催。(2020/7/31)

医療ITニュースフラッシュ
調剤薬局が「オンライン服薬指導」に踏み切れない“想定外”の理由とは
新型コロナウイルス感染症の拡大防止策として、要件が緩和されたオンライン診療やオンライン服薬指導。実際にはどの程度広がっているのか。関連する新たな製品・サービスは。医療ITの注目ニュースをお届けする。(2020/7/31)

d払い、ドラッグストアやスーパーを対象に最大+30%を還元 8月3日から
ドコモが、8月にドラッグストアとスーパーを対象にした「d払い」のキャンペーンを実施する。決済金額(税込み)の10%を進呈する他、2加盟店以上で支払うと、最大30%を追加還元する。上限は2000ポイントで、期間・用途限定となる。(2020/7/30)

au PAY、ドラッグストアやスーパーで最大10%還元のキャンペーン 8月から
KDDIは、8月1日から「ドラッグストア/スーパーマーケット×au PAYキャンペーン」を開催。ドラッグストアとスーパーマーケットを対象に、最大10%のPontaポイントを還元する。(2020/7/27)

緊急特集 デジタル変革の旗手たち――緊急対応編:
AIで店舗の「3密」対策、社内ハッカソンから2週間で実装――サツドラホールディングス 代表取締役社長 富山浩樹氏
北海道を中心に約200店舗を展開するドラッグストアチェーン「サツドラ」は、コロナ禍においてどんな「英断」をくだしたのだろうか。(2020/6/22)

ビッグデータ+Twitterでお店の混雑を把握、「おでかけ混雑マップ」公開 NTTデータとunerry
NTTデータは6月18日、ベンチャー企業のunerryと協業し、スーパーやドラッグストアといったお店周辺の混雑傾向を調べられるAndroidアプリ「おでかけ混雑マップ」を公開した。(2020/6/19)

ヤフーの検索・地図サービス、スーパーや薬局周辺の混雑状況を確認可能に 計2万8000店に対応
ヤフーが「Yahoo! MAP」「Yahoo!検索」などのサービスに、スーパーマーケットや薬局周辺の混雑状況を確認できる機能を追加した。店舗名で検索すると、当日と過去6〜7日間の混雑状況を1時間単位で分析。「混雑」「通常」「緩和」の3段階で表示する。(2020/6/2)

PayPay、オンライン診療の支払いに対応 画面越しにQRコードを提示して決済
PayPayが医療機関や薬局での支払いに対応した。オンラインでの診療や服薬指導の際に、ビデオ会議の画面越しに提示したQRコードを患者側が読み取ることで診察料や処方箋料を支払える。(2020/6/2)

スピン経済の歩き方:
「日本人なら国産」のこだわりが、”マスクパニック”を再燃させてしまうワケ
「ドラッグストアでマスクを買うことができたよ。『MADE IN CHINA』だけどね」といった人が増えてきたのでは。その一方で、「マスクは国産でなければいけない」という人もいるわけだが、こうした考え方に筆者の窪田氏は警鐘を鳴らしている。なぜかというと……。(2020/5/12)

3段階で表示:
「今混んでるから来ないで」を発信できる 店舗の“混雑度”をリアルタイムで表示、チラシサービスのトクバイが開始
スーパーのチラシなどの情報提供サービス「トクバイ」を手掛けるロコガイドは、全国のスーパーやドラッグストアなどの混雑状況を表示する「混雑ランプ」のサービスの無料提供を始めた。混雑状況をリアルタイムで知らせることで、来店の参考にしてもらう。(2020/5/11)

スーパーやドラッグストア近辺の混雑傾向がわかる「お買物混雑マップ」が公開 “密”を避ける行動の参考に
「グノシー」でも利用可能になる予定です。(2020/5/11)

POSデータ活用:
高齢者は朝のドラッグストアへ本当に「殺到」したか 購買データで解明
ドラッグストアに朝「殺到」しているのは本当に高齢者か。購買データから真相を解明した。「トイレットペーパー買い占め」騒動時の動静も明らかに。(2020/5/2)

福井県の全戸に配布:
マスクは十分用意してます ドラッグストア「ゲンキー」がマスク購入券の対応を発表
福井県の「マスク購入券」プロジェクトが始動する。マスクの販売を行う「ゲンキー」が対応を発表。(2020/4/20)

LINE、コロナ対策でドラッグストアや飲食店などの公式メッセージやチラシ配信を無償化
ドラッグストアやスーパーマーケット、飲食店などを展開する法人ユーザーが新型コロナウイルス感染症対策に奔走する現状を受け、顧客向けに配信するメッセージやチラシのバナー配信機能の一部を無償で提供する。(2020/4/14)

POSデータから判明:
新型コロナ、ドラッグストアに「意外な大打撃」 全体売り上げは伸びたが……
新型コロナの経済への打撃が止まらない。マスク買い占めで騒がれるドラッグストアにも意外な悪影響が。POSデータで判明した。(2020/3/31)

マスクおとりに集客か 消費者庁がドラッグストアなど2社に指導 
消費者庁は、在庫がないにもかかわらずマスクの値段などを書いたチラシを配っていた2事業者に対し、景品表示法(おとり広告告示)に基づき再発防止の行政指導を行った。(2020/3/27)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
新型コロナで見直された“最重要食品”とは? 巣ごもり消費と防衛消費の意外すぎる実態
新型コロナの流行は小売業にどのような影響を与えたのか。百貨店が苦戦する一方で、コンビニは堅調。スーパーやドラッグストア以外に売り上げを伸ばした業界とは?(2020/3/24)

スピン経済の歩き方:
在庫はたくさんあるのに、なぜ“トイレットペーパー行列”ができたのか
先週末、トイレットペーパーやティッシュペーパーなどを購入するために、ドラッグストアや量販店などで行列ができた。「デマ」と分かっているのに、なぜ多く人が並んでいたのか。筆者の窪田氏はこのように分析していて……。(2020/3/3)

公正取引委員会が呼び出し:
マスクの抱き合わせ販売はダメ! ドラッグストアの業界団体が会員企業に呼びかけ
マスクの抱き合わせ販売が相次いだドラッグストア。業界団体が抱き合わせ販売をしないよう会員企業に連絡。独占禁止法が禁止する不公正な取引方法につながるおそれがある。(2020/2/28)

新型コロナウイルスの騒動で:
マスクの買い占めは止めて! 厚労省と経産省がスーパーやドラッグストアの業界団体に要請
厚労省と経産省で新型コロナウイルスに関連した新たな動き。マスクや消毒薬などを過剰に発注したり、在庫を抱えないように要請。スーパーやドラッグストアなどの業界団体に向けて。(2020/2/10)

MAツール活用最前線:
MAとCRMをフル活用し、インサイドセールスを強化していく――ロコガイド
スーパーマーケットやドラッグストアなどの買い物情報を無料で見ることができるサービス「トクバイ」。MAがリード獲得のみならず既存クライアントのフォローにも活用できることを証明した事例を紹介する。(2020/2/4)

お店最前線 来店してもらう仕掛けとは?:
池袋のマツキヨが「アミューズメント」化! 男性向け化粧品を強化した“体験型店舗”に 実際に行ってみた
2019年秋、池袋のマツキヨがリニューアル。「体験型店舗」を掲げ、旧来のドラッグストア像から脱却を狙う施設となっている。男性向け化粧品も充実し、これまでにない客層も狙う。どんな店になっているのか、実際に行ってメーク体験もしてきた。(2020/1/14)

課題山積の地方こそ、グローバルで戦える:
もうけは悪、補助金漬け――そんな地方都市で実績上げる、サツドラ社長の戦略
「課題山積の地方こそ、グローバルで戦える」――。そう意気込むのは、北海道を中心に国内約200店舗のドラッグストアを運営するサツドラホールディングスの社長を務める富山浩樹氏だ。地方都市の生き残りを賭けて戦う富山氏に、戦略の詳細を聞いた。(2020/1/6)

d払いの10%還元キャンペーン、1月は「ランチ」と「ドラッグストア」で
d払いの還元キャンペーン「いつでもどこでも d払い」の新ラインアップとして、「飲食店のランチタイム」と「ドラッグストア」を対象とする新キャンペーンが登場。いずれも2020年1月中から開始される。(2019/12/16)

商品企画に店舗スタッフを起用:
「安さ」という“王道”を捨てたマツキヨ 裏から支える謎の会議「コミッティ」とは?
ココカラファインとの経営統合検討に向けた協議を開始したマツモトキヨシ。展開していたプライベートブランド「MKカスタマー」を2015年に「matsukiyo」へリブランディング。高品質、高付加価値商品の充実を進めている。ドラッグストアといえば「お買い得」のイメージも強いが、王者マツキヨはなぜ「安さ」を捨てたのか。(2019/12/13)

今日のリサーチ:
買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う理由」に関する調査です。(2019/12/5)

ココカラファイン、「楽天ペイ」や「メルペイ」などを導入 コード決済の利用方法を変更
ココカラファインは12月3日、同社のドラッグストアや調剤薬局などの約1300店舗で「楽天ペイ(アプリ決済)」「メルペイ」「ゆうちょPay」「J-Coin Pay」「Origami Pay」を導入した。同日から利用者がスマートフォンの画面に表示したバーコードをレジで読み取る方式に統一する。(2019/12/3)

12月の「au PAY」キャンペーン、週末に使える20%割引クーポン、au Wowma!で20〜25%還元など
KDDIが、コード決済「au PAY」向けのキャンペーンを12月に実施する。飲食店、エンタメ店鋪、ドラッグストアの対象店舗で、週末にau PAYと一緒に利用できるクーポンをプレゼントする。「au Wowma!」では20%還元キャンペーンを実施し、三太郎の日には25%を還元する。(2019/11/28)

Amazon.com、Alexaによる服薬リマインダーを大手薬局チェーンと連携して提供
Amazon.comが薬局チェーンと提携し、Alexaによる処方薬の服薬リマインダーと補充購入を可能にするスキルを米国で提供開始した。(2019/11/27)

LINE Payが「年末感謝クーポン祭」開催 コンビニ、スーパー、ドラッグストアなどが対象
LINE Payは、12月1日〜12月31日まで「年末感謝クーポン祭」を開催。対象はコンビニ、スーパー、ドラッグストア、エンタメカテゴリーの加盟店で、好きな店舗と商品を選んで買い物に利用できる。利用されたクーポンが合計400万個に達した時点で終了する。(2019/11/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。