ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ドラッグストア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ドラッグストア」に関する情報が集まったページです。

調剤薬局チェーンのアインHD、Francfranc買収 ドラッグストア事業への相乗効果見込む
調剤薬局チェーンを展開するアインHDは7月3日、雑貨小売大手Francfranc(東京都港区)の全株式を取得し、子会社化したと発表した。アインHDは「買収することでそれぞれの強みを生かしたシナジーを発揮することができると考えている」とコメントした。(2024/7/5)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「最強連合」に向けてイオンを頼ったツルハ モノ言う株主の指摘は本当に正しいのか
ドラッグストア業界の1位と2位が統合する。イオンの下で、2027年末ウエルシアHDとツルハHDが合併する予定だ。ツルハを巡ってはモノ言う株主からさまざまな指摘がなされているが、本当に正しいのか。(2024/6/3)

コロナ禍から復活:
ドラッグストアの卵はなぜ安いのか? 「トモズ」データ戦略の裏側
都市型ドラッグストアを展開するトモズ。都心部に集中展開しているだけに、コロナ禍では大きな打撃を受けた。データドリブンの戦略によってどう立て直したのか。CDO渡瀬氏に聞く。(2024/5/22)

中部薬品、AI活用でドラッグストアの自動発注率が80%超え 週1000時間の作業削減を目指す
バローホールディングスグループの中部薬品は5月15日、運営するドラッグストア「V・drug」に日立システムズの「需要予測型自動発注システム」を導入した結果、自動発注率が80%を超えたと発表した。V・drugでは2023年8月から同システムを本格稼働している。(2024/5/17)

なぜ、PBなのに安くないの? ウエルシアとマツキヨココカラが「高級志向」を始めた背景
従来、価格の安さが売りになることも多かった小売り各社のPB商品。それがここにきて、高級志向の商品を扱うケースが増えている。今回はドラッグストア業界の2社にフォーカスし、戦略を読み解いていく。(2024/4/20)

ウエルシア、突然のトップ辞任劇でどうなる? 経営統合にも影響か
私生活の不適正な行為により社長が辞任したウエルシアホールディングスは、直近の1年間(令和5年2月期)の売上高が1兆1442億、約2800店舗を展開するドラッグストア業界のトップを走る。(2024/4/17)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
なぜ、アマゾンは「薬局ビジネス」に注力するのか? 競合の“破壊者”となる生成AIの実力
競合のディスラプター(破壊者)となりうる、その略とは。(2024/4/10)

ウエルシア、プライベートブランドから初の冷凍食品を発売 消費者調査から開発に着手
ウエルシア薬局(東京都千代田区)は、プライベートブランド「からだWelcia」から初の冷凍食品を発売する。消費者への調査で冷凍食品に対するニーズが高いことが分かり、開発した。(2024/4/6)

薬局じゃなくて“楽”局? 一風変わったカプセルトイ専門店「カプセル楽局」が出店拡大 そのこだわりを聞く
2022年7月に1号店がオープンし、2024年3月に20店舗を突破。(2024/4/6)

「長崎スタジアムシティ」10月に開業、商業棟に2店舗が出店
ジャパネットグループで地域創生事業を担うリージョナルクリエーション長崎は、「長崎スタジアムシティ」の商業棟「STADIUM CITY SOUTH」2階に、スーパーマーケット「Fとドラッグストアが出店することを発表した。(2024/4/4)

小売・流通アナリストの視点:
ウエルシア・ツルハが統合しても「業界の覇者」になれない理由 今後のカギを握る2社
業界トップのウエルシアと2位のツルハの経営統合で、ドラッグストア業界は騒然となった。実現すれば売り上げは2兆円超、次位となるマツキヨココカラをダブルスコアで引き離す圧倒的な規模を誇るグループが誕生することになる。(2024/3/29)

日本のリアル産業を救う“エッジAI最前線”:
リテールメディアを変える「エッジAIカメラ」 サツドラが導入後に得た成果とは?
エッジAIの活用がさまざまな業界で広がっている。エッジAIを生かしたリテールDXに挑んでいる北海道のドラッグストア「サツドラ」では、どんな効果が生まれたのか――。(2024/3/6)

会計前のさりげない一言で“神客”に! ドラッグストア店員が感動する「お客さんの振る舞い」が参考になる
聞かれる待ちより伝えたほうがいいみたい。(2024/3/2)

「初めて迎える『うるう日』だった」 スギ薬局、システム障害を謝罪
スギ薬局は、2月29日の「うるう日」に発生したシステム障害について謝罪した。システムは3年ほど前に導入したもので、初めて迎えるうるう日だったという。(2024/3/1)

Pontaポイントがいつでも1〜1.5%もらえる「au PAY Pontaアップ店」 ドラッグストアやスーパーが対象
KDDIとauペイメントは、対象加盟店でau PAYを利用するとPontaポイントが1〜1.5%もらえる「au PAY Pontaアップ店」を開始。エントリーやPontaカードの提示は不要で、ドラッグストアや飲食店、スーパーなどが対象となる。(2024/2/28)

ダレノガレ明美、通販での“やらかし”画像が圧巻 「ドラッグストアみたい」「余分に経済を回した」
家の隅から隅まで磨くとのこと。(2024/2/24)

CIO Dive:
フォルクスワーゲンがChatGPTをクルマに搭載 自動車メーカーの「生成AI活用例」を紹介
「風邪を引いたんだけど」と告げると、一番近いドラッグストアへの道順を教えてくれる――。フォルクスワーゲンがChatGPTと社内の音声アシスタントの統合を進めているという。生成AIに積極的に利用する自動車メーカー各社の取り組みを紹介する。(2024/2/9)

口コミ評価が高いドラッグストア 「ドラッグストアコスモス」「ツルハドラック」を抑えた1位は?
「口コミコム」を運営するmov(東京都渋谷区)は、「口コミコム」の分析機能を用いてドラッグストア11ブランドに寄せられた約12万件の口コミを調査し比較検証を実施した。評価が高いドラッグストアとは。(2024/1/28)

Retail Dive:
なぜ顔認証技術の導入に失敗したのか? 誤認識で被害者多数、ある小売チェーンの記録
連邦取引委員会は薬局・小売チェーンのRite Aidが顔認証技術を不当に使用し、顧客に損害を与えたと述べ顔認識技術を5年間にわたって使用禁止とした。なぜこの導入は失敗したのだろうか。(2024/1/24)

小売・流通アナリストの視点:
首都圏で急増中のコスモス薬品 物価高を味方にした戦い方とは?
九州を地盤とする大手ドラッグストア「コスモス薬品」。九州でトップシェアとなった後は、店勢圏を東に向けて拡大し、今まさに関東攻略作戦を進行中だ。コスモスを躍進には、物価高を味方にした戦い方がある。(2024/1/16)

PayPay、スーパーとドラッグストアで最大20%還元 2024年1月9日から
PayPayは、2024年1月9日から2月8日まで「スーパー・ドラッグストアで! PayPayお買い得市」を開催。対象店舗で商品を購入すると最大20%のPayPayポイント、酒の場合は抽選で最大1000ポイントを付与する。(2023/12/13)

アイ・オー、2ベイ小型筐体を採用した各種医療機関向けのオンライン資格確認端末
アイ・オー・データ機器は、医療機関および薬局/訪問看護ステーション向けとなるオンライン資格確認端末「APX2-MEDICAL/QCB」を発表した。(2023/12/13)

一人暮らしで、近くにあると便利な施設 3位「ドラッグストア」、2位「コンビニ」、1位は?
一人暮らしの人が、近くにあると便利だったり、楽しかったりする感じる施設は何か。アットホームが調査結果を発表した。(2023/12/3)

一人暮らしで「近くにあったらいいなと思う施設」 3位「銀行・郵便局」、2位「ドラッグストア」、1位は?
一人暮らしの人が、近くにあったらうれしいと感じる施設と、実際にあってよかったと感じている施設は何か。KG情報が調査結果を発表した。(2023/11/23)

ANA Pay、JCBのコード決済スキーム「Smart Code」に対応
ANAホールディングス傘下でマイルや決済事業を行うANA Xは11月7日から、「ANA Pay」でコード決済を利用可能にする。同社が11月1日に発表した。全国のスーパーやドラッグストアなどの「Smart Code」加盟店で、ANA Payのコード決済が使える。(2023/11/2)

好きなドラッグストアチェーンはどこ? 3位「スギ薬局」、2位「マツキヨ」、1位は?
LINEリサーチが、 ドラッグストアチェーンに関する調査を実施した。最も「好き」という回答があったチェーンはどこだったのか。(2023/10/20)

「自分の歯のレントゲン写真」のTシャツを着て薬局に行ったら…… ツッコミどころ満載の状況に“13万いいね”の反響
確かに便利ではあるけれど。(2023/10/18)

「郊外で見かけるものあるある」が分かりすぎてうなずく人続出 「でかい薬局」「やたら見かけるスズキの看板」
でっかいショッピングモールがあるのも郊外あるある。(2023/9/16)

加盟店がポイントを上乗せできる「PayPayポイントアップ店」開始 9月から「ウエルシア」「WINTICKET」と提携
PayPayは、PayPayポイントを活用した加盟店の販促を支援する取り組み「PayPayポイントアップ店」を開始。各社独自のポイントサービスとして利用できるようになり、9月からウエルシア薬局やWinTicketから順次導入する。(2023/8/30)

リサイクルニュース:
赤字を出さないユニリーバのリサイクルプログラム、登録者は110万人を突破
ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティングは、「第23回JAPANドラッグストアショー」内のビューティケアゾーンに出展し、SDGsプラットフォーム「UMILEプログラム」の取り組みや成果を紹介した。(2023/8/24)

「ウエルシアグループアプリ」でPayPay決済を利用可能に 最大10万ポイント還元キャンペーンも
ウエルシア薬局が運用する「ウエルシアグループアプリ」で、キャッシュレス決済サービス「PayPay」の決済機能が利用可能に。これを記念し、9月1〜30日に最大10万ポイントのPayPayポイント還元キャンペーンを行う。(2023/8/22)

リサイクルニュース:
ほとんどごみを出さない展示会ブース、日本製紙クレシアが取り組みを紹介
日本製紙クレシアは、「第23回JAPANドラッグストアショー」内のホームケアゾーンに出展し、パネルなどを用いてリサイクルや環境配慮の取り組み、資源を取り巻く環境問題を紹介した。(2023/8/22)

新しい店舗体験:
小売マーケの限界突破か サツドラ、AIカメラ×広告で売上が1.6倍に
北海道内で2位の店舗数を誇るサッポロドラッグストアは、新しい店舗体験の構築に乗り出した。AIカメラでの取得データとPOSデータを掛け合わせた広告を展開している、新しいチャレンジを取材した。(2023/8/22)

品ぞろえから探る:
驚異的な成長続けるドラッグストア業界 強みはどこにあるのか
超高齢化社会で、健康関連のニーズが高まる。ドラッグストア業界はそうした市場環境で成長を続けている。その強みを品ぞろえから探ってみた。(2023/6/30)

小売・流通アナリストの視点:
覇者イオン、コスモス、カインズに勝てるのか 中堅中小の「合従軍」戦略
スーパー、ドラッグストア、ホームセンターの上位企業の多くがM&Aで規模を拡大してきた。上位企業による下位企業の買収というのが自然と多くなる一方、下位企業が同盟するように経営統合して対抗するというパターンもある。(2023/6/12)

調剤のデジタル化:
イオン薬局、「薬局に行かずに服薬指導」サービス全店導入
イオンリテールは6月6日より順次、イオン薬局全店にオンライン服薬指導サービス「curon(クロン)お薬サポート」を導入すると発表した。これにより、利用者は薬局に行くことなく、ビデオ電話を活用し薬剤師から服薬指導を受けることが可能となる。(2023/6/8)

医療ITコンサルタントのためのQ&A【第6回】
“Amazon薬局”が現実の脅威に? 電子処方箋が後押し「処方薬ネット販売」の今
電子処方箋の仕組みが開始し、調剤薬局のビジネスは大きく変わる可能性があります。処方薬のオンライン販売が現実になるとともに、Amazon.comが日本での処方薬販売に参入するとの見方も。何が起きるのでしょうか。(2023/6/13)

データ活用を社内に浸透させるには? 調剤薬局のクオールホールディングスが凝らした工夫とは
調剤薬局を運営するクオールホールディングスでは、データ分析のためにクラウドBIツール「Domo」を導入している。導入当初、社内で浸透させるには苦戦したが、ある工夫を凝らすことで解決を図ったという。(2023/5/29)

独自のPB商品:
どうしてそんな名前に? 「誰も傷つけたくないスポンジ」ウエルシアが考えた理由
ウエルシア薬局が自社のPB商品にユニークな名前をつけている。「誰も傷つけたくないスポンジ」はSNSで話題になった。その背景は?(2023/5/28)

オンライン診療普及も:
マツキヨココカラ、オンライン即日配送サービスを本稼働 首都圏から対象エリア拡大へ
ドラッグストア・調剤薬局を展開するマツキヨココカラ&カンパニー(東京都文京区)は、オンラインストアで購入した商品を即日配送するデリバリーサービス「マツキヨココカラQ(キュー)」を始めた。首都圏から展開し、対象エリアを順次広げていく。(2023/5/16)

dポイントを最大20%還元する「ワシのマークの大正製薬フェア」、5月1日〜31日開催
NTTドコモは、5月1日〜5月31日に「ワシのマークの大正製薬フェア」を開催。ドラッグストアなどで大正製薬の対象商品を1回に1000円以上(税込み)購入すると、代金の20%分のdポイント(期間/用途限定)を還元する。(2023/4/28)

IT企業デスクツアー:
149億円調達のスタートアップで働くみんなのデスク環境 まるでおもちゃ屋な机も
IT企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。経営陣や社員がどんな環境で働いているかチェックする。今回は3月までに149億円を調達した薬局向けSaaSベンダー・カケハシで働く人のデスク周りを探る。(2023/4/24)

薬局向けSaaSのカケハシが18億円を追加調達 累計調達額は149億円に
薬局向けの業務支援サービスを提供するカケハシが18億円の資金を調達。同社は1月に76億円の調達を発表済み。これにより、同社の累計調達金額は149億円になった。(2023/3/29)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
イトーヨーカドー、逆転狙った「幕張店」の今 再建のカギはドラッグストア化!?
イトーヨーカ堂の苦戦が続いている。衣料品の不振などが響いた。幕張の新モデル店で思ったような成果が出なかったことも背景にあると筆者は指摘する。(2023/3/28)

クラウドERP導入事例:アインホールディングスがERP刷新で重視したもの
アインホールディングスがERPを刷新した。導入に当たり重視したのはドラッグストア業界の環境変化だ。(2023/3/27)

コンビニ有利に?:
「たばこ販売終了」の衝撃、ウエルシアHDが抱えていた“矛盾”
ドラッグストア最大手のウエルシアホールディングス(HD)は3月24日、2026年2月までに全店舗でたばこ製品の販売を順次終了すると発表した。「健康な暮らしを提供する」との企業理念を鑑み、今後のたばこ販売は適切ではないと考えたという。(2023/3/24)

3月28日:
大阪・交野市にショッピングセンター「tonarie星田」開業 スーパー、ドラッグストア、百均など
MIRARTHホールディングス(東京都千代田区)は3月28日、大阪府交野市にショッピングセンター「tonarie星田」を開業する。(2023/3/17)

4人に1人が罹患:
スギ花粉の飛散ピーク 売れ筋の対策グッズは? ロフトとハンズに聞いた
今年も花粉症のシーズンが到来し、3月下旬にかけてスギ花粉の飛散ピークを迎える。日本気象協会は今春の花粉飛散量について、東北や関東甲信、東海にかけて例年比1.5〜2倍以上と予測。ドラッグストアや雑貨店では、マスクや点鼻薬などの対策グッズがずらりと並ぶ中、今シーズンはどのような商品が売れ筋なのか。(2023/3/11)

大阪市内で最も利用されているスーパー 「業務スーパー」「万代」を抑えた圧倒的1位は?
マーケティングリサーチ会社のアスマークは、「大阪市のスーパー・ドラッグストア・商業施設の利用実態把握調査」を実施した。(2023/2/13)

J-Coin Pay、ドラッグストア、家電量販など対象の10%還元キャンペーン 還元上限1万円
みずほ銀行は、キャッシュレス決済サービス「J-Coin Pay」にて決済金額の10%を還元するキャンペーンを実施する(2023/2/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。