ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「氷河期」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「氷河期」に関する情報が集まったページです。

十人十色な「キャリア安全性」:
自分のキャリアに「納得」するために必要なものは?
「この職場で働き続けることは、果たして自分にとって幸せなのか?」──と考えたことのある人も少なくないだろう。自分のキャリアに「納得感」を持つためには、何が必要なのか?(2024/5/17)

ハッピーターンのパッケージを今と昔で比較してみると…… 「懐かしい」「欧風せんべい やったんや!?」
英字フォントがレトロでたまらない。(2024/5/2)

営業利益率50%超:
IT駆使し業界に新風 不動産マッチング「楽待」運営会社トップに聞く
8月で創業20期目になるファーストロジックの若手社長、坂口直大氏にインタビューした。(2024/4/11)

「カメ止め!」上田監督が新作「逆面接」公開 「企業が就活生に選ばれる時代」風刺し1200万表示の反響
バブル期の就職事情が思い出される……。(2024/4/9)

QAで解説:
採用を頑張っても若手がどんどん辞めていく……企業が今すぐ確認すべき3つの要素
せっかく新卒採用を頑張っても、若手がどんどん辞めてしまい困っています。待遇も悪くないと思いますし、なぜこんなに離職が多いのか分かりません。若者の早期離職は、どうやったら止められますか?(2024/3/28)

「誹謗中傷をする方は中年の男性が多い」 “フェラーリ女子”YouTuber、密着取材で“炎上”コメントに言及 視聴者層は9割男性
「ちょっとかわいそうだなと思うところはある」と発言。(2024/2/13)

メカ設計メルマガ 編集後記:
「次の当たり前」に向けて進化する仕事の道具(ツール)
(当たり前ですが)PCも3D CADも次世代に向けた製品開発が進んでいます。(2023/12/5)

働き方の「今」を知る:
「最近の若者は……」と突き放す上司は淘汰される、これだけの理由
上司と部下はいつの世代も分かり合えないのが世の常だ。しかし「若者世代はよく分からない」といって、部下とのコミュニケーションを放置するような上司や先輩は、どんどん淘汰されていく可能性が高い。なぜかというと……。(2023/11/21)

営業DXで応える:
バブル世代の敏腕営業が大量離職 営業力の低下を今から食い止めるには?
バブル世代の敏腕営業たちが定年退職により会社を去ったあと、営業力は低下の一途をたどるかもしれない。彼らの営業力を資産として会社に残すためにはどうすればよいのだろうか?(2023/10/20)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
アラフィフ世代が感じるさみしさと孤独感の正体
40代から50歳前後の年代は、能力、体力的に、人生の大きな分岐点。これからは、これまで蓄積した知のリソースを活かして人生を生きていくことが求められる。(2023/10/5)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
若手人材の早期離職を解決! 部下を活かすマネジメント“新作法”とは
現状を聞き分析する中で分かったのは、企業側が若者の真の離職理由を捉えきれていないこと。いったい何が食い違っているのだろう。なぜ若者はすぐに辞めてしまうのだろうか。(2023/9/28)

有給の消化率、バブル世代とZ世代はどちらが高い?
2019年4月、労働基準法の改正で「年10日以上の年次有給休暇が付与される労働者は、年5日以上の取得をすること」が義務付けられ、働く人々の価値観が大きく変化した。コロナ禍を経てワークライフバランスや多様な働き方が進む中、働く人の休暇取得の意識はどう変わったのだろうか。(2023/9/25)

男女の賃金格差、なぜ埋まらない? 「仕方ない」論が見落とす2つの視点
女性は男性よりも平均30.4%賃金が低い――。 格差を「仕方ない」とする人が見落とす2つの視点とは?(2023/9/22)

ガートナー「デジタル・ワークプレースサミット」レポート:
「働き方改革は“無意味”」 ベストセラー『ニューエリート』の著者がこう断言する理由は?
世界で絶えずパラダイムシフトが起きる中、何を基に「自らの働き方」を決めるべきか。ベストセラー『ニューエリート』の著者で「働き方のパラダイムシフト」を説くピョートル氏が「働き方改革は無意味」と断言する理由は?(2023/9/8)

仕事に対する価値観:
職場の若い人は何を考えているの? Z世代とうまく付き合う方法
「Z世代」という言葉をよく耳にするようになった。X・Y世代と違って、若い人たちはどのような傾向があるのか。仕事の価値観などを解説する。(2023/9/1)

「Z世代は褒めて伸ばせ」を信じる上司が意識改革すべき、これだけの理由
“Z世代のトリセツ”はメディアにあふれていますが、もちろん万能薬ではありません。例えば「Z世代は褒めて伸ばせ」という助言に従い、とにかく否定せずに褒める、傾聴するといった対応を続けても、それだけではなかなか本人の仕事の成果は上がりません。(2023/8/8)

働き方の見取り図:
「ダイバーシティ推進」のウラで「高齢者に早期退職」迫る企業のちぐはぐ
企業の多くが「ダイバーシティ推進」を掲げる一方で「パフォーマンス化している」「見せかけに過ぎない」――などと疑問視する声も多い。ダイバーシティ推進への疑念はなぜ生じるのか。(2023/7/24)

働き方の「今」を知る:
どうすれば就職氷河期を回避できた? 今も残る「元凶」
どうすれば就職氷河期を回避できたのか──歴史に「もしも」はないが、どのタイミングでどのような対策を取っていれば、不幸な世代を減らせたのだろうか。また、現在の日本社会にも通ずる「元凶」とは何か。新田龍氏が考察する。(2023/6/30)

働き方の「今」を知る:
結局、就職氷河期とは何だったのか? その背景と今に続く深い傷跡
政府が16日に閣議決定したした本年度の「骨太の方針」の内容をきっかけに、突如ネット上で「就職氷河期世代」が話題となった。結局、就職氷河期とは何だったのか。経済情勢と社会構造から読み解くその原因と、今に続く影響の大きさについて解説する。(2023/6/29)

他世代は「3000万円台」がボリュームゾーン:
「就職氷河期世代」、家探しにも苦労? 不動産購入金額が他世代より低め
就職氷河期世代は、家探しにも苦労しているかもしれない。不動産購入に関する調査結果で、購入金額のボリュームゾーンが他世代よりも低いことが分かった。(2023/6/6)

年代別にも違いが:
働く人の「理想の睡眠時間」は平均7時間55分、現実は?
アサヒグループ食品は、ビジネスパーソンの睡眠実態と意識に関する調査を実施。平日は平均してどのくらいの睡眠時間を取っているのだろうか。(2023/5/17)

働き方の見取り図:
就活オワハラ、なぜなくならない? 学生に「大人の圧力」振りかざす企業の苦しい事情とは
企業が就職活動をする学生に迫る「オワハラ」(就活終われハラスメント)が問題となっている。オワハラが社会問題として広く認知され、流行語大賞にノミネートされたのは2015年。それから8年の歳月を経てもなお、なぜオワハラはなくならないのか。(2023/4/26)

Twitter、春の凍結解除祭りか 凍結されていた複数アカウントが復活、「凍結解除」がトレンド1位に
ついに……!(2023/3/17)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「獺祭」蔵元が賃金と生産性をアップできたワケ 「賃上げブーム」との決定的な違いとは
大企業で賃上げの報道が続いている。しかし、給与が上がるのは大手正社員のみ。物価が高騰しているにもかかわらず、大多数を占める中小企業の社員、特に中高年層の社員の給与は一向に増える見込みがありません。そんな中、経営層は、どんな意識を持って経営すべきなのか。ヒントとして獺祭の事例を紹介します。(2023/3/10)

ソフトバンクとauのデュアルSIMは同一番号で使える? 宮川社長が“アイデア”を披露
ソフトバンクは2月3日、2023年3月期第3四半期の連結業績を発表した。売上高は前年同期比4.1%増の4兆3454億5900万円、営業利益は同21.7%増の9820億300万円の増収増益だった。質疑応答では、予備回線用のデュアルSIMに関する話題も出た。(2023/2/4)

Twitter、今度は「凍結祭り」で氷河期突入? VTuberや絵師などが対象に 原因は依然不明
2月9日でTwitter APIの無料提供を終了することが話題になっているTwitterだが、今度は大量のアカウントが凍結されたと話題になっている。3日午前10時40分時点の日本のトレンドでは「凍結祭り」が1位に入った。(2023/2/3)

Twitterで多数のアカウントが凍結 「凍結祭り」「Twitter氷河期」などトレンド入りする事態に
(2023/2/3)

東京ディズニーシー、寒波の影響で凍ったアクアスフィアが話題に 「初めて見た」「幻想的だ!」
“地球”の表面がすごいことに……!(2023/1/25)

110人に聞く:
「弟の方が稼ぎが良い」──氷河期世代男性の8割が仕事・キャリアに「モヤモヤ」
ラフティ(千葉県市川市)が「就職氷河期世代・会社員のホンネ調査」を実施した。(2022/12/10)

企業の対応は?:
40代正社員の平均年収が下がっている意外な理由とは? 24年間で約60万円も減少
国税庁の調査によると、1997年と2021年を比べたところ、40代正社員の平均年収が60万円ほど減少していることが分かった。なぜなのか?(2022/12/8)

リフォームした場所 「キッチン」「浴室」を抑えて1位になったのは?
マンションの大規模修繕などを行うカシワバラ・コーポレーション(東京都港区)は、20〜69歳の男女600人を対象に「リフォームに関する実態調査」を実施した。住宅を購入する際、「中古住宅でも構わないと思うか」聞いてみると、60.0%が構わないと回答した。(2022/11/16)

スマホをかざすと折り紙のツルやペンギンが動く ARで絶滅危惧種を学ぶ「絶滅危惧オリガミ」公開
動物は「ツル(タンチョウ)」「アムールトラ」「ケープペンギン」「ニホンライチョウ」「レッサーパンダ」の5種。(2022/11/13)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
結局、会社にしがみつくしかないのか?──見捨てられた40代を襲う“キャリアの危機”
大手企業に勤める45歳の男性は、転職にも出世にも希望を持てず「可能性がなくなるのは、結構しんどい」と吐露する。氷河期に就職し、長時間労働や昭和を引きずる上司に耐え、ゆとり世代の面倒を見て……。「俺たちの時代」と思える時期がなかったミドル世代は、今後のキャリアとどのように向き合うべきなのだろうか?(2022/10/28)

世代ごとの違いが顕著に:
Z世代が「動画を倍速で見る」理由 2位「他の動画も視聴したいから」、1位は?
損害保険ジャパンは、全国の18〜57歳の男女に「世代別の動画視聴態度の実態」を調査した。Z世代が動画を倍速視聴で見る理由とは?(2022/10/27)

職場で年上に感じるジェネレーションギャップ 3位「IT・PCが苦手」、2位「仕事への姿勢が違う」、1位は?
「職場で感じる世代間ギャップに関する意識調査」を実施した。職場で年上に世代間ギャップを感じること、1位は?(2022/10/13)

調査レポート:
Z世代とポスト団塊世代でリフォームに対する価値観で差が!カシワバラコーポレーションが独自調査
カシワバラ・コーポレーションは、「リフォームに関する実態調査」を独自に実施し、その結果、リフォームを希望する理由上位はZ世代が「おうち時間」、ポスト団塊世代が「老後を見据えたリフォーム」のためと、世代間でリフォームに対する価値観の違いが明らかになった。(2022/10/12)

小寺信良のIT大作戦:
なぜ“今どきのオジサン”は「Z世代」に優しいのか
ネットのニュースでもテレビのバラエティでも、Z世代はどうだとか、世代間ギャップがどうといった話を目にする機会は多い。だが昨今のZ世代に関する論説を読んでみると、市場としての若者分析ではなく、Z世代の「人間そのもの」を理解しようと努めているように見える。(2022/9/14)

日本の雇用課題にメスを:
氷河期支援、正規30万人増めざす→実績は3万人 国の施策が機能しない根本的な矛盾とは?
政府が直近3年間で就職氷河期世代の正社員を30万人増やす目標を掲げていたが、実績はわずか3万人に留まる。政府の施策のどこに問題があるのか。(2022/6/15)

あなたの「仕事の幸せ度」は何点ですか? バブル世代とZ世代で“大きな差”
夢真ビーネックスグループは、働く10〜50代の男女に「幸せな仕事に関する実態調査」を実施した。現在の「仕事に対する幸せ度」の平均点は60.1点だった。(2022/6/3)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「最近の若者はすぐ辞める」と怒る前に知るべき、「仕事が合わない」と言い出す新人の真実
“辞める新入社員”が話題になる季節だ。近年は「仕事が合わない」と話す若者が特に目立ち、連合の調査でも退職理由のトップとなっているが、これにはキャリア教育や上司とかかわりが深く関係しているという。「仕事が合わない」と言い出す新人の真実とは――。(2022/5/27)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
格差が広がる日本 週休3日の“貴族”と、休みたくても休めない“労働者”
「週休3日」に注目が集まっている。大企業が相次いでこうした先進的な制度を導入する陰で、休みたくても休めない労働者の存在が置き去りにされている。日本の働き方改革は、どこへ向かうのだろうか──。(2022/4/22)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「氷河期の勝ち組」だったのに……40代“エリート課長”に迫る危機
自分をエリートだと信じて疑わなかったサラリーマンが、社内の方針転換により出世のはしごを外されることがある。エリート意識や、能力主義への妄信が生む闇とは──?(2022/4/1)

統計を読む:
氷河期世代という物語 「非正社員が多い」は幻想か?
1993年〜04年に学校卒業期を迎えた世代、いわゆる「氷河期世代」。バブル崩壊後の不況で正社員になれず、非正社員でいる人が多いといわれますが、この物語は本当なのでしょうか。統計をひも解いてみると……?(2022/3/6)

学研×BANDAIがマンモスのプラモデルを発売 考古学者気分で骨格復元を疑似体験できる!
マンモスだー!(2022/2/17)

4000人に聞いた:
「職場恋愛」をオープンにする割合 就職氷河期世代は48.8%、他の世代は?
スタッフサービス・ホールディングスが職場恋愛に関する調査を実施した。職場恋愛を経験した人の割合や、寿退社の希望度などを調べた。(2022/2/11)

今日のリサーチ:
若年層はバブル期世代ほど「バレンタインデー」に興味がない?――ネオマーケティング調査
バレンタインデーやエイプリルフールなど、SNSでの拡散が期待できる2月から4月のモーメントは?(2022/2/8)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
「中国製気にしない」「SNSで探しECで買う」Z世代消費の“傾向と対策”
1990年代後半から2000年代に生まれた世代を指す「Z世代」という言葉を見聞きすることが増えた。トレンドの担い手として企業の関心を集めるが、中国でも「Z世代」にターゲットを絞って急成長するスタートアップが次々に現れている。中国のZ世代はどのような特徴を持つのだろうか。(2022/1/6)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「今のうち、切っちゃえ!」と続く黒字リストラ──厳しくなる労働環境の中、生きる策
希望退職を募る企業が増えた2021年。コロナ禍で業績不振な企業だけでなく、いわゆる「黒字リストラ」を行う企業も少なくない。終身雇用が崩壊し、厳しくなる労働環境の中、私たちはどのような心構えで働くべきなのか──?(2021/12/24)

将来の不安についても調査:
取得すべき資格、Z世代の1位は「TOEIC」 ゆとり世代と就職氷河期世代は?
ユーキャンは、Z世代・ゆとり世代・就職氷河期世代の10〜50代の男女に、「仕事や資格に対する意識調査」を実施した。自分たちが取得すべきと考えている資格は何か聞いたところ、Z世代の1位は「TOEIC®テスト」だった。ゆとり世代と就職氷河期世代はどんな資格を挙げたのか? そのほか、将来の不安についても調査した。(2021/12/13)

憧れは:
生まれ変わったらやってみたい職業 Z世代は「YouTuber」、バブル世代は?
スタッフサービス・ホールディングスは、10〜60代のビジネスパーソン4000人を対象に「仕事観」に関する調査を実施した。各世代が「生まれ変わったらやってみたい憧れの職業」1位は?(2021/11/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。