ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「株」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
Business Media 誠:特集:今日から投資してみませんか?
質問!株式全般→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で株式全般関連の質問をチェック

イーロン・マスク氏、Tesla株69億ドル相当を売却 「Twitterに強引に取引完了させられた場合に備えて」
Twitterの440億ドルでの買収を巡って同社と係争中のイーロン・マスク氏が、経営するTeslaの株式69億ドル相当を売却する。4月に84億ドル相当分売却の際、「もう株は売却しない」とツイートしたのだが。(2022/8/10)

製造マネジメントニュース:
苦境のアイロボットをアマゾンが救う、17億ドルで買収へ
米国のアマゾン(Amazon.com)と掃除ロボット「ルンバ(Roomba)」などを手掛けるアイロボット(iRobot)は、アマゾンがアイロボットを買収することを発表した。買収金額は約17億米ドル(約2300億円)で、今後アイロボットの株主や規制当局の承認などを経て買収を完了する計画だ。(2022/8/9)

医療技術ニュース:
アルパカ遺伝子から、新型コロナウイルスの全変異株を中和する抗体を創出
京都大学らは、オミクロン株を含む全ての新型コロナウイルス変異株に対し、強い中和活性を有するナノボディー抗体をアルパカ遺伝子から創出した。ヒト抗体が到達できない、新型コロナウイルス表面のスパイクタンパク質の深い溝に結合する。(2022/8/8)

医療機器ニュース:
オミクロン株「BA.5」を検出する研究用検査試薬を発売
島津製作所は、新型コロナウイルスのオミクロン株「BA.5」を検出するPCR検査試薬を発売する。新しいこの検査試薬と既に発売しているPCR検査試薬を組み合わせることで、BA.5の存在を推定できる。(2022/8/3)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「大阪王将」勘違いで「餃子の王将」株価も下落? 意外と多い「とばっちり」事例をまとめてみた
「大阪王将」の不祥事につられて、「餃子の王将」の株価も下落している。これが「自業自得」の場合はまだいいが、市場では社名が似ているばかりに「とばっちり」で風評被害に遭う事例が後を絶たない。(2022/7/29)

市川レポート 経済・相場のここに注目:
2022年7月FOMCレビュー〜2会合連続で0.75%の利上げを決定
大方の予想通り0.75%の利上げを決定、声明では引き続きインフレ抑制の積極姿勢が示された。パウエル議長は今後の利上げについてデータ次第としながらも利上げペースを緩める可能性を示唆。株価はパウエル発言を好感、ただ実施の利上げペースは次回会合までの雇用や物価動向次第に。(2022/7/28)

市川レポート 経済・相場のここに注目:
参院選の結果と日本株への影響を考える
26回参議院議員通常選挙は7月10日に投開票が行われました。株式市場は、参院選での与党勝利と岸田政権長期化の可能性について、相応に織り込んでいたと思われ、選挙結果は想定内とみられます。(2022/7/11)

日経平均は小幅高 安倍氏銃撃で上げ幅縮小
8日の東京株式市場で、日経平均株価は続伸した。終値は前日比26円66銭高の2万6517円19銭。(2022/7/8)

「F-ZEROなど休眠中タイトルの新作はもう出ないのか」 任天堂株主総会での質疑応答が世界的な話題に 質問した人に話を聞いた
質問した株主のかたに話を聞きました。(2022/7/4)

7月1日から米国株の信用取引スタート 楽天証券、SBI証券などが開始
7月1日から米国株の信用取引サービスが各社でスタートする。楽天証券やマネックス証券は口座開設の申込みを6月中旬から開始している。6月30日、SBI証券も受付を開始した。auカブコム証券も、この冬には対応する予定だ。(2022/6/30)

「お金に愛されないエンジニア」のための新行動論(4):
株価データベースを「Docker」で作ってみる
今回は、株価情報のデータベースを「Docker」で作ってみます。長いエンジニア生活で私が学んだこと――。それは、「自力で作らなかったものは、結局、自分の”モノ”にはならない」ということです。だからこそ、やってみるのです。(2022/6/29)

市川レポート 経済・相場のここに注目:
2022年後半の米国株を展望する
2022年前半は、米国株にとって非常に厳しい局面となりました。米金融当局は、景気が多少減速しても、大幅利上げによってインフレを抑制するという姿勢を示していることから、三井住友DSアセットマネジメントでは6月20日、ダウ平均、S&P500指数、ナスダックの見通しを下方修正しました。(2022/6/27)

アイス de ヤクルト:
ヤクルト、話題の“シロタ株”入りのアイスをECサイトで発売
ヤクルト本社は、「乳酸菌 シロタ株」が含まれたアイスクリーム「アイス de ヤクルト」を自社のECサイトで6月23日から発売する。(2022/6/20)

医療機器ニュース:
新型コロナウイルスの超高感度で迅速な全自動検出装置を開発
理化学研究所らは、新型コロナウイルスを全自動で迅速に検出できる「opn-SATORI装置」を開発した。9分以内にウイルスRNAを1分子レベルで識別し、PCR検査と同等の検出感度を有し、変異株の判定も可能だ。(2022/6/20)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「にじさんじ」時価総額フジテレビ超え……26歳代表資産は1000億円超、30人以上の従業員も億万長者へ
ANYCOLORを弱冠26歳で上場に導いた創業者である田角陸氏の保有株式価値は1246億円。同社の大株主リストには30人以上の従業員が名を連ねており、最も少ない株数である1万5000株の割り当てでも時価にして1億3500万円の価値がある。したがって、ANYCOLORでは30人以上の従業員が億万長者に変身したことになる。(2022/6/17)

西武、株主優待チケットで印刷ミス 1万4579枚を同じクーポンコードで配布 2人目以降引き換えできず
西武ホールディングスは、株主優待として発行した埼玉西武ライオンズ主催の公式戦観戦チケットの一部がWebサイト上で引き換えられない状態にあると謝罪した。1万4579枚のチケットを同じクーポンコードで印刷したため、2人目以降の引き換えができないという。(2022/6/3)

市川レポート 経済・相場のここに注目:
ナスダック総合株価指数の調整はそろそろ終了か
ハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数は、2021年11月19日に史上最高値となる16057.44ポイントをつけた後、調整に転じました。今回は、昨年来のナスダックの調整局面が、終了に向かうか否かを考えてみます。(2022/6/2)

スタートアップとオープンイノベーション〜契約成功の秘訣〜(11):
バリュエーションが想定より低かったら? EXITでM&Aを選ぶ際の注意点
本連載では大手企業とスタートアップのオープンイノベーションを数多く支援してきた弁護士が、スタートアップとのオープンイノベーションにおける取り組み方のポイントを紹介する。第11回はスタートアップへの投資契約における、優先株や新株予約権を利用した場合の留意点を解説する。(2022/6/3)

対談企画「CFOの意思」:
コロナ禍で株価が急落──アイスタイル菅原CFOは、“株価の波”をどう乗り越える?
「CFOの意思」第2回の対談相手は、アイスタイル取締役CFO・菅原敬氏。2015年の株価上昇、19年の下落にCFOとしてどう対応し、策を練ったのか。ファイナンス分野は「ほぼ未経験」でも、CFOとしてIPOをリードできた秘訣とは? グロース・キャピタルの嶺井政人CEOとの対談。(2022/5/24)

「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
演出と人選に問題があったとの声も。(2022/5/23)

任天堂株式の5%をサウジ皇太子率いるファンドが購入
サウジアラビアのPIFが任天堂の株式5%を29億8000万ドルで取得したとFinancial Timesが報じた。PIFはムハンマド・ビン・サルマン皇太子が率いる政府系ファンド。2月にはネクソンやカプコンの株式も取得している。(2022/5/19)

楽天証券、米国株式のリアルタイム株価情報 無料提供
 楽天証券は5月30日より、楽天証券の証券総合口座保有者を対象に、米国株式および米国株価指数のリアルタイム株価情報を無料で提供すると発表した。合わせて、45種類の米国株価指数情報や最大500件の「歩み値」情報も無料で提供する。(2022/5/18)

市川レポート 経済・相場のここに注目:
国内企業の昨年度決算の着地と今年度の業績予想
東証株価指数(TOPIX)を構成する3月期決算企業のうち、5月16日時点までに決算発表を終えた企業は1300社を超えました。決算発表の進捗率は、企業数ベースで99%を超え、決算発表はほぼ終了したといえます。そこで、今回のレポートでは、集計データに基づき、2021年度の本決算を総括し、22年度の業績予想の傾向を確認します。(2022/5/18)

「13日の金曜日」は不吉な日か:
厚切りジェイソン、ツイート全消し 米国株下落で非難殺到か?
タレントの厚切りジェイソンさんが、運営するツイッターの投稿をすべて消したことが話題になっている。22万人あまりのフォロワーを持つ人気アカウントであり、影響力は大きかった。削除の理由は明かされていないが、同氏が推奨してきた米国株投資に逆風が吹いているためではないかと見られる。(2022/5/13)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
“レバナス投資”で被害続出? 背後に投資系インフルエンサーの影も
米国株ブームで増加した投資系インフルエンサーの推奨により、「レバナス」と呼ばれる投資信託がここ半年で半値近くまで大暴落している。(2022/5/13)

スタートアップとオープンイノベーション〜契約成功の秘訣〜(10):
株式か新株予約権か、スタートアップ投資の対価はどうすべき?
本連載では大手企業とスタートアップのオープンイノベーションを数多く支援してきた弁護士が、スタートアップとのオープンイノベーションにおける取り組み方のポイントを紹介する。第10回はスタートアップへの投資契約における留意点を解説する。(2022/5/16)

DeNA、保有任天堂株の半数を売却 496億円で 資本・業務提携から7年
DeNAは、保有する任天堂の株式のうち約半数(発行済み株式の0.67%)を、496億円で売却した。協業関係は維持する。(2022/5/12)

オリックス、株主優待を廃止 24年3月末が最終
オリックスは5月11日、2024年3月末をもって株主優待制度を廃止すると発表した。(2022/5/11)

野村證券、スマホ向け株取引アプリ「NOMURA」提供開始
野村證券は5月10日、株取引アプリ「NOMURA」の提供を開始した。国内株式の取引が可能となっており、また資産状況の把握やマーケット情報や保有資産に関連するニュースも確認できる。(2022/5/10)

会見情報の事前ツイートはOK? NTTデータ株、一時450円上昇で議論に
NTTデータの5月9日付けの株価が一時急伸し、年初来高値となる1株当たり2885円を記録した。同日午後1時からのNTTとの共同会見の報道を受け、市場関係者からTOB(株式公開買い付け)への期待が高まったためとみられる。(2022/5/9)

NTTとNTTデータ、海外事業を統合へ 発表巡る株価の乱高下に澤田社長も苦笑
日本電信電話とNTTデータが海外事業を統合すると発表した。NTTでグローバルでデータセンター・ネットワーク事業を展開する「NTT Ltd.」と、NTTデータの海外事業を統合し、国際競争力の強化を目指す。(2022/5/9)

ヤマダHDがストップ高、発行済株式の24%の自社株買い発表で
ヤマダHDの株価が5月9日、急騰しストップ高となる80円(20.5%)高の471円を付けた。上限1000億円、2億株の自社株買いを設定したことが好感された。(2022/5/9)

NTTと共同会見の情報でNTTデータ株が急伸 両社長出席、9日午後1時から
NTTとNTTデータが5月9日午後1時から共同で発表会を開催する。内容は未公開だが、NTTデータの株価は同日午前10時30ごろから10分足らずで約450円上昇。前日終値から一時15%を超える伸びを示している。(2022/5/9)

Teslaのイーロン・マスクCEO、84億ドル相当のTesla株式を売却 Twitter買収資金か
Twitterを約440億ドルで買収することに合意したイーロン・マスク氏が、経営するTeslaの持ち株84億ドル相当を売却した。売却後も同氏はTeslaの筆頭株主だ。(2022/4/30)

Amazon決算は増収減益 数年ぶりの赤字に
Amazonの1〜3月期決算は売り上げは7%増だったが38億ドル以上の純損失となった。投資先のRivianの株価下落の影響もあるが、主力のネット通販の売上高が3%減になった。AWSは2桁台の増収だ。(2022/4/29)

ロシア株投資ETF、評価額ゼロに 前日比98.23%下落で「換金できる見込み立たない」
野村アセットマネジメントは4月25日、運用するロシア株に投資するETFについて、「現時点で換金できる見込みが立っていないことから、ロシア株等の評価価格をゼロとすることが妥当と判断」したと発表した。(2022/4/26)

イーロン・マスク、ツイッター買収 5兆6700億円規模
米ツイッターは現地時間4月25日、イーロン・マスク氏による買収を受け入れると発表した。1株あたり54.2ドル、買収金額は約440億ドル(5兆6700億円)規模となる。買収は2022年中に完了する見込み。買収が完了すると、ツイッターは非公開企業となる。(2022/4/26)

Twitter、イーロン・マスク氏の買収提案を受け入れ
株式非公開企業に。(2022/4/26)

医療機器ニュース:
ステルスオミクロン株を含む3変異株が識別可能なPCR検査キットを発売
カネカは、新型コロナウイルスのオミクロン株、ステルスオミクロン株、デルタ株を同時に識別できるリアルタイムPCR検査キットを発売した。各株に特徴的な変異を検出し、その組み合わせにより3種の株を識別する。(2022/4/26)

財務省・東京都、東京メトロ株を一部売却へ 理由は? ポイントまとめ
財務省と東京都が東京メトロの保有株式売却に向けた動きを進めている。国と都は2027年度までに保有株式をそれぞれ半分売却し、東京メトロの上場と民営化を進める方針だ。(2022/4/26)

対談企画「CFOの意思」:
「上場時に、うちの株を全部売ってほしい」──“IPO革命”は、なぜ実現できた? ラクスル永見CFOに聞く
ラクスル上場前にベンチャーキャピタル(VC)に株を売却してもらう、上場に海外投資家も巻き込む──などの革命的な手法は、どのようにして編み出したのか? ラクスル永見CFOとグロース・キャピタル嶺井CEOの対談の模様をお届けする。(2022/4/22)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「バイトテロ」ならぬ「上層部テロ」で炎上の吉野家、それでも株価は上がり続けるワケ
吉野家では「バイトテロ」から一歩進んで、「上層部テロ」が脅威となっているようだ。しかし、吉野家は複数の炎上を経ても株価が下落するどころか、むしろ上がっているのだ。(2022/4/22)

イーロン・マスク氏、米ツイッターの筆頭株主ではなかった 米WSJの報道が話題
米ツイッターに買収を提案している、米スペースXとテスラのイーロン・マスクCEO。そのマスク氏が実はツイッターの筆頭株主ではなかったとする、米経済紙ウォールストリートジャーナル(WSJ)の報道が注目を集めている。(2022/4/15)

主要株主のサウジ王子、マスク氏の米ツイッター買収提案拒否 マスク氏「サウジに言論の自由あるの?」と投稿
イーロン・マスク氏による米ツイッター買収提案を巡り、ツイッターの主要株主であるサウジアラビアのアル=ワリード・ビン・タラール王子が提案を拒否する考えを明らかにした。王子はその理由について「マスク氏の提案が、ツイッター社がもたらす成長見込みの本質的価値に近づくとは思えない」と投稿している。(2022/4/15)

イーロン・マスク氏、米ツイッターに完全買収提案 総額5兆円規模か 「言論の自由が必要」
米スペースXとテスラのイーロン・マスクCEOは4月14日、米ツイッターに全株式取得を提案したと自身の公式Twitterアカウントで明らかにした。実現すれば、総額5兆円規模になるとみられる。(2022/4/14)

イーロン・マスク氏、Twitterに買収提案 約5兆円規模に 「Twitterには並外れた可能性がある」
EVを手かげる米Tesla CEOのイーロン・マスク氏は4月13日(現地時間)、米Twitterの全株式を取得すると同社に提案したことが明らかになった。(2022/4/14)

イーロン・マスク氏がTwitter買収を提案 「Twitterは非公開企業に転換する必要がある」
1株54.20ドルでの買収を提案。(2022/4/14)

イーロン・マスク氏、なぜツイッターの筆頭株主に? 過去ツイートから分析
米スペースXとテスラのイーロン・マスクCEOが米ツイッターの取締役就任を辞退した。マスク氏は株式取得の経緯や取締役辞退の理由を明らかにしていないものの、筆頭株主の地位は変わらず、経営や事業展開など今後の同社の意思決定に一定の影響力を行使するものとみられる。マスク氏はなぜ世界的なSNSプラットフォームの筆頭株主になったのか。過去のツイートを紐(ひも)解き、分析する。(2022/4/12)

「Twitterは死にかけ?」「Blueに認証バッジを」──イーロン・マスク氏が週末にツイート連投【訂正あり】
Twitter株の9.2%を購入したイーロン・マスク氏が、Twitter改革に関連するツイートを連投した。サブスク版「Twitter Blue」に認証バッジを追加するべき、などだ。(2022/4/11)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
イーロン・マスク氏のTwitter株取得、たった1日で得たキャピタルゲインがどれくらい大きいかというと?
今度はTwitterの筆頭株主となり、取締役にも就任。TeslaとSpaceXのCEOの周辺が引き続きにぎやかです。【追記あり】(2022/4/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。