ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「生活防衛」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「生活防衛」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

30年以上働いてきたローソン幹部も驚いた! 「盛りすぎチャレンジ」がもたらした集客効果
ローソンが3回目となる「盛りすぎチャレンジ」キャンペーンを実施している。過去1〜2回では集客に大きな効果があったという。その背景について聞いた。(2024/6/20)

セブン「149円」パン、ローソン「198円」カップ麺…… 節約志向の高まりで、どんな商品が売れているのか?【2024年1〜5月ヒット記事】
2024年1〜5月における「ITmedia ビジネスオンライン」アクセスランキング上位の記事を紹介する。今回は、コンビニで売れるようになった商品に関する記事を厳選した。(2024/6/4)

ローソン、198円「大盛りカップ麺」が大ヒット “コンビニでは売れない”の思い込み打破 開発背景は?
ローソンが2023年4月に発売した大盛りカップ麺が売れている。コンビニでは大盛りのPBカップ麺は売れないという思い込みがあったが、なぜヒットにつながったのか。(2024/5/2)

生活防衛意識が高まり、セブンの149円「パン」が好調 背景に経済性を求める声
2024年3月度におけるセブン‐イレブンの売り上げ状況・商品動向が明らかになった。生活防衛意識の高まりが、売れ筋商品にも変化をもたらしている(2024/4/11)

「吉本の給料上がらず」 山田花子、“リアルな台所事情”さらし共感の嵐 割引駆使する“ママの顔”に「親近感」「見切り品も買って偉い」
食べ盛りの子ども2人がいる山田さん。(2024/2/25)

小売・流通アナリストの視点:
300円ショップ好調の裏で 「100円死守」なセリアが苦しいワケ
物価高を背景に、ディスカウント型のスーパーを利用する消費者が増えている。多くの消費者がより安いものを求める中、100円ショップ業界ではある意外なことが起きている。(2024/2/2)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
GEO、たった2年で「時価総額が倍増」 店舗数は減ったのに、なぜ?
レンタルショップで有名な「GEO」を運営するゲオホールディングス(名古屋市)の時価総額がここ2年足らずで倍増し、1000億円を突破した。レンタルビジネスに関する周辺環境が悪化の一途を辿る中、同社はなぜ業績を成長させることができたのか。そこには3つの勝因があった。(2023/9/1)

83.6%が1年以内にECを利用 「すごい」と思ったサービスは?
博報堂のシンクタンクである博報堂買物研究所は、EC領域に特化した組織横断型プロジェクト「HAKUHODO EC+」と共同で、「EC生活者調査2023」を実施した。(2023/6/30)

進化する即席?:
どん兵衛「具材だけ」なぜ販売? 「具なし」カップ麺も話題 ニーズはどこに
日清食品が人気の「どん兵衛」シリーズから、具材の油揚げと天ぷらを単品で発売し、話題を呼んでいる。かねて具材だけ「別売りしてほしい」との要望が多かったといい、商品化に踏み切った。「具材だけ」が登場したかと思えば、他社では「具なし」のカップ麺も人気を博しているという。どのようなニーズがあるのだろうか。(2023/3/31)

小売・流通アナリストの視点:
くら寿司やスシローに残る、迷惑動画の爪痕 SNS運営に責任はないのか?
コロナ禍で病み上がりの外食業界に、物価高騰が追い打ちを掛けている。ファミレス、ファストフード、居酒屋、回転寿司などの業績は、どのくらい復活したのか? そして回転寿司業界に残る、迷惑動画の爪痕は? 流通・小売りアナリストが解説する。(2023/3/30)

売り上げを最大化:
セブンのカップ麺、「松竹梅」戦略で売り上げ増 「蒙古タンメン中本辛旨味噌」のポジションは?
セブン‐イレブン・ジャパンは商品政策説明会を実施し、役員が商品の「松竹梅」戦略を語った。どういった戦略なのか?(2023/3/29)

POPを増やす:
セブン、「安心価格」を強調したら売り上げ増 対象商品を拡大
セブンで「毎日の生活に安心価格」と大きく記されたPOPが増えている。値上がりラッシュ→生活防衛意識の高まりを受けての対応。価格がより重視されるようになってくるのか。(2023/3/3)

バルミューダ、純利益300万円で前年比99%減 スマホ売り上げ約69%減 「材料価格の高騰など影響」
バルミューダは、2022年通期の純利益が300万円で前年比99.7%減少したと発表した。同社は原材料価格の高騰と記録的円安の影響受けたことが原因と分析している。(2023/2/10)

今日のリサーチ:
100万人のレシートデータで見る「買い物動向」 2022年は平均単価が約4%増、平均購入数量が約6%減
東芝データが100万人のレシートデータで「買い物動向」を分析。2022年は2021年と比較して平均単価が約4%上昇していることが分かりました。(2023/1/27)

年末年始に次ぐ稼ぎ頭:
イオン、ブラックフライデーの概要を発表 「1000万円超」の小判を今年も販売 二極化する消費ニーズを狙う
イオンがブラックフライデー商戦の戦略を発表した。物価高の高騰などを前にした節約ニーズと、年末年始やクリスマスを前に膨らむ消費ニーズの双方を抑えた商品ラインアップとなっている。(2022/11/1)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
安さが売りの「半額専門店」が急増中! ドンキやリサイクルショップにはない特徴とは?
「半額」を売りにしたチェーンが伸びている。「TOA mart(トーアマート)」「半額倉庫」「222(トリプルツー)」に勢いがあるが、それぞれの特徴は?(2022/11/1)

全国860人にアンケート:
デジタル給与払い「利用しない」が6割 電子マネー利用率9割超も
ライボは、全国の社会人860人を対象に「電子マネー実態調査」を実施した。全体の93.6%が電子マネーを「利用している」と回答。電子マネーの種類は「交通系」と「QRコード決済系」がいずれも8割を超えた。一方、政府が来春の解禁を目指す「デジタル給与払い」については、「利用しない」との回答が6割に達した。(2022/10/4)

モビリティサービス:
九州の物流改革へ、イオンとCJPTでサプライチェーンの効率化
イオン九州、イオングローバルSCM、Commercial Japan Partnership Technologies(CJPT)は2022年9月29日、九州エリアにおける物流改革プロジェクトに取り組むと発表した。物流費の高騰やドライバー不足などの課題解決を目指す。(2022/9/30)

小売・流通アナリストの視点:
躍進する「ワケあって安い」スーパーとは 値上げの秋が追い風に
2022年に入ってから、急速に物価が上昇し続けている。消費者の財布のひもが締まり、巣ごもり需要も消失する中でも、業績が好調な小売りチェーンが複数ある。それらの共通点と、実態とは──?(2022/9/12)

相次ぐ値上げを受け:
イオン、「価格据え置き」期間をまた延長 「トップバリュ」食料品・日用品の約5000品目
イオンは、プライベートブランドである「トップバリュ」の食料品・日用品約5000品目の価格据え置き期間を6月30日まで延長する。2021年9月に価格凍結宣言をしてから、何度か延長してきた。(2022/3/24)

生活防衛意識の高まりを受け:
イオン、トップバリュの食料品 ”年内価格凍結宣言” マヨネーズや小麦粉など
イオンは9月13日、同グループが展開するプライベートブランド(PB)「トップバリュ」の食料品の価格を12月31日まで据え置き、値上げを実施しないと発表した。(2021/9/13)

新たな需要に対応:
無印良品、衣料品と生活雑貨を値下げ コロナ禍で強まる生活防衛意識
無印良品が衣料品と生活雑貨を値下げする。コロナ禍をきっかけに、日常的に利用する商品が売れるようになった。価格改定する商品もそうした分野に集中している。(2021/4/9)

なぜコロナ禍で投資を始める人が増えたのか?
なぜコロナ禍において、新たに投資を始める人が増えたのか。マネーフォワードが行った「コロナ禍の個人の家計実態調査2021」に、そのヒントがありそうだ。(2021/2/11)

ドコモ、KDDI、ソフトバンクの年頭所感 激変する通信業界でどう攻める?
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの社長が2021年の年頭所感を発表した。生活環境が一変した2020年には、5Gの商用サービスや楽天モバイルの本格サービスがスタートした一方で、政府の強い要請によって各キャリアは料金値下げも敢行。こうした大きな動きの中、各キャリアはどのような戦略で2021年に通信サービスを展開していくのか。(2021/1/5)

日常着が売れる傾向:
無印良品が定番アイテムを値下げ 10月の「ずっと、見直し。ずっと、良い値。」に続いて
無印良品が定番肌着を値下げする。10月にも日常着72アイテムを値下げしている。コロナ禍で売れ筋が変化したことへの対応を進めている。(2020/12/24)

“いま”が分かるビジネス塾:
2020年「正社員の年収激減」の恐怖 賃下げの意外なターゲットとは
2020年から正社員サラリーマンの年収が激減する恐れ。ポイントは同一賃金同一労働の施行だ。意外なモノが「賃下げ」のターゲットになる可能性が。(2019/12/17)

個人投資家列伝(5):
筋トレも投資も、効率性よりも「続けること」が重要 虫とり小僧さん
投資マニア的に、最適なアセットアロケーションを計算したり、少しでも安い信託報酬のファンドを探したりとこだわってきた虫とり小僧さんだが、あることをきっかけに手間をかけずに「続けること」を再重視するようにスタイルが変わったという。(2019/1/29)

個人投資家列伝(2):
インデックス投資の元祖ブロガーは、どうやって株価暴落に耐えたのか 水瀬ケンイチさん
インデックス投資という言葉が全く一般的でなかった15年前からインデックス投資を継続している元祖ブロガーに、インデックス投資で迷う点、陥りやすいワナの回避法を聞いた。(2018/12/1)

Over the AI ―― AIの向こう側に(12):
力任せの人工知能 〜 パソコンの中に作る、私だけの「ワンダーランド」
私はこれまで、人口問題や電力問題、人身事故などさまざまな社会問題を理解するためにシミュレーションを利用してきました。シミュレーションは、AI(人工知能)という概念を飛び越えて、「人間が創造した神」と呼べるかもしれません。今回は、シミュレーションに最適なAI道具の1つとして、「オブジェクト指向プログラミング」を解説します。これは、PCの中に“私だけのワンダーランド”を力任せに作る技術ともいえます。(2017/6/30)

買い物客のハートつかむ:
イオン、クックパッドで店舗の特売情報を配信 〜レシピも提案〜
イオンは4日から、東北エリアのイオン40店舗で、日本最大のレシピサイト「クックパッド」のレシピと店舗の特売情報とを合わせた「クックパッド特売情報」を利用した情報配信サービスを開始した。(2014/4/21)

博報堂・吉川昌孝のデータで読み解く日本人:
中国人はGCB、日本人は? 欲しいモノから見えてきた日中の消費スタイル
あなたが欲しいモノ・サービスは何ですか? 日本人と中国人に聞いたところ、違いが浮き彫りに。また消費スタイルにも違いが分かってきました。それは……。(2013/10/4)

NRIメディアフォーラム:
モノを買わない消費者のためのマーケティングストーリー
野村総合研究所がいくつかのアンケート調査を分析した結果、モノを買わなくなった日本の消費者の意識が浮かび上がってきた。なぜ、日本人はモノを買わなくなったのだろうか?(2013/8/1)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
経営者は、世界経済が厳しい時こそ、若い人材の育成に力を入れるべきである!
仕事に取り組むときにぜひ考えてほしい、どうすれば自分の価値が上がるのか。利益に貢献する人材になれば、世界経済が厳しくとも恐れることはない。(2012/8/9)

新入社員に聞く、デートか残業か
デートの約束があった時、残業を命じられたら、あなたはどうしますか? この春就職した新入社員に聞いたところ、プライベートより「仕事優先」と答えた人が多かった。日本生産性本部調べ。(2012/7/2)

20〜34歳の独身男女に聞く、結婚相手として不安に思うこと
結婚相手にどのような条件を求めていますか? 20〜30代の未婚男女に聞いたところ「きちんとお金の管理ができる」「金銭感覚」を挙げる人が多かった。ビザ・ワールドワイド調べ。(2011/10/14)

2010年ビール生産量、中国・ブラジルは大幅増も先進国はビール離れ進む
(2011/8/16)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
これからのキーワードは「感動」「シンプル」――震災がマーケティングを変える
東北地方で大地震が起きてから1週間。この1週間で消費者のメディア利用や、消費行動には大きな変化が起こった。震災後の私たちは、どのようなマーケティングのあり方を目指せばいいのか、考えてみた。(2011/3/24)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
円安や米国株高を好感、節目を抜けて大幅高
(2011/1/6)

幸せのものさし:
『日本でいちばん大切にしたい会社』を書いた理由
2008年の発売以来、33万部も売れているユニークなビジネス書『日本でいちばん大切にしたい会社』。地域に根ざし本当にまっとうな経営をやっている中小企業の話が粛々と書かれている、そんな本だ。書いたのは坂本光司さん。法政大学大学院の先生だ。(2010/7/13)

年収1000万円以上の人に聞く、今年の夏のボーナスはいくら
年収1000万円以上のビジネスパーソンは、夏のボーナスをどのくらい支給されたのだろうか。ビズリーチの調査によると、昨年に比べ1%減少していることが分かった。(2010/6/25)

それゆけ! カナモリさん:
CoCo壱番屋に学ぶ、制約条件の中での生き残り方
日本の国民食である「カレーライス」。そのナンバー1チェーンといえば誰もが知る「ココイチ」こと、CoCo壱番屋である。この10年間で、店舗数は約600店から1200店と倍増。売り上げは約400億円から約700億円と1.75倍の成長を遂げている。しかし、そんなココイチの成長にも黄色信号がともりはじめた。その生き残りの秘策は成功するのか?(2010/3/8)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
芳しくない景気指標の発表を受けて軟調
(2010/2/24)

誠トレンド格付2009:
激安商品、政権交代、雑誌の休刊ラッシュ――2009年、日本はこう変わった(Business Media 誠編)
2009年もいよいよ大詰め。今年の年末企画は「誠トレンド格付け」。Business Media 誠編集部が今年話題になったものや出来事をランキング形式で評価してみました。(2009/12/29)

勝ち組「ゼロ飲料」、負け組「ミネラルウオーター」――2009年飲料市場
(2009/12/3)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
業績回復を示す決算発表が多いにも関わらず相変わらず指数の上値は重い
(2009/11/4)

2008年の国内アパレル市場は4年ぶりに縮小――矢野経済研究所調査
(2009/10/9)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
米国株安を受け、週末の手仕舞い売りや持高調整の売りに押されて連日の大幅下落
(2009/10/2)

天候不順や不況の影響で飲料市場は縮小――矢野経済研究所調査
(2009/9/8)

誠 Weekly Access Top10(2009年8月15日〜8月21日):
半額セールをもう1度
スーパーが閉店前に行う半額セールを利用して、生活防衛をはかる筆者。しかし今月に入り、半額セールが利用しにくくなってしまった。その理由とは……。(2009/8/25)

好調の炭酸飲料、不調の野菜系飲料――2008年清涼飲料市場調査
(2009/7/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。