ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「アウトソーシング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

企業が自社の業務や機能の一部または全部を、専門業者あるいは子会社などの外部に委託すること。特定の部門を人員を含めて子会社化したり、事業売却(業務委託は継続)することを指す場合もある。
アウトソーシング − @IT情報マネジメント用語事典

Weekly Memo:
ユーザー企業にとって真の「共創パートナー」とは? Salesforceの新ビジネスから考察
Salesforceが新たなパートナー施策として、SaaSのアウトソーシングによるビジネスモデルを本格的に展開し始めた。キーワードは「BPaaS」だ。果たして、DXに取り組むユーザー企業に受け入れられるだろうか。(2024/4/15)

ビジネスモデルが分かる:
「オーケストレーター」ってなに? Dell、アスクル、IKEAは他社の協力を得てビジネスを作り替えた
オーケストレーターとは、ある製品・サービスに関するバリューチェーン内の特定の部分を担いつつ、その他の部分に関しては他社にアウトソーシングすること。(2024/3/15)

医療機器ニュース:
医療器材物流アウトソーシング市場、2022年度は1250億円で堅調に推移
矢野経済研究所は、国内の医薬品、医療器材物流アウトソーシング市場に関する調査結果を発表した。同市場は堅調に推移しており、2022年度の市場規模は前年度比6.8%増の1250億円だった。(2024/3/14)

株式会社NTTネクシア提供ホワイトペーパー:
PR:コールセンターのBPOがもたらすメリットとは? バックヤード業務を効率化する
労働力不足が顕著になっている昨今、BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)へのニーズが高まっている。中でもコールセンターのBPOが注目されているが、そのメリットにはどのようなものがあるのだろうか。本資料で解説する。(2024/2/1)

「マネージドサービスを導入する企業が増加している」という見方も:
「守りのIT対策」は外注する時代に? ノークリサーチがセキュリティ対策の実施状況を調査
ノークリサーチは、中堅中小企業を対象に実施した「守りのIT対策」の実施状況に関する調査の結果を発表した。社内のエンドポイントを対象とした守りのIT対策ではサービスやアウトソースが増加していた。(2023/12/28)

BPOで経理部門の働き方改革:
PR:「経理部門の属人化排除と業務改善を同時に実現」 BPOは何ができるのか
「経理部門の属人化している業務をなくしたい」「月の変わり目の繁忙期を改善し、働き方を改革したい」という目標を実現するなら、BPOに挑戦するといいかもしれない。(2023/11/29)

Weekly Memo:
キンドリルの取り組みから探る「ITインフラにおけるアウトソーシングの行方」
システムのモダナイゼーションやDXの進展に伴い、ITインフラの利用形態、とりわけアウトソーシングの在り方はこれからどのように変わるのだろうか。ITインフラサービス大手のキンドリルの取り組みから考察する。(2023/10/16)

IT人材不足を打開する5つの対策【第4回】
単なる“作業の委託”ではない「アウトソース」という選択肢 成功のこつは?
適切なスキルを持った人材が不足している場合、解決策になるのは新たな人材の採用だけではない。ITコンサルティング企業の経験を基に、必要な人的リソースを確保するための方法の一つを紹介する。(2023/9/15)

目のピント合わせを外部デバイスにアウトソースしたら“未来”が広がった 「ViXion01」を体験してきた
HOYAからスピンアウトしたViXionが29日からクラウドファンディングを始めた。新製品の“オートフォーカスアイウェア”こと「ViXion01」だ。(2023/6/29)

情シスの5割以上が「アウトソーシングしたい」と考える業務は? ジョーシスの調査で判明
ジョーシスの調査によると、情報システム部門の65%は人員不足に陥っており、63%が「アウトソーシングを検討したい」と考えていることが分かった。情シスがアウトソーシングを検討している業務の内容とは。(2023/6/23)

一方で34.8%は「情シスの人員は足りている」と回答:
62.9%が「情シスのノンコア業務のアウトソース化を検討」 ジョーシス
ジョーシスは、企業の情報システム部門を対象に実施した業務内容に関する調査結果を発表した。それによると65.2%の人が「情報システム部門の人員が不足している」と回答した。(2023/6/22)

freee、請求書の受領業務を請け負う新サービス インボイス・改正電帳法にあえぐ小規模事業者向け
freeeは10月27日、請求書受領業務をアウトソースできる「freee経理アウトソース」の提供を開始した(2022/10/27)

freee、クラウドBPOサービス「ラクフィス」事業を買収
 freeeは9月12日、パーソルワークスデザインのクラウド経営管理BPO「ラクフィス」の事業譲受を決定し、事業譲渡契約を締結したと発表した。事業譲渡日は10月1日。(2022/9/12)

何ができるかよりも、どんな価値が欲しいのか:
「Agile 2018」のテーマから、家事代行サービス選びの失敗に気付く
4人家族の家事育児をワンオペで担うことになったエンジニアリングマネジャーの陽太郎さんは、家事のアウトソースとして家事代行サービスの活用を検討します。サービス比較で苦戦する陽太郎さんが思い出したのは、以前参加したAgileカンファレンスのテーマ「Output to Outcome」でした。(2022/9/7)

第4回 建設・測量生産性向上展:
工事写真の整理/管理を地方建設業の熟練スタッフが代行、早く帰れる「カエレル」
現場写真の撮影や整理は、工事に際して日々発生する業務であり、施工会社の大きな負担になっている。小田島組の「カエレル」は、現場写真の整理/管理を行うアウトソーシングサービス。時間と手間が掛かる現場写真の整理を外注すれば、その空いた分のリソースで、より重要な業務に集中できるようになるというわけだ。(2022/8/1)

キヤノンMJ、預貯金等紹介業務を支援する“公的照会BPO・OCRサービス”をJAバンクに導入
キヤノンマーケティングジャパンは、JAバンクの預貯金等紹介業務を支援するサービスを農林中央金庫と共同で構築した。(2022/7/25)

エンジニア数は企業規模に比例:
内製化エンジニア在籍の企業が7割突破 IDC調査が映し出す今後の課題とは
IDC Japanは、「2022年 国内CIO調査 ITサービス/アウトソーシング利用実態」を発表した。国内企業のIT投資動向に関して調べたもので、2021年度の国内企業のIT支出実績について、前年度と「変わらない」と回答した企業が5割超だった。(2022/7/1)

「総務」から会社を変える:
テクノロジーが人の仕事を奪う世界で、総務に仕事は残るのか?
テクノロジーが進化し、またBPO(専門業者への外部委託)が進められる中で、総務含む管理部門に求められる仕事は変化しています。総務の仕事は、どのように変わっていくのでしょうか。(2022/6/23)

ガートナー、DXにおける国内企業のアウトソーシング動向を調査
ガートナーは日本企業のDXにおけるアウトソーシング動向に関する調査結果を発表した。同社は「社外リソースを活用する際は社内外の両面で能力を最大限引き出すための施策がこれまで以上に重要になる」と指摘する。(2022/6/9)

異業種や競合企業へのアウトソーシングも視野に:
「上流工程でもアウトソーシングを活用せざるを得ない」 ガートナーがDXに関する調査結果を発表
ガートナージャパンは、日本企業のDX分野でのアウトソーシング動向に関する調査結果を発表した。同社は、社外リソースを活用する際は管理体制の対策が必要で、社内外の両面で能力を最大限引き出していくための施策がこれまで以上に重要になるとしている。(2022/6/9)

「コロナ禍の影響が最大の分野」にIDCが提言――国内BPOサービス市場予測
IDCは、国内BPOサービス市場の予測を発表した。同社は、「COVID-19の感染拡大は国内BPOサービス市場に対して悪影響を与える一方、ポジティブな影響も及ぼしている」と分析し、特に悪影響が大きい分野にサービス内容の見直しを勧めている。(2022/5/12)

ICTツールと建材調達のプラットフォームを提供:
「IT監督」が中小建設業のDXを全面支援、飛島建設とNTT東日本が4月にBPOサービス会社設立
飛島建設とNTT東日本は、これまで建設業界でIT導入が浸透しなかった問題点を解消すべく、現場とITに精通した「IT監督」によるワンストップサービスを展開する新会社「ネクストフィールド」を立ち上げる。(2022/3/30)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「ヘルプデスク・業務アウトソーシング利用状況」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/1/26)

そのベンダー、内製を共創できますか?:
内製開発に必要なのは、エンジニアではなく“Engineer”
ユーザー企業だけでは賄えない部分をベンダーが支援する「共創型内製」が増えてきている。その際のパートナー探しには、アウトソース時とは異なるポイントがあるという。(2021/12/6)

バックオフィスから踏み出すDX:
PR:ゼロベースから一足飛びで実現! 電子契約は導入前から運用管理、BPOまで見据えた“トータル支援”に頼るが正解
リモートワークの普及で、一気に脚光を浴び始めた「電子契約」。あらゆる面で「紙」とハンコより優れるとされる電子契約だが、実際にはどのようなメリットがあり、また対応サービスはどのような機能に注目して選ぶべきなのか? 「電子契約ソリューションパッケージ」を提供するNTTビジネスソリューションズと、ワンビシアーカイブズに話を聞いた。(2021/11/22)

キヤノンMJ、各種紙帳簿のデータ化に対応したAI OCR採用のBPOサービス「AI OCR×データ入力サービス」
キヤノンマーケティングジャパンは、クラウド型AI OCRソリューションを活用したBPOサービス「AI OCR×データ入力サービス」を発表した。(2021/10/4)

三井住友カード、コンカー「ガバナンス強化型経理BPOサービス」12月より提供開始
 三井住友カード(東京都江東区)とコンカー(東京都中央区)は9月16日、戦略的業務提携の一環として、ガバナンス強化型経理BPOサービスの提供を12月より開始すると発表した。(2021/9/17)

「ITスキルギャップ」を埋める方法【第4回】
「アウトソーシング」依存がIT人材不足を悪化させる“当然の理由”
適切なIT人材を迅速に調達する手段として、アウトソーシングなどの社外リソースの活用は有効だ。ただし社外リソース活用ありきのIT人材戦略は「ITスキルギャップ」を深刻化させかねない。その理由は明確だ。(2021/8/4)

人材派遣や教育は減収:
パソナの純利益11倍、21年5月期通期 BPOや再就職支援が好調
パソナグループが2021年5月期通期の連結業績を発表。純利益が前期比約11倍の67億円だった。人材派遣や研修などのサービスは減収だったが、BPOや再就職支援事業が好調だった。(2021/7/15)

デバイス管理のモダナイゼーション:
PR:ニューノーマルのPC運用はどうする? IT管理者の悩みを解決する「Device as a Service」とは
コロナ禍でテレワークを余儀なくされた企業も多い。緊急事態に対処するIT管理者の悩みは尽きないが、中でも「PC運用」は業務遂行やセキュリティに関わる重要な課題の一つだ。PCのレンタルやリース、PC運用のアウトソーシングサービス以外にも運用を軽減できる手段がないだろうか。(2021/6/15)

コンサルティングサービスも:
PR:RPAとAI-OCRをフル活用 DXへの第一歩をサポートする、「すごい」BPOとは?
DXの前提条件として、さまざまな情報のデータ化が挙げられる。しかし、その前段となるペーパーレス化に苦戦している企業も多い。そうした課題をRPAやAI-OCRを活用したBPOサービスで解決するのが、ビーウィズのソリューションだ。(2021/6/16)

IT関連契約を見直すヒント【後編】
アウトソーシング契約を見直す際に忘れてはいけない「セキュリティ」要件とは?
テレワークが拡大する中、アウトソーシング先ベンダーとの付き合い方が変わり始めている。変化に追従し、安心してアウトソーシングを継続するためには契約の見直しが必要だ。どう見直せばよいのか。(2021/6/10)

IT関連契約を見直すヒント【前編】
テレワーク普及でアウトソーシングコストの削減が容易に? その理由とは
新型コロナウイルス感染症の拡大に伴うテレワークの普及により、企業はアウトソーシングコストを抑えやすくなる可能性があるという。どういうことなのか。(2021/6/3)

深夜特化型:
「夜入稿で朝納品」時差を活用したアウトソーシング 外資コンサルの仕組みをサービス化
Timewitchは、時差を活用した深夜特化型のアウトソーシングサービス「Timewitch」のリリースを発表した。(2021/5/2)

製造IT導入事例:
グローリーの間接材購買業務を支援するBPOサービスを提供
日本IBMは、グローリーの間接材購買業務を支援するBPOサービスについて発表した。間接材の購買に関わる業務を、購買部門が一括して実施する体制に変更することで、業務効率化やコスト削減を図る。(2021/3/31)

マイナンバーカードを企業サービスの本人認証に活用 NECがコンサルからBPOまでサービス開始
NECは、マイナンバーカードと顔認証技術などを組み合わせた本人確認、当人認証サービス群を、コンサルティングやBPOと併せて体系化した新サービスを発表した。金融機関など、厳格な本人確認を必要とする事業者向けに、自社ビジネスへの適用をエンドツーエンドで支援する。(2021/3/18)

ゼロトラストセキュリティを最短1カ月で構築 SBテクノロジーがサービス提供
SBテクノロジーは、ゼロトラストセキュリティの導入/構築を支援する「ゼロトラストセキュリティ スターターパック」を開始する。ゼロトラストを実現するセキュリティ製品の導入作業をパッケージで提供し、最短1カ月で構築。マネージドセキュリティサービスの併用で運用もアウトソース可能だ。(2021/1/29)

【前編】日本のバックオフィスを変える!:
総務・人事・経理こそ、ワーケーションをすべき理由 350社の業務を改善したプロが力説
総務・人事・経理などのいわゆるバックオフィス(管理部門)と呼ばれる部署は他の職種に比べ、出社して作業をしている割合が高い。そのような中、「バックオフィスこそ、ワーケーションをすべき」と力説するバックオフィスの専門家たちがいる。350以上の企業や自治体、官公庁などでの組織変革支援や業務改革支援の経験を持つ、作家でありワークスタイル専門家の沢渡あまねさんと、業務改善コンサルティングやBPOサービスを提供するWe will accounting associatesの代表取締役で税理士の杉浦直樹さんだ。「バックオフィスこそ、ワーケーションをすべき」理由を、対談形式で伺った。(2021/2/9)

【後編】日本のバックオフィスを変える!:
総務・人事・経理のテレワークの秘訣とは? 「セキュリティが不安」「部下の様子が分からない」の悩みを業務改善のプロが一刀両断!
「バックオフィスこそ、ワーケーションをすべき」──350以上の企業や自治体、官公庁などでの組織・業務改革支援の経験を持つ作家でワークスタイル専門家の沢渡あまねさんと、業務改善コンサルティングやBPOサービスを提供するWe will accounting associatesの代表取締役で税理士の杉浦直樹さんはそう語る。「セキュリティやコンプライアンスの理由でクラウドサービスが使えない」「テレワークで部下が目の前にいないと、仕事をしているのか把握できない」といったバックオフィスの改革を阻む考えの矛盾を指摘しながら、変化する時代の中で「生き残るバックオフィス」であるために必要な業務の取り組み方について、対談する。(2021/2/10)

増収増益:
最終利益88倍、パソナGの20年6〜8月期 BPOサービスの需要拡大
パソナグループの20年6〜8月連結業績は、純利益が前年同期の88倍に相当する40億円に。新型コロナウイルスの影響で、人材採用や集合型研修の需要は減ったが、BPOサービスの需要が大きく伸びた。(2020/10/15)

リモートワーク推進にも有効:
日本の経理、効率化のカギはBPO 「多すぎる勘定項目」「紙の請求書」を乗り越えるには
リモートワークが難しいとされる経理業務。経理業務に関するソリューションを提供しているファーストアカウンティングの森社長は、課題として「多すぎる勘定項目」と「紙の請求書」を挙げる。リモートワークやBPOを進めるにはどうすればいいのだろうか。(2020/9/18)

テレ朝「スーパーJチャンネル」にBPOが放送倫理違反を認める 一般人装った取材対象がディレクターの知人だった
匿名の情報提供によって判明しました。(2020/9/3)

CIOに聞いた国内企業のIT投資傾向、2020年は遠隔操作や自動化を推進する5G、AIに集中か――IDC調査
ITサービス/アウトソーシングを利用する国内企業のCIOなどを対象にした調査によると、2020年のIT投資は大企業ほど増加傾向にあり、コロナ禍の影響を踏まえて、AIや5Gなどの遠隔操作や自動化を推進させるようなテクノロジーに対する投資が積極的に行われる傾向にあることが分かった。(2020/7/31)

半導体王者に迫られる選択:
「Intel Outside」、アウトソースの道を選ぶのか?
業界観測筋によると、Intelは今後5〜10年以内に、次世代半導体プロセス技術の開発を終了し、新しいウエハー工場の建設も中止して、他の多くのライバル企業と同じように、これらの重要なサービスを専業ファウンドリーに依存していく見込みだという。ただしIntelからは、この件に関する正式発表はまだない。(2020/7/30)

Weekly Memo:
ただのアウトソーシングではない、情シスの“ステップアップ”にコミットするサービスを始めたIIJの思惑
企業の情報システム部門が担う業務について、品質を保証して丸ごと請け負うサービスが登場した。IIJが提供を開始した「ストラテジックITアウトソーシング」だ。ユーザーメリットとともに同社の思惑を探ってみたい。(2020/7/20)

為替振込業務の8割を自動化する信用金庫向けBPOサービス、NECとしんきん情報サービスが2021年1月から提供
NECとしんきん情報サービスは、為替振込業務を自動化する機能を備えた、信用金庫向けのBPOサービスの提供を開始する。バックオフィス業務で大きなウエイトを占める為替OCR帳票の作成、確認、発行を自動実行する仕組みを活用することで、従来人手で行っていた処理の約8割を削減する。(2020/7/6)

インフラメンテナンス×AI(3):
“品川区”が試行するICT/AIの区道維持管理、従来手法より2.5倍も異常検知
東京・品川区は、道路管理者として行っている区道の日常点検に、ICTやAIを導入し、将来にわたり持続可能なインフラ維持管理体制の構築を進めている。実用化すれば、異常発見時に遅滞なく応じられるようになるだけでなく、ICT点検の結果に基づく1次現場対応のアウトソーシング化で職員の事務軽減、住民からの道路に対する要望への適切な対応などが期待される。(2020/4/21)

高校生の学習スタイルのハイブリッド化を推進中:
PR:“紙”のベネッセ、アプリ開発のアジャイル×内製化でジャンプアップ
開発体制をアウトソースから内製に変え、開発手法もウオーターフォールからアジャイルに移行したベネッセの開発チーム。事業部門と同じブースで“チームで”作り上げたアプリの成否やいかに――。(2020/3/17)

施工管理:
飛島建設、「to施工BPOサービス」導入で施工管理体制を合理化
飛島建設は、トランスコスモスのBPOサービスを活用した新たな施工管理体制を構築する。2024年の改正労働基準法適用を前に、現場の業務負荷軽減を図るべく、ワークフローの最適化と運用体制の安定化を目指すのが目的だ。(2020/2/10)

業務用PC管理のあるべき姿とは
ほぼ一人情シスの企業がデータレスPCを導入し、管理業務をアウトソースした理由
何かと面倒なPCの運用管理。一人情シスであれば、その大変さはなおさらだ。そうした状況を大きく変える画期的なサービスが登場した。事例を基に、その魅力を探る。(2019/12/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。