ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「スマートフォン対応」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スマートフォン対応」に関する情報が集まったページです。

ドコモ、店頭でLINE・ツムツムなどの初期設定を教えるサービス 1アプリ1650円
NTTドコモが、SNSやスマートフォン向けゲームアプリの初期設定などをサポートするサービスをドコモショップで始める。料金は1アプリにつき1650円。(2020/11/19)

MediaTek、廉価モデル向け5Gプロセッサ「Dimensity 700」発表
MediaTekは、11月11日に5Gスマートフォン向けプロセッサ「Dimensity 700」を発表した。独自の省電力技術や90Hzのリフレッシュレート、最大6400万画素に対応するカメラ機能などを備え、複数の音声アシスタントもサポートする。(2020/11/11)

NTTドコモ、eスポーツ事業に本格参入 モバイル版「PUBG」のプロリーグ設立へ 賞金総額3億円
NTTドコモがeスポーツ事業に本格参入。まずはスマートフォン向けゲーム「PUBG MOBILE」のプロリーグを設立する。賞金総額は3億円で、参加チームやスポンサーも募集している。(2020/11/5)

接触アプリでポイント還元、集団自宅待機も 大学、感染対策に苦慮
新型コロナウイルスの流行が続く中、対面授業を本格化させた各大学はスマートフォン向け接触確認アプリ「COCOA」の導入を呼びかけるなど対策を講じ始めている。(2020/10/30)

ワイモバイル、月20GB・4480円の新プラン 12月下旬に提供 MNP転出手数料は撤廃
ソフトバンクが、ワイモバイルのスマートフォン向け新料金プラン「シンプル20」を発表。月間データ容量は20GBで、基本料金は4480円(税別)。12月下旬から提供する。(2020/10/28)

ウェンディーズ・ファーストキッチン、スマホで事前注文・決済開始
事前にスマートフォンからテイクアウト商品を注文し、店頭で待たずに受け取れるサービスを、「ウェンディーズ・ファーストキッチン」が47店舗で始めた。(2020/10/19)

GAURUN、iPhoneやGalaxy Note20 Ultra向け保護フィルムをAmazonプライムデーで33%オフに
10月13日〜14日開催のAmazonプライムデーにスマートフォン向け保護フィルム専門ブランド「GAURUN」の全商品が33%オフに。対象はiPhone 11シリーズ向けやカメラガラスフィルム、iPhone SE(第2世代)全面保護ガラスフィルムをそろえます。(2020/10/12)

製品動向:
アプリで操作性をカスタマイズできる次世代ドライバ、工機ホールディングス
工機ホールディングスは、スマートフォン向け専用アプリ「HiKOKI TOOLS」を用いて、操作性をカスタマイズできるコードレスインパクトドライバ「WH 360DC」を開発した。(2020/10/7)

ヤフー、公式アプリに「地域」タブを追加 自治体の緊急情報なども表示
ヤフーはスマートフォン向けアプリ「Yahoo!JAPAN」のタブに「地域」を追加した。自身の居住地を設定したユーザーを対象に、地域ニュースや自治体からの緊急情報などを提供する。(2020/10/6)

ワイモバイル、容量超過時の通信速度を128kbps→300kbpsに 月3GBのプラン改定
ソフトバンクが、Y!mobileのスマートフォン向け料金プラン「スマホベーシックプランS」を10月14日に改定すると発表。月間データ容量を超過した後の通信速度を、最大300kbpsに変更する。(2020/10/5)

データと接客技術を活用:
HIS、旅行予約の“接客”をデジタル化 チャットとビデオ通話を融合
旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)は、AIによるチャット対話と有人のビデオ通話を組み合わせたオンライン接客を、旅行予約サイトのスマートフォン版に導入する。店舗のようなきめ細かい対応を可能にすることで、新しい接客体験を提供する。(2020/10/5)

QUOカードPayが「スギ薬局」「ユニクロ」などで利用可能に
クオカードのスマートフォン向けデジタルギフト「QUOカードPay」が、10月5日から全国の「スギ薬局」「ジャパン」、10月9日から「ユニクロ」「ジーユー」で利用可能となる。(2020/10/5)

医療機器ニュース:
活動量計のアルゴリズムを外部提供、第1号として位置情報ゲームに搭載
タニタは、活動量計の中核技術「タニタアルゴリズム」の外部提供を本格的に開始した。第1号案件として、スクウェア・エニックスが提供するスマートフォン向け位置情報ロールプレイングゲーム「ドラゴンクエストウォーク」に搭載した。(2020/9/29)

KDDI、5Gスマホ向け新プラン発表 「FODプレミアム」「TELASA」がセットで容量無制限
KDDIが、5Gスマートフォン向けの新料金プラン「データMAX 5G テレビパック」を10月2日から提供すると発表。既存プランの値下げや新たな5Gスマホも発表した。(2020/9/25)

auの「ピタットプラン 5G」が1000円値下げ 10月1日から
KDDIが、5Gスマートフォン向け料金プラン「ピタットプラン 5G」を、2020年10月1日から1000円値下げする。1GBまでが2980円、4GBまでが4480円、7GBまでが5980円。これで4G向けピタットプランと同額になる。(2020/9/25)

Maxim、無償提供を開始:
「必須アナログIC」の情報を提供するスマホアプリ
Maxim Integrated Products(以下、Maxim)が、同社の単機能ハイパフォーマンスアナログ製品群「Essential Analog(必須アナログIC)」に関するリサーチや注文などができるスマートフォン向けアプリを開発し、無償での提供を開始した。広くユーザーに提供するモバイル向けアプリの開発は同社初という。今回、Maximのコア製品事業部のエグゼクティブディレクターを務めるDavid Andeen氏に、このアプリの詳細を聞いた。(2020/9/25)

PDFをスマホ画面向けに“再構成” Adobe Acrobat Readerに「リキッドモード」登場
PDF閲覧アプリ「Adobe Acrobat Reader」のスマートフォン版(iOS/Android、無料)に、PDFの構造を画面サイズに応じて再構成する機能「リキッドモード」が登場。(2020/9/24)

スマホ版「ロックマンX」日本でも配信 シリーズのアクション再現 対戦や協力も
カプコンがスマートフォン向けゲーム「ロックマンX DiVE」を発表。アクションゲーム「ロックマンX」シリーズの最新作で、価格は基本無料。2020年秋に配信する。(2020/9/23)

Huaweiが「HarmonyOS 2.0」を発表 2021年に対応スマホが登場?
Huaweiが9月10日に開発者会議「HUAWEI DEVELOPER CONFERENCE 2020」を開催。独自OS「HarmonyOS」の最新バージョンとなる「2.0」を発表し、年内にスマートフォン向けOSも展開する。高度なアプリを簡単に開発できる開発キットも提供する。(2020/9/11)

マクドナルド、公式サイトが「モバイルオーダー」対応 会員登録など不要に
マクドナルドの公式サイト(スマートフォン版)が、スマホで商品を事前注文できるサービス「モバイルオーダー」に対応。従来は公式スマホアプリのインストールなどが必要だったが、この手間を省く。(2020/9/9)

クリップで装着するだけのウエストポーチ「One80Pouch」 スマホを収納できるタイプも
Pika-Ichi Tradeは、クリップで装着できる自立型ウエストポーチ「One80Pouch」のプロジェクトをクラウドファンディング「Makuake」で公開。ウエストラインに取り付けられ、サイズはカード型、パスポート型、スマートフォン向け2種の4モデルを提供する。(2020/9/4)

Qualcommが安価な5Gプロセッサ「Snapdragon 4」発表 「誰もが5Gを利用できるように」
Qualcommが9月3日(日本時間)、ミッドレンジスマートフォン向けに5G対応プロセッサ「Snapdragon 4」シリーズを発表した。比較的安価なスマートフォンに適用できるSnapdragon 4が5Gに対応したことで、世界各国の5G普及に弾みをつけたい考え。XiaomiのスマートフォンがSnapdragon 4シリーズを搭載する最初のメーカーになるという。(2020/9/4)

ドワンゴがシンプル特化のスマホ通話アプリ 電話番号・メアドの登録は不要、15秒で消える写真機能など
ドワンゴが、スマートフォン向けの音声通話アプリ「Re-mo」(リーモ、iOS、無料)の提供を始めた。電話番号やメールアドレスなどの登録は不要で、写真投稿機能を搭載する。通話時間は無制限。(2020/9/4)

Twitch、「ウォッチパーティ」を誰でも主催可能に スマートフォンからの参加は数カ月中に実現
Amazon傘下のTwitchが、6月から日本でも視聴だけ可能にしていた「ウォッチパーティ」を世界で主催可能にした。TwitchとAmazonプライムのアカウントを持つユーザー同士で同じ映画やドラマを見ながらチャットやWebカメラ経由で盛り上がれる。(2020/9/3)

「特務機関NERV防災アプリ」、運用費は年間6000万円 収益化に向け“サポーターズクラブ”設立
セキュリティ企業のゲヒルンは、自然災害関連の情報や防災気象情報などをユーザーの位置情報に基づいて配信するスマートフォン向け「特務機関NERV防災アプリ」(iOS/Android)に月額制の会員制度「サポーターズクラブ」を設立したと発表した。(2020/9/1)

モビリティサービス:
小田急がMaaSアプリの機能拡充を加速、後押しするのはAWS
小田急電鉄の「MaaSアプリ」が急速な進化を遂げている。同社は2018年末にMaaS(Mobility-as-a-Service、自動車を所有せず移動をサービスとして利用すること)での協業を決定。2019年4月にヴァル研究所とともに交通に関するデータ基盤「MaaS Japan」の開発を開始し、同年10月末にMaaS Japanを活用したスマートフォン向けアプリ「EMot(エモット)」をサービスインした。(2020/8/26)

“エヴァ風”防災情報、デジタルサイネージに配信 ゲヒルンとNTTテクノクロス
スマートフォン向けアプリ「特務機関NERV防災」(iOS/Android)を手掛けるゲヒルンとNTTテクノクロスは、NTTテクノクロスが提供するデジタルサイネージにゲヒルンの防災情報を配信するサービスを11月に始めると発表した。(2020/8/25)

日本航空電子工業 WP66DKシリーズ:
ウェアラブル向けFPC接続用コネクター
日本航空電子工業は、ウェアラブルデバイス向けの電源端子付小型基板対基板接続用コネクター「WP66DK」シリーズの販売を開始した。スマートフォン向けの同社従来品に比べ、実装面積を20%削減した。(2020/8/13)

「セブン-イレブンアプリ」の決済機能にペイペイ搭載 10月めど
 セブン-イレブン・ジャパンは11日、自社のスマートフォン向けアプリ「セブン-イレブンアプリ」にソフトバンク系スマホ決済「ペイペイ」を10月をめどに導入すると発表した。アプリ利用者の決済時の利便性向上と、コロナ禍における決済時の接触機会を減らすのが目的。同アプリに決済機能が搭載されるのは、グループ会社が開発したバーコード決済「7pay(セブンペイ)」の不正利用問題が起きた昨年7月以来となる。(2020/8/12)

指定URLからグループ通話に参加できる「LINEミーティング」
LINEは、指定のURLへアクセスしてグループ通話に参加できる新機能「LINEミーティング」の提供を開始。スマートフォン版「LINE」バージョン10.13.0、PC版「LINE」バージョン6.2.0以上で利用できる。(2020/8/7)

LINE、URLからグループ通話に参加できる「LINEミーティング」 ビデオ会議やオンライン飲み会に
LINEが、指定のURLを開けばグループ通話に参加できる「LINEミーティング」の機能をスマートフォン版LINE、PC版LINEに追加した。ビデオ会議やオンライン飲み会などでの利用を見込む。(2020/8/6)

ミネベアミツミ2020年度Q1決算:
LEDバックライトやゲーム機向け好調で営業益61%増
ミネベアミツミは2020年8月4日、2021年3月期第1四半期(2020年4〜6月)の営業利益が前年同期比61.4%増の53億6400万円になったと発表した。主力のボールベアリングの売り上げが低迷したものの、スマートフォン向けLEDバックライトやゲーム機向けの機構部品などが好調だった。売上高は前年同期比8.3%減の1874億6300万円だった。(2020/8/5)

内閣府が語る「接触確認アプリ」開発の経緯 「インストール義務化は信義則に反する」
新型コロナウイルスのクラスタ対策を目的として政府が提供するスマートフォン向けの接触確認アプリ「COCOA」。6月19日のリリース以来、7月31日までに996万件ダウンロードされている。COCOA投入までは紆余(うよ)曲折もあり、政府の説明不足から誤解を招いている点も否めない。(2020/7/31)

東京駅の公式ガイドアプリ、リアルタイム混雑状況表示やチャットbotによる案内に対応
JR東京駅内の情報を表示するスマートフォン向けアプリ「東京ステーションナビ」(iOS/Android、無料)が8月3日にアップデート。構内や店舗の混雑状況やコインロッカーの空き情報、チャットbotを活用した案内などの新機能を追加する。(2020/7/30)

PCやスマホでテレビを視聴できるチューナー「Xit AirBox」新製品が8月7日発売
ピクセラは、PCやスマートフォン向けのテレビチューナーブランド「Xit」の新製品「Xit AirBox」(XIT-AIR110W)を8月7日に発売する。無線LANルーターやモバイルWi-Fiルーターなどと接続し、ワイヤレスで地上・BS・110度CSデジタル放送が視聴できる。プロジェクター付きシーリングライト「popIn Aladdin/popIn Aladdin 2」にも対応する。(2020/7/30)

Tech TIPS:
【Windows 10トラブル対策】Bluetoothデバイスが接続できない
スマートフォンの普及も手伝ってか、ヘッドフォンやキーボードなど多くのBluetooth対応のデバイスが販売されるようになってきた。ヘッドフォンなどは、マニュアルにスマートフォン向けの接続手順が記載されているものの、Windows 10については触れられていない、といったこともある。そこで、Windows 10でBluetoothデバイスを接続する方法を紹介しよう。(2020/7/27)

星暁雄「21世紀のイノベーションのジレンマ」:
インドのTikTok禁止と表現の自由
インド政府が、動画投稿アプリTikTokをはじめ59種類の中国製スマートフォンアプリの利用を禁じた。インド政府の命令に従い、AppleとGoogleはスマートフォン向けアプリストアから問題とされたアプリを取り下げた。TikTokもサービス提供を中止した。この事件は、単なる2国間の対立というだけでは収まらない問題を含んでいる。インターネット上の人権――表現の自由――という新しい概念と、国家の利害とが衝突しているのだ。(2020/7/15)

GmailアプリだけでスマートフォンでのGoogle Meet利用が可能に
GoogleのWeb会議ツール「Google Meet」をスマートフォンから参加するにはこれまで専用アプリのインストールが必要だったが、Gmailアプリだけで参加および会議開催ができるようになる。Gmailで招待状をもらえば、Gmailを離れずに1タップで会議に参加できる。(2020/6/17)

接触確認アプリは米MS製? 日本MSは「事実ではない」と否定
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を抑えるためのスマートフォン向けアプリ「接触確認アプリ」(iOS/Android)の開発を厚生労働省から受注したのは米Microsoftだと、日本経済新聞の電子版が6月15日に報じた。しかし、日本マイクロソフトはITmedia NEWSの取材に対し、「事実ではない」と報道を否定した。(2020/6/15)

厚労省「接触確認アプリ」の概要公開 6月中旬に公開予定
厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を抑えるために開発を進めているスマートフォン向けアプリ「接触確認アプリ」(iOS/Android)の概要とQ&Aを公開した。(2020/6/15)

AIが“映え”をサポートするカメラアプリ 「Photoshop Camera」配信
アドビ システムズが、スマートフォン向けカメラアプリ「Photoshop Camera」をリリースした。AIが被写体と背景を判別し、個別にエフェクトなどの加工を施すため、どんなユーザーでも“インスタ映え”する写真を撮影できるという。基本無料で、iOS 12以上、Android 9以上に対応する。(2020/6/11)

大阪府、スマホ決済アプリ開発へ コロナ感染者追跡システムと連動
大阪府は、新型コロナウイルス対策として運用している感染者追跡システムと連動した新たな飲食店向けアプリを開発すると発表した。スマートフォンから飲食物の注文と支払いができる。(2020/6/4)

ドコモの「ひかりTV for docomo」、複数チャンネルの同時視聴を5Gスマホへ提供開始
NTTドコモが。「ひかりTV for docomo」で複数のチャンネルを同時に視聴できる「マルチストリーミング機能」を5Gスマートフォン向けに提供を開始した。18チャンネルの中から最大7番組を同時に視聴できるようになる。(2020/6/1)

Mobile Weekly Top10:
「特別定額給付金」をスマホで申請する方法(中止した自治体もあり)/Googleアプリが使えるHuaweiスマホ登場
新型コロナウイルス対策の1つとして始まった「特別定額給付金」制度。マイナンバーカードがあれば、スマートフォンからも申請できるのですが、自治体側の負担は大きいようで、一部の自治体ではオンライン申請を中止してしまいました……。(2020/6/1)

スマホ版「ラブプラス」8月にサービス終了 彼氏たち、1年を待たずに“諸般の事情”でフラれる
コナミデジタルエンタテインメントは、スマートフォン向けゲーム「ラブプラス EVERY」の提供を8月5日午後2時に終了すると発表した。サービス終了の理由は「諸般の事情としか言えない」という。(2020/5/26)

6月2日提供開始:
auが「データMAX 4G LTE Netflixパック」の内容を一部改定 テザリングなどの月間容量が60GBに
auが6月2日から提供を開始する4G LTEスマートフォン向け料金プラン「データMAX 4G LTE Netflixパック」の内容を一部改定。テザリングへのニーズの高まりを受けて、テザリングなどの容量無制限対象外の月間データ通信容量を60GBに増強する。(2020/5/25)

スマホ決済「ゲオペイ(仮称)」、20年秋スタート JCBブランドのチャージ式バーチャルプリペイド
ゲオペイメントサービスが、自社グループ店舗での利用を想定したスマートフォン向けコード決済サービス「ゲオペイ(仮称)」を2020年秋に提供する。JCBブランド加盟店でも使えるという。(2020/5/18)

Slackに接続できない障害 「仕事ができない」声続出【追記あり】
Slackで5月13日午前8時50分ごろから、スマートフォンからSlackへの接続、メッセージの読み込み、送受信などができない障害が発生している。午前9時43分には一部のユーザーにおいて接続が復旧している。(2020/5/13)

ドコモの20年3月期は減収減益 新料金プラン、dポイント還元などが利益を圧迫
NTTドコモが2020年3月期の通期連結決算を発表。主力の通信事業で、月額利用料を従来の最大4割値引きしたスマートフォン向けプランを展開した影響で減収減益だった。21年3月期の通期連結業績予想は、新型コロナウイルスの影響を考慮して非開示とした。(2020/4/28)

富士通コネクテッドテクノロジーズ:
5G対応スマホ向けレファレンスデザインを開発
富士通コネクテッドテクノロジーズ(FCNT)は、Qualcomm製「Qualcomm Snapdragon 865 5G Modular Platform」を用いた、Sub-6とミリ波に対応する5Gスマートフォン向けレファレンスデザインを開発した。厚み7.6mmと極めて薄い携帯端末の開発が可能となる。(2020/4/8)

「マスク、どうやって買えた?」 レシート読み取りアプリのユーザー調査で明らかに
レシートを撮影して登録するとポイントがもらえるスマートフォン向けアプリで行った調査結果を、リサーチ・アンド・イノベーションが公開した。(2020/3/30)

顔認証技術:
PR:「ハンズフリー」で出社できる最新工場、先進技術が現代の職人を育てる
スマートフォン向けマイクロコネクターのめっき加工で業界をリードする東新工業が、新設の松本工場の入退管理および勤怠管理システムとの連携にNECの顔認証システムを導入した。それもICカードを併用した部分的な導入ではなく、工場全体の入退を行うシステムとして採用したのだ。製造業が顔認証システムを採用する事例がまだ少ない中で、同社はなぜ導入に踏み切ったのだろうか。(2020/3/26)

インスタのAR機能で試着、AIチャットbotが接客 KDDIとFacebook Japanが新ECサイト
KDDIとFacebook Japanが協業。AIやARの技術を取り入れたスマートフォン向けECサイト「フューチャーポップアップストア」を立ち上げた。5Gを活用した商品販売の手法を実証する狙い。(2020/3/24)

KDDI、商用5Gサービスを3月26日開始 「Apple Music」「YouTube Premium」がセットの無制限プランなど提供
KDDIが、5G通信の商用サービス「au 5G」を3月26日に始める。データ通信が使い放題となる「データMAX 5G」などスマートフォン向け料金プラン計4種を同日から提供する。5G対応スマホ7機種も27日以降に順次発売する。(2020/3/23)

ドコモがクラウドゲームサービスを提供 「真・三國無双8」や「FINAL FANTASY XV」も
NTTドコモは3月18日、スマートフォン向けのクラウドゲームサービス「dゲーム プレイチケット」の提供を開始した。契約しているキャリアに関係なく利用できる。サービス開始時点では「信長の野望・創造 with パワーアップキット」などを含む全12タイトルを用意し、今後は100タイトル以上の配信を予定している。(2020/3/18)

吉野家、スマホで事前注文開始 店頭で待たずにテークアウト
事前にスマートフォンからテークアウト商品を注文し、店頭で待たずに受け取れるサービスを、吉野家が開始。(2020/2/14)

松屋で「QUOカードPay」が利用可能に 2月18日から
クオカードのスマートフォン向けデジタルギフト「QUOカードPay」が、2月18日から松屋フーズに対応。対象店舗は「松屋」「松のや・松乃家・チキン亭」「マイカリー食堂」「ステーキ屋松」「松そば」「ヽ松(てんまつ)」1158店舗となる。(2020/2/13)

ソフトバンク、5Gサービスは3月下旬開始 “アンリミテッド”を検討中 楽天参入には余裕の構え
ソフトバンクの宮内謙社長は、同社のスマートフォン向け5Gサービスを3月下旬に始めると話した。詳細はあらためて発表会を設けるとしつつ、容量無制限プランを検討していることを示唆した。(2020/2/7)

+Styleがスマート照明2製品を発売 ベッドサイド用とデスク用をラインアップ
プラススタイルが、スマートフォンからコントロールできるスマート照明「スマートLEDベッドサイドランプ(調光・RGB調色)」「スマートLEDデスクライト(調光・調色)」を発売する。+StyleのWebサイトの他、PayPayモールやAmazon.co.jpでも取り扱う(2020/2/5)

ドラクエシリーズ最新作はタクティカルRPG「ドラゴンクエストタクト」 2020年にスマートフォン向けに配信予定
新作ドラクエはタクティカルRPG!(2020/2/5)

ポケモン全世代をクラウド上に預けられる「Pokemon HOME」、詳細明らかに 有料プランは年額1960円
ポケモン社がサーバ上にポケモンを預けられるクラウドサービス「Pokemon HOME」を2月上旬に始める。Nintendo Switchとスマートフォンから利用できる。前身となるサービス「ポケモンバンク」を通じて、全世代のポケモンを預けられる見込み。(2020/1/29)

最前列よりも近い“神席”――AKB48グループ、劇場公演のVR動画を配信へ ステージ後方で踊るメンバーにも光を
AKB48グループの劇場公演を撮影したVRコンテンツの配信が、2月3日にスタートする。ソフトバンクのスマートフォン向けVRアプリ「LiVR」で、有料で提供する。視聴者は、まるでメンバーに触れるような距離感でパフォーマンスを楽しめる。(2020/1/17)

NHKの常時同時配信「NHKプラス」4月開始 見逃し配信も
NHKの番組を、PCやスマートフォン向けに常時同時配信・見逃し配信するサービス「NHKプラス」が4月から本格スタート。原則、NHKの受信契約者向けサービスだ。(2020/1/16)

BuddycomをSlackと連携:
IP無線アプリの通話内容を自動的にテキスト化してSlackで共有可能に サイエンスアーツ
サイエンスアーツは、同社のスマートフォン向けのIP無線アプリ「Buddycom」を「Slack」と連携させた。Buddycomを使った通話の内容を、テキストとして自動的にSlackで共有できる。(2020/1/9)

「AR」の理想と現実【前編】
「AR」の主戦場はスマートフォンからHMDへ その前提条件とは?
「AR」(拡張現実)技術はまだ成熟途上段階だが、間もなく急成長を迎えそうだと専門家は予測している。AR技術はどう進化し、どう普及するのか。(2020/1/6)

ドコモの「ギガホ」、キャンペーンでデータ容量が60GBに 終了時期未定
ドコモが、スマートフォン向け料金プラン「ギガホ」のデータ容量を1月から60GBに倍増させる。キャンペーン扱いだが終了時期は未定。申し込みは不要で、自動で適用される。(2019/12/27)

「今の立ち位置」と「将来の可能性」を知る:
私の年収、本当に適正? 自分と似た境遇の人の年収分布や転職動向が分かるアプリ パーソルキャリアが提供開始
パーソルキャリアが新サービスを開始。スマートフォン向けに「マイポテ」というアプリを提供する。同じような境遇の人と自分の年収を比較できる上、将来の年収予測も可能。自らのポテンシャルを知ることで、転職の後押しとする狙いがある。(2019/12/9)

iPhone版「CLIP STUDIO PAINT」登場 月額100円から
イラスト・漫画制作ソフト「CLIP STUDIO PAINT」のiPhone版がリリース。ユーザーインタフェースをスマートフォン向けに最適化した。(2019/12/5)

5G SoC「Dimensity 1000」を発表:
MediaTek、ノートPC向け5GモデムでIntelと協業
MediaTekは、新しい製品シリーズとして、スマートフォン向け5G対応チップ「Dimensity 1000」を発表した。さらに、Intelとの間で業務提携を結び、ノートPC向けに5Gモデムを提供していく予定であることを明らかにした。(2019/12/4)

11月26日(いい風呂の日)本格始動:
東京ガスが恋愛ゲーム進出 執事との“疑似恋愛“を通し入浴の魅力学ぶ
東京ガスがスマートフォン向けゲームに進出する。「ふろ恋プロジェクト」と称し、ゲームを中心としたユーザー接点の拡大を狙う。男性執事から入浴の効果などを学べるというが、具体的な内容の発表はこれから。有名声優やイラストレーターを起用し、“疑似恋愛”も楽しめるという。(2019/11/20)

NHKの関連サイトで一時接続障害 「アクセスできない」報告相次ぐ 約2時間で復旧
NHKの公式Webサイトや、NHKラジオのネット配信サービス、アプリなどにPCやスマートフォンからアクセスできない状況だった。(2019/11/13)

ペット育成ゲーム「Lively Island」終了 16年の歴史に幕
ペット育成ゲーム「Lively Island」が12月26日にサービス終了。2003年に提供を始め、19年3月にはスマートフォン版もリリースしていた。(2019/11/1)

エプソン、スマホでプリンタを直接操作できる「Epson Smart Panel」を公開
エプソン販売は、同社製プリンタをスマートフォンから操作可能にするアプリ「Epson Smart Panel」を発表した。(2019/10/24)

「Yahoo!防災速報」に新機能、周辺ユーザーと災害状況を共有可能に
ヤフーは10月11日、スマートフォン向けのアプリ「Yahoo!防災速報」(iOS/Android)に新機能として「災害マップ」を追加。ユーザー自身が現在地の状況を投稿したり、周辺にいる他のユーザーの投稿を地図上で確認したりできる。(2019/10/11)

「PC-NAVITIME」「NAVITIME」スマホ向けサイトがドコモの「dカーシェア」と連携
「PC-NAVITIME」「NAVITIME」のスマートフォン向けサイトが、NTTドコモの「dカーシェア」と連携。カテゴリ検索や周辺スポット検索から「dカーシェア」の予約が可能となる。(2019/10/9)

「PayPayフリマ」登場 売上金をPayPay残高にチャージ可能、1%還元も
スマートフォン向けアプリ「PayPayフリマ」(iOS)が登場。モバイル決済サービス「PayPay」と連携する。(2019/10/7)

KDDI、海中でのデータ通信に成功 青色LED光無線通信を使用
KDDI総合研究所は、青色LED光無線通信技術を用いた海中の実証実験に成功。防水対策を施した海中のスマートフォンから陸上に向けたライブ映像の配信と、陸上から海中のスマートフォンに向けたSNSメッセージ配信を実施した。(2019/10/3)

Appleとの“和解”の効果は? 日本の5Gって遅れてない? Qualcommアモン社長の答え
スマートフォン向けのチップセットやモデムを手がける米Qualcomm(クアルコム)のクリスティアーノ・アモン社長が来日。日本の報道関係者に5G(第5世代移動体通信システム)における同社の役割を説明した。この記事では、説明会での質疑応答の模様を簡単にお伝えする。(2019/9/19)

コーエーテクモ、AI搭載スマホゲーム「三国志ヒーローズ」今秋配信 HEROZと共同開発
コーエーテクモゲームスとHEROZが、AI搭載バトルボードゲーム「三国志ヒーローズ」を共同開発した。スマートフォン向けアプリとして2019年秋に配信する。(2019/9/12)

料金はずっと同じ:
UQ mobileが縛りなしの「スマホプラン」を10月スタート 月額1980円から
UQ mobileが10月1日からスマートフォン向けの新料金プランを開始する。最低利用期間や解約金といった「縛り」のないことと、2年目、3年目以降も料金が変わらないことが大きな特徴だ。(2019/9/12)

佐川急便とヤフーが連携、Yahoo!関連アプリで配達を通知
佐川急便とヤフーは「佐川急便 WEBトータルサポートID」と「Yahoo! JAPAN ID」を連携し、荷物の配達予定通知機能を提供開始。利用者は「Yahoo! JAPAN」アプリ、「Yahoo!カレンダー」アプリ、「Yahoo! JAPAN」スマートフォン向けWebページで通知を受け取れる。(2019/9/4)

Huaweiのスマートフォンにも対応する独自OS「HarmonyOS」、初製品はスマートTV
Huaweiがうわさされていた独自OS「HarmonyOS(中国では「鴻蒙」)」を発表した。搭載製品第一弾はスマートテレビ「HONOR Vision」。スマートフォンにも搭載可能だが、具体的な計画は不明だ。(2019/8/12)

「2019びわ湖大花火大会」で人の流動状況をリアルタイムに観測 警備や混雑緩和に活用――富士通らが実証実験
富士通らは、「2019びわ湖大花火大会」で、IoTセンサーを活用して観客の流動状況を可視化する実証実験に取り組む。観客のスマートフォンから取得する固有ID情報を基に、滞留地点や滞留時間、移動状況などをリアルタイムに観測し、今後の警備計画や交通機関の混雑緩和、観光政策に役立てる。(2019/8/8)

ポケモン新作スマホゲー「ポケモンマスターズ」事前登録開始
DeNAは、今夏配信予定のスマートフォン向けゲーム「ポケモンマスターズ」の事前登録受け付けを始めた。公式動画もYouTubeで公開した。(2019/7/24)

KDDI、データ容量無制限の「auデータMAXプラン」開始へ 月額5980円から
KDDIは7月26日から、月間のデータ容量に上限を設けないスマートフォン向けプラン「auデータMAXプラン」を提供する。基本料金は月額8980円で、各種割引を併用すると月額5980円から使える。(2019/7/23)

継続率向上を支援:
スマートフォン向け広告効果測定データ基盤「ART DMP」に 「チャーン予測機能」
D2C RとD2C、アーリーリフレクションの3社は、広告効果測定データ基盤「ART DMP」に 「チャーン予測機能」を追加したと発表した。(2019/7/11)

PR:チャット画面が業務アプリの入り口に? LINE WORKSで外出先の面倒な作業がラクになる理由
今や多くの企業が導入を開始したリモートワーク。いつでもどこでも働けるのはありがたいが、外出先でスマートフォンから業務アプリにアクセスするのは面倒なこと極まりない。この課題をビジネスチャットが解決してくれるとしたら……。(2019/7/1)

セルフレジのコード決済対応も:
ファミマのコード決済「FamiPay」7月1日にスタート
ファミリーマートがスマートフォン向け会員証アプリを開発。電子クーポンや各種コンテンツに加えて、独自のコード決済機能「FamiPay」を利用できる。これに合わせて、FamiPayを含むコード決済サービスをセルフレジで利用できるように改修する。(2019/6/27)

“ハリポタGO”、米国などで6月21日に配信開始 日本は「近々」
ARを活用したスマートフォン向け位置情報ゲーム「ハリー・ポッター:魔法同盟」(iOS/Android)が、米国などで21日に公開。日本でも近々公開される。(2019/6/19)

「ドラゴンクエストウォーク」β版のシリアルコードが出品 “禁止行為”なのか?
スマートフォン向け「ドラゴンクエストウォーク」β版が6月11日にスタート。iOSとAndroid向けに1万人ずつを対象としているため抽選となり、当選者がシリアルコードをメルカリやヤフオク!で出品する事態に。これは禁止行為に含まれるのだろうか? 各社に確認した。(2019/6/12)

位置情報ゲーム「ドラゴンクエストウォーク」は何が新しいのか?
スマートフォン向け位置情報ゲーム「ドラゴンクエストウォーク」が2019年内に配信される。現実世界がドラクエのフィールドとなり、現在地付近から目的地を決めながら冒険を進めていく。実在する「ランドマーク」も登場し、ご当地クエストも用意される。(2019/6/3)

DNP、スマホ画面に貼れる透明フィルム型アンテナ 内蔵型アンテナと同等性能
DNPが視認性を妨げないスマートフォン向けフィルム型アンテナを開発したと発表した。(2019/5/17)

置くだけで写真をバックアップできるワイヤレス充電器 WDが7月発売
ウエスタンデジタルが、スマートフォンを置くだけで写真をバックアップできるスマートフォン向けワイヤレス充電器「サンディスクiXpandワイヤレスチャージャー」を発表した。(2019/5/13)

「自らの手は汚さない」 ポテチをつまめるタッチペン、タカラトミーアーツが発売
「ポテトチップス」をつかめるハンドを搭載したスマートフォン向けタッチペンが登場。タカラトミーアーツとカルビーがコラボした商品だ。(2019/5/10)

リュックベルトに取り付けられるスマホポーチ カードも収納可能
サンワサプライは6.5型までのスマートフォンに対応し、カードなども収納できるポケットも付いたリュックベルト用ポーチを発売。取り付けは背面ベルト、または面ファスナー(横)、面ファスナー(縦)のいずれか3パターンで行える。(2019/5/8)

石川温のスマホ業界新聞:
アップルとクアルコムが知的財産訴訟で和解成立――インテルはスマホ向け5Gモデム開発をギブアップ
特許に関して互いを提訴していたAppleとQualcomm。それが4月17日(現地時間)、和解に至った。一方、Intelはスマートフォン向け5Gモデムの開発を中止することを発表した。「和解」は5G対応iPhoneに向けて大きな一歩だが、「中止」は5Gモデムの寡占化を進める懸念がある。(2019/4/26)

あなたのスマホが危ないかも――BroadcomのWi-Fiチップセットに脆弱性、CERT/CCが注意喚起
BroadcomのWi-FiチップはスマートフォンからノートPC、スマートTV、IoTデバイスに至るまで幅広い製品に使われているため、脆弱性が見つかった場合のリスクは大きい。(2019/4/19)

Intel、「スマートフォン向け5Gモデム事業から撤退する」 AppleとQualcommの和解発表直後に
Intelが、AppleとQualcommの特許紛争全面和解発表直後に、スマートフォン向け5Gモデム事業から撤退すると発表した。「収益性が見込めない」スマーフォトン向けではなく、PCやIoT向け、インフラ向け5Gにフォーカスするとしている。(2019/4/17)

懐かしの「ドコモ絵文字」がLINEスタンプに 矢印、音符などガラケーを思い出す242種
LINEが「LINE」のトークで使える「ドコモ絵文字」を発売。NTTドコモが開発したフィーチャーフォン向け絵文字をスマートフォン向けに再現したもの。価格は税別240円または「LINEコイン」100コイン。(2019/4/16)

Yahoo!カーナビ、AppleのCarPlayに対応
ヤフーのスマートフォン向け無料カーナビアプリ「Yahoo!カーナビ」が、Appleの車載システム「CarPlay」に対応した。(2019/4/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。