ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「減税」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「減税」に関する情報が集まったページです。

後発:
家庭用サーバーで「スーパードライ」“復権” キリンを猛追へ
アサヒビールは7日、ビールサーバーを貸し出してビールを定期配送する会員制の家庭用生ビールサービス「ドラフターズ」を5月25日に開始すると発表した。“ビール一本足打法”と呼ばれるアサヒが、熱烈なファンを取り込むことができるのか。 (2021/4/8)

歯止めをかけるには:
「総額表示」義務化で買い控えはあるのか?
4月1日から消費税込みの支払総額の店頭表示が義務化される。外食チェーンでも、税抜き価格の表示などから、本体価格と税込み価格の併記に切り替える動きが相次いでいる。専門家からは……(2021/4/4)

カーボンニュートラルに向けた自動車政策検討会(2):
カーボンニュートラルで石油やLPガスはどう変わる? 運輸業が電動化に望むことは
国土交通省と経済産業省は2021年3月26日、「カーボンニュートラルに向けた自動車政策検討会」の第2回の会合を開催した。同検討会は、2020年末に経済産業省が中心となって発表した「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」の実現に向けた自動車分野での取り組みを検討するため、関係する業界からヒアリングを行っている。(2021/3/30)

世界を「数字」で回してみよう(67)番外編:
【付録】あの医師がもっと伝えておきたい“9個の補足”
あの“轢断のシバタ”医師が、コロナワクチンについて伝えておきたい7つのこと。本稿は、その付録となります。(2021/3/22)

高根英幸 「クルマのミライ」:
メーカー直販EC、カーシェア、EV化の三重苦 日本の自動車ディーラーは今後どうなる?
ここ5年ほどで、自動車ディーラーの店舗が大きく様変わりしてきている。10年に1回はリフォームなどで清潔感や先進性を維持するのが通例となっているが、このところディーラー再編に伴う建て替えと、新しいCIに沿ったイメージへの転換に向けた建て替えという2つの理由で、かなりの数のディーラーが、それまでと一新する装いを放ち始めたのだ。だが、そんな戦略もコロナ禍ですっかり狂ってしまった。(2021/3/15)

テスラ、モデル3を最大156万円値下げ 最廉価モデルは429万円に
テスラジャパンはミドルクラスのEV「モデル3」を値下げした。ラインアップ3車種のうち、ミドルレンジの「ロングレンジAWD」では655万2000円(税込、以下同)を499万円へと156万円値下げ。ローエンドの「スタンダードレンジ プラス」は511万円から429万円へ下げた。(2021/2/17)

コロナ禍で拡大した需要とは:
10〜12月は5割増 キリン「一番搾り」缶を急伸させた“ビールで糖質ゼロ”の潜在ニーズ
コロナ禍で業務用を中心にビール類の販売が落ち込む中、キリンビール「一番搾り」は家庭用の缶商品が好調。新商品「一番搾り 糖質ゼロ」のヒットが貢献している。ビールで初めて糖質ゼロを実現し、幅広い層の新たなニーズを獲得。存在感を強めている。(2021/2/17)

弁護士が解説!知財戦略のイロハ(9)前編:
スタートアップとのオープンイノベーションを成功させる契約書の作り方―前編―
本連載では知財専門家である弁護士が、知財活用を前提とした経営戦略構築を目指すモノづくり企業が学ぶべき知財戦略を、基礎から解説する。第9回は前後編に分割して、スタートアップとのオープンイノベーション時に留意すべき契約の内容などを説明する。筆者は経産省/特許庁が公開した、オープンイノベーション促進のための「モデル契約書」作成にも関わった。その経験からオープンイノベーションの意義や課題を踏まえた解説を行う。(2021/1/14)

【事例】データ×Tech:
三井住友海上が実践する「RisTech」とは? データドリブンなビジネス開発とデータ活用人材育成
保険業界にもDXの波が押し寄せる。三井住友海上は「RisTech」という新しい取り組みにリソースを投下する。彼らが目指す新しい価値創出のアプローチの一端を聞いた。(2021/1/7)

政府が2021年度の税制改正大綱を発表 クラウド導入など企業のDX化で減税
自民、公明両党が2021年度の税制改正大綱を発表。クラウド型システムの導入など企業のDX化を促す減税措置などを盛り込んだ。(2020/12/11)

FCVってEVと何が違うの? トヨタ、燃料電池車「MIRAI」をフルモデルチェンジ 満タン850キロ走行可能に
「空気をきれいにする機能」も搭載……!?!?(2020/12/10)

イノベーションは日本を救うのか(最終回):
イノベーションは日本を救うのか
長く続いてきた本連載も、いよいよ最終回を迎えた。連載名でもある「イノベーションは日本を救うのか」という問いへの答えを出してみたい。(2020/11/10)

ここがヘンだよ「Go To Eat」:
“トリキの錬金術”や“無限くら寿司”で課題噴出 Go To Eatが飲食店事業者を救わない、これだけの理由
“トリキの錬金術”や“無限くら寿司”などで多くの課題が出ているGo To Eat。不公平なばらまきとの指摘も多い。オンライン飲食予約事業では予約サイト事業者は儲(もう)かる一方、地方に住む高齢の経営者などには使いづらい制度だ。問題点を探った。(2020/11/4)

火が灯かないまま:
「トリクルダウン」に期待してはいけない
前政権のアベノミクスが今一つうまく回らなかった大きな要因は、「トリクルダウン」に期待してか成長戦略を粘り強く追求しようとしなかったことにある。新政権は前車の轍を踏んではいけない。(2020/9/26)

“いま”が分かるビジネス塾:
アベノミクス総括 経済成長しても生活は豊かにならなかった真の理由
菅内閣が誕生、筆者はアベノミクスを総括。経済成長したものの生活への好影響感じられず。真因にマクロ経済から迫る。(2020/9/17)

実際の失業者は“100万人以上”になる理由〜厚労省がコロナ関連の解雇4万8000人と発表
実際の影響はもっと大きい?(2020/8/29)

酒税法改正に商機を見いだす:
キリン、糖質ゼロのビール10月発売 健康意識の高まり背景に
キリンビールは糖質ゼロのビール「キリン一番搾り 糖質ゼロ」を10月6日に発売すると発表した。10月から段階的に始まる酒税法改正でビールが減税されることを受け、売り上げの拡大を狙う。また、コロナ禍で健康意識も高まっていて、それらのニーズにも応えられるとしている。(2020/8/27)

tsumug edge:
練習なく突入した未来──電子国家エストニア、コロナ禍で生まれつつある“ニューノーマル”
「電子国家」として世界の注目を集めている北欧のエストニア。その実態について、エストニアに移住した筆者が見た電子国家のリアルをお届けする。(2020/8/26)

誰が財政を健全化するために “消費増税が必要”だと言っているのか?
「消費税を一時なくすべき」という意見もある一方で、増税を進める声も上がっています。(2020/8/8)

金脈は身近なところにある:
「景気後退認定」で露呈した“経済指標のタイムラグ”埋めるか 巨大市場となったオルタナティブデータ業界
政府の「景気後退認定」によって発表される経済指標にはタイムラグがあることが露呈された。もう少し経済の状況をリアルタイムに把握できないのか。速報性のある経済指標を算出しようとするオルタナティブデータが注目されている。経済アナリストの森永康平が解説する。(2020/8/7)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「コロナで消費減税」は家計をラクにしない3つの根拠
日本では、日本維新の会が消費税を現在の10%から一律8%へ減税する法案を提出しており、これを支持する家計の声も小さくはない。しかし、消費税の減税措置は以下の3点で問題がある。勤労者世代にとっての第二の税金とも呼ぶべき「社会保険料」について引下げないしは増額幅の縮小余地がないだろうか。(2020/8/7)

業界動向:
建設業のコロナ影響調査、施工は半減もICT活用は拡大
ハイアス・アンド・カンパニーは、運営する経営情報サイト「HyAS View net」の登録会員にインターネット調査を実施し、会員である中小建設会社や不動産会社における新型コロナウイルスの影響を調べた。結果として、コロナ禍の集客件数やテレビ会議システムの導入状況を明らかにした。(2020/7/7)

“いま”が分かるビジネス塾:
コロナ禍直撃のビール業界、特にアサヒに苦境が待ち受ける真の理由
新型コロナで苦境のビール業界。特にアサヒにその影響が直撃。同社本来の「強み」が仇になったと筆者は分析。(2020/6/23)

名目賃金が4カ月ぶり減〜2次補正で野党が本気で言うべきこと
経済全体の数字はもっと悪い。(2020/6/10)

新型コロナ経済対策〜消費減税がいちばん効果的である理由
経済回復を考えたら、お金を使った人が恩恵を受ける政策の方が需要喚起の効果は高い。(2020/5/26)

政治的介入の懸念:
TSMCのアリゾナ工場設立、米議員が差し止めを要求
米上院少数党院内総務のChuck Schumer氏と、その他2人の民主党議員が、TSMCが米国アリゾナ州に建設を予定している半導体工場のプロジェクトについて、差し止めを要求した。(2020/5/25)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
原油急落……「1リットル15円」でもガソリンスタンドが大幅値下げしないワケ
原油相場が暴落している。わずか3カ月の間に3分の1となった原油価格。しかし街のガソリン価格はそれほど値下がりしていない印象だ。資源エネルギー庁によれば、4月8日時点のレギュラーガソリンの小売価格相場は124.9円だった。(2020/4/17)

中止のライブや試合のチケット代を寄附で税優遇 文化庁とスポーツ庁が新制度を発表
中止イベントを優遇の対象にするには、主催者の申請が必要です。(2020/4/13)

新型コロナウイルス緊急経済対策〜“総額108兆円”の実態を見れば
真水ではGDPの3%程度にとどまるという見方。(2020/4/9)

KAMIYAMA Reports:
株価の下値めどとシナリオ 米国の8週間程度の活動自粛を織り込む金融市場
仮に、5月10日ごろまで事実上の外出禁止を含む自粛ムードが続いた後、全米でウイルス収束の兆しが見え、2020年7−9月期に主要都市で経済活動が正常化に向かうのであれば、現在の日米株価指数の水準は、今後8週間は中止または延期のシナリオと整合的だと考える。(2020/3/30)

新型コロナ〜経済を救うには「現金支給」と「軽減税率」しかない
「スピード感が重要」だが……。(2020/3/26)

鈴木淳也のモバイル決済業界地図:
コロナウイルスの自粛ムードで変わる、キャッシュレス決済の形
政府が関連各社を巻き込む形で2019年以降に活発化したキャッシュレス決済施策は、2020年初期の段階で早くも転機が訪れている。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、米国では人々の現金に対する意識が変わりつつある。日本では政府の後押しによるポイント還元施策が継続的に行われる可能性が高く、これをうまく事業者が取り入れていくことが重要だ。(2020/3/26)

現金給付は「早くても5月末」〜商品券との効果の差は 新型コロナ経済対策
スピード感がほしい。(2020/3/25)

新型コロナ経済対策〜22兆円、消費税を5%、1人10万円支給が妥当である理由
ドカンと行くべき。(2020/3/18)

肩透かしのような安倍総理の記者会見〜具体的な経済対策の発表はなし
肩透かしのような記者会見は、報道側にも責任。(2020/3/16)

新型コロナ感染拡大への景気対策〜トランプ大統領と安倍総理の大きな違い
リーダーはまず大方針を示すことが大事?(2020/3/12)

新型コロナウイルスによる経済への影響〜消費税を減税するしかない
そもそも増税で経済が悪化しているところに……。(2020/2/27)

「第3子に月6万円」案、政府内で浮上〜歯止めかからぬ出生数減少
必要性は指摘されているものの、課題は財源。(2020/2/19)

Twitter、売上高は初の10億ドル超えだが純利益は23%減
Twitterの10〜12月期決算は、売上高は11%増の10億734万ドル、純利益は23%減の3652万ドルだった。mDAU(収益につながる日間アクティブユーザー数)は21%増の1億5200万人。(2020/2/7)

tsumug edge:
エストニアに住む日本人が見た電子投票の実態と課題──ネット経由で本当に透明性を保てるのか
「電子国家」として世界の注目を集めている北欧のエストニア。その実態について、エストニアに移住した筆者が見た電子国家のリアルをお届けする。(2020/2/7)

コト消費を打ち出す:
「ビール“を”楽しむ」から「ビール“で”楽しむ」へ アサヒ、スーパードライのデジタル施策を大転換
アサヒビールは、看板ブランド「アサヒ スーパードライ」のマーケティング戦略を強化する。ビール市場が縮小する中、若年層をターゲットにしたデジタル施策などを展開し、ビールによる「コト消費」を打ち出す。(2020/1/8)

KAMIYAMA Report:
先進各国の財政・金融政策への期待
政府は、大型の経済対策(事業規模26兆円程度、財政支出13.2兆円程度)を閣議決定した。景気の下振れリスクに先手を打ち、成長分野への投資や自然災害への対応などを柱とし、関連費用は19年度補正予算と20年度当初予算に分けて計上されるという。予算案が実現する可能性は高そうだ。(2019/12/18)

2020年の景気、「悪化」と見込む企業は37.2% 過去3番目に高い水準
帝国データバンクが2020年の景気見通しに対する企業の見解を調査。(2019/12/13)

消費増税の影響は……:
駆け込み需要があった企業の割合は? 小売業は5割で「反動減」発生
帝国データバンクによると、10月の消費増税前に駆け込み需要があった企業は26.5%。反動減は19.4%の企業で発生している。特に、小売業で影響が大きかった。(2019/11/27)

磯山友幸の「滅びる企業 生き残る企業」:
それでも日本企業が「内部留保」をため込む理由――「保身」に走る経営者たち
気鋭の「硬派経済ジャーナリスト」が、日本企業が生産性を向上させ、生き残るために必要な施策を提言する。2018年、内部留保の額は過去最大を更新し続け463兆円に達した。その裏には、再投資せずに「保身」続ける経営者の姿がある――。(2019/11/18)

専門家のイロメガネ:
消費税は弱者に厳しいというウソ 〜逆進性という勘違い〜
消費税は弱者に厳しい、逆進性があるという勘違いに基づく指摘は、結果的に複雑怪奇で史上最悪の軽減税率の導入にもつながった。しかし、消費税に限らず税金はどのように集めるか、そしてどのように使うか、負担と給付をセットで考える必要がある。そして、負担と給付の両面で発生する「二重の累進性」が高所得者には働く。これは消費税の逆進性を打ち消して余りあるほどに大きい。(2019/10/31)

Twitter決算、mDAUは増加したものの、広告技術のバグで売上高と純利益は予想に届かず
Twitterの7〜9月の決算は、売上高は9%増、純利益は95%減だった。いずれもアナリスト予測に届かなかった。収益につながる日間アクティブユーザー数(mDAU)は17%増の1億4500万人だった。(2019/10/25)

米中貿易摩擦の本質は何か? “気分”には影響しても、米経済のトレンドには影響せず 日興アセット神山氏
制裁関税などの交渉の行方ばかりがニュースとして注目されるが、そもそも何が米中の”摩擦”なのか。批判の対象は、中国の知的財産権保護の不十分さ、国営企業優遇による競争排除、補助金によるダンピング支援だ。米国は中国にこれらの問題の解決を要求してきたが、トランプ大統領は実際に追加関税というアクションを取ったところが新しい。(2019/10/15)

「5ナンバーより偉い」「維持費が高い」!? あまり意味がない「3ナンバー」の謎
ワイは「●●33」なので、キミのクルマより偉い……はもう30年前の話。(2019/10/7)

森永卓郎が予測〜消費税増税後、日本に訪れる恐ろしいこと
(2019/10/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。