写真と動画で見る「Sony Tablet」(2/2 ページ)

» 2011年04月27日 09時30分 公開
[園部修,ITmedia]
前のページへ 1|2       

折りたためる2画面タブレット「S2」

 S2は、5.5インチのタッチパネルディスプレイを2つ搭載した折りたたみ型の端末。2つに折りたたむことでポケットに入るサイズになる。2つの画面はシームレスな1つの画面として利用できる一方、1つ1つに別々の画面を表示し、2画面で操作系と鑑賞系のエリアを分けるといった使い方もできる。上の画面に映像、下に操作パネルを表示するなど、便利な使い方ができるほか、電子書籍などは縦に持って新書版の書籍のように閲覧できる可能だ。

 プロセッサはNVIDIAのTegra 2。カメラはメインカメラとサブカメラを1つずつ備える。S2はブラウジングの快適さを損なわず、いかに外に持ち出しやすくするかを追求し、究極のモバイル体験を目指して開発した形状だという。

PhotoPhoto 開発コード名「S2」は、コンパクトに折りたためるスマートフォンのようなタブレット端末。5.5インチのディスプレイを2つ搭載しており、画面は最大180度まで開いて平らにすることもできる
PhotoPhoto 折りたたんだ状態は、中央がやや膨らんだ形状。胸ポケットに収まるサイズになる
PhotoPhoto ヒンジの部分のフレームは細く、上下の画面を一体として表示してもあまり違和感がないよう配慮している
PhotoPhoto 折りたたむと手に収まるコンパクトサイズになる。スマートフォンよりは若干大柄だが、大画面での操作と持ち運べるサイズを両立させている
PhotoPhotoPhoto S2もOSはAndroid 3.0。右側面に電源ボタンやACアダプタ接続用と思われる端子、ボリュームらしきボタンなどが見える

Quriocity、PlayStation Suite、Reader Storeなどと連携

 こうしたハードウェアとソフトウェアの絶妙なバランスに、ソニーの多様なネットワークサービスを加えることで、既存のAndroid搭載タブレットとは大きく異なるエンターテインメント要素を盛り込んだのも魅力の1つ。ソニーのネットワークサービスプラットフォーム「Quriocity」が利用可能で、Music Unlimitedなどのサービスをサポート。「PlayStation Suite」に対応しており、プレイステーション用ゲームも楽しめる。ソニーの電子書籍ストア「Reader Store」から電子書籍コンテンツを購入することもできる。

 またタブレット端末ユーザーの多くが利用するソーシャルコミュニケーションサービスに積極的に対応しており、TwitterやFacebookなどをまとめて利用できるアプリケーションなども搭載する。こうしたアプリケーションは、ソーシャルコミュニケーションとコンテンツを融合させた新しいコミュニケーションエンターテインメントを提供できるアプリへと進化させていく考えだ。

 販売開始は2011年秋以降に順次、としか発表されておらず、残念ながら詳細なスペックや価格も今回の発表会では明らかにされなかったが、ソニーがタブレット端末にかける熱い思いは伝わってきた。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月24日 更新
  1. 「株主はドコモの月額料金を半額にしてほしい」「NTTの社名変更は?」 NTT株主総会の質疑応答まとめ (2024年06月21日)
  2. マイナンバーカードを使った本人確認を手軽に デジタル庁が「デジタル認証アプリ」を公開 無料で利用可能 (2024年06月21日)
  3. “ミッドレンジの王者”OPPOを猛追するモトローラ 「OPPO Reno11 A」vs「moto g64 5G」に注目 (2024年06月22日)
  4. ドコモ販売ランキング:実質2万円以下で2年使える「iPhone 14」が1位に【6月10日〜6月16日】 (2024年06月22日)
  5. Huawei待望のカメラフォン「Pura 70 Ultra」に注目 20万円超えでも「欲しい」と思える仕上がり (2024年06月23日)
  6. マイナンバーカードで本人確認できる「デジタル認証アプリ」が登場 使い始めるには? (2024年06月24日)
  7. 現行Androidスマートフォンの価格まとめ【2024年6月編】 「OPPO Reno11 A」「moto g64 5G」を安く買えるのはどこ? (2024年06月24日)
  8. 「完全ワイヤレスイヤフォン」ってそんなに良いもの?(そもそも有線の方が良くないですか?) (2024年06月22日)
  9. 光るスマホ「Nothing Phone(2a)」の背面、実は日本製のポリカーボネート樹脂だった (2024年06月22日)
  10. ダイソーで550円の「(USB)Type-Cイヤホン」を試す 万が一に備えた代替品としては十分だが、音がちょっと気になる (2024年06月23日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー