ニュース
» 2007年04月17日 13時38分 公開

2007年夏 Vista搭載PC特集:おすすめ番組機能に対応したHDMI搭載リビングPC――FMV-TEO

2007年春モデルでデビューしたFMV-TEOは、おすすめ番組機能を搭載し、HDMIケーブルを標準添付するなど、マイナーチェンジにとどまっている。

[ITmedia]
AVラックに収まりやすい横置きのボディを採用。ディスプレイは付属せず、TVに接続して利用する

 FMV-TEOは、リビングの大画面TVとHDMIで接続して利用することを想定したデスクトップPCだ。夏モデルは従来機と同様に2モデルの展開で、4月27日より発売される。ラインアップは3波デジタルTVチューナー搭載の「TEO50W/D」と、TVチューナー非搭載の「TEO30W」を用意。OSはいずれもVista Home Premiumを採用している。価格はオープン、実売予想価格はTEO50W/Dが18万円前後、TEO30Wが11万円前後だ。

 いずれもマイナーチェンジモデルとなり、ボディやアーキテクチャの変更はない。リモコン操作でWebブラウズや映像コンテンツの視聴が行えるのも従来通りだ。基本スペックも春モデルとほとんど変わらないが、TEO30Wに関してはCPUがCeleron M 410(1.46GHz)から同430(1.73GHz)に、メモリ容量が512Mバイトから1Gバイトに強化され、上位モデルのみ搭載していたIEEE802.11a/g/bの無線LAN機能が追加された。

※春モデルのTEO30Uは発表時にメモリ容量が512Mバイトでしたが、1Gバイトに変更されています。(編集部追記)

 TEO50W/Dには、TV視聴・録画ソフトのDigitalTVboxに「おすすめ番組」機能が追加された。この機能は録画予約された番組履歴からユーザーの好みを自動解析し、視聴傾向に合った番組をおすすめ順にリストアップするというものだ。ユーザーの視聴傾向の変化も自動的に学習するという。

 そのほか、夏モデルではTVとの接続用に1.5メートルのHDMIケーブルが標準添付されるようになった。

FMV-TEOの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
FMV-TEO TEO50W/D セパレート型 マイナーチェンジ Core 2 Duo T5500(1.66GHz) 1024MB 400GB Home Premium 18万円前後
TEO30W セパレート型 マイナーチェンジ Celeron M 430(1.73GHz) 1024MB 160GB Home Premium 11万円前後
FMV-TEOの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV機能 重量
FMV-TEO TEO50U/D ATI Radeon Xpress 1250 2層対応DVDスーパーマルチ チップセット内蔵 3波デジタル 約6.4キロ
TEO30W ATI Radeon Xpress 1250 2層対応DVDスーパーマルチ チップセット内蔵 約6.4キロ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう