ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  0

「050番号」最新記事一覧

ソフト更新で「TONE」のバッテリー持ちが約2倍に――「Pokemon GOに最適な“進化”するスマホ」(石田社長)
「TONE(m15)」に大幅アップデート「TONE software 2.0」配信開始。ファームウェアやアプリなど、さまざまな改善でバッテリー持ちが2倍に。そしてPokemon GOに最適な理由とは?(2016/7/25)

イオン、月額1500円でかけ放題のIP電話サービス開始 「arrows M03」「BLADE E01」も発売
イオンモバイルのオプションサービスに050番号を使う音声通話サービス「050かけ放題」が登場。月額1500円で国内へのIP電話がかけ放題になる。(2016/7/25)

ITライフch:
LINEでの通話やIP電話って普通の電話と何が違うの? いまさら聞けないスマホのなぜ
世の中の電話には、大きく分けて「普通の電話」「インターネット電話」の二つの種類があります。最近は、SNSでインターネット電話が使えるため、普通の電話はいらない、と言う人も多いようです。この二つの電話、いったいどんな違いがあるのでしょうか。(2016/6/28)

ハローキティフォン販売開始、IP電話の無料通話料増量キャンペーンも
オーラは、5月26日に同社WebサイトでハローキティフォンとSIMカードのセットプランを販売開始した。価格は1万2000円(税別)で、IP電話の無料通話料を最大3カ月間増量するキャンペーンも行う。(2016/5/26)

ソースネクスト、「読める」留守電サービス開始 録音メッセージを自動でテキスト化
「スマート留守電」は録音メッセージをテキスト化する留守電サービス。音声データも残り、メールへの転送設定も可能。590万件のデータベースから発信元を表示する機能も備えた。(2016/5/23)

MVNOの深イイ話:
MVNOと本人確認の話
MVNO(格安SIM)の音声サービスを契約する際、「本人確認」が義務付けられています。これは携帯電話を使った犯罪を防止するためです。今回は、この本人確認の手続きについてご説明します。(2016/5/18)

ハローキティフォンの予約開始 月額980円からの専用プランも
キティさんが折りたたみケータイに。そしてハローキティフォン同士のIP電話がなんと無料。(2016/4/27)

「ハローキティフォン」予約受け付けスタート 通話・SMS専用、1万2000円
ハローキティの形をしたSIMフリーの折りたたみ型携帯電話「Hello Kitty FIGURINE KT-01」の予約受け付けが始まった。(2016/4/27)

店舗の待ち時間も短い:
3Gだけど96%が通信速度に“満足” トーンモバイル利用者の声とは?
トーンモバイル石田社長がTのスマホ「TONE」の現状を報告。店舗、端末、通信速度に対する満足度の高さをアピールした。(2015/11/16)

ニフティ、定額制の電話かけ放題サービス「NifMo でんわ」提供開始――国内通話は月額1300円
ニフティは、MVNOサービス「NifMo」のオプションサービスとして電話かけ放題サービス「NifMo でんわ」を提供開始。「国内かけ放題プラン」は月額1300円、「国内+海外かけ放題プラン」は月額2700円で利用可能だ。(2015/10/29)

SIM通:
NTTコミュニケーションズ、事業者向けに050電話サービス提供
NTTコミュニケーションズは、MVNO事業者やケーブルテレビ事業者向けに「050IP電話アプリ」を提供開始した。事業者は「050 plus」と同等のIP電話サービスを自社サービスとして展開できようになる。(2015/9/16)

SIM通:
OCN モバイル ONE の新機能「カウントフリー」って?
OCN モバイル ONEに、対象となる3つサービスの通信を利用量にカウントしないという太っ腹サービス「カウントフリー機能」が登場しました。おすすめの利用シーンなどを交え、サービス内容を紹介します。(2015/8/20)

ブックオフの「スマOFF」、データ容量を1日140Mバイトへ増量
ブックオフがMVNOサービス「スマOFF」のサービスを拡充する。30秒8円のIP電話サービスを「SMARTalk」をプリインストールするほか、データ量を1日70Mバイトから140Mバイトに増量する。(2015/6/30)

ワイヤレスジャパン 2015:
格安SIMの“レッドオーシャン化”が進む中でMVNOが取るべき戦略は?――IIJ島上氏が語る
MVNO間の競争が激しくなり、大手キャリアも格安SIM市場に参入しつつある――。そんなレッドオーシャンから抜け出すために、MVNOはどんな戦略を取ればいいのか? IIJの島上純一氏が語った。(2015/5/28)

安いだけではダメ:
freebit×CCC――トーンモバイルが「TONE」で変える5つのこと
5月5日、「Tのスマホ」こと「TONE」が始動する。安さばかりに目を向けられがちなMVNO市場だが、TONEは日本のスマホ環境を取り巻く5つのことを“変える”ことで、差別化を図る。(2015/5/1)

Tのスマホ、ついに登場:
トーンモバイル、新スマホ「TONE」を発表
トーンモバイルが、新しいスマートフォン「TONE」を発表。「安心できないところがないスマホ」を目指し、端末からサービスまで垂直統合スタイルで提供する。(2015/4/30)

SIM通:
新生活の引っ越しを格安SIMで乗り切る方法&注意点
新生活の負担を少しでも減らすべく、格安SIMサービスを賢くお得に使う方法をいくつかご紹介しましょう。(2015/3/31)

モバイルフォーラム2015:
メディア、研究員、中の人から見た“MVNOの向かう先”
総務省とテレコムサービス協会MVNO委員会が開催した「モバイルフォーラム2015」では、メディア、研究員、MVNOの中の人……といったさまざまな視点から、MVNOの現状とあるべき姿が語られた。(2015/3/18)

沢尻さん出演の新CM完成:
NifMo、対応端末に「ARROWS M01」追加――“話し放題”サービスも予告
ニフティは「NifMo」の対応端末に富士通製「ARROWS M01」を追加した。3月に発売する。また6月から通話定額プランを開始することも予告した。大手キャリアの約半額にするという。(2015/2/23)

スマホもガラケーもイケる:
通話定額、格安SIMで“満足できなかった人”の通話料節約術
携帯大手の通話定額や格安SIMベンダーの通話サービスで、あなたは“高品質で安価な通話”ができるようになっただろうか。これらの“恩恵にあずかっていない”人でも節約でき、スマホでもガラケーでも使える音声通話サービスを試してみた。(2014/12/19)

「OCN モバイル ONE」で音声SIMを提供開始――050 plusが月額無料、音声SIM追加+データシェアにも対応
これまで「OCN モバイル ONE」でデータ通信対応SIMのみを提供してきたNTTコミュニケーションズが、12月1日から音声SIMを提供する。料金は月額1600円から。「050 plus」が月額無料で使えるほか、音声SIMの追加とデータ容量のシェアも可能だ。(2014/12/1)

SIM通:
iPhone 6/6 Plusは格安SIMがお得? 2年利用での総額比較
iPhone 6/6 Plusや、キャリアのSIMで使うのと、MVNOが提供している格安SIMで使うのと、どちらがお得なのでしょうか? 2年間のトータルコストを検証してみました。(2014/11/5)

競合他社と比べてどれだけ安い?:
携帯料金を3分の1に――“業界最安”の音声SIMを提供する「楽天モバイル」
「キーワードは3分の1」――。楽天の三木谷社長がそう語る「楽天モバイル」。携帯電話サービスの提供は後発ということもあり、あらゆるプランで「業界最安」になるようこだわり、通信キャリアのプランと比べて料金を3分の1に抑えることを目指す。(2014/10/29)

至高のITマリアージュ:
SIMフリー版「iPhone 6 Plus」×IP電話アプリ――月額1296円で “きちんと電話ができるスマホ”を実現する方法
「格安SIM」を使った節約テクニックを紹介(村元正剛)(2014/10/23)

順位を付けてみました:
iPhone 6&格安SIMなら出番アリ! 定番IP電話アプリ5本
もう無料通話アプリに出番は無い? いえ、SIMフリーや中古iPhoneにはまだまだお得なアプリ。とくにデータ通信のSIMで通話をしたいときはとても便利なのだ。(2014/10/14)

SIM通:
諦めないで!050番号で役立つ緊急対策アプリ
IP電話アプリは緊急通報ができないのが弱点ですが、どのように対応すればよいのでしょうか? その方法のいくつかを紹介します。(2014/10/6)

フュージョンの「IP-Phone SMART」と「SMARTalk」に新機能
フュージョン・コミュニケーションズが「IP-Phone SMART」サービスに着信拒否機能を追加し、公式アプリ「SMARTalk」を複数端末で利用できるよう改良した。(2014/9/29)

敬老の日にスマホのプレゼントはいかが?:
高齢者の生活に「健康、安全、潤い」を――フリービットの「PandA」が「家族」をテーマにした新機能を追加
フリービットは、同社のオリジナルスマホ「PandaA」のオンラインアップデートを9月15日に行う。ライフログ機能やデジタルフォトフレーム機能などが追加される。(2014/9/11)

格安SIMで活用したい通話アプリまとめ――050IP電話サービス編
MVNOの格安SIMで、格安通話サービスを使って通話料を抑えようという本企画。今回は、050から始まる電話番号が発行され、より一般の電話に近い感覚で使える「050IP電話サービス」を試してみた。(2014/9/11)

MVNOに聞く:
MVNOでシェア1位の秘密とは?――「OCN モバイル ONE」の戦略をNTTコムに聞く
2013年4月からMVNOとして「OCN モバイル ONE」を提供しているNTTコミュニケーションズが、13年度末にはMVNOでシェア1位を獲得した。NTTドコモと同じNTTグループに属するNTTコムがMVNOに参入した理由とは? 同社の戦略をネットワークサービス部 販売推進部門 担当課長の新村道哉氏に聞いた。(2014/8/13)

人はいろいろ割り切ると幸せになる そう格安SIMならね【PR】
たぶん幸せ。(2014/8/4)

スマホからタブレットまで:
価格別に見るSIMロックフリー端末まとめ――本体サイズ、重さ、ディスプレイ編
MVNOの“格安SIM”サービスが増えたことで、SIMロックフリー端末にも注目が集まっている。1万円以下で買えるものから8万円台の高価な端末までを網羅し、スペック別に一覧表でまとめた。(2014/7/28)

MVNOに聞く:
イオンのスマホ、音声プラン、SIMロック解除――福田氏が語る 日本通信の戦略とMVNOの課題
MVNOの老舗ともいえる日本通信は、これまでにさまざまな通信サービスを提供してきた。現在は多数のMVNOが参入し、総務省がSIMロック解除の方針を打ち出すなど、日本通信の参入当初から状況が大きく変わってきている。日本通信は現在のMVNO市場をどうみているのだろうか。(2014/7/25)

MVNO徹底比較:
あなたにおすすめの格安SIMはコレだ! 目的別プラン選びのススメ
十数社が入り乱れ、日々その数を増やしている格安SIMサービス。どれを選んでいいか分からないという人向けに、目的別のおすすめプランを紹介したい。(2014/7/18)

安い料金で電話したいなら使いたい音声通話アプリ5選
通話定額が始まって基本料金が高くなった。通話が少ない人にとっては微妙な新料金プランを回避し、旧プラン、格安SIMで通話料を抑えるアプリを非リア充な筆者が選ぶ!(2014/7/17)

はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第13回:
格安SIMとセットで使いたいIP電話アプリ――メリットとデメリットは?
パケット通信を利用するIP電話アプリは、通常の電話と比べて安く運用できるのがメリット。一方、デメリットがあることも理解しておきたい。(2014/7/11)

MVNO徹底比較:
月額料金で見る“格安SIM”丸分かり一覧表――音声通話編
“格安SIM”の中でも090/080番号で音声通話ができるサービスはまだ限られている。料金を抑えつつ通話もしたいという人向けに、音声通話に対応するサービスをまとめた。(2014/7/9)

ほぼスマホが“うれスマ”に進化:
ビッグローブ、090番号も使える“ちゃんとしたスマートフォン”「BIGLOBEスマホ」を発売
ビッグローブは、LTE通信と音声通話、そして端末がセットになった「BIGLOBEスマホ」を7月から販売する。月額料金は3476円。月1Gバイトまで速度制限なしで利用できる。(2014/6/30)

国語算数理科スマホ!:
写真で見るティーン向けスマホ「Fairisia」
メガハウスが発表した“JS”向けスマホ「Fairisia」は、専用の通信サービスとIP電話、チャットアプリが利用できる本格派の端末。アプリや利用時間を制限できる保護者モードも備えている。(2014/6/10)

ドコモのカケホーダイ、「定額」にならないのはどんな場合?
国内初の完全定額をうたうドコモの「カケホーダイ」。時間帯や通話時間にかかわらず、定額料金内で利用できる画期的なプランだ。ただし、海外通話など従量課金になる例外もある。(2014/4/11)

クラウド電話API「Twilio」、「0120」番号の提供開始
KDDIウェブコミュニケーションズが国内展開するクラウド電話API「Twilio」が、「0120」から始まる着信者課金番号の提供を始めた。従来の050番号の利用料金も値下げし、導入企業・サービスの増加を見込む。(2014/4/9)

モバイルで2016年度末までに100万ユーザーを目指す――新生ビッグローブの戦略
4月1日に社名を変更したばかりのビッグローブが事業方針を説明。VNO(バーチャルネットワーク事業者)として、光回線、モバイル、公衆無線LANを今後も提供していく。ウェアラブル端末を開発するなど、価格以外の強みも模索している。(2014/4/8)

LINE電話登場でスマホ通話料の値下げ競争が加速か? ライバル各社に聞いてみた
固定電話や携帯電話と低料金で通話できるスマホ向けのサービスが相次いで発表されている。中でも料金単価を安く設定したLINE電話の登場で値下げ競争は進むのだろうか?(2014/3/5)

フュージョン、「FUSION IP-Phone SMART」の1日無料キャンペーンを3月1日に実施
フュージョン・コミュニケーションズは、スマートフォン向けIP電話サービス「FUSION IP-Phone SMART」で国内通話の1日無料キャンペーンを実施する。(2014/2/24)

石野純也のMobile Eye(11月25日〜12月6日):
「BIGLOBE LTE・3G」「楽天でんわ」「Tegra Note 7」で活気づく“格安”トレンド
今回は“格安”に関連する発表が続いた。月1Gバイトまで、LTEをフルスピードで利用できる「BIGLOBE LTE・3G」の「エントリープラン」、番号そのまま、30秒10.5円で通話ができる「楽天でんわ」、そして2万5800円前後という安価で購入できる「ZOTAC Tegra Note 7」を取り上げよう。(2013/12/6)

番号そのままで発信できる――フュージョン、30秒10.5円の「楽天でんわ」開始
楽天グループのフュージョンが、30秒10.5円で携帯番号を使って発信できる通話サービス「楽天でんわ」を提供した。携帯会社の標準的なプランと比べて半額の通話料で済む。携帯電話やPHSの回線を使用できるのもメリットだ。(2013/12/5)

「格安SIMカード」は仕事に使えるか? 第1回:
スマホ二刀流で電話代を節約する方法
スマホの月額利用料金は高い。でもビジネスシーンで私物のスマホを使わざるを得ない。コストを下げるいい方法はないだろうか?(2013/12/4)

ポイントは無料Wi-Fi、月額3000円以下で使えるNexus 7/スマホセットも:
BIGLOBE、「1Gバイト/月額980円」の低価格LTE新プラン──「1Gバイトで大丈夫?」を工夫
LTEデータ通信サービス「BIGLOBE LTE・3G」に1Gバイト/980円の低価格な新プランが登場。同時にIGZOスマホとセットにした「Wi-Fiほぼスマホ」を通信費込み月額2950円で提供するサービスも始める。「1Gバイトでは足りない!」と感じるユーザー向けの施策を盛りこんだ。(2013/12/2)

BIGLOBE、月額980円で1GバイトLTE+全国Wi-Fiスポットプラン 端末とセットの「ほぼスマホ」も来年開始
NECビッグローブは、高速モバイル通信サービス「BIGLOBE LTE・3G」に、月額980円で1GバイトまでのLTE/3G通信と同社提供の全国のWi-Fiスポットを利用できるプランを追加した。(2013/12/2)

今日から始めるiPhone:
iPhoneで通話を録音する方法――アプリや専用レコーダーを活用しよう
一部のケータイやAndroidスマホで使える通話の録音機能は、iPhoneには搭載されていない。アプリや専用機器を使い、iPhoneで通話を録音する方法を紹介しよう。(2013/11/20)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。