ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  9

「905iシリーズ」最新記事一覧

NEC製iモードケータイに画像ファイルをアップできない不具合 ソフト更新で対応
ドコモは、NEC製のiモードケータイ「N906iL onefone」「N905i」「N905iμ」「N905iBiz」のソフト更新を開始した。iモード通信時に画像ファイルをアップロードできない場合症状を改善する(2011/9/22)

ドコモ、「P906i」「P905iTV」「P905i」のソフト更新を開始
ドコモは、パナソニックモバイル製「P906i」「P905iTV」「P905i」へのソフト更新を開始した。絵文字の色指定が有効にならない不具合を解消する。(2011/6/28)

SO905iCS、SO905i、SO906i、キッズケータイ F801iに不具合
ドコモの「SO905iCS」「SO905i」「SO906i」「キッズケータイ F801i」に不具合があることが判明。同社はソフト更新を開始した。(2009/12/16)

神尾寿のMobile+Views:
“ポスト905i商戦”を前に、守りを固めたドコモ
大ヒットした905iのユーザーが“割賦明け”となる冬春商戦で、ドコモは完成度の高いSTYLEシリーズと、905iからの“乗り換え”を強く意識したPRIMEシリーズを投入する。さらにネットとリアルの連携を前進させる魅力的なサービス「オートGPS対応iコンシェル」も打ち出してきたが、この新サービスの対応機種に関して、筆者は疑問を感じざるを得ない。(2009/11/12)

モバイルサイトのアクセス実勢調査、2年前の端末がトップに――ビートレンド調べ
ユーザーがどの端末からケータイサイトにアクセスしているかを調べたビートレンドのアクセス実勢調査によると、「N905i」や「W53H」など、2年前の端末からのアクセスがトップとなっている。(2009/8/19)

「SO905iCS」「SO905i」「SO906i」のメールやブラウザに不具合
ソニー・エリクソン製の「SO905iCS」「SO905i」「SO906i」に不具合があることが判明。ドコモはソフトウェア更新で対応する。(2009/6/23)

「P905i」の海外利用時に不具合――ドコモ、ソフトウェア更新開始
パナソニック モバイルコミュニケーションズ製の「P905i」に不具合があることが判明。ドコモはソフトウェア更新で対応する。(2009/4/14)

ドコモ、「N905i」のソフト更新を開始――特定条件下でリセットする不具合を解消
ドコモはNEC製端末「N905i」のソフト更新を開始した。特定条件のもとで操作すると電源がリセットしてしまう不具合や、海外利用時に通話や通信が行えない地域があった問題を解消する。(2009/4/7)

ドコモの「F-01A」「N905iμ」「N905iBiz」に不具合――ソフト更新で対応
ドコモの「F-01A」「N905iμ」「N905iBiz」に不具合があることが分かった。3機種とも無線経由で改修済みソフトを配信するソフトウェア更新で対応する。(2009/3/26)

ドコモと富士通、「F905i」ベースの台湾向け端末を開発
ドコモと富士通が「F905i」をベースにした台湾向け携帯電話を開発、iモードを採用した現地キャリアのEFT(遠伝電信)が、“F905i”として発売した。「スーパーはっきりボイス」などの富士通独自機能も搭載している。(2009/1/14)

「P905i」にメール操作で再起動する不具合――ソフト更新で対応
NTTドコモは、パナソニック モバイル製の“VIERAケータイ”「P905i」のソフト更新を開始した。メール宛先の一覧画面で特定操作を行うと、端末が再起動する不具合を改善する。(2008/12/24)

Webアクセスが多いのは、どの端末? ビートレンドがアクセス実勢調査
ビートレンドが、10月に実施した携帯Webへのアクセス実勢調査の結果を発表。Webアクセスが最も多かったのは、ドコモが「P905i」、auが「W53CA」、ソフトバンクモバイルが「911SH」となった。(2008/11/11)

「SO905iCS」「D905i」「N902iL」に不具合――ドコモ、ソフトウェア更新を開始
NTTドコモの「Cyber-shotケータイ SO905iCS」「D905i」「N902iL」の3機種に不具合があることが判明した。ドコモはソフトウェア更新で対応する。(2008/11/6)

写真で解説する「W65T」
クルクル回せる十字キー「スピーディーコントローラー」を搭載した東芝製の「W65T」は、タッチセンサー式のソフトキーを採用したシンプルフォルムのスライドボディ端末。スピードセレクターを搭載する“先輩格”の「D905i」と比較した。(2008/10/28)

「N906iμ」「N906i」「F905i」に電源が落ちる不具合――ソフト更新で対応
NTTドコモは、NEC製の「N906iμ」「N906i」と富士通製の「F905i」に、特定の操作をすると電源が落ちる、あるいは再起動するといった不具合が発生することを公表した。ソフト更新で対応する。(2008/9/10)

「P905i」「P905iTV」にメール操作で再起動する不具合――ソフト更新で対応
ドコモは、パナソニック モバイル製端末「P905i」「P905iTV」のソフト更新を開始した。メールの一覧表示画面でページ切り替えなどの操作をすると再起動する恐れがある。(2008/9/2)

N905i、N905iμ、N905iBizに複数の不具合、ソフト更新で対応
NTTドコモはNEC製端末3機種のソフトウェア更新を実施。メール使用時に特定の操作タイミングで再起動してしまう可能性がある事象などを改善する。(2008/8/20)

「F906i」ロードテスト:
第1回 “ものぐさな私”にぴったりな「F906i」、その理由は
三菱端末からの乗り換えの選択肢として挙げられるのが、富士通端末。両社はソフトウェアを共同開発していたので、機能や使い勝手の面で共通点が多いのだ。「D905i」を使っている筆者が乗り換え端末として選んだのは「F906i」。いろいろいじってみたところ、ものぐさな人にぴったりな機能が用意されていた。(2008/8/14)

SO903iTV、SO905i、SO906iに複数の連鎖不具合、ソフト更新で対応
NTTドコモはソニー・エリクソン製端末3機種のソフトウェア更新を実施する。特定放送局でワンセグを受信できないなどの不具合を改善する。(2008/8/5)

開発陣に聞く「P906i」:
P905iで妥協した“ほんの数ミリ”──「P906i」の進化の過程はここから始まった
人気モデル P905iの“正常進化モデル”として登場したパナソニック モバイル製の「P906i」。多くのユーザーに支持されたP905iに何が足りなかったのか、P906iはどこが進化したのか。パナソニック モバイルのP906i開発チームに話を聞いた。(2008/6/18)

「P906i」の“ここ”が知りたい(1):
通知イルミとキーバックライトはどう光る?──「P906i」
ドコモの「P906i」は、好評のP905iの特徴はそのままにワンセグやカメラ機能を強化し、デザインも一新して登場する。ではP906iの通知LEDはどう光るか、暗所でダイヤルキーはどう光るか。その一部を動画とともに確認していこう。(2008/6/16)

「F906i」は、こうして前モデルより2.3ミリ薄くなった
ヨコモーションを支えるスイングモジュールの高さを抑え、背面パネルはアルミからステンレスへ変更。ダイヤルキーのLEDは極力少なく……。こうした工夫の積み重ねで「F906i」は前モデルのF905iより2.3ミリ薄くなったという。(2008/5/30)

写真で解説する「N906i」
520万画素カメラはそのままに、スマイルフェイスシャッターやパノラマ撮影機能、ブログ投稿機能が追加された「N906i」。前モデル「N905i」からの進化点を中心に、その新機能を紹介しよう。(2008/5/28)

写真で解説する「P906i」
好評のWオープンスタイルはそのままに1.1ミリの薄型化を果たし、デザインの小リニューアルを行った“P905iの正常進化モデル”がパナソニック モバイルの「P906i」。P905iTVなみのワンセグ性能、顔認識AF付きカメラ、そして横向きのヨコオープンスタイル用インタフェースなどを新たに備え、細かい機能や使い勝手がかなり進化した。(2008/5/27)

906i最薄ボディにワンセグ・手ブレ補正・フルブラウザを搭載――「N906iμ」
906iシリーズ最薄のNEC製端末「N906iμ」は、前モデルN905iμと同じ厚さと重さながら、ワンセグと手ブレ補正付きカメラを搭載した進化版。サマンサタバサとコラボレートした特別モデルも用意する。(2008/5/27)

NTTドコモの2008年夏モデル:
無線LAN、タッチパネル、擬似5.1ch、顔認識カメラ、横UI……“全部入り”がさらに強化──ドコモ、906iシリーズ8機種発表
NTTドコモが2008年夏モデル「906iシリーズ」8機種を発表。905iシリーズの“全部入り”をさらに強化した。それぞれ新操作デバイスや統合検索、高画素カメラ、横向きUI、Bluetoothなどの特徴を追加するとともに、VoIPで通話定額の「無線LAN」搭載モデルも登場する。発売は6月初旬から。(2008/5/27)

“全部入りハイエンド”「N905i」をブラッシュアップ――「N906i」
「N906i」はN905iの仕様やデザインを受け継いだ全部入りハイエンド。さらに、スマイルフェイスシャッターやパノラマ撮影、WMV再生などを搭載し、ワンセグ画質も向上させた。(2008/5/27)

横向きUIとワンセグ強化で“Wオープン”デザイン洗練──「P906i」
P905iの優れた特徴を継承しつつ、デザインや機能がさらに向上した「P906i」。横向きUIやP905iTV並みのワンセグ機能、顔認識AFなどを追加しながら1.1ミリの薄型化を果たし、デザインが洗練。ガンダムやレイトン教授などの人気ゲームも内蔵する。(2008/5/27)

「SH905i」「SH905iTV」でソフト更新──メール振分設定が解除されるなどの不具合
ドコモはシャープ製端末「SH905i」「SH905iTV」で、メール振り分け設定が解除される、iチャネルテロップが表示されなくなるなどの事象が起こる可能性があると告知。更新ソフトウェアの配布を開始した。(2008/5/20)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
“Cyber-shot”ならではのおもしろさが詰まっている──「Cyber-shotケータイ W61S」
ドコモに続き、auでも“ケータイカメラはこうあるべき”と提案するソニー・エリクソン製のハイエンドデジカメケータイが登場した。ドコモ版“Cyber-shotケータイ”や本家“Cyber-shot”とどう違うか、SO905iCSとCyber-shot Tシリーズと比べた作例とともに「Cyber-shotケータイ W61S」のカメラ機能をチェックしていく。(2008/5/19)

「P905iTV」のソフト更新開始――メール自動受信ができない不具合を改善
NTTドコモは、パナソニック モバイル製“VIERAケータイ「P905iTV」のソフトウェアアップデートを開始した。メールの自動受信や時計表示、一部のハンズフリー環境での不具合を修正する。(2008/4/30)

2007年度 年間携帯販売ランキング:
2007年度、最も売れたケータイは?──ドコモ編
HSDPAやワンセグ機種を拡充した「904iシリーズ」、横並びで一気に高機能になった「905iシリーズ」、デザインや“薄型”を追求した「70xiシリーズ」、年間を通して売れる「らくらくホンシリーズ」。2007年度のドコモ端末で最も人気だった端末は何だろうか。(2008/4/30)

ドコモ、「P905i」と「N902iL」用ソフトウェアアップデートを発表
NTTドコモは4月22日、パナソニック モバイル製のVIERAケータイ「P905i」と無線LAN搭載の「N902iL」のソフトウェアアップデートを開始した。(2008/4/22)

ドコモ、「SH905iTV」「SH905i」のソフトウェア更新を開始
ドコモはシャープ製端末「SH905iTV」「SH905i」のソフトウェア更新を開始。更新ソフトウェアの適用で「メール本文編集操作を繰り返して行う際の画面表示レスポンス」が改善される。(2008/4/15)

「らくらくホン プレミアム」、幻の金属パネルモデル+スケルトンモデル公開
F905iをベースに原研哉氏がデザインを監修して誕生した「らくらくホン プレミアム」。富士通の報道陣向け体験イベントで、アルミ素材を採用した開発初期のデザインコンセプトモックや検討段階のカラー見本、スケルトンモデルなどが公開された。(2008/4/12)

ワンセグ+音声入力メール搭載「らくらくホン プレミアム」、4月14日発売
ドコモは「らくらくホン プレミアム」を4月14日に発売する。“違いが分かるオトナ”向けのハイエンドらくらくホンとして、ワンセグ、FeliCa、GPS、国際ローミング、音声入力メールなど、905iシリーズに大きく劣らない機能と、高級感のあるデザインやカラーが特徴。(2008/4/11)

「Nケータイ」はメイド・イン・サイタマ――N905iは“人の手”が作っていた
NECが、国内向け携帯電話の生産拠点であるNEC埼玉を公開した。工場は自動化されロボットが粛々とNケータイを製造……しておらず、意外にも人の手によって1つ1つ大切に組み立てられていた。(2008/4/10)

開発陣に聞く「P905iTV」:
前機種は勝てなかった部分もあった、だからこの“VIERAケータイ”に込めた──「P905iTV」
大画面、高画質、高音質を追求。P905iと比べ、「映像と音」の機能をより強化した“真のVIERAケータイ”が「P905iTV」だ。ワンセグ携帯最大の3.5インチ液晶とそのスタイルにどんな意図を込めたのか。パナソニック モバイルのP905iTV開発チームに話を聞いた。(2008/4/3)

ドコモが「N905i」「N905iμ」「N705i」のソフト更新を開始
NTTドコモは4月2日、NEC製FOMA端末「N905i」「N905iμ」「N705i」のソフト更新を発表した。ハンズフリー機器との連携や赤外線通信機能関連の問題を解消する。(2008/4/2)

開発陣に聞く「SO905iCS」:
例えば「合コンで便利」――高機能を生かす“Cyber-shotケータイ”のバランス感覚
日本初の“Cyber-shotケータイ”として登場したのが、NTTドコモのソニー・エリクソン製端末「SO905iCS」だ。最適な撮像素子の登場と、ユーザーニーズの合致が重要だったというSO905iCS開発の背景を聞いた。(2008/3/26)

「Cyber-Shotケータイ」と「SO905i」に、きせかえツール関連の不具合――ソフト更新で対応
ドコモはソニー・エリクソン製の「SO905i」と“Cyber-Shotケータイ”「SO905iCS」のソフト更新を開始した。きせかえツールに関連する不具合を修正する。(2008/3/18)

写真で解説する「らくらくホン プレミアム」
らくらくホンの使いやすさと905iシリーズなみの高い機能を両立した“ハイエンドらくらくホン”が「らくらくホン プレミアム」。F905iをベースに余計な装飾を省いたデザインと高級感のある“オトナ”なカラーリングを採用し、ワンセグやFeliCa、GPS、「音声入力メール」など、多彩な機能を搭載する。(2008/3/17)

905iクラスの高性能、国内初“音声認識入力”メール搭載──「らくらくホン プレミアム」
ハイエンドらくらくホン登場──。905iシリーズに劣らない高い機能に、らくらくホンシリーズならではの特徴を盛り込んだ富士通製の「らくらくホン プレミアム」。F905iと同じサイクロイドスタイルに、3.1インチディスプレイ、ワンセグ、国際ローミング、320万画素AFカメラ、GPS、FeliCaなどの機能を搭載する。(2008/3/17)

PR:手のひらに乗るモバイルシアター──シャープ端末に搭載されたドルビーモバイルの秘密
シャープの「AQUOSケータイ SH905iTV」や「SH905i」には、世界で初めて“ドルビーモバイル”という技術が搭載された。映像と音にこだわって生まれたシャープの905iシリーズに、このドルビーモバイルは欠かせないものだった。(2008/3/17)

「D905i」「F905i」にMusic&VideoチャネルやGPS関連の不具合――ソフト更新で改善
NTTドコモは、三菱電機製「D905i」と富士通製「F905i」のソフトウェアアップデートを開始した。Music&Videoチャネルやビデオクリップ、GPSに関連する不具合を修正する。(2008/3/11)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
“Cyber-shotを使っている”ような楽しい気分になる──Cyber-shotケータイ「SO905iCS」
500万画素CMOSや光学3倍ズーム、顔認識AF「顔キメLite」や笑顔認識シャッター「スマイルシャッター」を搭載する、ソニー・エリクソン製の“Cyber-shotケータイ”「SO905iCS」。では、どれだけ“Cyber-shot”しているのか。作例や使い勝手とともに、その実力を見ていこう。(2008/3/5)

液晶VIERAやDIGA、LUMIX、D-snapが当たる──「P905iTV」発売記念キャンペーン
パナソニック モバイルコミュニケーションズが2月29日から、“VIERAケータイ”「P905iTV」の発売を記念したプレゼントキャンペーンを実施している。液晶テレビVIERAやDVDレコーダーのDIGAなどが当たる。(2008/3/4)

ドコモ、「Cyber-Shotケータイ」など4機種のソフト更新を開始
NTTドコモは、NEC製「N905i」「N905iμ」、シャープ製「SH905i」、ソニー・エリクソン製「Cyber-Shotケータイ SO905iCS」のソフト更新を開始した。(2008/3/4)

「N705i」ロードテスト第4回:
ワンセグはどこまで“使える”か――「N905i」のワンセグ機能と比較
N705iは「amadanaケータイ」として、そのデザインが高い注目を集めているが、905iに迫る多彩な機能を搭載するのも大きな特徴。ロードテスト第4回では、ワンセグ機能をチェックした。(2008/3/3)

3.5インチ液晶搭載の「P905iTV」発売──バリュー一括5万半ば、分割2100円/月から
携帯最大級の3.5インチディスプレイを搭載する“VIERAケータイ”「P905iTV」が発売された。価格は新規・バリューコース選択で頭金3150円、24回分割で月2100円から。(2008/2/29)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。