ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「学歴」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「学歴」に関する情報が集まったページです。

「私服可」でもスーツで行くべき?:
「スタバでバイト」「手書きのES」は本当に有利? “就活都市伝説”の真偽を採用のプロに聞く
「スターバックスコーヒーでのアルバイト経験があると就職活動で有利になる」という説がささやかれるようになって久しい。「エントリーシートや履歴書を手書きすると、誠意が伝わって書類選考を通過しやすくなる」「体育会出身の学生は高評価」といったうわさも出回っている。これらの“都市伝説”は真実なのか。「リクナビ」の元編集局長の山崎淳氏に意見を聞いた。(2019/1/22)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
2018年のパーソナルコンピューティング動向を冷静に振り返る
クラウドAIとエッジAIの世界において、「パーソナルコンピューティング」の定義は揺らぎつつある。2018年、ユーザーを取り巻くデバイスとサービスの環境はどう変化したのだろうか。(2018/12/28)

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
「データサイエンティスト・ラプソディ」 なぜ優秀なAI人材は転職するのか
「優秀なデータサイエンティストを採用できない」「人材が定着しない」――そう嘆く前に、まずは自分たちの組織の体制や環境を見直してみましょう。とがったAI人材を許容できる環境作りはできていますか?(2018/12/21)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
50歳は「人生の正午」。新たな自分と出会う可能性を誰もが持っている
早いうちから用意周到に第二の人生を考えていなくても、50歳という人生の正午に、あるいはそれ以降に、大きくライフシフトすることができる。(2018/12/20)

怒りを抑えるメンタル術:
仕事中に「マジ切れ」する日本人が増えている、ちょっと意外な理由
一般社団法人 日本アンガ―マネジメント協会の安藤俊介理事長によると、現代の日本では仕事中にイライラするビジネスパーソンが増えているという。その理由と、怒りを抑えるための技術を聞いた。イライラを防ぐコツは「他者との違いを受け入れる」ことだという。(2018/12/16)

AIが理想の相手をマッチング 内面の相関性も重視――婚活サイト「Pairs」と東大山崎研究室、新アルゴリズムの共同開発へ
恋愛・婚活マッチングサービス「Pairs」を運営するエウレカは、東京大学 大学院情報理工学系研究科 山崎研究室と共同で、マッチングアルゴリズムの研究開発を開始した。学歴、職業、年収などに加え、趣味や価値観、ライフスタイルなどの内面でも相関性を導き出し、より相性の良い相手をマッチングする。(2018/12/11)

“モテる”メッセージの送り方も分析:
恋の相性を「知」で解明――婚活アプリ「Pairs」が東京大学と提携、マッチング精度向上へ
恋愛マッチングサービス「Pairs」を運営するエウレカと、東京大学 大学院情報理工学系研究科の山崎俊彦研究室が提携。より相性のよいユーザー同士を結び付けられるサービスのアルゴリズムを共同開発していく。交際につながりやすいメッセージの文面なども分析する。(2018/12/10)

製造マネジメントニュース:
トヨタから専務と常務が消える、未来のモビリティ社会を「リアルの世界」で実現
トヨタ自動車は2018年11月30日、2019年1月1日付で実施する役員体制の変更と組織改正、人事異動を発表。役員体制の変更では、これまであった専務役員と常務役員、常務理事などの役職を廃して、専務役員を「執行役員」、常務役員、常務理事、基幹職1級・2級、技範級を「幹部職」とし、会社組織の階層数を削減する。(2018/12/3)

パーフェクトウーマン 女性が拓く新時代:
育児でブランク14年 障がい者のシングルマザーが楽天子会社の副社長になるまで
完璧な人間はいない――。だが、仕事も私生活も充実させ、鮮やかにキャリアを築く「女性リーダー」は確実に増えてきた。企業社会の第一線で活躍する女性たちの素顔に迫り、「女性活躍」のリアルを探る。(2018/11/27)

PR:悩ましい人材配置をAIが提案! POSITIVEの「タレントアナライズ」機能
人材を適切に配置する業務は人事の大切な仕事だが、多数の従業員の能力や適性を把握して最適な人材を最適な部署に配置するのは簡単にはいかない。AI(人工知能)が従業員のデータをもとに適切な人材配置を提案してくれる機能を備えるのが、ISIDの「POSITIVE」だ。(2018/11/19)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第12話:安全な製品(後編)
インシデント対応をいっとき離れ、温泉に繰り出したCSIRT。湯船で気分がほぐれたのか、コワモテに見えたメンバーたちが、普段は見せない仕事の本音や弱音を打ち明け始める。その中身とは一体……?(2018/11/16)

「淡い幻想」は危険:
「転職バブル」は砂上の楼閣 “人間力”があればAI時代も怖くない
「転職」は人生において重大なイベントだ。しかし、転職を考えている間、当人が取っている思考法やアクションには気を付けなくてはならない。(2018/11/14)

全体の6割:
専業主婦であることに「罪悪感」? 「何の存在意義もないと感じる」「夫にばかり経済的負担が」……
主婦に特化した人材サービス「しゅふJOB」を運営するビースタイルがこのほど、「専業主婦であることに対する罪悪感」についての調査結果を発表。専業主婦・主夫であることに罪悪感を覚えたことがあった人は全体で56.6%いることが分かった。(2018/11/2)

世界を読み解くニュース・サロン:
「才能ある貧乏」と「無能な金持ち」はどちらが成功する? 浮かび上がった不都合な事実
遺伝子から子供の才能を調査し、育つ家庭の裕福度によって学歴がどう変わるかを明らかにした研究が話題になっている。「才能」と「環境」のどちらが将来を決めるのか。その結果から、現代社会の問題も浮き彫りになった。(2018/10/25)

Facebookの情報流出、被害は3000万人 プロフィールの詳細情報に不正アクセス
約1400万人については、居住地や生年月日、検索内容などを含む詳細なプロフィール情報に不正アクセスされていたことも判明した。(2018/10/15)

Facebook、9月発覚の攻撃で1400万人の電話番号や勤務先などがアクセスされたと発表
Facebookが9月に5000万人のアクセストークンが盗まれたと発表した件について情報を更新した。被害に遭ったユーザー数は3000万人に下方修正。そのうち1400万人は電話番号やメールアドレスだけでなく、プロフィールに記載した居住地、電話番号、勤務先、チェックインの位置情報にもアクセスされていた。(2018/10/14)

「地方の若者には“選択肢の格差”がある」 住居費無料で食費も出る非大卒向け「ヤンキーインターン」が生まれた真剣な理由
ヤンキーがインターンしたっていいじゃない!!(2018/10/11)

スピン経済の歩き方:
新しく就任した大臣が「失言」を繰り返す、3つの理由
内閣改造の風物詩ともいうべき、「大臣の首を取りましょうキャンペーン」が本格化している。それにしても、なぜ新たに就任した大臣は「失言」を繰り返すのか。筆者の窪田氏の分析によると……。(2018/10/9)

チャットbotで煩雑さが劇的に減少
今まさに広がりつつあるAI人材選考、人間による評価とのすみ分けは
有望な求職者を見極める採用活動にAI技術を取り入れる動きが、企業の間で広がっている。だが注意しなければならない幾つかの落とし穴が存在する。(2018/10/3)

ICTで課題解決型先進国を目指せ 2030年、日本再生のシナリオとは?
日本経済の復活に欠かせないのは、グローバルの視野に立った課題解決型先進国を目指すという未来像とシナリオだ。「2030年 日本経済復活へのシナリオ」(毎日新聞出版)をまとめた早稲田大学大学院の小尾敏夫名誉教授に話を聞いた。(2018/10/1)

PR:ネットで知り合った異性とリアルで会うのはもう常識! 「“視線耐性”座談会」でわかった若者世代の本音
女性が初対面で見ているのは○○だった! スマホ世代の実態と、低下する「視線耐性」を強くする方法とは?(2018/9/21)

HR Techは人事にとって魔法か、それとも脅威か:
リクルート、AIにエントリーシートを採点させる真の狙い
リクルートがエントリーシートを熟練面接官並みの精度で自動採点するAIを開発、自社の新卒採用で成果を上げている。将来は他社にサービスとして売り込む方針。(2018/9/20)

見た目イケメンの上司と性格イケメンの部下 互いに気になる2人を描いた漫画の展開が気になる
見た目イケメンも良いし、性格イケメンの女性もめっちゃ良い。(2018/9/18)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
大規模リストラで契約終了されなかった派遣エンジニアの特長
高い技術力ではないそうです。(2018/8/30)

レノボ・ジャパン提供ebook
別冊Computer Weekly 人工知能の学習に潜む重大な弱点
AIは感情論を廃し、人間が気付かなかった相関関係を見つけてくれる可能性を秘めている。だが、AIの学習過程において幾つかの弱点を露呈している。これを解決することは可能なのか。(2018/8/24)

「自分語り」「決めつけ」はNG:
「婚活パーティーでがっかりする異性」の特徴、1位は……?
婚活パーティーで出会って、マイナスの印象を持つ異性の特徴は?――Bright婚活調べ。(2018/8/21)

今度はスタートアップ支援企業と提携:
レシート画像買い取りアプリで話題になった高校生CEOが今、やっていること
2018年6月に大きな話題となったレシート画像買い取りのiOSアプリ「ONE」。高校生CEOの山内奏人氏にとって、これは実験的プロジェクトなのか、それともサステイナブルなビジネスを構築しようとしているのか。どんなビジネスモデルで、長期的には何を目指しているのだろうか。(2018/8/20)

製造業派遣労働者を対象にしたライフスタイル実態調査:
「仕事力」に効くのは野菜や果物、「やる気」は現場のロールモデル
製造業の派遣労働者を対象としたライフスタイル実態調査「モノづくりの現場での、派遣という働き方白書」をUTグループが発表。派遣労働者のパフォーマンスを最大限発揮させ、仕事のやる気を起こさせるヒントが白書から垣間見ることができる。(2018/8/10)

「任天堂から内定もらってた」「小学校で洋ゲーにハマった」 eスポーツ実況へ転身した元テレビ局アナウンサーに話を聞いた
決断の背景。(2018/8/4)

古参技術屋の見聞考察備忘録:
“ヒップホップ”なスクラムマスターが見せてくれた、リーダーの資質
米シカゴで開催されたアジャイル開発フレームワークのトレーニングで筆者が出会ったのは、威圧的な風貌の“ヒップホップ”なブラザー。実はスクラムマスターだった彼がトレーニングに参加した理由とは……。(2018/7/29)

スピン経済の歩き方:
文科省の局長逮捕は「天下りシステム」崩壊の副作用ではないか
文科省の科学技術・学術政策局長が逮捕された。息子を裏口入学させる見返りに、大学に便宜をはかったとされているが、なぜこのような不正を行ったのか。筆者の窪田氏は「天下りシステム崩壊の副作用ではないか」とみている。どういうことかというと……。(2018/7/10)

もう迷わない! ビジネスを成長させるUXデザイン手法の使い方(7):
「ペルソナ」とは、ユーザーと複数の価値観、組織をつなぐ基盤である
B2C、B2B問わず、ITサービスがビジネスに不可欠な存在となった近年、UXデザインに対する企業や社会の認識は一層深まっている。にもかかわらず、「使いにくいサービス」が減らない原因とは何か?――今回は、最も有名な人間中心設計の手法「ペルソナ法」を扱う。(2018/7/5)

HR Techは人事にとって魔法か、それとも脅威か:
AIがライバルに!? 城繁幸さんに聞くHR Tech時代の人事サバイブ術
人事コンサルタントで作家の城繁幸さんがHR Techで日本の人事がどう変わるかを語った。AIが判断するため人事から人事権が無くなる一方、アナログな役割が重要になるとみる。(2018/6/25)

つながるクルマ キーマンインタビュー:
中国のEV普及は有言実行、無人運転で先駆けるのは商用車
調査会社のIHS Markitは、エネルギーや航空宇宙、通信、自動車など幅広い産業分野をカバーする。その強みを生かし、複数の産業を横断した調査も実施している。このほど発表した調査レポート「reinventing-the-wheel」ではそうした横断的な情報を組み合わせて、将来の自動車の在り方を検証してまとめた。同レポートについて、IHS Markit リソース・トランスポーテーション&CMS部門のプレジデントであるジョナサン・ギア氏に話を聞いた。(2018/6/14)

学歴や職歴より重視するものとは:
「1次選考は動画」 ジャパネットが中途採用を刷新した理由
通信販売大手のジャパネットグループが中途採用の選考プロセスに応募者の自己紹介動画を採用すると発表した。約1分で応募理由や「最近ワクワクしたこと」などをアピールする必要があるが、なぜ採用方法を刷新したのだろうか。(2018/6/5)

“自撮り動画”で応募 ジャパネットの中途採用選考
ジャパネットホールディングスが、中途採用(正社員)の選考方法を変更。希望者がスマートフォンアプリを使って自撮り動画を撮影し、応募する方式を採用した。(2018/6/4)

『磯野家の謎』に続く考察本『磯野家の危機』発売 現代“家族”の暮らしとのギャップを検証
「波平は出川哲朗、フネは石田ゆり子と同じ年!?」(2018/5/20)

真のキャリア教育:
「夢」の功罪 貧困・奨学金記事を炎上させるもの
貧困に苦しむ家庭や、そうした環境下で育った若者にとって、大学進学やそのための奨学金に関する記事が人気です。一方、そうした記事は自己責任論や「甘い」といった批判も呼びやすく、本質の議論がずれているのではないでしょうか。(2018/5/15)

常見陽平のサラリーマン研究所:
AI採用っていいじゃないか いや、弱点もある
AI(人工知能)選考を導入する企業が増えてきた。AIが「書類選考」と「面接」をやってくれるので、いいことばかりじゃないかと思われた人も多いかもしれないが、弱点もある。それは……。(2018/5/4)

前年度から軒並み上昇:
18年度新卒入社の初任給、東証1部企業で引き上げ傾向
東証1部に上場する239社の約4割が初任給を全学歴で引き上げている――労務行政研究所がまとめた新卒4月入社の初任給に関する調査でこうした結果が分かった。(2018/4/27)

新しい営業スタイルで成長:
PR:「スピード感と柔軟性」を実現するHDEの働き方 営業マンの1日に密着
クラウドセキュリティサービス「HDE One」などを提供するHDEは、リモートワークの活用によって柔軟な働き方を実現している。HDEの営業マンはどのような1日を過ごしているのか? 密着してみた。(2018/4/23)

ロジカル思考の落とし穴:
社会的地位の高い人がハラスメント対応に失敗する背景
財務省の福田事務次官セクハラ疑惑が持ち上がったことで辞任した。米国のMeToo運動など、ハラスメントに対する意識が急拡大しているなかで、社会的に高い地位にある人がなぜ続々と「やらかす」のだろうか。(2018/4/26)

人事部門が企業の戦略的なパートナーに
「企業のビジネスを先導するのは人事」を裏付ける4つのトレンド
採用がますます売り手市場になるにつれて、人事向けの技術の展望は急激に変化し、人事担当者はその役割を根本から変えざるを得なくなっている。(2018/4/26)

キーワードは「LOVE」:
なぜSUBARUは米国で伸びたのか マーケティング戦略の“真意”
SUBARU(スバル)が米国で着実に成長している。販売台数は10年間で約3.5倍に。好調の背景に何があるのか。そのマーケティング戦略について、現地で探った。(2018/4/25)

IoT時代の組み込み系ソフトウェア品質(9):
ソフトウェア品質向上のキモは「行動」にあり
製品とともに行動してこそ品質は変わる。行動することで、品質は製品の「おもてなし」になり、「究極の品質」でもてなすことができる。(2018/4/19)

Equifaxの個人情報流出事件で紛糾した議論
セキュリティ責任者にはコンピュータサイエンスの学位が必須?
Equifaxの個人情報流出事件で、同社のCISO(最高情報セキュリティ責任者)が音楽の学位を修めていたことが批判を浴びた。情報セキュリティのプロフェッショナルがどのような教育を受けているべきか、専門家の見解は。(2018/4/13)

Facebook、サードパーティアプリがアクセスできる個人情報を大幅制限へ
FacebookがCAスキャンダル対策として、サードパーティアプリがアクセスできる個人情報を大幅に制限する。予告していたユーザー向けのアプリリストへのリンクは4月9日からニュースフィードのトップに表示される。(2018/4/5)

人材獲得や職場環境の向上に活用
「人事テクノロジー」が従業員も企業も変える 注目したいトレンド4選
企業が人材を引き付け、理解する手段を求め、従業員の職場環境を向上しようとするに伴い、人事テクノロジーが猛烈な速度で成長している。本稿では、人事テクノロジーのこうした状況を見ていく。(2018/2/19)

「不合格です」ロンブー淳、青学受験突破ならず
サクラチル。学部別入試に望み託す。(2018/2/17)

「あの時負けていれば」――人生を賭けた一局、夢が終わった後に続くもの
人生にイフはない。ただ問うことだけが許される。(2018/2/16)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。