ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「Associated Press」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

AP通信

関連キーワード

米中間選挙、下院は民主党が奪還し、「ねじれ」議会に
米中間選挙の結果は、上院は与党共和党が、下院は野党民主党が議席の過半を占める「ねじれ」状態になった。ドナルド・トランプ米大統領は「意地悪で敵対的なメディアの圧力の下で、非常に大きな勝利を収めた」とツイートした。(2018/11/7)

「37億年前、最古の化石」は「ただの石」?
最古の化石は35億年前か37億年前か。最古とされていた37億年前の化石はただの石だったという論文が、35億年前の化石発見者から出された。(2018/10/18)

Google、画像検索結果の画像に制作者名と著作権者を明記へ
Googleの画像検索結果の画像に、画像の制作者と著作権保有者を確認できる項目が追加される。メタデータはCEPICおよびIPTCによるものだ。(2018/9/28)

Facebook、フェイクニュース検出のためのAI画像・動画解析ツールを27団体に提供
Facebookが、フェイクニュース対策の一環として、機械学習採用の画像・動画解析ツールを27団体の第三者ファクトチェッカーに提供する。ファクトチェッカーによる評価はツールに反映され、精度が向上していく見込み。(2018/9/14)

そんなことは言ってないぞ! 「ディープフェイク」ビデオの脅威
特定人物の発言動画を捏造できる「ディープフェイク」技術の実用化が間近だ。どんな問題が起きるのか?(2018/7/5)

SFの巨匠、「少年と犬」のハーラン・エリスン氏、84歳で死去
日本では特に「世界の中心で愛を叫んだけもの」が知られているSFの巨匠が亡くなった。(2018/6/29)

岡田敏一のエンタメよもやま話:
スター・ウォーズ曇らせる“有毒”ファン 「最後のジェダイ」シンデレラ女優に中傷殺到、インスタ閉鎖
「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」でレジスタンス側の女性整備士を演じたベトナム系米国人女優ケリー・マリー・トランさんが、Instagramで度重なる中傷や人種差別を受け、アカウントを閉鎖。その背景は――(2018/6/22)

YouTube本社で銃乱射事件 自殺した襲撃者は39歳の女性YouTuber
YouTubeのカリフォルニア州サンブルーノにある本社キャンパスで銃乱射事件が発生。数人が近くの病院に搬送された。従業員のツイートによると、銃撃者は男女2人で、1人は自殺したという。(2018/4/4)

「人種差別的だった」 ナショナルジオグラフィック誌が過去の報道姿勢を反省
「何十年もの間、本誌は人種差別的だった」とナショジオ現編集長。(2018/3/14)

欧州で時計が遅れるトラブル 背景にはセルビアとコソボの政治的問題
セルビアとコソボで起きた電力周波数不均衡の問題が欧州25カ国に影響した。(2018/3/8)

クレーンゲーム機に閉じ込められた少年を消防隊員が救出 フロリダ州で
ぬいぐるみが欲しかった少年の救出に当たったのは非番の消防隊員。(2018/2/16)

スター・ウォーズ最新作「最後のジェダイ」は失敗作? 批評家とファンで評価分かれる
興行成績はいいが、観客からの評価は低い。その理由は?(2017/12/19)

「AIで弁理士が失業」に異議 「そんなに単純な仕事じゃない」 日本弁理士会の梶副会長
AIは弁理士の仕事を奪うのか? 日本弁理士会の梶俊和副会長が当事者の視点から反論した。(2017/11/16)

Apple Watch 3実機を使ってわかった単体機能の充実とiPhone依存度
AP通信のテクノロジーライター、アニック・ジェスダナム氏によるApple Watch Series 3実機レビュー。(2017/9/21)

フェイクニュース検出技術の開発にNSFが30万ドルの助成金 米ペンシルベニア州立大学
フェイクニュース一掃のために全米科学財団が支援する。(2017/9/7)

人が集中すべきは「人間が強みとする分野」
AIは人間の仕事をどう変えるのか 金融、報道の未来とは
今後、AIが企業に導入されるケースが増えれば、職場の様相は一変する。そこで重要なのは、従業員が「人間が強みとする分野」をどう磨きあげるかだ。(2017/8/23)

Twitterのヘイト投稿を路上スプレー 在ドイツのイスラエル人アーティスト
ハンブルクの路上にヘイトツイートの文面がスプレーでペイントされた。それはTwitterの姿勢に抗議する目的だった。(2017/8/12)

逮捕された「WannaCry」拡散阻止の英雄、保釈が決まるも依然拘束中
世界中で猛威を振るったランサムウェアの「キルスイッチ」を見つけた功績で英雄視されていた青年はどうなるのか。(2017/8/8)

Tesla車の事故は「自動運転機能のせいではない」 運転者が当初説明を撤回
Autopilot作動中の事故ではなかった。(2017/7/18)

世界を読み解くニュース・サロン:
トランプはクビになるのか 「ロシアゲート」を解説
トランプ大統領に絡んだ「ロシアゲート」が話題になっている。次々に新しい暴露話が出てくるので、「よく分からない」という人もいるはず。一体、何が起きているのか。トランプはクビになるのか。解説する。(2017/6/1)

ランサムウェア「WannaCry」の攻撃から世界を救った22歳の青年 「自分はヒーローではない」
PCのファイルを暗号化して身代金を要求するランサムウェア。現在世界で流行中の「WannaCry」だが、その停止スイッチを見つけた人物がいる。その青年にAP通信がインタビューした。(2017/5/16)

Appleがネバダ州のデータセンターに10億ドルを追加投資
Appleは米国内への投資と雇用の拡大を発表した。いつものようにクリーンエネルギー仕様だ。(2017/5/15)

ユナイテッド航空機から引きずり降ろされた乗客の動画が物議 オーバーブッキング時のルールとは?
ユナイテッドの対応が非難を浴びている。その全貌が乗客らの証言から明らかに。(2017/4/11)

世界を読み解くニュース・サロン:
渡辺謙の不倫スキャンダルが、世界で報じられない事情
最近、俳優・渡辺謙のスキャンダルが話題になった。『週刊文春』が彼の不倫疑惑をスクープしたわけだが、いまのところ海外メディアはこの問題を報じていない。ハリウッド映画の「アクター」であるにもかかわらず、なぜ海外メディアはこの疑惑を取り上げないのか。(2017/4/4)

「スケベ」「汚い」「お説教臭い」を払拭 「おっさんレンタル」はなぜ5年間客が途絶えないのか、創業者を取材
「イケてると勘違いしているおっさん」が1時間1000円でレンタルできるサービス。(2017/3/25)

日経「AI記者」の衝撃 開発の背景に「危機感」
あの日経が、AIに記事を書かせ始めた――1月に公開された「決算サマリー」がネットを驚かせた。なぜ、AIに記事を書かせようと考えたのか。インタビューした。(2017/3/3)

「Amazon Echo」に殺人関連の命令が? 履歴データ開示要請にAmazonが異議
被告のAmazon Echoに重要な情報が録音されているかもしれないと、検察はデータ提供を要求している。(2017/2/23)

APファクトチェック:
「トランプはレーガンのように偉大に」とビル・ゲイツはツイートしていない
AP通信では虚偽ニュースのファクトチェックを実施している。今回はビル・ゲイツのツイートを偽造したニュース。(2017/2/18)

米Yahoo!のアカウントに不正侵入の可能性、ユーザーに通知
2016年に発覚したユーザー情報の大量流出に関連して、偽造cookieを使ってアカウントが不正アクセスされた可能性があることが分かった。(2017/2/16)

トランプ大統領の移民規制令に大手企業トップが相次ぎ懸念を表明 一部の企業は沈黙
多くの企業トップが大統領令への反対意見を表明し、行動を起こしている。(2017/1/31)

「フェアリーサークル」生み出すのはどんな仕組み?
直径数十メートルに及ぶアフリカ南部の謎のサークル。その原因を多くの研究者が探ってきたが、あまりロマンティックではない新説が発表された。(2017/1/20)

Facebook、虚偽ニュース対策でAPなど第三者の判定で投稿にフラグを立てるテストを開始
虚偽ニュース拡散を問題視されているFacebookが、テスト中の対策について説明した。ユーザーが虚偽ニュースだと報告した投稿の事実確認をAssociated Pressなど第三者に仰ぎ、判定によって投稿にフラグを立てる。(2016/12/16)

Googleマップでトランプタワーが一時“ゴミタワー”に
TrumpがDumpに改ざんされていた。(2016/11/30)

Note7だけではない? Samsungの「Galaxy J5」にも爆発の報告 フランス南西部で
Samgung Galaxyの中級機であるJ5が発火。ただし、類似の報告は他になく単発事故との分析も。(2016/11/8)

世界を読み解くニュース・サロン:
日本人が知らない医療大麻の「不都合な真実」
元女優の高樹沙耶容疑者が大麻取締法違反の疑いで逮捕された。容疑者が医療大麻を推進していたこともあって、医療従事者などが「医療大麻ってものはない」「(医療大麻は)必要ない」などとコメントしていたが、本当にそうなのか。世界に目を向けると、ちょっと違うようだ。(2016/11/1)

立ちどまるよふりむくよ:
ボブ・ディランからスティーブ・ジョブズは何を学んだのか(プレイリストつき)
ジョブズのロールモデルはディラン。Appleはディランのようにやっている。How does it feel?(2016/10/15)

「不気味なピエロ」騒動余波で米・マクドナルドのドナルドに出演制限報道 日本マクドナルド「現状、日本では自粛しない」
2016年8月ごろから「不気味なピエロ」騒動が話題になっていました。(2016/10/15)

「IT企業と話し合って関係を改善したい」とFBIサンフランシスコ支局長 iPhoneロック解除のキーパーソン
銃乱射犯が持っていたiPhone 5cの中に重要な情報はなかった。ロック解除を推進したFBIの担当者はAppleをはじめとするテック企業との関係を修復できるだろうか?(2016/10/7)

Appleがコンサルティング大手Deloitteと提携 法人市場に照準
IBMとの提携など法人市場への浸透を図るApple。Deloitteと取り組む目的は。(2016/10/3)

自動運転車に関する米国のガイドラインにG7各国も同調
軽井沢で開かれたG7交通相会合で議題となった自動運転車問題。主導権を握ったのは米国だった。(2016/9/27)

AP通信などメディア3社がFBIを提訴 iPhoneロック解除ツールに関する情報開示を要求
銃乱射事件の犯人が使用していたiPhoneのロック解除問題でAppleとFBIが応酬していた件。ロック解除はされたがその詳細は謎のままだ。(2016/9/20)

フランスで炎上したTesla車は「接触不良が原因」
Model S炎上事故の原因についてTeslaが回答した。(2016/9/15)

Facebook、「ナパーム弾の少女」を“ヌード”だとして削除(抗議を受け復活)
Facebookが、大手新聞社の記者が自身のページに投稿した歴史的反戦写真「ナパーム弾の少女」を「コミュニティ規定」に反するとして削除し、物議を醸した後復活させた。新聞社の編集長はザッカーバーグCEO宛の公開書簡で「ジャーナリストの権利と義務は、Facebookのアルゴリズムによって傷つけられるべきではない」と抗議した。(2016/9/11)

フランスの村長が「Pokemon GO」を禁止 ポケモンの“無法な定住”を認めず
「伝染病」「危険な中毒」と1000人に満たないフランスの村でポケモンGO禁止令。(2016/8/19)

リオ五輪中にIOCへのサイバー攻撃が急増 ドーピング告発選手には不正アクセス
オリンピック選手の情報が入ったサーバへの不正アクセスが続いている。彼らの目的とは……。(2016/8/16)

Willow Garage出身デザイナーに学ぶ、サービスロボットのインタラクションデザイン(前編)
サービスロボットの機能による差別化が難しくなれば、次に浮上するのが人とロボットがどんな「関係性」を持てるかというインタラクションデザインだ。前編では、人とロボットの関係性「Human-Robot Interaction(HRI)」の重要性と、これまでの研究を振り返る。(2016/8/12)

「ポケモントレーナーが家に入ってくる!」――米男性、「Pokemon GO」開発元を訴える
米国の男性が自宅敷地から「Pokemon GO」のプレイヤーを追い出すべく、連邦裁判所に訴えを起こしている。(2016/8/4)

ハリウッド版「Ghost In The Shell」のプロデューサー、「必ず満足してもらえる」と自信
実写版「攻殻機動隊」のプロデューサーが、日本人のはずの主役(草薙素子少佐)に白人のスカーレット・ヨハンソンを配したことを含め、見た人を満足させることができると請け合った。なお、主役は「草薙素子」ではなく「少佐」と呼ばれるとしている。(2016/7/5)

エアバスの子会社が3Dプリンター製の電動バイクを発表 ガイコツみたいな見た目でカッコイイ
エアバスグループが開発した航空機クラスの合金を使用。(2016/5/22)

「the Internet」がなくなる?
theがなくなれば、映画「ザ・インターネット」のように誤った発音が広がることもない。(2016/4/18)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。