ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「支持率」最新記事一覧

世界を読み解くニュース・サロン:
世界のトップリーダーは、どんな休暇を送っているのか
国のトップは忙しい日々を送っているが、夏休みはどのように過ごしているのだろうか。多くの指導者はリゾート地でゆっくりとした時間を過ごしているが、中にはそうでもない人もいる。例えば、ロシアのプーチン大統領は……。(2016/8/12)

世界を読み解くニュース・サロン:
データで見る、「トランプ大統領」が誕生する可能性
米国大統領選挙に向けた共和党大会で、ドナルド・トランプが正式候補に指名された。「このままの勢いで大統領になるかも」と思われたかもしれないが、さまざまな調査をみると、トランプが大統領になる可能性はかなり低いようだ。(2016/7/22)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
世界の4K番組最前線! 「miptv2016」レポート(前編)
昨年、スカパー!を皮切りに4Kの商業放送がスタートし、ハード/ソフトの両面で4Kの存在感が増しているが、日本以外はどうなっているのか? 実は、世界の映像コンテンツ業界は今、4Kの可能性に夢中だ。(2016/6/7)

初音ミクがN響と初共演 背景にクラシック業界の危機感
今年、創立90周年を迎えるオーケストラ「NHK交響楽団」が、初音ミクと“共演”を果たす。背景にはクラシック業界が抱える「危機感」があった。(2016/4/7)

ニュージーランド国旗、現状維持へ 国民投票で支持率56%
ニュージーランド国旗の変更をめぐる国民投票で、現国旗の支持が新デザイン案を上回り、国旗の現状維持が決まった。(2016/3/31)

富士通テン会長 重松崇氏 自動運転技術講演全再録:
日本の自動運転車開発の課題は「自動車業界とIT業界の連携不足」
「第3回 自動車機能安全カンファレンス」の基調講演に富士通テン会長の重松崇氏が登壇。重松氏は、トヨタ自動車でカーエレクトロニクスやIT担当の常務役員を務めた後、富士通テンの社長に就任したことで知られる。同氏はその経験を基に「自動運転技術の開発を加速する上で、日本は自動車とITの連携が足りない」と課題を指摘した。(2016/1/19)

3分で読める 荻原博子の今さら聞けないお金の話:
ギャンブル化した年金運用 それでも破綻しない年金の仕組みとは?
今回のテーマは「年金」。日本の年金は破綻しない仕組みにはなっているようですが……。(2016/1/18)

世界を読み解くニュース・サロン:
スターウォーズ・ボイコット運動から見える米国の現実(ネタバレなし)
映画『スターウォーズ/フォースの覚醒』が大ヒットしている。米国では公開初日だけで約5700万ドルの興行収入を記録しているが、ちょっと気になる話題が盛り上がっている。それは「映画をボイコットしよう」という動きだ。(2015/12/24)

レッシグ教授、大統領選出馬を断念 候補者ディベート参加ルール変更が「実質的な締め出し」
2016年の米大統領選出馬を表明していたローレンス・レッシグ教授が撤退を表明した。(2015/11/4)

米大統領選サイトで“荒らし”ブーム? 「あのデブいケツ」「とても変な犬」……存在しないニセ候補者が続々
「あのデブいケツ」「とても変な犬」「テイラー・スウィフト」――米大統領選の候補者データベースに“ニセ候補者”が相次いで登録されているようだ。(2015/10/27)

スタンプクリエイターズ・ファイル:
あなたはどの子がお気に入り? 柴犬好きによる柴犬好きのためのスタンプ「柴犬のここが好き」
柴犬のかわいさをぎゅっと詰め込んだスタンプ「柴犬のここが好き」。作者・ここ柴さんの柴犬愛が伝わってきます。(2015/10/26)

乳幼児をとりこにする「アンパンマン」その魔力の秘密は?
長年、乳幼児に愛され続けるアンパンマン。よく、小児科でぬいぐるみや絵本などが豊富に置かれているのを見かけますが、それにはただ乳幼児をなだめるだけでなく、もっと深い意味があったようです。(2015/10/11)

週刊「調査のチカラ」:
SNSに投稿する「お料理写真」、65%の女子が“盛った”経験あり
調査が明らかにする事実もあれば、調査に惑わされて見失う事実もあります。事実は小説よりも奇なり。そんな世の中のリアルを知るトピックをお届けします。(2015/9/26)

Amazon、「プライム・ビデオ」で国内動画市場に本格参戦 オリジナルコンテンツも計画
Amazonのプライム会員向け動画見放題サービス「プライム・ビデオ」がスタート。同時にストリーミング端末「Amazon Fire TV」の国内での予約販売も開始した。(2015/9/24)

『EE Times Japan 10周年』特別編集:
EE Times Japanは、創刊10周年を迎えました
2015年6月、EE Times Japanは、読者の皆さまに支えられて、創刊10周年を迎えることができました。紙媒体から出発し、オンラインニュースサイトとして落ち着くまでに紆余曲折はありましたが、次の10年に向けて、日本のエレクトロニクス業界の発展に少しでも貢献すべく、まい進していきたいと思います。(2015/6/24)

スピン経済の歩き方:
「デキる男はチョコを食う」は本当か
デキる男はチョコを食う――。明治がサラリーマンを対象に調査をしたところ、年収の高い人ほどチョコを食べるという。信じられない話だが、筆者の窪田氏は「ビジネスパーソンのトレンドを踏まえると、この調査結果は納得できる」という。その理由は……。(2015/5/19)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
賛否両論ある楽天・大久保監督の「デーブ流儀」
東北楽天ゴールデンイーグルスに大久保博元氏が監督に就任した。過去にあったスキャンダルを記憶している人は多く、一部のファンからは反対の声があったが、彼の監督としての手腕はいかほどなのか。スポーツライター・臼北氏によると……。(2015/3/12)

激レアアイテムの仲間入り? 販売休止の「ぺヤング」がヤフオク!に多数出品される事態に
日本人の「ぺヤング食べたい」欲が爆発?(2014/12/15)

藤田正美の時事日想:
プーチンの「不満の冬」が始まる――日本はロシアからエネルギーを買うべきか否か?
原油価格が下がっている。今年前半1バレル=100ドル超えだったWTI価格は、最近では70ドルを切る日もあるほど。原油相場の下落に頭を悩ませているロシアのプーチン大統領にとって、今年の冬は厳しいものになりそうだ。(2014/12/4)

「アベノミクスは絵空事」亀井静香が政権を斬る
安部総理の近い立場にいた人物による、第2次安倍内閣ぶった切りを紹介(2014/12/2)

中学生にビッグデータ分析のノウハウを――日本IBMらが育成プログラム
日本IBMと企業教育研究会は、ビッグデータ活用に必要なデータサイエンティスト育成のため、中学生を対象とする授業プログラムを共同開発した。(2014/11/11)

地元愛No1を決める「日本タウン誌・フリーペーパー大賞2014」12月に展示会を開催
展示会は東京・渋谷の「NHKみんなの広場」、授賞式は「国立科学博物館」で開催する。(2014/11/5)

INSIGHT NOW!:
アベノミクス「第二の矢」は、むしろ経済に悪影響を与えている
アベノミクス第二の矢、公共事業による景気刺激政策は、費用対効果でみるとすでに正当化できないばかりか、民間投資の「クラウディングアウト」を生んでいる。公共投資はむしろ抑制し、民間国内投資を促す「第三の矢」への重点シフトを急ぐべきだ。(2014/9/12)

革新を生み出すPLM【前編】:
PR:イノベーションへ導く仕掛けに! ──アラスジャパンが目指すPLMのカタチとは?
「エンタープライズ・オープンソース・ビジネスモデル」という革新的なビジネスモデルでPLM市場に新たな波を起こす米国Aras。グローバルで躍進するオープンソースPLMの真価とは何か? また、「イノベーションを導く仕掛け」としてのPLMとはどういうモノなのだろうか? アラスジャパンの社長を務める久次昌彦氏に話を聞いた。(2014/9/1)

R25スマホ情報局:
“スマートな”女性との連絡先交換術
夏といえば出会いの季節! らしいので、女性222人にスマートだと思う連絡先の交換方法をアンケートしてみた。(2014/8/6)

藤田正美の時事日想:
それでも“一歩も引かない”プーチンが抱えるリスク
ロシアの格安航空会社、ドブロリョートがEUの制裁によって運行停止に追い込まれた。プーチン大統領はそれでも、欧米への態度を軟化させる兆しを見せない。彼は一体どのような幕引きを考えているのだろうか。(2014/8/6)

藤田正美の時事日想:
マレーシア機撃墜事件をきっかけに、ロシアのウクライナ侵攻が起こるのか?
こう着状態にあったウクライナ情勢が動き出した。マレーシア機撃墜事件の捜査が難航するなか、ロシア軍がウクライナとの国境に再び兵を集めているとの情報が出た。果たして、ロシアのウクライナ侵攻は起きるのか。(2014/7/23)

藤田正美の時事日想:
日本に「集団的自衛権」が必要なワケ
集団的自衛権の行使容認を閣議決定された。賛否が分かれるテーマだが、戦争のリスクが高まっている今の時代では必要なことだと藤田氏は述べる。その理由は……?(2014/7/9)

週末アップルPickUp!:
Appleが買収した「Beats Electronics」ってどんな会社?
iPhone+Beatsで“次のエピソード”が始まる、そうです。(2014/5/30)

藤田正美の時事日想:
「まるで殺人のようだ」――セウォル号事故に対するパク大統領の“失言”
「セウォル号」沈没事故で韓国政府の支持率が下がり、首相が辞意を表明するまでの事態になっている。そんななか、パク・クネ大統領が船長ら乗組員に対して「殺人のようだ」と発言したが、これは政治家としての資質を疑うものだ。(2014/4/30)

藤田正美の時事日想:
混迷極まるウクライナ、「欧米VS. ロシア」の代理戦争は起こるのか
クリミアから始まった独立活動は、ウクライナ東部の州を巻き込み始めた。民兵による行政庁舎の占拠は、一体何を意味するのか。そして今後、ウクライナ危機がどう展開するか藤田氏が解説する。(2014/4/16)

藤田正美の時事日想:
世界を脅かしているウクライナ危機――最悪のシナリオとは
ウクライナ危機は世界を脅かしているが、日本の株式市場はそれほど影響を受けていない。しかし世界最大の債券運用会社の元CEOが、フィナンシャルタイムズ紙に“最悪のシナリオ”を寄稿した。その内容とは……。(2014/3/26)

デジタルリマスター前の「ウルトラマン」全話をニコ生で一挙上映!
デジタルリマスター前の、昔テレビで見たような映像が見られる。(2014/1/31)

新成人にmixi不人気? 利用率は昨年の約半分に
今年成人式を迎える新成人が現在使っているSNSは「LINE」が最多。mixiの利用率は昨年からほぼ半減した。(2014/1/9)

ビジネスパーソンに聞く、2013年に立てた目標は達成できましたか
2013年、ビジネスパーソンは何を目標にしていたのだろうか。20〜50代のビジネスパーソンに聞いた。Gaba調べ。(2013/12/12)

出張版吉本新喜劇に会場もニコ生も大盛り上がり! 大阪なんばで開催されたニコニコ町会議レポート
大阪なんばのニコニコ町会議には、坂田利夫や今いくよ・くるよなどのよしもと芸人が登場した。(2013/11/13)

藤田正美の時事日想:
議会戦術や駆け引きばかりの党は、国民の支持を得られない
財政協議はいまだ決着せず、決まったはずの「オバマケア」を遅らせる。米国の政治的停滞は景気回復に水を差すレベルに達しているが、与野党の対立という点では日本も他人事ではない。(2013/10/23)

ネギを首に巻く? 風邪をひいたとき「効果がある」と思う民間療法
風邪をひいたときに「効果がある」と聞いたことがある、民間療法はありますか? 全国の男女に聞いたところ、85%が「ある」と回答した。トレンド総研調べ。(2013/10/17)

藤田正美の時事日想:
米国債の債務不履行が世界恐慌を招きかねない理由
米国の累積債務額が17兆5000億ドル(およそ1750兆円)に達し、債務上限額を引き上げないと国債の償還ができなくなる恐れが出てきた。米国債のデフォルトを避ける手段とは?(2013/10/9)

1分でわかるトレンド(まとめ編):
新iPhone購入者に聞く「そのキャリアを選んだ理由」
読者の声をまとめて紹介していく「1分でわかるトレンド」。第1回のまとめ編では、新iPhoneを購入する人のキャリア選びのポイントをまとめました。(2013/10/4)

仕事をしたら“やっぱりヘンな日本人”がいた(後編):
宋文州氏は何度も言う。日本人のココがヘンだ
ソフトブレーン創業者の宋文州さんは、これまで「日本のおかしいところ」をバッサリ切ってきた。今年で来日28年目を迎えるが、「日本人って変わらないなあ。昔のままだ」という点があるという。それは……。(2013/9/18)

参議院選挙で困っている人向け、お役立ちWebサイトまとめ
今週末、日曜日に迫った参議院選挙。「選挙、行かなきゃと思うけどどこに入れたらいいか分からないんだよね」という人向けに役立つサイトをまとめてみました。「実は選挙行くの初めて」という人もぜひ参考にしてください。(2013/7/19)

関東の2400人対象:
Google、テレビとWebが選挙に与える影響を調べ始める
ネット選挙解禁となる2013年の参議院選挙。慶應義塾大学の曽根泰教教授を中心として、Googleらが有権者のメディア接触と政治意識の変化を調べ始めた。(2013/7/10)

藤田正美の時事日想:
参院選後を読む、安倍首相は救国の指導者となるか
7月の参議院選挙は自公圧勝に終わるだろう。同時に民主党は、国民から野党としてさえも信認されないだろう。選挙後の日本はどこへ向かうのか。(2013/7/10)

ネットの安全性を支えてきた“両雄”がついに統合へ――:
PR:ベリサインとシマンテックのシナジーが生み出す「セキュリティの未来」
Web改ざんやSQLインジェクションによる情報漏えいなど、ユーザーに大きな影響を及ぼすセキュリティ事件が多発している中、あらためてWebサイトのセキュリティが問われている。ベリサインは、2013年9月にSSLサーバ証明書のブランドを「シマンテック」へと変更し、SSLの範疇を超えた「Webサイトセキュリティ」へのさらなる進化を目指していく。(2013/7/1)

Sprint、ソフトバンクによる買収案を圧倒的賛成多数で承認
Sprintが臨時株主総会で、ソフトバンクが昨年10月に発表したSprintの買収を98%の支持率で承認した。後はFCCの承認が得られれば、7月には取引は完了する。(2013/6/26)

藤田正美の時事日想:
ネット選挙解禁、ネットユーザーの化学反応が気になる
最近の政治をふり返ると、政党のガバナンスが効いていない。それは権力基盤を党内ではなく、支持率に求めているからだ。ネット選挙が解禁されると、どんな化学反応が起きるのだろうか。(2013/6/19)

藤田正美の時事日想:
米国のシェール革命によって揺れる米中露のバランス
8時間にも及んだ米中首脳会談に、心穏やかではいられない国がいくつかある。米国のシェールガス革命による影響が、巡り巡って南シナ海に火種をもたらすかもしれない。(2013/6/12)

窪田順生の時事日想:
安倍首相が「左翼の人達」に演説妨害されたワケ
安倍首相が自身のFacebookに投稿した「左翼の人達が演説妨害」が話題になっている。街頭演説の様子を「聴衆の中に左翼の人達が入って来ていて」などと報告したが、翌日、その投稿が閲覧できない状態になった。その理由は……。(2013/6/11)

いまネット世論調査が面白い!? ニコニコユーザー13万人の本音に迫る
毎回13万人近くのニコニコユーザーから回答を得ている「ネット世論調査」について、過去半年分の結果をピックアップする。内閣支持率、TPP、日中韓関係から憲法改正まで、第2次安倍内閣発足以降の13万人の本音とは――。出演者は麻木久仁子さん、萩原雅之さん(マクロミルネットリサーチ総合研究所所長)。解説は七尾功niconico政治担当部長、司会は杉本誠司ニワンゴ社長。配信は5月28日20時0分〜。(2013/5/28)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。