ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「消費者庁」最新記事一覧

広告が「極めて悪質」:
アディーレ法律事務所に業務停止2カ月 東京弁護士会
東京弁護士会は、広告を巡り景品表示法違反(有利誤認)で消費者庁から措置命令を受けた弁護士法人・アディーレ法律事務所を業務停止2カ月とする懲戒処分を発表した。(2017/10/11)

MVNO市場の競争激化:
楽天、格安スマホ「FREETEL」買収
楽天がプラスワン・マーケティングの「FREETEL」を買収。「楽天モバイル」に加え、MVNO事業をさらに拡大する。(2017/9/26)

楽天、FREETELのMVNO事業を買収
「FREETEL」のMVNO事業を楽天が買収する。(2017/9/26)

メルカリで少年らがウイルス売買 「隠語」で出品、監視の目をかいくぐる
メルカリで少年ら5人がウイルスを売買していた事件。「隠語」で取引し、監視の目をかいくぐっていた。(2017/9/15)

「偽装豆腐」は存在しない なぜなら……
「偽装とうふに注意!」――こんな記事が話題になった後削除された。取材をすると、豆腐をめぐる状況が大きく変わろうとしていることが分かった。(2017/9/13)

ECサービスの問題に業界や関係省庁で対策 「EC事業者協議会」をYahoo! JAPANとメルカリが設立
業界全体や関係省庁で協議し、安心安全なeコマース環境整備を目指す(2017/9/5)

ECサービスの課題解決目指す:
メルカリとヤフー、「EC事業者協議会」を発足
メルカリとヤフーが「EC事業者協議会」を発足。不正利用や個人間取引のトラブルなどのさまざまな課題を包括的に協議するという。関係省庁もオブザーバーとして参加する。(2017/9/4)

最新モデルと交換:
ユピテル、ドライブレコーダー発火で8万5000台回収
車載機器メーカーのユピテルが、同社が販売したドライブレコーダー「DRY-FH200」約8万5000台を回収すると発表。(2017/9/4)

お隣さんの柔軟剤のニオイが辛い……「香害110番」に“通報”相次ぐ
公害になぞらえて「香害」。香水などの香りが「不快」を超え、健康被害を訴える声が増えている。(2017/8/25)

依存〜溺れるネット世界:
スマホゲーム「無間地獄」 FGOにはまり際限なく高額利用
誰もが、どこでもスマートフォンを手にしている光景が当たり前となり、インターネットの世界と切っても切れない関係となった現代。そこにもゲームといった依存に陥る構造が存在する。彼らはどのようにして溺れたのか。(2017/8/24)

消費者庁、ジャニーズ公式ファンクラブ会員規約の改訂を発表 「消費者契約法に抵触する」との申し入れを受けた対応
「消費者の利益を害し不当ないし不適切」な内容について、消費者団体が是正を求めていました。(2017/8/23)

スマホゲーム「無間地獄」 「FGO」にはまり、親のカード使い込んだ25歳
気晴らしに始めたスマホゲーム「FGO」にはまり、両親のカードを上限まで使い込む――最近のスマホゲームは「無間地獄」だという評価も。ゲーム依存の構造は。(2017/8/22)

「※個人の感想です」は広告表示における免罪符になるのか? 9割が気付かない“極小文字”の注意書き 消費者庁の見解は
消費者庁が考え方を発表。(2017/8/9)

「恥ずかしい……でも解決したい」の心理突き 「アダルトサイトのトラブル解決」真っ赤なウソ
アダルトサイトとのトラブル解決をうたう詐欺容疑で、探偵業者の男が逮捕。検索連動型広告を悪用して集客していた。(2017/7/31)

ドライアイスの使用に関して消費者庁が注意喚起 凍傷以外にも容器破裂や酸欠も
見落としがちな事故事例を挙げています。(2017/7/27)

ソフトバンクが「おとり広告」で措置命令 2016年の「いい買物の日」を巡って
ソフトバンクが2016年11月に実施した「いい買物の日」のWebサイトに関して、消費者庁が同社に対して景品表示法に基づく措置命令を発出。Apple Watchのセールに関する表記を、いわゆる「おとり広告」と判断した。(2017/7/27)

バッテリー火災発生のスマホ「UPQ Phone A01X」 バッテリーの無償交換開始
利用者はすぐに交換を。(2017/7/24)

2015年12月〜16年10月に販売:
スマホ「UPQ Phone A01X」焼損のおそれ バッテリー自主回収
UPQのAndroidスマートフォン「UPQ Phone A01X」のバッテリーが焼損事故のおそれ。交換と自主回収を7月24日から実施する。(2017/7/24)

「レインボーシックス シージ」公式世界大会で日本人だけ賞金を受け取れない「おま賞金」発生 その理由とは
おま国、おま値、おま言語、そしておま賞金。(2017/7/24)

「当選本数100本」と告知、実際は5本 グリーに措置命令
グリーの懸賞企画で「当選本数は100本」と掲載していたのに、実際の当選本数は5〜30本だったとして、消費者庁が措置命令。(2017/7/19)

「パズドラ」ガチャで誤認表示 消費者庁、ガンホーに措置命令
消費者庁がガンホーに景品表示法違反(優良誤認)で措置命令。「パズル&ドラゴンズ」の「ガチャ」で、入手可能なモンスターについて誤認させる表示があったという。(2017/7/19)

消費者庁、景品表示法違反でガンホーとグリーに措置命令 「パズドラ」などで不当表示
どちらも再発防止や従業員への周知徹底などが命じられています。(2017/7/19)

消費者庁:
「当選100本」実際は5本 グリーに措置命令
グリーが実施したプレゼントキャンペーンで、サイト上で「当選100本」と表示していたのに実際にはそれより少なかったとして、消費者庁が措置命令。(2017/7/19)

「ディズニーマジックキングダムズ」でも:
ガンホーに措置命令 パズドラのガチャで「究極進化」誤認表示
「パズル&ドラゴンズ」の有料ガチャで入手できるモンスターについて誤認させる表示があったとして、消費者庁がガンホーに措置命令。【更新】(2017/7/19)

「Yahoo!ショッピング」の「売れてる順」、最上部の広告枠撤廃
「Yahoo!ショッピング」商品検索の「売れている順」で、検索結果より上に配置していた広告枠「アイテムマッチ」が撤廃された。(2017/7/18)

フードロスの削減目指す:
味の素、賞味期限の「年月」表示拡大
味の素が、賞味期間が1年以上の家庭用製品73品目の表示を「年月」に変更し、賞味期限を延長すると発表した。(2017/7/5)

「お友達になりませんか」――SNSきっかけの投資勧誘に注意 消費者庁
見知らぬ人からSNSで「お友達になりませんか?」とメッセージが届き、実際に会うと株式投資の勧誘を受けた――そんなトラブルが相次いでいると消費者庁が注意喚起。(2017/7/5)

アシストしすぎな電動自転車に消費者庁が注意喚起 こいでいないのにモーターだけで走り出すケースも
国民生活センターが9銘柄をテストしたところ、2銘柄が道交法基準の上限値をオーバーしていたとのこと。(2017/7/1)

MVNO「スマモバ」に行政指導 「解約を求めても解約処理が行われない」多数の消費者トラブルを受け
(2017/6/21)

石川温のスマホ業界新聞:
横綱・ワイモバイルの背中を追うUQモバイル――家族1480円プランの投入でシェア3割を狙う
大手キャリア系のMVNOとして、Y!mobile(ソフトバンク)の後を追うUQ mobile(UQコミュニケーションズ・UQモバイル沖縄)。UQ mobileの夏商戦向け発表会後、UQコミュニケーションズの野坂章雄社長が囲み取材に応じた。(2017/6/9)

「アダルトサイトのトラブル絶対解決」……解決しないのに料金請求 新たなトラブル発生
アダルトサイトの架空請求などの「トラブル解決」をうたう探偵業者に関する相談が、全国の消費生活センターに相次いでいる。(2017/6/2)

「業界No.1」「芸能人が来院」はNG ダメな医療機関Webサイトの見分け方教えます
厚労省のガイドラインを解説。(2017/6/2)

スマホ「UPQ Phone A01X」の焼損を防ぐファームウェア配布 充電時のバッテリー過熱で火災事故
利用者の方は、必ず更新を。(2017/5/29)

「詐欺被害相談サービス」をかたる悪質事業、消費者庁が注意喚起 “架空請求業者との交渉を代行”で依頼料を請求
消費者が怪しい電話番号を検索する行動を利用していました。(2017/5/22)

「詐欺被害の相談サイトに注意して」――消費者庁、悪質業者を名指しで注意喚起
詐欺被害の相談サイトをかたる悪質事業者の住所に行っても実態はつかめず、連絡も一切取れなかったという。(2017/5/22)

「LINEで勧誘された」 SNSで広がるマルチ商法、その問題点と“法律で全面禁止”されない理由
法律で禁止されない理由は。(2017/5/22)

仮想通貨トラブルも……成人年齢引き下げで被害拡大か 「若者救済策」に賛否
成人年齢が18歳に引き下げられると、消費者トラブルに巻き込まれる若者が増えるとの見方も。若者救済策は必要か――。(2017/5/12)

「UPQ Phone A01X」焼損事故 一問一答
「UPQ Phone A01X」において、充電中のバッテリーが関連する焼損事故が4件発生した。これらの事故に関連した質問を、端末の輸入・販売元であるUPQに行った。(2017/5/10)

「一度だけなら……」未成年がはまるオンラインゲーム 高額化する課金、相談の6割10万円以上
子供の消費者トラブルで目立つのはオンラインゲームだ。子供が親のクレジットカード番号を勝手に入力して決済するケースもあり、相談の約6割が10万円以上と高額な課金となっている。(2017/5/10)

消費者庁から厳重注意も:
UPQ、相次ぐスマホ発火の原因は「バッテリー」と特定
UPQが、昨年9月に発生した同社製スマホの発火事件の原因がバッテリーであると正式発表。(2017/5/9)

対応は5月下旬に案内予定:
「UPQ Phone A01X」の焼損事故はバッテリーが原因 専用電話窓口を開設【追記あり】
2016年9月に発生した「UPQ Phone A01X」の焼損事故について、第三者機関による解析の結果バッテリーに起因することが判明した。同社では購入者専用窓口を開設し、5月下旬をめどに対応を案内するという。(2017/5/9)

UPQ、スマホのバッテリー過熱事故の原因を明らかに 対応を準備中
バッテリーと充電制御に原因があると特定したと報告しています。(2017/5/9)

FREETELの「業界最速」は何が問題だったのか? プラスワンと消費者庁に聞く
「FREETEL SIM」の「業界最速」「シェアNo.1」などの表記が景品表示法違反だとして、消費者庁が措置命令を出した。プラスワンと消費者庁は、今回の問題について自社サイトで説明しているが、「業界最速」を巡る両者の考えに溝があると感じた。(2017/4/28)

FREETEL、スマートコミコミ+の“縛り”を否定せず「支払い総額を安く抑えることを主眼」→グラフにしてみた
FREETELのスマートコミコミ+プランが実質的な縛りになっていることについて、FREETELに送った質問の返答が届いた。(2017/4/27)

4Kディスプレイ「スペック誤表記」問題 DMM.comが「返品」に応じた経緯
「DMM.make DISPLAY」のスペック誤表記が判明した。発売元のDMM.comは、希望者に対する返品・返金対応を行っている。問題発覚から、返金対応に至るまでの経緯はどのようなものだったのだろうか。(2017/4/27)

根拠なく「業界最速」:
総務省、FREETELを行政指導 広告表示の改善求める
「FREETEL」(フリーテル)が合理的な根拠なく「『業界最速』の通信速度」などとうたっていた問題で、総務省が再発防止を求め行政指導。(2017/4/26)

悪質な出品、どう止める?:
メルカリの現金出品問題 監視体制は“人力”
大きな話題となったフリマアプリ「メルカリ」の現金出品問題。メルカリは現金の出品を禁止したが、新たな手口も出現し、“いたちごっこ”の状態にある。こうした悪質出品は、どうすれば防ぐことができるのか?(2017/4/26)

4Kディスプレイのスペック「誤表記」で「2000円」の補償 UPQの見解は?
4Kディスプレイ3機種におけるスペック「誤表記」が判明したUPQ。誤表記の発覚から、補償内容の決定に至るまでの経緯を同社に聞いた。(2017/4/25)

格安SIMのフリーテルに消費者庁が措置命令、「業界最速」「シェアNo.1」などの表示めぐり
「『業界最速』の通信速度」「SIM販売シェアNo.1」などの表示が景品表示法に触れると消費者庁。(2017/4/21)

FREETELが景品表示法違反 消費者庁が措置命令
消費者庁が、プラスワン・マーケティングに対して、景品表示法違反で措置命令を行った。通信速度、SIMカード販売数量シェア、カウントフリーの表記に問題があった。プラスワンもおわびの告知を出している。(2017/4/21)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。