ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「コントラスト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「コントラスト」に関する情報が集まったページです。

JAPANNEXT、FreeSync 2対応の28型4K液晶ディスプレイ「JN-T2880UHDR」 5月31日まで3万9980円で販売
JAPANNEXTは、4K表示対応の28型ワイド液晶ディスプレイ「JN-T2880UHDR」の販売を開始する。(2018/5/23)

エイサー、ゲーム表示モードも備えるIPSパネル採用27型液晶「VG270bmiix」など3製品
日本エイサーは、IPSパネルを採用したフルHD表示対応液晶ディスプレイ計3製品の販売を開始する。(2018/5/22)

エイサー、フラットな狭額縁デザインの27型フルHD液晶ディスプレイ
日本エイサーは、フルHD表示対応の27型ワイド液晶ディスプレイ「ED272Abifx」を発売する。(2018/5/15)

PHILIPS、DisplayHDR 1000対応の42.5型4Kディスプレイなど2製品
MMD Singaporeは、Philips製のHDR対応4K液晶ディスプレイ計2製品の取り扱いを発表した。(2018/4/24)

PR:HDR時代の圧倒的映像をフィリップスで体感せよ!
最新の映像技術では、4Kを超える高解像度化の流れとともに、まるで現実の風景を眺めているかのような映像体験を実現するHDR(High Dynamic Range)が注目されている。PC用ディスプレイの新規格「DisplayHDR 1000」にいち早く対応したフィリップスの「436M6VBPAB/11」を紹介しよう。(2018/4/24)

ビックカメラ、税別3万円を切るWQHD表示対応27型ワイド液晶ディスプレイ
ビックカメラは、JAPANNEXTと共同開発したWQHD表示対応27型ワイド液晶ディスプレイ「JN-IPS270WQHD」を発売する。(2018/4/13)

アイ・オー、240Hz駆動に対応した24.5型ゲーミング液晶ディスプレイ
アイ・オー・データ機器は、ゲーミングディスプレイ「GigaCrysta」シリーズのラインアップに240Hzの高リフレッシュレート表示対応モデルを追加した。(2018/4/11)

ドンキの低価格4K液晶テレビがスペックアップして再登場
ドン・キホーテがプライベートブランド「情熱価格 PLUS」の新製品として、「50V型 ULTRAHD TV 4K液晶テレビ」の第3弾を発売した。価格は据え置きでスペックアップを図っている。(2018/3/9)

JAPANNEXTが3440×1440ピクセル対応の曲面34型液晶ディスプレイを発売 3月14日まで税込み約7万円
JAPANNEXTは、3440×1440ピクセル表示に対応する曲面デザインの34型液晶ディスプレイ「JN-VC34100UWQHD」を発表した。(2018/3/1)

マウス、5K表示に対応したIPSパネル採用27型ワイド液晶ディスプレイ
マウスコンピューターは、iiyamaブランドから5K表示対応の27型ワイド液晶ディスプレイ「ProLite XB2779QQS」を発売する。(2018/3/1)

JAPANNEXT、狭額デザインの27型4K液晶ディスプレイ 3月13日まで税込み約3万6000円
JAPANNEXTは、IPSパネルを採用した27型4K液晶ディスプレイ「JN-IPS2770UHD」を発表した。(2018/2/27)

Mobile World Congress 2018:
“予想外”な場所にWebカメラ――タッチ対応薄型クラムシェルノートPC「HUAWEI MateBook X Pro」登場
Huaweiがスペイン・バルセロナで薄型クラムシェルノートPCの新モデルを発表。画面占有率91%の超狭額縁ボディーにsRGB色域を100%カバーするタッチ操作対応の13.9型3K液晶を搭載し、重さは1.33kgだ。(2018/2/26)

iiyama、WQHD表示に対応した31.5型ワイド液晶ディスプレイ
マウスコンピューターは、iiyamaブランド製の31.5型WQHD液晶ディスプレイ「ProLite XB3270QS」を発表した。(2018/2/22)

アイ・オー、HDR対応の54.6型4K液晶ディスプレイ
アイ・オー、HDR対応の54.6型4K液晶ディスプレイ(2018/2/21)

“美しすぎるモバイルPC”が第8世代Coreで進化 「HP Spectre 13」実力検証
日本HPから登場した「HP Spectre 13」は造形美と機能美を追求をしたモバイルノートPCだ。第8世代CoreやThunderbolt 3など先進技術を盛り込み“美しすぎるノート”が生まれ変わった。(2018/2/21)

エイサー、4万円台からのスタンダードDLPプロジェクター3製品
日本エイサーは、DLP方式を採用したスタンダードプロジェクター計3製品「X118H」「X128H」「X138WH」を発売する。(2018/2/20)

税込み4万円を切る144Hz対応27型WQHD液晶ディスプレイ
KODAWARIは、Pixio Japan製の27型WQHD液晶ディスプレイ「PX276」の取り扱い開始を発表した。(2018/2/16)

PR:34.6型の大画面で4万円!! 自室や1人暮らしにぴったりのエンタメディスプレイ「356M6QJAB/11」
ハイセンス&低価格な大画面ディスプレイで自室をリッチなエンタメ空間に!(2018/2/5)

モバイルの枠を超えるパワー! 「Surface Book 2」完全レビュー
上質感あふれる美しいデザイン、第8世代Core i7とGTX 1050による高性能、先進のインタフェース。「Surface Book 2」はまさに“プレミアム”だ。(2018/1/29)

世界最小の13.3型ノートPC「New XPS 13」日本上陸
デルがXPS 13の新モデルを発表。狭額縁ディスプレイの美しいデザインで知られるXPS 13がさらに進化し、クラス最小サイズを更新。第8世代Coreや4K UHDディスプレイなど最新スペックにアップデートした。(2018/1/26)

デル、薄型狭額デザインの23.8型/27型ワイド液晶ディスプレイ
デルは、スタイリッシュな狭額デザイン筐体を採用した23.8型/27型ワイド液晶ディスプレイ計2製品を発売する。(2018/1/26)

MSI、144Hz表示対応の曲面27型ゲーミング液晶ディスプレイ
台湾MSIは、ゲーミング向けディスプレイ「Optix」シリーズに曲面27型モデルの「Optix MAG27CQ」を追加した。(2018/1/26)

ラトック、有線接続対応の小型モバイルプロジェクター
ラトックシステムは、HDMIおよびUSB有線接続に対応する小型モバイルプロジェクター「RP-MP2-BK」の販売を開始した。(2018/1/25)

PR:写真愛好家がフィリップスの27型ディスプレイに注目する理由
写真が趣味でディスプレイにこだわりたい、でもプロ向けモデルは高価すぎる……そんな人に注目してほしいのがフィリップスの「276E8FJAB/11」だ。プロカメラマンもうなずく本製品の魅力を紹介しよう。(2018/1/15)

さあ、人間の仕事を味わおう――「麻倉怜士のデジタルトップテン」(後編)
2017年の「デジタルトップテン」も、残すところあと3つ。ここに並ぶものはいずれも“人間の業(わざ)”が成せる、人と技術の深遠な関係を見つめるものだ。(2017/12/31)

ベンキュー、sRGBカバー率100%を実現するWQHD表示対応の25型ワイド液晶ディスプレイ
ベンキュージャパンは、クリエイター向けをうたったWQHD表示対応の25型ワイド液晶ディスプレイ「PD2500Q」を発表した。(2017/12/11)

セキュリティ業界、1440度(21):
初のiPhone個人Jailbreaker、ホッツ氏が語る「OSSによる自動車の自動運転化」――CODE BLUE 2017レポート
2017年11月7〜10日、日本では最大規模のセキュリティ国際カンファレンスである「CODE BLUE 2017」が開催されました。本稿では、9〜10日に開催されたカンファレンストラックにおいて、興味深かったセッションをピックアップして紹介します。(2017/12/7)

製造マネジメントニュース:
悲願の製品出荷、印刷方式有機ELパネルがソニーの医療用モニターに採用
有機ELパネルの技術開発を推進するJOLEDは、世界で初めてRGB印刷方式による有機ELパネルを製品化し出荷を開始した。ソニーの医療用モニターで採用されたという。現在はパイロットラインでの生産を行っているが2019年には量産を開始する計画。(2017/12/6)

韓国勢には難しい中型を狙う:
JOLED、印刷方式の有機ELパネルを出荷開始
JOLEDが、RGB印刷方式で製造した21.6型4K有機ELパネルを製品化し、出荷を開始した。最初の製品はソニーの医療関連事業に納品されたという。JOLEDは、韓国勢が採用する蒸着方式では製造が難しい、中型パネル領域を狙う。(2017/12/6)

世界初の印刷方式有機ELパネル、JOLEDが出荷開始 大型パネルはパートナーと
JOLEDが世界初となるRGB印刷方式による21.6型の4K有機ELパネルの出荷を開始した。大画面テレビ向け大型パネルについては自社で製造せず、パートナーに技術供与する方針。(2017/12/5)

ベンキュー、疲れ目防止機能も備えたHDR10対応の27型フルHD液晶「EW277HDR」
ベンキュージャパンは、HDRコンテンツ再生にも対応する27型フルHD液晶ディスプレイ「EW277HDR」を発売する。(2017/12/5)

iiyama、極細ベゼルデザインを採用した23.8型フルHD液晶
マウスコンピューターは、IPSパネルを採用した23.8型フルHD液晶ディスプレイ「ProLite XU2492HSU-2」など2製品を発表した。(2017/12/4)

PR:地デジに耐水! 進化したAVタブレット「HUAWEI MediaPad M3 Lite 10 wp」徹底レビュー
コストパフォーマンスが高いエンターテインメント向けタブレットとして人気の「MediaPad M3 Lite 10」の兄弟モデルとして「HUAWEI MediaPad M3 Lite 10 wp」が登場した。8コアCPUの搭載やワンセグ・フルセグチューナーの内蔵、待望の耐水機能など見どころは盛りだくさん。進化ポイントをチェックしていこう。(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2017/12/1)

NTT-X Storeで4万円を切る4K対応32型液晶ディスプレイが限定販売
NTTレゾナントは、ドウシシャ製の32型4K液晶ディスプレイ「OD4K-32B1」の取り扱いを開始する。(2017/11/29)

明日から使えるITトリビア:
iPhone Xは「液晶がきれい」という誤解
「iPhone Xは液晶がきれい」――このフレーズに感じる違和感の正体は?(2017/11/28)

2018年FIFAワールドカップロシア大会のオフィシャルテレビ、ハイセンスが発売
ハイセンスジャパンからサッカーW杯のオフィシャルテレビが登場。液晶パネルにKSF(フッ化物蛍光粉末)を取り入れ、色再現性を上げた「ウルトラカラー」(同社)が特徴。(2017/11/13)

iPhone 8 Plusを更新:
iPhone XのBOMコスト、過去最高の370ドル
IHS Markitは「iPhone X」を分解し、BOM(Bills of Materials)を370.25米ドルと見積もった。最もコストが掛かっているのは、iPhoneで初めて採用した有機ELディスプレイを含むディスプレイモジュールの部分だ。(2017/11/10)

エイサー、HDR10にも対応した31.5型4K液晶ディスプレイ
日本エイサーは、VAパネルを採用した4K表示対応の31.5型ワイド液晶ディスプレイ「ET322QKwmiipx」を発売する。(2017/11/8)

iPhone Xの有機EL、「焼き付き」は大丈夫? Appleがサポートページで言及
Appleがサポートページで「iPhone X」の有機ELについて説明している。iPhone Xでは、有機ELの焼き付きを低減させる点で最高水準を目指したという。有機ELを長持ちさせるための設定についても述べている。(2017/11/6)

EIZO、手術室向けディスプレイ「CuratOR」に高輝度表示対応の26型/31.5型モデル
EIZOは、手術用のフルHD表示対応ディスプレイ「CuratOR EX2620」「同 EX3220」を発売する。(2017/11/1)

先行レビュー:
それは、手のひらに収まる“未来” 先進性と合理的な操作性が融合した「iPhone X」
11月3日に発売される「iPhone X」。「スマートフォンの未来」と呼ばれるだけあり、新しい要素や機能が満載。この“未来”を一足先に体験できたので、ファーストインプレッションをお届けする。(2017/11/1)

今までとはどこが違う? 「iPhone X」の特徴をおさらい
iPhone Xは、今までのiPhoneと違う点がいくつかある。改めて、簡単に違う点をおさらいしてみよう。(2017/10/30)

「iPhone X」と「iPhone 8/8 Plus」のスペックをあらためて比較する
11月3日に「iPhone X」が発売される。9月に発売されたiPhone 8/8 Plusとの違いは? あらためてスペックをおさらいしておこう。(2017/10/30)

エイサー、スマートな狭額デザインを採用した144Hz駆動対応の27型湾曲ディスプレイ
日本エイサーは、リフレッシュレート144Hzに対応したフルHD表示対応の27型湾曲ディスプレイ「ED273Awidpx」を発売する。(2017/10/10)

アイ・オー、10bit入力にも対応した55型4K液晶ディスプレイ
アイ・オー・データ機器は、4K表示に対応するADSパネル採用54.6型ワイド液晶ディスプレイ「LCD-M4K551XDB」を発表した。(2017/9/27)

アイ・オー、WQHD解像度に対応したADSパネル採用27型ワイド液晶ディスプレイ
アイ・オー・データ機器は、WQHD表示に対応する27型ワイド液晶ディスプレイ「LCD-MQ271XDB」を発表した。(2017/9/21)

エプソン、3800ルーメン以上の明るさを実現したビジネスプロジェクター4製品
エプソンは、教育現場やオフィスなどでの利用に向く3LCD方式採用のビジネスプロジェクター計4製品を発表した。(2017/9/14)

価格を下げない戦略:
Apple、「iPhone X」でさらなるブランド力強化へ
Appleは、「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」「iPhone X(テン)」を発表した。iPhone Xの価格は999米ドルとやや高い価格設定になっているが、専門家は「Appleのブランド力低下を防ぐにはいい戦略だ」との見解を述べている。(2017/9/13)

「iPhone 8/8 Plus」と「iPhone X」は何が違う? 7/7 Plusからの進化点は?
ついに発表された新iPhone。iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xの3機種だが、それぞれの違いは? またiPhone 7/7 Plusから何が進化したのか?(2017/9/13)

「iPhone X」発表 5.8型有機EL搭載のプレミアムモデル 11月3日発売【詳報】
AppleがiPhoneの新製品を発表した。「iPhone X」は特にスペックの高いプレミアムモデル。ベゼルのほとんどないボディーに5.8型の有機ELを搭載している。(2017/9/13)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。