ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「コストパフォーマンス」最新記事一覧

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
てんやが天丼チェーンとして“唯一”全国展開できた理由
圧倒的なコストパフォーマンスの高さで人気を博しているてんや――。なぜ天丼チェーンとして“唯一”全国展開できたのか、そのビジネスモデルを解説する。(2016/8/12)

格安SIMではFREETELが安定――キャリア3社&MVNO主要7社の通信速度を調査
リーディアは、同社が運営する「スマートプラン.com」でキャリア3社とMVNOの主要7社の通信速度を測定し、比較した結果を公開。キャリア3社とワイモバイルが快適な通信速度を保ち、FREETELのコストパフォーマンスの高さも目立っている。(2016/8/9)

サードウェーブデジノス、2万円台からのCeleron搭載14.1型エントリーノート「Altair VH-AD2」
サードウェーブデジノスは、コストパフォーマンスに優れた14.1型エントリーノートPC「Altair VH-AD2」を発表した。(2016/7/29)

ポタフェスでお披露目:
5万円を切る、だと? デュアルDAC&フルバランス設計のハイレゾプレーヤー「Luxury & precision L3」登場
Luxury & precisionブランドからハイレゾ対応ポータブルプレーヤー「L3」が登場。デュアルDAC&フルバランス設計ながら販売価格は4万9800円(税込)という高コストパフォーマンスモデルだ。(2016/7/13)

ドスパラ、VRに特化した高コストパフォーマンス自作PCセット「パーツの犬モデルVR-002」
ドスパラの自作PCパーツセット「パーツの犬」シリーズに、VRに適した高コストパフォーマンスモデルが追加された。(2016/7/8)

PR:コスパの高さが魅力――手軽に導入できるタブレット「MediaPad T2 7 Pro/T2 10.0 Pro」
ファーウェイから、2万円台半ばのコストパフォーマンスに優れたタブレットが登場した。通話も利用できるLTE対応の「MediaPad T2 7.0 Pro」と、エンタメ機能を堪能できるWi-Fiタブレット「MediaPad T2 10.0 Pro」の魅力を紹介しよう。(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2016/7/8)

ファーウェイ、「MediaPad T2 7.0 Pro/10.0 Pro」を6〜7月に発売――価格は2万4980円
ファーウェイ・ジャパンが、ミッドレンジのタブレットを発表。ラインアップは「MediaPad T2 7.0 Pro」と「MediaPad T2 10.0 Pro」。価格は2モデルとも2万4980円(税別)で、コストパフォーマンスの高さを重視した。(2016/6/16)

データベース運用管理の「4つの悩み」に迫る
「性能アップ、コストダウン」というOracle DBへの“わがまま”をかなえる方法
データベースのパフォーマンス低下は企業活動の機会損失につながりかねない。性能の向上と運用管理の効率化を、コストパフォーマンスを高めて実現する方法はないだろうか?(2016/6/1)

アルミハウジングで2980円、e☆イヤホンから1moreブランドのカナル型イヤフォン「Piston Classic」登場
ヘッドフォン/イヤフォン専門店「e☆イヤホン」は5月30日、中国1more(ワンモア)のカナル型イヤフォン「Piston Classic」(ピストンクラシック)を発表した。「ハイエストコストパフォーマンスイヤフォンシリーズ」(同社)をうたうモデルだ。(2016/5/20)

交換レンズ百景:
マイクロフォーサーズで常用しやすい標準ズーム――パナソニック「LUMIX G VARIO 12-60mm / F3.5-5.6 ASPH. / POWER O.I.S.」
サイズを優先した薄型の標準ズームより画質がよく、F2.8通しのハイエンド標準ズームより軽くて価格もリーズナブル。そんな使い勝手がよくてコストパフォーマンスが高いレンズが登場した。普段の撮影はこれ1本でだいたい済んでしまう万能さが魅力だ。(2016/5/19)

最新スマートフォン徹底比較:
1万円台の低価格SIMフリースマホを徹底比較――基本スペック&持ちやすさ編
市場価格が1万円台(税別)のAndroidスマホ5機種を比較する。性能は3万円台や4万円台以上の製品と比べてかなり低いが、SNSやYouTubeぐらいならそこそこ快適に利用できる。あまり複雑な使い方をしなければ、かなりコストパフォーマンスの高い端末だ。(2016/5/9)

ハノーバーメッセ2016:
「人との協調」をより身近に、川崎重工が4軸双腕ロボを欧州初披露
川崎重工は、ハノーバーメッセ2016において、2015年6月に発売した人間協調型の双腕スカラロボ「duaro(デュアロ)」をアピール。競合他社が6軸双腕を中心とする中、4軸である高コストパフォーマンスとプログラム負荷の低減を強みとする。(2016/4/27)

テックウインド、10.1型WUXGA液晶を備えたコスパ重視のAndroidタブレット「CLIDE A10A」
テックウインドは、コストパフォーマンスに優れた10.1型Androidタブレット端末「CLIDE A10A」の販売を開始する。(2016/4/25)

10.1型で約598グラム:
コストパフォーマンスに優れる日本HPの2in1がメモリ増量でさらに使いやすく――「HP x2 210 G2 Tablet」
日本HPの「HP x2 210 G2 Tablet」は、重さが600グラムを切る法人向け小型2in1だ。Cherry Trail世代プロセッサとメモリ4GB、OSに64bit版Windows 10 Proを採用し、ビジネスの現場でもしっかり“戦える”性能を手に入れた。(2016/4/25)

e☆イヤホン、1more(ワンモア)ブランドのハイブリッド型イヤフォンなど3機種を国内独占販売
e☆イヤホンは、「ハイコストパフォーマンスイヤホンシリーズ独占販売第2弾!」(同社)として、「1more」(ワンモア)ブランドのイヤフォンを4月16日に発売する。ハイレゾ対応のハイブリッド型を含む3機種だ。(2016/4/15)

質感高し:
本格ゲーミングから普段使いまで お手頃価格が魅力の「ideacentre Y700」
レノボ・ジャパンの「ideacentre Y700」は、Skylake世代のCore iプロセッサやSSD+SSHD、ミドルレンジのGeForce GTX960を備えるゲーミングPCだ。コストパフォーマンスにも優れており、無線LANやBluetoothも搭載するなど、オールラウンダーなPCといえる。(2016/4/15)

ビジネス貢献を促進するストレージ展開に注力――HPEが新製品
データセンター向けに性能とコストパフォーマンスを高めた3製品を投入する。(2016/4/12)

マウス、Core i7搭載で税別約9万円からの13.3型モバイルノート「LuvBook J」
マウスコンピューターは、13.3型フルHD液晶を内蔵したコストパフォーマンス重視のモバイルノートPC「LuvBook J」シリーズを発売する。(2016/4/11)

デル、SOHO向きの14型エントリーノート「Vostro 14 3000」シリーズを発売
デルは、小規模事業所/SOHO向けとなるコストパフォーマンス重視の14型ノートPC「Vostro 14 3000」シリーズを発表した。(2016/4/5)

リンクス ace/dart/pulse:
Baslerのエリアセンサーカメラ量産、CCDからCMOSへの置き換えに
リンクスは、Baslerのエリアセンサーカメラ「ace/dart/pulse」シリーズの量産開始を発表。3シリーズともコストパフォーマンスに優れ、CCDカメラからCMOSカメラへの置換に最適なモデルとなっている。(2016/2/15)

医療機器ニュース:
コストパフォーマンスに優れたコンパクト型CT装置
日立メディコは、コンパクト型CT装置「Supria Grande Advance」と「Supria Advance」を発売した。Supriaシリーズの特長はそのままに、さらにコストパフォーマンスに優れたモデルとなる。(2015/12/7)

インフラではなく「顧客のWebサービス」を守る:
PR:無料でWAFを提供――「さくらの専用サーバ」が導入したセキュリティ強化施策とは?
「クラウドの使い勝手」と「物理サーバーの性能」の両立をうたう「さくらの専用サーバ」がリニューアルされた。エンタープライズのニーズに応えるべく、専用サーバーサービスとしては珍しいSLAを導入した他、ジェイピー・セキュアのWebアプリケーションファイアウオールを追加コストなしで導入できるようにし、「性能」「安定性」「セキュリティ」「コストパフォーマンス」などを同時に満たすサービス提供を目指す。(2015/12/7)

“QCDD”を徹底して世界白物家電市場で年率30%成長!:
PR:コストパフォーマンスの良い“高効率/低損失”で躍進するサンケン電気のモータードライバ事業
サンケン電気は、白物家電向けモータードライバ市場で過去10年の年平均売上高成長率30%という急成長を遂げてきた。国内外の競合がひしめく同市場で、なぜこれほどの躍進を遂げることができたのか――。サンケン電気モータードライバ事業の強さの秘訣に迫る。(2015/11/16)

ドコモが1万円以下で売る「Runtastic Orbit 01」のコスパは?
1万円以下で購入できるのが魅力の活動量系「Runtastic Orbit 01」。1週間試してみてわかった使用感からそのコストパフォーマンスを考えてみた。(2015/10/24)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
Lセグメント 環境時代のフラッグシップ
Lセグメントにコストパフォーマンスという言葉は似合わない。そのブランドが信じる「最高のクルマ」を具現化することが目的となるからだ。(2015/10/19)

プライム会員には4980円で提供:
Amazon、税込8980円の7型タブレット「Fire」発表
Amazon.co.jpは、Fire OSを搭載するタブレットの新製品「Fire」を発表。7型ISPディスプレイ、クアッドコアプロセッサ、128Gバイトまで対応するmicroSDカードスロットを備えながら高コストパフォーマンスを実現する。(2015/9/18)

新進気鋭のNASメーカー:
「ASUSのNASはコスパがすごい」――ASUSTORが名古屋でユーザーイベントを開催
ASUSTeKグループ傘下の新興NASメーカー、ASUSTORのイベントが名古屋大須で開催。コストパフォーマンスの高さで注目を集めるNASキットの魅力が紹介された。(2015/9/14)

フルカラーLEDも自由自在に:
ASUS、液冷制御にも対応のFan Xpert 3など独自機能充実の“Z170”マザーボード10モデル発表
R.O.G.にTUFにスタンダードと従来のラインアップに加えて、コストパフォーマンスを重視した「PRO GAMING」シリーズも登場する。(2015/8/6)

SIM通:
初スマホとしての選択も−SIMフリースマホ「g03」レビュー
コストパフォーマンスの高さも評価されている「gooのスマホ」。「g02」と外観のベースは一緒ながら、CPU・内蔵ストレージ・カメラなどが強化されたハイエンド端末「g03」の使用感を紹介します。(2015/7/29)

サンディスク、コスパ重視のエントリーMLC SSD「サンディスクSSDプラス」
サンディスクは、コストパフォーマンスに優れるエントリーSSD「サンディスクSSDプラス」シリーズの販売を開始する。(2015/7/16)

そしてスピーカーはB&O PLAY:
Core i5にBlu-rayで7万9800円──「HP Pavilion 23」の“費用対効果”に驚く(前編)
日本HPの2015年夏モデルで登場した23型ディスプレイ一体型PCのコストパフォーマンス重視ながら、デザインと処理能力をじっくりとチェックする。(2015/7/7)

“Godavari”搭載の格安モデル:
コスパ抜群のコンパクトタワー「LM-AR330X2-SH」で最新APUの性能を知る
マウスコンピューターの「LUV MACHINES R」シリーズは、AMDの最新APUを採用したデスクトップPCだ。税別4万円台からラインアップをそろえるコストパフォーマンスに注目!!(2015/7/2)

最大35%オフになるキャンペーンも実施
IoTやアナリティクスの要はストレージ、コストパフォーマンスに優れた製品を探せ
「データ経営」への意識が高まる中、ストレージの注目度が上がっている。ユーザーが重視すべきはコストパフォーマンス。26製品の第三者比較結果で分かった、コストと性能のバランスに優れた製品の要件を解説する。(2015/6/23)

自撮り機能も充実:
ファーウェイの夏モデルは“熱くならない”SIMフリースマホ しかも8コアで3万円以下の“価格性能怪獣”
ファーウェイがSIMフリースマホ「HUAWEI P8lite」「HUAWEI P8max」の国内販売を発表した。価格は3万円以下からと手頃だが、8コアプロセッサと1300万画素カメラを搭載するなど、コストパフォーマンスに優れるのが特徴だ。(2015/6/17)

FAニュース:
機械幅1280mmの省スペース立形マシニングセンタを発売
ヤマザキマザックは、30番テーパ主軸の高コストパフォーマンス立形マシニングセンタ「VERTICAL CENTER PRIMOS 400 S」を発売した。高速加減速は1.0G、全軸早送り速度は分速60mで、小型マシニングセンタ特有の頻繁な軸移動に対応できる。(2015/6/6)

Oracle RAC開発陣が手掛けるコンパクトなDBアプライアンス:
PR:ハードとソフトの進化により、さらにコストパフォーマンスが高まった「Oracle Database Appliance X5-2」。その進化の内容は?
Oracle Database Enterprise EditionやOracle RACをリーズナブルに導入したいという企業から高い支持を集めるOracle Database Applianceに、最新版となるX5-2が登場した。フラッシュ技術を活用してさらなる性能向上を果たし、従来と比べてコストパフォーマンスが大きく高まった同製品の強化ポイントを概観する。[プライベートクラウド/データベース統合][運用管理効率化][パフォーマンス改善][Engineered System](2015/6/3)

みんなに“ちょうどいい”:
使い勝手とコスパを重視した5型スマホ「AQUOS EVER SH-04G」
シャープ製の「AQUOS EVER SH-04G」は、ケータイからの乗り換え組やライトユーザーの利用を想定した、使い勝手とコストパフォーマンス重視のスマートフォン。防水ボディに5型液晶を搭載した。【写真追加】(2015/5/13)

新型MacBookより5万円安い:
ASUSのコスパは化け物か――税別10万円切りのCore M搭載モバイルノート「ZENBOOK UX305FA」
省電力性に優れたCore Mを採用することで、厚さ12.3ミリの薄型ファンレスボディを実現した新型「ZENBOOK」は、税別10万円を切るコストパフォーマンスが魅力だ。(2015/5/8)

Netflixも:
価格を抑えた4K対応テレビ、パナソニックが“ビエラ”「CX700」シリーズ3機種を発表
パナソニックは、4K液晶パネルを搭載した“ビエラ”「CX700シリーズ」を発表した。昨年秋に発売した「AX700」シリーズの後継となる高コストパフォーマンスモデルだ。(2015/4/2)

NVIDIA最新ミドルレンジGPUを駆って登場!:
コスパが光るGTX 960M搭載ゲーミングノート「NEXTGEAR-NOTE i5500」最速レビュー
G-Tuneに加わった「NEXTGEAR-NOTE i5500」シリーズは、最新のGeForce GTX 960Mをはじめ、クアッドコアCPUやデュアルストレージ構成を採用しつつ、抜群のコストパフォーマンスを実現したゲーミングノートだ。(2015/3/30)

サイコム、Core i5搭載で6万円台からのスタンダードBTOデスクトップ「Radiant E1000H97 II」
サイコムは、台数限定モデルとなるコストパフォーマンス重視のBTOデスクトップPC「Radiant E1000H97 II」を発売する。限定数は100台だ。(2015/3/27)

メモリ/ストレージ技術:
平均レスポンスタイム1ms以下、ネットアップのオールフラッシュアレイ
ネットアップは、高いコストパフォーマンスを実現するとともに、低レイテンシを達成したオールフラッシュアレイ「NetApp EF560」を発表した。(2015/1/29)

“みんなのMaxwell”がやってくる:
電力効率の高いMaxwellベースのミドルレンジ──NVIDIA、「GeForce GTX 960」を発表
実売価格が2万円台後半〜3万円前後のMaxwellが登場する。購入しやすいコストパフォーマンスに優れた価格帯でどのようなメリットをNVIDIAはアピールするのか?(2015/1/22)

週間記事ランキング
抜群のコスパ、「Amazon Fire HD 7」が気になる
コストパフォーマンスの高さが評判の「Amazon Fire HD 7」を徹底レビュー。直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2015/1/16)

「ZenFone Zoom」も発表:
スペックが上がってもコスパの高さは健在――ASUSの「ZenFone 2」はココが進化した
ASUSは2015 CESに合わせて新製品発表会を開催。薄型2in1 PCとスマートフォンの新製品を発表した。このうちスマートフォンは低価格で高性能なZenFoneシリーズの第2世代モデルとなる「ZenFone 2」と、光学ズームレンズを搭載した「ZenFone Zoom」の2モデル。どちらも価格を抑えたコストパフォーマンスに優れた製品となる。(2015/1/6)

SIM通:
格安スマホの真打ちか?ASUS ZenFone 5 レビュー
コストパフォーマンスが高い格安スマホとして注目を集めているASUSの「ZenFone 5」。その使い勝手を確かめてみました。(2014/12/9)

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:
ハイレゾの基礎知識――実はコストパフォーマンスは超高い
今回のデジタル閻魔帳は、特集「初心者歓迎!ハイレゾのイロハ」連動企画。まずは最近話題になっているハイレゾ再生の魅力と基本知識を紹介してもらった。(2014/12/9)

SIM通:
ASUS、ATOK搭載SIMフリースマホ「Zenfone 5」発売
ASUSが、2万円台後半〜3万円台前半で購入できるLTE対応のSIMロックフリースマートフォン「ZenFone 5」を発売。コストパフォーマンスの高いモデルですが、あらためて、特徴をチェックしていきましょう。(2014/11/19)

オフィスから家庭まで幅広く:
費用対効果に優れるA4複合機「HP Officejet 5740」の実力をチェックする
日本HPが発表会で示した「Officejetはビジネスだけでなく家庭でも」という方針で登場したハイコストパフォーマンスモデル。その性能と使いやすさは?(2014/10/29)

ioMemory採用、40 コアCPU、128GBメモリ搭載タイプも:
海外大手クラウドサービスよりも低価格・高性能、Mackerelも無料で使える――「IDCFクラウド」が攻めの展開
IDCフロンティアがコストパフォーマンスの高いクラウドサービスを発表。「海外大手クラウドサービスの上位モデルと比較しても約2倍のI/O性能」だという。クラウド管理にはMackerelが無料で利用できる。(2014/10/17)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。