ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「経済効果」最新記事一覧

道銀地域総合研究所調べ:
プロ野球日本一の日ハム、その経済効果は?
道銀地域総合研究所は今年のプロ野球で日本一に輝いた北海道日本ハムファイターズがもたらした道内への経済波及効果を発表した。(2016/11/25)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
なぜ滋賀県は北陸新幹線「米原ルート」に固執するのか?
北陸新幹線延伸区間は「小浜京都ルート」にまとまるだろう。しかし、滋賀県は費用対効果に優れた「米原ルート」を譲らない。北陸地域も近畿地域も望まない「米原駅乗り換え案」は、実は滋賀県にもメリットがない。それでも滋賀県は主張しなくてはいけない。これは「我田引鉄」という単純な話ではない。(2016/11/18)

約20年後、AIで日本の経済成長率は3倍以上に アクセンチュア調べ
アクセンチュアは人工知能(AI)と労働生産性に関する調査結果を発表した。2035年にはAIの活用によって先進国で年間経済成長率が倍増するという。(2016/11/17)

宇宙ビジネスの新潮流:
なぜ衛星データビジネスでAWSが活用されるのか?
今、衛星業界でAmazonをはじめとするクラウドサービスの利活用が進んでいるのをご存じだろうか。今回は、欧州、米国、日本それぞれの最新事例を紹介したい。(2016/11/11)

世界を読み解くニュース・サロン:
日本人が知らない医療大麻の「不都合な真実」
元女優の高樹沙耶容疑者が大麻取締法違反の疑いで逮捕された。容疑者が医療大麻を推進していたこともあって、医療従事者などが「医療大麻ってものはない」「(医療大麻は)必要ない」などとコメントしていたが、本当にそうなのか。世界に目を向けると、ちょっと違うようだ。(2016/11/1)

蓄電・発電機器:
1基で800億円の経済効果、福島に世界最新鋭の石炭火力を建設
東京電力ホールディングスと三菱商事パワーなどは、福島県内2カ所に設置予定の石炭ガス化複合発電(IGCC)式発電所の建設、運営を担う新会社2社を設立した。総事業費は3000億円で、建設に伴い1日最大2000人規模の雇用を創出し、発電所1基当たり800億円の経済波及効果を見込んでいる。(2016/10/24)

北陸新幹線延伸ルート大もめ 滋賀県の独自試算に京都府抗議メール
北陸新幹線の福井県・敦賀−大阪の延伸ルートをめぐり、滋賀県が公表した独自の試算結果が波紋を広げている。(2016/10/18)

空前の「ネコブーム」到来:
「理解難しい」――日本のネコブームに海外メディアは冷ややか
日本の「ネコブーム」に外国メディアも注目。和歌山電鉄貴志駅のネコ駅長「たま」や、大阪・心斎橋の「ネコビル」などを詳しく紹介している。中でも中国メディアは熱心だが、日本のネコブームについて「外国人には理解が難しい」などの冷ややかな見方も。(2016/10/5)

絶好調のライブイベント産業と、進むコンテンツの「ライブ・シフト」
よく分からないことはプロに聞いてみようシリーズ。今回は、弁護士の福井健策氏が、この数年の勢いが止まらないライブイベント市場の課題を考えます。(2016/10/4)

電力供給サービス:
火力発電の稼働率をIoT×AIで改善、東京電力と三菱日立のノウハウを組み合わせ
電力会社とプラントメーカーによる火力発電設備の運用支援サービスが始まる。東京電力フュエル&パワーと三菱日立パワーシステムズが提携して、国内外の火力発電所を対象に新サービスの事業化に乗り出した。最先端の情報技術を駆使して稼働率を高め、燃料費とCO2排出量の削減を支援する。(2016/10/3)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR収益増の秘策「JRデスティネーションキャンペーン」に新たな展開?
旅行会社を対象に優秀な鉄道旅行企画を表彰する「鉄旅オブザイヤー」は、今年度から一般部門「ベストアマチュア賞」を創設した。応募条件は「JRデスティネーションキャンペーンをからめた旅行企画」だ。このJRデスティネーションキャンペーンは地域観光に絶大な効果があるのだが……。(2016/9/30)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
早くも“銭闘”モード? 日本ハム、優勝しても素直に喜べない2人の「年俸問題」
北海道日本ハムファイターズが、パ・リーグ優勝を成し遂げた。昨晩は選手もファンも勝利の美酒に酔いしれていたと思うが、球団側にはこの優勝を素直に喜べない懸念材料があるのだ。それは……。(2016/9/29)

新人記者(オタク女子)が行く:
25年ぶりのリーグ優勝に抱く思いは? アラフォー広島カープファン座談会
25年ぶりのセ・リーグ優勝を果たしたプロ野球の広島東洋カープ。ファンの歓喜はもちろん、経済効果は331億4916万円にも上るという盛り上がりぶりです。アラフォーのカープファンに、カープの魅力や野球観戦の楽しさについて語ってもらいました。(2016/9/26)

新人記者(応援団長)が行く:
東京五輪よりも大きい“ネコ”の経済効果 なぜいまブームなのか
いま、史上空前のネコブームが巻き起こっている。なぜいまブームなのか。そして、ネコにはどのくらいの経済効果があるのか。“ミスター経済効果”こと宮本名誉教授(関西大学)に話を聞いた。(2016/9/20)

アニメ聖地の観光促進団体「アニメツーリズム協会」設立、聖地88カ所をオフィシャル化 
国内及び外国人観光客を対象に広域観光ルートを発信していくとしています。(2016/9/17)

米Appleの税金は誰のもの? EUが追徴課税を命じると、オバマ政権が猛反発し……
米Appleの納税実態をめぐって国際的な論争が沸き上がっている。EUがアイルランド政府に対し、Appleに追徴課税を命じるよう求めたが、アイルランド政府は拒否。オバマ政権も異議を申し立てている。(2016/9/15)

広島カープ優勝、経済効果は331億円 宮本名誉教授が算出
今年の広島東洋カープ優勝による経済効果は331億4916万円――関西大学の宮本勝浩名誉教授が算出。(2016/9/13)

TDR、ライバル上海開業も絶好調 中国客争奪「おもてなし」で商機
東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドの業績が、6月の上海ディズニーランドの開園という「逆風」にも関わらず好調だ。(2016/9/8)

増収増益:
TDR、日本流おもてなしで絶好調 来場者数も2年ぶり増の見通し
東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドの業績が、6月の上海ディズニーランドの開園という「逆風」にも関わらず好調だ。日本流のおもてなしで、実体験にお金を使う“コト消費”を喚起している。(2016/9/7)

新人記者(応援団長)が行く:
「SMAP」解散による経済損失はどのくらい?
先月に解散を発表した国民的アイドルグループ「SMAP」――。解散による経済損失はどのくらい? 「AKB48」が解散するよりもインパクトが大きい? 関西大学の宮本勝浩名誉教授(経済学者)に聞いた。(2016/9/5)

ハギーのデジタル道しるべ:
踊るFinTech 夢中な金融機関とごう慢なITベンチャーの投資話から
さまざまな業界がFinTechに夢中だが、その熱があまりに過ぎると痛い目に遭うだろう。筆者が実際に見たITベンチャーへの投資に対する金融機関の無謀ぶりをご紹介する。(2016/9/2)

天皇陛下「お気持ち」表明――ネット社会が初めて迎える「元号変更」は2000年問題の再来か
天皇陛下の「生前退位」が現実になった際に、並行して行われるとみられる「改元」。インターネットが当たり前になった時代に改元は、どのような社会的影響を及ぼすのだろうか。(2016/9/2)

「赤字覚悟」に二言なし:
USJ、赤字覚悟の投資? 「夏休みに子供無料」大盤振る舞い
テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」が夏休み期間限定で、関西2府4県に住む子供たちの入場料を無料にするキャンペーンを展開。開業15周年の記念企画で、「地域の皆さんへの感謝の気持ち」が実施の理由だという。(2016/8/2)

「赤字覚悟」 USJ「夏休みに子供無料」大盤振る舞い……常識外れの秘策に計算も
USJが夏休み期間限定で、関西の子供たちの入場料を無料にするキャンペーンを展開。その裏には、常識を越えたUSJならではの戦略も。(2016/8/1)

「ピカチュウ見せれば10%引き」の店も 「Pokemon GO」1週間、ビジネスチャンスもトラブルも
Pokemon GOの国内配信開始から1週間。経済効果を見込む企業などがある一方、操作に気を取られた交通事故が相次ぐなど、波紋も広がっている。(2016/7/29)

繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:
無名な店ばかりなのに、客が集まる商業施設が浅草にあった
消費者の目が厳しくなった今、単に安くて良いものが買えるというだけでは繁盛店にはなりません。そうした中、昨年12月に開業したばかりの東京・浅草の商業施設は、なぜ連日のように大勢の人たちで賑わっているのでしょうか。その理由を探ります。(2016/7/28)

R25スマホ情報局:
「ポケGO」トレード機能でリアルロケット団出現?
「ポケモンGO」に、トレード機能が追加されることが報じられ、賛否両論の大騒ぎとなっている。(2016/7/27)

ジョーシス:
開発大好きな情シス女子、便利なツールでみんなに喜んでもらいたい! 松隈恭子さん
情シスとして働く女子の仕事やライフスタイルに迫る、情シス女子シリーズ。今回登場するのは、スマートエネルギー関連の部署で情シスとして働く松隈恭子さん。クライミングにハマり、登れるようになっていく過程や登りきったときの達成感が病みつきになったという彼女の情シスライフは?(2016/7/22)

4000万人の外国人訪日客がやってくる:
専門家に聞く 2020年に勝ち残るインバウンド戦略とは
2020年、4000万人の外国人訪日客がやってくる――多くの企業や自治体がいま、このビッグチャンスを何とかものしようと模索している。インバウンドで成功するためにはどうすればいいのか。本特集では、さまざまな角度からそのヒントを追いかけていく。(2016/7/5)

医療機器ニュース:
介護業務の効率を約30%向上、コニカミノルタのケアサポートソリューション
コニカミノルタジャパンは2016年6月29日、東京都内で会見を開き、事業方針を説明した。ヘルスケア関連では、介護事業者の業務を効率化できる「ケアサポートソリューション」の展開に注力する方針である。(2016/7/1)

越で電子決済取引が拡大 過去5年の経済効果8.8億ドル
ベトナムは、クレジットカードやデビットカードなどを利用した電子決済取引が拡大している。(2016/6/23)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
地方鉄道存続問題、黒字化・公営化・貢献化ではない「第4の道」とは?
赤字事業は廃止、赤字会社は解散。資本主義ではそれが正しい判断だ。しかし鉄道やバスなどの交通事業では簡単に割り切れない。沿線住民や観光客の足として地域に貢献するという「公共性」が問われる。ただし、存続のための選択肢はわずかしかない。(2016/6/17)

客の露出行為で男根型モニュメントを自粛した奇祭「かなまら祭」 2016年度の改善に見る、神事存続への想い
男根型のお神輿が好奇の目を引く奇祭――存続のために神社が重ねている工夫。(2016/4/7)

「雪害」から「利雪」へ:
次世代データセンターは新潟に経済効果をもたらすか?
いま新潟県で官民一体のデータセンターが相次いで新設されようとしている。なぜ新潟なのか? そこには他の地方ではなかなか実現が難しい理由があった。(2016/4/4)

消費電力そのままで2倍速い「次世代Bluetooth」の離陸が迫る
IoTの根幹をなす「接続」に寄与する技術の1つがBluetoothだ。現在、Bluetooth SIGでは「通信範囲の拡大」「最大2倍の高速化」「メッシュネットワーク対応」の準備を進めている。(2016/3/30)

リード3200MB/秒!:
5コアコントローラ+第3世代V-NANDの新製品も――日本サムスンが最新SSDを展示
日本サムスンが「2016 Samsung SSD Forum, Japan」を開催。2016年春の投入が見込まれる最新SSDを披露した。(2016/2/25)

Amazonに猫用品ストアがオープン! バイヤー選りすぐりの約2万6000点を展開
Amazon「にゃーーにょににゃーごにょにゃあにゃんにゃごにゃーーにょににゃぁ」(2016/2/22)

来週話題になるハナシ:
チョコだけでは限界? 日本のバレンタイン市場
今年も「バレンタインデー」が嵐のように過ぎ去った。百貨店やスーパーなどではチョコレートがたくさん並んでいたが、経済効果を考えるとそろそろチョコだけでは“限界”にきているのではないだろうか。(2016/2/17)

自然エネルギー:
再生可能エネルギーで世界のGDPを0.6%押し上げ、日本は+2.3%でトップ
全世界を対象に再生可能エネルギーの導入を推進する国際機関が経済効果を初めて試算した。世界のエネルギー消費量に占める再生可能エネルギーの比率を2倍に拡大させると、GDPが0.6%上昇する結果になった。2030年には再生可能エネルギー分野の雇用者数が2000万人を突破する。(2016/1/20)

電力供給:
エネルギー事業で地域に貢献、「新電力おおいた」が高圧向けに電力供給
2016年4月からはじまる電力の小売全面自由化を前に、全国各地で地域新電力会社が発足している。大分県由布市に本拠を置く新電力おおいたは、エネルギーの地産地消や再生可能エネルギーの普及促進に貢献して地域活性化を目指している。2016年4月からは高圧需要家向けの電力供給を開始する計画だ。(2016/1/5)

自動運転技術:
「バブル」に沸いた自動運転は「サスティナブル」になれるのか
自動運転元年ともいうべきさまざまなことが世界各地で起こった2015年。自動運転「バブル」と言ってもいいほどの過熱ぶりだが、今の動きは話して「サスティナブル(持続可能)」なものになっているのだろうか。(2015/12/22)

こだわりバカ:
自治体のキャッチコピーは、なぜ“メルヘン化”してしまうのか
自治体のキャッチコピーといえば、あってもなくても同じ空気のような存在の言葉ばかり。筆者の川上氏は、自治体のコピーは空気化し、メルヘン化するケースがあるという。その理由は……。(2015/12/22)

経沢香保子の「ベンチャー魂は消えない」:
「女性が輝く社会」実現に向けて、私が使命感を持つ理由
「女性がもっと活躍できる世の中を作りたい」。この思いを胸にずっと走り続けてきた。度重なる人生の困難も乗り越えてきた。なぜならば、私がやらなくてはならないという使命感があるからだ。(2015/12/9)

ポイントは消費行動の分析
訪日外国人「年間4兆円の購買力」を売りにつなげるには?
訪日外国人の急増というビジネスチャンスを小売業・流通企業はもうけにつなげることができるのか。鍵は外国人の消費行動分析だ。「訪日前」「訪日中」「帰国後」という3つの切り口から売上向上のヒントを紹介する。(2015/12/4)

おおたオープンファクトリーとは(前編):
「地域の人の誇りに」大田区の町工場から始まる町づくり
町工場を観光資源として考える理由やオープンファクトリーを開催するまでの経緯、関連する取り組みや将来像などを関係者に聞いた。(2015/11/27)

来週話題になるハナシ:
なぜマラソンビジネスが巨大化しているのか
いま、米国ではマラソンがとんでもない盛り上がりを見せている。国際的に有名なニューヨークシティマラソンなどのほかに、国内で約1200もの大会が開催されている。マラソン大会が増え続けている背景を調べてみると……。(2015/11/27)

調査リポート:
国内のフラッシュストレージ市場が急成長――その要因は?
IDCジャパンは、国内のエンタープライズ向けストレージシステムの市場実績と2019年までの予測を発表した。フラッシュメモリを利用したストレージの2014年の売上高は対前年比58.1%増の137億8000万円で、2015年は同42.5%増の196億3600万円を見込む。2014〜2019年の年間平均成長率は27.1%で、2019年には457億4500万円に達すると予測する。(2015/11/25)

次世代生産技術:
3Dプリンタは製造装置の一角へ、生産プロセス変革を巻き起こす積層造形技術
ドイツ貿易・投資振興機関は今回で11回目となる「日独産業フォーラム 2015」を開催。今回は注目を集めるインダストリー4.0を背景としつつ、テーマを「次世代生産技術」とし、3Dプリンタを中心とした積層造形技術による製造プロセスの変化などについて紹介した。本稿では、ドイツのフラウンホーファーIWU(工作機械・成形技術研究所)所長のヴェルフーグントラム・ドロッセル氏の基調講演の内容とインタビューをお伝えする。(2015/11/11)

日本式イノベーションの起こし方:
<新連載>なぜ今、「イノベーション」が必要なのか?
スティーブ・ジョブズと日本企業の事例から紐解く組織の中からイノベーションを起こす方法。(2015/11/10)

スピン経済の歩き方:
なぜUSJは沖縄でテーマパークを造るのか 裏にオトナの事情アリ
USJを運営する株式会社ユー・エス・ジェイが、沖縄にテーマパークを造る計画を公表した。「沖縄でもハリーポッターみたいなアトラクションが楽しめる」と思うかもしれないが、その手の施設が造られることはない。なぜなら……。(2015/9/15)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。