ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「経済効果」最新記事一覧

越で電子決済取引が拡大 過去5年の経済効果8.8億ドル
ベトナムは、クレジットカードやデビットカードなどを利用した電子決済取引が拡大している。(2016/6/23)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
地方鉄道存続問題、黒字化・公営化・貢献化ではない「第4の道」とは?
赤字事業は廃止、赤字会社は解散。資本主義ではそれが正しい判断だ。しかし鉄道やバスなどの交通事業では簡単に割り切れない。沿線住民や観光客の足として地域に貢献するという「公共性」が問われる。ただし、存続のための選択肢はわずかしかない。(2016/6/17)

ウルトラマンシリーズは放送開始50周年:
70〜80年代の人気キャラが続々と復活する理由
ウルトラマンやウルトラセブン、仮面ライダー、おそ松くん。2016年に入って、昭和に一世を風靡した国民的な特撮ヒーローやキャラクターが、あらためて脚光を浴びている。(2016/5/10)

近畿なのか、それとも東海? サミット迎える三重県の憂鬱
5月下旬の伊勢志摩サミットの舞台となる三重県は、近畿や東海以外の人にとってはなじみの薄い県だろう。だが、伊勢神宮、松阪牛、鈴鹿サーキット……と全国区のブランドは数多い。(2016/4/27)

客の露出行為で男根型モニュメントを自粛した奇祭「かなまら祭」 2016年度の改善に見る、神事存続への想い
男根型のお神輿が好奇の目を引く奇祭――存続のために神社が重ねている工夫。(2016/4/7)

「雪害」から「利雪」へ:
次世代データセンターは新潟に経済効果をもたらすか?
いま新潟県で官民一体のデータセンターが相次いで新設されようとしている。なぜ新潟なのか? そこには他の地方ではなかなか実現が難しい理由があった。(2016/4/4)

消費電力そのままで2倍速い「次世代Bluetooth」の離陸が迫る
IoTの根幹をなす「接続」に寄与する技術の1つがBluetoothだ。現在、Bluetooth SIGでは「通信範囲の拡大」「最大2倍の高速化」「メッシュネットワーク対応」の準備を進めている。(2016/3/30)

億単位の経済効果にも期待:
2020年東京五輪控え――トップアスリートを採用する企業が増加
五輪開催を控え、スポーツ選手を社員として雇用・支援する企業が増えてきた。選手は活動資金の確保と引退後の生活設計も描けるほか、企業にとっても実業団チームを持つほどコストをかけずに支援できるとあって、さまざまな効果が期待できそうだ。(2016/3/23)

リード3200MB/秒!:
5コアコントローラ+第3世代V-NANDの新製品も――日本サムスンが最新SSDを展示
日本サムスンが「2016 Samsung SSD Forum, Japan」を開催。2016年春の投入が見込まれる最新SSDを披露した。(2016/2/25)

Amazonに猫用品ストアがオープン! バイヤー選りすぐりの約2万6000点を展開
Amazon「にゃーーにょににゃーごにょにゃあにゃんにゃごにゃーーにょににゃぁ」(2016/2/22)

彼女いらない「猫男子」急増中らしい
猫の特集本が飛ぶように売れ、猫に心を奪われた1人暮らしの「猫男子」が急増中だ。「ネコノミクス」と呼ばれる猫グッズの売り上げなどがもたらす経済効果は約2兆3000億円と試算されている。(2016/2/19)

来週話題になるハナシ:
チョコだけでは限界? 日本のバレンタイン市場
今年も「バレンタインデー」が嵐のように過ぎ去った。百貨店やスーパーなどではチョコレートがたくさん並んでいたが、経済効果を考えるとそろそろチョコだけでは“限界”にきているのではないだろうか。(2016/2/17)

自然エネルギー:
再生可能エネルギーで世界のGDPを0.6%押し上げ、日本は+2.3%でトップ
全世界を対象に再生可能エネルギーの導入を推進する国際機関が経済効果を初めて試算した。世界のエネルギー消費量に占める再生可能エネルギーの比率を2倍に拡大させると、GDPが0.6%上昇する結果になった。2030年には再生可能エネルギー分野の雇用者数が2000万人を突破する。(2016/1/20)

電力供給:
エネルギー事業で地域に貢献、「新電力おおいた」が高圧向けに電力供給
2016年4月からはじまる電力の小売全面自由化を前に、全国各地で地域新電力会社が発足している。大分県由布市に本拠を置く新電力おおいたは、エネルギーの地産地消や再生可能エネルギーの普及促進に貢献して地域活性化を目指している。2016年4月からは高圧需要家向けの電力供給を開始する計画だ。(2016/1/5)

自動運転技術:
「バブル」に沸いた自動運転は「サスティナブル」になれるのか
自動運転元年ともいうべきさまざまなことが世界各地で起こった2015年。自動運転「バブル」と言ってもいいほどの過熱ぶりだが、今の動きは話して「サスティナブル(持続可能)」なものになっているのだろうか。(2015/12/22)

こだわりバカ:
自治体のキャッチコピーは、なぜ“メルヘン化”してしまうのか
自治体のキャッチコピーといえば、あってもなくても同じ空気のような存在の言葉ばかり。筆者の川上氏は、自治体のコピーは空気化し、メルヘン化するケースがあるという。その理由は……。(2015/12/22)

経沢香保子の「ベンチャー魂は消えない」:
「女性が輝く社会」実現に向けて、私が使命感を持つ理由
「女性がもっと活躍できる世の中を作りたい」。この思いを胸にずっと走り続けてきた。度重なる人生の困難も乗り越えてきた。なぜならば、私がやらなくてはならないという使命感があるからだ。(2015/12/9)

ポイントは消費行動の分析
訪日外国人「年間4兆円の購買力」を売りにつなげるには?
訪日外国人の急増というビジネスチャンスを小売業・流通企業はもうけにつなげることができるのか。鍵は外国人の消費行動分析だ。「訪日前」「訪日中」「帰国後」という3つの切り口から売上向上のヒントを紹介する。(2015/12/4)

おおたオープンファクトリーとは(前編):
「地域の人の誇りに」大田区の町工場から始まる町づくり
町工場を観光資源として考える理由やオープンファクトリーを開催するまでの経緯、関連する取り組みや将来像などを関係者に聞いた。(2015/11/27)

来週話題になるハナシ:
なぜマラソンビジネスが巨大化しているのか
いま、米国ではマラソンがとんでもない盛り上がりを見せている。国際的に有名なニューヨークシティマラソンなどのほかに、国内で約1200もの大会が開催されている。マラソン大会が増え続けている背景を調べてみると……。(2015/11/27)

調査リポート:
国内のフラッシュストレージ市場が急成長――その要因は?
IDCジャパンは、国内のエンタープライズ向けストレージシステムの市場実績と2019年までの予測を発表した。フラッシュメモリを利用したストレージの2014年の売上高は対前年比58.1%増の137億8000万円で、2015年は同42.5%増の196億3600万円を見込む。2014〜2019年の年間平均成長率は27.1%で、2019年には457億4500万円に達すると予測する。(2015/11/25)

次世代生産技術:
3Dプリンタは製造装置の一角へ、生産プロセス変革を巻き起こす積層造形技術
ドイツ貿易・投資振興機関は今回で11回目となる「日独産業フォーラム 2015」を開催。今回は注目を集めるインダストリー4.0を背景としつつ、テーマを「次世代生産技術」とし、3Dプリンタを中心とした積層造形技術による製造プロセスの変化などについて紹介した。本稿では、ドイツのフラウンホーファーIWU(工作機械・成形技術研究所)所長のヴェルフーグントラム・ドロッセル氏の基調講演の内容とインタビューをお伝えする。(2015/11/11)

日本式イノベーションの起こし方:
<新連載>なぜ今、「イノベーション」が必要なのか?
スティーブ・ジョブズと日本企業の事例から紐解く組織の中からイノベーションを起こす方法。(2015/11/10)

スピン経済の歩き方:
なぜUSJは沖縄でテーマパークを造るのか 裏にオトナの事情アリ
USJを運営する株式会社ユー・エス・ジェイが、沖縄にテーマパークを造る計画を公表した。「沖縄でもハリーポッターみたいなアトラクションが楽しめる」と思うかもしれないが、その手の施設が造られることはない。なぜなら……。(2015/9/15)

ホワイトペーパー:
NASAラングレー研究所の20万件を超える文書のスムーズな移行を可能にしたECMとは
NASAラングレー研究所は、航空試験の共同作業用文書管理ソリューションのリプレースを決定。3000人の共同作業環境、800件のサイトと20万件のドキュメントの移行をスムーズに行ったECMの実力を探る。(2015/9/7)

自然エネルギー:
バイオマスで「創造的復興」を果たす、生ごみから電力・温水・肥料を作る
宮城県の南三陸町が「バイオマス産業都市」に生まれ変わろうとしている。地域の資源を生かしたバイオガス事業と木質ペレット事業を中核に、新たな産業で雇用を創出する「創造的復興」を推進していく。町内で発生する生ごみを利用したバイオガス発電が第1弾として2015年内に始まる。(2015/8/28)

コスプレ、特撮、同人……オタクの実態を描いたマンガ10選
夏コミ前にオタクたちが主人公のマンガを集めてみました。オタク文化に興味はあるけれど薄くしか知らない、という人のための用語集つきです。(2015/8/13)

スピン経済の歩き方:
「野蛮人」と蔑まれていた日本人観光客が「世界一」になったワケ
訪日外国人のマナーの悪さを取り上げる報道が増えてきた。「外国人に比べて日本人はマナーが良い」と思うかもしれないが、今から30年ほど前、海外から日本人観光客のマナーの悪さが問題視されていたのだ。例えば……。(2015/8/4)

AllSeen Alliance:
激化する“IoTの陣取り合戦”欠けているのは「共通言語」
IoTの未来像として、「いろいろなデバイスがシームレスにつながり、簡単に操作できる」様子が挙げられるが、AllSeen Allianceのディレクターはそのために必要なのは「共通言語だ」という。(2015/7/31)

最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介
「Windows XP」ほどのインパクトはない「Windows 10」
7月29日、ついに提供が開始された「Windows 10」。もうアップグレードはお済みでしょうか。最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介します。(2015/7/31)

勝ち抜くための組織づくりと製品アーキテクチャ(6):
製品アーキテクチャの基礎(前編)
今回から、いよいよ製品アーキテクチャの基本に入る。ここでは、分かりやすいように、自動車産業におけるモノづくりを知ることから始めたい。その後、製品アーキテクチャの種類と概要を紹介する。そのうちの1つは、日本の電機メーカーが本来“得意だった”はずのものだ。(2015/7/21)

マネーの達人:
マイナンバー制度で“ふるい”にかけられる保険代理店
「マイナンバー」とは複数点在する個人の情報を1つにまとめるためのもので、2016年1月にスタートする予定です。今回は、マイナンバー制度による保険業界への影響を考えてみます。(2015/7/17)

水曜インタビュー劇場(観光公演):
日本人のここがズレている! このままでは「観光立国」になれません
「訪日客が1300万人を突破」といったニュースを目にすると、「日本は観光立国になったなあ」と思われる人もいるだろうが、本当にそうなのか。文化財を修繕する小西美術工藝社のアトキンソン社長は「日本は『観光後進国』だ」と指摘する。その意味とは……。(2015/7/15)

エネルギーで困らない社会へ:
宇宙で太陽光発電して、マイクロ波で地上に! 20年後の実用化を目指すSPS
宇宙空間に太陽電池を設置し、マイクロ波で地上に送電する。そうすれば天候に左右されることなく、24時間、安定した太陽光発電が可能だ――。京都大学の篠原真殻教授が、“エネルギーに困らない社会”を目指す、壮大な「宇宙太陽発電所(SPS)構想」を語った。(2015/7/14)

“領収書の手貼り”をやめれば「年6000億円のコスト削減」 改正e文書法のインパクト
領収書を“のりで貼って提出する”手間や、原本保管のコストがなくなれば、日本全体で6000億円のコスト削減になる――。こう話すのはコンカー取締役の三村真宗氏。e文書法のさらなる改正で、それが実現する日も遠くないようだ。(2015/6/22)

PR:小水力発電の「欠点」を利点に変える、地域と育つエコスタイル
地域内の再生可能エネルギーを活用した電力事業が生む経済効果を地域のなかで循環させる。エコスタイルはこのような事業を、地域と協力しながら小水力発電を利用して進めようとしている。このとき重要なことは2つあるという。小水力発電所の規模と、新電力事業との融合だ。(2015/6/18)

自然エネルギー:
1万2000人の雇用創出へ、再生可能エネルギーの産業化を加速する「九州モデル」開始
再生可能エネルギー産業を九州地域の新たな経済発展の原動力にしようという動きが進んでいる。九州地域戦略会議が具体的なアクションプランを固めた。産業化に向け「地熱・温泉熱」「海洋」「水素」の3つ分野に分かれて取り組みを進め、2030年時点(単年)で5400億円の経済効果と1万2000人の新規雇用の創出を目指す。(2015/6/11)

低電力消費とハイパフォーマンスコンピューティングの両立に向けて:
PR:早稲田大学 笠原研究室がIBM POWERに注目した理由
低消費電力かつハイパフォーマンスコンピューティング環境を――いま、早稲田大学笠原研究室が取り組む技術に産業界の注目が集まっている。この取り組みの中で笠原研究室は、IBM Power Systemsに搭載されているプロセッサーである「POWER」に注目し、POWERを用いたオープンな開発コミュニティ「OpenPOWER Foundation」に加入したという。編集部では、笠原氏の研究の狙いと、コンピューティング環境の将来像について直接取材する機会を得た。(2015/6/1)

ホワイトペーパー:
大手調査会社が徹底検証 最新ストレージOSによるクラウドインフラのコスト削減効果
米大手調査会社のForrester Consultingが、最新ストレージOSを使用したクラウドインフラソリューションの投資対効果(ROI)を徹底調査。「16カ月という短期間での投資回収」を実現できる理由を公表する。(2015/5/28)

国際CIO学会10周年記念講演会:
日本再興戦略の成功と超高齢社会の問題解決――鍵になる女性の活躍とICTの活用
国際CIO学会創立10周年記念公開講演会「日本経済社会の未来」のセッションでは、「超高齢社会における女性とICT」をテーマにパネルディスカッションが行われた。(2015/5/19)

世界を「数字」で回してみよう(15) ダイエット:
人類は、“ダイエットに失敗する”ようにできている
今回から新シリーズとしてダイエットを取り上げます。ダイエット――。飽食の時代にあって、それは永遠の課題といっても過言ではないテーマになっています。さて、このダイエットにまつわる「数字」を読み解いていくと、実に面白い傾向と、ある1つの仮説が見えてきます。(2015/5/14)

カーテレマティクスの事例から学ぶ:
製造業向けIoT活用入門
IoT(Internet of Things:モノのインターネット)に注目が集まる一方で、製造業がIoTを活用するための道筋は見えづらい状態にある。本稿では、幾つかの代表的なIoTの活用シーンを紹介するとともに、自動車向けテレマティクス(カーテレマティクス)を具体的な事例として、製造業がIoTから得られるメリットについて解説する。(2015/5/11)

自然エネルギー:
沖縄南部に出力1MWのメガソーラー、環境教育への活用も推進
沖縄県南部に位置する糸満市内の遊休地に、出力約1039kWのメガソーラー「糸満ソーラーウェイ」が完成した。琉球国際航業が建設を担当し、一般家庭で約350世帯分に相当する電力を供給する。今後は同施設を環境教育にも活用していく方針だ。(2015/4/20)

新連載・杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
クラウドファンディングで鉄道遺産を守れ!
ビジネスのスタート資金調達として定着しつつある「クラウドファンディング」が、鉄道分野でも活用されている。北海道では有志が電車の保存を呼び掛けて、3日間で300万円以上を集めた。(2015/4/3)

ゲームと融合・新しい観光の可能性 岩手県の「Ingress」活用、その成果は
岩手県庁が職員有志による「Ingress活用研究会」の報告書を発表した。自治体が主体となって活用する際のポイントや課題をまとめている。(2015/3/27)

人に話したくなるコラム:
「サマータイム」がもたらす1年で“最も危険な日”
米国では3月に、1年で「最も危険」と言われる日がやってくる。その日とは、「デイライトセービングタイム」(サマータイム)が開始された直後の月曜日のこと。この日は、交通事故や職場でのケガなどが、増加するのだ。(2015/3/26)

2020年に向け東京を世界一魅力的な都市に――「NeXTOKYO」
2020年に開催される東京オリンピック&パラリンピック。この機会に東京にどんな投資を行い、将来の発展につなげるか。「世界から人材・資本が集まり、世界と共創するTOKYO」をテーマとする、東京の将来都市ビジョンを紹介する。(2015/3/25)

人に話したくなるコラム:
米国で盛り上がっている、コンベンションビジネス最新事情
展示会などを行うコンベンションビジネスが、いま米国で盛り上がっている。周辺にはホテルやアウトレットモールなどが建設され、地元経済を活性化する起爆剤になっているのだ。そんなドル箱ともいえるコンベンションビジネスの最新事情を紹介する。(2015/2/24)

Weekly Memo:
東京五輪スポンサーの富士通とNECに求められる「グローバルブランド力」
富士通とNECが2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックのスポンサーに就いた。両社にとってはこれを機に「グローバルブランド力」を向上させたいところだ。(2015/2/23)

杉山淳一の時事日想:
赤字で当然、並行在来線問題を解決する必要はない
並行在来線問題の本質は「新幹線の開通によって赤字になる路線を自治体が引き受ける」という枠組みだ。しかしこれは間違った見方だ。実は、整備新幹線の条件に、自治体による並行在来線の「運営義務」はない。廃止したって構わない。根本的に解決するなら、枠組みを変えるしかない。(2015/1/30)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。