ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「フラッグシップ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「フラッグシップ」に関する情報が集まったページです。

OPPOの新フラグシップ「Find X」は切り欠きなし、スライド式カメラで画面占有率93.8%
OPPOが新フラグシップ「Find X」を発表。切り欠きなしで、スライド式カメラと顔認証によるロック解除機能を採用することで画面占有率93.8%を実現した。この端末で欧州市場に進出し、ランボルギーニモデルを1699ユーロ(約21万7000円)で発売する。(2018/6/21)

約20年ぶり復活:
BMW、最上級クーペ「8シリーズ」正式発表
BMWがクーペのフラッグシップ「8シリーズ」を正式発表。(2018/6/18)

PR:モバイルPCの傑作機 「HUAWEI MateBook X Pro」の魅力に迫る
ファーウェイの「HUAWEI MateBook X Pro」は、工芸品のように美しいデザインと先進テクノロジーを融合したフラグシップモバイルノートPCだ(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2018/6/15)

Vivo、切り欠きなしで画面占有率91%超、ポップアップカメラの「NEX」
中国Vivoが6.59型(アスペクト比19.3:9)のフラグシップ端末「Vivo NEX」を発表した。ベゼルレス(画面占有率91.24%)を実現するために、フロントカメラをポップアップ式にし、指紋認証センサーとスピーカーは画面内に設置した。(2018/6/14)

Xiaomiの新フラグシップは切り欠きありの「Mi 8」ハイエンドは3D顔認識搭載
8周年を迎えた中国Xiaomiが新フラグシップ端末「Mi 8」を発表した。6.21型ディスプレイは切り欠き付き。ハイエンドの「Mi 8 Explorer Edition」はディスプレイ内指紋認証センサー、「Face ID」のような3D顔認識機能も搭載する。(2018/6/1)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
フロントデュアルカメラの「Galaxy A8(2018)」がアジア女子に人気らしい
日本でも発売された「Galaxy S9」と「S9+」はサムスン電子のフラグシップモデルです。ところがこの2機種よりも一部の機能がより高性能なモデルが存在します。それが「Galaxy A8(2018)」と「Galaxy A8+(2018)」です。(2018/5/31)

セダンを選ぶクルマ好きに:
「セダンを大切にしている」 マツダの「アテンザ」大幅改良
マツダは、主力モデル「アテンザ」(セダン・ワゴン)を大幅改良。スポーツタイプ多目的車(SUV)の需要が拡大する中、フラッグシップセダンの新型アテンザを投入し、顧客層の再拡大を狙う。(2018/5/24)

HTCの「U12+」は両面デュアルカメラで「切り欠き」なし
HTCがフラグシップ端末「HTC U12+」を発表した。両面デュアルカメラで、背面カメラは10倍のデジタル望遠も可能。切り欠きはない。(2018/5/24)

PR:エンタメ向けタブレットがさらに進化 「HUAWEI MediaPad M5/M5 Pro」徹底レビュー
ファーウェイに最新フラグシップタブレットが登場。高精度なペン入力に対応したモデルも登場し、エンタメ向けタブレットがさらに進化した(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2018/5/18)

6.3型切り欠きOLEDディスプレイのハイエンド端末「OnePlus 6」、529ドルで発売へ
中国OnePlusがハイエンドのフラッグシップ端末「OnePlus 6」を米国などで発売する。約6.3型有機ELディスプレイは切り欠き付き。Snapdragon 845搭載で、価格は529ドルからだ。(2018/5/17)

LGの新フラグシップ「G7 ThinQ」──“切り欠き”、「Googleアシスタント」ボタン、AIカメラ
LG Elecgronicsが新フラグシップAndroidスマートフォン「LG G7 ThinQ」を発表した。6.1型のディスプレイは(見えなくすることもできる)“切り欠き”付きで画面比19.5:9。側面には「Googleアシスタント」専用ボタンがある。(2018/5/5)

うっとりするカッコよさ レクサスが上質セダン「ES」を国内初投入 2018年秋発売へ
フラッグシップ「LS」に次ぐ上級セダン、「運転する高揚感」なども演出。(写真57枚)(2018/5/1)

ロジクールからeスポーツ向けフラッグシップキーボード「G512」登場 2種類のスイッチで展開
ゲーミングブランド「ロジクールG」シリーズに、フラッグシップモデルキーボード「G512」と、LIGHTSYNC対応ゲーミングスピーカー「G560」が加わった。(2018/4/25)

都会派の「X-T2」にアクティブ派の「X-H1」 富士フイルムの新フラグシップはどう違う?
富士フイルムのミラーレス一眼といえば、「X-T2」と「X-Pro2」のダブルフラッグシップと思われていたわけだが、その上を行く新たなフラッグシップ機が誕生した。それが「X-H1」だ。(2018/4/24)

「HUAWEI P20 Pro」のカメラは何が変わったのか? 実機をいち早く使ってみた
Huaweiが新しいフラグシップスマートフォン「P20」と「P20 Pro」を発表。画像センサーを大型化し、低光量での撮影画質が向上。さらに、HUAWEI P20 Proは初めてトリプルレンズを搭載するなど、大幅な性能強化が図られている。(2018/3/30)

Mobile World Congress 2018:
ASUS、“切り欠き”狭額縁でAI搭載の「ZenFone 5Z」他3モデル発表
ASUSが新フラッグシップ端末「ZenFone 5」の3モデルとバッテリーの持ちが特徴の「ZenFone Max M1」を発表した。ZenFone 5とZenFone 5Zは、5.5型相当のボディに6.2型で「iPhone X」のような“切り欠き”のあるディスプレイを搭載。5Zは479ユーロ(約6万円)から。(2018/2/28)

ソニー、フルサイズミラーレス「α7 III」 “ベーシックモデル”をうたうもフラグシップ同等の性能 23万円で3月発売
ソニーは、ミラーレス一眼カメラ「α7 III」を発表した。拡張ISO感度204800への対応や、693点の像面位相差AF、コンティニュアスAFモードでの瞳AF、メカシャッターで最大約10コマ/秒の連写などが特徴。3月23日にオープンプライスで販売を開始する。ボディーのみの市場想定価格は23万円前後(税別、以下同様)、「FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS」とのレンズキットは25万円前後。3月2日から予約を受け付ける。(2018/2/27)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
“ライカ品質”の差はどれだけある? Huawei「Mate 10 Pro」と「Mate 10 lite」で撮り比べ
日本で発売されているHuaweiのMate 10シリーズは、フラグシップの「Pro」とミッドレンジの「lite」の2種類がある。どちらも背面にはデュアルカメラを搭載しているが、画質はどれだけ違うのだろうか。さまざまなシーンで撮り比べてみた。(2018/1/28)

「Galaxy S9」(仮)の発表は2月25日、バルセロナで
Samsung Electronicsが、Galaxyシリーズの次期フラグシップ端末を2018 MWC開催に合わせ、2月25日にバルセロナで発表する。告知GIFには「9」「Camera」の文字がある。(2018/1/25)

特選プレミアムコンテンツガイド
「Xperia XZ Premium」と「Galaxy Note8」を比較 最強Androidスマホはどっち?
Androidスマートフォンの2大巨頭、「Xperia」シリーズと「Galaxy」シリーズ。それぞれの旗艦モデル「Xperia XZ Premium」と「Galaxy Note8」を徹底レビューする。(2018/1/19)

デトロイトモーターショー2018:
レクサスの次世代SUV「LF-1 Limitless」、縦横は「LX」並みで高さは「NX」以下
トヨタ自動車は、「北米国際自動車ショー2018」において、レクサスブランドのフラグシップ・クロスオーバーのコンセプトモデル「LF-1 Limitless」を初公開した。(2018/1/17)

CES 2018:
“HDR”対応でより深みのある映像表現――「ThinkPad X1」ファミリーの2018年モデルが登場
ThinkPadのフラグシップを担う「ThinkPad X1」ファミリーの2018年モデルが登場する。「X1 Carbon」と「X1 Yoga」は、一部構成がノートPC初となる「Dolby Vision」対応を果たした。(2018/1/9)

レノボ、フラグシップノート「Yoga 920」に“スター・ウォーズ”仕様のスペシャルモデル
レノボ・ジャパンは、映画「スター・ウォーズ」をモチーフにしたデザイン天板を採用する特別仕様ノートPC「Star Wars Special Edition Lenovo Yoga 920 Galactic Empire」を発売する。(2017/12/12)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
小田急ロマンスカー「GSE」が映す、観光の新時代
小田急電鉄は来春から導入する新型ロマンスカー70000形「GSE」を発表した。第1編成が3月から、第2編成は第1四半期早期の導入予定。製造はこの2本の予定だ。フラッグシップの特急を同じ車両で統一しない。小田急電鉄の考え方が興味深い。(2017/12/8)

「Galaxy S9/S9+」(仮)初披露は1月のCESに──エバン・ブラス氏
Samsungの次期フラグシップ端末「Galaxy S9/S9+」(仮)は、例年の3月の特別イベントより前に、1月のCESでも披露されると、VentureBeatのエバン・ブラス記者が報じた。S9+の背面カメラはデュアルになるとも。(2017/11/23)

後ろ姿でも人を追う――機械学習を活用したミラーレス一眼「G9 PRO」
パナソニックが「静止画フラグシップ」をうたう新しいミラーレス一眼「G9 PRO」にAI技術を導入。「人体認識」により、従来は難しかった「横を向いている人」や「人の後ろ姿」も追いかけることが可能になる。(2017/11/18)

“ミラーレス10年の集大成”はプロ向けの静止画フラグシップ――パナソニック「LUMIX G9 PRO」
パナソニックは“LUMIX”シリーズの静止画フラグシップと位置付ける「G9 PRO」を発表した。ミラーレス誕生から10年間の集大成。プロカメラマンやカメラ愛好家の撮影意欲をかき立て、撮影意図に応えるハイエンド機」(同社)という。(2017/11/16)

「ディスプレイ」「カメラ」「バッテリー」――大手キャリアのフラグシップスマホを購入する理由(前編)
MVNOが提供する「格安SIM」や、家電量販店で販売されている「格安スマホ」が世間の注目を集めるに至った今日この頃。そんな中でも、大手キャリア(MNO)のフラグシップスマートフォンを買う人も少なくない。何に魅力を感じて購入するのだろうか?(2017/11/14)

ドイツ“ヘッドフォン御三家”からもフラグシップが続々――「秋のヘッドフォン祭り」で海外ブランドをチェック!
恒例の「秋のヘッドフォン祭り」が開催された。とくに今回は、海外有名ブランドのハイエンドモデルが続々と登場。会場での音質レビューも含めてのリポートしよう。(2017/11/6)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
マツダCX-8 重さとの戦いを制した3列シートの復活
マツダが発表したSUVの国内フラッグシップモデルであるCX-8。このクルマの大きな存在価値である3列シートについて今回は意見を述べたいと思う。(2017/10/23)

車両デザイン:
レクサスの新型「LS」は、6ライトキャビンや匠の技で唯一無二のフラグシップに
トヨタ自動車は、レクサスブランドのフラグシップセダン「LS」を全面改良して2017年10月19日に発売した。税込み車両価格は980万〜1680万円。月間販売目標台数は600台だが、発表前に7600台を受注した。(2017/10/20)

ファストバックデザイン:
VW、新フラッグシップ「Arteon」国内発売
フォルクスワーゲンは、新型車「Arteon」(アルテオン)を10月25日に発売する。(2017/10/17)

東京モーターショー 2017:
レクサスは世界初公開のコンセプトカーなど12車種出展、販売間近の新型「LS」も
トヨタ自動車は、レクサスブランドで「第45回東京モーターショー 2017」において、フラグシップセダン「LS」の新モデルや世界初公開のコンセプトカーなど全12車種を出展する。コンセプトカーの詳細はプレスデー初日となる10月25日に公開される予定だ。(2017/10/4)

「Xperia」採用のバッテリー技術も搭載
徹底レビュー:6型軽量スマホ「LG V30」、韓国LGが自慢するデュアルカメラの実力は?
LG Electronicsの新型フラグシップモデル「LG V30」は、スマートフォンに求められるニーズに十分に応える機能や性能を備える。ハンズオンレビューでその実力を探る。(2017/9/16)

Xiaomi、18:9ベゼルレスでフルセラミックボディーの「Mi MIX 2 Special Edition」を約8万円で発売へ
Xiaomiが新フラグシップ端末「Mi MIX 2」を中国で発売する。18:9、5.99型のディスプレイは先代よりさらにベゼルレスに近くなり、Snapdragon 835/メモリ6GB/ストレージ64GBのエントリーモデルは3299元(約5万5000円)。(2017/9/12)

10月発売のiPhoneフラッグシップ、初回出荷数はジェットブラック以下?
発表直前に流れた複数の噂をお宝が鑑定する。(2017/9/11)

IFA 2017:
“6型最軽量”の新フラグシップ「LG V30」を実際に触ってみた 予想以上にコンパクト!
韓国LG ElectronicsがIFA 2017に先駆けて発表した新フラグシップ「LG V30」実機のハンズオンレポートをお届けする。(2017/9/6)

LGの新フラグシップ「V30」は“6型で最軽量”のOLED狭額縁端末
LG Electronicsが新フラッグシップ「V30」を発表した。狭額縁の角丸OELDディスプレイは6型だがV20より数mm小さくなり、このサイズでは“最軽量”としている。デュアルのアウトカメラはスマートフォンとして最も明るいF1.6レンズを採用した。(2017/9/3)

IFA 2017:
待望のフラグシップコンパクトも! 「Xperia XZ1」「Xperia XZ1 Compact」の実機を写真でチェック
ソニーモバイルコミュニケーションズが、IFA 2017に合わせて「Xperia XZ1」「Xperia XZ1 Compact」を発表した。Xperiaの新しいフラグシップ2機種の実機レポートを、ドイツ・ベルリンの現地からお伝えする。(2017/9/1)

IFA 2017:
ソニーモバイル、新フラグシップ「Xperia XZ1」、プレミアムコンパクト「Xperia XZ1 Compact」など3機種を発表
ソニーモバイルが、IFA 2017の開催に合わせてXperiaの新製品3機種を発表。「Xperia XZ1」はHDR対応の5.2型フルHD液晶を搭載し、フロントスピーカーを強化。このXperia XZ1と同等の機能を小型ボディーに収めたのが「Xperia XZ1 Compact」だ。(2017/8/31)

テクニクス、渾身のアナログターンテーブル「SP-10R」を披露
テクニクスブランドからアナログプレーヤーのフラグシップとなる“Reference Class”「SP-10R」の開発がアナウンスされた。来年夏の発売を見込んでいる。(2017/8/31)

ソニーの有機ELテレビ「KJ-65A1」と比べて分かった“液晶の限界”
4社から登場した有機ELテレビ。今回はソニー「KJ-65A1」を取り上げる。液晶フラグシップ「Z9D」も一緒にチェックしたが、改めて液晶タイプの画質面の限界を思い知ることになった。(2017/8/25)

「ZenFone 4/4 Pro」は何が変わったのか? 「ZenFone 3/3 Deluxe」と比較する
ZenFoneシリーズの新しいスマートフォン5機種が発表された。中でも注目したいのが、フラグシップに位置付けられる「ZenFone 4」と「ZenFone 4 Pro」。ZenFone 3シリーズからの進化点をチェックする。(2017/8/18)

フラッグシップ:
メルセデス・ベンツ、新型「Sクラス」発表
メルセデス・ベンツ日本は、フラッグシップセダン「Sクラス」の新型を発表した。(2017/8/9)

ラインアップ拡充:
トヨタ「レクサスLX」一部改良 2列シート仕様を新設定
「レクサス」のフラッグシップSUV「LX」が一部改良。(2017/8/3)

4K/HDR画面とスローモーション撮影機能に注目
徹底レビュー:「Xperia XZ Premium」、“記録破り”の高スペックに高まる期待
Xperiaシリーズのフラグシップモデル「Xperia XZ Premium」。4K/HDR画面とスローモーション撮影を搭載するなどトップクラスのスペックを誇るXperia XZ Premiumの実力を検証する。(2017/7/29)

印刷でガマンしたくない人に:
PR:仕事で使ってみませんか? 新エコタンク搭載モデルの無料モニター緊急募集
大容量インクタンクの搭載により、1年間インクの追加購入不要で文書も写真もストレスなく印刷できる「EW-M770T」(エプソンダイレクトネットショップ参考価格:6万9980円)は、洗練されたボディーデザインと写真画質の新インクで従来モデルの不満点を解消した新フラッグシップモデル。無料モニターに応募してビジネスに活用してみませんか?(2017/7/25)

HTC、「U11」を「Amazon Alexa」対応に
HTCのフラッグシップ端末「U11」が、米国でAmazonのAIアシスタント「Alexa」対応になる。「Alexa」と呼び掛けて起動できる他、「握る」ことでも起動可能。Amazonユーザーには便利そうだ。(2017/7/18)

車両デザイン:
章男社長「初代LSの衝撃を超えろ」、開発陣はどのように取り組んだのか
2017年秋に全面改良を迎える、トヨタ自動車・レクサスブランドのフラグシップセダン「LS」。「初代の衝撃を超えるクルマを」というトヨタ自動車 社長の豊田章男氏の指示の下、チーフエンジニアの旭利夫氏が中心となって開発に取り組んだ。(2017/6/28)

OnePlus、Snapdragon 835搭載で500ドル以下の「OnePlus 5」発売へ
OnePlusの5代目のフラッグシップ端末「OnPlus 5」はSnapdragon 835搭載でRAMは6/8GBの5.5型端末。レアカメラはデュアルレンズの1600万画素だ。価格は479ドル(約5万3000円)から。(2017/6/21)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。