ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「フラッグシップ」最新記事一覧

車両デザイン:
レクサスの新型「LS」は、6ライトキャビンや匠の技で唯一無二のフラグシップに
トヨタ自動車は、レクサスブランドのフラグシップセダン「LS」を全面改良して2017年10月19日に発売した。税込み車両価格は980万〜1680万円。月間販売目標台数は600台だが、発表前に7600台を受注した。(2017/10/20)

ファストバックデザイン:
VW、新フラッグシップ「Arteon」国内発売
フォルクスワーゲンは、新型車「Arteon」(アルテオン)を10月25日に発売する。(2017/10/17)

東京モーターショー 2017:
レクサスは世界初公開のコンセプトカーなど12車種出展、販売間近の新型「LS」も
トヨタ自動車は、レクサスブランドで「第45回東京モーターショー 2017」において、フラグシップセダン「LS」の新モデルや世界初公開のコンセプトカーなど全12車種を出展する。コンセプトカーの詳細はプレスデー初日となる10月25日に公開される予定だ。(2017/10/4)

「Xperia」採用のバッテリー技術も搭載
徹底レビュー:6型軽量スマホ「LG V30」、韓国LGが自慢するデュアルカメラの実力は?
LG Electronicsの新型フラグシップモデル「LG V30」は、スマートフォンに求められるニーズに十分に応える機能や性能を備える。ハンズオンレビューでその実力を探る。(2017/9/16)

Xiaomi、18:9ベゼルレスでフルセラミックボディーの「Mi MIX 2 Special Edition」を約8万円で発売へ
Xiaomiが新フラグシップ端末「Mi MIX 2」を中国で発売する。18:9、5.99型のディスプレイは先代よりさらにベゼルレスに近くなり、Snapdragon 835/メモリ6GB/ストレージ64GBのエントリーモデルは3299元(約5万5000円)。(2017/9/12)

10月発売のiPhoneフラッグシップ、初回出荷数はジェットブラック以下?
発表直前に流れた複数の噂をお宝が鑑定する。(2017/9/11)

IFA 2017:
“6型最軽量”の新フラグシップ「LG V30」を実際に触ってみた 予想以上にコンパクト!
韓国LG ElectronicsがIFA 2017に先駆けて発表した新フラグシップ「LG V30」実機のハンズオンレポートをお届けする。(2017/9/6)

LGの新フラグシップ「V30」は“6型で最軽量”のOLED狭額縁端末
LG Electronicsが新フラッグシップ「V30」を発表した。狭額縁の角丸OELDディスプレイは6型だがV20より数mm小さくなり、このサイズでは“最軽量”としている。デュアルのアウトカメラはスマートフォンとして最も明るいF1.6レンズを採用した。(2017/9/3)

IFA 2017:
待望のフラグシップコンパクトも! 「Xperia XZ1」「Xperia XZ1 Compact」の実機を写真でチェック
ソニーモバイルコミュニケーションズが、IFA 2017に合わせて「Xperia XZ1」「Xperia XZ1 Compact」を発表した。Xperiaの新しいフラグシップ2機種の実機レポートを、ドイツ・ベルリンの現地からお伝えする。(2017/9/1)

IFA 2017:
ソニーモバイル、新フラグシップ「Xperia XZ1」、プレミアムコンパクト「Xperia XZ1 Compact」など3機種を発表
ソニーモバイルが、IFA 2017の開催に合わせてXperiaの新製品3機種を発表。「Xperia XZ1」はHDR対応の5.2型フルHD液晶を搭載し、フロントスピーカーを強化。このXperia XZ1と同等の機能を小型ボディーに収めたのが「Xperia XZ1 Compact」だ。(2017/8/31)

テクニクス、渾身のアナログターンテーブル「SP-10R」を披露
テクニクスブランドからアナログプレーヤーのフラグシップとなる“Reference Class”「SP-10R」の開発がアナウンスされた。来年夏の発売を見込んでいる。(2017/8/31)

ソニーの有機ELテレビ「KJ-65A1」と比べて分かった“液晶の限界”
4社から登場した有機ELテレビ。今回はソニー「KJ-65A1」を取り上げる。液晶フラグシップ「Z9D」も一緒にチェックしたが、改めて液晶タイプの画質面の限界を思い知ることになった。(2017/8/25)

「ZenFone 4/4 Pro」は何が変わったのか? 「ZenFone 3/3 Deluxe」と比較する
ZenFoneシリーズの新しいスマートフォン5機種が発表された。中でも注目したいのが、フラグシップに位置付けられる「ZenFone 4」と「ZenFone 4 Pro」。ZenFone 3シリーズからの進化点をチェックする。(2017/8/18)

フラッグシップ:
メルセデス・ベンツ、新型「Sクラス」発表
メルセデス・ベンツ日本は、フラッグシップセダン「Sクラス」の新型を発表した。(2017/8/9)

ラインアップ拡充:
トヨタ「レクサスLX」一部改良 2列シート仕様を新設定
「レクサス」のフラッグシップSUV「LX」が一部改良。(2017/8/3)

4K/HDR画面とスローモーション撮影機能に注目
徹底レビュー:「Xperia XZ Premium」、“記録破り”の高スペックに高まる期待
Xperiaシリーズのフラグシップモデル「Xperia XZ Premium」。4K/HDR画面とスローモーション撮影を搭載するなどトップクラスのスペックを誇るXperia XZ Premiumの実力を検証する。(2017/7/29)

印刷でガマンしたくない人に:
PR:仕事で使ってみませんか? 新エコタンク搭載モデルの無料モニター緊急募集
大容量インクタンクの搭載により、1年間インクの追加購入不要で文書も写真もストレスなく印刷できる「EW-M770T」(エプソンダイレクトネットショップ参考価格:6万9980円)は、洗練されたボディーデザインと写真画質の新インクで従来モデルの不満点を解消した新フラッグシップモデル。無料モニターに応募してビジネスに活用してみませんか?(2017/7/25)

HTC、「U11」を「Amazon Alexa」対応に
HTCのフラッグシップ端末「U11」が、米国でAmazonのAIアシスタント「Alexa」対応になる。「Alexa」と呼び掛けて起動できる他、「握る」ことでも起動可能。Amazonユーザーには便利そうだ。(2017/7/18)

車両デザイン:
章男社長「初代LSの衝撃を超えろ」、開発陣はどのように取り組んだのか
2017年秋に全面改良を迎える、トヨタ自動車・レクサスブランドのフラグシップセダン「LS」。「初代の衝撃を超えるクルマを」というトヨタ自動車 社長の豊田章男氏の指示の下、チーフエンジニアの旭利夫氏が中心となって開発に取り組んだ。(2017/6/28)

OnePlus、Snapdragon 835搭載で500ドル以下の「OnePlus 5」発売へ
OnePlusの5代目のフラッグシップ端末「OnPlus 5」はSnapdragon 835搭載でRAMは6/8GBの5.5型端末。レアカメラはデュアルレンズの1600万画素だ。価格は479ドル(約5万3000円)から。(2017/6/21)

アスペクト比18:9が目を引く
徹底レビュー:「LG G6」は縦長ディスプレイで「Galaxy S8」に勝負を挑む?
LG Electronicsの「LG G6」はアスペクト比18:9ディスプレイを搭載したフラッグシップモデルのスマートフォンだ。Samsung Electronicsの「Galaxy S8」と比較して、使い勝手はどうだろうか。(2017/6/11)

FREETELの「KIWAMI 2」が3万9800円に値下げ 最大1万円キャッシュバックキャンペーンも実施
FREETELのフラッグシップスマートフォン「KIWAMI 2」の販売価格が3万9800円(税別)に値下げされた。FREETEL SIMと一体で提供する「スマートコミコミ+」でKIWAMI 2を含む指定端末を購入した新規契約者(MNPを含む)に対するキャッシュバックキャンペーンも始まる。(2017/6/9)

組み込み開発ニュース:
IoT時代を見据えたARCプロセッサの性能は「Cortex-A9」の1.5倍、消費電力も半減
日本シノプシスは、高性能組み込み機器向けプロセッサコアの新製品「DesignWare ARC HS4x/HS4xD」を発表。現行の「HS3x/HS3xD」から大幅な性能向上を果たした新たなフラグシップ製品で、IoT(モノのインターネット)のエッジデバイスに求められる、さらなる処理性能向上と消費電力低減という要求を満たしている。(2017/6/5)

「Galaxy S8」の「パイレーツ・オブ・カリビアン」コラボ版、中国で発売
Samsung Electronicsのフラグシップ端末「Galaxy S8」の「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」コラボ版が中国で発売された。海賊の宝箱のような箱入りで、ジャック・スパロウの壁紙や特製バンカーリング付き。(2017/6/4)

Mobile Weekly Top10:
「フラグシップ」に注力するソニーモバイル/強烈なインパクトの「docomo with」
ソニーが2017年度の事業方針を説明しました。子会社のソニーモバイルコミュニケーションズが担うモバイルコミュニケーション事業については、Xperiaのフラグシップモデルに注力するようです。(2017/6/1)

シャープのフラグシップ「AQUOS R」、auからも登場 下り最大590Mbps【画像追加】
シャープの新しいフラグシップスマートフォン「AQUOS R」が、auからも登場する。これで3キャリアから出そろうことになる。動く充電台「ロボクル」が付属する。(2017/5/30)

「Xperia」の「X」と「X Compact」は終了、年内にフラグシップ2モデル投入
ソニーがXperiaの「プレミアムスタンダード」モデルを廃すると発表した。「Xperia X」と「Xperia X Compact」が該当する。2017年度中にあと2機種の「フラグシップ」モデルを発売することも明らかにした。(2017/5/26)

HTC20周年に“最強のスマホ”を投入する 「HTC U11」「LINK」の狙いを児島社長に聞く
HTCの新しいフラグシップスマートフォン「HTC U11」が日本で発売される。デザインを一新し、握って操作できる「エッジ・センス」を提案した。そのU11と接続するVR HMD「LINK」も含め、新製品の狙いをHTC NIPPON児島全克社長に聞いた。(2017/5/25)

デザインを一新したフラッグシップ――写真で解説する「HTC U11」
HTCが新しいフラッグシップスマートフォン「HTC U11」を発表した。同社が率先して採用したメタルボディーからガラスボディーに一新し、機能面でも妥協のない仕上がりとなっている。(2017/5/17)

「HTC U11」発表 本体を握るだけで操作可能な「Edge Sense」搭載
HTCが、新たなフラグシップスマートフォン「HTC U11」を発表。本体を握るだけで、ショートカット操作が可能な「Edge Sense」を新たに採用した。ディスプレイは5.5型のQHD(1440×2560ピクセル)液晶を搭載。(2017/5/16)

シャープの「AQUOS R」がソフトバンクから登場 5.3型WQHD液晶、下り最大612Mbps通信
ソフトバンクが「AQUOS R」を7月上旬以降に発売する。シャープがブランド名を変更した新フラグシップスマホ。5.3型WQHD液晶を搭載し、下り最大612Mbpsの通信に対応する。(2017/5/11)

Samsung、「Galaxy S8/S8+」のSIMロック解除モデルを米国で発売へ
Samsung Electronicsがフラッグシップ端末「Galaxy S8」および「Galaxy S8+」のアンロック(SIM解除)モデルの予約を米国で開始した。出荷は5月31日から。キャリアのSIMモデルより約20ドル安い。(2017/5/10)

石川温のスマホ業界新聞:
シャープがブランド統一フラグシップスマホ「AQUOS R」を発表――キャリアよりも先に発表し、ソニーやサムスンと肩を並べる
シャープが、2017年夏商戦に投入するフラッグシップスマホ「AQUOS R」を発表した。キャリアに先駆けて行われた発表会の後、同社の担当者が囲み取材に応じた。(2017/4/28)

Mobile Weekly Top10:
シャープのフラッグシップ「AQUOS R」発表/昔のケータイ、今時のケータイ
シャープが2017年夏モデルとして投入を予定する「AQUOS R」。そのハイスペックぶりだけではなく、キャリアごとに異なっていたモデル名を統一したことも注目ポイントです。(2017/4/25)

Xiaomi、新フラッグシップ「Mi 6」発売 835+デュアルカメラで約4万円から
Xiaomiが14カ月ぶりのフラッグシップ「Mi 6」を発表した。Snapdragon 835を搭載し、アウトカメラはデュアル。価格は2499元(約4万円)からだ。(2017/4/20)

ニューヨークオートショー2017:
新型「レクサスLS」に「F SPORT」が登場、あらゆる場面で優れた操舵応答性
トヨタ自動車は、「2017年ニューヨーク国際オートショー」において、レクサスブランドのフラッグシップセダンのスポーツモデル「LS500 “F SPORT”」を世界初公開した。(2017/4/13)

「Galaxy S8」の顔認証は写真でだませる(デモ動画あり)
Samsungが4月21日に発売する新フラッグシップ端末「Galaxy S8」の顔認証によるホーム画面起動は、顔写真でも可能であると、メキシコのメディアが非製品版端末を使ったデモ動画を公開した。(2017/4/3)

1300万円から:
レクサス高級クーペ「LC」発売 世界初ハイブリッド機構
トヨタの高級ブランド「レクサス」からフラッグシップクーペ「LC」が発売された。(2017/3/16)

見どころは“見た目”だけじゃない! VoodooPCの血を引くひし形ゲーミングPC「OMEN X by HP 900-070jp」を試す【追記あり】
ハイエンドゲーミングPCメーカーとして知られていた「Voodoo PC」。そのDNAを引き継ぐ「OMEN by HP」の最新フラッグシップモデルが「OMEN X by HP Desktop 900」だ。(2017/3/8)

Mobile World Congress 2017:
進化したカメラや4K HDRディスプレイの実力は? 写真で解説する「Xperia XZ Premium」
ソニーモバイルがXperiaのフラグシップモデル「Xperia XZ Premium」を発表。ソニーモバイルが今持つ先進的な技術を結集させた。外観、カメラ、ディスプレイの特徴をチェックしていく。(2017/2/28)

Mobile World Congress 2017:
「LG G6」が正式発表 角丸ディスプレイやデュアルカメラを搭載して防水・防塵も対応
情報が少しずつ小出しされてきたLGの新フラグシップスマートフォン「LG G6」。Mobile World Congress 2017に合わせて、ついにその全貌が明らかにされた。(2017/2/26)

フラッグシップモデル拡充:
ボルボ、90シリーズ発売 エゾシカも検知する安全機能も
ボルボ・カー・ジャパンは、旗艦モデルの「90」シリーズ3車種を発売した。(2017/2/22)

「ヤマハの至宝」:
ヤマハ発、二輪フラッグシップ「VMAX」生産終了
ヤマハ発動機は、大型二輪のフラッグシップモデル「VMAX」の生産を17年8月に終了する。(2017/2/20)

デロンギの最高峰、全自動コーヒーマシン「エレッタ」にできること
デロンギ・ジャパンは、全自動コーヒーマシンのフラグシップモデルとなる「エレッタ」を3月1日に発売する。豆挽きと抽出だけではなく、水の計量からコーヒー抽出後の内部洗浄に至る工程を“全自動”で行えるエスプレッソマシンだ。(2017/2/16)

「LG G6」は2月26日発表、最適化した「QuadDAC」搭載で高音質に
LG Electronicsは次期フラッグシップ端末「LG G6」を2月26日に披露すると正式に発表した。V20やisai Beat LGV34にも搭載する「QuadDAC」を採用。新端末に最適化したQuadDACでさらに音の立体感が増すとしている。(2017/2/14)

「Galaxy S8」は3月発表で新AIアシスタント「Bixby」搭載?
Samsungは3月にニューヨークでイベントを開催し、次期フラッグシップ端末「Galaxy S8」を発表するとWall Street Journalが報じた。新端末は独自のAIアシスタント「Bixby」を搭載し、大小2モデルとも曲面ディスプレイでホームボタンがないという。(2017/2/12)

OPPOが「Sonica DAC」を正式発表――ESSの最新フラグシップDACを搭載
OPPO Digital Japanが据え置き型D/Aコンバーター兼ネットワークプレーヤー「Sonica DAC」を正式発表。ESS Technologyの最新フラグシップDACチップ「ES9038PRO」を搭載しながら税別10万円以下のハイコストパフォーマンスモデルだ。(2017/1/31)

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:
「おサイフケータイは必須」「VoLTEにも対応する」――ファーウェイ呉波氏に聞く、2017年の端末戦略
2016年は、HuaweiがSIMフリースマートフォン市場で、大きく飛躍した1年だった。フラグシップのP9やMate 9に加え、コスパに優れたhonor 8やP9 liteも投入し、人気を集めた。Huaweiは2016年をどう評価し、2017年はどのように取り組んでいくのか?(2017/1/31)

LGの次期フラッグシップ「G6」の画像がリーク──狭額縁でヘッドフォンジャックあり
LG Electronicsが2月のWMCで発表するとみられる次期フラッグシップ端末「LG G6」の画像をThe Vergeがリークした。ベゼルがほとんどない狭額縁デザインで、ディスプレイは角丸だ。(2017/1/25)

手持ちでスローシャッターが切れるオリンパス「E-M1 MarkII」は“化け物”である
控えめにいっても、「OM-D E-M1 MarkII」は化け物である。特に手ブレ補正、AF、連写の3つがすごい。そしてプロ向けのフラッグシップモデルとしていろいろ進化した。(2017/1/20)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。