ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ゲーム業界」最新記事一覧

週刊「調査のチカラ」:
スマート農業、Pokemon GO、etc. IoT的未来の進捗どうでしょう?
人もモノも情報も、全てがインターネットでつながる時代。モバイルゲーム市場の現在からスマート農業の展望まで、既に実現した「未来」を最新の調査データからのぞいてみましょう。(2016/11/26)

オンラインゲーム業界で珍事 「カオスサーガ」26時間30分でサービス終了
11月15日昼の12時30分にDMM GAMESでスタートしたMMORPG「カオスサーガ」が、16日の午後3時に「諸事情により」終了を発表した。運営期間はわずか26時間30分だった。(2016/11/16)

「レア当選率に適正表示を」 ガチャについて消費者委がゲーム業界へ意見 賭博罪にあたりうるとも
国民生活センターには「10万円投入して得たキャラクターが運営により一方的に弱体化した」との意見も。(2016/9/23)

東京ゲームショウ2016:
「VRはゲーム業界“だけ”のものではない」開発者が語る課題と未来
今年の東京ゲームショウで最も注目を集めた「VR(仮想現実)」。コンテンツメーカー、プラットフォーマ―から見た「VRの課題と可能性」とは? 基調講演のレポートをお届け。(2016/9/21)

ゲーム業界のお祭り「東京ゲームショウ」一般参加のポイントは“公式アプリ”
9月15日から18日にかけて幕張メッセで開催されている「東京ゲームショウ」。“ゲーム業界のお祭り”を効率的に周るために注意すべきポイントをご紹介。(2016/9/16)

小島監督や宮本茂のソックリさんがゲーム業界の“偉い人”と戦うゲーム、Kickstarterで出資募集中
宮本茂のそっくりさんはストレッチゴール達成で追加予定だそう。(2016/9/9)

拡大するAWSの産業別施策
AWSが次に目を付けたのは「ゲーム市場」、コンテンツ制作や運用をクラウドで効率化
AWSが「Amazon Lumberyard」でゲーミング市場に進出した。AWSの今後の成長は、産業別の進出拡大にかかっているかもしれない。(2016/9/1)

手塚治虫キャラクターをリメイクしたカードゲームだと! 奥浩哉、ヒロアキ、須田剛一、松山洋らが参加
ゲーム業界人がたくさん!(2016/8/23)

高橋名人が語る:
ファミコンブームの終息と、日本ゲーム業界への提言
1983年に登場したファミコンは、発売から20周年となった2003年に生産を終了しました。連載最終回では、ファミコンブームの終息と、今後の日本のゲーム業界に対する私なりの考えをお伝えします。(2016/7/14)

ゲームの祭典「E3 2016」の各社発表スケジュール ソニーは日本時間の14日午前10時から
ゲーム業界の最大級の見本市「E3 2016」の開催に合わせ、Microsoftやソニー、任天堂などが現地で新作を発表する。主な企業の発表時間をまとめた(いずれもライブ中継を視聴できる)。Microsoftの発表は、AppleのWWDCの基調講演とぶつかる。(2016/6/12)

2020年には英国とドイツ中心に6000億円市場へ:
サイバーエージェントが欧州4カ国のモバイルゲーム市場調査を実施
サイバーエージェントは、シード・プランニング、デジタルインファクトと共同で、欧州主要4カ国のモバイルゲームの市場動向調査を行った。(2016/5/24)

任天堂Wii 開発回顧録 〜岩田社長と歩んだ8年間〜:
どうやってWiiのコンセプトを広く伝えていったのか?
「ゲーム人口の拡大」という任天堂・岩田社長の言葉の下で、徐々に「Wii」のコンセプトが形作られました。しかしそれは当時のゲーム市場においてあまりにも斬新だったため、そのコンセプトを社内、そして社外へと伝えていくのに悪戦苦闘したのです。(2016/5/20)

「シェンムー」のような作品は当時“タブー”だった―― 鈴木裕氏、「誰にも理解してもらえなかった」と開発の苦労明かす
本日発売の「別冊少年マガジン」で、鈴木裕氏が「シェンムー」開発や当時のゲーム業界について振り返っています。(2016/5/9)

R25スマホ情報局:
スマホゲーム成長鈍化、課題はVR?
「スマホゲーム市場に関する調査結果2015」によれば、スマホゲームの市場規模は2014年度に急成長したが、2015年度と2016年度の伸び率はかなり小さいと予測される。VRやIoTとの連携が今後のブレイクスルーとの予想も。(2016/3/18)

「ひぐらしのなく頃に粋」「咲-Saki-全国版」の加賀クリエイトが解散 「スマホゲーム市場で成長力作り出せず」
PS Vita向け「ひぐらしのなく頃に粋」などを手掛けるゲームメーカー、加賀クリエイトが解散を発表した。(2016/1/5)

ノッている会社は、ここまでやっている!:
恋愛ゲームで100億円! ボルテージが成長できた理由
女性向けの恋愛シミュレーションゲーム市場で、ボルテージが成長している。栄枯盛衰が激しい業界で、なぜこの会社は売り上げを伸ばし続けたのか。その背景に迫ってみると……。(2015/12/25)

GALLERIA×Gameliner:
「PCゲーム市場の裾野を広げたい」――ドスパラとデジカがPCゲーマー向けサイト「Gameliner」をリニューアル
国内向けPCゲーム販売サイト「Gameliner」がドスパラと協業。PCゲーム市場の活性化を目指す。(2015/11/20)

R25スマホ情報局:
スマホゲー課金「日本1位」理由は?
「10万円は微課金」なんて冗談で言われるほど課金競争が加熱する日本のスマホゲーム。各国のスマホゲーム市場規模の調査で、日本のユーザーの平均課金額が突出して高いことが明らかに。(2015/11/19)

国内家庭用ゲーム市場はハード、ソフトともに規模縮小 2014年の動向をまとめた「ゲーム白書」発刊
ダウンロードゲームソフトウェア市場規模が拡大する一方、ハード、ソフトはともに約180億円の市場規模縮小。(2015/7/27)

岩田社長の死、世界が悼む 「ゲーム業界の巨人を失った」
任天堂の岩田社長の訃報は世界を駆け巡った。各国のメディアはDSやWiiをヒットさせた経営者の死を伝えている。(2015/7/13)

14年の国内ゲーム市場、過去最大に スマホゲームがけん引 「ファミ通ゲーム白書2015」
「ファミ通ゲーム白書2015」によると、国内ゲーム市場規模は過去最高の1兆1925億円。うち6割をスマホ・タブレット向けアプリ市場が占めた。(2015/6/12)

作風が変わってしまうな…… ハッシュタグ「絶対に創英角ポップ体しか使ってはいけないゲーム業界」で全身の力が抜けていく
やっぱりフォントの力って偉大だ。(2015/5/13)

ゲーム市場の鍵を握る「キャリア決済」 日本の“音ゲーマー”御用達のRayarkはアジアをどう制した?
日本では「Deemo」「Cytus」などのスマホ向け音楽ゲームで高い評価を得ている台湾企業のRayark。アジア市場をどう制してきたかを、ユウCEOが日本取材陣へのインタビューで答えた。(2014/11/6)

Androidプラットフォーム、開発者還元が年間50億ドル突破 国内開発者は2年前の2.5倍に 日本発世界的ヒットに期待
ゲーム市場で存在感を高めるスマートフォンやタブレット。世界10億人以上のユーザーを抱えるAndroidプラットフォームは、開発者への支払い額が年額50億ドルを突破し、日本の開発者数も2年前の2.5倍に増えるなど、国内外で成長を続けている。(2014/9/22)

朝日新聞、任天堂に謝罪 公式動画の岩田社長発言をインタビューしたかのように記事に
朝日新聞が掲載したゲーム業界動向についての記事で、任天堂の岩田社長が公式サイトの動画内で発言した内容を記者がインタビューしたかのように掲載していたとして、朝日新聞が謝罪。(2014/9/14)

サイボウズ式:
マンガ『東京トイボックス』に学ぶ、ブラック企業とクリエイティブな熱狂集団を分けるたった1つの違い
悪名高きブラック企業と、良質なコンテンツを生み出す熱狂的な集団との違いは何でしょうか? 今回は、ゲーム業界で働く人たちを描いたマンガ『東京トイボックス』を題材に考えます。(2014/7/4)

週間記事ランキング
VRがついに現実に? 仰天ヘッドセット「Oculus Rift」の凄さ
ゲーム業界で注目高まる仮想現実ヘッドセット。米Oculus VRの新製品を徹底レビューします。直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2014/5/9)

ゲーム向けだけではない可能性に注目
徹底レビュー:異例の前評判の高さ 仮想現実ヘッドセット「Oculus Rift」から目が離せない理由
ゲーム業界で仮想現実ヘッドセットへの注目が高まっている。その中心にいるのは米Oculus VR。同社の「Oculus Rift」はITに何をもたらすのか。新製品を検証した。(2014/5/5)

Xbox One、中国で9月に発売へ
Microsoftが9月に中国でXbox Oneを発売する。中国のゲーム人口は約5億人でゲーム市場規模は130億ドルに上る。(2014/4/30)

国内ゲーム市場、半分がスマホに 13年の市場規模、家庭用ゲームソフトの2倍
2013年国内ゲーム市場の半分をスマートフォンゲームが占め、家庭用ゲームソフト市場の2.2倍まで成長――サイバーエージェント子会社などがこんな調査結果を発表した。(2014/3/26)

2ちゃんねる 通称「ゲハ」こと「ゲーム業界、ハード板」も転載禁止へ ※追記あり
3月3日夜から、名前欄が「名無しさん転載禁止@LR変更議論中」に。(2014/3/4)

「等身大のCIO」ガートナー重富俊二の企業訪問記:
ユーザーからのリクエストが集まる情報システム部門へ
1960年の会社設立以来、アミューズメントマシンメーカーとして事業を拡大し、1983年からは家庭用ゲーム機市場へも参入したセガ。テクノロジーを使ったゲームの開発を事業の中核とするセガにとっての情報システム部門のあり方とは。(2014/1/31)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
「ドラクエ」関連アプリが快進撃、スマホはゲーム市場の“主役”となるのか?
初代ドラクエを配信したスクエニのポータルアプリが350万ダウンロードを記録し、有料アプリ「ドラクエVIII」も異例の大ヒットとなった。スマホはゲーム市場の“主役”になるのだろうか。(2014/1/6)

組み込み技術:
サーバ用CPU市場に挑むAMDとARMの思惑――ゲーム機の成功モデルをサーバでも
AMDは、ARMの64ビットコアを採用したサーバ向けCPU「Seattle(開発コードネーム)」を、2014年第2四半期にサンプル出荷することを明らかにした。AMDは、ARMサーバ市場でシェアを伸ばすために、同社がゲーム機市場で成功したときのモデルを持ち込もうとしている。すなわち、カスタムSoCの開発だ。Seattleを汎用品として市場に投入したあとは、そうしたカスタムSoCの開発を進める予定としている。(2013/10/7)

IT業界 転職市場最前線(53):
求人数196%UP! ゲーム業界希望者にチャンス到来
不況で冷え込んでいたIT業界の転職市場に、回復の兆しが見え始めている。だが、業種や職種によって採用数や条件に大きな差異が生まれている。転職市場の動向を追い、自身のキャリア戦略立案に生かしてほしい。(2013/10/4)

任天堂元社長・山内溥氏が死去 「ファミコン」育てたゲーム業界の父
豪胆な発言でも知られ、数々の「山内語録」を残したことでも有名でした。(2013/9/19)

TGS2013:
ゲーム業界を描くドラマ「東京トイボックス」制作発表で要潤さんらのパズドラ愛が爆発
要潤「僕のリーダーは黄色いぷよぷよみたいなやつ!」(2013/9/19)

ゲーム業界漫画「東京トイボックス」ドラマ化決定 主演は要潤
弱小ゲーム会社を率いる誰よりも熱いゲームクリエイターを要潤さんが熱演。(2013/8/27)

「ITちゃんモデル」を買う最後のチャンス!:
「PCゲーム市場を盛り上げたい」――アキバの自作通りに「G-Tune:Garage」オープン
マウスコンピューターのゲーミングPCブランド「G-Tune」初の専門ショップが秋葉原にオープンする。ITちゃんコラボモデルも展示されているぞ。え、これ買えるの? 1台だけ?(2013/8/2)

MicrosoftのXbox責任者がZyngaの新CEOに就任 創業者のピンカス氏は会長に
業績不振のソーシャルゲームメーカーZyngaが、MicrosoftのXbox責任者でゲーム業界のベテランであるドン・マトリック社長を引き抜いた。創業者のマーク・ピンカスCEOは会長になる。(2013/7/2)

“パズドラ”登場でスマホのゲーム市場はどう変わったのか?
幅広いユーザーに人気のスマホゲームアプリ「パズル&ドラゴンズ」。なぜこんなに人気なのか、そしてゲームアプリ業界にどんな影響を与えたのか? パズドラ登場の以前と以後を比較した。(2013/6/17)

PS Vitaを『ソウル・サクリファイス』は“救済”できるか――稲船敬二氏インタビュー
家庭用ゲーム市場が縮小する中、2011年の発売以来、それ以前の市場を制した機種ほどの成功はまだ収めていないPS Vita。本体値下げ後の反転攻勢のキラータイトルの1つとされているゲーム『ソウル・サクリファイス』に“コンセプター”として関わった稲船敬二氏に、その狙いを尋ねた。(2013/3/13)

日々是遊戯:
奇才か、それとも―― 飯野賢治さんの作品をあらためて振り返る
体を張って90年代のゲーム業界をリードした、偉大なクリエイターでした。(2013/2/22)

4Gamer.net、人気インタビュー記事をまとめてEPUB/MOBI電子書籍で無料公開
ゲーム業界のニュースを配信する人気サイト「4Gamer.net」が人気のインタビュー記事などをEPUB/MOBI形式で無料公開した。(2012/12/28)

年末特別コラム:
独断と偏見で選ぶ! 2012年、ゲーム業界今年の10大ニュース
極々私的にゲーム業界の1年の動きを振り返ってみました。(2012/12/28)

他キャリアのスマホでも遊べる:
モバゲーやGREEと何が違う? NTTドコモに聞く「dゲーム」の狙い
ドコモは12月中旬から、ソーシャルゲームサービス「dゲーム」を開始する。激しい競争が続くソーシャルゲーム市場になぜ国内最大のキャリアが参入するのか。担当者に聞いた。(2012/12/11)

若いゲーマーがPCの自作も盛り上げる:
求む! 日本の“スター”プロゲーマー
海外のゲームイベントは、中高年、じゃなくて中高生のような若い観客で満席大盛況となる。日本のゲーム市場で必要なのは? Intelのゲームイベント担当に聞く。(2012/11/25)

Dublin Web Summit 2012:
変革期のモバイルゲーム業界、次の「Angry Birds」になるには――新興ゲーム企業が討論
スマートフォンの登場で、参入のハードルが下がったモバイルゲーム業界。この市場で成功を収め、それを維持するためには何が重要なのか。Dublin Web Summit 2012のパネルディスカッションで新興ゲーム企業のトップが討論した。(2012/11/6)

ネクソンがソーシャルゲームメーカーgloopsを買収
gloops買収を通じてモバイルゲーム市場に本格参入する。(2012/10/1)

IT業界 転職市場最前線(41):
ソーシャルゲーム業界、求人ニーズは上限に近づいている?
不況で冷え込んでいたIT業界の転職市場に、回復の兆しが見え始めている。だが、業種や職種によって採用数や条件に大きな差異が生まれている。転職市場の動向を追い、自身のキャリア戦略立案に生かしてほしい。(2012/9/24)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。