ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「格差」最新記事一覧

Oculus Rift、コントローラーで日米格差が明らかに
米国は無線、日本では有線。その格差はどのような理由で生まれたのか。(2016/4/26)

PC USER 週間ベスト10:
Amazonプライム会員と一般会員の格差は広がるばかり?(2016年4月4日〜4月10日)
Amazonの配送料改定が大きな注目を集めています。他にもHPの新ロゴにまつわるエピソードや、オート調光サンバイザーのレビューなど、ユニークな記事が目立った1週間でした。(2016/4/11)

2016年 新春インタビュー特集:
クラウドがあらゆる“格差”を埋める未来――日本オラクル・杉原社長
POCO戦略を打ち出し、クラウド事業を推進しているオラクル。社長の杉原氏は、クラウドには、日本の競争力を阻害するさまざまな“格差”を解消する力があると語る。特に高齢化社会対策で効果を発揮する可能性があるようだ。(2016/3/7)

今さら聞けない、IoTの基礎知識【前編】:
2016年、企業がIoTに着手しなければいけない理由
「IoT元年」と言ってもよいほど、IoTへの注目が高まった年だった2015年。市場動向や様子を見ていた企業も多いと思うが、2016年こそIoTを始めなければ、格差はどんどん開いていくという。その理由は……。(2016/3/1)

“試練の交渉”電機連合の格差拡大 東芝離脱なら歴史上初の事態に
電機連合が月額3000円以上の統一要求を決定。電機の労使交渉は「統一闘争」が特徴だが、日立などと東芝・シャープの業績格差は大きい。(2016/1/29)

ネコの話じゃないの? 所得格差を訴えるTwitterハッシュタグが「太ったネコ」の写真だらけに
イギリスのシンクタンクが提唱した「Fat Cat Tuesday」のお話。(2016/1/6)

ソロ船長のギャラは47億円? 新作スター・ウォーズで新人と55倍“格差”
世界各国で公開された「スター・ウォーズ フォースの覚醒」が空前の興行収入を記録するなか、出演者のギャラが暴露され、破格の金額が話題になっている。(2015/12/22)

スマホなら、おっちゃん使えるで 「職人さんドットコム」登録1万人 建設現場に“デジタル”の波
建設現場で働く職人向け情報サイト「職人さんドットコム」が急成長。スマホ対応にしたことで登録が急増した。運営会社は「職人の情報格差をなくし、建設現場のパートナーになりたい」と話す。(2015/12/22)

登録1万人:
スマホなら使えるで 「職人さんドットコム」建設現場にデジタルの波
建設現場で働く職人向け情報サイト「職人さんドットコム」が、平成27年8月に登録者1万人を超えた。おじさんでも簡単に使えるようにスマホ対応にしたことで登録が急増。運営会社は「職人の情報格差をなくし、建設現場のパートナーになりたい」と話す。(2015/12/16)

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン 第70回:
ハリウッドにおける男女格差の議論がフィギュアの世界に飛び火? ある玩具メーカーが仕掛けた動画が話題に
スタンフォード大学卒の女性エンジニアが起業した注目の玩具メーカーが、自社のキャラクターを使って映画の名場面を再現する動画を制作した。その真意とは?(2015/11/17)

私立高校と公立高校の5.8倍の格差
「私立高等学校等授業料等の調査」によると、私立高校の入学時に支払われる金額は平均71万円、一方の公立高校は12万円。約6倍の差がありますが、この格差について私立高校の先生たちはどのように感じているのでしょうか。(2015/10/5)

スピン経済の歩き方:
「格差社会は金持ちこそが滅びる」は本当か
マーケティング評論家・ルディー和子さんの著書『格差社会で金持ちこそが滅びる』が興味深い。格差が広がると、貧乏人の寿命が短くなるという意見が多い中で、ルディー和子さんは本の中で「富裕層の寿命が短くなる」と指摘しているのだ。その理由は……。(2015/9/29)

Weekly Memo:
企業規模の違いで情報格差を生まないか──ビッグデータ活用の現状と課題
今後の企業の競争力を大きく左右するといわれるビッグデータの活用。一方で、その度合いが企業規模によって大きく異なれば、新たな“情報格差”を生むかもしれない。(2015/8/10)

週刊「調査のチカラ」:
人にオススメしたくなる企業サイト、第1位はあの会社
人気企業サイトの条件とは? トイレ掃除で実は菌が増える? 親の経済格差と子どもの肥満に関係はある? 今どきのテレビの見られ方って……? 切なくて震える今週の調査結果をお届けします。(2015/6/5)

企業のマイナンバー対応進まず 「これから」約7割、地域差も
JIPDECがマイナンバー対応状況の調査結果を発表。「実施中、計画段階にある」は約3割にとどまり、会社規模や地域別で格差が大きかった。(2015/6/3)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
狙いは何? トヨタとマツダ、“格差婚”の理由
5月13日、トヨタとマツダが技術提携を発表した。しかしこの提携はトヨタのメリットに比べ、マツダのメリットが非常に分かりにくい。謎の提携、マツダの本意とは……?(2015/6/1)

電力供給サービス:
電力の融通がないと停電の危険!?、予備率3%を切る関西と九州の夏
沖縄を除く9つの地域で夏の電力需給の見通しがまとまった。需要が最大になる8月には関西の予備率が0.8%まで下がり、九州ではマイナス2.3%と完全に電力が不足する状況になるため、他地域からの融通に頼る。残る7つの地域では予備率5%以上を確保できて、地域間の格差が非常に大きい。(2015/4/17)

貧困は子どもの脳にも“格差”を作る 米研究
子どもの脳の発達は家族の収入など社会経済的要因と関係しているという研究結果。(2015/4/1)

英語教育の基礎を変えるICT:
テレビ会議で国際交流、佐賀の小学校にスゴイ設備
グローバル化が進む現代、英語や他国の文化を理解する教育は重要になってきている。初等教育の英語学習には、教員不足や地域格差といった懸念も聞かれるが、テレビ会議システムを使い、オーストラリアの生徒と交流授業を行う佐賀県の小学校がある。(2015/2/16)

深夜12時のツンデレラタイム:
【52時間目】大人のバレンタイン?
理想と現実の格差よ。(2015/2/11)

格差社会に警鐘を鳴らす話題の経済書がランクイン――hontoの1月月間ランキング
ランキングは紙の書籍と電子書籍の販売データを基に作成したもの。(2015/2/9)

深夜12時のツンデレラタイム:
【48時間目】格差社会inアプリ
フィナンシェは一体・・・・・・。(2015/1/14)

半数以上が現在のポジションに満足と回答
2014年に最も儲かっていたのはどのIT職? 給与調査が示す“IT職格差”
米TechTargetが実施した「IT Salary Survey 2014」(2014年度IT職の給与に関する調査)の結果を紹介する。どのIT職の給与が高く、どのIT職が転職を検討すべきなのだろうか。また、2015年に重視される分野を予想する。(2014/12/26)

電子ブックレット/電力供給サービス:
2014年度の電気料金、家庭用から業務用まで全国の最新動向
震災後に相次いだ電気料金の値上げによって、地域間の格差が大きく開いた。特に2度目の値上げを実施した北海道の電気料金が高い。家庭向けの標準モデルで比較すると、最も安い北陸電力の料金を3割以上も上回る。オフィスや工場で使う業務用や産業用の電力でも地域による単価の差が目立つ。(2014/12/8)

“1校1台”のPCでインドの教育格差をなくす――edutelの挑戦
世界的に大きな問題となっている教育格差。日本も決して無縁ではないこの問題にインドで取り組んでいるのがedutelだ。“1校1台”のPCは、どんな形で教育格差の解消に貢献しているのか。(2014/11/7)

2014年度の電気料金NEW(1):
家庭の電気料金は地域で3割以上の差に、北海道が最高、北陸が最安
震災後に相次いだ電気料金の値上げによって、地域間の格差が大きく開いた。特に11月から2度目の値上げを実施する北海道の電気料金が高い。家庭向けの標準モデルで比較すると、最も安い北陸電力の料金を3割以上も上回る。東京や沖縄も北海道に次いで高い水準になっている。(2014/11/4)

事業のヒント:
店舗や営業だけが利益を生み出すという誤解と悲劇
営業部が花形といわれていた時代がありました。そして今でもその考えを受け継いでいる企業があり、会社内での格差を引き起こしているようです。(2014/10/14)

ホワイトペーパー:
IT女子というキャリア――先人に学ぶ課題と展望
IT業界の堅調な雇用は、必然的にそこで働く女性の増加につながっている。ハードな仕事や依然として存在する男女格差といったマイナスイメージも根強いこの分野で、女性はどうキャリアパスを描いていくべきか。(2014/8/15)

「女王」役から「肉布団」役まで──なんとも“格差社会”な哺乳類「ハダカデバネズミ」の中継番組、ニコ生で
ネズミの格差社会とくとご覧あれ。(2014/7/31)

男女格差解消に向けて
「IT業界で働きたい」若い女性はわずか9% 魅力を伝える取り組みが始まる
IT業界に男女格差があることは何年も前から明らかだが、若い女性にIT業界で働くことを考えてもらうための新たなプログラムやキャンペーンが相次ぎ始動している。(2014/6/10)

EdTechフロントランナー【番外編:葵編】
教育費の差を“学力格差”に変えない無料ネット学習塾「アオイゼミ」
「勉強が嫌い」「お金がない」――。さまざまな理由で学力向上の機会を逸している生徒を救いたい。そんな思いから生まれたオンライン学習塾が「アオイゼミ」だ。運営元の石井貴基CEOに話を聞いた。(2014/5/14)

「GoogleのVCは寄生者」──サンフランシスコ市民が格差助長抗議のビラ配り
Google Venturesが出資する新興企業の金持ちな起業家が押し寄せたことで家賃や物価が高騰したとして、サンフランシスコ市民が同社パートナー、ケビン・ローズ氏の自宅周辺で抗議デモを行った。(2014/4/7)

INSIGHT NOW!:
日本の“教育格差”はどうすればなくなるか
経済的理由や家庭環境などの事情で、学習したくても学習できない――日本にはそんな子どもたちがたくさんいるという。そんな“教育格差”をなくすためにNGO「3keys」は活動しているが、大多数の大人がこの問題を認識していないことに問題があると言う。(2014/3/7)

Google、サンフランシスコ市交通局に680万ドル寄付──社員バス問題緩和目的か
従業員向け無料バスが“格差の象徴”としてサンフランシスコ市民から敵視されているGoogleが、交通局の低所得世帯児童向け無料バスプログラムに約7億円を寄付した。(2014/2/28)

「勤務年数」「仕事の満足度」「業種」は関係なし
「年収1億円稼ぐIT幹部」になれる2つの条件
年収は最低3万ドルから最高約150万ドル――。米TechTargetが実施したIT幹部464人の調査結果は、IT幹部間の収入格差を浮き彫りにした。一方、CIOに求められる役割にも変化の兆しがある。(2014/2/3)

4コマまんが「飯田橋のふたばちゃん」出張版:
【出張その67】格差社会
集英ちゃん、な、何を……。(2014/1/23)

大企業と中堅・中小企業のIT投資は格差が広がる――IDCが予測
IDC Japanは、国内IT市場における2013年上半期の分析と2013年〜2017年の規模予測を発表した。(2014/1/7)

仕事をしたら“金言”を聞くことができた(1):
藤原和博さんに聞く、大学にも“地方格差”はあるのか?
「大学でも東京一極集中化が進んでいる」といった声を聞いたことがあるが、本当にそうなのか? リクルートで働き中学校の校長を務めた藤原和博さんに、大学の現状を聞いた。(2014/1/1)

退職ラッシュで人材確保はタイムリミット寸前
ITよりも保守的? 若者の製造業離れが深刻に
「ジェネレーションギャップ」という言葉は服装や生活のスタイル、流行語など、世代ごとに大きな差異が見られる場合に用いられる。だが製造業にとって、この世代間格差ははるかに厳しい意味合いを持っている。(2013/12/9)

「お金がかかるのは変」 無料の受験動画サイト「manavee」作った東大生 プログラミング未経験から5万人が使うサイトに
高額な受験予備校に疑問を持ち、完全無料の受験動画サイトを作った東大生がいる。利用者は月5万人。運営費用はほとんど自腹。「教育の地域格差、経済格差を解消したい」という。(2013/11/22)

ICHIROYAのブログ:
社内の給与格差は12倍以内に抑えよ――スイスの国民投票、結果はいかに
会社の最低月給が10万円だとしたら、経営幹部の最高月給は120万円以内、年収は1440万円以内に制限する――。社内の給与格差を12倍以内にとどめる制度の是非を問うスイスの国民投票が注目を集めている。(2013/11/15)

欧州委員会が2015年からVATルールを変更、Amazonなど米国系電子書籍ストア大手を完全包囲へ
欧州委員会は2015年から付加価値税のルールを変更することで、EU加盟国間での格差を解消する考え。(2013/9/19)

電力供給サービス:
企業向けは15%以上の値上げに、3社で最大は東北電力
北海道・東北・四国の3電力会社が9月から適用する新料金が決まり、地域間の料金格差も変動する。3社ともに料金が自由化されている企業向けの値上げ率が大きく、標準的なメニューで15%以上も高くなる状況だ。値上げ幅が最も大きいのは東北電力で、東京や沖縄に次ぐ水準まで上昇する。(2013/8/7)

若年世代が1%投票を棄権すると13万5000円損する──世代間格差、投票率にも一因・東北大
若年世代が1%投票を棄権すると、年間13万5000円の損となって跳ね返る──東北大学が試算を発表。1967年からの衆参選の年齢別投票率と国の予算の統計を集め、両社の関係を分析した。(2013/7/17)

電力供給サービス:
東北電力が4社目の値上げ実施へ、地域間の料金格差が広がる
東京・関西・九州に続いて東北電力が電気料金の値上げを申請した。7月から実施する予定で、自由化されている企業向けでは単価を2割以上も引き上げることが確定した。家庭向けは標準モデルで8%程度の値上げだが、認可時には東京電力の場合と同様に縮小の可能性が大きい。(2013/2/15)

遠隔診断支援サービス紹介:ソフトバンクテレコム
がん手術の迅速な病理診断にも効果的な「遠隔病理診断コンサルテーション支援サービス」
“Doctor of Doctors”と称され、患者診療の最終判断を担う病理医。人材不足が続き、地域間の医療格差にもつながるともいわれる。その解決策となる、遠隔診断ネットワークの構築を支援するサービスがある。(2013/2/14)

電力供給サービス:
電気料金の地域間格差が広がる、最大で単価が5割近い開きに
関西電力に続いて九州電力も来年4月からの料金改定を申請した。今年9月に実施した東京電力を加えて3社が値上げに踏み切る。この結果、地域による電気料金の格差が広がり、商店・工場を対象にした契約メニューでは単価で5割近い差になるケースもある。(2012/11/28)

インフルエンザに“予防”格差!? 予防接種と所得の関係
大人なら1回あたり3000〜3500円ほどかかるインフルエンザの予防接種。世帯所得によって、その接種意欲には違いがあるようだ。QLife調べ。(2012/11/26)

「ニッポンのジレンマ大討論」プレイベントをライブ配信 安藤美冬×城繁幸など
「『ニッポンのジレンマ大討論』プレイベント」をライブ配信する。NHKが正月に放送する番組「ニッポンのジレンマ〜格差を越えて 僕らの新たな働き方」の企画で、出演者は安藤美冬さん、城繁幸さん、NHK青井実アナウンサー。配信は11月25日14時0分〜。(2012/11/20)

文系か理系か、キャリア設計から見た大学選び
文高理低と思われてきた「文理」格差ですが、『就職率60%時代を勝ち抜く大学2013』によれば、文系と理系では就活そのものの条件に加え、給与面でも逆転が起きているといいます。(2012/10/10)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。