ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Google Pixel」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Google Pixel」に関する情報が集まったページです。

「Project Fi」が「Google Fi」に名称変更、iPhoneにも対応
Googleが、2015年から米国で提供しているMVNOサービス「Project Fi」を「Google Fi」に名称変更し、サポート機種を拡大してiPhoneでも利用可能にした。(2018/11/29)

Googleさん:
「Pixel 3」を買って体験した、悲しいことと嬉しいこと
Googleストアで予約注文した「Pixel 3」(Not Pink)がようやく到着。遅まきながらのファーストインプレッションです。「Pixel Stand」も便利です。(2018/11/11)

「ギガ使い放題」に「いい買い物の日」――榛葉副社長が語るソフトバンクで「Pixel 3」「Pixel 3 XL」を買うメリット
11月1日、Googleのスマートフォンがついに日本上陸を果たした。とりわけ、ソフトバンクは発売前からプロモーションなどの活動を積極的に行い、発売日には記念セレモニーを開催した。同社で買うメリットはどこにあるのだろうか。(2018/11/1)

「Pixel 3/3 XL」のカメラ、セルフィーはイマイチ? “アラフィフセルフィスト”のすずまりが試した
Googleのオリジナルスマートフォン「Pixel 3」「Pixel 3 XL」が11月1日に日本で発売します。この記事では“アラフィフセルフィスト”のすずまりさんがカメラ性能をチェック。期待のデュアルインカメラに対する意外な評価とは……。(2018/10/30)

カードケータイやPixel 3の狙いは? 融資サービスの需要はどれだけある? ドコモ吉澤社長が語る
10月17日、NTTドコモは2018年冬〜2019年春モデルの製品発表会を開催した。テーマは「ドコモ レンディングプラットフォーム」と「新機種」。これらに関する質疑応答と囲みの一問一答をまとめた。(2018/10/18)

Mobile Weekly Top10:
Googleのスマホ「Pixel 3」はおサイフケータイ対応/「スマホ疲れ」が多い?
今回のランキングでは、ついに日本上陸を果たす「Pixel 3」「Pixel 3 XL」に関する記事が多く読まれました。(2018/10/17)

Felicaマークはいずこに……?:
日本初上陸! 「Pixel 3」「Pixel 3 XL」日本版パッケージに迫る
11月1日、Googleのスマートフォン「Pixel(ピクセル)」がいよいよ日本に上陸する。初の日本投入にして、日本市場専用モデルを用意した両機種を“パッケージ”の面から迫る。(2018/10/16)

石野純也のMobile Eye:
Googleの「Pixel 3/3 XL」はiPhoneの対抗馬になるか? カギは「AI」にあり
Googleが、Pixelシリーズの最新モデル「Pixel 3」と「Pixel 3 XL」を11月1日に発売する。満を持して導入されるPixelだが、その特徴やGoogleの狙いはどこにあるのか。過去、Googleが手掛けてきたデバイスとの違いなども含め、本連載で解説したい。(2018/10/14)

ITはみ出しコラム:
スマホ乗り換えで「Pixel 3」を選んだ理由
Googleのハイエンドスマホ「Pixel 3」が日本上陸。iPhoneとハードウェアスペックや価格を比較されがちですが、AppleとGoogleのスタンスの違いにも注目です。(2018/10/14)

写真と動画で見る「Pixel 3/3 XL」
Googleが自社開発したAndroidスマートフォン「Pixel 3/3 XL」の実機を写真と動画でチェックする。(2018/10/10)

ITmedia NEWS TV:
Pixelシリーズ、何が出る? 「Made by Google」を妄想する
(2018/10/9)

Googleさん:
今年も「Made by Google」を直前予想 無線充電スタンドも?
Appleの9月のiPhone発表イベントほどには注目されない10月の「Made by Google」イベントは今年で3回目。恒例のうわさまとめです。(2018/10/7)

「Google Home Mini」の新色「アクア」間もなく発売
追加した。10月中に発売する。「チョーク」(薄いグレイ)、「チャコール・チョーク」(濃いグレイ)、「コーラル」(赤)も販売を継続する。(2018/10/3)

ふぉーんなハナシ:
謎のサイトはやはり「Pixel」の予告だった――Googleが国内投入を表明 次なる焦点は「日本仕様」?
Googleが設置した「Coming Soon」という謎の日本語ティーザーサイト。その“正体”は、スマートフォン「Pixel(ピクセル)」の国内投入を知らせるものでした。となると、次の焦点は日本で販売されるモデルの“仕様”です。(2018/9/19)

Google、日本への「Pixel」投入認める
10月の「Made by Google」への期待が高まる。(2018/9/19)

Googleさん:
「Pixel 3/3 XL」(仮)日本でも発売? 「Essential Phone」買ったばかりですが。
最新Android OSをなるべく早くインストールしたくて「Essential Phone」を買ったら、Googleさんがオリジナル端末「Pixel」を日本でも販売するらしいティーザーサイトを開設しました。(2018/9/15)

ふぉーんなハナシ:
「Pixel」日本デビュー!? Googleが謎の日本語ティーザーサイトを公開
Webサーフィンをしていたら、Googleが開設した日本語ティーザーサイトを発見しました。スマートフォンらしきモチーフの形状から、Androidスマートフォン「Pixel(ピクセル)」の最新モデルの日本投入を示唆しているものと思われます。(2018/9/14)

Google、新型スマホのティーザーサイト公開 「Pixel 3」日本発売か
同社が開発中のオリジナルスマートフォン「Pixel 3」(仮)を日本市場に投入する可能性がある(2018/9/14)

「ゼロタッチ登録」「Android Enterprise Recommended」も紹介
「Android 9 Pie」でも充実 Androidの仕事で使える最新機能
Googleはここ1年で、「Android」デバイスを企業で管理しやすくする多彩な機能を充実させてきた。「Android 9 Pie」の正式リリースを機に、IT担当者が知っておきたい機能を整理した。(2018/8/25)

AndroidスマホのOSアップデート、なぜ遅い? ソニーモバイルが解説
ソニーモバイルコミュニケーションズが、AndroidのOSバージョンアップを行うプロセスをインフォグラフィックで公開した。(2018/8/20)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
ChromebookでWindows 10を動かす「Campfire」 Googleが開発中か
GoogleのChrome OSが、macOSのようなOSデュアルブート環境に対応するのではないか、とのウワサが話題になっている。近い将来、ChromebookでWindows 10を利用可能になるというのだ。(2018/8/20)

ソニーモバイル、XperiaシリーズがなぜすぐにAndroid Pieにならないのかを図解
ソニーモバイルが、Xperiaの「Android 9 Pie」へのアップデートは11月からスタートすると発表。一部は2019年初頭になるとしている。発表したブログで、GoogleからPDKを受け取ってからアップデートに至るまでの長い道のりを説明するインフォグラフィックを公開した。(2018/8/20)

AI活用やセキュリティ強化、多様なユースケースへ対応:
「Android 9 Pie」が正式リリース、エンタープライズ機能が大幅に強化
Googleが正式発表した最新モバイルOS「Android 9 Pie」では、エンタープライズ機能が大幅に強化されている。(2018/8/8)

「Android P」は「Android 9 Pie」に 正式版OTA開始も“使いすぎ対策”はまだ
GoogleがモバイルOSの新バージョン「Android 9 Pie」を発表した。まずはPixelシリーズとEssential端末へのOTAがスタートした。スマホ中毒対策機能はまだ使えず、年内に追加になる見込み。(2018/8/7)

Google、10月に第二世代「Pixelbook」も発表か
Googleが次期オリジナルスマートフォンを発表する「Made by Google」イベントで、オリジナルのハイエンドChromebook「Pixelbook」の第二世代製品も発表するとエバン・ブラス氏がツイートした。(2018/7/23)

HTC、台湾で1500人をレイオフ──Reuters報道
1月にGoogleにPixel部門を売却したHTCが、従業員の約4分の1にあたる1500人をレイオフするとReutersが報じた。(2018/7/3)

ITはみ出しコラム:
米IT大手の企業買収にみる悲喜こもごも Microsoft、Google、Amazon、Twitterの場合
米IT大手の企業買収には、その企業の思想や方針が見え隠れします。Microsoft、Google、Amazon、Twitterが過去に行った買収劇を振り返ってみました。(2018/7/1)

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:
低価格スマホで若者から支持 モトローラがSIMフリー市場で“安定”している理由
ミッドレンジの「moto g6」と「moto g6 plus」、エントリークラスの「moto e5」を日本で投入するモトローラ。日本でのシェアは安定しているという。SIMフリー市場での戦略をダニー・アダモポウロス社長に聞いた。(2018/6/26)

Android Pはいち早くユーザーの元へ Google「Project Treble」への期待
Android OSのアップデートはメーカーによって対応がバラバラで、最新OSにアップデートしないメーカーもある。これはセキュリティの観点からも大いに問題がある。こうした状況を打開しようとGoogleが取り組んできたのが、「Project Treble」だ。(2018/6/18)

「Pixel 3 XL」(仮)のプロトタイプらしき画像リーク 背面はガラス
Googleの次期オリジナル端末「Pixel 3 XL」(仮)のプロトタイプだとされる画像がXDA Developersのフォーラムに投稿された。ディスプレイの切り欠きや背面の材質がガラスであることなどが確認できる。(2018/6/11)

Pixel 3/3 XL(仮)はiPhoneと同じFoxconnで製造か──Bloomberg報道
iPhone予測で定評のあるBloombergのマーク・ガーマン記者が、Googleの次期Pixelについていくつかの新情報を報じた。背面カメラはシングルで、製造はFoxconnに発注するという。(2018/5/31)

「Pixel 3 XL」(仮)は切り欠き付き? 画面保護ガラスらしき画像がリーク
Googleのオリジナル端末「Pixel」シリーズの次期モデルの画面保護ガラスとみられる画像がWeiboに投稿された。「XL」は切り欠き付きのようだ。(2018/5/29)

Googleがスタンドアロン型ARヘッドセット開発中のうわさ
Googleが、無線のARヘッドセットを開発中であると、内部文書を入手したという独メディアが報じた。マイク付きで、「Googleアシスタント」での音声命令に対応するという。(2018/5/20)

スマートでよりシンプルな「Android P」βテスト開始 11機種が対象
 米Googleは5月8日(米国太平洋夏時間)、Androidの次期バージョン「Android P」を発表。同日から、同社の「Pixel」シリーズのスマートフォンの他、「Xperia XZ2」「Essential PH-1」といった一部サードパーティー製Androidスマホにおいてβ(ベータ)テストを開始した。(2018/5/9)

LGの新フラグシップ「G7 ThinQ」──“切り欠き”、「Googleアシスタント」ボタン、AIカメラ
LG Elecgronicsが新フラグシップAndroidスマートフォン「LG G7 ThinQ」を発表した。6.1型のディスプレイは(見えなくすることもできる)“切り欠き”付きで画面比19.5:9。側面には「Googleアシスタント」専用ボタンがある。(2018/5/5)

Mobile Weekly Top10:
ドコモが“4段階”データ定額導入/「Google Wifi」日本上陸
NTTドコモが利用の少ないユーザー向けに新しいパケットパックを投入しました。ユーザーに受け入れられるのでしょうか……?(2018/5/1)

Alphabet、Googleの広告好調で増収増益、GDPRについては「18カ月準備してきた」
Googleを傘下に持つAlphabetの1〜3月決算は、Googleの広告が好調で2桁台の増収増益だった。ピチャイCEOはEUが5月に施行する「一般データ保護規則」について「18カ月準備してきたので問題ない」と語った。(2018/4/24)

Google、空間に絵を書けるARアプリ「Just a Line」公開 「ARcore」活用で
米Googleが、ARCoreを活用したシンプルなお絵かきアプリを公開した。(2018/3/22)

Google、「Android P」開発者プレビュー公開 “切り欠き”もサポート
Googleが、次期モバイルOS「Android P」の開発者プレビューを公開した。Appleの「iPhone X」にあるような“切り欠き”のサポートや屋内位置情報機能、メッセージのプッシュ通知の強化などの新機能がある。(2018/3/8)

ARアプリ開発基盤と画像情報付加サービスが進化:
Google、Android用AR SDK「ARCore 1.0」の正式版と、AIベース画像情報付加技術「Google Lens」のアップデートを発表
Googleは、同社が進めるスマートフォンカメラのスマート化を支える「ARCore 1.0」の正式版と、「Google Lens」のアップデートを「Mobile World Congress」で発表する。(2018/2/27)

アクセサリーにもなる ロボット型の「USB Type-C」ケーブル発売
フォーカルポイントが、ロボット型のUSB Type-Cケーブル「CABLEART ロボット TYPE C」を発売した。(2018/2/26)

Google、「ARCore」の公式版リリース 一部の端末はアップデートで利用可能に
GoogleのAppleの「ARKit」対抗AR構築SDK「ARCore」の公式版がリリースされる。SamsungのGalaxy S8などをアップデートすればそのままARアプリを利用できるようになり、年内にソニーモバイルなどがさらなる対応端末を発売する見込みだ。(2018/2/25)

Googleの「Pixel」シリーズ、2017年の出荷台数は390万台
米調査会社IDCのアナリストによると、Googleのオリジナル端末「Pixel」シリーズの2017年通年の出荷台数は390万台。前年から倍増したとしている。スマートフォンの総出荷台数は15億台だった。(2018/2/14)

USB-C/USB-Aデバイスを同時に充電 ベルキンのホームチャージャー2製品
ベルキンは、1月26日からホームチャージャー2種類を販売。USB-A/USB-Cデバイスの同時充電可能モデル、最大45Wの高速充電を実現するモデルを順次提供する。(2018/1/24)

適切なデバイス選定の参考に
「iPhone」「iPad」だけじゃない、仕事で使える主要9社のスマホ/タブレットを比較
タブレットとスマートフォンを法人向けに販売する主要ベンダー9社の主力製品を紹介する。各社の製品は多様であり、業務にどこまで役立つかは、まちまちだ。(2018/1/23)

安価なAndroidタブレットは好調
Google「Pixel C」の販売停止が告げるハイエンドAndroidタブレット時代の終わり
Googleは、同社最後のAndroidタブレット兼ノートPC「Pixel C」の販売をひっそりと停止した。400ドル以上という高価なAndroidタブレットは消費者に受け入れられなかったようだ。(2018/1/13)

Google、スマホのディスプレイをスピーカーにする技術メーカーを買収──Bloomberg報道
Googleが、スマートフォンなどのディスプレイをスピーカーにする“パネルオーディオ”という技術を手掛けるReduxを買収したとBloombergが報じた。(2018/1/12)

“安価版Pixel”ともいえる仕上がり
「Nokia 8」徹底レビュー、“憧れのNokia”復活を予感させるAndroidスマホ
「Nokia」ブランドのAndroidスマートフォン「Nokia 8」の仕上がりは、全盛期のNokia製品をほうふつさせる。「もう少し早く出ていれば、歴史は変わっていたのではないか」と思わせるほどだ。(2017/12/23)

失敗しないモバイルデバイス選びの5大ポイント【前編】
「iPhone」と「Android」スマホを比較するなら「機種」「OS」にまず注目すべし
数あるモバイルデバイスの中から自社に最適な製品を選ぶためには、何を確認すべきなのか。主要な選定ポイントを紹介する。(2017/12/21)

Google、「Project Tango」の終了を正式発表 「ARCore」開発者プレビュー2公開
Googleが「ARCore SDK Preview 2」リリースに合わせ、2014年2月に立ち上げたAR(拡張現実)プロジェクト「Project Tango」のサポートを2018年3月1日に終了すると発表した。(2017/12/18)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。