ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ラリー・エリソン」最新記事一覧

「Java」開発力があるならSaaSベンダーへ転身?
600以上のアプリと共通基盤でクラウドへの移行を支援する日本オラクルが目指すもの
「Oracle Database」や「Oracle Exadata」をはじめとする“製品”の印象が強いOracle。実は約600ものクラウドアプリケーションを擁する屈指のSaaSベンダーだ。同社がクラウドビジネスへの取り組みを強化する狙いとは。(2016/6/22)

Oracle Cloud Platform Summit Tokyo基調講演レポート:
オラクルが担うクラウドと「バイモーダルIT」、あらためて“POCO”に込めた真意
日本オラクルが「Oracle Cloud Platform Summit Tokyo」を開催し、杉原社長らが日本における同社のPaaS/IaaS戦略を説明。新旧のIT需要を両立する「バイモーダルIT」を支えるのは、Oracle Cloud Platformだとアピールした。(2016/5/19)

2016年 新春インタビュー特集:
クラウドがあらゆる“格差”を埋める未来――日本オラクル・杉原社長
POCO戦略を打ち出し、クラウド事業を推進しているオラクル。社長の杉原氏は、クラウドには、日本の競争力を阻害するさまざまな“格差”を解消する力があると語る。特に高齢化社会対策で効果を発揮する可能性があるようだ。(2016/3/7)

Go AbekawaのGo Global!〜Scott McNealy編:
「Network is the computer」の男が思い描く、コンピュータの未来
グローバルを股に掛けたキャリアを築いてきたIT業界の先輩にお話を伺うシリーズ。今回はサン・マイクロシステムズ社共同創立者のScott McNealy氏に、同社創立時の思い出、そして現在取り組んでいること、エンジニアへの思いなどを伺った。※マクネリー氏のメッセージ動画付き(2016/2/15)

Database Watch(2015年総集編):
データベースウォッチャーが振り返る2015年、「次に“来る”DBの技術トレンド」とは
クラウド、IoT、ビッグデータ、あるいは機械学習やAIなど、これまで“ITバズワード”だった技術が、急速に実需として具体化しています。その“データ”はどこに蓄積されるのか。そう、データベースです。データベースの最新事情を追う連載「Database Watch」から、2015年の動向を振り返り、「次に“来る”DBトレンド」を先読みします。(2015/12/28)

「未来のITインフラが、今ここに」をアピール:
オラクルが注力する「コンバージドインフラ戦略」の意図
「いま出荷しているのは、未来のITインフラである」。オラクルが日本顧客向けイベントで、クラウドの基礎となるハードウエアの重要性をアピール。同社が注力するコンバージドインフラストラクチャの戦略を語った。(2015/12/18)

Weekly Memo:
日本オラクルが独自戦略「POCO」を打ち出した理由
日本オラクルが「POCO」(ポコ)と呼ぶ日本独自のキャッチフレーズのもと、クラウド事業に注力している。同社が先週開催したイベントでPOCOに込めた狙いが見えてきた。(2015/12/14)

Database Watch(2015年11月版):
SPARC M7に実装された「Software in Silicon」とは何か
データベースというソフトウエア技術を追いかける本連載で「SPARC」について言及する日が来るとは思いませんでした。今回はオラクルのデータベース性能を強化するためのチップに実装された技術「Software in Silicon」を深追いします。(2015/12/3)

Database Watch(2015年10月版):
オラクルが確約した「クラウド6箇条」と「Database 12c R2」の気になるトコロ
米オラクルのラリー・エリソンCTOが、同社の年次イベントで今後のクラウド事業の行方を確約する「Oracle Cloud、6つの設計目標」を掲げました。同時に発表された基幹製品「Oracle Database 12c」の次期バージョンのポイントと共に、そこにどんな狙いがあるかを振り返ります。(2015/11/19)

Oracle OpenWorld 2015:
PR:オラクルが表明した「クラウド」のデザインゴールとハードウエアの関係
「Oracle OpenWorld 2015」は「クラウド」を軸に、そこで必要になるインフラをオラクルがどう提供していくのかが明確に見えたイベントでした。詳細をリポートします。(2015/11/10)

Oracle OpenWorld 2015 Report:
オラクル、セキュリティ対策機能を内蔵した新プロセッサ「SPARC M7」
オラクルが新プロセッサ「SPARC M7」を発表。高度な侵入防止と暗号化のための“Security in Silicon”とともに、SQL高速化を実現する。(2015/10/28)

Oracle OpenWorld 2015 Report:
クラウド事業好調、「SAPは“どうでもよくなった"」 ラリー・エリソンCTO
IT企業のカンファレンスで世界有数の規模を誇る「Oracle OpenWorld」が今年もサンフランシスコで開幕した。マーク・ハードCEO、ラリー・エリソン会長兼CTOがオープニング基調講演にさっそく登場した。(2015/10/26)

Database Watch(2015年8月版):
「Oracle Cloud Platform」は日本のオラクルユーザーのクラウド移行を助ける?
新しいIT環境のトレンドと既存の技術はどう共存できるでしょうか? 多くのITベンダーが両者の連携や統合を模索する中、日本オラクルもクラウドプラットフォームを軸に既存システムの“現代化”支援を打ち出しました。(2015/9/8)

Weekly Memo:
オラクルが示す「儲けるクラウド」の根拠
日本オラクルが先週、クラウドプラットフォームの新サービスを発表した。AWSと真っ向から戦うのか? クラウドサービスで“儲ける算段”はついているのか? 同社首脳陣にズバリ聞いてみた。(2015/7/27)

“攻めのIT”には何が必要か 「HCMクラウド事業」を推進するオラクルの意図
オラクルがクラウド型人事アプリケーション「Oracle HCM Cloud」の機能拡張を発表。攻めのITには“次世代型の人材”が必要。ソーシャルも評価する概念を取り入れた、新時代の人事・人材戦略のあり方を日本市場でも推進していく。(2015/7/9)

“POCO”って何だ?:
生まれ変わる日本オラクル、クラウドソリューション販売体制を強化
30年の節目を第二創業期と位置付けた“新生”日本オラクルが新年度事業戦略を発表。クラウドトータルソリューション提供企業に生まれ変わろうとしているようだ。(2015/7/1)

Database Watch(2015年5月版):
オラクルが考えるDBインフラのクラウド化「DBaaS」とは? 実現方法と支援環境を聞く
「DBaaS(ディービーアース、Database as a Service)」実現に向けて、オラクルはどのような移行プロセスを考えているのだろうか。段階的移行の三つのステップとそれを支援する環境をどこまで用意しているのかを、米オラクルの担当者に取材した。(2015/6/4)

Oracle CloudWorld Tokyo 2015リポート:
PR:Oracle Databaseはどこまでクラウド指向か
Oracle Database部門のトップが語るデータベースの未来とは? 「Oracle CloudWorld Tokyo 2015」の特設サイト『ORACLE CLOUDWORLD ONLINE』から、注目セッションを紹介。[プライベートクラウド/データベース統合][運用管理効率化][Oracle Database 12c][Engineered System][Oracle Enterprise Manager](2015/5/15)

Database Watch(2015年4月版):
これからのORACLE MASTERはPaaSのスキルが必須に
「クラウドナンバーワンカンパニー」を目指すオラクルが、日本国内にデータセンターを開設することが明らかになるなど、話題が多かった「Oracle CloudWorld Tokyo 2015」をウオッチ。「ORACLE MASTER」の資格取得者にもPaaSスキルが問われる時代になったようです。(2015/5/1)

Weekly Memo:
SaaSに注力――オラクル ラリー・エリソンCTO講演発言の意図を読む
Oracle創業者のラリー・エリソン会長兼CTOが先週来日し、自社イベントでクラウド事業について語った。その中から興味深かった発言を取り上げ、筆者なりに意図を読んでみたい。(2015/4/13)

「満を持して投入」杉原社長:
オラクル、“日本版”PaaS開始 国内DCも年内設置へ
日本オラクルがPaaS「Oracle Cloud Platform」を日本でも“満を持して”投入する。合わせて、国内データセンターの年内に設置する計画も明らかにした。(2015/4/9)

「競合はIBMでもSAPでもなく、セールスフォースとAWS」――ラリー・エリソン氏
日本オラクルが「Oracle CloudWorld Tokyo 2015」を開催。その基調講演に、米オラクルのCTO、ラリー・エリソン氏が登壇、「Oracle Cloud」推進のために日本にデータセンターを開設する構想を明らかにした。(2015/4/10)

顧客の声に耳を傾けるべき
拝啓、Oracle様「Oracleは顧客の信頼を失っている」
以前からOracleのライセンス戦略に批判的なNPOが、Oracle宛の公開書簡を発表。Oracleに対し、7つの要望を掲げた。アナリストも、Oracleとの契約見直しを勧める。(2015/3/4)

Weekly Memo:
オラクルの「エンジニアドシステム」が目指すコンピューティング
オラクルが高速データベースマシンの新製品発表を機に、「エンジニアドシステム」が目指すコンピューティングについて明らかにした。キーワードは仏教用語の“無分別智”だ。(2015/2/2)

革新的なクラウドが経営/ビジネスに与えるインパクト:
PR:企業IT戦略を担うキーパーソンが語る、クラウドと企業IT
「クラウドでもNo.1になる」──そう宣言した日本オラクルは、2014年10月に都内で「Oracle Days Tokyo 2014」を開催。基調講演で米オラクルの幹部が同社クラウド戦略を説明すると、続くパネルディスカッションでは国内企業のIT戦略を担うキーパーソンが会し、クラウドの戦略的価値について議論した。[プライベートクラウド/データベース統合][Oracle Database 12c][Engineered System][Oracle Multitenant](2014/11/28)

Oracle Days Tokyo 2014基調講演レポート:
PR:クラウド/ビッグデータ時代の企業システムが直面する課題に、オラクルはどう応えたか
日本オラクルは2014年10月、都内で「Oracle Days Tokyo 2014」を開催した。「クラウドで切り拓く最先端ビジネス」をテーマに掲げた同イベントでは、米国サンフランシスコで催された「Oracle OpenWorld 2014」における発表内容も交えつつ、クラウドカンパニーとしてNo.1を目指す同社の最新技術/製品を披露した。[プライベートクラウド/データベース統合][ビッグデータ][運用管理効率化][Engineered System][Oracle Database 12c][Oracle Multitenant](2014/11/26)

ラリーさんの言う通り?:
既存ユーザーが使いやすいOpenStack「Oracle OpenStack for Oracle Linux」
オラクルがIcehouse版をベースにしたOpenStackディストリビューションを発表。エンタープライズ利用でのサポートを充実させ、自社既存製品群との連携にも注力している。(2014/10/8)

Oracle OpenWorld San Francisco 2014 Report:
「ボタンを押すだけでクラウドに」 エリソン会長がPaaSを積極アピール
3日目を迎えたOracleの年次カンファレンスでは、ラリー・エリソン会長が再びキーノートに登場。同社クラウドサービスの強みを繰り返した。講演冒頭では珍しいシーンも。(2014/10/1)

AWS、Google Cloud同等の価格帯でのクラウドサービス提供を明言:
オラクルのクラウドサービスは互換性維持を重視、パートナープログラムの拡充も
オラクルがクラウドサービスを強化、自社顧客/パートナーにとって、クラウド選定の第一の選択肢となるべく、IaaSを含むサービス群を発表した。(2014/10/2)

Oracle OpenWorld San Francisco 2014 Report:
SaaS事業を急拡大、Salesforceに対抗 ラリー・エリソン会長
IT企業のカンファレンスで世界有数の規模を誇る「Oracle OpenWorld」が今年もサンフランシスコで開幕した。今月半ばにCEOを退任したばかりのラリー・エリソン経営執行役会長兼CTOがオープニングキーノートにさっそく登場した。(2014/9/29)

Oracle創業者のラリー・エリソン氏がCEOを退任 会長兼CTOに
Oracleの創業CEO、ラリー・エリソン氏がCEOを退任し、会長兼CTOに就任する。今後は製品開発などにフォーカスするが、引き続き会長として新CEOのサフラ・カッツ氏とマーク・ハード氏と3人のマネジメントチームで同社を率いる。(2014/9/19)

Database Watch(2014年7月版):
Oracle Database In-Memory/Amazon Kinesisが日本国内に
ついに、Oracle Database In-Memoryが日本国内でも提供スタート。Amazon Kinesisは東京リージョンが選択できるようになった。ぞれぞれをウォッチした。(2014/8/6)

今やるべきデータベースセキュリティ対策:
PR:内部犯行から効果的に情報を守る方法とは?
企業に対するサイバー攻撃や内部犯行の多くは、データベース内のデータを狙っている。特に脅威となるのは、企業ネットワークの内部で起きる内部犯行や標的型攻撃だ。重要な機密データの安全性を保つために、オラクルは何をしようとしているのか。日本オラクル 執行役員の山本恭典氏が語る。[セキュリティ対策][Database Security](2014/7/25)

Weekly Memo:
オラクルはクラウドサービスの低価格競争に参戦するか
Amazon、Microsoft、Google、IBMなどが価格競争を繰り広げるIaaS型クラウドサービス市場。この激戦区にOracleは参戦するのか。日本オラクルの杉原博茂社長に聞いた。(2014/7/7)

7月24日開催の「Oracle DBaaS & Big Data Summit」で明らかに:
PR:「オラクルのインメモリDBが企業ITにパラダイムシフトを」 ――ビジネスにもたらす価値は?
2014年7月24日、日本オラクルは東京 恵比寿で「Oracle DBaaS & Big Data Summit」を開催する。先ごろ、米国で発表された「Oracle Database In-Memory Option」のお披露目、Oracle Exadataの最新ユーザー事例セッションなどが予定される同イベントの見所を紹介する。[プライベートクラウド/データベース統合][ビッグデータ][Engineered System][Oracle Database 12c](2014/7/4)

杉原社長が2015年度戦略説明会を実施:
ビジネスモデルを変える覚悟で「No.1 Cloud Company」を目指すオラクル
オラクル杉原社長が2015年度戦略説明会を実施。改めて「No.1 Cloud Company」への覚悟を表明し、確固たる意志を持ってビジネスモデルを変革していくとした。(2014/7/1)

Computer Weekly:
OracleがSolaris 11.2を発表! だがSolarisとSPARCの将来性は……?
米OracleがSolaris 11.2のβ版をリリースし、ダウンロード可能になった。「完璧なプラットフォームだ」と自画自賛する同社だが、SolarisとSPARCへの投資を継続するのだろうか?(2014/6/18)

本番データ、そのままHadoopにコピーして大丈夫?:
オラクルが考える「データ」を守るためにすべきこと
オラクルはデータベースの会社だが、セキュリティにも注力している――日本オラクルはこれまで発表してきたセキュリティ関連ソリューションをまとめ、データが狙われる時代に、データベースができること紹介した。(2014/6/12)

Oracle Database 12c対応ハードウェアで利用可能:
100〜1000倍の高速化を実現――オラクル「Oracle Database In-Memory」を発表
オラクルがインメモリデータベース「Oracle Database In-Memory」を発表した。エンタープライズアプリケーションのテストでは、100〜1000倍の高速化を実現できたという。(2014/6/11)

新経済サミット2014:
OracleのエリソンCEO、ナイーブなプライバシー保護論に苦言 ジョブズ氏の思い出も
「新経済サミット2014」が開幕し、Oracleのラリー・エリソンCEOが基調講演に登壇。プライバシーデータに関する“過剰な反発”に疑問を呈し、「民主主義国家に生きる我々は社会をよりよくするために活用できる」と自説を展開した。(2014/4/9)

Forbesの世界長者番付、ビル・ゲイツ氏が首位復活 複数のFacebook関係者が初ランクイン
Forbes恒例の世界長者番付で、ビル・ゲイツ氏が5年ぶりに首位に返り咲いた。Facebookの株価上昇を受け、マーク・ザッカーバーグCEO他、シェリル・サンドバーグCOOなど数人の関係者がランクインした。(2014/3/4)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
IT業界における30年間の経験を生かし日本の次世代リーダーを育成する
外資系企業で働き「日本は最高だ」と感じた。日本のことを正しく海外に伝え、海外のことを日本に伝える。次世代リーダーの育成から日本を元気にしたい。(2014/2/12)

三国大洋の箸休め(20):
英語の読み方・ニュースの読み方――ビッグデータで弱みを強みに、TIBCO創業者の意外なエピソード
不利な条件に置かれた弱者が、意外な方法で恵まれた強者を打ち破る――TIBCO創業者が、娘の所属するバスケチームで起こしたそんな「奇跡」の1つを、米国の売れっ子作家の1人が紹介している。(2013/12/25)

選ばれ続けるリーダーの条件:
結局、“本物”しか選ばれない
人生は「選ばれる」ことの連続です。受験や就職活動など、人生の中で選ばれるという段階が必ず存在します。仕事での昇進や昇給も「選ばれる」行為そのものです。このように、ビジネスにおいて欠かせないのが、選び、選ばれるということなのです。(2013/12/6)

Database Watch(2013年11月版):
現実味を帯びてきた「Database as a Service」/MySQL
今月はOracleが掲げるDBaaSとExadataのインメモリデータベース技術、加えてMySQLのラボにて開発中の新機能について紹介します。(2013/11/20)

Oracle OpenWorld San Francisco 2013 Report:
DBやJavaも あらゆる企業にクラウドのすべてを
イベント史上初となるMicrosoftのパートナー講演に、ラリー・エリソンCEOの講演キャンセルと“珍事”が続いた中、キーノートに登壇したトーマス・クリアン製品開発担当役員がクラウド事業の進ちょくを語った。(2013/9/25)

Oracle OpenWorld San Francisco 2013 Report:
異次元のEngineered Systemsがインメモリの恩恵をすべてのアプリに
Oracleが先鞭をつけた垂直統合型システム。今週発表されたハイエンドのSuperCluster M6-32は、Oracle Database 12cのインメモリ機能を最大限に引き出し、すべてのアプリケーションの処理速度を飛躍的に高めるという。(2013/9/25)

OOW 2013速報:
オラクル、Oracle 12cにインメモリとカラム型データベースの追加機能を発表
米国で開催中のOOW 2013では、12cのインメモリオプションや“ビッグメモリマシン”「Oracle M6-32」、DBのトランザクションログ管理アプライアンスやそのクラウド展開などの発表が相次いだ。(2013/9/24)

Oracle OpenWorld San Francisco 2013 Report:
データベースの革新は止めない 分析とOLTPを同時に高速化
年次イベント「Oracle OpenWorld San Francisco 2013」、2日目のゼネラルセッションでは、Oracleのデータベース責任者であるアンドリュー・メンデルソン氏が、データベース関連製品の現状を解説した。(2013/9/24)

Oracle OpenWorld San Francisco 2013 Report:
インメモリDBに本腰 エリソンCEOが取り組み語る
富士通に続いてオープニングキーノートに登場したOracleのラリー・エリソンCEOは、新たなデータベースオプション機能を発表。「インメモリによって、既存ユーザーのDBにおけるクエリは超高速化する」と繰り返した。(2013/9/23)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。