ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

  • 関連の記事

「LINE Pay」最新記事一覧

「LINE」アプリ上で自社のユーザー獲得やプッシュメッセージ配信を実現:
「LINE」と企業のWebサービスを連係する「Official Web App」、一部機能を提供開始
LINEは、コミュニケーションアプリ「LINE」を企業のWebサービスと連係させてユーザーのシームレスなサービス利用を実現する「Official Web App」を、今秋の本格ローンチに先駆け一部提供開始した。(2016/8/22)

「メッセンジャーの陣取り合戦は終わった」──日米同時上場のLINE、次の戦略は
「スマホメッセンジャーの陣取り合戦は終わった」――日米同時上場したLINEは、世界展開を視野に入れる。だが、単なるメッセンジャーアプリだけでは、他SNSとの競争激化は避けられない。そんな状況を踏まえ、同社が打ち出す戦略「スマートポータル」とは。(2016/7/15)

LINE Payにローソン店頭で現金チャージできる「LAWSONレジチャージ」スタート
LINE Payのプリペイドカード「LINE Pay カード」に、現金で直接チャージできる「LAWSONレジチャージ」サービスが登場した。(2016/6/28)

インターネットの第二の波とソーシャルメディアマーケティング:
“FinTech法案”の陰で進む電子マネーの規制緩和に注目
仮想通貨を規制する法改正案が5月25日の参議院本会議で可決・成立。また、FinTech推進に向けて銀行のIT企業への出資規制を緩和する銀行法改正案も可決・成立した中、期待される日本のFinTech展開について考える。(2016/6/15)

三菱UFJ銀、独自の仮想通貨を一般向けに発行か
三菱東京UFJ銀行が独自の仮想通貨を一般ユーザー向けに発行すると、朝日新聞デジタルが伝えた。(2016/6/10)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
MVNOだけではない、LINEの大きな戦略転換 プラットフォーム事業を再定義か
LINEがリアル決済や格安SIMへの参入を発表した。既存のプラットフォーム事業も見直しが進んでいる。その背景には何があるのか、昨今の動向から今後を見通した。(2016/4/21)

石野純也のMobile Eye(3月14日〜25日):
“LINE無料”を打ち出した「LINE MOBILE」の衝撃――業界には大きな課題も
LINEが3月24日に「LINE CONFERENCE TOKYO 2016」を開催した。そこで披露された大きなサプライズが、MVNO事業の「LINE MOBILE」だ。月額500円から、LINEのサービスが使い放題となるというインパクトのある内容だが、課題も残っている。(2016/3/26)

特集:FinTech入門(6):
金融庁はFinTech革命にどう向き合うのか?――新たな決済サービス、キャッシュマネジメントサービス、電子記録債権、XML電文、国際ローバリュー送金、そして規制改正
金融とITの融合によって多様で革新的な金融サービスを生み出す原動力になると期待されるFinTech。FinTechは日本の金融システムに何をもたらそうとしているのか? 1月20日に開催された「BINET倶楽部セミナー」では、金融庁総務企画局企画課で企画官を務める神田潤一氏が「日本におけるFinTechの活性化に向けた金融庁の取り組み」と題して講演を行った。(2016/3/2)

即席!3分で分かるITトレンド:
【図解】コレ1枚で分かる「FinTech」
金融ITの分野で、お金にまつわるさまざまなサービスを生み出し、注目を集めている「FinTech」。その概要を4つのビジネス分野に整理しながら解説します。(2016/1/25)

新春インタビュー:
メッセンジャーを軸に、LINEはスマートフォン時代の新たなポータルになる――LINE 出澤剛社長に聞く
日本を代表するプラットフォームサービスとなった「LINE」は、コミュニケーション分野で大きな存在感を示し、デジタルコンテンツ、物販やO2O、タクシー配車などさまざまな分野に裾野を広げている。LINEは2016年にどこへ向かうのか。出澤社長に聞いた。(2016/1/4)

終電逃した! そんなときに便利な「LINE TAXI」の活用法
(2015/11/29)

LINE Pay、店舗で利用できる「モバイル決済 for Airレジ」に来春対応
モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」は、オフライン店舗で使用できるモバイルペイメントサービス「モバイル決済 for Airレジ」に対応。時期は2016年春ごろを予定している。(2015/11/19)

LINE、JR新宿駅南口の新ビルに本社移転 17年1月めどに
現在「渋谷ヒカリエ」に入居するLINEが、2017年1月をめどにJR新宿駅南口「JR新宿ミライナタワー」にオフィスを移転する。(2015/9/11)

“パスワード限界論”で再考する「認証システム」の現実解【第2回】
「クラウド」「モバイル」の認証は今、どうなっているのか?
認証の今後を考える上で、特に重要となるクラウドとモバイル。どのような認証の仕組みが利用できるのだろうか。現状を整理する。(2015/6/26)

フラッシュセール事業を開始:
LINEが日替わりで毎日1万点のセール情報を提供開始
LINEは2015年5月14日、同社が運営するスマートフォン用無料通話/無料メールサービス「LINE」において、「LINE FLASH SALE」の提供を開始した。(2015/5/15)

LINE、1〜3月期の売上高は70%増の281億円 グローバル展開加速
LINEの1〜3月期の売上高は前年同期比70%増の281億円。スマホプラットフォーム世界一を掲げ、グローバル展開を進める。(2015/4/30)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
“海外”と“LIFE”に集中して取り組む――新社長 出澤氏が語るLINEの新戦略
LINEの代表取締役社長が、森川亮氏から出澤剛氏へと交代した。出澤氏の体制となって、LINEはどのように変わるのだろうか。また現在進めている「LIFE」プラットフォーム事業は、今後どのように変化するのだろうか?(2015/4/6)

LINE Pay決済が「ZOZOTOWN」「HMV ONLINE」などに対応
「LINE」と連携した送金・決済サービス「LINE Pay」の決済機能が、「ZOZOTOWN」「HMV ONLINE」など7つのECサイト/アプリに対応する。(2015/3/3)

「LINE」でタクシー配車「LINE TAXI」、22都道府県に拡大
「LINE TAXI」のサービスエリアが22都道府県に拡大。北海道や東北、関東甲信越、東海、関西、九州などの一部地域で利用できるようになった。(2015/2/25)

R25スマホ情報局:
タクシーも!? 便利なLINE連携機能5選
LINEはトークと通話しか使っていないという人は少なくないのでは? LINEには連携して使えるアプリがたくさんあり、1月にはLINEでタクシーの配車ができる「LINE TAXI」も始まりました。(2015/2/20)

求人情報は約10万件:
人手不足を解消できる? アプリ内で応募ができる「LINEバイト」
インテリジェンスとLINEが共同出資したAUBEが、LINEアプリ上でアルバイト求人情報サービス「LINEバイト」を公開した。アプリ上に約10万件の求人情報を掲載し、ユーザーは閲覧、応募が可能となっている。(2015/2/17)

LINEでバイト探し 「LINEバイト」スタート
LINEアプリ上で利用できるアルバイト求人情報サービス「LINEバイト」がスタート。(2015/2/16)

なぜ今若者のアルバイト探しなのか? 「LINEバイト」が生まれたワケ
スマホ時代の求人情報サービスを――インテリジェンスとLINEは、新会社「AUBE」を設立。若者向けのアルバイト求人情報サービス「LINE」バイトをリリースした。(2015/2/16)

LINEでバイトが探せる「LINEバイト」スタート
「an」を運営するインテリジェンスとLINEが提供する。(2015/2/16)

LINEの“公開用”アカウント「LINE@」全ユーザーに開放 “仕事用サブアカ”誰でも可能に
LINEのビジネスアカウント「LINE@」が個人を含む全ユーザーに開放。通常のLINEアカウントはプライベートのクローズドな関係、「LINE@」のアカウントはビジネスなどオープンな関係で使い分けることを想定している。(2015/2/13)

LINE、決済APIの「WebPay」買収 LINE Payの機能拡充へ
LINEは、子会社LINE Payを通じ、Webサイトに組み込むクレジットカード決済API「WebPay」を提供するベンチャー企業のウェブペイ・ホールディングスを買収した。(2015/2/10)

3分で分かる LINEのビジネス戦略:
LINE、継続的な品質改善がユーザー確保の原動力に
無料コミュニケーションアプリ「LINE」を提供するLINEのビジネス動向や重点領域などを聞いた。(2015/2/10)

モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」、不正利用による損害を補償する制度導入
LINE Payユーザーが第三者による不正利用で損害を被った際にLINEが損害額を補償する。(2015/2/5)

モバイル決済「LINE Pay」、不正利用の損害を補償 損保ジャパン日本興亜が提供
「LINE Pay」に、第三者による不正利用によって被った損害を補償する制度が導入された。損害保険ジャパン日本興亜が補償を提供。全ユーザーが利用できる。(2015/2/5)

「LINE Pay」で第三者による不正利用のユーザー補償制度がスタート
モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」で、第三者の不正利用で受けた損害を補償する利用者補償制度がスタート。申し込みや費用は不要だ。(2015/2/5)

LINEの2014年売上高、前年比2.1倍の863億円に
LINEの2014年通期の売上高は前年から2.14倍の863億円に拡大した。(2015/1/29)

狙うはシニア、ジュニア、2台持ちユーザー――ターゲットを明確化したauの戦略
auの2015年春モデルはターゲットを明確に打ち出した端末がラインアップされた。春商戦を勝ち抜くために、残代金を割り引いて機種変更を促す独自キャンペーンも実施する。(2015/1/19)

バイト探しもLINEで 「LINEバイト」2月にスタート LINEとインテリジェンスが合弁会社設立
インテリジェンスとLINEがアルバイト求人情報で合弁新会社。「LINEバイト」を2月にスタートする。(2015/1/15)

LINEでタクシーを配車:
日本交通と連携したタクシー配車サービス「LINE TAXI」の東京版が公開
LINE上からタクシーを呼べる「LINE TAXI」が公開。まずは23区内・三鷹市・武蔵野市に対応した東京版を提供する。(2015/1/6)

「LINE」からタクシー呼べる「LINE TAXI」、東京版スタート 近く全国に
「LINE」アプリ上からタクシーを呼べるタクシー配車サービス「LINE TAXI」の東京版がスタート。全国版も近日中に提供する予定だ。(2015/1/6)

LINEからタクシー配車が可能に! 「LINE TAXI」の東京版が登場 
全国版は近日公開。(2015/1/6)

新春インタビュー:
事業スピードを速めて「真のグローバル企業」を目指す――代表取締役COO 出澤氏に聞く 2015年のLINE(後編)
LINEの次期社長にして、代表取締役COOの出澤剛氏に話を聞いていくインタビューの後編では、LINEが2014年に発表したコンセプト「ライフプラットフォーム」と「エンタテイメントプラットフォーム」についてひもといていく。(2015/1/5)

新春インタビュー:
もっと速く、スマホ時代の先へ行く――代表取締役COO 出澤氏に聞く 2015年のLINE(前編)
全世界で1億7400万の月間アクティブユーザー、そして日本では5400万人以上のユーザーを抱える巨大サービスの「LINE」。スマートフォン時代を象徴するサービスともいえるLINEは、今後どこに向かうのか。2015年4月から社長に就任する出澤剛氏に話を聞いた。(2015/1/1)

「LINE」アップデートで不具合
「LINE」アプリ新版へのアップデート時に「着せ替え」のアップデートの途中で止まってしまうなど不具合が起きている。(2014/12/17)

LINEがモバイル向け送金・決済サービス「LINE Pay」を提供開始
LINEは、モバイル向け送金・決済サービス「LINE Pay」の提供を開始した。(2014/12/16)

LINEの決済サービス「LINE Pay」スタート 相手の口座知らなくてもLINEの友人に送金
LINEと連携した送金・決済サービス「LINE Pay」がスタート。まずは、LINEを通じてユーザー間での送金が行える機能などを提供する。(2014/12/16)

最高額は39万円:
“カワイイ”であふれる原宿「LINE FRIENDS STORE」に行ってきた
12月13日にオープンする原宿のLINE公式キャラクターグッズショップ「LINE FRIENDS STORE」では、店舗限定のLINEグッズを多数販売する。商品購入者向けの限定スタンプも配信予定。(2014/12/11)

“失敗覚悟”の多角展開 LINEは「生活×エンタメ」密着のプラットフォームで世界一目指す
LINEの事業戦略発表会で、森川亮CEOは「生活」と「エンタメ」の両軸プラットフォームとしてLINEを成長させていくことを発表。うわさされている上場については明言を避けた。(2014/10/14)

LINE、「LINE CONFERENCE TOKYO 2014」で新サービスやパートナーシップ戦略など10の発表
LINEがなんかすごい。(2014/10/10)

決済、タクシー、音楽──“リアル”へ急加速する「LINE」
決済サービス、タクシー配車、音楽……LINEは新サービスを通じ、ユーザーの“リアル”に深く食い込もうとしている。(2014/10/9)

LINE GAMEも拡充、音楽サービスも:
LINE、決済サービス「LINE Pay」や屋内専用ナビ「LINE Maps for Indoor」を発表
LINEが、新しい決済サービス「LINE Pay」を今冬から提供する。LINEからタクシーを呼べる「LINE TAXI」や、デリバリーサービス「LINE WOW」とも連携する。屋内専用ナビサービス「LINE Maps for Indoor」や、LINE GAMEの拡充、音楽のストリーミングサービスなども発表した。【更新】(2014/10/9)

LINEの決済サービス「LINE Pay」冬に開始へ LINEからタクシー呼べる「LINE TAXI」と連携も
LINEは10月9日、決済システム「LINE Pay」を今冬にスタートすると発表した。ECサイトの決済に利用できるほか、LINEユーザー同士での送金も可能だ。LINEからタクシーを呼べる「LINE TAXI」もスタートする。(2014/10/9)

LINE、スマホ決済機能「LINE Pay」を発表 2014年冬予定
割り勘システムも。(2014/10/9)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。