ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「リチウムポリマー」最新記事一覧

ミツミ電機 MM3358シリーズ:
温度保護機能付きの2次電池1セル用保護IC
ミツミ電機は、温度保護機能付きのリチウムイオン/リチウムポリマー2次電池1セル用保護IC「MM3358」シリーズを発表した。セルの過充電、過放電、過電流の保護機能を内蔵している。(2016/11/4)

aptX HDに対応:
世界初のフルデジタル伝送&ワイヤレスヘッドフォン! オーテクから「ATH-DSR9BT」「ATH-DSR7BT」登場
オーディオテクニカは、ワイヤレスヘッドフォンの新製品として「ATH-DSR9BT」および「ATH-DSR7BT」を11月下旬に発売する。「Dnote」技術を採用したフルデジタルヘッドフォンだ。(2016/10/13)

「ポメラはポメラらしく進化してきた」――新モデル「DM200」Wi-Fi対応、新ATOK搭載で語彙は3倍に
テキスト入力に特化したデバイス「ポメラ」に新製品が登場する。シリーズ初のWi-Fi機能を搭載し、日本語入力システムには「ATOK」を採用した。(2016/10/4)

蓄電・発電機器:
産業用ドローンに最適なリチウムイオン二次電池を開発、正極材に工夫
NECエナジーデバイスは、業務用ドローン向けに高出力で安全性の高いリチウムイオン二次電池のプロトタイプを開発した。軽く長寿命化が実現可能だという。(2016/9/29)

産業用ドローンに最適な高出力リチウムイオン充電池、NECが開発
NECエナジーデバイスが産業用(業務用)ドローンなどに向けた、高出力かつ安全性の高いリチウムイオン充電池の開発に成功した。ドローンに搭載すれば、飛行時間ならびに飛行距離の約33%向上が見込める。(2016/9/28)

長時間の安定飛行や低温環境での飛行を実現:
新型Li二次電池、ドローンの飛行回数を2倍に
NECエナジーデバイスは、業務用ドローン向けに、高出力で安全性に優れたリチウムイオン二次電池のプロトタイプを開発した。現行のリチウムポリマー二次電池に比べて長寿命であり、飛行可能な回数を2倍以上に増やすことができる。(2016/9/29)

バッテリーの発火事故を受けて:
「Galaxy Note 7」、FAAが機内での使用禁止を勧告
Samsung Electronics(サムスン電子)のスマートフォン「Galaxy Note 7」のバッテリー発火事故を受け、米連邦航空局(FAA)は、同スマートフォンを飛行機内で使用したり充電したり、預け入れ荷物の中に入れたりすることを禁止する勧告を出した。(2016/9/16)

オンキヨー、左右が独立したワイヤレスイヤフォン「W800BT」を発売
オンキヨー&パイオニアイノベーションズは9月9日、オンキヨーブランドのワイヤレスイヤフォン「W800BT」を発表した。10月初旬に発売する。(2016/9/9)

もう我慢できない人へ:
「Razer Blade 2016」は次世代MacBook Proを待てないユーザーの救世主か?
スタイリッシュでパワフルなゲーミングノートPC「Razer Blade」の2016年モデル。ひょっとしたら、これはMacBook Proのモデルチェンジを待てないユーザー向けかもしれません。(2016/8/6)

世界最高水準の音響性能――コウォンが新ハイレゾプレーヤー「PLENUE M2」を発表
シーエスCOWON販売は、ハイレゾ対応ポータブルオーティオプレーヤーの新製品「PLENUE M2」を発表した。「ポタフェス」で展示と試聴を行う。(2016/7/15)

「Fallout」の住民かな? 海外YouTuberがプロジェクターをベースにハンドメイドしたレーザーガンの威力がヤバイ
スクラップとプロジェクターで作ったレーザーガンがかっこよすぎる。(2016/7/12)

バーチャルセッションが楽しめるBluetoothイヤフォン、JVCがクラウドファンディングを実施
JVCケンウッドは7月12日、クラウドファンディングサイト「Makuake」(マクアケ)を利用して“マルチライブモニターイヤフォン”の開発支援プロジェクトを開始した。支援は早割限定の1万3000円コースから。(2016/7/12)

低音強化の「SOLID BASS」シリーズ:
ワイヤレスでも重低音! オーテクがSOLID BASSのBluetoothイヤフォン2種類を発売
オーディオテクニカは、SOLID BASSシリーズのBluetooth搭載ワイヤレスイヤフォン「ATH-CKS990BT」と「ATH-CKS550BT」を7月22日に発売する。(2016/7/7)

米MASTER&DYNAMICからモダンデザインのBluetoothヘッドフォン「MW60」が登場
アユートは、米MASTER&DYNAMICのワイヤレスヘッドフォン「MW60」を7月1日に発売する。金属と革の素材を生かしたモダンなデザインが特徴だ。(2016/6/24)

超小型Windows 10ノート「GPD WIN」日本上陸 ゲームパッド搭載、「3DS LL」と同等サイズ
ゲームパッドを備えた5.5インチのクラムシェル型Windows 10ノート「GPD WIN」が国内発売へ。「ニンテンドー 3DS LL」とほぼ同じサイズの超小型PCだ。(2016/6/3)

約13万円:
Astell&KernからシングルDACのハイレゾ対応プレーヤー「AK300」発売
Astell&Kernブランド製品を取り扱うアユートは、ハイレゾ対応オーディオプレーヤーの新製品「AK300」を6月11日に発売する。直販価格は12万9980円(税込)。(2016/6/3)

ワイヤレスジャパン 2016:
SALOM Japan、Quick Charge 3.0対応の充電機器を展示――2016年秋の発売を目指す
SALOM Japanが、ワイヤレスジャパン 2016でQualcommの「Quick Charge 3.0」に対応した充電機器を展示。発売時期・価格ともに現状では未定だが、2016年秋頃をめどに発売したいという。(2016/5/27)

IPX4相当の防滴仕様:
パナソニック、耳にフィットして外れにくいスポーツ用Bluetoothイヤフォン「RP-BTS30」を発売
パナソニックは、防滴仕様でスポーツ仕様のBluetoothイヤフォン「RP-BTS30」を6月17日に発売する。(2016/5/18)

e☆イヤホン、2.5mmの4極バランス出力を備えたハイレゾプレーヤー「OPUS#1」を発売
e☆イヤホンは、韓国The BITのデジタルオーディオプレーヤー「OPUS#1」を発売する。2.5mmの4極バランス出力を備えた。(2016/4/26)

わずか10グラム! 動画撮影も可能な超小型ドローンがCCPから登場
もはやコントローラーにドローン本体を格納できるほどドローンの小型化は進んだ。CCPから手のひらサイズのドローン型飛行玩具2モデルが登場。(2016/3/16)

ジュネーブモーターショー2016:
「プリウス」対抗の現代自「アイオニック」、ハイブリッドシステムにDCT採用
Hyundai Motor(現代自動車)は、「ジュネーブモーターショー2016」において、新型車「IONIQ(アイオニック)」のハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、電気自動車をそろえて披露すると発表した。(2016/3/1)

ハウジングが6角形:
JVC、1万円を切るBluetoothヘッドフォン「HA-S55BT」を発売
JVCケンウッドは、Bluetooth対応のワイヤレスヘッドフォン「HA-S55BT」を3月上旬に発売する。ハウジングを6角形にしたユニークなデザインのエントリーモデルだ。(2016/2/26)

バランス出力にデュアルクロック、コウォンからハイレゾ対応プレーヤー「PLENUE S」が登場――価格は23万8000円
シーエスCOWON販売がポータブルオーディオプレーヤーの最上位モデルPLENUE S」を発表。ヘッドフォンのバランス接続に対応したほか、別売のクレードルを使ってXLRバランス出力にも対応する。(2016/2/26)

512個のLEDをプログラミングできる“3次元イルミネーション”キューブ「L3D CUBE」
512個の内蔵LEDを自由にプログラミングできる“3次元イルミネーション”キューブ「L3D CUBE」が「Makuake」で先行販売している。(2016/2/19)

JVC、重低音を強化したBluetoothヘッドフォン「ELATION」を発売
JVC「XX」シリーズにBluetoothヘッドフォンが新登場。クラブ系スタイルにマッチしたデザインを採用し、重低音と高解像サウンドの両立を目指した。(2016/2/4)

性能も価格もプレミアム
徹底レビュー:最強クラスのWindowsタブレット「VAIO Z Canvas」は使う人をかなり選ぶ
「VAIO」ブランドのPCが新会社VAIOの下で復活を遂げ、ハイエンドで高価なコンバーチブルタブレットが登場。お金を掛けても強力なWindowsベースシステムが欲しいというクリエイターを明確なターゲットとした製品だ。(2016/1/30)

純A級動作のフルディスクリートアンプを搭載したハイレゾ対応ポータブルプレイヤー「QP1R」登場
Jは、Questyle Audio Technologyのハイレゾ対応ポータブルプレイヤー「QP1R」を発表した。「第7回ポタフェス」で参考展示された新型プレイヤーだ。(2015/12/28)

MiracastやHDMI/MHLにも対応:
ラトック、約240グラムのモバイルプロジェクターを直販限定3万4000円で発売
ラトックシステムからDLP方式のモバイルプロジェクター「RP-MP1」が登場。ラトックプレミア楽天市場店専売品となる。バッテリ内蔵で1.5時間のワイヤレス駆動が可能だ。(2015/12/14)

イーバランス、3電源対応の9型ポータブルDVDプレイヤーを発売――車載用キットも付属
イーバランスから「ROOMMATE 9インチポータブルDVDプレーヤー」(EB-RM902DV)が登場。(2015/12/10)

スタミナ自慢:
ハイレゾ音源を連続51時間再生できるポータブルプレイヤー、コウォン「PLENUE D」
コウォンジャパンは、ハイレゾ対応のポータブルオーディオプレイヤー「PLENUE D」をを12月下旬から順次発売する。192kHz/24bit対応のコンパクトモデルだ。(2015/12/4)

AK380と共通の基本設計:
Astell&Kern、普及版の新型DAP「AK320」を発表――時期・価格は未定
Astell&KernからDAP(デジタルオーディオプレイヤー)の最上位モデル「AK380」の基本設計を踏襲した新スタンダードモデル「AK320」が発表された。(2015/11/24)

超軽量で持ち運びも楽々:
お店にはない! 「LAVIE Direct HZ」のハイスペックなクラムシェルモデルを使ってみよう
「LAVIE Hybrid ZERO」のクラムシェルモデルは、とにかく軽い。でも、スペックが……という人。直販限定の「LAVIE Direct HZ」なら、ハイスペックモデルも選べます。(2015/11/13)

初心者でも簡単操作:
CCP、手のひらサイズで飛行サポート機能付きの「オートホバリングドローン」を発売
シー・シー・ピーからドローン型飛行玩具「オートホバリングドローン」が登場。(2015/11/4)

ついに登場した「UP3 by Jawbone」 1カ月使用レビュー
心拍センサーを新たに搭載した「UP3 by Jawbone」。発売前の1カ月間触ってみて分かった使用感をご紹介します。(2015/8/2)

CCP、垂直離着陸できる可変ウイング搭載のR/C飛行機「VTOL-WING」を発売
シー・シー・ピーは垂直離着陸可能な可変ウイングを採用したラジコン飛行機「VTOL-WING」を7月17日に発売する。価格は7980円(税別)。(2015/7/16)

なんとなくみためザクレロ:
ParrotのMini Drones、「HydroFoil」の登場で陸海空の立体作戦が可能に
ドローンをドローンたらしめる「事前プログラムの無人航行」には対応せず。(2015/7/16)

USB DACも搭載:
コペックジャパン、DSDネイティブ再生対応のCayin製ハイレゾ対応オーディオプレイヤー「N6」を発売
コペックジャパンは、中国Cayin製デジタルオーディオプレイヤー「N6」を7月10日に発売する。価格は9万9800円(税込)。DSDネイティブ再生に対応する他、USB DAC機能も搭載したオールインワンタイプ。(2015/7/8)

3色のLEDがキレイ:
エレコムのお風呂でも使える防水Bluetoothスピーカー「LBT-SPWP200」
エレコムは、IPX5/IPX7相当の防水性能を備えたBluetoothスピーカー「LBT-SPWP200」シリーズを7月中旬に発売する。価格はオープン。市場想定価格は、7980円前後(税別)。(2015/7/7)

単体で音楽プレーヤーにも:
クリエイティブ、縦でも横でも使える防水対応Bluetoothスピーカー「サウンドブラスター フリー」
クリエイティブメディアは、縦にも横にも置ける防水対応のBluetoothスピーカー「サウンドブラスター フリー」(Sound Blaster FRee)を発売する。(2015/6/12)

「バッテリーは切れるまで使い続けたほうがいい」は間違い
やっぱり多いスマホ/タブレット“バッテリー”の誤解、寿命を延ばす8つのコツとは
「バッテリーは切れるまで使い続けたほうがいい」は実は間違い。スマホ/タブレットのバッテリー寿命を延ばすためにできることを紹介する。(2015/6/6)

自然エネルギー:
太陽光だけで世界一周に挑む飛行機、天候悪化で名古屋に着陸
1滴の燃料も使わずに世界を一周する。太陽光だけをエネルギー源に使う飛行機「ソーラーインパルス」が6月1日の深夜に予定外で日本に飛来した。翼や胴体の上部に1万7000枚以上の太陽光パネルを搭載した1人乗りの飛行機は、天候の悪化で電力が不足して名古屋空港に立ち寄ることになった。(2015/6/3)

バラして見ずにはいられない:
「VAIO Phone」は世界に羽ばたけるか? スマホ低コスト化の理想と現実
何かと話題となった日本通信とVAIOのSIMフリースマホ「VAIO Phone」を分解。いったいどんなパーツと製造技術が使われているのか、そして気になるコスト感について迫った。(2015/5/29)

WTP2015 / ワイヤレスジャパン2015:
無線給電が一役買った、アイガモを救う“水田除草ロボット”
ビー・アンド・プラスは「ワイヤレス・テクノロジー・パーク2015」(WTP2015/2015年5月27〜29日)で、自社のワイヤレス給電技術のユニークな採用事例として、水田除草小型ロボットを紹介した。(2015/5/28)

特注アルミきょう体にニッケルコーティング:
ALO、85台限定のポタアン「Rx/Nickel plating」を発売
ミックスウェーブは、米ALO audioのポータブルヘッドフォンアンプ「Rx/Nickel plating」を5月2日に発売する。日本国内では85台限定。価格はオープン、予想実売価格は5万1900円(税別)。(2015/4/28)

“沈黙”の新製品発表会に行ってきた
音のない発表会でお披露目されたモノとは? ヒントは「沈黙フェス」や「サイレントディスコ」に必須なアレ。ご近所に迷惑はかけません。(2015/4/24)

Apple Watchを腕に付けたまま充電できる「wiPowerBand」、89ドルから
バッテリーの持ちが心配な「Apple Watch」を腕に巻いたまま充電できるアクセサリー「wiPowerBand」が登場。38ミリ幅ベルト用が89ドル、42ミリ幅は99ドルで、バッテリー持続時間を2倍にできるとしている。(2015/4/14)

オーテク、ウェアラブルネックスタイルのNC機能付きワイヤレスヘッドセット「ATH-BT08NC」
オーディオテクニカは、Bluetoothヘッドセット「ATH-BT08NC」を4月17日に発売する。フィードフォワード方式のアクティブノイズキャンセリング機能を搭載した。(2015/4/2)

バラして見ずにはいられない:
分解して分かった「Xperia Z3」の“プレミアム端末学”
人気の「Xperia Z3」にはどんなパーツが使われ、どんな製法で生産されているのか。ソニーモバイルがプレミアムモデルと位置付けるZ3の分解を通じて、その開発哲学に迫った。(2015/3/11)

ハイレゾ対応ポタアン検証:
ハイレゾ対応、超多機能な“リアルモバイル”ポタアン「SoundBlaster E3」をしゃぶり尽くす
「Sound Blaster」シリーズを擁するクリエイティブからポタアンが登場した。今回はハイレゾ対応のエントリーモデル「SoundBlaster E3」を取り上げ、オーディオメーカーにはあまり見られない機能を含めて紹介していこう。(2015/3/2)

眠っているスピーカーを活用! スピーカー端子に直結できるBluetoothレシーバー「The VAMP」
日本ポステックは、アンプ内蔵Bluetoothレシーバー「The VAMP」の取り扱いを開始した。手持ちのパッシブスピーカーをつなぎ、Bluetooth対応のワイヤレススピーカーに変身させるアイテムだ。(2015/2/26)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。