ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「元麻布春男」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「元麻布春男」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

PC最盛期の重要イベント「IDF」がついに終了 20年の歴史を振り返る
テクノロジートレンドの中心にPCがいた時代。Intelの開発者会議「IDF」は業界動向を占ううえで極めて重要なイベントだった。しかし時代は変わり、IDFはその役目を終え、Intel自身も変わろうとしている。(2017/4/20)

ねっと知ったかぶりβ版(6/27〜7/1) 「Google+」にわくわく 「かわいい検索」にドキドキ
注目ニュースをまとめてお届けする「ねっと知ったかぶり」。今週はGoogleの新たなSNS「Google+」にネットが盛り上がりました。女子大生が作った「かわいい検索」も話題に。(2011/7/1)

お知らせ:
元麻布春男氏、逝去
日本で「PC/AT互換機」「DOS/V」という言葉が聞こえてきたころから、PCの楽しさと未来を私たちに教えてくれた“パイロット”が急逝された。(2011/6/27)

見た目で評価してはいけない:
ThinkPad X1は“パワフルなイケメン”なのか
見た目重視で光沢パネルとアイソレーション6列配列キーボードを採用した一方で、高クロック動作のCPUを搭載したという“X1”の「本当の姿」を確かめてみた。(2011/5/18)

元麻布春男のWatchTower:
“X1”が導く「ThinkPadの先にあるもの」
ThinkPad史上最薄を重要なコンセプトとした、“X1”が登場した。X1と名づけた意図はどこにあるのか。大和研究所幹部が、X1の先にあるThinkPadの姿を語った。(2011/5/17)

元麻布春男のWatchTower:
“先進的なGarage”に都内オフィスを統合する日本HP
2011年は日本マイクロソフトに続き、日本HPも大規模な引っ越しを行う。6000人以上が勤務するという日本HPの新本社「HP Garage Tokyo」にIT企業社屋のトレンドを見た。(2011/2/21)

元麻布春男のWatchTower:
2011年は28ナノ世代に注力、そして20ナノ世代へ――GLOBALFOUNDRIESの事業戦略
旧AMDの製造部門から分社したGLOBALFOUNDRIESは、台湾のTSMCやUMCに並ぶ、世界最大規模のファウンダリ企業。2011年以降、プロセスルールの微細化をどう進めるのか。(2011/1/31)

元麻布春男のWatchTower:
2011年初頭、PC業界とその周辺を見渡して思うこと
新年早々、インテルやAMDの投入する新しいGPU統合型CPUが注目を集めている。2011年、PC、タブレット、スマートフォン、電子書籍端末はどうなっていくのだろうか。(2011/1/5)

VAIO Z、MacBook Air、そして……:
2010年を彩ったモバイルノートPC
2010年に盛り上がったデジタルガジェットといえば、スマートフォンやタブレットが思い浮かぶが、実はモバイルノートPCも豊作だった。印象的な名機を振り返りたい。(2010/12/31)

元麻布春男のWatchTower:
Sony Readerは「ポケットに、本棚を」を実現したのか
Sony Readerが店頭に並んでから10日ばかりが過ぎた。筆者が購入した5型のPocket Editionを中心に、その現状を確かめた。(2010/12/22)

元麻布春男のWatchTower:
2011年のAMDは“APU”で総攻撃
AMDが2010年のFinancial Analyst Dayを開催した。金融アナリスト向けだが、最新ロードマップと“決意”を示す重要な機会。今回はどんな決意を示しただろうか?(2010/11/15)

元麻布春男のWatchTower:
ぼくが13インチMacBook Airを買った理由
新型「MacBook Air」は非常に魅力的だが、11インチと13インチのどちらを買うかは悩ましい問題だ。初代Airを常用してきた筆者が13インチモデルを選んだ理由は……(2010/11/5)

元麻布春男のWatchTower:
「Optimus Technology」が実現するマルチディスプレイの疑問
「性能と省電力の両立」の視点で注目されるOptimus Technologyは、マルチディスプレイ環境でも大きな変化をもたらす可能性がある。その“変化”の理由とは?(2010/11/4)

元麻布春男のWatchTower:
「HP Mini 210-2000」に最新Netbookの進化を見る
デュアルコアAtom、1366×768ドット表示の10型ワイド液晶、公称約10時間駆動のバッテリー、そして洗練されたデザイン。5万円で買える日本HPの最新Netbookは侮れない。(2010/10/27)

元麻布春男のWatchTower:
ThinkPadでOptimus Technologyを使うメリットとは
NVIDIAの「Optimus Technology」を採用したThinkPad T510とThinkPad T410sが登場した。ビジネスの現場でOptimus Technologyがどのように生かされるのか。(2010/10/18)

元麻布春男のWatchTower:
ハンドル付きミニノートPC「HP Mini 5103」実力診断
日本ヒューレット・パッカードのミニノートPC「HP Mini 5103」は、持ち運び用のハンドルを備えた教育市場向けの一風変わった製品だ。その実力は!?(2010/10/13)

元麻布春男のWatchTower:
Hot Chips 22で示されたAMDの次世代CPU“ブル&ボブ”
米国で開催された「Hot Chips 22」で、AMDは「Bulldozer」「Bobcat」に関する講演を行った。そのスライド資料に次世代CPUコアの“新事実”はあるのか?(2010/8/30)

元麻布春男のWatchTower:
今そこにある「dynabook TX/98MBL」の3D立体視を試す
コンシューマー市場に投入され始めた3D立体視機能対応ノートPC。国内大手PCメーカーでは初となる、NVIDIA 3D Vision対応の「dynabook TX/98MBL」を試した。(2010/8/17)

元麻布春男のWatchTower:
やっぱり、iPadは“チャーミング”
パーソナルコンピュータではない「iPad」。買う気が進まなかった筆者だが、実際に製品を手にしたところ……。(2010/6/3)

元麻布春男のWatchTower:
進化しすぎたXeonの憂うつ
インテルとAMDが2010年3月の末に相次いで発表したサーバ向けCPUの新モデル。今回はXeonの新モデルからインテルのジレンマを解説する。(2010/6/15)

元麻布春男のWatchTower:
“Magny-Cours”Opteronで4ソケットサーバに価格破壊を!
インテルとAMDが新世代のサーバ向けCPUを続けて発表した。しかし、両社が新製品で目指すのは逆方向。まずはAMDが“12コア”CPUに託したメッセージを読み解こう。(2010/5/7)

元麻布春男のWatchTower:
ThinkPad X201sのプレミアムな性能を試す
インテルが2010年に発表した新世代プラットフォームへ急速に移行する“正統派”ThinkPad。最後に紹介する新世代ThinkPadはモバイルユーザー待望の「X201s」だ。(2010/4/14)

元麻布春男のWatchTower:
“派手さ”とは無縁な「ThinkPad X201」の奥深さを知る
CPUにCore iファミリーを搭載してリニューアルされたレノボ・ジャパンの「ThinkPad X201」。どこが変わって、どこが変わらなかったのか。(2010/3/30)

PR:欧州で賞賛された“デザインセンス”でMSIは世界に挑む
X-Slimシリーズが日本だけでなく、欧州や北米、そして新興国でも強烈なインパクトを与えたMSI。その認知度は2010年もとどまらない。その理由をドイツで目撃した!(2010/3/1)

元麻布春男のWatchTower:
iPadは“でかいiPod touch”なのか、あるいは……
さまざまな憶測を呼んだAppleの「iPad」が、ついに発表された。この“薄い板”を前にして、まず筆者が連想したものは……。(2010/1/28)

元麻布春男のWatchTower:
新旧Netbookをテストして次世代Atomの可能性を考える
インテルが2009年12月に発表した新AtomとIntel NM10チップセットだが、その実力はどの程度なのか。MSIの新旧Netbookでチェックした。(2010/1/4)

元麻布春男のWatchTower:
Core i7ノートPCの実力を「HP Pavilion Notebook PC dv7」で確認する
いまひとつ盛り上がりに欠けるCore i7搭載ノートPCだが、その性能は非常に魅力的だ。デル製PCに続き、日本HPのハイエンドノートPCをチェックした。(2009/12/9)

元麻布春男のWatchTower:
富士通「FMV-BIBLO MT」に見るWindows 7 マルチタッチの“実用度”
Windows 7で新たに実装された「Windowsタッチ」機能に対応したPCが続々登場しているが、その使い勝手はどうなのか。富士通のノートPCでチェックした。(2009/12/1)

元麻布春男のWatchTower:
Analyst Dayで分かった「Bulldozer」の強味
Nehalem、Westmereと世代更新が進むインテルに対し、AMDは「2011年」まで待ちの構え。その2011年に大きく変化する新世代CPUの概要が明らかになる。(2009/11/13)

元麻布春男のWatchTower:
見えにくいSnow Leopardの明と暗
Mac OS Xの最新バージョンであるSnow Leopardがリリースされて約1カ月。改めて新OSのポイントを確認しよう。(2009/10/6)

座談会 後編:
Snow Leopardが登場!! Macはどうなる!?
2009年9月で創刊15周年を迎えたPC USER。そのキャンペーン第3弾としてお届けする座談会の後編は、Snow Leopardが登場したばかりのMacについて語りあった。(2009/10/2)

座談会 前編:
Windows 7にNetbook、PCの今後はどうなる!?
2009年9月で創刊15周年を迎えたPC USER。そのキャンペーン第3弾として、座談会をお届けする。(2009/10/1)

元麻布春男のWatchTower:
水冷システムの採用で性能も静音性もアップした「HP Z400 Workstation」を試す
日本HPのワークステーションに、水冷システムを採用したモデルが追加された。早速、エントリーモデルの実力に迫った。(2009/8/26)

元麻布春男のWatchTower:
四半世紀を過ぎて進化し続けるロジクール製マウスに迫る
地味ながらPCのインタフェースとして重要な役割を担い続けているマウス。その最新モデルをチェックした。(2009/8/21)

元麻布春男のWatchTower:
Windows 7 Starterを導入したNetbookは使えるのか?
開発者向けにリリースが始まったWindows 7。ファミリーパックの動向や、NetbookでWindows 7 Starterが使えるのか、気になる点をチェックした。(2009/8/17)

元麻布春男のWatchTower:
ユーザーインタフェースの変遷から考えるWindows 7
Windowsのユーザーインタフェースは時代とともに変化している。最新のWindows 7ではどのようになったのか。その変化の歴史を振り返ってみた。(2009/7/31)

元麻布春男のWatchTower:
完成が近づいてきたWindows 7に残されたナゾ
6月26日に、Windows 7のパッケージ構成とその参考価格を明らかにしたマイクロソフトだが、まだ明らかになっていない問題も抱えている。(2009/7/15)

元麻布春男のWatchTower:
期待が膨らむWindows 7に対するアレコレ
10月22日の発売に向けて、カウントダウンが始まるマイクロソフトの次期主力OS「Windows 7」。筆者が新OSに期待するものとは!?(2009/6/25)

元麻布春男のWatchTower:
HPの力作ワークステーション「HP Z600」をチェックした
前回のZ800に続き、日本HPの新型ワークステーションのミドルレンジモデルにあたる「HP Z600」を試した。(2009/6/24)

元麻布春男のWatchTower:
ワークステーションらしいワークステーション「HP Z800」を試す
日本HPが満を持して投入した「HP Z800 Workstation」。高級車を思わせる外観や、内に秘められたパフォーマンスをチェックした。(2009/6/19)

元麻布春男のWatchTower:
袂を分かつインテルのモバイルアーキテクチャ
Intelのモバイル/携帯デバイス分野の次世代プラットフォームについて、いくつか進展があったので、その動きを整理しよう。(2009/5/14)

元麻布春男のWatchTower:
選択肢が広がる低価格ミニPC──「HP Pavilion Notebook PC dv2」の実力を試す
日本HPが、安価なNetbookと高価なモバイルPCの中間を狙って投入したのが「HP Pavilion Notebook PC dv2」だ。大画面液晶と外付けGPU搭載モデルの実力は?(2009/5/14)

元麻布春男のWatchTower:
ハイエンドPCとワークステーションの境界線を考える
インテルの新CPU投入に合わせて各社がワークステーションのラインアップを一新した。日本HPの製品を例に、ハイエンドPCとの境界線を考えてみた。(2009/4/7)

元麻布春男のWatchTower:
ThinkPad X200sを購入して見えてきたモノ
ThinkPad X200シリーズを3回にわたって述べてきたが、筆者が購入したX200sを通じて見えてきた問題とは?(2009/3/17)

元麻布春男のWatchTower:
シリーズ最軽量のプレミアムモバイルPC「ThinkPad X200s」を手に入れる方法
「ThinkPad X200」シリーズで最後に残った「X200s」。現行ThinkPadシリーズで最軽量のモバイルPCだが、そこには意外な落とし穴があった。(2009/3/6)

元麻布春男のWatchTower:
IBMの伝統を守る「ThinkPad X200 Tablet」は何が変わったのか
ThinkPadシリーズで異色の存在となる「ThinkPad X200 Tablet」。しかし、本機にはIBMからの連綿たる歴史が刻まれている。その最新モデルを試した。(2009/2/25)

元麻布春男のWatchTower:
ワイド液晶を搭載して生まれ変わった「ThinkPad X200」の実力を探る
ビジネスツールとして人気の高いレノボのThinkPadで、携帯性に優れたXシリーズ。今回はThinkPad X200をチェックした。(2009/2/18)

元麻布春男のWatchTower:
NASらしからぬ自由度が魅力――ネットギア「ReadyNas NV+」を試す
X-RAID技術やホットスワップ対応など、多彩な機能を搭載するネットギアのSOHO向けNAS製品「ReadyNas NV+」。その使い勝手や性能を検証する。(2009/1/23)

元麻布春男のWatchTower:
Windows XPを搭載したデルの低価格スリムノート「Inspiron Mini 12」を試す
Windows VistaやUbuntuに加え、XPも選べるデルのお手ごろスリムノート「Inspiron Mini 12」だが、最も汎用性の高いXP搭載モデルを試してみた。(2009/1/19)

PC USERベスト100:
Netbook、Air、Core i7など今年もいろいろありました――08年PC記事ランキング
今年1年、PC関連で最も読まれた記事は何か? ITmedia +D PC USERの年間記事別アクセスランキングとともに2008年の重大ニュースを振り返る。(2008/12/31)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。