ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「資生堂」最新記事一覧

特許庁が商標登録で注意呼びかけ 「一部から先取りとなるような出願が大量に行われている」
出願手数料の支払いのないものも多い。(2016/5/17)

2017年卒の就職人気企業ランキング、1位は?
株式会社学情は4月6日、2017年3月卒業予定の大学生にアンケートを実施し、就職希望企業のランキングを発表した。(2016/4/6)

アジア最大級の広告祭:
資生堂のWeb動画がアジア最大級の広告賞「ADFEST 2016」でゴールドを受賞
資生堂のWeb動画「High School Girl? メーク女子高生のヒミツ」が、「ADFEST 2016」において、フィルム部門でゴールドを受賞した。(2016/3/28)

工場ニュース:
生産能力を1.5倍に増強したグローバルサプライチェーン拠点を設立
資生堂は、新たなグローバルサプライチェーン拠点を大阪府茨木市に設立する。現在の大阪工場を移転し、生産能力を約1.5倍に増強した「新・大阪工場」を建設し、併せて物流を担う新拠点「関西統合センター(仮称)」を新設する。(2016/2/19)

資生堂、400億円を投じ新工場 生産拡大で“爆買い”に対応
資生堂は約400億円を投じ、大阪府茨木市に化粧品を生産する新工場を建設すると発表した。(2016/2/3)

あなたは「秘密」に気づいた? 思わず二度見せずにはいられない、驚きのメイク動画
資生堂の本気。(2016/2/2)

世界を読み解くニュース・サロン:
世界が販売禁止に乗り出す、“つぶつぶ入り洗顔料”の何が危険なのか
スクラブ製品が、世界的に注目されているのをご存じだろうか。私たちが何気なく使っているスクラブ洗顔料や歯磨き粉などの一部には、いわゆる「マイクロビーズ」と呼ばれるプラスチックの粒子が使われている。その粒子が……。(2016/1/28)

待ち時間が20〜30分から5秒に短縮、「とにかく速い」
資生堂の“全員マーケター”新分析システム、その“超高速”にユーザーが驚いた理由
日本を代表する化粧品メーカーである資生堂が販売・顧客分析システム基盤を刷新した。重視したのは処理の“速さ”。従来と比べて10倍以上の処理性能の向上を実現したシステム基盤とは?(2016/1/28)

経営判断スピード改善を目指す:
資生堂が情報分析システムを刷新、従来比で10倍高速に
資生堂は、日本IBMの「POWER8」搭載サーバとオールフラッシュストレージを採用して情報分析システムを刷新した。分析処理性能は、従来システム比で約10倍に向上したという。(2016/1/22)

神奈川県の公式サイト「かながわ女性の活躍応援団」が斜め上のデザインだと話題に
女性が、どんどん主役になる……あれ? ※追記あり(2016/1/20)

男性化粧品、ブランド刷新や商品投入が活発化 資生堂は“原点回帰”
男性用化粧品で、ブランド刷新や商品投入の動きが活発になっている。(2016/1/18)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
ワークスタイル変革はビジョンや環境、文化の改革とIT活用で
これまで多くの企業にとって、働き方の変革は、一部の社員を対象にした在宅勤務制度のように極めて限定的な取り組みだった。しかし、もはや単なる福利厚生でなく、優れた人材の確保や生産性の向上など、企業の成長を支える「経営戦略」として取り組まれようとしている。(2015/11/25)

中国Alibaba、「独身の日(11.11)」の総売上高が過去最高、前年比54%増の143億ドルに
中国Alibabaが2009年から続けている「独身の日(11.11)」のオンラインセールの総売上高は昨年比54%増の912億元(約1兆7億5000万円)と過去最高を更新した。(2015/11/12)

育児中の社員にもフルタイムと同じノルマ 資生堂の育児支援制度を伝えたNHK報道「資生堂ショック」が話題に
短時間勤務者が会社に支えられる側から支える側に回ってほしいという思いから始まったそうです。(2015/11/9)

資生堂の調香師が監修 自分だけの香りを作って遊べる体験キット「香りのワークブック」発売
化粧や香りに興味を持った女の子からお母さんまで楽しめる内容。(2015/11/4)

キャリアニュース:
大学1〜2年に人気の業種ランキング、製造業は不人気
リスクモンスターが発表した「大学1、2年生が就職したいと思う企業・業種ランキング」によると、業種別の就職したくないランキングで、「自動車・重機械」が2位に、「電機・精密」が5位にランクインした。(2015/10/27)

100年企業のCIOに学ぶ:
資生堂が“ワークスタイル改革”に成功した本当の理由
(2015/10/27)

その”秘密の花園”、本当は…… かわいい女子高生たちの真実の姿が衝撃的すぎる資生堂のCMが話題に
「パーカーの子だけは信じていたのに」の声が続出。(2015/10/20)

スピン経済の歩き方:
「格差社会は金持ちこそが滅びる」は本当か
マーケティング評論家・ルディー和子さんの著書『格差社会で金持ちこそが滅びる』が興味深い。格差が広がると、貧乏人の寿命が短くなるという意見が多い中で、ルディー和子さんは本の中で「富裕層の寿命が短くなる」と指摘しているのだ。その理由は……。(2015/9/29)

VDIとDaaSの利点を比較
次のPC導入できっと問われる「PCは仮想化で使う? それともクラウド?」
VDIとDaaSは、どちらかではなく両方を選択するケースもある。どの配信モデルにもメリットがあり、適しているユースケースも異なる。ただし、両方をサポートする作業は複雑だ。(2015/8/24)

詳細な顧客行動分析から効果的な陳列と販売方法を探る:
SBクリエイティブと資生堂、顧客行動分析が可能な「インテリジェント・シェルフ」サービスの実証実験を開始
SBクリエイティブは資生堂と共同で、顧客行動分析が可能な「インテリジェント・シェルフ」サービスの実証実験を、首都圏のドラッグストア3店舗で実施することを発表した。(2015/8/17)

管理者は肝に銘じるべし
仮想化をめぐる間違った常識ワースト10
ベストプラクティスは本来、管理者による大きな失策を回避するためのものだ。だが頻繁に指摘されるアドバイスの中には、間違っているものもある。本稿では、そうした間違ったプラクティス10選を紹介する。(2015/7/30)

「雪女の情熱って、どのくらい熱いんだろう」 雪女と雪男の切ないけど爽やかなWeb限定ムービーが話題に
雪女に恋した雪男と、人間に恋した雪女の物語。(2015/7/29)

グーグルを抑えたのはどこ? 転職人気ランキング
転職したいと思っている企業はどこですか? 22〜39歳のビジネスパーソンに聞いたところ……。DODA調べ。(2015/6/8)

資生堂がバーバリーと提携 化粧品など日本で販売
資生堂はBurberryと商品の日本への輸入・販売で提携した。(2015/6/3)

ポーター賞企業に学ぶ、ライバルに差をつける競争戦略:
化粧品メーカーには真似できないアイスタイル独自のデータ戦略
国内最大のコスメ情報サイト「@cosme」を運営するアイスタイルが、ユーザーである消費者のみならず、顧客企業である化粧品メーカーからも支持を集める理由――。それは創業以来築き上げてきた独自のデータベースにあるのだ。(2015/5/21)

資生堂がまたやってくれた、『テラフォーマーズ』アドルフをメイクで再現
東京メトロの銀座駅では、構内2カ所に「テラフォーマーズ」「ジョジョの奇妙な冒険」の三次元化作品を掲載した交通広告が掲出されている。(2015/5/19)

国際CIO学会10周年記念講演会:
日本再興戦略の成功と超高齢社会の問題解決――鍵になる女性の活躍とICTの活用
国際CIO学会創立10周年記念公開講演会「日本経済社会の未来」のセッションでは、「超高齢社会における女性とICT」をテーマにパネルディスカッションが行われた。(2015/5/19)

マーズランキング2位が現実に降臨 「テラフォーマーズ」アドルフを資生堂のプロがヘアメイクで実写化!
デンキウナギの能力や、避雷針的な武器も巧みに再現。(2015/5/18)

2015年版:
大学生はどこで働きたい? 人気企業ランキング
現在就職活動中の大学生または大学院生は、どの会社で働きたいと思っているのだろうか。ダイヤモンド・ヒューマンリソースの調査によると……。(2015/5/13)

「ハラル認証」手続きと運用体制の整えかた(後編)
ムスリム(イスラム教徒)を対象にビジネスをするなら「ハラル」への理解は欠かせません。後編は、さまざまな企業の取り組みを紹介するとともに、運用体制の整えかたをみていきます。(2015/4/30)

資生堂サイトの「ワタシプラス」、3カ月でクラウドを“プラス”した理由
200万人超の会員と1700万超のLINE公式アカウント友だちに向けたサービスの安定性向上を目的に、ハイブリッドクラウド構成へ移行した。(2015/4/28)

資生堂、営業利益44%減 15年3月期 賞与アップで人件費かさむ
国内売り上げ減少や人件費増加、海外でのマーケティング投資などによって、資生堂の2015年3月期 営業利益は前期比で44%減になった。(2015/4/27)

朝シャンがダメな3つの理由 正しい髪の洗い方
毎日朝シャン派、という人は多いと思いますが、髪にとっては気になる問題点も。正しい髪の洗い方もあわせて紹介します。(2015/4/8)

モバイル化できない企業も変革する――IBMが戦略説明
マーケティングや業務改善での企業のモバイル活用を支援するという取り組みを日本IBMが紹介した。(2015/3/24)

マスクやメガネだけじゃない! まだまだある花粉症対策グッズまとめ
近年続々と登場してきている、スプレーやジェルなどの花粉症対策グッズ。その効果と代表的な製品を集めてみた。(2015/3/6)

顧客の声収集のタブレット端末活用:
IBMと資生堂、ビューティーコンサルタントの業務を新モバイルアプリでサポート
IBMは米国時間の2月24日、資生堂のビューティーコンサルタントに向けモバイルアプリを開発すると発表した。スケジュール管理、業務報告など、ビューティーコンサルタントのあらゆる仕事を支援する。(2015/2/25)

IBM InterConnect 2015 Report:
iPadでさらなる「おもてなし」、資生堂のデジタル化戦略とは?
ラスベガスのInterConnect 2015カンファレンスは2日目を迎え、資生堂の「ビューティータブレット」活用事例が紹介された。日々顧客と接するビューティーコンサルタントは、資生堂ブランドを顧客に伝え、その満足度を高める大切な役割を担っている。(2015/2/25)

女性社員比率8割以上、“女性がもっと輝く”資生堂のハイブリッドクラウド基盤
国内社員の女性比率は83.1%(2014年4月時点)。化粧品メーカー大手の資生堂がグローバル事業拡大に向け、NTT ComのクラウドとOffice 365を併用するハイブリッドクラウド型の新コミュニケーション基盤を構築した。国や部門を超えた従業員の連携効率をどう高めようとしているのか。(2015/2/10)

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン:
第52回 レディー・ガガとジャスティン・ビーバー、明暗分けた2つのセルフィー写真
2015年の幕開けとともに、資生堂とカルバン・クラインが、レディー・ガガとジャスティン・ビーバーという2人のトップスターをそれぞれ起用した広告キャンペーンを開始した。共通するのは本人たちのありのままの姿を写した写真を広告に使用したこと。しかし、それぞれの広告の評判には明暗が分かれた――。(2015/1/26)

タイムアウト東京のオススメ:
作家気分で腹を満たす
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2015/1/21)

「SHISEIDO キレイロ」をリリース:
資生堂が発信するソーシャルメディア記事をひとまとめ
資生堂は12月8日、自社ブランドや店舗、地域事業所などで管理/投稿しているソーシャルメディア記事を1つにまとめたコンテンツ「SHISEIDO キレイロ」をリリースした。(2014/12/10)

2020年のメークはこれが流行している! 資生堂が予想するトレンドは「日本文化」と「スポーティー」
東京オリンピックはこれで参加します。(2014/12/9)

情シス部門への提言:
PR:「急務:モバイル導入の課題」をスッと理解する、ごく単純な3つのヒント
モバイルの進化を受け、企業のIT環境は現場レベルでも大きな転換期を迎えている。ただ、その急激な変化への対応に苦慮する企業は多い。企業は、IT部門は今後、モバイルの進化とどのように向き合うべきか。IBMの専門家が示した「3つのヒント」とは……。(2014/11/25)

アナリスト解説:
ヤマダ電機、王将と中国撤退相次ぐ やはり原因は「現地化」?
勢いよく中国に進出した日本の大手企業がこのところ相次いで撤退、事業縮小を続けている。日中関係悪化などの影響も大きいが、成功の鍵は変わらず「現地化」にあるようだ。(2014/11/17)

明日を変える働き方:
「サーバント・リーダーシップ」という考え方
リーダーシップというと、一般的には「周囲の人をぐいぐい力強く引っ張る親分肌の人」というイメージがあります。今回は、部下を“支配”ではなく“支援”する、「サーバント・リーダー」について紹介します。(2014/10/14)

これが資生堂の本気! 「テラフォーマーズ」をプロのヘアメイクで超絶スタイリッシュに実写化
メイクやファッション、CGの力で女性キャラ「ミッシェル・K・デイヴス」が現実のものに……!(2014/9/18)

女性が活躍していると思う企業は「資生堂」がトップ
女性が活躍している企業はどこだと思いますか? 過去に年収が400万円を超えたことがある20〜50代の働く女性に聞いた。LiB調べ。(2014/8/12)

資生堂が1万人超の“美容部員”にiPadを配った理由
資生堂は昨年、1934年から活躍している“美容部員”こと「ビューティーコンサルタント」約1万人にiPadを一斉導入した。その背景と狙いとは――。(2014/6/27)

数字のオモテとウラを学ぶコラム:
なぜこんなに高いの? 化粧品の原価と売価の関係
「化粧品はなぜこんなに高いの?」と思ったことがある男性も多いのでは。「女性が美しくなるのには“必要なコスト”」と言われてしまえば、それまでかもしれないが、価格が高いのには理由があるはず。そこで、資生堂とファンケルの原価と売値の関係を分析した。(2014/6/17)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。