ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「シニア向けスマホ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「シニア向けスマホ」に関する情報が集まったページです。

スマホ初心者向け「DIGNO J」と「シンプルスマホ4」、ソフトバンクから
ソフトバンクが、スマートフォン初心者向けモデルを7月上旬以降に発売する。京セラ製の「DIGNO J」は便利なショートカットを備えた「かんたんビギナーホーム」を搭載。シャープ製の「シンプルスマホ4」は、60代以上のユーザーをターゲットにしている。(2018/5/10)

携帯販売ランキング(2月26日〜3月4日):
「HUAWEI P10 lite」が上昇、「らくらくスマートフォン me」が総合ランクイン
NTTドコモ「iPhone 8(64GB)」が2連勝。2位ソフトバンク「iPhone 8(64GB)」、3位au「iPhone 8(64GB)」。(2018/3/11)

ドコモの「らくらくスマートフォン me F-03K」2月28日発売 一括価格は3万8880円(税込)
NTTドコモは、2月28日に「らくらくスマートフォン me F-03K」を発売する。ドコモオンラインショップの価格(税込)は、一括が3万8880円、分割が1620円×24回。(2018/2/22)

ドコモ、「arrows Tab」「dtab d」と「らくらくスマートフォン me」を2月下旬に発売
NTTドコモは、タブレット「arrows Tab F-02K」「dtab d-01K」と「らくらくスマートフォン me」を2月下旬に発売する。ドコモオンラインショップでの販売価格(税込)は、実質5184円〜3万8880円。(2018/1/31)

auの「BASIO3」「Qua tab QZ8」「Speed Wi-Fi NEXT W05」、1月19日発売
KDDIは、1月19日に2018年春の新製品となるスマートフォン「BASIO3」、タブレット「Qua tab QZ8」、Wi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W05」の3機種を発売する。(2018/1/12)

「nova 2」と「Qua Phone QZ」は一括3万円 au春モデルの価格をチェック
auの2018年春モデルの価格をチェック。スマートフォンで一番高いのは「BASIO3」。「HUAWEI nova 2」と「Qua Phone QZ」は一括3万円と安い。(2018/1/9)

携帯販売ランキング(4月17日〜4月23日):
総合ランキング、SIMロックフリー「HUAWEI P9 lite」が4週連続トップ10入り
SIMロックフリーの「HUAWEI P9 lite」が10位で4週連続トップ10入り。auランキングにはシニア向けスマホ「BASIO2」が初ランクイン。(2017/4/29)

意外とイケる:
「らくらくスマートフォン4 F-04J」を30代男性が使ってみた
ドコモの「らくらくスマートフォン」といえば、どちらかというと「中高年」「初心者」向けという印象が強い。しかし、2月に発売された「らくらくスマートフォン4 F-04J」は、比較的幅広いユーザーを受け入れる素地のあるスマホに進化している。実際に、30代である筆者が使って検証してみた。(2017/3/27)

「らくらくスマートフォン4 F-04J」、2月10日発売――FOMAからの乗り換えで実質648円に
「らくらくスマートフォン4 F-04J」が2月10日に発売される。一括価格は5万8968円(税込)だが、FOMAから乗り換えると実質648円になる。(2017/2/7)

ドコモのスマホ・タブレット用「カケホーダイライト」、全パケットパックで契約可能に 月4900円からスマホが使える
NTTドコモの「カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)」が、1月30日から「データSパック(小容量)」との組み合わせでも契約できるようになる。一方、らくらくスマートフォン用パケットパック「らくらくパック」の新規受付は3月31日をもって終了する。(2017/1/27)

ドコモ、「らくらくスマートフォン4」と「V20 PRO」の事前予約を1月13日からスタート【価格追記】
NTTドコモは、2017年春モデルとして投入する「らくらくスマートフォン4」と「V20 PRO」の事前販売予約を1月13日から受け付ける。らくらくスマートフォン4は当初予定を前倒して2月中旬に、V20 PROは2月下旬にそれぞれ発売を予定している。(2017/1/12)

ドコモ、「らくらくホン」「らくらくスマートフォン」の新モデルを導入
NTTドコモの「らくらくホン」と「らくらくスマートフォン」に新モデルが登場する。らくらくホンはVoLTE通話に対応し、らくらくスマートフォンはGoogle Playが利用できるようになる。(2016/10/19)

ソフトバンクのシニア向けスマートフォン「シンプルスマホ3」、9月9日に発売
ソフトバンクは、9月9日にシニア向けスマートフォン「シンプルスマホ3」を発売。約5型の大画面液晶を搭載し、大容量バッテリーや「緊急ブザー」など安心の機能も利用できる。(2016/9/6)

5型IGZO液晶を搭載――ソフトバンク、シニア向け「シンプルスマホ3」を9月上旬に発売
ソフトバンクが、シャープ製のシニア向け「シンプルスマホ3」を9月上旬に発売する。5.0型のIGZO液晶ディスプレイや、2810mAhのバッテリーにより、3日以上のバッテリー持ちを実現。防水や耐衝撃性能もサポートする。(2016/8/23)

杉サマの「時代劇」キャラを崩壊させたauのシニアスマホ 「自撮りは嫌い」と言いつつ“パシャ”っと一刀両断
auが2016年夏モデル第2弾として「BASIO2」「かんたんケータイ」を発表。ゲストの杉良太郎さんは「スマホ? 興味ない」と一刀両断も、「三太郎といえば杉良太郎。四太郎じゃダメ?」とCM出演にも乗り気。(2016/7/28)

auの夏モデル第2弾 専用キーで分かりやすいシニアスマホ「BASIO2」【写真追加】
KDDI(au)が2016年夏モデルの第2弾を発表。専用キーが分かりやすいシニアスマホ「BASIO2」。背面に、デジカメ感覚で使えるレンズカバーを備えた。(2016/7/28)

auのシニア向けスマートフォン「BASIO」の新色「レッド」が1月29日に発売
KDDIは、au初のシニア向けスマートフォン「BASIO」の新色「レッド」を1月29日に発売する。auスマートサポート会員向けの有償サービス「スマホ訪問サポート」の無料提供もスタートする。(2016/1/27)

auのシニア向けスマホ「BASIO」に新色「レッド」登場
シンプルUIに光る物理キー、そしてサイドキーに日本語の説明を付けるなど、初めてスマホを使う人でも迷わないデザイン。新色の「レッド」は要望が高かった色だという。(2016/1/12)

PR:ケータイユーザーの70代義父が「らくらくスマートフォン」でゲームに挑戦した結果……
富士通の「らくらくスマートフォン」では、ユーザー同士が交流したりゲームを楽しんだりできる「らくらくコミュニティ」を利用できる。今回注目したのが「ゲーム」。スマホを使ったことがない70代の義父にらくらくスマートフォンを渡して使ってもらった。(2015/12/25)

KDDI、シニア向けスマホ&auスマートサポート向けサマーキャンペーンを開催
シニア向けスマートフォン「BASIO」の本体価格や「auスマートサポート」初月利用料金を割り引くサマーキャンペーンを開催する。(2015/7/31)

VoLTEとドコモメールに対応:
NTTドコモ、らくらくスマートフォン3をアップデート&新色を追加
NTTドコモの「ドコモ らくらくホン らくらくスマートフォン3 F-06F」がVoLTEやドコモメール対応などのアップデートを実施。また、新色を追加する。(2015/7/27)

auのシンプルスマートフォン「BASIO」をテレビ通販で販売――訪問サポートレッスンを無償提供
KDDIは、auのシンプルスマートフォン「BASIO」をテレビ通販で販売。購入者には設定から基本操作まで教える訪問サポートを無料で提供する。(2015/4/23)

専用料金プランを用意:
au初のシニアスマホ「BASIO KYV32」が2月13日に発売
5型フルHD液晶を搭載したauのシニア向けスマホ「BASIO KYV32」が2月13日に発売される。55歳以上のユーザーには専用の料金プランを用意した。(2015/2/9)

VoLTE対応は3機種:
KDDIがauの2015春モデル6機種を発表――Android搭載フィーチャーフォンやINFOBAR、ジュニア・シニア向けスマホなど
KDDIがauの2015年春向け新モデルを発表。スマートフォン4機種、フィーチャーフォン2機種の計6機種をラインアップした。(2015/1/19)

初心者に安心のシンプルUIと物理キー搭載――au初のシニアスマホ「BASIO KYV32」
au初となるシニア向けスマホ「BASIO KYV32」は、シンプルなUIと押し心地のいい物理キーを採用したモデルだ。スペックは「URBANO V01」がベースとなっている。(2015/1/19)

ソフトバンク、シニア向けスマートフォン「シンプルスマホ2」を11月28日に発売
ソフトバンクモバイルは、シニア向けスマートフォン「シンプルスマホ2」を11月28日に発売する。(2014/11/26)

スマホの不安を“スパ”っと解決?――「シンプルスマホ2」温泉特典の背景
ソフトバンクのシニア向けスマホ「シンプルスマホ2」。ユーザー層に配慮したデザインと機能も注目だが、大江戸温泉で使えるクーポンがもらえるなど、独自のキャンペーンを展開する。(2014/10/29)

ソフトバンクモバイル、シニア向け「シンプルスマホ2」を11月下旬以降に発売
ソフトバンクモバイルが、シニアのスマホ初心者をメインターゲットとした「シンプルスマホ2」を発表。4.5型の大画面や大きな物理キーを搭載している。11月下旬以降に発売する。(2014/10/28)

あなたの知らない「らくらくスマートフォン」(後編):
「らくらくスマホ」で家族間コミュニケーションは“楽”になる?
“シニア向け”だけど高性能な「らくらくスマートフォン3」。しかし、その最大の“ウリ”はスペックではなく、家族間のコミュニケーションを楽に行えるサービスにあるのです。(2014/9/16)

親へ贈るスマホ、どちらがいい?:
“敬老の日”シニアケータイ商戦、格安スマホか大手キャリアか
敬老の日は、シニア向けスマホを親に贈る機会が増えるちょっとした商戦期だ。実績があるのは大手通信事業者の“らくらく”なシリーズだが、最近は“格安スマホ”にする選択肢もあるようだ。(2014/9/12)

矢野渉の「金属魂」出張編:
母に愛される、幸せな“お守り”──「富士通らくらくスマートフォン3」
PC USERのカメラマンとして活躍している矢野渉氏が、被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。今回は「Business Media 誠」の出張版。このスマホは「僕らより時間がゆっくり流れている、親世代の“お守り”」なのである。(2014/9/12)

“いや、わしは年寄りじゃない”、ここに工夫を:
意識高い「新シニアとその子ども層」にも──富士通「らくらくスマートフォン3」投入の意図
富士通が、累計2500万台販売の強力ブランド「らくらく」シリーズのスマートフォン新モデルを発表。対象は一般シニアだが、“意識の高い”シニア層とその子ども世代もターゲットに据えた。(2014/7/24)

「シニア」なんて呼ばないで:
人とつながりたいアクティブな熟年層を全力支援――富士通がシニア向けスマホで実現する価値とは?
「使いやすく洗練されたデザイン」を実現した端末と「家族や仲間とのつながり」を支援するサービス。2つのコンセプトを掲げる富士通のシニア向けスマホが7月26日に発売される。(2014/7/23)

ドコモ、「らくらくスマートフォン3 F-06F」を7月26日に発売
シニア層をターゲットにした3世代目のらくらくスマートフォン「らくらくスマートフォン3 F-06F」が、7月26日に発売される。(2014/7/23)

「らくらくスマートフォン プレミアム F-09E」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

「らくらくスマートフォン F-12D」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

「らくらくスマートフォン2 F-08E」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

「シンプルスマホ 204SH」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

原研哉氏デザインで洗練された3代目――「らくらくスマートフォン3 F-06F」
スマートフォンに興味を持つシニア層をターゲットに開発された「らくらくスマートフォン」の3世代目モデルが登場。デザイナーに原研哉氏を起用し、使いやすく洗練されたデザインを採用した。(2014/5/14)

らくらくスマートフォン:
PR:あなたが知らずして親孝行はできない? 気配り満載「らくらくスマートフォン プレミアム」
「らくらくスマートフォン」と聞くと機能に制限があって使いにくいのでは……と考えているあなた。実は誰でも便利に使える端末なのです。(2014/3/26)

ソフトバンク、専用ソフトで障がい者の社会生活を支援する「アシストスマホ」サービスを開始
ソフトバンクモバイルは、シャープ製「シンプルスマホ 204SH」を活用した障がい者向けの支援サービス「アシストスマホ」を開始した。(2014/3/25)

ドコモ、らくらくスマートフォン向けサービス「つながりほっとサポート」アプリを3月25日から提供
ドコモは、らくらくスマートフォン向けに「つながりほっとサポート」アプリを提供する。普段通りに端末を利用するだけで、指定した家族にさまざまな状況をメールで伝えることが可能。(2014/3/24)

富士通、海外向け「らくらく」スマホの後継機種を今秋投入
富士通は、仏Orange向けの海外版「らくらくスマートフォン」の後継モデルを開発していると発表した。クアッドコアプロセッサーを搭載し、LTEやNFCに対応する。(2014/2/25)

スマホはもちろんPCやタブレットでも:
大幅リニューアルでサービス強化 富士通のシニア向けSNS「らくらくコミュニティ」とは
「らくらくホン」「らくらくスマートフォン」を展開する富士通が運営する「らくらくコミュニティ」。この夏に大幅なリニューアルを行い、企業コラボなどでサービスの拡大を図った。富士通はなぜ、シニア向けSNSに注力する理由とは。(2013/12/12)

ドコモ、らくらくスマートフォン向け「LINE」アプリを10月30日から提供
ドコモは10月30日から、らくらくスマートフォン向けに「LINE」アプリを提供する。シニア向けにカスタマイズされており、スタンプ購入など一部機能が制限される。(2013/10/29)

ドコモとJR東日本、「旅」がテーマのシニア向けスマートフォン教室を実施
ドコモとJR東日本が、「旅」をテーマにしたシニア向けのスマートフォン/タブレット教室を開催した。受講者約20人が、「らくらくスマートフォン2」の活用方法を学んだ。(2013/10/22)

CEATEC JAPAN 2013:
普通の机でタッチ操作? 富士通の投影型3次元UI「FingerLink」――最新“らくらくスマホ”も展示
CEATECの富士通ブースでは、ドコモ向けの「らくらくスマートフォン プレミアム」と同社が運営する「らくらくコミュニティ」をアピール。新世代の3次元UI「FingerLink」も注目だ。(2013/10/5)

ドコモ、「らくらくスマートフォン プレミアム」を10月4日に発売
Google Playを利用できるドコモのXi対応「らくらくスマートフォン プレミアム」が、10月4日から発売される。(2013/9/30)

ドコモ、「らくらくスマートフォン プレミアム」の事前予約を9月27日に開始
ドコモは、富士通製のシニア向けスマホ「らくらくスマートフォン プレミアム」の事前予約を9月27日に開始する。発売は10月4日の予定。(2013/9/26)

ロア・インターナショナル、ZENUSのiPhone 5c&らくらくスマートフォン専用ケースを発売
ロア・インターナショナルは、ZENUSブランドの「iPhone 5c」および「らくらくスマートフォン2 F-08E」専用ケースを発売した。(2013/9/25)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。