ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ソフトバンクテレコム」最新記事一覧

ソフトバンク通信4社が合併 今後も「ソフトバンク」「Y!mobile」ブランドは維持
ソフトバンクモバイル、ソフトバンクBB、ソフトバンクテレコム、ワイモバイルのグループ4社が合併した。スマホやケータイ、ルーターは引き続き「ソフトバンク」「Y!mobile」ブランドで提供する。(2015/4/1)

クイズ王に勝ったIBM「Watson」、いよいよ日本語を学ぶ
クイズ王に勝ったことでも知られるIBM「Watson」がいよいよ日本語を学ぶ。日本IBMとソフトバンクテレコムが共同でWatsonを教育し、国内向けに提供していく。(2015/2/10)

組み込み開発ニュース:
“土管”からの脱却に向けソフトバンクが通信4社を統合、IoTやロボットに注力
ソフトバンクモバイルは、ソフトバンクBB、ソフトバンクテレコム、ワイモバイルを同年4月1日付で吸収合併する。これらソフトバンクグループの通信4社の統合では、「グループ各社とともに、IoTやロボット、エネルギーなどの分野で事業を拡大させていく」ことを目的に挙げている。(2015/1/23)

ソフトバンクモバイルとワイモバイルが4月に合併、固定事業も統合――ブランドは維持
ソフトバンクモバイル、ソフトバンクBB、ソフトバンクテレコム、ワイモバイルの4社が合併する。(2015/1/23)

ソフトバンク、通信4社を統合 ソフトバンクモバイルがワイモバイルなど吸収合併
ソフトバンクモバイルがソフトバンクBB、ソフトバンクテレコム、ワイモバイルを4月1日付けで吸収合併。ソフトバンクモバイルを存続会社とし、3社は消滅。(2015/1/23)

ソフトバンク、通信4社を「ソフトバンクモバイル」に統合
ソフトバンクモバイルとソフトバンクBB、ソフトバンクテレコム、ワイモバイルが合併し、「ソフトバンクモバイル」が存続会社となる。(2015/1/23)

電力供給サービス:
電力と通信を組み合わせた小売、ソフトバンクグループが全国展開へ
企業向けに通信サービスを提供するソフトバンクテレコムが新電力のSBパワーと組んで電力の小売サービスを開始した。同じグループで太陽光発電や風力発電を展開するSBエナジーなどから電力を調達する一方、一般企業からも買い取る。関東エリアから始めて他の地域に順次拡大していく。(2014/7/3)

ウィルコムら3社、振り込め詐欺電話被害防止などに関する協定を神奈川県と締結
ウィルコム、ソフトバンクテレコム、トビラシステムズの3社は、神奈川県と振り込め詐欺電話被害防止などに関する協定を神奈川県と締結。ウィルコムの「迷惑電話チェッカー WX07A」モニター利用も実施予定だ。(2014/5/16)

製造ITニュース:
製造業ビッグデータが本格化か!? GEとソフトバンクがM2Mで戦略的提携
ソフトバンクテレコムとGEソフトウェアは、企業向けIoT/M2Mソリューション分野での戦略的提携契約を締結した。予測分析ソフトウェアと通信機器をベースにM2M技術を組み合わせたプラットフォームの設計・開発・構築で協業し、日本およびアジア太平洋地域において展開を進める計画だという。(2014/4/23)

ソフトバンクテレコム、ANAグループにiPhone 5s/5cを9000台納入――利便性やコスト削減を支援
ソフトバンクテレコムは、全日本空輸および関連グループ各社へiPhone 5s/5cを9000台納入。内線ネットワークシステム「ホワイトオフィス」を活用し、利便性の向上やコスト削減などを支援する。(2014/3/31)

竹中工務店、約3000台のiPadを導入へ
「竹中スマートワーク」の推進を目的にiPadを導入。ソフトバンクテレコムがその利用環境を構築した。(2014/3/26)

プラチナバンドにも対応:
ソフトバンクテレコム、3G通信網を使うハンディ型のIP無線機を提供
ソフトバンクテレコムは、ソフトバンクモバイルの3G通信網を使うハンディ型の業務用IP無線機「SoftBank 301SJ」(西菱電機製)を2月12日に発売する。(2014/2/10)

1Gバイト月額10円、ソフトバンクがクラウドストレージサービス
ソフトバンクテレコムは、容量無制限で利用料が1Gバイトあたり月額10円のストレージサービスを始める。(2014/2/6)

ソフトバンクの屋外マクロセル評価技術が国際標準化を達成
ソフトバンクテレコムとソフトバンクモバイルの「時間・空間電波伝搬推定法」技術が、国際規格として標準化された。LTEやLTE-Advancedの屋外マクロセルのシステム評価に使われる。(2014/1/28)

イオン店内で無料Wi-Fi ソフトバンクテレコム、ヤフーと共同でO2O強化
イオンとソフトバンクテレコム、ヤフーが実店舗とインターネットを連携させたサービスを強化。「イオン幕張新都心店」を皮切りに無料の公衆無線LANサービスを展開する。(2013/11/20)

面倒なオフィス機器の調達やIT環境の整備、まとめて代行――ソフトバンクの法人サービス「かんたんオフィス」
オフィスに必要なIT・OA機器、文具、家電の調達から通信・IT環境の整備まで、ぜんぶまとめて面倒みます――。ソフトバンクテレコムが企業の負担を軽減する、こんなサービスを開始する。(2013/11/1)

ソフトバンク、準天頂衛星システム大規模実証実験の概要を発表
ソフトバンクテレコムは、2013年秋に予定している準天頂衛星「みちびき」を利用した測位精度実証実験の概要を7月26日に発表した。(2013/7/26)

ソフトバンクテレコム、新クラウド基盤にクラウドサービスを発表
ソフトバンクテレコムは、新しいクラウド基盤を利用したサービス「ホワイトクラウド デスクトップサービス Viewタイプ」と「ホワイトクラウド VMware vCloud Datacenter Service」を開始した。(2013/7/23)

Facebookと連係したO2Oサービス、ソフトバンクテレコムとユニーが発表
ソフトバンクテレコムとユニーはFacebookを使ったO2Oサービスを発表。公式アカウントに登録したユーザー向けに日本コカ・コーラの無糖茶「太陽のマテ茶」(500ml)がもらえるクーポンを配信する。(2013/7/8)

マニュアルの電子化も支援:
ソフトバンクテレコム、JR東日本に「iPad mini」7000台を納入
JR東日本の運転士と車掌にiPad miniを配布し、輸送障害時の迅速な対応や案内サービスの向上を目指す。(2013/5/13)

ソフトバンクテレコム、IP無線機を使った業務用車載ソリューションを提供
ソフトバンクテレコムと西菱電機が2月1日から、タクシー、トラックなどの商用車向け車載用IP無線サービスの提供を開始する。(2013/1/29)

無料ISP「FREECOM」終了 平成電電の名残り
ソフトバンクテレコムは、無料ISP「FREECOM」ダイヤルアップ接続サービスを3月末で終了する。(2013/1/10)

ソフトバンク、スマホ向けBYODに本腰――VMwareと提携し、無償トライアルを実施
ソフトバンクテレコムとソフトバンクモバイルがVMwareと提携し、スマートフォン向けBYODサービスの無料トライアルを開始。Android端末2台を貸し出して、BYODを体験できる環境を用意する。(2012/11/6)

Yahoo!JAPANで大量告知、クーポンで店舗に誘導 ヤフーとソフトバンクテレコムがO2Oで協業
「Yahoo!JAPAN」トップページなどを使った大規模な情報露出やクーポン配信と、ソフトバンクテレコムのクーポン発券機を組み合わせて顧客を実店舗へ誘導し、購買を拡大する。(2012/10/23)

Yahoo! JAPANの集客力、O2Oに活用:
Yahoo! JAPAN上で集客とクーポン配布、リアル店舗に誘導――O2Oサービス「ウルトラ集客」
Yahoo! JAPAN上で商品のPRとクーポン配布を行い、リアル店舗に誘導――。ヤフーとソフトバンクテレコムが提携し、O2Oサービス「ウルトラ集客」を提供する。(2012/10/23)

業務用スマホ、海外キャリアの端末も一括管理――ソフトバンク、MDMサービスを拡充
ソフトバンクテレコムが、業務用端末の遠隔管理サービスを拡充。PCや海外キャリアのスマートフォンも、同じセキュリティポリシーで管理できるようになる。(2012/10/1)

ソフトバンクテレコム、「Virtual Computing Environment」をクラウドサービス化
EMCやCisco、VMwareの製品によるコンピューティング基盤を法人向けに提供する。(2012/8/28)

SoftBank World 2012:
多彩なネットワークとクラウドを強みにM2M市場で存在感を――ソフトバンクテレコムの荒木氏
ウィルコムを傘下におさめたことで、高速から低速まで多彩なモバイル網を手に入れたソフトバンクグループ。今後はその強みを生かし、M2M市場での取り組みを強化する。(2012/7/17)

駅構内の情報、スマホとARで提供――ソフトバンクテレコムが「東京駅JR×AR」に参加
スマートフォンを利用したARで東京駅構内の情報を提供――。JR東日本が期間限定で実施する「東京駅JR×AR」にソフトバンクテレコムが開発受託者として参加する。(2012/4/12)

ソフトバンクのクラウド型ビデオ会議システム、iPhoneとiPadに対応
iPhone、iPadで“いつでもどこでもビデオ会議”――。ソフトバンクテレコムのクラウド型ビデオ会議システムが、iPhoneとiPadに対応した。(2012/2/15)

iPad営業の強力な武器、若手社員が内製――動画で“心に残るプレゼン”を
シナリオも撮影も、出演も社員――。ソフトバンクテレコムでは、こんな内製のプレゼン動画がiPadの強力な営業ツールになっているという。いったいどんな動画なのか、どこが相手の心に響くのか。プレゼン動画の制作担当者に聞いた。(2011/12/12)

ソフトバンクら3社、自治体や介護施設向けの高齢者向け緊急通報サービスを発表
立山システム研究所は、ソフトバンクモバイルとソフトバンクテレコムとの協力により「みまもりケータイ 005Z」を使った高齢者向け緊急通報サービス「まもりんフォン」の提供を開始する。(2011/10/31)

ソフトバンクテレコム、在宅勤務や遠隔拠点間ファイル共有を実現するクラウドサービス2種を開始
在宅勤務をサポートし、BCPを実現するクラウド型インターネットVPNサービスと、遠隔拠点間でのファイル共有や送受信をセキュアに行うためのオンラインストレージサービスを、ソフトバンクテレコムが同時に提供開始した。(2011/8/1)

ソフトバンクテレコムのクラウド型FMCにBCP対策版
ソフトバンクテレコムは、企業向けクラウド型FMCサービス「スマートセントレックス」の事業継続計画(BCP)対策版を8月より提供開始すると発表した。(2011/7/27)

法人向けiPadアプリの開発から端末手配、導入までをワンストップで――トランスコスモス
トランスコスモスがソフトバンクテレコムと販売代理店契約を締結。iPadアプリの開発・運用に加えて、iPadの端末手配・導入までを一括で提供する。(2011/6/7)

ソフトバンクテレコム、クラウド型エリアワンセグ配信基盤を開発
ソフトバンクテレコムが、インターネット網を活用するクラウド型エリアワンセグ配信プラットフォームを開発。広域放送向けシステムよりも経済性や効率性に優れるとしている。(2011/6/6)

ソフトバンクテレコムとKT、データセンター事業で合弁会社を設立
ソフトバンクテレコムとKT、日本と韓国の企業向けにデータセンターサービスを提供する合弁会社を韓国で設立する。(2011/5/30)

孫社長も登場 ソフトバンクテレコムと韓国KT Corporationがセミナー
ソフトバンクテレコムと、同社と事業提携する韓国の通信事業者・KT Corporationが共同でセミナーを開催。ソフトバンクの孫正義社長と、KT Corporationのイ・ソクチェCEOが提携の意義や今後の方向性を語る。配信は5月30日14時30分〜。(2011/5/27)

業務用iPhone/iPadを一括管理――ソフトバンクテレコムがツールを提供
ソフトバンクテレコムが、法人利用のiPhoneやiPadを一括管理するためのツールを提供。セキュリティやアカウントの設定、アプリの配布などを遠隔から一括で行える。(2011/4/27)

在宅勤務ソリューションを通常の半額相当で――ソフトバンクテレコムが提供
ソフトバンクテレコムが夏季節電対策の一環として、ホワイトクラウドデスクトップサービスを利用した在宅勤務ソリューションを特別価格で提供する。(2011/4/27)

ソフトバンクテレコム、ビジネス向けiPhone/iPadの端末管理サービスを発表
ソフトバンクテレコムは、Web経由でiPhone/iPadの資産情報やセキュリティ対策などのクライアント管理が行えるサービスを開始する。(2011/4/27)

iPhone、iPadからワンタップで社内LANにVPN接続 ソフトバンクがリモートアクセスサービス提供
ソフトバンクテレコムが、企業向けリモートアクセスサービスに新サービスを追加。iPhoneやiPadからワンタップで社内LANにVPN接続できるサービスを提供する。(2011/4/26)

震災の対応支援でクラウドサービスを一部無償化――NTT Comとソフトバンクテレコム
NTTコミュニケーションズやソフトバンクテレコムは、それぞれクラウドサービスを無償提供する。(2011/3/15)

通信3社の企業向け通信サービス状況――3月14日正午現在
東北地方太平洋沖地震に伴うNTTコミュニケーションズ、KDDI、ソフトバンクテレコム各社の状況をまとめた(2011年3月14日正午現在)。(2011/3/14)

医療IT事業:
クラウドを活用した医療用データホスティング事業で提携、GEヘルスケアとソフトバンクテレコム
GEヘルスケアとソフトバンクテレコムが医療IT事業で提携した。ヘルスケア企業と通信会社が共同でデータホスティング事業を行うのは国内初。(2011/3/1)

NEWS
GEヘルスケア、ソフトバンクテレコムが医療クラウドで連携
GEヘルスケア・ジャパンとソフトバンクテレコムが医療ITにおける業務提携を発表。医用画像のホスティングサービスを展開する。(2011/3/1)

沖縄県那覇市近辺の300拠点に「ソフトバンクWi-Fiスポット」を設置
JTB沖縄、インデックス沖縄、電通、ソフトバンクテレコムの4社が、那覇市内やゆいレール、県内の観光施設などにソフトバンクWi-Fiスポットを設置すると発表した。観光にスマートフォンを利用するユーザーの利便性向上が狙い。(2011/2/18)

ソフトバンクテレコム、「Google Apps for Business」を提供――2011年2月から
ソフトバンクテレコムは、企業向けクラウドコンピューティングサービス「ホワイトクラウド」の主力サービスとして、「Google Apps for Business」を2011年2月1日より提供する。(2010/12/9)

営業現場にタブレット端末を――ビルコムが導入支援サービス
ビルコムは、ソフトバンクテレコムと提携し、営業ツールとしてタブレット端末を導入する際の端末販売・保守管理からアプリ制作までを一括支援する法人向けサービスの提供を開始した。(2010/12/8)

固定からPHSへの通話が24時間無料に――「ホワイトライン24(おとくラインW)」
ソフトバンクテレコムが、「おとくライン」回線からウィルコムPHSへの国内音声通話料が無料となるオプションサービス「ホワイトライン24(おとくラインW)」を2011年1月1日より開始する。(2010/12/1)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。