ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「望遠」最新記事一覧

中古交換レンズ販売ランキング マイクロフォーサーズ編(5月12日〜5月18日):
望遠ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II」が1位
マップカメラで取り扱う中古交換レンズのランキング。今週はマイクロフォーサーズのランキングをお届けする。(2016/5/24)

富士フイルム、Xマウント用の2倍テレコンバーター「XF2X TC WR」発表
富士フイルムが、ミラーレス一眼向けのXマウントレンズと組み合わせて利用できる、テレコンバージョンレンズの第2弾を発表した。絞りが2段分暗くなるが、焦点距離を2倍にすることが可能だ。(2016/5/19)

交換レンズ百景:
三脚なしで楽しめる超望遠600mm相当の世界――オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO」
オリンパスの高級レンズ「M.ZUIKO PRO」シリーズ第5弾として登場したのは、600ミリ相当の超望遠レンズ。手持ちでもブレにくい強力な手ブレ補正機構が魅力の製品だ。(2016/5/10)

交換レンズ百景:
手持ちで撮れる驚異的な超望遠ズーム――「LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm / F4.0-6.3 ASPH. / POWER O.I.S.」
マイクロフォーサーズシステムならではの、とても面白いレンズが登場した。35mm判換算で200mm〜800mmという焦点距離を手持ちで撮れる、超望遠ズームレンズだ。今まで容易に見ることができなかった世界を垣間見ることができる。(2016/3/29)

中古交換レンズ販売ランキング ニコン編(2月25日〜3月2日):
望遠ズームレンズ「AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED」が1位
マップカメラで取り扱う中古交換レンズのランキング。今週はニコン製レンズのランキングをお届けする。(2016/3/8)

交換レンズ百景:
Xマウントユーザー待望の超望遠ズーム――富士フイルム「XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR」
35mm判換算で152mmから609mm相当の画角をカバーする、超望遠ズームレンズが富士フイルムから登場した。Xマウントユーザーにとっては、長らく待ち望んだ望遠域の強化となる。テレコンバーターを使うと853mm相当にまで広がる超望遠の世界を楽しんだ。(2016/2/23)

交換レンズ百景:
フルサイズ500mmで切り取る超望遠の世界――ニコン「AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR」
焦点距離500mm対応の純正レンズは高価で手が届かない……。そんな既成概念を打ち破るリーズナブルな超望遠ズームが登場。500mmならではのピンポイントな視点で眼前の風景を切り取ってみよう。(2016/1/21)

手持ちでの超望遠撮影も可能な「XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR」
富士フイルムのXマウントレンズに待望の超望遠ズーム「XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR」が登場。35mm判換算で152〜609mm相当の焦点距離を持つ。(2016/1/15)

「FUJIFILM X-T10」のレンズ選び 中望遠単焦点レンズ編
「FUJIFILM X-T10」に最適なレンズを考える企画の第3弾は“中望遠単焦点レンズ”。これが1本あるだけで、ポートレート、風景、スナップなどの撮影の幅が広がる。(2016/1/8)

600ミリ相当で光学式手ブレ補正搭載 超望遠レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO」登場
オリンパスから、最高の画質と最強の手ブレ補正機能を備えた超望遠レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO」が登場。35ミリ判換算で600ミリの焦点距離を持つレンズが2月下旬から販売を開始する。(2016/1/6)

交換レンズ百景:
5万円超えのテレコンの真価はいかほどか――富士フイルム「XF1.4X TC WR」
富士フイルムのXマウントレンズラインアップには、いずれも評価が高い高性能なものがそろっているが、現状は望遠側のレンズがやや手薄。そこを補えるのが、1.4倍テレコンバーターの「XF1.4X TC WR」だ。(2015/12/9)

山形豪・自然写真撮影紀:
アフリカでニコン「AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR」を使う
先頃発売となったニコンの超望遠ズームレンズ「AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR」を南部アフリカ、ボツワナのサファリで使用した実感をリポート。(2015/11/25)

中古カメラレンズ販売ランキング マイクロフォーサーズ編(10月22日〜10月28日):
小型・軽量の望遠ズームレンズ「LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 POWER O.I.S.」
マップカメラで取り扱う中古カメラレンズのランキング。今週はマイクロフォーサーズのランキングをお届けする。(2015/11/4)

富士フイルムが「XF35mmF2 R WR」と1.4倍テレコンバーターを発売
富士フイルムが、レンズロードマップで発表していた「XF35mmF2 R WR」と「テレコンバーター XF1.4X TC WR」を発表。11月19日に発売する。(2015/10/21)

交換レンズ百景:
品のある美しいボケが楽しめる中望遠――カールツァイス「Batis 1.8/85」
カールツァイスのフルサイズEマウント向け中望遠レンズ「Batis 1.8/85」は、光学式手ブレ補正と美しいボケ味が魅力。そのルックスはポートレート撮影にもよさそうだ。(2015/8/26)

ワイド端2ミリの差とレンズの明るさにこだわる人に――ニコン「AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR」
広角からやや望遠までの使いやすいズーム域をカバーしつつ、明るい開放値を実現した万能ズーム、ニコン「AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR」が登場。その画質と使い勝手をリポートしよう。(2015/8/20)

手持ちでも使える軽量な超望遠ズーム「AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR」発表
「AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR」は、NIKKORレンズとしては最高クラスの最大4.5段分の手ブレ補正効果を持つVR機構を備えた超望遠ズームレンズだ。(2015/8/4)

中古カメラレンズ販売ランキング ニコン編(7月16日〜7月22日):
2週連続トップを獲得 広角から望遠までこなせる「AF-S NIKKOR 24-120mm F4G ED VR」
マップカメラで取り扱う中古カメラレンズのランキング。今週は、ニコン製レンズのランキングをお届けする。(2015/7/27)

交換レンズ百景:
豊かな描写を見せる中望遠レンズ――富士フイルム「XF90mm F2 R LM WR」
富士フイルムのXレンズラインアップでは5本目の「WR」レンズとなる「XF90mm F2 R LM WR」は、ポートレートから風景まで、幅広いジャンルで活躍する中望遠レンズだ。(2015/7/24)

中古カメラレンズ販売ランキング ニコン編(6月25日〜7月1日):
広角から望遠まで幅広くカバーする「AF-S NIKKOR 24-120mm F4G ED VR」がトップを獲得
マップカメラで取り扱う中古カメラレンズのランキング。今週は、ニコン製レンズのランキングをお届けする。(2015/7/6)

軽量化した超望遠レンズ「AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR」「AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR」
600ミリと500ミリの超望遠レンズが、従来モデルから大幅な軽量化を果たした。蛍石レンズやマグネシウム合金製の鏡胴を採用し、より扱いやすくなっているのが特徴だ。(2015/7/2)

交換レンズ百景:
マイクロフォーサーズの“大三元”が完成――オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO」
オリンパスのマイクロフォーサーズ対応レンズのラインアップに、F2.8通しの広角ズームレンズが登場。これで広角から望遠までをF2.8でカバーする「大三元」レンズがそろった。(2015/6/24)

ソニー、中望遠マクロGレンズ「FE 90mm F2.8 Macro G OSS」など新レンズ3本を発表
ソニーから、α7シリーズなど35ミリフルサイズのセンサーを搭載するEマウントカメラ向けの中望遠マクロGレンズが登場。Aマウント向けの大口径広角ズームもリニューアル版が発表された。(2015/6/16)

交換レンズ百景:
気軽に携行して手持ちで撮れる超望遠ズーム――シグマ「150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary」
エンジニアリングプラスチックを使用し、Sportsモデルの150-600mmから大幅な軽量化を果たしたシグマの「150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary」は、手持ちで振り回せる超望遠ズームだ。(2015/5/28)

口径食を抑えた、ポートレート向き中望遠レンズ「XF90mmF2 R LM WR」
Xマウントレンズに、ポートレート向きの新たな中望遠レンズが登場。137ミリ相当でF2、防じん・防滴・耐低温仕様を持ったレンズだ。(2015/5/18)

気象庁、大涌谷(箱根山)における火山観測体制を強化
望遠カメラや空振計を設置。(2015/5/13)

中古カメラレンズ販売ランキング キヤノン編(4月9日〜4月15日):
トップは手ブレ補正機能を内蔵した標準望遠レンズ「EF-S55-250mm F4-5.6 IS II」
マップカメラで取り扱う中古カメラレンズのランキング。今週はキヤノンのEFレンズのランキングをお届けする。(2015/4/20)

パナソニック、美しいボケ味の中望遠レンズ「LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S.」発売
パナソニックが4月3日、美しいボケ味が出せるマイクロフォーサーズ用中望遠ポートレートレンズ「LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S.」を発売した。価格は5万円(税別)。(2015/4/6)

挟むだけでみえるみえる:
4月の皆既月食もこれでばっちり――「スマートフォン用 7倍率 望遠レンズ」
上海問屋が、スマホ用のクリップ式7倍ズーム望遠レンズを発売した。価格は2999円。(2015/3/27)

山形豪・自然写真撮影紀:
アフリカでニコン「COOLPIX P900」の実力を試す
普段はデジタル一眼レフに望遠レンズを付けて被写体を追っているが、今回は光学83倍ズームレンズを搭載した「COOLPIX P900」を試す機会を得たので、アフリカの地で実際に使ってみた感想をお届けする。(2015/3/23)

交換レンズ百景:
高品位&防じん防滴に生まれ変わった10.7倍ズーム――オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II」
高倍率ズームの利点は、レンズ交換なしで広角から望遠までの幅広い画角で撮影できること。雨や雪の日、あるいは同行者がいてレンズ交換に時間をかけたくないときなどに特に重宝する。そんな1本を紹介しよう。(2015/3/18)

ソニー、フルサイズ対応の10倍ズームレンズ「FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS」を発表
ソニーが35ミリフルサイズセンサーに対応したFEレンズ「FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS」を発表。シリーズ初の広角から望遠までを1本でカバーする高倍率ズームレンズだ。(2015/3/4)

中古カメラレンズ販売ランキング キヤノン編(2月19日〜2月25日):
4段手ブレ補正機能搭載の望遠ズームレンズ「EF70-200mm F4L IS USM」
マップカメラで取り扱う中古カメラレンズのランキング。今週はキヤノンのEFレンズのランキングをお届けする。(2015/3/3)

ニコン、光学83倍ズーム搭載「COOLPIX P900」発売 2000ミリ相当の超望遠撮影も
ニコンのコンパクトデジタルカメラ「COOLPIX P900」は83倍という高倍率ズームレンズを搭載し、35ミリ換算で24〜2000ミリ相当の撮影が可能だ。(2015/3/2)

ニコン、光学83倍ズームのNIKKORレンズ搭載「COOLPIX P900」発売
ニコンが3月2日、光学83倍ズームの超望遠撮影が可能な高性能コンパクトデジタルカメラ「COOLPIX P900」を発表した。販売は3月19日からで、予想実売価格は7万5000円(税込)。(2015/3/2)

実写画像も公開:
絶妙な距離感を楽しめる「SIGMA dp3 Quattro」
2014年のCP+でお披露目されてから約1年。35ミリ判換算で75ミリ相当の中望遠レンズを搭載した「dp Quattro」の3番機がついに完成した。実写画像とともにいち早くそのインプレッションをお届けする。(2015/2/26)

交換レンズ百景:
取り回しが容易な、驚きの小型軽量望遠レンズ――ニコン「AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR」
PFレンズを採用したことで、300ミリF4の望遠レンズがグッとコンパクトにまとまった。持ち運びやすく、振り回しやすいレンズに仕上がっており、気軽に撮影に持ち出せる。(2015/2/19)

ウインクでズームできる望遠コンタクトレンズ、学会で発表
未来きてるな……!(2015/2/17)

FUJIFILM Xシリーズ用交換レンズのロードマップ更新 3種の新製品を予告
富士フイルムのXマウントレンズのロードマップに、新たに標準レンズ、望遠マクロレンズ、1.4倍テレコンバーターが追加された。(2015/2/10)

交換レンズ百景:
16年ぶりにリニューアルした超望遠Lレンズ――キヤノン「EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM」
焦点距離が長いズームレンズはたくさんあるが、描写の良さとレスポンスの速さを兼ね備えた超望遠ズームは実はあまり多くない。今回取り上げるのは、そんな条件をクリアする1本だ。(2015/1/30)

大幅に軽量化した望遠単焦点「AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR」と沈胴式望遠ズーム「AF-S DX NIKKOR 55-200mm f/4-5.6G ED VR II」
ニコンイメージングジャパンが1月14日、新たなNIKKORレンズ2本を発表した。いずれもこれまでの定番レンズを小型軽量化したものとなっている。(2015/1/14)

交換レンズ百景:
Xマウントユーザーなら避けて通れない大口径望遠ズーム――富士フイルム「XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR」
富士フイルムから登場した、F2.8通しの望遠ズームレンズ「XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR」は、フルサイズ一眼の70−200mm F2.8クラスに相当する大口径ズームだ。コンパクトで取り回しのいいこのレンズ、Xマウントユーザーなら押さえておきたい1本だ。(2015/1/9)

ケンコー・トキナー、大口径ズームレンズ「AT-X 11-20 PRO DX」発売
ケンコー・トキナーが「AT-X 116 PRO DX II」のテレ側を4ミリ伸ばした「AT-X 11-20 PRO DX」を2015年2月中旬に発売する。(2014/12/24)

交換レンズ百景:
立体感が引き立つアポダイゼーションフィルターの魅力――富士フイルム「XF56mmF1.2 R APD」
ポートレート向きの中望遠レンズ「XF56mmF1.2 R」に、世界初のAF対応アポダイゼーションフィルターを内蔵した「XF56mmF1.2 R APD」という姉妹モデルが登場した。立体感がググッと引き立ち、背景は空間に自然に溶け込んでいくような描写が得られる。(2014/12/22)

カシオ、リモコンで最大7台まで同時撮影、高速連写も可能なハイスピードカメラ「EXILIM EX-100PRO」
明るい望遠レンズを搭載したカシオの「EXILIM EX-100」にプロユースのモデルが仲間入りした。最大で7台まで無線LANで同期でき、60枚/秒の高速連写も可能な「EXILIM EX-100PRO」だ。(2014/12/22)

1.5倍以上の高解像度:
ケンコー・トキナー、刷新したテレコン「テレプラスHD」シリーズ発売
ケンコー・トキナーが12月20日、これまでのテレコンバータに代わる「テレプラス HD」シリーズを発売。「HD」を冠するだけあって、従来品に比べ解像度を高めた。(2014/12/22)

キヤノン、望遠ズーム「EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM」を12月19日に発売
16年ぶりのリニューアルを果たした望遠ズームレンズ「EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM」の発売日が決まった。当初の予定より若干繰り上がっての発売となる。(2014/12/12)

交換レンズ百景:
テレ端450ミリ超を気軽に持ち歩く――シグマ「18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM」
シグマから発売されたAPS-C専用の16.6倍ズームレンズ「18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM」は、広角から望遠域まで、焦点距離が途切れずレンズ交換なしで使える手ごろなレンズだ。(2014/11/21)

16年ぶりのリニューアル:
キヤノン、防塵・防滴になり画質と性能が向上した「EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM」を発表
キヤノンが、超望遠ズームレンズ「EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM」の後継モデル、「EF100-400mm F4.5-5.6L II IS USM」を発表した。16年ぶりのリニューアルで画質や性能が大きく向上。ズーム機構は直進式から回転式に変わった。(2014/11/11)

交換レンズ百景:
コンパクトなシステムで“サンニッパ”相当が実現――オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO」
オリンパスから、プロフェッショナルレンズシリーズ「M.ZUIKO PRO」の第2弾として、F2.8通しの望遠ズームレンズが11月に登場する。80ミリから300ミリという幅広い焦点距離をコンパクトなボディでカバーできるのが魅力だ。(2014/10/20)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。