ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「サーモグラフィ」最新記事一覧

足元の冷え対策にはサーキュレーターが有効? サーモグラフィで検証してみた
冬のエアコン暖房は足下が冷える……そんな悩みを解消するには、エアコンに向けてサーキュレーターを動かすと良いらしい。半信半疑で試して見たところ、実際に暖まっていく様子をサーモグラフィで確認できた。(2016/1/22)

家族1人ひとりの暑い、寒いを見分けるエアコン――パナソニックから
パナソニックは、エアコンの新製品「Xシリーズ/WXシリーズ」を発表した。新搭載の「冷温感センサー」で家族一人ひとりの暑い、寒いの感覚を見分け、気流を制御するという。(2015/9/1)

キーサイト・テクノロジー U5856A/U5857A:
650℃/1200℃まで対応可能な赤外線サーモグラフィ
キーサイト・テクノロジーは、赤外線サーモグラフィのラインアップに、高温まで対応可能な「U5856A」「U5857A」を追加した。ファインレゾリューション機能により、カメラ本体上で320×240ピクセル相当の解像度を可能にしている。(2015/8/7)

「子どもの日常をもっと知りたい」に応える園児見守りロボット「MEEBO」 日々の様子を自動撮影、保護者と共有
幼稚園・保育園での子どもの様子を自動撮影し、クラウド上のアルバムで保護者と共有――保育士と保護者のニーズに応えた園児見守りロボット「MEEBO」が発売された。(2015/8/5)

サービスロボット普及なるか:
自分で自分の食い扶持を稼ぐロボット「MEEBO」
ユニファが提供を開始する園児見守りロボット「MEEBO」は、幼稚園保育園の人手不足解消はもちろん、月のランニングコストを自分で稼ぐ可能性を秘めており、サービスロボット普及の1例となるか注目される。(2015/8/5)

サーモグラフィと流体解析で検証&町工場訪問:
ヒートシンクで超暑がりなおじさん記者の熱対策してみた
寒さにはめっぽう強いけど、暑さには非常に弱いおじさん記者の熱対策をヒートシンクでしてみました。強制空冷は何だかかわいそうなのでやめておきました。暑がりの熱対策のポイントは足でした。(2015/7/16)

人とくるまのテクノロジー展2015:
「プレクスター」から高速度カメラ、データロガーとの一体化で利便性向上
シナノケンシは、「人とくるまのテクノロジー展2015」において、高速度カメラによる高速撮像と音や振動などの波形データをリアルタイムで同期記録できるデータロガー「PLEXLOGGER(プレクスロガー)」を展示した。(2015/5/28)

TECHNO-FRONTIER 2015 開催直前情報:
“見えなかったノイズを見せる”電源ノイズアナライザ――キーサイト
キーサイト・テクノロジーは、2015年5月20〜22日に開催される「TECHNO-FRONTIER 2015」(千葉・幕張メッセ)で、ノイズ対策、電源向けに取りそろえる総合的な測定ソリューションを展示する。「今まで見えなかったノイズが見える」(同社)という電源ノイズアナライザなどに注目が集まりそうだ。(2015/4/21)

スマホ連携も:
サバゲー初心者はまずこれで 連射できる次世代型ゴム鉄砲「サバコン!」
タカラトミーが、誰でも気軽にサバイバルゲームを体験できる次世代型ゴム鉄砲「サバコン!」を7月に発売する。柔らかいゴム弾を使うので、体に当たっても痛くない。(2015/4/17)

スマホから周辺機器、日用品まで――MWC2015で見つけた変わり種デバイスを総チェック!
Mobile World Congress 2015では最先端のモバイル製品や技術が見られたが、筆者が「これは気になる! 日本でも売ってほしい!」と思ったユニークなアイテムをまとめた。(2015/3/16)

電子部品 冷却デバイス:
スマホのCPUを冷やす! 厚さ1mm以下の高効率ループヒートパイプを開発
富士通研究所は、スマートフォンなどのモバイル機器に実装可能な冷却デバイスとして、厚さ1mmのループヒートパイプを開発した。(2015/3/12)

MONOHOLIC!:
防寒、軽量、高伸縮――プロが選ぶ最新ランニングウェア4選(2月編)
シューズにウエアにウォッチにサングラス。月刊「ランニング・スタイル」編集部が選ぶ最新ランアイテムを今月もお届けしよう。(2015/1/27)

医療機器 メルマガ 編集後記:
エレクトロニクスの要素技術で水際対策の限界を上げる
実用化を切実に望みます……。(2014/11/4)

iPhoneで赤外線サーモグラフィー:
データセンターの熱管理にも使える? 「Flir One」で電子機器を見よう
私たちが普段使っているコンピューターは常に熱を発生しています。普段見ることができない熱とコンピューターとの関係について赤外線サーモグラフィを使って見ていきましょう。(2014/10/1)

イノベーション・ジャパン 2014:
3Dプリンタで出力した造形物から著作権情報を確認できる技術、神奈工大が開発
神奈川工科大学は「イノベーション・ジャパン2014−大学見本市」で3Dプリンタを利用して出力された造形物に著作権情報などを埋め込む技術を展示。造形物を破壊することなく情報の付与と読み取りが可能で、その造形物が違法なデータを基に出力されていないかどうかなどを確認できるという。(2014/9/16)

アジレント電子計測部門が新たなスタート:
電子計測専業メーカー「キーサイト・テクノロジー」の目指す未来
2014年8月1日、アジレント・テクノロジー(以下、アジレント)の電子計測部門がアジレントから分割され、電子計測専門会社「キーサイト・テクノロジー」(Keysight Technologies/以下、キーサイト)としてスタートを切った。「電子計測専業となることで、これまで以上に研究開発投資が行えるようになる。ぜひ、キーサイトに期待してほしい」というキーサイト・テクノロジー日本法人 社長の梅島正明氏に今後の事業展望などについて聞いた。(2014/8/1)

自然エネルギー:
監視・保守・保険、3つのサービスが太陽光発電所に必要
太陽光発電システムを開発・販売するLooopは2014年7月28日、太陽光発電所の遠隔監視と保守管理、損害保険という3つのサービスを組み合わせた「まもるーぷ」を発表した。出力が200kWの場合のサービス料金は年間88万円。(2014/7/28)

テスト/計測:
ハンドヘルド型測定器事業を強化、サーモグラフィで日本アビオニクスと協業
アジレント・テクノロジー(以下、アジレント)は、メンテナンス市場向けハンドヘルド型測定器の事業を強化する。この一環として日本アビオニクスと協業し、ハンドヘルド型赤外線サーモグラフィ製品を共同開発した。これとは別に、ハンドヘルド型絶縁抵抗計やリモートリンク製品も発表した。(2014/6/3)

FAニュース:
日本アビオニクス、最大記録画素数120万画素の赤外線サーモグラフィカメラを発売
「複数枚超解像処理」機能を搭載し高精細な熱画像を記録可能。(2014/4/30)

製造マネジメントニュース:
パナソニックが農業へ! 新規事業「アグリ・エンジニアリング」に参入
パナソニック エコソリューションズ社は農産物の生産効率向上と生産者負担の軽減を図る「アグリ・エンジニアリング事業」に2014年度から参入することを発表した。局所環境制御を実現した「パッシブハウス型農業プラント」を開発し、パナソニックES集合住宅エンジニアリングを通じて販売を進めていく。(2014/4/21)

センシング技術:
センサーのトレンド、ウェアラブル機器とスマホがけん引
スマートフォンの普及とともに、さまざまなウェアラブル機器が台頭している。これらの端末の進化を支えているのがセンシング技術だ。加速度センサーや角速度センサーなど、スマートフォンでは一般的になっているものから、赤外線センサーやジェスチャ制御センサーまで、さまざまなセンサーを紹介する。(2014/2/24)

スマホ発熱で焼損、やけど報告急増 国民生活センターが注意呼びかけ
国民生活センターは、スマホ本体の発熱でやけどしたという報告が増加傾向にあるとし、注意を呼びかけている。(2014/2/21)

スマートエネルギーWeek2014 開催直前情報:
産業用太陽光発電の管理・運営を拡大するエクソル、O&Mのデモも見せる
「スマートエネルギーWeek2014」におけるエクソルのテーマは「導入後の長期運用やメンテナンス」だ。50kW未満の低圧システムパッケージや太陽電池モジュール、架台や工法を展示する他、「O&M」コーナーを設け、傷やホットスポットの点検デモを見せる。(2014/2/18)

FAニュース:
横河電機、非接触温度監視・データ記録が行える「SMARTDAC+」サーモグラフィパッケージを発売
ペーパレスレコーダー「GX20」または「GP20」とFLIR Systems製高解像度赤外線サーモカメラをパッケージ化し、非接触での温度監視を可能にした。Ethernet経由でデータを記録し、設定値から外れた場合のアラーム発報も行える。(2013/11/15)

Snapdragon 800 Workshop in 北京:
Qualcomm、Snapdragon 800で向上した性能をアピール
Snapdragon 800シリーズの性能を実際に体感するQualcommのワークショップ。訴求するのは格段に向上した“グラフィックス性能”と“LTE Advanced”だ。(2013/7/2)

あれから2年:
オールジャパンで挑む災害対策ロボット開発、実用化への道は?
東日本大震災および東京電力・福島第一原子力発電所の事故発生当初、われわれに突き付けられたのは「日本の災害対策ロボットは実用レベルに達していない」という現実だった。あれから2年――。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「災害対応無人化システム研究開発プロジェクト」の下、開発を進めてきた最新鋭の国産災害対策ロボット技術がプロジェクト完了を受けて一斉公開された。技術・運用面での課題はクリアできているのか? そして、実用への道は開けるのか?(2013/3/11)

オートモーティブワールド2013 リポート:
自動車の中核を担うカーエレクトロニクス、広がり続ける半導体メーカーの役割
カーエレクトロニクスが自動車の中核を担うと言われるようになって久しい。2013年1月16〜18日、東京ビッグサイトで開催された自動車関連技術の展示会「オートモーティブワールド 2013」では、国内外から数多くの半導体メーカーが出展した。本稿では、これらの半導体メーカーの展示で記者が興味深いと感じたものを取り上げる。(2013/1/30)

待望の13インチRetina(1):
写真で見る「13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル」
13インチMacBook Proに待望のRetinaディスプレイモデルが登場した。これから複数回に渡り、測色器や騒音計、サーモグラフィなどを使って、その魅力に迫っていこう。(2012/10/30)

LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:
第4回 クラウドでかしこくデータ同期──Ultrabookを「すぐ実践投入OK」にする方法
いよいよLaVie Zを実戦投入する。といっても昨今はクラウドサービスを使えばその事前準備がさほど面倒ではなくなった。複数台のPC、スマホ、タブレットを使い分けるなら、こうするとラクだ。(2012/9/28)

PC USER 週間ベスト10:
予算は10万円、2017年まで現役のPCを組めるのか?(2012年8月20日〜8月26日)
先週のアクセスランキングは、自作PCネタをはじめ、大画面モバイルノートや超軽量Ultrabook、ちょっと変わったHDDのレビューなどがランキング上位に入りました。(2012/8/27)

LaVie Zにマボロシのカラバリ なんと虹色:
東京・大阪で「LaVie Z」販売開始イベント──ロンドン五輪メダリストも脱帽「か、軽っ」
NECのスペシャルUltrabook「LaVie Z」のタッチ&トライイベントが東京・大阪の2会場で開催。東京会場にはロンドンオリンピック銅メダリストの立石諒選手も来場し、LaVie Zの「軽さ」に驚いていた。(2012/8/24)

PC USER 週間ベスト10:
Windows 8で注目すべきは“タッチ”だけじゃない?(2012年8月13日〜8月19日)
お盆中のアクセスランキングは、Windows 8 RTM、NVIDIAの最新GPU、高画素密度のAndroidタブレット、Ultrabookロードテスト、アキバのPCパーツ特価情報など、多彩な顔ぶれでした。(2012/8/20)

無料刻印サービス付き:
アップル、直販サイトで新しいiPadの「Wi-Fi+Cellular」モデルを発売
アップルのWeb直販サイト「Apple Store」で第3世代iPad「Wi-Fi+Cellular」モデルを購入できるようになった。(2012/8/17)

LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:
第1回 LaVie Zの発熱はどう? サーモグラフィでチェック
超軽量で薄型のスペシャルUltrabook「LaVie Z」、そんなに薄くて「熱」は大丈夫か?──ということで、ほぼ製品版評価機の温度をサーモグラフィ装置でチェックしてみた。(2012/8/17)

PC USER 週間ベスト10:
Ultrabookにも“Retina”の兆し(2012年7月30日〜8月5日)
先週のアクセスランキングでは、Ultrabookの注目機種、OS X Mountain Lionの便利機能、新旧MacBook Airの発熱テスト、Outlook.comなどの記事がトップ10に入りました。(2012/8/6)

MacBook Air追補編:
新型MacBook Airはどれだけ熱い? サーモグラフィで新旧モデルを徹底検証
新型「MacBook Air」を11/13インチともにレビューしたが、Ivy Bridge世代に移行したことで、発熱がどのように変化したかも気になるところ。サーモグラフィ装置を使って見てみよう。(2012/8/3)

この構成で10万円以下!?:
コスパ抜群のゲーミングノートPC――「NEXTGEAR-NOTE i400GA1」で遊ぶ
マウスコンピューターの「NEXTGEAR-NOTE i400GA1」は、最新Core i7とGeForce GT 650Mを搭載し、高速かつ大容量のストレージを備えた15.6型フルHDゲーミングノートPCだ。この構成で10万円を切るッ!!(2012/7/18)

LionとWindows 7で性能チェック:
やっぱり欲しい!! 「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」まとめ
サーモグラフィ装置や測色器などを使って「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」の特徴をさまざまな角度から見てきた。最後のまとめとして、Mac OS X/Windows 7でのベンチマークテストの結果を掲載する。(2012/7/12)

入門機に最適:
最新Core i7搭載ノートが6万円切り!! マウスコンピューター「LB-F310X」を試す
Ivy Bridge世代のクアッドコアCPUを搭載した15.6型ワイドのオールインワンノートPCがOS込みで5万円台……すごい時代です。(2012/7/11)

解像度だけじゃない!:
「MacBook Pro Retina」は本当に美しい? ――測色器でチェック
サーモグラフィ装置で発熱状況を調べた前回に続き、今回は測色器を用いて「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」の液晶ディスプレイの品質を検証していく。(2012/7/5)

1キロを切る11.6型Ultrabook:
軽さへの挑戦――「LuvBook X」誕生秘話
マウスコンピューターが満を持して投入した「LuvBook X」は、アルミ外装のやや重いUltrabookが主流となるなか、3面カーボンファイバーを採用することで985グラムの軽量ボディを実現した注目の製品だ。製品担当者に開発の経緯やモバイルPCへの想いを聞いた。(2012/6/29)

PC USER 週間ベスト10:
アップル旋風の中、1位に躍り出たのは?(2012年6月18日〜6月24日)
先週のアクセスランキングは、第3世代Core搭載のUltrabookとMacBook Pro Retinaディスプレイモデル、新型タブレット、アキバのPCショップ情報などがトップ10に入りました。(2012/6/25)

騒音もチェック!:
「MacBook Pro Retina」はどれだけ熱くなる? ――サーモグラフィで徹底検証
新型の極薄ボディに最新世代のアーキテクチャを搭載した「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」。今回は測定器を使って、発熱や騒音をチェックしていく。(2012/6/22)

正直、“Ivy Bridge”より気になる:
「ThinkPad T430s」の“6列”キーボードをねっちり使ってみた
2012年6月に登場したThinkPadは、その多くがIvy Bridge世代のCPUを搭載した、が、それよりなにより“問題”なのが、変わってしまったキーボードなのだ。(2012/6/22)

Retinaモデルがやってきた:
まるで“なめたくなる”ようなディスプレイ――写真で解説する「MacBook Pro Retina」
話題の「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」がついに編集部にも届いた。非光沢パネルの15インチMacBook Proや、13インチMacBook Airと比較しながら、薄くなったボディや美しい液晶ディスプレイを見ていこう。(2012/6/15)

COMPUTEX TAIPEI 2012:
Snapdragon S4で活用領域を拡大するQualcomm――Windows RTでのデモも公開
Qualcommが、台湾で開催されているCOMPUTEX TAIPEI 2011で、モバイルコンピューティング戦略の説明会を開催した。同社の主力製品「Snapdragon S4」の話題を中心に、Windows RTのデモなども披露した。(2012/6/6)

PC USER 週間ベスト10:
“新しいiPad”は発熱が気になる? 気にならない?(2012年4月16日〜4月22日)
先週のアクセスランキングでは、サーモグラフィー装置で新旧iPadの温度を比較したレビュー記事が1位でした。“ジョブズの師”こと、ジェイ・エリオット氏のインタビューも上位にランクインしています。(2012/4/23)

3世代のiPadを横並び比較(3):
“新しいiPad”は本当に熱いのか?――サーモグラフィで徹底検証
新しいiPadの問題点としてよく指摘される発熱。初代iPadやiPad 2と比較して、どれくらい熱いのか? 新旧iPadの温度をサーモグラフィでじっくり計測してみた。(2012/4/19)

勝手に連載「R731」(3):
dynabook R731で「ベン・ハー」と「サーモグラフィ」を眺めた
唐突に始まった「dynabook R731を私的に使う」ミニ連載。第3回は発熱とバッテリー駆動の話。ちょっとほめます。(2012/4/13)

明るさやコントラストを調整可能、暗い場所での撮影が可能な「暗視カメラ」
エクスラントは、リアルタイム映像処理を行うことで暗い場所での撮影や被写体確認ができるAndroidアプリ「暗視カメラ」の配信を開始した。(2011/3/28)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。