ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「東京商工リサーチ」最新記事一覧

コストが経営圧迫:
「500円ピザ」の「NAPOLI」運営会社が破産
500円前後の安価なピザを提供することで話題になった「NAPOLI」運営企業が破産。(2017/4/28)

売り上げ確保に失敗:
「魔法少女大戦」など開発 ゲーム会社「ガラット」破産
スマホやPS Vita向けゲーム「魔法少女大戦シリーズ」の開発元が破産。(2017/4/26)

太陽光:
太陽光パネル製造販売のZEN POWERが倒産、FIT開始以降3番目の大型倒産に
太陽光パネル製造・販売のZEN POWERは、2017年4月5日に福岡地裁から破産開始決定を受けた。負債総額は52億円で、太陽光関連では再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)開始以降で3番目の大型倒産となった。(2017/4/21)

「聖子ちゃんカット」で知られる美容室、運営会社が破産
美容室「HAIR DIMENSION」を運営するヘアーディメンションホールディングスが破産。(2017/4/19)

カリスマ美容師ブームの先駆け:
「聖子ちゃんカット」生んだ美容室、破産
松田聖子さんのヘアースタイル「聖子ちゃんカット」を考案したことで知られる美容室「HAIR DIMENSION」の運営元が破産。(2017/4/19)

「ワニワニパニック」の製造手がけた企業、ホープが倒産
家庭用ゲーム機やインターネットが普及した影響で、業績不振が続いていた。(2017/4/11)

「ホープスター」も人気:
「ワニワニパニック」製造元「ホープ」が倒産
「ワニワニパニック」などのアミューズメント機器製造で知られるKHP(旧ホープ)が倒産。(2017/4/11)

「ワニワニパニック」「ホープスター」など製造 ホープが倒産
オート三輪「ホープスター」で実績を残したほか、ゲームセンターでおなじみの「ワニワニパニック」などを製造していた。(2017/4/11)

「市場環境の変動を認識すべき」:
太陽光関連事業者の倒産、2016年度は過去最高の68件
東京商工リサーチは2016年度における「太陽光関連事業者」の倒産状況を発表した。その結果によると2016年度の倒産件数は、これまでの最多である2015年度の61件から7件上回った。(2017/4/11)

脱税、粉飾決算、偽装……:
“コンプラ違反”倒産、16年度は減少 好景気が影響
「コンプライアンス違反」による倒産、2016年度の傾向は?――東京商工リサーチ調べ。(2017/4/10)

ミュゼが引き継ぎ:
美容サロン「エターナルラビリンス」運営元が破産
「エターナルラビリンス」運営元のグロワール・ブリエ東京が破産。負債総額は約49億6400万円。(2017/4/7)

ともに新潟県が本社:
第四銀と北越銀、経営統合で基本合意 銀行も合併へ
新潟県に本社を置く第四銀行と北越銀行が2018年4月をめどに経営統合することで基本合意。(2017/4/5)

債権焦げ付き資金難:
てるみくらぶの取引先、広告会社が破産 グループ外初
てるみくらぶの取引先で、広告会社の「デナリ・エージェンシー」が破産。(2017/4/3)

「てるみくらぶ」連鎖 広告制作のデナリ・エージェンシー倒産
グループ外企業の連鎖倒産は初。(2017/4/3)

「アーウィン女性探偵社」経営会社が破産 SEO対策費の削減が裏目に
SEO対策費を削減したことで、受注機会の減少を招いたという。(2017/3/31)

持ち株会社も破産:
てるみくらぶ関連会社 「自由自在」が破産
格安海外旅行会社「てるみくらぶ」関連会社の「自由自在」と、持ち株会社の「てるみくらぶホールディングス」が破産。(2017/3/30)

てるみくらぶ関連会社「自由自在」も破産
てるみくらぶの関連会社「自由自在」とグループ持ち株会社「てるみくらぶホールディングス」が破産。(2017/3/30)

苦しい旅行業……てるみくらぶ破産で“破綻予備軍”今後表面化も
背景には予約サイトの普及が中小事業者の安値競争に拍車をかけている構図がある。(2017/3/30)

6カ月で負債50億円膨らむ:
てるみくらぶ、破産直前の債務超過額は126億円
破産手続き開始決定を受けた格安海外旅行会社「てるみくらぶ」の資産内容を、東京商工リサーチが明らかに。債務超過額は126億円。関連会社8社の状況も判明した。(2017/3/29)

自転車操業に陥りやすい:
「てるみくらぶ」破産手続き開始 倒産続く中小旅行業
旅行会社「てるみくらぶ」の破産手続き開始は、旅行業界の置かれた経営環境の厳しさを浮き彫りにした。(2017/3/29)

関連会社にも影響:
てるみくらぶ破産に連鎖 「自由自在」も営業停止
破産手続き開始決定を受けた格安海外旅行会社「てるみくらぶ」に連鎖し、関連会社で海外旅行ツアーを販売する「自由自在」が営業停止に。(2017/3/28)

ベネッセ、NTT、東ガス:
上場企業が紛失した個人情報、過去5年間で7545万人分
東京商工リサーチによると、2012〜16年の5年間に発生した個人情報の漏えい事故で、上場企業は7545万人分の情報を紛失していた。(2017/3/28)

格安海外旅行のてるみくらぶが破産 営業を停止
3月27日以降出発予定の旅行ツアーは催行できない状態。(2017/3/27)

天城自然公園が倒産 映画「テルマエ・ロマエ」のロケ地となった旅館・天城荘を経営
負債は現在調査中。(2017/3/22)

単純ミス、粉飾、横領……:
上場企業の不適切会計、16年は過去最多 大企業で多発
2016年に不適切な会計を開示した上場企業は過去最多に。うち半数を東証1部上場企業が占めていた。(2017/3/15)

東京商工リサーチ調べ:
日本の長時間労働の現状は?
日本の長時間労働の現状はどのようなものか?――東京商工リサーチ調べ。(2017/3/10)

アクセンチュアなど11社と協業:
「Marketo ABM」が本格展開、日本でABMを成功させるための条件とは?
マルケトはB2Bマーケティング支援事業を営むパートナー11社と協業し、日本市場に向けて「Marketo Account-Based Marketing」を本格提供すると発表した。サービスの背景と今後について聞いた。(2017/3/9)

出版不況の影響受け:
16年の書店倒産は25件 太洋社破産の連鎖倒産も
東京商工リサーチが、2016年の書店の倒産件数を発表した。(2017/3/9)

東京商工リサーチ調べ:
老舗企業の苦戦続く 6年連続で倒産企業の3割超占める
東京商工リサーチが、2016年の老舗企業と新興企業の倒産件数を発表した。(2017/3/9)

書店の倒産急増 16年は前年の1.5倍に 小規模事業者の苦境際立つ
東京商工リサーチによると、2016年に倒産した書店は25件と前年比1.5倍に急増した。(2017/3/8)

開催中止で混乱の「グルメンピック」の大東物産、破産 出店料はまだ返金されず
開催1カ月前で中止を発表したグルメイベントの運営企業。20万円からの出店料を各店舗に返金しないまま、破産決定となりました。(2017/2/23)

「グルメンピック」企画会社が破産 突然の開催延期、出店予定者と返金トラブルも
グルメイベント「グルメンピック」を企画していた大東物産が破産開始決定を受けた。2月に予定していたイベントを突然中止し、返金をめぐって出店予定者とトラブルになっていた。(2017/2/23)

その後ヒット作出ず:
「EVE」シリーズのゲーム会社 姫屋ソフトが破産
「EVE」シリーズで知られるゲームメーカー「姫屋ソフト」が破産。(2017/2/21)

「教育おりがみ」など販売:
折り紙の老舗「ダイヨ」が破産
折り紙などを製造販売する「大与紙工」が破産。(2017/2/21)

自主再建を目指すと発表:
民事再生申請の「Newton」発行元、負債増の理由は?
科学雑誌「Newton」発行元のニュートンプレスが2月20日午後に記者会見を実施。自主再建による収益弁済を目指すと発表したほか、負債が増加した理由を説明した。逮捕された前社長が代表を務めていた別会社への資金援助が大きな原因だという。(2017/2/20)

「EVE」「DESIRE」で知られたアダルトゲームメーカー、姫屋ソフトが倒産 セガサターンなどに移植され一時代を築く
長らく休眠状態が続いていました。(2017/2/20)

18万社の倒産データ:
倒産企業の社名は「ア」「シ」「タ」が多い
倒産した企業で、多い社名は? 2000年以降に倒産した約18万社を調べてみると……。東京商工リサーチ調べ。(2017/2/14)

ABMのターゲット選定に活用可能:
東京商工リサーチ、自社の業種や売り上げ規模から確度高い見込み客を抽出する分析サービス
東京商工リサーチは、自社の売り上げと業種を選択することで売れる確度の高い企業を分析し、TSRが保有する企業データベースから見込み客を抽出する分析サービスリリースする。(2017/2/3)

平均年齢は61.19歳:
社長の年齢と業績の相関関係
2016年の社長の平均年齢は、前年より0.3歳上昇し61.19歳であることが、東京商工リサーチの調査で分かった。年齢と業績の相関関係を調べてみると……。(2017/2/3)

小規模事業者の倒産が約7割:
福祉・介護事業の倒産件数、過去最多を更新
2016年の福祉・介護事業の倒産件数は108件で、過去最多だった2015年(76件)を上回る結果に――東京商工リサーチ調べ。(2017/1/16)

17年は戦略的な人員削減が加速:
上場企業の希望・早期退職者、16年は過去最少
東京商工リサーチが上場企業の希望・早期退職者の募集状況調査結果を発表。2016年に希望・早期退職者を募集した企業は前年の半数程度の18社だった。17年は業績の良しあしを問わず、戦略的な人員削減が進む可能性があるという。(2017/1/13)

買い取り価格引き下げで競争激化:
太陽光ビジネスの衰退続く 倒産企業数が過去最多
固定価格買い取り制度が制定されて以降、拡大が期待されていた太陽光関連市場が急速に縮小している。16年は、倒産企業数と負債額が過去最多となった。その理由は何なのか――東京商工リサーチ調べ。(2017/1/12)

運行は継続:
青森県の南部バスが民事再生申し立て
青森県の南部バスが民事再生を申し立てた。路線バスの運行は継続する。(2016/11/29)

「岩波ブックセンター」経営の信山社が破産 神保町のランドマーク的存在
岩波書店の書籍を幅広く取りそろえる「岩波ブックセンター」を経営していた信山社が破産。(2016/11/28)

コンタクトレンズの「ニチコン」が民事再生申し立て
コンタクトレンズメーカーの日本コンタクトレンズ(ニチコン)が民事再生を申し立てた。(2016/11/16)

週刊「調査のチカラ」:
2016米大統領選を振り返る「ドナルド・トランプ」関連調査まとめ
世界が注目した米国の大統領選挙。投票結果分析が連日メディアを賑わす中、少し違う角度から見た「ドナルド・トランプ関連調査」をまとめてみました。(2016/11/12)

福祉・介護事業の倒産が急増 9月時点で年間最多を更新
福祉・介護事業の倒産件数が、9月時点で年間最多記録を上回った――東京商工リサーチ調べ。(2016/10/11)

給与未払い問題の「ときわ病院」運営法人、破産
給与未払い問題が表面化していた大阪市の「ときわ病院」運営法人が破産。(2016/10/7)

マリンスポーツ専門出版社「マリン企画」が破産 業歴45年、月刊「サーフィンライフ」など
近年はマリンスポーツ人口の減少や出版不況から赤字を散発していました。(2016/10/5)

130万人を分析、「社長」の代表像は?
全国の社長130万人のデータから浮かび上がった「社長像」は……。東京商工リサーチ調べ。(2016/9/16)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。