ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

東京商工リサーチ に関する記事 東京商工リサーチ に関する質問

「東京商工リサーチ」最新記事一覧

創業80年あまり チョークでトップシェアを誇っていた羽衣文具が自主廃業、3月に販売終了へ
「手につかない被膜つきチョーク」のポリチョークなど、羽衣チョークを教室で触った人も多いはず。(2014/11/19)

「痛タク」で話題になった長栄交通が破産
負債額は2億5396万円。(2014/10/31)

銀行員の年収は609万円――最も多いのは?
銀行で働いている人は給料が多い、というイメージがあるが、実際のところはどうなのか。東京商工リサーチが国内銀行(102行)で働く人の年収を調べた。(2014/8/12)

日本のプラズマの祖「篠田プラズマ」は終わってなんかいない 「年内に再建メドつけたい」
昨年11月に事業停止を発表した「篠田プラズマ」は終わっていなかった。篠田傳会長は、「欧米の投資家の資金援助を受け研究を続けながら出資者を集めている」と述べ、年内に再建のめどをつける見通しを語った。(2014/7/9)

欧米反応:
日本のプラズマの祖「篠田プラズマ」は終わってなんかいない
資金繰りの悪化から2013年11月に事業停止を発表した「篠田プラズマ」は終わっていなかった。現在は「欧米の投資家の資金援助を受け、研究を続けながら出資者を集めている」状況で、年内に再建のめどをつける見通しだ。(2014/7/9)

中小企業の64.2%が「賃上げ」――産業別でみると
景気回復の影響を受け、「給与がアップした」といった声を聞くことが多くなったが、中小企業で働く人たちはどうなのか。東京商工リサーチが調べたところ、64.2%が賃上げを実施していることが分かった。(2014/7/8)

仕事力を高める会計の「知恵」:
数億円の発注が“ぬか喜び”になることも――営業が知っておくべき会計の「落とし穴」
「数億円の発注が来た!」――こう聞いて、すぐ舞い上がってしまうようでは社会人失格かもしれない。会計の世界には、知らないと痛い目にあうさまざまな“落とし穴”があるのだ。(2014/7/4)

もう味わえない:
室町創業550年、老舗和菓子「駿河屋」の歴史は波乱万丈
寛正2年(1461年)の創業で、江戸時代には紀州徳川家御用達だった和菓子メーカー「駿河屋」が5月、民事再生法に基づく再建を断念した。企業として設立されたのは昭和19年(1944年)、その後の歴史は波乱万丈で……。(2014/6/26)

国内ジーンズ大手のエドウイン、事業再生ADR手続き申請へ サイトはアクセス超過で503エラーに
11月26日付けで事業再生ADR手続きの利用を申請したとのことです。(2013/11/27)

心技隊流「未来を創るヒント」:
大企業に入社できれば御の字ですか? ホントに?
大企業は倒産しづらい? 中小企業は危ない? 実は、そんなことはないかもしれない。少し違う見方をしてみよう。就職活動に悩む学生に向けたメッセージも。(2013/8/30)

応募殺到はベテラン技術者による「会社への恩返し」か:
リストラ応募のその前に。再就職を成功させる“いろは”の“い”
2013年になっても続いている企業のリストラ。再就職を余儀なくされた製造業エンジニアに最低限知っておいてほしい“いろは”の“い”を製造業出身のキャリアコンサルタントが語る。(2013/5/14)

スラムダンクに登場した「ちどり荘」 モデルの旅館が破産
「スラムダンク」に登場する「ちどり荘」のモデル「みどり荘」が破産申請。ネットでは「いつか泊まりたかった」の声も。(2013/4/5)

上場メーカーの想定為替レート、1ドル=85円、1ユーロ=115円が多数派
昨年末から急速に進んでいる円安。東京商工リサーチの調査によると、主な東証一部、東証二部のメーカーの想定為替レートは対ドルでは85円、対ユーロでは115円が多数派であることが分かった。(2013/3/11)

【連載】オンラインとオフラインで考えるリードマネジメント:
第5回 マーケティング活動の効果測定――KPIの設定から測定/分析まで
マーケティング活動の効果を測定するには、まず、KPIを設定しなければならない。KPIは営業に対する「直接貢献」と「間接貢献」に分けて設定すること。「直接貢献」ばかりを追いかけているとリードは枯渇する。(2012/12/25)

人気調査データをランキングで紹介:
社長輩出率が最も高い都道府県は山形県〜調査データランキング〜
「調査のチカラ」で人気がある調査データを紹介します。「東証1部上場企業の2012年年末賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査」や「2012年『全国社長 出身地・出身校』調査」がランクインしました。(2012/11/16)

社長はどこ出身の人が多いの?
会社の社長はどこ出身の人が多いのだろうか。東京商工リサーチが発表した「全国社長 出身地・出身校」によると……。(2012/11/9)

泊ってみたい、創業100年以上の日本の老舗宿
旅行クチコミサイト「TripAdvisor」は、この1年に寄せられたクチコミを基に「創業100年以上の歴史を持つ日本の老舗宿 トップ20」を発表した。トップ20に選ばれた宿泊施設の歴史を平均すると約240年にもなる。(2012/10/25)

人気調査データをランキングで紹介:
日本酒メーカー全体の71.1%の372社が減収〜調査データランキングTOP10
「調査のチカラ」で人気がある調査データを紹介します。「探偵社による不倫動向調査」や「日本酒メーカー523社の2010年度 売上高動向」に関する調査データがランクインしました。(2012/10/12)

中国、韓国への予約キャンセル――旅行会社の約8割で発生
9月以降の海外旅行の申し込みで、中国、韓国ツアーのキャンセルがあった旅行会社は約8割に達していることが、東京商工リサーチの調査で分かった。(2012/10/6)

NEC、シャープ……早期退職者募集数はリーマンショック時の水準に
東京商工リサーチの調査によると、2012年に希望退職や早期退職者募集の実施を情報開示した上場企業は、8月30日までに50社に達し、2011年の58社を上回る水準で推移していることが分かった。(2012/9/3)

人気調査データをランキングで紹介:
シャープの取引先は8495社、取引先総従業員は約420万人〜調査データランキングTOP10
「調査のチカラ」で人気がある調査データを紹介します。「女性の『色気』に関する意識調査」や「シャープグループ国内取引状況」に関する調査データがランクインしました。(2012/8/24)

創業100年以上の企業は2万7441社、最古は飛鳥時代創業
東京商工リサーチの調査によると、2012年時点で創業100年を超える企業は2万7441社。最も創業が古い企業は社寺建築の金剛組で、飛鳥時代の578年に創業されたようだ。(2012/8/9)

2年連続トップのカルロス・ゴーン氏は2位に、役員報酬トップは誰?
東京商工リサーチは「役員報酬1億円以上開示企業」調査の結果を発表。前年まで2年連続でトップだった日産自動車のカルロス・ゴーン社長兼CEOは、9億8700万円で2位にランクダウンした。(2012/7/11)

最も多い社名は「アシスト」、ここ4年でカタカナ社名が増加
東京商工リサーチによると、最も多い社名は「アシスト」で609社あることが分かった。4年前の調査と比較すると、漢字のみの社名が減った一方、カタカナのみの社名は増加していた。(2012/5/18)

未上場企業の赤字は約3割、最も高いのは静岡県
東京商工リサーチは、全国の未上場企業のうち最新決算で赤字だった割合は29.32%と、前期の31.64%より2.32ポイント改善したと発表。都道府県別にみると、最も赤字企業の割合が高いのは静岡県で、最も低いのは和歌山県と沖縄県だった。(2012/4/11)

日本酒の衰退止まらず……売上高上位20社のうち増収は1社のみ
(2012/1/26)

役員報酬、最も多かったのは?
2011年1月〜12月に財務局に有価証券報告書を提出した上場企業は3619社。1億円以上の役員報酬を開示したのは226社で、開示人数は364人だった。その中で、役員報酬が最も多かったのは……。(2012/1/13)

大正に元号が変わってから100年、どんな企業が生き残ってきた?
(2011/11/22)

東証1部・2部メーカーの9割、想定為替レートを1ドル=70円台に
(2011/11/10)

円高が自粛ムードを終わらせた!? 今夏の海外旅行申し込みが前年より増加
(2011/9/28)

猛暑や休日変更が影響、ビアガーデンの来客数が前年より増加
(2011/9/21)

企業の10.4%は女性社長、東日本より西日本の方が多い傾向に
東京商工リサーチの調査によると、全国の企業のうち、女性が社長を務めているのは10.4%であることが分かった。地域別にみると、東日本より西日本の方がその割合は高くなっているようだ。(2011/9/1)

社長の名前、日本一多いのは「誠」
東京商工リサーチの「全国社長姓名調査」結果を発表。それによると、日本一多い社長の名前は「鈴木茂」と「佐藤誠」であることが分かった。(2011/8/25)

都道府県別で見た社長の“輩出率”――多いのはどこ?
社長の出身大学で、人数が最も多かったのはどこだろうか。最も多かったのは日本大学の2万4645人(前回2万4160人)で2年連続トップという結果に。東京商工リサーチ調べ。(2011/8/22)

【IFRS】東京商工リサーチが調査
IFRS任意適用検討は3割 調査で浮かび上がる企業の戸惑い
、「多くの企業が国の方針を見守りつつ待ちの姿勢を示していることが分かった」と東京商工リサーチは指摘している。(2011/8/12)

銀行員、最も年収が高いのはどこ?
銀行員といえば“給与が高い”といったイメージがあるが、実際のところどのくらいもらっているのだろうか。銀行107行の2011年3月期の平均年収は604万9000円であることが、東京商工リサーチの調査で分かった。(2011/8/9)

進む円高に追いつかず:
円高が進むほど業績悪化――上場メーカーの半数、1ドル=80円を想定
米国政府の債務をめぐる問題から、為替市場では1ドル=77円50銭台まで円が急伸している。輸出企業にとって円高は収益悪化要因となるが、上場メーカーの半数は想定為替レートを1ドル=80円に設定しているようだ。東京商工リサーチ調べ。(2011/7/28)

“節電”でHDDが危ない?:
夏場に起きやすいHDD障害、その傾向と対策
ある夏の月曜日、出社してPCを起動しようとしたらなぜか立ち上がらない。どうやらHDDが壊れたようだ。これまで兆候もなかったのに突然どうして……HDD障害が夏場に急増する理由をデータサルベージ企業の日本データテクノロジーに聞いた。(2011/7/19)

役員報酬、最も多いのは誰?
上場企業の役員で最も多くの収入をもらっているのは誰だろうか。2010年3月期〜2011年2月期決算の役員報酬をみると、上位5人のうち、3人が外国人だった。(2011/6/21)

上場企業の7割、大震災で被害を受けた
東北関東大震災の発生を受け、被害に遭った企業はどのくらいの数に達したのだろうか。上場企業に聞いたところ、71.0%は「何らかの被害を受けた」と回答した。東京商工リサーチ調べ。(2011/3/25)

福岡のイベント会社、東北関東大震災関連で全国初の倒産
(2011/3/24)

嶋田淑之の「リーダーは眠らない」:
創業1300年! 世界最古の温泉宿に行ってみた――慶雲館52代当主・深澤雄二氏(前編)
変化の激しい現代、そんな中でも数々の困難を切り抜けて生き残ってきた“長寿企業”がハイライトされる機会が増えている。その1つが西暦705年創業の西山温泉慶雲館である。温泉宿としては世界最古の慶雲館、現代でも人気を保っている理由を第52代当主の深澤雄二氏に尋ねに行った。(2011/2/18)

長い? 短い? 倒産企業の平均寿命は22.4年
(2011/2/9)

中小企業の活力を高めるクラウド活用の潮流:
あくまでクラウドは手段の1つと考えるべき
コスト削減を大命題に掲げる中堅・中小企業にとって、自社で情報システムを抱えずに外部のサービスを利用するクラウドコンピューティングに対する期待は高い。ただし、ITにまつわる“真の企業課題”を理解せずしてクラウドによる効果は見込めないという。(2010/12/15)

多い? 少ない? 企業の10社に1社が女性社長
(2010/11/10)

お茶でも飲みながら会計入門(40):
武富士の経営破たんから、貸倒引当金を理解する
意外と知られていない会計の知識。元ITエンジニアの吉田延史氏が、会計用語や事象をシンプルに解説します。お仕事の合間や、ティータイムなど、すき間時間を利用して会計を気軽に学んでいただければと思います。(2010/10/28)

そんなに円高が進むとは……上場企業の8割が1ドル90円を想定
日銀が2兆円規模の市場介入を行ったものの、特にドルに対してはいまだ歴史的な円高水準にある為替市場。為替によって業績が大きくが左右される企業は、どの程度の為替水準を想定していたのだろうか。東京商工リサーチ調べ。(2010/10/12)

社長はどこで生まれ、どこの大学を出ている?
社長の出身地は、どこの都道府県が最も多いのだろうか。東京商工リサーチの調査によると、最も多かったのは東京都、次いで北海道、大阪府だった。(2010/9/13)

銀行員の年収はいくら? 最も高いのは「新生銀行」
銀行員はどのくらいの給与をもらっているのだろうか。東京商工リサーチの調査によると、銀行109行の2010年3月末の平均年収は、前年同期比3.8%減少していることが分かった。(2010/8/11)

病院向けKPIを300種類以上搭載
病院の経営管理を支援するBIソリューション「Dr.MPM」
複数の調査機関が「医療機関の倒産件数や負債総額が増加傾向にある」と指摘するなど、その経営は危機的な状況にある。そんな中、医療機関を支援するBIソリューションの導入が進んでいる。(2010/7/29)



Windows 9と噂されていた次世代Windowsの名称は、1つ飛ばしてWindows 10に決まった。発売は2015年後半を予定。タッチU/Iの取り込みに苦労しているWindowsだが、高速起動など基本的な面での改善もバージョンを経るごとに進んでおり、文字通り世界レベルでの影響を持つリリースになる。

音楽CDを超える音質を持つデジタルオーディオデータ、略して「ハイレゾ」。その再生に対応した機器が増加しており、対応したスマホの増加などを機に、今後更なる注目の高まりも期待される。

ソフトバンクモバイル初のXperiaシリーズとして発売が決まり、3キャリアが揃って取り扱う人気機種となった。モバイル事業で減損が発生するなど不調が伝えられるソニーであるが、グローバルスマホ市場での生き残りに向けて、これからが正念場だろう。