ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「東京商工リサーチ」最新記事一覧

退任したアローラ氏、役員報酬は64億円 最高額更新
ソフトバンクグループの副社長を退任したニケシュ・アローラ氏の役員報酬額は過去最高を更新した。(2016/6/22)

役員報酬、ソニーの平井社長は約8億円
ソニーの平井一夫社長の役員報酬は7億9400万円――東京商工リサーチ調べ。(2016/6/22)

96.2%のデータ復旧率を実現する“裏側”をお見せします:
PR:“消えたデータが蘇る”データ復旧の現場では何が行われているのか?――9年連続日本一のデータ復旧実績を持つデジタルデータリカバリーが、その技術力とスピードの核心を公開
重要な情報が格納されているHDDに障害が発生し、慌ててデータ復旧事業者をWebで検索すると、数多くのサービスがヒットする。しかし、Web上の情報だけでは、どのサービスが信頼できるのか判断するのは難しい。また、実際に、どのようにしてHDD/データの復旧作業が行われているのかを知る人も少ないのではないだろうか。本稿では、HDD/データ復旧の現場を紹介する。(2016/5/31)

1100万ダウンロードの写真SNS「Snapeee」運営元が倒産 「ギリギリまで試行錯誤」も事業化できずサービス終了
写真アプリ「Snapeee」を運営するベンチャー企業のマインドパレットが倒産。サービスの事業化に向け「ギリギリまで試行錯誤」したが、かなわなかった。(2016/5/30)

写真アプリ「Snapeee」、運営ベンチャーが倒産 アプリも終了
写真共有アプリ「Snapeee」を開発・運営していたベンチャー企業、マインドパレットが債務整理を始めた。アプリは5月末で終了。(2016/5/30)

長期休暇明けに潜むHDDトラブルの“落とし穴”:
PR:ゴールデンウィーク(GW)明けに発生するサーバ/RAIDトラブルで泣かないために――“復旧のプロ”が教えるチェックポイントと対処方法とは?
ゴールデンウィーク(GW)や年末年始など、長期休暇での旅行やレジャーを楽しみにしている人は多いだろう。だが、システムを運用するエンジニアやIT管理者は、この時期は特に注意が必要だ。長期休暇の余韻を一気に吹き飛ばす、思わぬサーバ/RAIDのトラブルに遭遇するかもしれないからだ。(2016/4/28)

熊本地震:
トヨタやルネサスなど工場復旧の動き ソニーは再開めど立たず
熊本地震の影響で停止していた工場で再開の動きが出てきた。トヨタやルネサスが再稼働を始めるが、ソニーの半導体工場など再開の見通しが立っていない工場も多い。(2016/4/21)

上場企業の不適切会計、過去最多 「業績至上主義」がプレッシャーに
東京商工リサーチは、2015年度に「不適切な会計・経理」を開示した上場企業が過去最多を記録したと発表した。(2016/4/14)

破産のアルケミスト、負債は8億円超
破産開始決定を受けたゲーム会社・アルケミストの負債総額は8億円超。(2016/4/12)

「ひぐらしのなく頃に絆」など制作のアルケミストが破産
近年はヒット作に恵まれず業績が低迷。(2016/4/6)

Weekly Access Top10:
ソードアート・オンラインの世界に“リンクスタート”
無事にログアウトできました。(2016/3/22)

太洋社に連鎖、書店14社が休廃業 東京商工リサーチ調査
出版取次中堅の太洋社が自己破産を申請するまでの一連の動きに連鎖し、書店の休廃業が相次いだ。倒産した芳林堂書店とあわせて15社に連鎖したとしている。(2016/3/16)

取次中堅の太洋社、破産決定 芳林堂書店の倒産で8億円焦げ付き
出版取次中堅の太洋社が東京地裁に自己破産を申請。出版取次の倒産では、栗田出版販売に次ぐ2番目の規模となる。(2016/3/15)

“カツ横流し”のダイコーが倒産 横流し発覚で経営難に拍車
負債総額は約9億円。(2016/3/14)

芳林堂書店が破産 「コミックプラザ」など運営
書店運営については書泉に事業譲渡することで合意。(2016/2/26)

東日本大震災で倒産した企業は1698社
東京商工リサーチは2月25日、「東日本大震災」関連の倒産状況を発表した。(2016/2/25)

「スーパーロボット大戦」開発のウィンキーソフトが破産
ヒット作に恵まれず資金繰りがひっ迫。(2016/2/18)

「スーパーロボット大戦」のウィンキーソフトが破産
「スーパーロボット大戦」の初期シリーズを開発したウィンキーソフトが破産開始決定を受けた。(2016/2/18)

「ユーラシア・ブックレット」の東洋書店が破産
ロシア関連の専門書を中心とした書籍「ユーラシア・ブックレット」シリーズを発行していた東洋書店が破産開始決定を受けた。(2016/2/17)

「友朋堂書店」「ひょうたん書店」店舗を閉店 取次・太洋社の自主廃業で
出版取次業者・太洋社が自主廃業に向けた準備に入ることから、店舗の営業が困難と判断した。(2016/2/15)

つくば市の書店「友朋堂書店」、全店舗閉鎖
つくば市内に3店舗を構え、筑波大生などに親しまれた友朋堂書店が、運営する全3店舗を12日までに閉店する。(2016/2/12)

「増収増益」企業は若手社長が多い、赤字企業は?
2015年の全国社長の平均年齢は、前年より0.2歳延びて60.8歳であることが、東京商工リサーチの調査で分かった。(2016/2/8)

倒産企業の3割が老舗企業 時代の変化に対応難しく 東京商工リサーチ
東京商工リサーチは昨年の老舗企業の倒産件数を発表した。(2016/2/5)

出版社の倒産、2年連続で増加
東京商工リサーチは出版社の倒産件数(2015年)を発表した。(2016/2/3)

会社の休廃業・解散件数、減少しているが
2015年の休廃業・解散件数は2万6699件(前年比2.4%減)で、2年連続で前年を下回っていることが、東京商工リサーチの調査で分かった。(2016/1/22)

25年ぶりに9000件を割り込む、2015年の倒産件数
東京商工リサーチは1月13日、「2015年の企業倒産件数(負債総額1000万円以上)」を発表した。(2016/1/13)

人気ラーメン店「光麺」の一部店舗運営会社が破産
ブランドは存続する。(2015/12/9)

「まどマギ」「青エク」「ビビオペ」のソーシャルゲーム開発会社が破産 近年ヒット作なく負債は約4億
人気作品の版権を生かしたソーシャルゲームを開発してきたネクストリーと関連2社が、破産開始決定を受けました。(2015/11/12)

「素材辞典」シリーズのディシィラボが破産
7月にデータクラフトから社名を変更したところでした。(2015/9/9)

報酬1億円以上もらっている人は413人、トップは?
東京商工リサーチは「報酬1億円以上」もらっている役員のデータを集計し、その結果を明らかにした。(2015/9/8)

スマホゲーム開発のアプリカが事業停止 「唯一性ミリオンアーサー」「バイオハザード アウトブレイクサバイヴ」など手がける
「唯一性ミリオンアーサー」「バイオハザード アウトブレイクサバイヴ」などを手がけたゲーム開発会社・アプリカが9月1日までに事業を停止した。(2015/9/3)

7月サービス停止のキノコ美少女化ゲーム「きのここれくしょん」 開発会社が破産に
「きの娘(こ)」を育て「たけの娘(こ)」から村を守るというコンセプトで話題になりましたが……。(2015/8/20)

キノコ美少女化ゲーム「きのこたけのこ百年戦争」開発のCMIXが破産
キノコを美少女化したスマートフォンゲーム「きのここれくしょん 〜きのこたけのこ百年戦争〜」を運営していたCMIXが破産。(2015/8/20)

2015年上半期「希望・早期退職者募集」状況」
2015年上半期に希望・早期退職者の募集実施を公表した上場企業の数は? 東京商工リサーチが調べたところ……。(2015/7/9)

児童書の国土社が民事再生申し立て 負債3億円
児童書・教育書を出版する国土社が民事再生法の適用を申請した。負債総額は約3億円。(2015/7/8)

ユニークな企画で知られた札幌の書店「くすみ書房」が破産
6月21日に店舗が閉店。閉店を惜しむ声が多かった書店です。(2015/7/3)

億万長者は409人 役員報酬ランキング
6月30日17時現在、役員報酬1億円以上を受け取った役員の個別開示をしたのは209社、人数で409人であることが、東京商工リサーチの調べで分かった。(2015/7/1)

ソフトバンク、孫社長の“後継者”アローラ氏に報酬165億円
孫社長の“後継者”ニケシュ・アローラ氏にソフトバンクが支払った報酬が、165億円あまりだったことが明らかに。国内企業としては異例の高額報酬だ。(2015/6/22)

社長の名前で最も多いのは「佐藤誠」
東京商工リサーチは「全国社長 姓名(2014年)」調査を発表した。(2015/5/15)

過去最高:
女性社長の比率は「西高東低」
全国267万社のうち女性社長は調査開始以来で最多の31万55人にのぼり、全国平均が11.5%に上昇していることが、東京商工リサーチの調査で分かった。(2015/4/24)

スコアリングの精度向上:
シンフォニーマーケティング、東京商工リサーチの企業情報を活用したマーケティングサービスの提供を開始
B2B向けマーケティング事業やマーケティングオートメーション支援を手掛けるシンフォニーマーケティングは2015年3月30日、東京商工リサーチが提供する企業/事業所データベースをマーケティングに活用する新しいサービスの提供を開始した。(2015/3/31)

秋葉原でPC店経営「ニッシンパル」が破産
東京商工リサーチによると、秋葉原でPC店「パソコン激安ショップ ニッシンパル」を経営していたニッシンパルが東京地裁から破産手続きの開始決定を受けた。(2015/3/18)

上場企業で働く人の平均年収は604万円――最も高い会社は?
東京商工リサーチは、上場企業で働く人の年収を発表した。それによると、上場企業2316社の平均年収は、前年比5万8000円増の604万4000円だった。(2014/12/2)

創業80年あまり チョークでトップシェアを誇っていた羽衣文具が自主廃業、3月に販売終了へ
「手につかない被膜つきチョーク」のポリチョークなど、羽衣チョークを教室で触った人も多いはず。(2014/11/19)

「痛タク」で話題になった長栄交通が破産
負債額は2億5396万円。(2014/10/31)

銀行員の年収は609万円――最も多いのは?
銀行で働いている人は給料が多い、というイメージがあるが、実際のところはどうなのか。東京商工リサーチが国内銀行(102行)で働く人の年収を調べた。(2014/8/12)

欧米反応:
日本のプラズマの祖「篠田プラズマ」は終わってなんかいない
資金繰りの悪化から2013年11月に事業停止を発表した「篠田プラズマ」は終わっていなかった。現在は「欧米の投資家の資金援助を受け、研究を続けながら出資者を集めている」状況で、年内に再建のめどをつける見通しだ。(2014/7/9)

中小企業の64.2%が「賃上げ」――産業別でみると
景気回復の影響を受け、「給与がアップした」といった声を聞くことが多くなったが、中小企業で働く人たちはどうなのか。東京商工リサーチが調べたところ、64.2%が賃上げを実施していることが分かった。(2014/7/8)

仕事力を高める会計の「知恵」:
数億円の発注が“ぬか喜び”になることも――営業が知っておくべき会計の「落とし穴」
「数億円の発注が来た!」――こう聞いて、すぐ舞い上がってしまうようでは社会人失格かもしれない。会計の世界には、知らないと痛い目にあうさまざまな“落とし穴”があるのだ。(2014/7/4)

国内ジーンズ大手のエドウイン、事業再生ADR手続き申請へ サイトはアクセス超過で503エラーに
11月26日付けで事業再生ADR手続きの利用を申請したとのことです。(2013/11/27)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。