ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「うどん」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「うどん」に関する情報が集まったページです。

スパイシーなスープにモチモチ麺 猫好き用カレーうどん「カレーにゃるうどん」が登場ニャ
猫ちゃんにはあげられません。(2018/6/18)

極楽湯がぐでたまとコラボ「ぐでたまの湯」 1万個の「ぐでたまボール」がお出迎え
「RAKU SPA Cafe 浜松」と「極楽湯 吹田店」の2店舗で開催!(2018/6/15)

「もどかしさ」をPRへ:
「断固反対!クールビズ」 ネクタイ産地があえて動画で発信するワケ
「断固反対! クールビズ」というインパクトが強い言葉を使った動画を、山梨県の富士吉田商工会議所が制作。あえてこの言葉を使ったのはなぜか。担当者は「環境対策に反対したいわけではない」と話す。(2018/6/14)

マーケティング部門の責任者に聞く:
マックのチキンナゲット、35年目にして新商品が出た理由
日本マクドナルドが定番のサイドメニュー「チキンマックナゲット」の新商品を6月20日から販売する。これは、チキンナゲットが日本に上陸してから35年目にして初めてのことである。チキンナゲットを強化する背景には何があるのか、マーケテイング部門の責任者に聞いた。(2018/6/14)

「現実の方がむごい」 “ヤバいマンガ枠”扱いされる“知るかバカうどん×クジラックス”の白熱対談
おお神よ! なぜこの二人を引き合わせてしまったのか!(2018/6/8)

ITりてらしぃのすゝめ:
存在しない大学、なぜだまされた? 「URL」でWebサイトの安全性が分からない時代
「ドメイン名を見ればWebサイトの安全性が分かる」――そう思っていませんか? 最近はそんな常識を覆す“事件”が多発しているんです。(2018/6/6)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
顧客の若返りに成功 「和食さと」が好調を維持できるワケ
店舗数で和食ファミリーレストラン最大手の「和食さと」。外食産業全体が縮小する中でも成長を続けている。最近ではジュースやお酒が飲み放題のセルフ式ドリンクバーが人気だが、商品開発や仕入れでどのような戦略をとっているのだろうか。(2018/6/5)

大谷翔平並みの頼もしさ:
「アルバイト川柳」、1位は「二刀流? ピッチャー運んで レジ打って」
パーソルキャリアが「アルバイト川柳」の優秀作品を発表。グランプリに輝いたのは、飲食店のホールスタッフと野球の大谷翔平選手の活躍ぶりを掛けた句だった。(2018/6/4)

ノリがパリッパリ! 中身ペラッペラ! 3日前のおにぎりが変わり果てた姿に
横から見た写真だけだと何が何やら。(2018/5/29)

日清「どん兵衛 釜たま風うどん」の圧倒的社内プレゼン資料公開 小学生の落書きみたいな屁理屈ゴリ押しが満載
圧倒的である。(2018/5/29)

「日清のどん兵衛 釜たま風うどん」登場 湯切りタイプのカップ麺で釜たまうどんを表現
ツルッといただきたい。(2018/5/22)

土曜インタビュー劇場(かき揚げ公演):
アタリの店はどこ? サラリーマンが愛する「立ち食いそば」事情
ランチや仕事の合い間に「立ち食いそば店」に入ったことがある人も多いのでは。「アタリ、ハズレが大きい」なかで、どこがオススメなのか。雑誌『極上 立ち食いそば』の編集者に、アタリの店を紹介してもらった。(2018/5/19)

公式サイトまで存在:
「国際信州学院大職員が50人分の予約無断キャンセル」……飲食店ツイート大炎上 実は大学も店も架空だった
飲食店を名乗るツイッターアカウントが、大学職員から50人分の予約を無断キャンセルされた−と投稿した。ツイッターは大学職員を非難する投稿で炎上したが、その後、飲食店も大学も架空の存在であることが分かった。(2018/5/16)

無断キャンセルした大学職員にうどん店「二度と来ないで」と激怒→実は架空の大学でツイート自体も壮大な釣りだと話題に
手間のかかることを……!(2018/5/14)

うどん屋「ドタキャン受けた」とTwitter投稿 「気の毒」と拡散したが、店も加害者も架空
「50人分の料理を用意したら、ドタキャンされた。国際信州学院大学の教職員の皆さん、二度と来ないでください」――「うどん屋」を自称するアカウントによるこんなTwitter投稿が話題になったが、このうどん屋も大学も、架空のものだ。(2018/5/14)

「出前館」運営元が協力:
「吉野家」「はなまるうどん」まとめて出前 家族客の獲得目指す
「吉野家」「はなまるうどん」の商品をまとめて宅配するサービスの実証実験が始まった。夢の街創造委員会が運営するWebサイト「出前館」で商品を注文すると、配達員が両社の店舗を回ってから宅配する。家族客を獲得する狙い。(2018/5/8)

1人負けした理由:
スシローの進化についていけなかったかっぱ寿司
かつて業界をリードする立場だったかっぱ寿司が、競合他社に次々と追い抜かれている。逆転を許してしまった背景にはいったい何があるのだろうか。(2018/4/26)

誰が思い付いたんですか 「明星 一平ちゃん夜店の焼うどん いなり寿司味」が誕生してしまう
行楽シーズンだからいなり寿司にしよう→分かる。いなり寿司味の焼うどん作ったよ→?(2018/4/24)

「どリッチ 全部のせうどん」:
日清、“全部乗せ”「どん兵衛」発売 おあげ・天ぷら・牛肉勢ぞろい
日清がカップ麺「日清のどん兵衛 どリッチ 全部のせうどん」を全国で発売した。「どん兵衛」に人気の具材「ふっくらおあげ」「サクサク天ぷら」「ジューシィ焼肉」が全て入ったもの。価格は1食当たり税別290円。(2018/4/23)

実は「串かつ」「ねぎ焼き」も:
新幹線で「たこ焼き」はNG? JR東海の見解は
新大阪駅改札内で販売されているたこ焼きには「新幹線車内と駅内で食べないで」という注意書きが貼られている。JR東海にその理由を聞いたところ……。(2018/4/18)

「孤独な女の幻じゃなぁぁいい〜」 吉岡里帆、『銀魂』衝撃タイトルにどん兵衛吹き出す勢いで狂喜してしまう
「わたくしうぉぉぉ銀魂にぃぃぃ」。(2018/4/18)

CUO(チーフうどんオフィサー)が語る:
讃岐うどんを粉から作れる「英才教育キット」 開発の思いを聞いた
香川県三豊市の地域商社「瀬戸内うどんカンパニー」が5月1日、「さぬきうどん英才教育キット」を発売する。讃岐うどんを教材にした狙いは何か。その思いを聞いた。(2018/4/17)

これがうどん県の本気か…… さぬきうどんの作り方を体験できる「英才教育キット」登場
10人前の材料や麺棒などをセットで提供。さぬきうどんについて学べるワークブックも付属します。(2018/4/16)

かわいいうどんにお母さんもにっこり 母の日用ギフト「猫うどん」「パンダうどん」が登場
ワイワイ作ってワイワイ食べたい。(2018/4/16)

【食べたら更新】朝井麻由美の「ウニ日記」
幸せのオレンジ色を記録していく場所です。(2018/4/15)

「九州全体に拡大」は事実:
「資さんうどん」全国展開と一部報道 投資ファンドは「発表していない」
ファンドのユニゾン・キャピタルが、「資さんうどん」を全国展開すると一部が報道。ユニゾンに事実関係を聞いたところ、「当社から発表したものではない」とコメント。九州全体に出店を拡大する点は事実という。(2018/4/10)

おあげも天ぷらも牛肉もてんこ盛り! 日清、「日清のどん兵衛 全部のせうどん」4月23日発売
食いしん坊な人向け。(2018/4/9)

15周年おめでとー ほっこりかわいい「リラックマタウンカフェ」 4月25日から池袋西武で開催
カフェ店員になったリラックマたちがかわいい。(2018/4/9)

連載打ち切りの『君に愛されて痛かった』、新潮社に移籍で連載再開へ 「数字を出すことが今できる全て」
コミックスも発売決定!(2018/4/6)

元「たま」の知久寿焼、テレビで「ヒガシマルうどんスープ」フルバージョン生披露にネットざわつく
お前だったのか(知ってた)。(2018/4/5)

みんな、来てやぁん? うどん県、ポケモン「ヤドン」とコラボした「ヤドンパラダイス in 香川」を開催!
うどん、ヤドン。ヤドン、うどん。(2018/4/5)

水曜インタビュー劇場(ゴロッと公演):
街中で食べることができない、知られざる「JALカレー」の話
空港のラウンジでしか食べることができない「JALカレー」をご存じだろうか。SNSでJALカレーをアップしている写真をよく見かけるが、一体どのような味をしているのか。試食をしながら、JALの担当者に裏話を聞いてきた。(2018/4/4)

「似てるばぶ?」 アレク、1歳のころの“かわいさ全盛期”ショットで息子と張り合う
愛嬌(あいきょう)では完敗。(2018/4/1)

ワンコインでここまで食べられる! 学食研究家・唐沢明が選ぶ東京のおいしい学食4選
ほとんどの大学の学食は誰でも利用できるのです!(女子大と一部の国立大学は不可)(2018/3/29)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
ももクロも愛する「山田うどん」が埼玉の県民食になった理由
“ダウドン”“ヤマウ”の名称で愛される「山田うどん」。埼玉の県民食としての地位を確立しただけでなく、人気アイドルグループにも愛される理由とは?(2018/3/27)

韓国でラーメンと言えば……:
日本の「ラーメン」韓国人には不評? 「ラミョン」似て非なるもの
ラーメンは日本人の大好きなメニューだ。欧米など海外でも人気を集めているが、韓国人の一部は違うようだ。(2018/3/26)

春のコス祭り! AnimeJapan 2018を熱くしてくれたコスプレイヤーさん大集合
スーパーえなこタイムもあるよ!(2018/3/24)

「買うつもりでみてなかったんだけど」 川崎希、オークションでダリの絵を落札
予算次第ではピカソの絵も。(2018/3/19)

98円の激安うどん! アレク、2億円超えの豪邸建設に向けて節約生活に突入する
ドンキさまさま。(2018/3/14)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
後発の「ゆで太郎」がそば業界首位になった理由
「挽きたて」「打ちたて」「茹でたて」のそばを提供して急激に店舗数を増やしているのがゆで太郎だ。今回は、後発ながら富士そばや小諸そばを追い抜く原動力となった同社のこだわりと戦略を紹介する。(2018/3/13)

京急が「リラッ久里浜駅」「大キイロイ鳥居駅」に駅名変更 一体どうした、何だかどれもこれもリラックマ仕様に
「駅そば」までリラックマに。どんだけー。(2018/3/6)

スマートニュースに「クーポンチャンネル」 マック、吉野家など参加
すかいらーくやケンタやローソンも。(2018/3/2)

これからのAIの話をしよう(人狼編):
「人工知能はうそをつく」 常識疑う力を 人狼AI研究者が描く未来
うそをつく、見破る、説得する――人間のように振る舞う、そんなエージェントの研究を進める壮大な「人狼知能プロジェクト」。同プロジェクトを率いる東京大学の鳥海不二夫准教授にAIと人間の未来について聞いた。(2018/3/1)

リンガーハットが新ブランド「EVERY BOWL」立ち上げ オリジナルヌードルをワンボウルでフォトジェニックに
なじみ深い長崎ちゃんぽんとは対象的なオシャレ感。(2018/2/20)

カルビーの“地元の味”ポテチに第3弾 福井の水ようかん・島根の出雲ぜんざいなど甘味までカバー
新潟県の「かんずり味」や山梨県の「せいだのたまじ味」など、県外ではなじみのない味も。(2018/2/18)

「好きだ……好きだ……」「ぼくもだよ……ぐ、ぐるじい……」 あいしあう兄弟ねこの謎の絡み合い
「ぼくのお尻の匂いを嗅いでくれないか……」。(2018/2/18)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
手間をかけて“心に残る”旅を企画 「鉄旅オブザイヤー」優秀ツアーとは
旅行会社が開催した「鉄道好き企画旅行」のコンテスト「鉄旅オブザイヤー2017」。今回は審査員を務めた筆者が、受賞作品や受賞しなかった優秀作を紹介する。(2018/2/16)

沖縄の天ぷら店の挑戦:
ゆでたて沖縄そば290円、安さの理由はセルフ式
上間弁当天ぷら店を運営する上間フードアンドライフが、新たな飲食分野への展開を進め業容を拡大中だ。東京など県外への進出も目指している。(2018/2/14)

七味「壁どん兵衛されちゃってる!」 どん兵衛が謎の概念飛び出す青春サクセス漫画「どん兵衛ゼミナール」を公開へ
ちょっと何言ってるのかな……?(2018/2/13)

こんなクエストなら喜んで! 妻が夫のために作ったFFのクエストボード風貼り紙が最高のセンス
なんてステキな奥様なんだ……。(2018/2/11)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。