ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「うどん」最新記事一覧

太る原因はコレだった? ダイエット向けドレッシング3選
サラダだけじゃない? 肉、魚、どの食材でも使えて、カロリー控えめ。人気の星9つ以上の商品を集めました。(2016/5/20)

「うどんカワイイ」とは一体…… 丸亀製麺が女子高生とコラボした謎プロジェクトで「超えび天ピアス」なるものを生み出す
女子高生目線でうどんの魅力を発見するプロジェクト。(2016/5/18)

と、溶けてる! 猫の体をコロコロローラーで掃除したら平べったい“ペチャンネコ”になった
クッションのようだ。(2016/5/18)

うどん県副知事・要潤、Instagramから「あなたが写っている写真」と“ナンの写真”が通知される
自ら「似てなくもないけど…」と認めてしまった。(2016/5/14)

“ウェアラブル”の今:
JINS MEME ESとZENアプリで集中力トレーニング
体と目の動きを可視化できるメガネ型ウェアラブルデバイス「JINS MEME」向けの新しいアプリ「ZEN」は、集中力を鍛えることができるアプリ。前回、自分が思っていたほど集中できていないシーンがあることが分かったので、このアプリで鍛えてみることにした。(2016/5/14)

その腹痛は病気かも! 過敏性腸症候群の症状と対策
緊張やストレスが高じると胃腸の調子が悪くなる「過敏性腸症候群」。一体どんな食事がいいのでしょうか?(2016/5/13)

非常食なのにヘルシー? 震災で注目、ローリングストックとは
災害が起きたときのために備えておくべき災害食。食べながら補充していく「ローリングストック」が注目されています。(2016/5/12)

高井尚之が探るヒットの裏側:
ふりかけの定番「ゆかり」の裏話
ジャーナリスト・経営コンサルタントの高井尚之氏が、人気企業・人気商品の裏側を解説する連載。今回はロングセラー商品、ふりかけ「ゆかり」の人気を読み解く。(2016/5/10)

最後の「トーストサンド自販機」が高知にあった! 究極の昭和レトロ、コンビニ全盛期を生き抜いた“数奇”な半生
昭和50年代に生産されたトーストサンドの自販機は、全国でわずか15台が現存する。西日本で唯一生き延びた高知の所有者にその数奇な「半生」について聞いた。(2016/5/6)

星8つ! キッコーマン「だししっかり減塩つゆ」をレビュー!
今回選んだのはキッコーマン食品の「だししっかり減塩つゆ」(311円/税込、店頭価格)だ。(2016/5/4)

星7つ! ヤマキ「割烹白だし仕立て減塩うどんだし」をレビュー!
今回選んだのはヤマキの「割烹白だし仕立て減塩うどんだし」(127円/税込、店頭価格)だ。(2016/5/3)

星満点! ヒガシマル「減塩うどんスープ」をレビュー!
今回選んだのはヒガシマル醤油の「減塩うどんスープ」(150円/税別、店頭価格)だ。(2016/5/2)

星6つ! イオン「トップバリュ 食塩不使用 国産小麦100%使用 うどん ゆで」をレビュー!
今回選んだのはイオンの「トップバリュ 食塩不使用 国産小麦100%使用 うどん ゆで」(73円/税込、店頭価格)だ。(2016/5/2)

残念それは私のおいなりさん入りラーメンだ 「変態仮面」コラボラーメンが盛り付けの常識を覆している
変態盛り。(2016/4/28)

姫路駅名物:
うどんでも日本そばでもない――終戦後から創意工夫を重ねた「えきそば」 
1日10万人弱の乗降客が行き交うJR姫路駅。電車を降りてすぐに目に入るのが「えきそば」の文字。戦後の混乱期から現在に至るまで、駅の利用客から愛され続けてきた「姫路のソウルフード」だ。(2016/4/22)

関西人は「さつま揚げ」を「天ぷら」と呼ぶ?
(2016/4/22)

変な張り紙で話題の美容院がいろいろ攻めすぎている マジでツッコミどころしかない
ツッコミがおいつかない。(2016/4/19)

吉野家HD、営業利益54.1%減 16年2月期 原材料在庫の評価損響く
吉野家ホールディングスの2016年2月期は、売上高が3.2%増、営業利益が54.1%減だった。「吉野家」の主要食材である牛肉の評価損計上などが影響した。(2016/4/11)

さすがうどん県? 香川県の方言「ぴっぴ」の意味
(2016/4/7)

最強麺決定戦、ラーメンVSうどん。AEONでマルちゃん製品を買うと、アイマスミリオンライブのグッズが当たる
んーー、ぼくはうどんかなー。(2016/4/3)

一人暮らしの強い味方? 食事付き賃貸物件とは
忙しいビジネスパーソンにとって食事付きの環境は重宝しますよね。そんなニーズが「食事付き賃貸物件」として人気になっているようです。(2016/4/3)

丸亀製麺の期間限定メニュー「春のあさりうどん」 麺が隠れるほどあさりがのった春のおいしさ!
海の香りがしそう。(2016/3/31)

「きつねうどん」と「たぬきそば」の違い、知れば知るほど混乱する理由
(2016/3/31)

秋田港の「うどんそば自販機」、営業終了を惜しんで並ぶ客への店主の気づかいにほっこり 最終日には生放送も
3月31日が最終日。連日、名残を惜しむ人が訪れている。(2016/3/30)

こんなものが自販機で!? だしやリンゴ、うどんまで……“アナログさ”が外国人にも人気
ペットボトル入りのだし、カットリンゴに焼き肉のタレ……意外な商品を売る自動販売機が人気だ。(2016/3/30)

経済裏読み:
「10分どん兵衛」の衝撃 日清“おわび” SNSが崩した40年の常識
誕生40年になる「どん兵衛」。熱湯をかけ5分待つのが食べ方の常識だったが、いま「10分待ち」の裏技が評判になっている。「10分どん兵衛」はなぜ、ここまで盛り上がったのか。(2016/3/18)

不惑の40歳:
どん兵衛「10分待ち」の衝撃、日清“おわび”SNSが崩した40年の常識
日清の「どん兵衛」が今年で誕生40年。熱湯をかけ5分待つのが食べ方の常識だったが、いま「10分待ち」の裏技が評判になっている。(2016/3/18)

4月オープンの京都鉄道博物館、列車や駅にちなんだレストランメニューと弁当を公開 旅する気分を味わえそう! 
梅小路車庫はカレーに。(2016/3/18)

同じ国なのに?めん類の好みが地域によって違う理由
同じ日本でも、味の好みには地域差があります。特に、めん類の味の好みは地域ごとに顕著な違いがあらわれていました。(2016/3/18)

秋田港の「うどんそば自販機」が道の駅へ移設され営業継続決定 撤去が決まってからは連日の行列
お湯が沸く時間を待つ。(2016/3/17)

開化丼じゃない? 牛肉の入った丼を「他人丼」と呼ぶ関西
(2016/3/16)

パフェやあんみつ、ラテアート 「ぐでたまかふぇ」期間限定で京都・四条河原町の抹茶カフェにオープン!
ぐでぐでしたい〜。(2016/3/13)

市場規模507億円:
ご当地、いちご……進化する「レトルトカレー」、もはやグルメの域 
レトルトカレーが多様化している。全国各地の「ご当地カレー」が注目を集めるほか、店頭価格で500円を超す「高級品」も好調。レトルトカレーの専門店も登場し、市場全体が活性化している。(2016/3/8)

どこまで通じる?:
「くたたん」「えーばぐ」 SCEが新卒向けに“入社後役立つ単語辞典”を公開
解釈には個人差がある模様。(2016/3/3)

ラーメンがパンに入った 「ランチパック」に「家系 豚骨醤油ラーメン風」
炭水化物in炭水化物。(2016/3/1)

すごい差別化戦略:
うどんチェーン、カフェ事業への多角化戦略の盲点
大手うどんチェーンが、新たにカフェ事業に着手しています。多角化戦略の検討において、どのようなことが重要なのでしょうか?(2016/2/29)

香川・観音寺市、アニメ「結城友奈は勇者である」コラボで地域活性 2200万円の予算案
アニメ「結城友奈は勇者である」を使ったPR費用として、観音寺市が2200万円を補正予算案に組み込んだことを明らかにした。(2016/2/24)

もうちょっと頑張れよ! ファミマ公式サイトの食品写真が「センスなさすぎ」と話題に
下手か。(2016/2/19)

うどん県副知事の要潤、今度は「おりーぶ新鮮組」隊長として香川県産オリーブを熱烈アピール
そこにはうれしそうにオリーブオイルを注ぐ、要潤さんの姿が。(2016/2/17)

リンガーハットが、24億円の最終赤字から「復活」できた理由
「長崎ちゃんぽん」でおなじみのリンガーハットが好調だ。今期の業績予想は売上高395億円と、6期連続の増収を見込んでいる。そんな同社だが、実は過去10年間で4度の最終赤字を計上しているのだ。そこからどのような復活劇を遂げたのだろうか?(2016/2/16)

さすがうどん県 「四国新聞」朝刊トップが重力波でも円急騰でもなく「うどんの価格上昇」でTwitter民うなずく
ノーベル賞級の功績よりも日本経済よりも、うどんが大事。(2016/2/12)

「近くにあるうどん屋」から物件を探せる賃貸サイトが登場 そんなサイトがあるのはモチロンあの県
香川の物件は駅までの距離ではなく、うどん屋までの距離で探す。(2016/2/10)

「てーきゅう」のLINEスタンプが登場! 謎ポーズ「夜叉の構え」はテニスVer.と野球Ver.の2種類を用意
無駄に充実してる。(2016/2/9)

うどん県を舞台にした人気マンガ「うどんの国の金色毛鞠」 テレビアニメ化決定!
タヌキの男の子で萌えるという新感覚。(2016/2/9)

データからみるお買い物リアル:
鍋といえばナニ? 地域別「鍋」ランキング
寒い日が続いているので「温かい鍋を食べたいなあ」と思っている人も多いのではないでしょうか。マーケティングアプリケーションズが運営する家計簿アプリ「レシトク」で、よく売れている「鍋調味料」を調べてみました。(2016/2/5)

電子ブックレット/スマートシティ:
エネルギー列島2015年版 −四国編−
海と森林に囲まれた四国では太陽光と木質バイオマスの導入が活発に進んでいる。沿岸部の工業地帯や瀬戸内海の島にもメガソーラーが続々と誕生する。徳島県と高知県で木質バイオマス発電所が運転を開始する一方、香川県では名産品のうどん、愛媛県では下水を利用したバイオマス発電が広がる。(2016/2/2)

料理初心者が最低限知っておきたい調理法3選
缶詰や混ぜるだけの料理、電子レンジ調理など料理超初心者でも簡単にできる調理法をご紹介します。(2016/2/2)

それがお前の構成要素か! 「私を構成する9枚」のハッシュタグが属性丸裸と話題に
まるで曼陀羅(まんだら)のような奥深さ。(2016/1/30)

狙ったのは「夕食に出せる袋麺」 大ヒット「マルちゃん正麺」生んだ“発想の転換”
袋麺「マルちゃん正麺」が、発売から約4年で10億食を突破する大ヒット商品に。ヒットの裏には袋麺の概念そのものを壊す発想の転換があった。(2016/1/29)

水曜インタビュー劇場(ヒットの秘密公演):
ミドリムシが、この5年で6倍も売れたワケ
ユーグレナが提供する「ミドリムシ」の関連商品が売れている。ここ5年で、売上高は約6倍。生産現場で働く人たちは正月休みを返上して、フル稼働で生産していたという。それにしても、なぜミドリムシの商品が売れているのか。社長の出雲氏に話を聞いた。(2016/1/27)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。