ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

「WebLogic」最新記事一覧

米Oracleの四半期パッチ公開、データベースやJavaの極めて深刻な脆弱性に対処
Fusion MiddlewareのWebLogic Serverには、危険度が最も高い脆弱性が存在するほか、データベースやJava SEでも極めて深刻な脆弱性が修正された。(2017/7/19)

DockerやJenkins、Mavenにも対応:
WebLogic Server 12c R2が提供開始、マルチテナントに対応し可用性を向上
日本オラクルは、アプリケーションサーバソフトウェアの最新版「Oracle WebLogic Server 12c R2」を提供開始。マルチテナント、継続的可用性、開発生産性向上の3つに大きく注力した。(2016/2/16)

Apache Commonsライブラリの脆弱性問題、Oracleなどが対応表明
OracleはWebLogic Serverの脆弱性に関するセキュリティ情報を公開し、当面の回避策を紹介した。(2015/11/13)

Javaライブラリに脆弱性、主要ミドルウェア全てに影響
WebLogic、WebSphere、JBoss、Jenkins、OpenNMSのそれぞれについて、いずれも最新版でこの脆弱性を突いてリモートでコードを実行できるコンセプト実証コードも公開された。(2015/11/10)

Windows Azure情報アップデート:
Windows Azure、設定済みのオラクル製品イメージが正式版に
マイクロソフトは2014年3月13日、Windows AzureでOracle Database、Oracle WebLogic ServerおよびJava開発環境が正式に利用可能になったことを発表した。(2014/3/14)

“ITのシンプル化”を追求するオラクルの提案する最適解とは
ITインフラのコストはまだ下がる カギを握る「OSとAPサーバの保守料金」
企業のIT予算の多くを占める運用保守コスト。しかし、ITインフラの保守コストはまだ下げられる。特に、Oracle Linux、Oracle WebLogic Serverは、Red Hat Enterprise Linux、Red Hat JBoss EAPよりコスト面でもメリットが大きい。(2013/11/29)

導入事例:
ホストコンピュータをオープン化、保守運用コストを25%削減 新東亜交易
新東亜交易はアプリケーションサーバ「Oracle WebLogic Server」、システム連携基盤製品「Oracle SOA Suite」を中核としたオラクル製品を活用し、基幹システムを刷新した。(2013/9/4)

Oracle Database 12cとの親和性などを強化:
日本オラクル、WebLogicとCoherenceの最新版を提供開始
WebLogic Server 12.1.2では、Oracle Database 12cとの親和性などを強化された。一方のCoherence 12.1.2では、データベース側のデータ変更を検知し、自動で変更を反映するHotCache機能などが加わった。(2013/7/31)

“クラウド時代”のミドルウェア製品群を発表 日本オラクル
WebLogicやCoherenceの最新版を日本オラクルが提供開始した。(2013/7/31)

NTTドコモ、顧客情報管理システムのアプリケーション実行基盤を刷新
NTTドコモは、顧客情報管理システムのアプリケーション実行基盤として「Oracle WebLogic Server」を導入した。(2013/4/18)

アプリケーションサーバ「WebLogic」の最新版を発表 日本オラクル
日本オラクルはJava EE 6やJava SE 7に対応したアプリケーションサーバ製品の最新版を提供開始する。(2012/1/26)

Oracle WebLogic Serverに新たなの脆弱性、四半期パッチでは未対応か
Oracle WebLogic Serverに未修整の脆弱性が発見され、IPAとJPCERT/CCが注意を喚起した。(2010/10/13)

Oracleが異例の臨時パッチ、WebLogic Serverに深刻な脆弱性
WebLogic Serverの深刻な脆弱性情報を公表され、Oracleが異例の臨時パッチをリリースした。(2010/2/8)

CCCの「Tポイント」システム、Oracleで刷新
カルチュア・コンビニエンス・クラブは、「Oracle Database 11g」「Oracle Real Application Clusters」「Oracle WebLogic Server」などを用いて同社のポイントサービス「Tポイント」のシステムを刷新した。(2009/12/7)

ホワイトペーパー:
WebLogic ServerからJBossへの移行ガイド
WebLogic Serverで動作している既存のアプリケーションをどのようにJBoss Enterprise Application Platformに移行すれべよいかの10の技術Tipsを公開(提供:レッドハット)。(2009/11/30)

早急な適用を:
Oracleが緊急パッチ公開、WebLogicの脆弱性に対処
脆弱性を突いた悪用コードも出回っており、Oracleはパッチ導入を強く勧告している。(2008/8/7)

臨時で公開:
WebLogicに極めて深刻な脆弱性、Oracleが異例のアラート
危険度は最も高いCVSS 10.0。四半期パッチ公開直後に、脆弱性情報とそれを突いた悪用コードが公開された。(2008/7/30)

Oracleの四半期パッチを参照:
旧BEA製品にディレクトリトラバーサルの脆弱性
WebLogic ServerおよびWebLogic Expressに脆弱性が見つかった。修正パッチの提供がOracleに変更されている。(2008/7/18)

リアルタイム性追求のWebLogic Server、C/C++アプリへの挑戦
Javaで、平均1ミリ秒のアプリケーションレスポンスを実現する。BEAは、これまではJavaアプリケーションで苦手としていたフロントエンドアプリへと挑む狙いだ。 (2007/7/6)

ゴールデンウィーク直前!集中講座:
運用管理の表ワザ裏ワザ――WebLogic編
まもなく待ちに待ったゴールデンウィーク。だけど、溜まった仕事をこなさなければならない出社後を考えると今からユーウツ・・・そんなあなたに、連休明けの仕事を少しでもラクにする、ちょっとしたコツを教えます。(2007/4/27)

日本BEAがWebLogic Server 10Jを発表、「仮想版」も上半期に投入へ
日本BEAシステムズは4月11日、SOAの強固な基盤を提供する「BEA WebLogic Server 10J」を発表した。また、OSを介することなく論理サーバでJavaアプリを稼働させるVirtual Editionを上半期に投入することも明らかにした。(2007/4/12)

BEA World 2006 Beijing Report:
もはやOSは不要、BEAが仮想化環境に最適化したJVMとWebLogic Serverを発表
BEA Systemsは、北京で開催されているBEA Worldで「BEA WebLogic Server Virtual Edition」を発表し、さまざまなベンダーがしのぎを削るホットな仮想化市場に参入することを明らかにした。(2006/12/15)

BEA WebLogic Server、HP Integrityで世界最速を記録
Javaアプリケーションサーバベンダーが競う実行パフォーマンス。米BEAはIBMを抜いて首位に立った。(2006/9/14)

PR:業務プロセスの容易な組み替えを可能とするSAP NetWeaver®とエンタープライズSOA
IBM WebSphere、BEA WebLogic、Oracle Application Server、あるいは名だたる国産コンピュータベンダーがしのぎを削るJavaアプリケーションサーバ市場にSAPが真っ向から勝負を挑んでいる。企業向けアプリケーションソフトウェアパッケージのリーディングベンダーとして確固たる地位を築いたSAPが、なぜテクノロジープラットフォームとしてSAP NetWeaver®の提供に踏み切ったのか? その背景やSAP NetWeaverの強みを探る。(2006/9/5)

日本BEA、WebLogicファミリーの最新版をリリース
日本BEAシステムズは、BEA WebLogic Portal 9.2J、BEA WebLogic Server 9.2J、およびBEA Workshop for WebLogic Platform 9.2Jの国内出荷を8月3日から開始すると発表した。(2006/7/31)

BEA、Javaアプリケーションサーバをアップデートへ
BEA Systemsは7月12日に、自社のJavaアプリケーションサーバの最新版「WebLogic Server 9.2」のほか、新バージョンのポータル「WebLogic Portal 9.2」および開発ソフトウェア「BEA Workshop for WebLogic 9.2」などを一斉に発表する予定だ。(2006/7/11)

NEC、障害解析可能なAPサーバ構築パッケージを中小企業向けにリリース
NECはアプリケーション障害解析が容易なWebアプリケーションサーバ構築パッケージを中堅中小企業向けに販売開始した。Express 5800サーバとWebLogic、障害解析を容易にするミドルウェアをパッケージ化した。(2006/2/1)

日本BEA、J2EEとSIP対応の「BEA WebLogic SIP Server 2.1J」を出荷開始
日本BEAがJ2EEとSIP対応のWebLogic SIP Server 2.1Jを出荷した。通信事業者は、IPベースの次世代マルチメディアサービスの開発、配備、管理の迅速化を図れるようになるという。(2005/12/12)

倉庫管理のWebサービス化、BEAが事例公表
SAP R/3で構築されたシステムとBEA WebLogic Integrationの組み合わせにより在庫管理システムのリアルタイム化を実現した、とBEAが事例発表。(2005/11/21)

BEA、SolarMetricを買収
BEAはKodoで知られるSolarMetricを買収した。2006年リリース予定のBEA WebLogic Serverアップデート版にKodoエンジンを組み込む。(2005/11/4)

BEA World 2005 Tokyo Report:
日本BEA、IMSに準拠した「BEA WebLogic SIP Server 2.1」を発表
BEA World 2005 Tokyoを開催中の日本BEAは、J2EEとSIPサーブレットコンテナを統合した、業界初のIMS準拠アプリケーションサーバ「BEA WebLogic SIP Server 2.1」を発表した。(2005/10/25)

BEA World 2005 Santa Clara Report
BEA、Workshopアップグレードの円滑化を約束
バイナリ互換性がないWebLogic Workshop 8.1からバージョン9.0.2への移行を容易にするため、BEAはソースアップグレードツールの提供などの手段を考えている。(IDG)(2005/9/30)

BEAがリアルタイム版WebLogic Serverを発表、エッジ用途版も準備中
BEAは、「BEA World 2005」の開幕に合わせ、「BEA WebLogic Real Time Edition」を発表した。RFIDなどの利用を想定した、エッジネットワーク向けも準備しているという。(2005/9/28)

日本BEA、ゼロ・ダウンタイムを実現する「WebLogic Server 9.0J」発表
Diabloのコードネームで開発が進められてきたBEA WebLogic Server 9.0Jの出荷が始まる。「ゼロ・ダウンタイム機能が最大の強化点」という。(2005/8/9)

沖電気、WebLogicベースのWebシステムでの障害解析を支援
沖電気工業は7月26日、BEA WebLogic ServerをベースとしたWebシステムでの障害解析を支援するソリューション「McSAX」を発表した。(2005/7/26)

BEA WebLogicに複数の脆弱性、DoS攻撃などを受ける恐れ
BEA SystemsのWebアプリケーションサーバ「BEA WebLogic Server」に複数の脆弱性が存在する。(2005/5/25)

新興企業Azul、Javaコンピュータアプライアンスを発表
Sunの元副社長が率いるAzulは、WebLogic、WebSphere、JBossなどを実行しているJavaアプリケーションサーバの負荷を軽減するアプライアンスを発表した。(IDG)(2005/4/19)

Interview:
サービス競争激化の通信業界を支える――BEAの新ミドルウェア
日本BEAシステムズは通信業界向けのソフトウェア基盤となる新製品「BEA WebLogic Communications Platform」を提供すると発表した(2005/3/28)

WorkshopはEclipseプラグインセットとしても展開
「WebLogic Workshopは今後、Eclipseプラグインセットとしても勧めていく」。躍進するEclipseに対し、BEAからの回答はプラグイン戦略となった。9日、国内で会見。(2005/3/9)

BEAとアイログがビジネスルール管理分野で協業
BEAとアイログがビジネスルール管理分野で協業した。「ILOG Control」が無償提供され、WebLogic Workshop上でドラッグ&ドロップすることによって、JRulesの機能をWebLogic Workshopのプロセスワークフローに統合できるようになるという。(2004/6/23)

次期BEA WebLogic Server「Diablo」で実現するノンストップアプリサーバ
Webサービス配信の基盤、WebLogic Serverの新版では、オートチューニングを始めとする高可用性に対する機能拡張が目白押しだ。(2004/6/18)

ゴールはビジネス指向アーキテクチャ、WebLogic Platform 9.0と次期Everestによる進化形
SOAを担うQuickSilverが大きく関わるBEA WebLogic Platform。その次期バージョン9.0のコードネーム「Diamond」、さらなる次期コードネーム「Everest」についても紹介された。(2004/6/18)

BEA、次期WebLogic Platform「Diamond」の詳細を説明
米BEA Systemsは、WebLogic Platformの次期バージョン9.0(コードネームDiamond)の開発を進めている。Diamondは2005年夏に出荷予定。WebLogic Server、WebLogic Workshop、Project QuickSilverが組み込まれる。(IDG)(2004/5/28)

BEA、新構想「Liquid Computing」発表
米BEA Systemsは、サービス指向アーキテクチャに基づき、ITを企業のビジネスニーズに迅速に対応させるという構想「Liquid Computing」を打ち出した。同社は新製品として、アプリケーションサーバ「BEA WebLogic Server Process Edition」を発表している。(2004/5/26)

事例に学ぶWebシステム開発のワンポイント(3):
クラスタは何台までOK?―性能から見たWebLogicクラスタの適正台数―
本連載では、現場でのエンジニアの経験から得られた、アプリケーション・サーバをベースとしたWebシステム開発における注意点やヒントについて解説する。巷のドキュメントではなかなか得られない貴重なノウハウが散りばめられている。読者の問題解決や今後システムを開発する際の参考として大いに活用していただきたい。(編集局)(2002/4/19)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。