ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「労働環境」最新記事一覧

労働者のスキル革命と、それを支える企業や国のサポートが必要――アクセンチュアが提案する働き方改革
アクセンチュアが日本の働き方改革を提案する。グローバルでの労働者意識調査から見えてきたものとは。(2017/5/26)

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた
皆、残業はしたくないよね……。(2017/5/21)

週刊「調査のチカラ」:
誰のための働き方改革? 調査で見えたビジネスパーソンの本音
「働き方改革」について、ビジネスパーソンの本音やいかに。残業規制やオフィスワーカーの労働環境に関する調査データをお届けします。(2017/5/20)

FacebookがビジネスSNSに本腰 「Workplace」日本展開の狙い
昨年10月に発表したビジネスSNS「Workplace by Facebook」を日本で正式提供。企業の業務効率を上げ、働き方改革を推進する狙い。(2017/5/18)

80時間以上の持ち帰り残業も:
働き方改革の裏に「持ち帰り残業」あり?
残業時間削減の裏で、「持ち帰り残業」や「隠れ残業」が増えている?――アイキューブドシステムズ調べ。(2017/5/15)

過労死ゼロを目指す:
「ブラック企業リスト」厚労省が公開 電通など332社
厚生労働省が、労働基準関係法令に違反した企業のリストを公式サイト上で公開した。(2017/5/11)

水曜インタビュー劇場(ムダ公演):
閑散としていた「競輪場」に、なぜ人が集まってきたのか
バブル崩壊後、公営レースは「氷河期」が続いていた。売上減が続いていたが、ここ数年、反転しつつある。レース場といえば、ゴミが落ちている、トイレが汚い、高齢者が多い、といったイメージがあるが、なぜ売り上げが伸びつつあるのか。その理由は……。(2017/5/10)

「レベルの高い魔物は勇者の村へ直行で」 人間界の有能秘書が魔王の世界征服にバリバリ協力する「魔王の秘書」
「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」第82回。さらってきた人間の奴隷は、超有能な女性秘書だった!(2017/5/14)

週刊「調査のチカラ」:
なぜ連休は終わるのか――「社会人」にまつわる調査まとめ
ゴールデンウイークも残すところあとわずか。週明けから再開される日常を想像して気持ちがふさぐのは、あなただけじゃない。負けるな社会人。頑張ろう社会人。(2017/5/6)

世の中の動きの個人資産への影響を考えてみる:
企業の働き方改革が“うまくいかない”理由
「働き方改革」で企業と働き手に求められることは何か――日本の労働環境が抱える本質的な問題を考察しつつ、その核心を探ります。(2017/5/1)

成功するテレワークの条件とは【前編】
テレワーク成功の鍵は生産管理、従業員の95%が在宅勤務の「オンライン秘書」に学ぶ
オンライン秘書サービス「CasterBiz」を提供するキャスターは、従業員の95%が在宅勤務だ。同社のビジネスは、テレワーク制度なしでは成立しない。同社の運営に必要なシステムはどのようなものだろうか。(2017/5/15)

ヤマト運輸、宅配便運賃を140〜180円値上げ 9月末までに
荷物の配送先を自宅ではなく直営店に指定するなど、集配の効率化に協力するユーザー向けの割引サービスも始める。(2017/4/28)

ヤマト運輸、宅急便の基本運賃改定を発表 サイズに応じ140円〜180円の値上げに
集配効率化に協力した場合の割引制度なども新設される予定。(2017/4/28)

暴力を受けた経験5割:
暴言にセクハラ、性的被害──訪問看護師、対策急務
1人で患者宅に赴き、看護や介護にあたることが多い訪問看護師が患者や家族から受ける被害が後を絶たない。(2017/4/28)

ヤマト値上げ幅、最大20%程度に 個人含む全顧客対象
ヤマト運輸が9月に値上げする基本運賃の引き上げ幅を最大20%程度とする方向で最終調整している。(2017/4/26)

ヤマト運輸、宅配便運賃を値上げ検討 「金額や時期は調整中」
今後、親会社のヤマトホールディングスの決算発表会で明らかにする予定。(2017/4/25)

人手不足が直撃:
人件費上昇にもがくコンビニ、「無休」の成長モデルに壁
24時間・365日、いつでも・どこでも」という独特のビジネスモデルで成長してきた日本のコンビニエンスストア業界が曲がり角を迎えている。(2017/4/25)

Watsonがアプリケーション開発を支援:
計画から運用保守までを効率化――IBMが「IBM Watsonを活用した次世代超高速開発」を発表
日本IBMは2017年4月24日、「IBM Watsonを活用した次世代超高速開発」を発表した。アプリケーション開発の計画から運用保守の効率化を支援するという。(2017/4/24)

ヤマト運輸、宅急便の運賃を27年ぶり値上げ 労働環境改善の一環 ネット通販の荷物量抑制も示唆
ヤマト運輸が労働環境の改善に向けて、「働き方改革」の基本骨子5つを決定しました。(2017/4/13)

アクティブシニア社員:
65歳以上も「元気とやる気続く限り」雇用 ファンケル
ファンケルが65歳以上の社員を再雇用する制度「アクティブシニア社員」を新設。「原則本人の元気とやる気が続く限り働くことができる」という。(2017/4/11)

「ヤマト、Amazonの当日配送から撤退へ」 日経報道
ヤマトはAmazonに当日配送の受託の縮小を要請しており、Amazonも一定の理解を示しているという。(2017/4/7)

働きやすさは「合理的な武器」に ハンズラボの長谷川流ワークスタイル改革
デジタル改革を推進する武闘派CIOとして知られるハンズラボの長谷川秀樹氏。昼夜を問わずに働くタイプだった同氏が働き方改革を意識するようになったきっかけとは。(2017/4/5)

基準に満たなければ取り消しも:
厚労省、子育て支援企業認定の基準厳しく 過重労働防ぐ
厚生労働省が、「子育てサポート企業」認定(くるみん認定)を厳格化。労働時間に関する基準などが追加された。(2017/4/3)

暴言や暴力:
「半身不随にしてやろうか」 ヤマト運輸営業所のドライバー自殺で遺族が提訴
ヤマト運輸の長営業所で、従業員の男性が上司に暴行や暴言などのパワハラを受け自殺したとして、遺族が提訴。(2017/4/3)

全日空は荷物の搬出入、吉野家は食器洗浄を時短 ロボットが労働環境改善に貢献
物流や外食業界を中心に人手不足が深刻さを増すなか、ロボットベンチャーが労働環境の改善に貢献している。(2017/4/3)

「半身不随にしてやろうか」 ヤマト運輸営業所のドライバー自殺で遺族が提訴
男性は「いつか殺されるかも」などと周囲に話していたといいう。(2017/4/3)

今、DaaS/VDIが注目される理由
社会的要請高まる企業の「働き方改革」、効果的なIT活用に迫る
労働生産性向上や働き方改革を実践する上で、IT活用は欠かせない。中でもキーテクノロジーとなるのがDaaS/VDIだ。働き方改革でなぜDaaS/VDIなのか、その理由を解明する。(2017/3/31)

自宅以外の受け取り推進:
コンビニ受け取りでポイント 日本郵便、再配達削減で
日本郵便が、宅配便「ゆうパック」の再配達を削減するキャンペーンを発表。コンビニなどで受け取った顧客に各種ポイントを提供する。(2017/3/30)

「インテリ機能搭載 統合ビジネスアプリ」
日本マイクロソフトはパートナーとどう「協業」するつもりか
日本マイクロソフトが展開する「Microsoft Dynamics Partner Starter Program」は、今までとは異なる「協業」型のプログラムだ。同社との「協業」メリットはどこにあるか。その特長を解説する。(2017/3/30)

「いつものIT」をクラウドに置くメリット
中堅・中小企業でも取り組める、コストを抑えて働き方改革を実現できる切り札
働き方変革ができるのは一部の大企業――。そう考えるのは早計だ。適切なツールを利用すれば、どんな企業でも今より柔軟な働き方を実現できる。(2017/3/30)

正社員同様、年2回支給:
マックスバリュ西日本、アルバイトにもボーナス支給
マックスバリュ西日本は、パートやアルバイトにも賞与を支給する新たな人事制度を導入する。(2017/3/24)

ヤマトの「時間帯指定」見直し、効果は? 現場から疑問の声も
ヤマト運輸は、宅配便の時間帯指定サービスの一部廃止などを公表したが、現場には効果を疑問視する意見もある。(2017/3/21)

元従業員への濡れ衣&有給未払い問題で炎上 監獄レストラン「ザ・ロックアップ」運営会社が謝罪
団体交渉時に着替えの実演を求めるなど運営会社の姿勢が問題視されていました。(2017/3/20)

従業員の休憩確保:
ヤマト運輸、配達時間帯を変更 労働環境の改善目指す
ヤマト運輸が、宅配物の配達時間の変更を発表。再配達の受付時間を短縮するほか、配達時間帯の指定枠を削減する。(2017/3/17)

ヤマト値上げ、宅配便のビジネスモデル限界……元運転手「昼食チョコだけ」
ヤマト運輸が宅配便運賃の全面値上げの検討に入ったことは、サービス拡大を続けてきた宅配便のビジネスモデルが限界に達している実情を浮き彫りにした。(2017/3/8)

Amazonの「送り方」、ヤマト危機の一因に ユーザー喜ばない「過剰サービス」も
ネット通販の成長による宅配便荷物の増加、解決策が見えない不在再配達――ヤマト運輸をめぐる“危機”には、かねて顕在化していた多くの問題が複雑に絡まり合う。(2017/3/8)

通販事業者らにも理解求める:
ヤマト運輸、労働時間の目標引き下げ 社員の負担軽減
ヤマト運輸が新年度から、労働時間の年間目標を引き下げる方針を固めた。(2017/3/3)

ヤマト運輸、労働時間の目標引き下げ 社員の負担軽減
ヤマト運輸が新年度から、正社員の労働時間に対する年間目標を引き下げる方針を固めた。(2017/3/3)

スタッフの業務負担を軽減:
「Pepper」は介護業界の人手不足を解消するのか
「Pepper」が介護現場で効果を発揮し始めている――。ロボットの活用が思うように進まない介護業界だが、「Pepper」はどのようなシーンで役立っているのだろうか。(2017/2/14)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ヴィッツとトヨタの未来
かつてトヨタのハイブリッドと言えばプリウスだったが、今やさまざまな車種バリエーションが展開、ついにはヴィッツにも採用された。その狙いや特徴などを考えたい。(2017/2/13)

ガテン系の男たちが本気で号泣! 日本一の熱き職人を決める、第二回建設職人甲子園・決勝大会をレポート!
建築業界の内情や、職人としてのあり方に、思わずもらい泣きしてしまいました(2017/2/12)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
スマート工場における「属人化」は善か悪か
「違い」こそが「強み」となる可能性もあります。(2017/2/9)

エイチ・アイ・エス、ロボット事業でベンチャー設立
旅行大手のエイチ・アイ・エスは、ロボット技術の開発と企業向けのコンサルティングを手掛けるベンチャー企業「hapi-robo st(ハピロボ)」を設立した。(2017/2/7)

65歳以降も働きたい人は7割弱:
高齢者の定義とは 65、70それとも75歳?
高齢者の定義を現状の「65歳以上」から引き上げようという提案に注目が集まっている。定義の見直しは、高齢者を取り巻く年金制度や労働環境にどのような影響があるのだろうか。(2017/1/30)

漫画版「Press Enter■」オペレーション☆ひいらぎ(16):
最終話 俺はプログラマーだ。最後まで見届けさせてくれ
クリスマスツリーが消失した!? 生ける死者「Z」との準戦時下状況で、クリスマスパーティーを開くべく奮闘したJSPKF第1分隊のメンバーたち。全ての物資がそろい、ミッション終了と誰もが思っていたが――エンジニアライフの人気エンジニア小説「ひいらぎ飾ろう@クリスマス(fromハローサマー、グッドバイ)」のコミック版、堂々の最終回。(2017/1/27)

長時間労働の是正から:
「働き方改革」は、健康寿命を延ばす
徐々にでも労働時間が減っていくのは、今の生活というより、むしろ先々に必ず迎える高齢期を見据えると、非常に良いことである。(2017/1/24)

ITが「働き方改革」先導 AIで離職予想や労務管理、VR活用も
先端テクノロジーを駆使した取り組みがどこまで新たな働き方につながるか、注目だ。(2017/1/23)

漫画版「Press Enter■」オペレーション☆ひいらぎ(15):
第3話 電力が足りないなら、プログラミングで制御すればいいじゃない
20XX年、物資が困窮する準戦時下状況でクリスマスパーティーの開催を命じられた、元プログラマーの谷少尉とJSPKF(特殊治安維持部隊)第1分隊のメンバーたち。Redmineで管理したタスクを1つ1つこなし、順調に進捗(しんちょく)していたのだが、クリスマスツリーのライティングで「電力不足」という問題にぶち当たる――。(2017/1/20)

漫画版「Press Enter■」オペレーション☆ひいらぎ(14):
第2話 「ヤクーツクのレナ川」を覚えているか
20XX年、生ける死者「Z」防衛の任に当たる、JSPKF(特殊治安維持部隊)。元プログラマーの谷少尉率いる第1分隊は、クリスマスを彩る物資を調達する特殊任務に任命された。物資不足の折、七面鳥やツリーなどの贅沢品は手に入れられるのだろうか――。(2017/1/13)

ハギーのデジタル道しるべ:
セキュリティができる会社とできない会社に分かれる理由
2016年は「サイバーセキュリティ」が経営レベルでも語られるようになり、2017年は従来と異なる傾向が出てくるだろう。企業は今年何をしたらいいのだろうか。(2017/1/13)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。