ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「労働環境」最新記事一覧

関連キーワード

「インテリ機能搭載 統合ビジネスアプリ」
日本マイクロソフトはパートナーとどう「協業」するつもりか
日本マイクロソフトが展開する「Microsoft Dynamics Partner Starter Program」は、今までとは異なる「協業」型のプログラムだ。同社との「協業」メリットはどこにあるか。その特長を解説する。(2017/3/30)

「いつものIT」をクラウドに置くメリット
中堅・中小企業でも取り組める、コストを抑えて働き方改革を実現できる切り札
働き方変革ができるのは一部の大企業――。そう考えるのは早計だ。適切なツールを利用すれば、どんな企業でも今より柔軟な働き方を実現できる。(2017/3/30)

正社員同様、年2回支給:
マックスバリュ西日本、アルバイトにもボーナス支給
マックスバリュ西日本は、パートやアルバイトにも賞与を支給する新たな人事制度を導入する。(2017/3/24)

ヤマトの「時間帯指定」見直し、効果は? 現場から疑問の声も
ヤマト運輸は、宅配便の時間帯指定サービスの一部廃止などを公表したが、現場には効果を疑問視する意見もある。(2017/3/21)

元従業員への濡れ衣&有給未払い問題で炎上 監獄レストラン「ザ・ロックアップ」運営会社が謝罪
団体交渉時に着替えの実演を求めるなど運営会社の姿勢が問題視されていました。(2017/3/20)

従業員の休憩確保:
ヤマト運輸、配達時間帯を変更 労働環境の改善目指す
ヤマト運輸が、宅配物の配達時間の変更を発表。再配達の受付時間を短縮するほか、配達時間帯の指定枠を削減する。(2017/3/17)

ヤマト値上げ、宅配便のビジネスモデル限界……元運転手「昼食チョコだけ」
ヤマト運輸が宅配便運賃の全面値上げの検討に入ったことは、サービス拡大を続けてきた宅配便のビジネスモデルが限界に達している実情を浮き彫りにした。(2017/3/8)

Amazonの「送り方」、ヤマト危機の一因に ユーザー喜ばない「過剰サービス」も
ネット通販の成長による宅配便荷物の増加、解決策が見えない不在再配達――ヤマト運輸をめぐる“危機”には、かねて顕在化していた多くの問題が複雑に絡まり合う。(2017/3/8)

通販事業者らにも理解求める:
ヤマト運輸、労働時間の目標引き下げ 社員の負担軽減
ヤマト運輸が新年度から、労働時間の年間目標を引き下げる方針を固めた。(2017/3/3)

ヤマト運輸、労働時間の目標引き下げ 社員の負担軽減
ヤマト運輸が新年度から、正社員の労働時間に対する年間目標を引き下げる方針を固めた。(2017/3/3)

スタッフの業務負担を軽減:
「Pepper」は介護業界の人手不足を解消するのか
「Pepper」が介護現場で効果を発揮し始めている――。ロボットの活用が思うように進まない介護業界だが、「Pepper」はどのようなシーンで役立っているのだろうか。(2017/2/14)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ヴィッツとトヨタの未来
かつてトヨタのハイブリッドと言えばプリウスだったが、今やさまざまな車種バリエーションが展開、ついにはヴィッツにも採用された。その狙いや特徴などを考えたい。(2017/2/13)

ガテン系の男たちが本気で号泣! 日本一の熱き職人を決める、第二回建設職人甲子園・決勝大会をレポート!
建築業界の内情や、職人としてのあり方に、思わずもらい泣きしてしまいました(2017/2/12)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
スマート工場における「属人化」は善か悪か
「違い」こそが「強み」となる可能性もあります。(2017/2/9)

エイチ・アイ・エス、ロボット事業でベンチャー設立
旅行大手のエイチ・アイ・エスは、ロボット技術の開発と企業向けのコンサルティングを手掛けるベンチャー企業「hapi-robo st(ハピロボ)」を設立した。(2017/2/7)

65歳以降も働きたい人は7割弱:
高齢者の定義とは 65、70それとも75歳?
高齢者の定義を現状の「65歳以上」から引き上げようという提案に注目が集まっている。定義の見直しは、高齢者を取り巻く年金制度や労働環境にどのような影響があるのだろうか。(2017/1/30)

漫画版「Press Enter■」オペレーション☆ひいらぎ(16):
最終話 俺はプログラマーだ。最後まで見届けさせてくれ
クリスマスツリーが消失した!? 生ける死者「Z」との準戦時下状況で、クリスマスパーティーを開くべく奮闘したJSPKF第1分隊のメンバーたち。全ての物資がそろい、ミッション終了と誰もが思っていたが――エンジニアライフの人気エンジニア小説「ひいらぎ飾ろう@クリスマス(fromハローサマー、グッドバイ)」のコミック版、堂々の最終回。(2017/1/27)

長時間労働の是正から:
「働き方改革」は、健康寿命を延ばす
徐々にでも労働時間が減っていくのは、今の生活というより、むしろ先々に必ず迎える高齢期を見据えると、非常に良いことである。(2017/1/24)

ITが「働き方改革」先導 AIで離職予想や労務管理、VR活用も
先端テクノロジーを駆使した取り組みがどこまで新たな働き方につながるか、注目だ。(2017/1/23)

漫画版「Press Enter■」オペレーション☆ひいらぎ(15):
第3話 電力が足りないなら、プログラミングで制御すればいいじゃない
20XX年、物資が困窮する準戦時下状況でクリスマスパーティーの開催を命じられた、元プログラマーの谷少尉とJSPKF(特殊治安維持部隊)第1分隊のメンバーたち。Redmineで管理したタスクを1つ1つこなし、順調に進捗(しんちょく)していたのだが、クリスマスツリーのライティングで「電力不足」という問題にぶち当たる――。(2017/1/20)

漫画版「Press Enter■」オペレーション☆ひいらぎ(14):
第2話 「ヤクーツクのレナ川」を覚えているか
20XX年、生ける死者「Z」防衛の任に当たる、JSPKF(特殊治安維持部隊)。元プログラマーの谷少尉率いる第1分隊は、クリスマスを彩る物資を調達する特殊任務に任命された。物資不足の折、七面鳥やツリーなどの贅沢品は手に入れられるのだろうか――。(2017/1/13)

ハギーのデジタル道しるべ:
セキュリティができる会社とできない会社に分かれる理由
2016年は「サイバーセキュリティ」が経営レベルでも語られるようになり、2017年は従来と異なる傾向が出てくるだろう。企業は今年何をしたらいいのだろうか。(2017/1/13)

メイドインジャパンの現場力(7):
製造業をカイゼンできるのはIoTだけじゃない、“からくり”がもたらす安全と効率
ロボットを導入するのは難しいが、手作業では効率化や安全性に課題がある……生産ラインのそんな困りごとを解決するのが「からくり」だ。動力に頼らず、ワークの自重やシンプルな動きを利用することで、安全に効率を高められる。知恵と発想がつまったからくりの数々を紹介する。(2017/1/13)

労災認定の三菱電機元社員 上司から「俺が死ねと言ったら死ぬのか」「お前の研究者生命を終わらせるのは簡単だ」
「高橋まつりさんと自分は紙一重だったと思う」三菱電機で、違法な長時間労働をさせられたとされる男性(31)が取材に応じた。(2017/1/12)

漫画版「Press Enter■」オペレーション☆ひいらぎ(13):
第1話 「オペレーション☆ひいらぎ」始動せよ
エンジニアライフで人気のITエンジニア小説「Press Enter■」コミック化第3弾は、近未来ITホラー小説「ハロー、サマーグッドバイ」からのスピンアウト小説「オペレーション☆ひいらぎ」だ。元プログラマー 谷少尉が率いるJSPKF 第1部隊は、無事ミッション コンプリートできるのか?(2017/1/6)

電通、書類送検を受け経緯や施策を発表 過労自殺について「パワハラとの指摘も否定できない」「行き過ぎた指導があった」
「高橋まつりさんのような出来事が二度と起こらないように」と労働環境改革を行うとしています。(2016/12/29)

人材不足に効く、働き方改革:
PR:ある会社の挑戦 業務効率が上がり、働き方も変わった! 法人向け「Office 365」は中小企業の味方
中堅・中小企業にとって、切実な問題になっているのが「人材」の確保だ。いま政府が力を入れている「働き方改革」は、人材不足対策にも有効な施策として推進されている側面がある。ITを活用することで課題を解決し、業務の効率化と柔軟な働き方を実現したとある企業のケースを紹介しよう。(2016/12/28)

53%が家族の支援頼り NPOが若年層アニメーターの生活実態調査の結果を報告
新人アニメーター育成への課題が明らかに。(2016/12/16)

コンビニ探偵! 調査報告書:
コンビニ「Amazon GO」になれるのか
米Amazonが、レジ決済を必要としない店舗「Amazon GO」を2017年に開始すると発表した。今回は、Amazon Goのシステムが現コンビニに導入されたらどうなるかを考えてみたい。(2016/12/15)

人手不足解消で業績絶好調!:
“ワンオペ”で叩かれた「すき家」のいま
2014年に人手不足によって国内1985店のうち1250店で深夜営業を休止した「すき家」。あれから約2年半。休止していた店舗の約9割が深夜営業を再開した。同社はどのようにして、深刻だった人手不足問題を解決したのだろうか。(2016/12/6)

「給与・社風・内容」が選択に影響:
ビジネスパーソンの3割、「チャンスあれば転職」
ロバート・ウォルタース・ジャパン(東京都渋谷区)が、労働環境についてのアンケート結果を発表した。(2016/11/21)

週刊「調査のチカラ」:
人工知能とクリエイティブな仕事の未来はどこに向かう?
人工知能(AI)やロボットの実用化で、ビジネスパーソンのワークスタイルはどう変わるのか。生産性は上がる? 残業時間は減る? 最新の調査データから近未来が見える(かも)。(2016/11/19)

電通、「鬼十則」社員手帳への掲載取りやめへ 《取り組んだら「放すな」、殺されても放すな》
「取り組んだら『放すな』、殺されても放すな」などの言葉が記されている電通の「鬼十則」について、社員手帳への掲載取りやめが検討されている。(2016/11/18)

長時間労働、意外と減少中? 5人に1人「残業なし」
市場調査会社のマーシュが労働環境に関するアンケート結果を発表した。(2016/11/15)

電通、「子育てサポート企業」の認定を辞退
仕事と育児を両立しやすい「子育てサポート企業」の認定を受けていた電通が、同日付で認定を辞退した。(2016/11/2)

「IT化・メディアの多様化で業務量激増」 電通社員の過労自殺受け、広告労協が声明
広告労協は10月31日、電通社員の女性の自殺が過労死と認定された問題を受け、声明を発表した。(2016/11/1)

スピン経済の歩き方:
日本に「ハロウィン」を定着させた「仕掛け人」は誰か
今年も大盛況の中で「ハロウィン」が幕を閉じた。オジさんたちから「我々が若かったころは、こんなイベントなかったよなあ」といった声が聞こえてきそうだが、実は40年ほど前から行われていたのだ。仕掛け人は広告代理店でなく……。(2016/11/1)

日本のソフト技術者、労働時間は最も長く、やりがいは最下位 国際比較
日本のソフト技術者は労働時間が長い一方、やりがいや満足度は低いという国際比較を同志社大が発表した。(2016/10/26)

世界を読み解くニュース・サロン:
日本人、それってオカシイよ 「過労死」を生む日本企業の“常識”
過労死の問題が話題になっている。この問題に対して、海外メディアはどのように報じているのか。「労働時間」「残業」「休暇の取得」などは常識の範囲内で行っているつもりかもしれないが、外国人からは“非常識”に映っているようだ。(2016/10/18)

新人記者(応援団長)が行く:
「残業(長時間労働)は仕方ない」はもうやめよう
電通の新入社員が過労自殺するという事件が起こり、話題になっている。政府はいま「働き方改革」を進めて長時間労働の是正に取り組んでいるが、繰り返されてきたこの問題を本当に解決できるのだろうか。労働問題の専門家、常見陽平氏に話を聞いた。(2016/10/17)

AAAタイトルは開発者を破壊する 「アンチャーテッド」ディレクターが語る過酷な「デスマーチ」事情
海外では“Crunch”と呼ばれ問題視されているようです。(2016/10/13)

協働ロボット:
“はんこを押すだけ”の上司はもう不要、人とロボットが共に働く意味
デンソーウェーブは、「CEATEC JAPAN 2016」において、人と協調して働く小型産業用ロボット「COBOTTA」を出展し、人と協調してロボットが働く価値を訴求した。(2016/10/13)

“男性の職場”で女性は活躍できるのか? 「女性が強い会社ランキング」1位企業が実践する働き方
どうすれば女性が働きやすくなるのか、どこに注力すれば女性が働き続けられるのか――。「長時間労働」と「キャリアモデル」を解決する働き方を、「女性が強い会社ランキング」1位企業であるボルテージの副会長が語った。(2016/9/30)

加谷珪一の“いま”が分かるビジネス塾:
激変するタクシー業界 「初乗り410円」本当の狙いは?
シェアリング・エコノミーの台頭や、自動運転技術の進化によって激変するタクシー業界――。そのような中、東京のタクシー初乗り運賃を410円にする実証実験が8月から始まった。その狙いは、単に近距離のタクシー需要を喚起するだけではない。(2016/9/26)

いまから仮想化インフラ高速化を始めるには
「オールフラッシュアレイ+FCが安くて簡単」はあり得るのか?
大規模向けと思われがちなファイバーチャネル接続SANを、エントリーモデルのフラッシュストレージでも。検証済み構成で、導入から運用までを一括して頼めるのも魅力だ。(2016/9/12)

イノベーションで戦う中小製造業の舞台裏(9):
「100年防食」を誇る町工場はリーマンショックにも動じない
自社のコア技術やアイデアを活用したイノベーションで、事業刷新や新商品開発などの新たな活路を切り開いた中小製造業を紹介する本連載。今回は、「100年間、鉄を錆びさせない」という表面処理加工技術を持つ新免鉄工所を紹介する。リーマンショックにも動じず、間もなく創業100周年を迎える同社の強みに迫る。(2016/9/2)

日本過酷すぎぃ! フランスのクリエイターが語る高待遇な海外アニメ業界
日仏で活躍するクリエイター、吉田クリストフさんに聞いてみました。(2016/8/30)

情報武装を現場に:
PR:広がる現場のICT活用、堅牢モバイル市場が徐々に拡大
製造現場や建設現場、エネルギー関連の保守・点検現場など、さまざまな業務の「現場」ではいまだに多くの「紙」の文化が残されている。しかし、労働力不足の問題や労働環境改善への取り組みが広がる中、スマートデバイスなどの発展により、より手軽で簡単な点検や入力作業などを行えるようになってきた。現場のICT化を実現するこれらの機器の動向を追う。(2016/8/30)

視点:
デジタルによる「対話」の革新
デジタルの進化は人間のコミュニケーションのあり方を変えた。これまでの購買情報を基盤としたユーザー接点は飛躍的に拡大。IoT等により、常にユーザーに寄り添う企業の存在を可能にした。(2016/8/25)

社員の有給消化、3日ほど増やしたい 経団連など「働き方改革宣言」発表
経団連や日商などの経済団体が、3日程度の年休の追加取得などを推進する「働き方改革宣言」を公表。(2016/7/28)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。