ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「働き方改革」最新記事一覧

“中の人”が明かすパソコン裏話:
ペーパーレス化が進んでプリンタは不要になる!? 今や欠かせないデジタル印刷の可能性
メーカーの中の人だからこそ知っている“PCづくりの裏話”を明かすこの連載。今回はプリンタとペーパーレス化について考えます。(2017/2/23)

製造マネジメントニュース:
デンソーがITとモノづくりのデジタル革新に向け組織変更、FA事業部も新設
デンソーは2017年4月1日付で行う組織と経営体制の変更について発表した。全社を横断して、IT、モノづくり開発プロセス、サービスビジネスなどにおけるデジタル革新を推進する組織を設置し、FAやコネクティッドサービスなどの新たな注力分野を担当する部署を新設する。(2017/2/21)

約110店舗が協力:
プレ金、独自のイベントやサービスで盛り上げ
月末金曜日の午後3時の早帰りを促し、消費を喚起する「プレミアムフライデー」。流通や小売り、外食、旅行業界などは独自のイベントやサービスを企画し「プレ金」を盛り上げようとしている。(2017/2/21)

“内職時間”も見える化:
「その会議、行く必要ある?」AIがアドバイス
テレワークや残業時間削減などの「働き方改革」に積極的に取り組む企業が増えてきた一方で、「仕事の絶対量を減らさなければ逆にサービス残業を誘発してしまう」という懸念の声もある。求められているのは「働き方の質」を高めることだ。(2017/2/17)

36時間連続勤務、遺品に「丸投げ禁止」「重圧かけるな」……過労自殺で刑事告訴 業務上過失致死容疑で
西日本高速道路の社員だった男性が自殺したのは、長時間労働を減らす対策を怠ったのが原因だとして、男性の遺族が、同社の計8人を業務上過失致死容疑で告訴した。(2017/2/17)

会議中に“内職”している人も分かる MSの働き方可視化ツールに新機能
Office 365の一部エディションで利用できる業務可視化ツール「MyAnalytics」が強化。グループメンバーの業務内容が他の人からも分かるようになる。(2017/2/16)

人気業界の一角:
コンサル業界は働き方改革をできるのか
コンサルティング業界は今や人気業界の一つらしいが、その長時間労働の実態はあまり知られていないようだ。世の中で「働き方改革」が注目されている中、この業界でも真剣な取り組みが不可欠な時期に来ている。(2017/2/16)

帰宅後のサービス残業増える:
「働き方改革で業務に支障が出ている」42.9%
働き方改革の実態はどうなっているのか?――クラウド名刺管理サービスを提供するSansan調べ。(2017/2/15)

「導入しない」68.2%:
プレミアムフライデー「導入」は3.4%、何をする?
政府や経団連は働き方改革の一環として、「プレミアムフライデー」を実現しようとしているが、実際に導入する企業はどのくらいあるのだろうか。働く男女に聞いたところ「導入する」と答えたのは3.4%にとどまった。カルチュア・コンビニエンス・クラブ調べ。(2017/2/15)

働き方改革に向けた新人事制度:
ソフトバンク、プレミアムフライデー導入 支援金も支給
ソフトバンクが人事制度を一新すると発表した。「プレミアムフライデー」の導入に加え、より社員の裁量権の強い「スーパーフレックスタイム制」や、支援金の支給を始める。(2017/2/13)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(26):
残業がなくなれば、人生はバラ色になるの?――ワークライフバランスの正しい取りかた
ワークライフバランスが叫ばれている昨今、残業も大きな問題になっています。しかし、「残業=悪」なのでしょうか。仕事の不満や悩みを解消するヒントをお届けする本連載。今回のテーマは、エンジニアの「仕事と残業の在り方」です。(2017/2/13)

最高としか言いようがない オリックス、“5日間連続で有給休暇を使うとレジャー費用を支給してもらえる制度”導入
弊社にも! 弊社にも!(2017/2/9)

東京ライフ・ワーク・バランス認定企業:
残業削減、育児両立――中小企業が取り組む働き方改革
2016年度「東京ライフ・ワーク・バランス認定企業」が発表。企業の経営課題であり、強みにもなる「働き方改革」だが、中小企業にとってモデルケースとなる取り組みにはどのようなものがあるだろうか?(2017/2/9)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
スマート工場における「属人化」は善か悪か
「違い」こそが「強み」となる可能性もあります。(2017/2/9)

リコーのITが見せた、デジタル時代における複写機メーカーの戦い方
「ITを経営の武器に」――。デジタル技術が旧来の事業モデルを“破壊”すると言われる現在において、この言葉を実践できるかが企業の存亡にかかわるとされる。リコーが取り組み状況を語った。(2017/2/9)

グローバルで得たノウハウや知見はどのように生かされるのか:
PR:サイバー攻撃にマイクロソフトはどのように対抗しているのか――マイクロソフトの最新セキュリティ対策事情
世界で最もサイバー攻撃の標的にされている企業の1つでもあるマイクロソフト。しかし、そのセキュリティ対策や組織構造の詳細はあまり知られていないだろう。数多くのセキュリティ製品やテクノロジー、サービスを提供するマイクロソフトのセキュリティ対策とはどのようなものなのか。今、マイクロソフトが最も注力する「セキュリティへの取り組み」を通じて、その詳細に迫ってみたい。(2017/2/9)

月60時間、年720時間を上限に:
残業規制「繁忙期」焦点に 政府案に連合反発
政府は長時間労働是正に関する本格的な議論を始めた。法定化する罰則付きの残業時間の上限について、月60時間、年720時間とした上で、繁忙期は一時的に月100時間まで認める方針だが、連合からは早くも異論が出ている。(2017/2/7)

Microsoft Focus:
MS社長室のスタンディングデスクがもたらした“働き方改革”
社長室突撃企画第1弾。ワークスタイル改革を推進していることで知られる日本マイクロソフトに、“社長室で始まった改革”があるのをご存じだろうか。(2017/2/8)

いま一度、ID管理/IDセキュリティの見直しを:
PR:“ID管理はクラウドで”という新潮流に乗ろう――セキュリティ対策だけに終わらせないAzure ADのホットな活用方法とは?
クラウド/モバイル利用の普及により、IDをいかに適切に管理し、セキュリティやガバナンスを維持していくかが、企業の大きな課題となっている。そして、この課題を解決し、さらなる生産性向上を実現するためにマイクロソフトは「Azure Active Directory」を提供。クラウド/モバイル時代における企業のID管理環境は、Azure Active Directoryでどのように改善されていくのだろうか。(2017/2/1)

長時間労働を削減:
大和ハウス、プレミアムフライデーを「午後半休」に
大和ハウス工業が、経産省が推奨する「プレミアムフライデー」の導入を発表した。該当日の終業時間を午前中のみとし、働き方改革につなげるという。(2017/1/30)

HDD向け、2020年まで横ばい:
日本電産 永守氏「売上高2兆円へ確度上がった」
日本電産は、2017年3月期第3四半期の決算説明会を開催した。売上高は前年同期比3.0%減となる8682億2800万円、営業利益は同17.6%増となる1061億9700万円、純利益は同17.4%増となる816億3800万円となった。これに伴い、通期の業績予想を上方修正した。(2017/1/26)

“元旦以外は休まない”からの大転換:
「働き方改革は手段」日本電産、過去最高の営業利益
「モーレツ」社風から一転、働き方改革に取り組む日本電産。1月24日に発表した2017年3月期第3四半期の決算は、減収なるも大幅増益で、営業利益は過去最高だった。業績を引き上げる改革とは?(2017/1/26)

製造マネジメントニュース:
日本電産がIoTやAIで1000人規模の中途採用、「既に500人獲得済み」
日本電産は2016年度第3四半期決算を発表。会見で同社会長兼社長の永守重信氏は「1000人規模の中途採用を、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)、回路、通信、生産技術を中心に進めている」と語った。(2017/1/25)

長時間労働の是正から:
「働き方改革」は、健康寿命を延ばす
徐々にでも労働時間が減っていくのは、今の生活というより、むしろ先々に必ず迎える高齢期を見据えると、非常に良いことである。(2017/1/24)

ITが「働き方改革」先導 AIで離職予想や労務管理、VR活用も
先端テクノロジーを駆使した取り組みがどこまで新たな働き方につながるか、注目だ。(2017/1/23)

車掌を3人から2人体制に:
JR東海「働き方改革」は東海道新幹線の車内で
JR東海が、平成30年3月に東海道新幹線の乗務体制を大幅に見直すと発表した。「のぞみ」「ひかり」「こだま」の各列車で、出発から終点まで通しで乗り組む車掌を3人体制から2人体制に減らすのが主な内容だ。(2017/1/20)

中途半端に規制をすると“シャドーIT”がはびこる――ビジネスチャットが企業に必要な理由
LINEのように、スマートデバイス上で手軽かつリアルタイムにコミュニケーションが取れるチャットがビジネスシーンでも求められている。しかし、LINEをそのまま使うのは情報セキュリティ上のリスクになる。この問題を解決するには、ビジネスチャットの導入が必要だ。(2017/1/20)

“集中度”を可視化して生産性向上を裏付ける 「JINS MEME BUSINESS SOLUTIONS」の提供を開始
まばたきや目の動き、頭の動きなどを検出できるスマートアイウェア「JINS MEME」で可視化できる“集中度”を活用するソリューションが登場した。業務効率の改善や、働き方改革のためのさまざまな施策が実際に有効なのかどうかを検証するのに役立ちそうだ。(2017/1/19)

JINS MEMEで「仕事の質」を可視化 企業の生産性向上へ 僧侶による“瞑想のコツ”も
(2017/1/19)

働き方改革をサポート:
眼鏡で社員の集中力を可視化 ジェイアイエヌ
ジェイアイエヌは、社員の集中力を可視化して労働生産性の向上をサポートする企業向けサービスを始める。(2017/1/19)

今後、募集職種の拡充も検討:
サイボウズが「複業エンジニア」の募集を開始 働き方改革の一例を提案
サイボウズが、エンジニア職の複(副)業採用を始めた。対象は、既に仕事を持っている他社の社員や個人事業主。募集職種以外での要望があれば、随時検討するという。(2017/1/18)

複(副)業前提で働く本業持ち求ム IT企業・サイボウズの人材募集がユニーク
政府が進めている「働き方改革」の流れを受けての試み。(2017/1/17)

他に仕事をしていることが条件:
サイボウズ、「副業として働く人」を採用
サイボウズが、同社での業務を「副業」として取り組む人を募集する。(2017/1/17)

推進派は15%:
中小企業、「今後も副業認めない」が43%
「現在、そして今後も副業・兼業を認めない」と回答した中小企業は43%――東京商工会議所調べ。(2017/1/17)

売り手市場の傾向:
17年転職市場、求人数増加へ 働き方改革など影響
インテリジェンスによると、中途採用求人数は25カ月にわたって伸び続け、2016年12月の求人数は過去最多となった。17年も転職市場は活発化を続けると予測する。(2017/1/17)

PR:効果的な「働き方改革」実現には適材適所でのICT活用
働き方改革におけるICTの役割は大きい。富士通では、働き方改革のビジョンとして「ワークルネサンス」を推進。VDIとモバイルアプリのハイブリッド活用により、いつでも、どこでも、安全に仕事ができる環境の構築を提案している。(2017/1/17)

PR:なぜ多くの企業がワークスタイル変革が進まないのか?
日本政府の音頭取りの下、生産性向上やイノベーションの創出などを目的に、民間企業がワークスタイル変革に本腰を入れ始めている。しかしながらその実現に向けた課題は少なくない。そうした中、富士通は長年培ったノウハウなどによって課題解決の手法を確立し、数多くの企業のワークスタイル変革を支援している。その内容とは――。(2017/1/17)

働き方改革の1つ:
プレミアムフライデーって本当にできるの?
経済産業省と経団連、業界団体などは、毎月末の金曜日に早めの退社を促し、個人消費を喚起する取り組み「プレミアムフライデー」を2月24日から実施する。停滞する個人消費の拡大とライフスタイルの変革を目指す。(2017/1/16)

月末金曜は早帰り「プレミアムフライデー」 ツッコミどころ満載だが……
月末の金曜日に仕事を早く終えることで消費を喚起しようという「プレミアムフライデー」が2月24日初めて開催される。本当に成功するのか。(2017/1/13)

ビッグデータやAIを活用:
変わる金融、広がるフィンテック
ITを活用した先進的な金融サービス「フィンテック」が国内でも広がってきた。大手銀行や保険会社は、ビッグデータの活用や人工知能(AI)の活用に取り組んだり、ベンチャー企業との協業で新たな金融サービス提供に乗り出している。(2017/1/13)

常見陽平氏の人生相談所:
40男こそ「副業」に挑戦するべきだ
副業――。いかにも20〜30代半ばくらいの意識高い系の若者がやりそうなイメージがあるかもしれないが、個人的には悩める40男こそ副業に取り組むべきだと考えている。(2017/1/12)

初回は2月24日金曜日:
「プレミアムフライデー」は実現するのか
2017年、月末の金曜日に仕事を早く終えて消費を喚起しようという活動「プレミアムフライデー」が、2月24日金曜日に初めて開催される。消費を盛り上げようと百貨店などがイベントを計画しているが、本当に成功するのか。(2017/1/11)

4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」:
がんばれ!アドミンくん 2016年アドミンくんランキング
連載開始から533話を数える「がんばれ!アドミンくん」。その中から、2016年の1年間のページビューを集計して人気記事ベスト30を紹介する。(2017/1/10)

健康経営への一歩は?:
“脳”で働き方を「見える化」 日立の挑戦
「ストレスチェック」などの取り組みが始まったことで、知名度や関心が高まっている「健康経営」。しかし「どういうアプローチをしたらいいか分からない」と悩んでいる企業は多い。こうした中、「脳科学で見える化」をキーワードに健康経営支援ビジネスを進めるのが日立グループ3社だ。(2017/1/6)

2017年の年頭所感:
注目はAI、IoT、デジタル変革、働き方改革――ITベンダー各社のトップメッセージ
2016年にIT業界で注目された新しい技術や変化は、2017年にどのような影響をもたらすのだろうか。ITベンダー各社トップのメッセージをダイジェストで紹介する。(2017/1/5)

大手オフィス家具メーカー、「働き方改革」加速させる空間づくり提案
大手オフィス家具メーカーが2017年向けの製品戦略として、働き方改革を加速するオフィス空間づくりに力を入れている。(2017/1/5)

クラウドの利便性と安全性を手軽に両立
クラウド版Microsoft Officeを月額100円で安全に利用する方法とは?
生産性向上とセキュリティ確保。予算も人的リソースも限られる中小企業が、この2つの課題に無理なく取り組むにはどうすればよいのか。(2016/12/28)

freee×Office 365が働き方も変える:
PR:「Excelファイルがごちゃごちゃ」状態から抜け出そう 経営者も社員もうれしい解決法とは?
企業の規模を問わず、経理・会計業務は企業にとって大きな負担になっている業務の1つ。「Excelファイルがごちゃごちゃ」「最新のファイルはどれなんだ」「経理のPCにしかデータが保存されていない」という悩みを抱いているビジネスパーソンは少なくない。こうした課題を解決するのがOffice 365とfreeeの連携だ。(2016/12/28)

導入前の不安も、利用中のトラブルもお任せ:
PR:“血の通った”スタッフが中堅・中小企業を支援します! 「Office 365」ユーザーを支える万全のサポート体制
業務の課題を解決し、効率化するITツールは、中堅・中小企業の味方。かといって、最新のITツールを導入しようにも、社内には詳しい人材がいない……。そんなお困りの企業を救う、法人向け「Office 365」サポートサービスチームに話を聞いた。(2016/12/28)

働き方改革に不可欠なセキュリティを確保
「Surface Pro」の真の実力を引き出すセキュリティ対策とは?
働き方改革に2-in-1デバイスを生かすには、従業員が安全かつ安心して活用できる仕組みが不可欠だ。取るべきセキュリティ対策の具体像を見ていこう。(2016/12/22)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。