ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「働き方改革」最新記事一覧

働き方を変えるために
実践から見えてきた、ワークスタイル変革に本当に必要なこと
IT製品を買うだけで「ワークスタイル変革」が実現するのではない。しかし、働き方全体のデザインを考えると、おのずと必要なものが見えてくるという。その真意を取材した。(2017/4/21)

PR:まだノートPCとタブレットを“2台持ち”してるの? 業務効率アップとコストダウンを両立するヒント
(2017/4/25)

Watsonがアプリケーション開発を支援:
計画から運用保守までを効率化――IBMが「IBM Watsonを活用した次世代超高速開発」を発表
日本IBMは2017年4月24日、「IBM Watsonを活用した次世代超高速開発」を発表した。アプリケーション開発の計画から運用保守の効率化を支援するという。(2017/4/24)

新生マカフィーは協調を重視――新たに目指す3つのポイントとは
ブランドカラーが“青から赤に戻った”新生マカフィーが、今後の事業戦略について発表会を開いた。キーワードは「協調」だ。(2017/4/24)

IoTセキュリティ:
青から赤に戻った新生マカフィー、IoTと重要インフラのセキュリティに注力
インテルから分社独立を果たしたマカフィーは、2017年の注力分野として「セキュリティを新たな分野へ展開」を挙げ、IoT(モノのインターネット)と重要インフラのセキュリティに注力する方針を示した。(2017/4/24)

自然エネルギー:
リコー、RE100に日本企業で初参加 「2050年までに100%再エネを目指す」
リコーは2017年4月に開始した第19次中期経営計画にあたり、注力する5つの重要社会課題を設定した。そのうちの1つ「脱炭素社会の実現」では、持続可能な開発目標(SDGs)と2016年11月に発行したパリ協定を踏まえて、2050年に自社排出の温室効果ガス排出ゼロを目指す。(2017/4/24)

Microsoft Focus:
まるで“現場に瞬間移動”したような感覚 “HoloLens×建設”がもたらすインパクト
新潟県三条市に本社を置く総合建設業の小柳建設は、HoloLensで建築業界をどのように変えようとしているのか。(2017/4/22)

テレワークでの利用想定:
カラオケボックスを仕事場に ビッグエコーが新プラン
カラオケチェーン「ビッグエコー」で、カラオケの個室をワークスペースとして利用できる新サービス「ビジネスプラン」が開始。(2017/4/21)

ロイター企業調査:
残業規制で企業の4割が「支障」 働き方改革5割が費用増
新たに導入される残業上限規制の結果、事業に支障が出ると回答した企業が約4割に。(2017/4/21)

BIM/CAD:
小柳建設、マイクロソフトのHoloLens導入で「業界に一石を投じる」
小柳建設と日本マイクロソフトは、ホログラフィックコンピュータを活用した建設現場の効率化に向けて、「Holostruction(ホロストラクション)」プロジェクトを推進する。(2017/4/21)

常見陽平のサラリーマン研究所:
良い働き方には“上手なサボり方”も必要だ
何でもかんでも効率的にと言われても、疲れてしまうのである。人を短時間競争に追い込むだけが働き方改革ではない。“サボり”にこそ、今後の柔軟な働き方のヒントが隠されているのだ。(2017/4/21)

設計図などを“立体化”:
「HoloLens」導入で、建設業界はどう変わる?
日本マイクロソフトが小柳建設と協業し、「HoloLens」のビジネス活用に向けたプロジェクトを始める。(2017/4/20)

残業しまくり「モーレツ社員」は悪か 家電革命起こした“伝説の人物”が物申す
「『モーレツ社員』という考え方自体が否定される日本にしていく」。政府の「働き方改革実行計画」はこううたう。しかし、かつての「モーレツ社員」は危惧している。(2017/4/20)

製造業IoT:
コニカミノルタのエッジIoTプラットフォームは「オフィス向けだけじゃない」
コニカミノルタは、エッジIoTプラットフォーム「Workplace Hub」の国内向け説明会を開催。同社社長兼CEOの山名昌衛氏は「Workplace Hubをきっかけに、ソフトウェアやサービスの進化にハードウェアを取り入れる新しい製造業の在り方に挑戦する。自らの手で変わる、ゲームチェンジャーになりたい」と語り、デジタル革新に挑む同社の姿勢を訴えた。(2017/4/20)

PR:デジタルトランスフォーメーション時代を迎えリーダーが今なすべきこととは
日本マイクロソフト主催の「IT Leaders xChange サミット 2017 Spring」では企業のエグゼクティブやITリーダーを招いて、「デジタルトランスフォーメーション」をテーマに多彩なセッションが繰り広げられた。(2017/4/20)

マイクロソフトの働き方改革:
会議時間を27%短縮 無駄な時間の削減、AIが手助け
日本マイクロソフトが、自社の「働き方改革」の内容を報道陣向けに公開。人工知能(AI)を導入した分析ツール「MyAnalytics」を活用した取り組みなどを紹介した。(2017/4/19)

官民が一斉にテレワークを実施するプロジェクトがスタート 毎年7月24日を「テレワーク・デイ」に
東京五輪開催に伴う交通混雑の回避などが狙い。(2017/4/19)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(28):
「やりたいこと」はなくていい――新入社員に贈る10のエール
「やりたいことをやろう」「スキルを磨こう」「努力しよう」「つらいことも辛抱しよう」――よくある新入社員への助言です。でも、もっと大切なことがあるのでは?(2017/4/19)

アイティメディアの「Windows 10」導入物語(中編):
PR:「働き方改革」を進めるデバイス選定、気を付けるべきポイントは?
OSのチップセット サポートポリシー変更をきっかけに、Windows 10を導入し始めたアイティメディア。社員の生産性が高まるよう、情シス担当はデバイス選びにも気を付けています。働き方改革が叫ばれている昨今、企業がデバイスを選ぶ際に気を付けるポイントはどこにあるのか。情シス担当が日本マイクロソフトの人に聞いてみました。(2017/4/19)

7月24日に:
官民でテレワーク一斉実施へ 東京五輪の“予行演習”
官民挙げてテレワークを一斉に行う「テレワーク・デイ」が7月24日に実施される。(2017/4/18)

日本マイクロソフトは「働き方“で”改革」を強力に推進
日本マイクロソフトが、これまで取り組んできた働き方改革で得られた成果と、今後新たに取り組むことについて言及した。(2017/4/18)

モバイル端末で自動認証:
シスコがユニークな会議端末Cisco Spark Boardを国内発表、KDDIはクラウドPBXを提供へ
シスコシステムズは2017年4月13日、ユニークなオールインワンの会議端末「Cisco Spark Board」を国内発表した。また、KDDIは、Cisco Spark、Cisco Spark Boardを2017年7月に販売開始するとともに、これを使ったクラウドPBXサービスを提供する予定であることを明らかにした。(2017/4/14)

ヤマト運輸、宅急便の運賃を27年ぶり値上げ 労働環境改善の一環 ネット通販の荷物量抑制も示唆
ヤマト運輸が労働環境の改善に向けて、「働き方改革」の基本骨子5つを決定しました。(2017/4/13)

引き受け総量も抑制:
ヤマト運輸、宅配便値上げ正式決定 27年ぶり
ヤマト運輸が、2017年度に取り組む「働き方改革」の内容を発表。運賃改定と総量調整を正式発表した。(2017/4/13)

KDDIとシスコ、「Cisco Spark」の提供で協業 固定電話回線なしで外線通話やクラウドPBXが利用可能に
KDDIとシスコシステムズが提携を発表。「Cisco Spark」「Cisco Spark Board」をKDDIが販売するほか、固定電話回線や宅内機器なしで、クラウドPBXによる0ABJ番号での外線通話も可能にする。(2017/4/13)

「春闘」見直し論も:
なぜ人手不足なのに賃上げは鈍いのか
人手不足が深刻化しながら、労働者の賃金上昇の歩みが鈍いという「パラドックス」が発生している。(2017/4/13)

もっと「ひと」中心の働き方改革、デジタル技術で実現へ
デジタル時代にビジネスを成功に導くにはテクノロジーの活用が欠かせない。そのトレンドを調査した「Accenture Technology Vision 2017」の日本版が発表された。取り上げられたのは、「ひと」のためのテクノロジーだ。(2017/4/13)

働き方改革の現状と課題【後編】
ITを活用した働き方改革を実現する、具体的な方法
セキュリティと利便性を両立した「いつでもどこでも仕事ができる環境」は、既に実現可能段階にある。働き方改革を実現する具体的な方法とは。(2017/4/18)

働き方改革の現状と課題【前編】
セキュリティと利便性を両立する、「デジタルワークスペース」とは
ITを活用した働き方改革は、なかなか浸透していないのが実情だ。社員のPC持ち出しや社外からのアクセスをセキュアに実現するにはどうすればいいのか。(2017/4/18)

PR:テレワークで“ちゃんと伝わる”会議、諦めてない? ビデオ会議はここまで“気軽”に導入できる
(2017/4/13)

「働き方改革は日本の一丁目一番地」――半歩先の未来を体感できる「HPE Intelligent Spaces」とは!?
日本ヒューレット・パッカード(HPE)が、日本マイクロソフトとコラボレーションして日本の働き方改革を推進する。(2017/4/12)

柔軟な働き方推進のヒント 産業界に広がる P&Gはノウハウを無償提供
蓄積してきたノウハウを“出前研修”で社外に無償提供する外資系企業が表れ、人材教育サービス会社も企業の働き方改革の流れを事業機会に据え出した。(2017/4/10)

残業上限「月100時間」は妥当か?
残業時間の上限規制は、繁忙期に月100時間未満とすることで決着した。これは妥当なのか?(2017/4/10)

年間720時間:
残業の上限規制100時間はどう評価すべきか
政府の働き方改革で焦点だった残業時間の上限規制は、繁忙期に月100時間未満。この上限規制をどう評価すべきか。労働問題に詳しい日本総合研究所チーフエコノミストの山田久氏と、過労死等防止対策推進全国センター共同代表幹事を務める弁護士の川人博氏に聞いた。(2017/4/10)

働きやすさは「合理的な武器」に ハンズラボの長谷川流ワークスタイル改革
デジタル改革を推進する武闘派CIOとして知られるハンズラボの長谷川秀樹氏。昼夜を問わずに働くタイプだった同氏が働き方改革を意識するようになったきっかけとは。(2017/4/5)

就活売り手市場に悲鳴、「デジタルレイバー」に期待を寄せる日本企業
「RPA」、いわゆるデジタルレイバーの導入が、生産性向上や働き方改革など、さまざまなビジネス変革の第一歩として脚光を浴びつつある。(2017/4/5)

基礎から学ぶ「グリーンビルディング認証」(2):
人に配慮をした建築空間を評価する「WELL認証」とは
建築物の環境性能を評価する認証制度には、さまざまな種類がある。その1つであり、国際的な認証制度として普及が進んでいるのがLEED認証だ。本連載では一般社団法人グリーン ビルディング ジャパンのメンバーが、こうしたLEEDをはじめとする「グリーンビルディング認証」の概要や、取得のための仕組みを解説する。第2回では人に配慮をした建築空間を評価する「WELL認証」について解説する。(2017/4/7)

PR:「家族との時間増えた」――コクヨが「働きやすさ」向上に新施策 その効果は?
(2017/4/5)

「有給消化8割」など指標に:
“肥満社員率”も目標設定 ロート製薬の「健康経営」
ロート製薬が、2020年に向けて健康経営の目標値を設定する取り組みを発表。さまざまな指標を目標として盛り込み、健康経営の取り組み成果を多角的な視点で評価していく。(2017/4/3)

全日空は荷物の搬出入、吉野家は食器洗浄を時短 ロボットが労働環境改善に貢献
物流や外食業界を中心に人手不足が深刻さを増すなか、ロボットベンチャーが労働環境の改善に貢献している。(2017/4/3)

「本質はWork from everywhere」:
PR:アトラシアン日本法人社長が語る、日本ならではのワークスタイル変革法
今、新たなワークスタイルで仕事の効率を上げていくことが求められている。日本のワークスタイル変革のカギとなるのは? あるべきチームの形とは?――プロジェクト管理や情報共有ツールを全世界に提供するアトラシアン日本法人のスチュアート・ハリントン社長に聞いた。(2017/4/3)

独身男性社員にも効果が:
Google提唱の働き方改革 企業はどう変わる?
Googleが働き方改革プロジェクトを進めている。トライアルに参加した31社延べ2000人の意識は、どのように変わったのか?(2017/3/31)

「働き方改革」を諦めかけた企業へ
“残念な会議”を生産性向上の場に変える「Surface Hub」の実力とは
働き方改革に取り組んではいるが、具体的な成果が上がらない――。こうした企業が見落としているポイントとは何か。取るべき策とは。読者アンケートを踏まえて考える。(2017/3/31)

今、DaaS/VDIが注目される理由
社会的要請高まる企業の「働き方改革」、効果的なIT活用に迫る
労働生産性向上や働き方改革を実践する上で、IT活用は欠かせない。中でもキーテクノロジーとなるのがDaaS/VDIだ。働き方改革でなぜDaaS/VDIなのか、その理由を解明する。(2017/3/31)

長崎ちゃんぽん「リンガーハット」の営業時間を短縮へ 最大で5時間短縮も
首都圏を中心に53店舗で「営業時間短縮」が実施されます。(2017/3/30)

Softbank Brainとは:
ソフトバンクが「社内AI」で進める営業改革
ソフトバンクは、IBMのコグニティブ・システム「Watson」をベースにした社内AI「Softbank Brain」を開発し、社員のサポートに生かしている。Brainはどのような機能を持ち、社員の業務効率化にどう役立っているのだろうか。(2017/3/30)

マルチデバイス/クラウドを管理できる?
働き方改革で生じるデバイスやIDの管理とセキュリティの問題を解消する方法とは
働き方改革が進む中、クラウドやモバイルで、いつでもどこでも仕事ができる環境を作る一方、セキュリティやガバナンスを確保していかなければならない。どうすればいいのか。(2017/3/31)

「インテリ機能搭載 統合ビジネスアプリ」
日本マイクロソフトはパートナーとどう「協業」するつもりか
日本マイクロソフトが展開する「Microsoft Dynamics Partner Starter Program」は、今までとは異なる「協業」型のプログラムだ。同社との「協業」メリットはどこにあるか。その特長を解説する。(2017/3/30)

PR:これまでのIT管理者が女性にモテない理由
女性目線だとこんなに違うビジネスPCの選定基準。社内PCの導入担当者は必読!(提供:株式会社日本HP)(2017/3/30)

「いつものIT」をクラウドに置くメリット
中堅・中小企業でも取り組める、コストを抑えて働き方改革を実現できる切り札
働き方変革ができるのは一部の大企業――。そう考えるのは早計だ。適切なツールを利用すれば、どんな企業でも今より柔軟な働き方を実現できる。(2017/3/30)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。