コラム
» 2012年08月18日 15時48分 UPDATE

ふぉーんなハナシ:「ありがとう」……それしか言う言葉がみつからない――ジョジョスマホの事前予約に行ってきた

いよいよ予約受付が始まったジョジョスマホ「L-06D JOJO」。朝4時半という微妙な?時間帯に地元のドコモショップへ訪れた筆者だったが……。予約の一部始終をリポートする。

[田中聡,ITmedia]

 激しい「喜び」はいらない……それでいて深い「絶望」もない……「植物の心」のような人生を…そんな「平穏な生活」を望んでいた人も、この日ばかりは違ったのではないだろうか。そう、8月18日はジョジョスマホ「L-06D JOJO」の予約受付開始日である。

Twitterがジョジョだらけに

 1万5000台という数量限定とあって、当日はドコモショップの開店と同時に予約終了となることは必至。Twitter上では、17日の22時からプロモーションサイトのTwitterアカウントで、8つの地域別に実況中継が始まり、18日に日付が変わる前から「ドコモショップ○○店に○人並んでいます!」といったつぶやきも見られた。こうした情報はハッシュタグや、ジョジョスマホの公式アカウント(@jojo_sma)がRTをしてどんどん拡散し、一時はTwitterのタイムラインがほぼジョジョスマホの予約情報で埋まるほどの勢いだった。ツイートを見て「もう並んだ方がいいのか?」とそわそわした人も多かったのではないだろうか。一方で、「徹夜で並ばせることを推奨するようなことはやめてほしい」といった意見も見られた。それほどまでに混沌とした状態がしばらく続いていた。

photophoto プロモーションサイトでは、札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡の7エリアでジョジョスマホの予約を実況中継。東京では前日の20時から並んでいる人もいたそうだ(写真=左)。ジョジョスマホの予約情報がTwitterのタイムラインにあふれていた(写真=右)

朝4時半に出向くも……

photo 前日の夜からこうした案内を出しているショップもあった

 筆者が22時30分ごろに近所(都内)のドコモショップに足を運んだところ、「当店では5台入荷予定となっております」との張り紙が。加えて、ショップ脇には「L-06D JOJOご予約の方はこちらにお並びください」との案内があった。こうした案内があれば並ぶ側も安心できるだろう。この時点で並んでいる人は誰もおらず、今並び続ければ確実にジョジョスマホを予約できる。だが、仕事帰りにそのまま並ぶほどの体力もない貧弱ゥ!な筆者は、いったん帰宅して仮眠を取って早朝に出直そうと考えていた。そんなことをツイートしたら「甘い!並べ!」「合掌」といった反応が返ってきたが、万が一の事態になってもそれは記事のネタになるということで……と開き直った次第だ。

 そして4時に起床し、4時30分ごろ近所のドコモショップに向かった。小雨が降っていたが、「関係ない。行け」と自分に言い聞かせながら足早に歩いていった。そしてショップに着いたところ、何とすでに5人が並んでいた。いや並んでいたというか、寝ていた(全員シートの上で)。つまりこれは……そういうこと。現実は非情である。「バイツァ・ダスト」で時間を巻き戻したいと思ったが、時すでに遅し。

 仕方がないので、1駅先の店舗へ歩いていくことに。徒歩20分ほどかかり、意外!と遠かった。こちらのドコモショップはショッピングセンターの中にあるのだが、ショッピングセンターの入り口にでも案内があるのだろうか。入口付近にはすでに3人が待っていたが、ジョジョスマホの案内は特に見られなかった。ここで待っても入手できる可能性は低そうなので、再び移動することに。 逆に考えるんだ、「地元ではなく都心に行くんだ」と考えるんだ。そこで、次はオフィス街へ向かった。しかしこの店舗前にもすでに3人が並んでおり、案内もない。ここも厳しそうだ。時刻はすでに5時30分を回っている。今さらながら気付いたが、都内は激戦区だったのだ。まずい。非常に……まずいぞ…。

やっぱり都内は激戦区だった

 ワラにもすがる思いでチェックしたのが、@jojo_smaのツイートだ。今はここの情報だけが頼りだ。すると、あるユーザーの「○○店に3枠、空きがあります」とのつぶやきが@jojo_smaからRTされていた。ここは都内の店舗ではないが、少し足を伸ばせば1時間未満で行ける。やはり東京都外の方が確率が高いのか……! おれは都内(の店舗を探すこと)をやめるぞ!……というわけで、この方が待っている店舗へ向かうことに。この方にもう1度確認したら「あと2枠ありますよ」とのこと(1枠減っていた)。ほどなくして「1枠になりました」との連絡が。この時点で目的地まであと1駅。ある意味最高にハイ!な状態だった。入社前の面接よりも緊張ながらショップに到着したところ……ベネ。1枠空いていた。このツイートをしてくれた方には「ありがとう」……それしか言う言葉がみつからない……。このとき6時35分だった。

8人中8人目に滑り込む

photo 並ぶ場所が1人ずつ用意されていた

 この店舗では8台が入荷予定となっており、他店と比べると台数が多いようだ。店の脇には1人分ずつテープで区切られたスペースが確保されており、こちらも案内方法がしっかりしていた。「どうしても欲しかったので」という先頭の女性は17日の21時から並んでいたという。2番目の人も女性で、こちらは17日22時から。3番目以降の人たちは明け方から来たそうなので、先頭の方は「ちょっと悔しいですね」と苦笑い。ちなみに筆者の30分ほど前に来た人も女性で、この店舗の“ジョジョラー”は女性率が高かった。隣の女性は「ケータイから乗り替えるので不安はありますが、ジョジョファンなので絶対に買いたかった」と話していた。この方も3時ごろ地元のショップを回ったがすでに定員オーバーで、諦めかけたときに、筆者と同じツイートを見つけて駆け付けたそうだ。

 シートを敷いて座って待っていたものの、下はコンクリートなので、お尻と腰が痛い。あれこれ体勢を変えながら、ジョジョ立ちならぬジョジョ座りで過ごした。「キング・クリムゾン」で時間を吹っ飛ばしたいと思ったが(一番遅く来ておいて何だが)、こうして並んで待つことも、ある種のイベントだと思えてきた。ちなみに8時ごろ、予約目当てと思しき“9人目”が来たが、すでに定員オーバーと知り、残念そうに帰っていった(スイませェん)。

ウェザー・リポートが祝福

photo 無事に予約できた

 その後、開店1時間前の9時に整理券が配られた。10時まで待つのかと思いきや、この時点で店から離れてもOK。時間が余ったので、第1部の主人公と同じ名前のファミレスで朝食を取り、10時前に再びドコモショップへ。ジョジョラーの方たちと談笑しながら待ち、カウンターで商品予約受付票をもらって「完」である。機種変更の具体的な手続きはせず、電話番号を記入、「ぼくの名前は……」と本人確認証を提示し、購入についての簡単な説明を聞いた。また、予約者と契約者は同一名義の必要があること、予約の権利を第三者に譲渡すると予約が無効になる旨も説明された(この2点については、店舗前で目立つように案内しているところもあった)。この間、外は突然の雷雨に見舞われ、まるでウェザー・リポートが予約を祝ってくれているようだった。特に「祝福しろ」とは言っていないのだが。


 今回反省したのは、限定品を並んで買う(予約する)ことが初めてだったとはいえ、激戦区の都内と他ユーザーのジョジョ愛を甘く見ていたこと。ともあれ、店の前で絶望感を味わったり、ドキドキしながら探したり、硬いコンクリートに座りながら待ったりするのも、何だかんだで楽しく、勉強になった。そして、ネットを介して情報提供してくれた方にあらためて御礼申し上げたい。

 さて、苦労して並んだものの、商品を実際入手できるのは12日後の8月30日なのがもどかしい。しかし考え方を変えると、これは「12日間ワクワクしながら過ごせる」ということだ。30日の発売を心待ちにしたい。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.