ニュース
» 2013年02月22日 18時42分 UPDATE

ドコモ、NFCスマホ向けにピンク色のSIMカードを提供

ドコモが、NFCのType A/Bのサービスを利用するのに必要なSIMカードを2月25日から提供する。SIMカードはピンク色。

[田中聡,ITmedia]
photo ドコモminiUIMカード(ピンク色)

 NTTドコモは2月25日から、NFCとFeliCaに対応したスマートフォン向けに、NFCのType A/B方式のサービスを利用するために必要なドコモminiUIMカード(ピンク色)を、ドコモショップで提供する。SIMカードの発行手数料は無料だが、再発行には2100円がかかる。

 SIMカードにType A/B方式のサービスを登録することで、欧米やアジアなど海外で提供されている決済サービスが、2013年度上期から順次利用可能になる。海外で利用できるおサイフケータイのサービスは、「iD」(2013年度上期開始予定)、「MasterCard PayPass」(2013年4〜5月開始予定)、韓国で使えるプリペイド型電子マネー「Cashbee」(2013年度上期開始予定)などがある。

 対象機種は「Xperia AX SO-01E」「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」「AQUOS PHONE EX SH-04E」「ELUGA X P-02E」「Xperia Z SO-02E」。Type A/B方式のサービスを利用するには、ドコモminiUIMカード(ピンク色)に取り替える必要がある。また、Xperia AXとAQUOS PHONE ZETAは、ソフトウェア更新とおサイフケータイアプリのバージョンアップも必要。ソフトウェア更新の提供時期は別途案内される。おサイフケータイアプリをバージョンアップするには、いったんアンインストールしてから、Google Playから新しいバージョンのアプリをインストールする必要がある。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.