レビュー
» 2016年07月06日 18時00分 UPDATE

通信速度定点観測:ランチタイムでも「FREETEL SIM」が速い――「格安SIM」18サービスの実効速度を比較(ドコモ回線6月編) (1/2)

格安SIMを選ぶうえで料金と並んで重要な「通信速度」。2015年7月から続けている本企画では主要な格安SIMサービスの通信速度を月に1回、横並びで比較する。今回は2016年6月のドコモ回線を使ったサービスの測定結果を紹介しよう。

[小林誠,ITmedia]

 MVNOが提供している「格安SIM」を選ぶうえで、料金はもちろんだが、「通信速度」も重要な決め手になる。料金は各社のWebサイトやカタログに表示されていて比較しやすいが、通信速度は各社一律「下り最大150Mbps」「下り最大225Mbps」などと表記されており、実際のところどれだけの速度が出るのかが分からない。

 そこで、2015年7月から各社が提供している格安SIMの“実効速度”を毎月調査し、その結果を横並びで紹介している。今回は2016年6月編として、先月のドコモ系MVNOの通信速度をリポートしたい。au系MVNOについても同時に調査したので、別途記事化する。本企画がMVNOサービスを選択する際の一助になると幸いだ。

SIMカードのイメージ

通信速度の調査方法

 今回、テストを行ったのは以下の18サービスだ。

  • IIJmio
  • OCN モバイル ONE
  • BIGLOBE LTE・3G
  • b-mobile(おかわりSIM)
  • So-net モバイル LTE
  • 楽天モバイル
  • NifMo
  • ロケットモバイル
  • FREETEL SIM
  • DMM mobile
  • U-mobile(LTE使い放題)
  • Wonderlink(LTE Iシリーズ)
  • Wonderlink(LTE Fシリーズ)
  • mineo(Dプラン)
  • DTI SIM
  • 0 SIM
  • イオンモバイル
  • ドコモ(mopera U)

 ドコモの純正サービスであるmopera Uを除くと、MVNOのサービスは計17。前回(2016年5月編)から「ロケットモバイル」を追加している。

 なお、いずれのSIMもLTEの高速通信に対応したものを使っている。

 調査条件は以下の通り。

  • 計測端末:ZenFone 2×2台
  • 計測アプリ:RBB TODAY SPEEDTEST
  • 計測時間帯:平日午前(8時50分〜)、午後(12時20分〜)、夕方(18時〜)の3時間帯
  • 計測場所:JR横浜駅西口(午前、午後、夕方)、東京都港区のアイティメディア社内(午後のみ)
  • 計測回数:各時間帯・場所で1サービス、上下3回ずつ(平均値を掲載)

 各サービスの測定を開始した時刻は、以降の各時間帯の表を見てほしい。通信測定のエラー、明らかにありえない速度(理論値超え)が表示された場合は再測定とした。

 人力のテストなので、全てのサービスを同時に測定しているわけではないことはご理解いただきたい。またau回線の記事でも触れるが、測定の前半はauのMVNOも同時に計測しているため3台同時の測定となり、前半のサービスは測定を始めるまでの準備に時間がかかっている。

 本企画で紹介する通信速度は、時間帯や場所によって大きく変化するので、記事で紹介されている数値を100%うのみにせず、あくまで参考値としてご覧いただきたい。

平日午前はトップに「b-mobile(おかわりSIM)」が登場!

 今回の測定は6月22日(水)、23日(木)にJR横浜駅西口前、6月27日(月)に東京都港区のアイティメディア社内で行った。まずは23日に行った横浜駅での午前中の測定結果をお伝えする。

6月22日のJR横浜駅西口前の計測結果(午前中)

 当日の天候は雨。そのためか周辺に通行人は少なく、通勤通学の人々は駅ビルのなかを歩いていく。特に9時前は人々の足音がとても大きい。そして9時を過ぎるとどんどん静かになっていく。

 今回1位を獲得したのは「b-mobile(おかわりSIM)」だ。これは意外な結果である。先月はトップ10にも入っていないところからの急上昇。下り平均25.62Mbpsはドコモ系MVNOではかなり高速だ。しかも上りの速度でも16Mbpsを超えてトップに。見事な勝利といえるだろう。

 今月は2位に下り平均25.09Mbpsで「DMM mobile」、3位に下り21.87Mbpsでドコモの「mopera U」、4位に下り20.51Mbpsで「BIGLOBE LTE・3G」と、4つのサービスが下り20Mbps台という良好な結果を残した。

 下り平均10Mbps以上のサービスは2つだった。1つは前回も10Mbpsを超えたパナソニック系の「Wonderlink(LTE I)」で、今回は下り13.3Mbpsという結果に。もう1つは、前回は最速だった「イオンモバイル」で、今回は11.23Mbpsという結果となった。

 一方、前回2位の「FREETEL SIM」と3位の「ロケットモバイル」は失速……ではあるものの、いずれのサービスも下り4Mbps台であるため、実用的な速度ではある。

 ワーストは「DTI SIM」の下り1.71Mbps。ネットワークが空いている午前中にこの速度だと心配になる。「Wonderlink(LTE F)」の下り2.41Mbps、「IIJmio」の下り2.42Mbpsも、不安になる数字だ。

 今月はサービスによる速度の差がずいぶんと大きい。

JR横浜駅西口での測定結果(午前)
計測開始時刻 下り平均(Mbps) 上り平均(Mbps)
IIJmio 8:50 2.42 8.94
OCNモバイルONE 8:50 3.3 8.15
BIGLOBE LTE・3G 8:55 20.51 12.17
b-mobile(おかわりSIM) 8:55 25.62 16.14
So-net モバイルLTE 9:00 3.8 5.94
楽天モバイル 9:00 3.01 4.73
NifMo 9:03 6.47 7.81
FREETEL SIM 9:03 4.38 6.64
ロケットモバイル 9:07 4.83 6.87
U-mobile(LTE使い放題) 9:07 5.2 5.81
DMM mobile 9:10 25.09 11.01
Wonderlink(LTE I) 9:12 13.3 7.67
mineo(Dプラン) 9:12 6.01 6.89
Wonderlink(LTE F) 9:15 2.41 6.84
0 SIM 9:15 5.63 7.61
DTI SIM 9:17 1.71 9.03
イオンモバイル 9:17 11.23 7.78
ドコモ(mopera U) 9:10 21.87 14.28

平日午後は「FREETEL SIM」が巻き返す! が、他のMVNOは……

 横浜駅前12時20分からの測定も23日に行った。天候は引き続き雨だが、勢いは若干弱まり、午前中よりも空は明るくなった。傘を差さない歩行者も見られ、外出している人が増えている印象だ。周りには待ち合わせの人も多い。ランチタイムはネットワークが混雑するが、果たして雨の影響はあるのか?

6月22日のJR横浜駅西口前の計測結果(午後)

 全体的に先月からさらに低速化が進んだ印象だ。下り平均1Mbps未満のサービスは5月が11サービスだったが、6月は12サービスに増えている。残りのうち4サービスが下り平均1Mbps台で、それ以上の速度が出たのはたったの2サービスだ。

 1位はドコモのmopera Uで、下り平均24Mbps以上と好調だ。混雑時はやはり純正が強い。2位はFREETEL SIMで、下り平均9.34MbpsとMVNO勢で唯一強さを見せた。4月、5月、6月と「ランチタイムのMVNOといえばFREETEL SIM!」と言っても過言ではない状況が続いている。

 3位には下り平均1.76Mbpsの「楽天モバイル」がランクインした。その他、下り平均1Mbps台となったのはBIGLOBE LTE・3G、b-mobile(おかわりSIM)、「Wonderlink(LTE F)の3つのサービスだ。

 ワースト勢では「mineo(Dプラン)」が下り平均0.19Mbps、DTI SIMが0.29Mbps、「OCN モバイル ONE」で0.33Mbpsと苦しい状況だ。DTI SIMは5月の測定では下り5Mbps台で3位だったのだが……。

 上りの速度を見ると、トップのBIGLOBE LTE・3Gは平均11.69Mbps。2位は平均10.19Mbpsで「NifMo」。他のサービスも平均5Mbps以上は出ている。

JR横浜駅西口での測定結果(午後)
計測開始時刻 下り平均(Mbps) 上り平均(Mbps)
IIJmio 12:20 0.87 5.56
OCNモバイルONE 12:20 0.33 5.2
BIGLOBE LTE・3G 12:24 1.02 11.69
b-mobile(おかわりSIM) 12:24 1.08 9.58
So-net モバイルLTE 12:29 0.49 7.84
楽天モバイル 12:29 1.76 9.3
NifMo 12:32 0.4 10.19
FREETEL SIM 12:32 9.34 7.73
ロケットモバイル 12:34 0.4 7.13
U-mobile(LTE使い放題) 12:34 0.6 7.68
DMM mobile 12:37 0.75 7.31
Wonderlink(LTE I) 12:39 0.75 8.04
mineo(Dプラン) 12:39 0.19 9.92
Wonderlink(LTE F) 12:42 1.07 5.81
0 SIM 12:42 0.44 5.54
DTI SIM 12:45 0.29 8.73
イオンモバイル 12:45 0.63 5.41
ドコモ(mopera U) 12:37 24.46 9.69

平日夕方は6月もつらい! 「DMM mobile」が“純正”に肉薄!

 横浜駅夕方の測定は22日に行った。この日も雨だったが、夕方になると雨があがり、舗装路も乾いている状態。人通りは大変多く、夕方らしく駅周辺は帰宅する人、飲みに行く人、まだまだ遊ぶ人、当然待ち合わせの人も多くいつものように大混雑している。さらに選挙も始まり、街頭演説が行われると多くの人が集まることもある。ランチタイム以上に携帯電話の利用者は多いはず。

photo 6月22日のJR横浜駅西口前の計測結果(夕方)

 というわけで、毎月のように夕方は通信速度が伸び悩む。今月もトップのmopera Uですら下り平均3.33Mbpsだった。先月は下り3.68Mbpsだから少し悪化している。だが、上りの速度では平均7Mbps台でトップを獲得した。混雑する中でも純正の強みを感じられる。

 2位にはDMM mobileの下り平均3.31Mbpsで、純正とほぼ同じ速度となった。上りも平均5.98Mbpsと好調だ。先月の夕方、DMM mobileは下り平均2Mbps台で3位だった。夕方に強い傾向があるのかもしれない。

 3位には下り平均2.73MbpsでFREETEL SIMがつけた。上りも5Mbpsと、純正やDMM mobile同様に強さを見せている。

 残りの7サービスは下り平均1Mbps台で、8サービスは下り平均1Mbps未満となった。ワーストは楽天モバイルの0.42Mbpsで、DTI SIMの0.43Mbps、OCN モバイル ONEの下り0.49Mbpsと続く。この速度では、実用的に使う上で辛いことも少なくない。

 だが、下り平均0.5Mbpsの「0 SIM」が上りでは3位の平均5.82Mbpsで健闘している。上り・下りともにイマイチだったのはロケットモバイルの下り0.88Mbps/上り1.62Mbps(上りはワースト1位)や「U-mobile(LTE使い放題)」の下り0.78Mbps/上り2.03Mbps(上りのワースト2位)などだ。

JR横浜駅西口での測定結果(夕方)
計測開始時刻 下り平均(Mbps) 上り平均(Mbps)
IIJmio 18:00 1.59 3.58
OCNモバイルONE 18:00 0.49 3.27
BIGLOBE LTE・3G 18:04 1.75 4.25
b-mobile(おかわりSIM) 18:04 1.24 4.29
So-net モバイルLTE 18:10 0.97 4.73
楽天モバイル 18:10 0.42 3.67
NifMo 18:14 1.04 5.16
FREETEL SIM 18:14 2.73 5
ロケットモバイル 18:18 0.88 1.62
U-mobile(LTE使い放題) 18:18 0.78 2.03
DMM mobile 18:21 3.31 5.98
Wonderlink(LTE I) 18:24 1.39 3.72
mineo(Dプラン) 18:24 0.57 2.81
Wonderlink(LTE F) 18:28 1.02 4.3
0 SIM 18:28 0.5 5.82
DTI SIM 18:32 0.43 2.84
イオンモバイル 18:34 1.06 3.2
ドコモ(mopera U) 18:21 3.33 7.31

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう