ニュース
» 2009年10月13日 13時00分 UPDATE

2009年PC秋冬モデル:お手軽地デジノートに低価格モデルを拡充――「dynabook TV」

16型ワイドの地デジ内蔵ノートPC「dynabook TV」にCeleron T3000採用モデルが登場。実売14万円台からとお求めやすくなった。

[ITmedia]
og_tv_001.jpg dynabook TV

 16型ワイド液晶ディスプレイ(1366×768ドット)を搭載する地デジ内蔵ノートPC「dynabook TV」は、夏モデルとして登場した1機種から、カラーバリエーションを含む機種に拡充し、エントリー層にもアピールする。実売予想価格は、上位モデルの「TV/68KBL」が18万円台半ば、下位2モデル「TV/64KWH」(リュクスホワイト)/「TV/64PKP」(スウィートピンク)が14万円台半ばとなっている。ともに10月22日に発売される予定だ。

 上位モデルの基本スペックは夏モデルからほぼ変更はなく、CPUにCore 2 Duo P8700(2.53GHz)を採用した基本システムを引き継いでいるが、HDD容量が500Gバイトに増え、光学ドライブはBlu-ray Discドライブに刷新されている。また細かいところでは、Windows 7 Home Premiumの32ビット版/64ビット版セレクタブルOSを採用し、最大メモリ搭載容量が8Gバイトまで引き上げられた。1000BASE-Tの有線LANやIEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN、地上デジタルシングルチューナーなどは従来通りだ。

 一方、新たに下位モデルとして加わった2モデルは、CPUにCeleron T3000(1.80GHz)を採用し、DVDスーパーマルチドライブを採用することで低価格化を図っている。ただし、harman/kardonスピーカーやドルビーサウンドルーム、MaxxAudioなどのAV関連機能をはじめ、HDMI出力やアナログRGB、eSATA(USB 2.0×1と共用)、USB 2.0×4、メモリカードスロット、FeliCaポートなどのインタフェースは上位モデルと同等だ。こちらもOSは32ビット版と64ビット版のWindows 7 Home Premiumを選べるセレクタブル仕様になっている。

og_tv_002.jpgog_tv_003.jpgog_tv_004.jpg 上位モデルはBlu-ray Discドライブを搭載(写真=左)。下位2モデルにはリュクスホワイトとスウィートピンクの2色が用意される(写真=中央/右)

dynabook/QosmioノートPC店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
dynabook TV TV/68KBL 2スピンドル マイナーチェンジ Core 2 Duo P8700(2.53GHz) 4096MB(DDR3) 500GB 64ビット版/32ビット版7 Home Premium 18万円台半ば
TV/64KWH 2スピンドル マイナーチェンジ Celeron T3000(1.6GHz) 4096MB(DDR3) 320GB 64ビット版/32ビット版7 Home Premium 14万円台半ば
TV/64KPK 2スピンドル マイナーチェンジ Celeron T3000(1.6GHz) 4096MB(DDR3) 320GB 64ビット版/32ビット版7 Home Premium 14万円台半ば
dynabook/QosmioノートPC店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV機能 重量
dynabook TV TV/68KBL 16型ワイド 1366×768 Intel GM45 BD-R/RE対応Blu-ray Disc チップセット内蔵 地デジ×1 約3キロ
TV/64KWH 16型ワイド 1366×768 Intel GM45 2層対応DVDスーパーマルチ チップセット内蔵 地デジ×1 約3キロ
TV/64KPK 16型ワイド 1366×768 Intel GM45 2層対応DVDスーパーマルチ チップセット内蔵 地デジ×1 約3キロ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう