ニュース
» 2009年10月22日 06時43分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:「10年に1度クラスのお祭り」――本気の盛り上がりをみせたWindows 7深夜販売 (1/3)

10月22日0時、ついにDSP版Windows 7の一般向け販売がスタートした。そのとき、深夜販売慣れしているはずのPCパーツショップのスタッフには、あまりの反響に疲労の色さえ浮かんでいた。

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

「特価品狙いの人より、OSを買いに来た人が断然多いです」――20時からフィーバー状態

og_akibamatome_001.jpg Windows 7 発売記念 前夜祭イベントの会場。完全なすし詰め状態が、終了時刻の21時20分まで続いていた

 10月22日に発売される「Windows 7」のために、秋葉原にある複数のPCパーツショップが深夜販売イベントを実施した。既報のとおり、21日19時からカフェソラーレ リナックスカフェ秋葉原店にて「Windows 7 発売記念 前夜祭イベント」が開かれており、販売開始の5時間前からすでに電気街は異様な盛り上がりをみせていた。

 20時の段階で、ソフマップ秋葉原リユース総合館には約120人、TSUKUMO eX.にも100人近くの行列ができており、PCパーツショップ密集エリアは通路が埋まりきるほどの人が押し寄せていた。この時点でおよそ500人以上のユーザーが集まっていたとみられ、ソフマップのある店員さんは「発売の4時間前ですでにWindows Vista(の深夜販売)クラスですよ。これはかなりの盛り上がりが期待できそうですね」と、不安とうれしさを混ぜた表情で話していた。結果的にはその倍以上の人が22日0時の解禁を祝い、この大混雑は日をまたぐことになる。

og_akibamatome_002.jpgog_akibamatome_003.jpgog_akibamatome_004.jpg ソフマップ秋葉原リユース総合館の行列は中央通りに作られていた(写真=左)。20時ごろに撮影したPCパーツショップ密集エリアの様子。この状態からさらに人口密度が高まっていった(写真=中央/右)

 この反響について、T-ZONE.PC DIY SHOPは「予想通り……いや、ちょっと上をいっているかな。予約販売の時点でかなり好調だったので、ここ最近の深夜販売よりもたくさんの人に来てもらえるのではと考えていました。それにしても、周囲のショップの行列もすごいですよね」と語る。また、ツートップ秋葉原本店は、1カ月半前のIntel P55マザー深夜販売の際に特価品狙いのユーザーが半数近くを占めたことに触れて「今回はWindows 7を買いにした人が圧倒的に多いようですね。前評判がかなり高いOSですし、期待感が相当あるのでしょう。これは、0時まで人の勢いが減らないということです。ちょっと気合いをいれますね」と話していた。

 人の多さに対して、路上の騒音が少なかったのも今回の深夜販売の特徴といえる。今回は、各ショップが近隣へ気を配り、大声を上げた呼び込みや鳴り物を使った催しなどを屋外で行わないようにしていた。また、PCパーツショップ密集地には、数人のガードマンが派遣されており、各ショップの行列を整理するなどして、通りの混乱を最小限に抑えていたのも印象的だ。一部では「過去に警察にたびたび注意されていたので、次にどこかが一回でも警告を受けると、周辺ショップすべてで深夜販売を中止しなくてはいけないんです」(某ショップ)といった声も聞かれたが、多数の警察官が巡回するなか、そうしたトラブルは発生せずに済んだ。

og_akibamatome_005.jpgog_akibamatome_006.jpgog_akibamatome_007.jpg キャンペーン別に77人ずつ2つの行列を作り、静かに誘導していたT-ZONE.PC DIY SHOP(写真=左)。ドスパラ秋葉原本店は1階すべてを特設会場に改造し、声優の古谷徹氏をはじめとした豪華ゲストのセッションを行っていた(写真=中央)。フェイス秋葉原本店。呼び込みは極力抑え気味にし、派手な演出は店内に集中させていた(写真=右)

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.