ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「天野伸彦(“神様”)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「天野伸彦(“神様”)」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ドスパラ秋葉原本店で「ドスパラTV」店頭公開収録イベントを実施 11月23日
ドスパラは、web生放送「ドスパラTV」の店頭公開収録イベント「出張ドスパラTV 第8世代インテルCPU発売記念イベント」の開催を発表した。(2017/11/20)

古田雄介のアキバPickUP!:
「年末直前まで新製品が出そう」――ノートPCを“2画面化”できる液晶ディスプレイが話題
週末の3連休から本格的に年末モードに突入したアキバ電気街。しかし、PCパーツの新製品の投入ペースは衰えない。先週は拡張ディスプレイ「On-Lap 1301」やEVGAのデュアルGPUカードなどが登場している。(2011/12/26)

5分で分かるPC USER人気記事:
Ultrabook、新CPU、HMDが欲しい11月
11月は「Ultrabook」や「新世代CPU」の記事が注目を集めました。ASUSの薄型軽量ノートPC「ZENBOOK」は3本がトップ5入り。そんなことよりHMDがだな……。(2011/12/2)

古田雄介のアキバPickUp!:
「AMDの盛り上がりに期待してますよ……夏の終わりに」――AMD 990FX搭載マザーが登場!
AMDの次世代CPU「Bulldozer」に対応する新チップセット「AMD 990FX」を搭載したマザーボードが登場したアキバ。ただし、肝心のCPUは姿を見せる気配がなく、多くの店員さんが首を長くしていた。(2011/6/6)

5分で分かった気になるアキバ事情:
旧正月の品薄対策どころではなかった2月のアキバ
P67/H67マザーの販売見合わせにより、市場をけん引していた主力製品が突然姿を消してしまった約1カ月。空いた穴は大きかったが、その間にFusionマザーやSATA 3.0対応SSDが店頭を盛り上げていた。(2011/3/4)

古田雄介のアキバPickUp!:
インテル初のSATA 3.0対応SSDやP67/H67マザー情報も――「自作の祭典2011」
パソコン速組みバトルや、自作PCコンテストのグランプリを決めるユーザーイベント「自作の祭典2011」をWindows 7 Mania事務局が実施。イベント内のセッションでは、インテル初のSATA 3.0対応SSDの紹介や、P67/H67マザーの動向にも触れられた。(2011/3/1)

古田雄介のアキバPickUp!:
“Sandy Bridge”の注目度を具現化!――圧倒的な観衆を集めた「Intel Technology Day in Akiba 2011」
Sandy Bridgeの発売にあわせて、インテルが新プラットフォームの魅力をたっぷり伝えるユーザーイベントを実施。新CPUとチップセットの人気ぶりを反映して、会場内は一日中恐ろしいほどの人口密度を保っていた。(2011/1/11)

古田雄介のアキバPickUp!:
よく冷えて、とっても静音!――300人超が集まった“Sandy Bridge”深夜販売
「Sandy Bridge」こと新CPU「Core i7/i5」が対応マザーとともに販売解禁に。8日深夜、新しいプラットフォームを求めた大勢のユーザーが深夜のアキバに集結し、行儀良く日付が変わる瞬間を待っていた。(2011/1/10)

冬休みはゲームしよう:
「これがPCゲームの世界だ!」――気炎を上げる秋葉原PCゲームフェスタ
最新のPCゲームを一堂に集めた1週間ぶっ通しのイベント「秋葉原PCゲームフェスタ」が開催中だ。初日はインテル・天野氏による「Sandy Bridge」にまつわるギリギリトークも飛び出した。(2010/12/27)

25日はハード、26日はソフトの講演会を開催――「秋葉原PCゲームフェスタ」1Fイベント情報
25日にはNVIDIAやインテル、AMD関係者がハードウェア技術について、26日にはマイクロソフト、カプコンの関係者がソフトウェア技術に関する講演会を開催する。(2010/12/24)

古田雄介のアキバPickUp!:
「自作に“新しい風”が吹いてきた、かな」――AKIBAXで新しい盛り上がり
ベルサール秋葉原で「AKIBAX2010 PC DIYフェスタ」が開催された。いつもの自作PCイベントらしい内容の濃さを保ちつつも、ちょっと違った取り組みが新たな風を呼んだ様子。(2010/7/12)

神様が伝述する「Kシリーズオーバークロック」の極意──DIY PC Expo in Nagoya
秋葉原を飛び出した自作PCユーザーのお祭りに、主要チップベンダーのキーマンが登場。自作PCユーザーの“名古屋場所”は大いに盛り上がった。(2010/7/5)

古田雄介のアキバPickUp!:
拡張現実も立体視もオーバークロックも詰め込んだ!――「Intel in Akiba 2010 Summer」
先々週の「2010 AKIBA PC-DIY EXPO 夏の陣」に続き、先週末は「Intel in Akiba 2010 Summer」が開かれた。自作上級者向けの技術解説から誰でもワクワクできる最新トレンドまで、幅広い内容で来場者を楽しませた。(2010/6/21)

Clarkdale待たないでLynnfield買いなされ:
Intel in Osaka 2009 Winterで大阪日本橋を駆け巡る
インテルが大阪日本橋で「ユーザー参加型」のお祭りイベントを行っている。次の週末には「神様」も降臨する予定とのこと。(2009/12/7)

“3つの3”で勝負をかけるギガバイトのマザーボード戦略
「6 Smart」の次にギガバイトが打ち出したキーワードは「333」。3つの数字がそろうと“なぜか”うれしくなるのは日本人だけじゃないようだ。(2009/11/5)

アキバの“駅むこう”では?:
「業界の活性化につながると期待している」――Windows 7発売記念イベント
10月22日にWindows 7が発売され、秋葉原のヨドバシカメラ マルチメディアAkibaでカウントダウンイベントが開催された。桃井はるこさんや矢口真里さんなどもゲストとして駆けつけ、新OSの登場を祝った。(2009/10/22)

古田雄介のアキバPickUp!:
「10年に1度クラスのお祭り」――本気の盛り上がりをみせたWindows 7深夜販売
10月22日0時、ついにDSP版Windows 7の一般向け販売がスタートした。そのとき、深夜販売慣れしているはずのPCパーツショップのスタッフには、あまりの反響に疲労の色さえ浮かんでいた。(2009/10/22)

Windows 7深夜販売:
Windows 7の一般販売が解禁――真夜中のアキバに1000人を超える群衆
10月22日0時、DSP版Windows 7の一般向け販売が始まり、秋葉原の深夜販売は多くの人で賑わっていた。各ショップのカウントダウンの様子をお伝えしよう。(2009/10/22)

さあ、祭りが始まるぞっ!──神様と兄貴がWindows 7で盛り上がる前夜祭
22日零時のWindows 7出荷開始を前に、異様に盛り上がる秋葉原。ボルテージをさらにアップすべく、インテルとAMDの名物男が立ち上がったっ!(2009/10/21)

古田雄介のアキバPickUp!:
「1000人以上集まるかも」――Windows 7深夜販売に名乗りを挙げるショップたち
Windows 7解禁まで1週間を切り、アキバ各ショップは次々と深夜販売に名乗りを挙げている。今回は“マナーよく楽しむ”ことが重要になりそうだ。フェイスとパソコン工房の巨大店舗もオープン!(2009/10/19)

5分で分かった気になる、9月のアキバ事情:
“大物待ち”のフラストレーションが解消された9月のアキバ
新型Core i7とi5、P55マザーの深夜販売が行われ、次世代GPUも登場した9月。これまで漂っていた“大物待ち”の空気が一掃され、Windows 7発売直前の新製品ラッシュでアキバを沸かせた。(2009/10/1)

古田雄介のアキバPickUp!:
新型CPU&マザーの深夜販売に約150人、ただし「Windows 7の予行練習? みたいな」
9月8日0時にIntel P55 Express搭載マザーボードと、LGA 1156対応の新CPU「Core i7/i5」の販売が解禁となった。アキバでは計8ショップが深夜販売イベントを開催し、新しいプラットフォームの幕開けを盛り立てた。(2009/9/8)

古田雄介のアキバPickUp!:
「Core 2 Quadを買うよりCore i7です」――Intel in Akiba 2008 Winter
年末年始の電気街を盛り上げるべく、インテルがユーザーイベント「Intel in Akiba 2008 Winter」を開催した。表テーマは「Core i7」で、裏テーマは「打倒Atom」?(2008/12/14)

Core i7とX58の性能をフルに発揮する「GIGABYTEからの提案」
日本ギガバイトは、11月21日にIntel X58 Express搭載マザーボードの発表会を行い、新製品の紹介と合わせて2009年初頭に2万円前後のX58マザーが投入されることを明らかにした。(2008/11/21)

真夜中のアキバに400人:
“黒いの”が売れた「Core i7」深夜販売イベント
11月16日0時にCore i7とX58マザーの販売がスタートした。一部でマザーボードの不具合が叫ばれつつも、20万円近い組み合わせのパーツが飛ぶように売れた。(2008/11/16)

ドスパラ、“Core i7”記念深夜イベントを実施――11月15日
サードウェーブは、同社経営のPCショップ「ドスパラ 秋葉原店」にて「Core i7深夜イベント」の実施を発表した。(2008/11/10)

古田雄介アキバPickUp!:
“神様”が予言したCore 2 Quad Q9550の値下げ、3万6000円前後へ
久しく動きのなかったCore 2に新モデルが登場。それを受けてCore 2 Quad上位のQ9550に価格改定が入った。Xeonはいらない子になってしまうのか?(2008/8/11)

古田雄介のアキバPickUp!:
「石を作り続けて40年」――ゴージャスなインテルイベント
アキバ・スクエアの広大なスペースを使い、インテルが夏のユーザーイベントを実施。Intel G45 Expressマザーやオーバークロックマシンなどをたっぷりそろえた。(2008/8/4)

古田雄介のアキバPickUp!:
「Wind Notebook U100」の再入荷は7月末?――“神様”と“兄貴”も登場したMSIイベント
MSIがユーザーイベントを秋葉原で開催。話題のWind Notebookや発表したばかりの新型ノートPCなどを展示し、“たまたま”来場したサプライズゲストによる講演などが行われた。(2008/7/27)

古田雄介のアキバPickUp!:
水冷の次の世界へ――サーマルキャンプで次世代冷却システムを披露
真夏の太陽が最も似合うメーカーの1つであるサーマルティクが、恒例のユーザーイベント「サーマルキャンプ」を開催。新しい冷却の世界へいざなう。(2008/7/21)

古田雄介のアキバPickUp!:
ミニPC戦線拡大――Atom搭載の新型Eee PCがアキバに登場
今週末のアキバで目玉に挙げられたのは、いよいよ販売が始まった「Eee PC 901-X」。一方、500GバイトHDDの低価格競争はついに5000円台へ突入した。(2008/7/12)

PCショップ「ドスパラ」、7月にロゴを刷新――買取査定増額キャンペーンも実施
サードウェーブは、同社経営のPCショップ「ドスパラ」のロゴ刷新を発表した。7月11日には序幕イベントが開催される。(2008/6/11)

「ライバルはXP」:
アキバでVista SP1記念イベント――XP SP3との比較ベンチも
3月15日にWindows Vista SP1が発売解禁となり、アキバで記念イベントが開かれた。招かれたライター陣やインテルの天野氏、そしてショップ店員もあけすけにWindows Vistaについて語った。(2008/3/16)

5分で分かった気になる、1月のアキバ事情:
1年前を振り返ることが多かった1月のアキバ
Vista発売1周年を迎えた1月のアキバ。去年より気温が寒い中で新型Core 2の深夜販売を決行するなどイベントも多かった。老舗パーツショップの閉店もあった。(2008/2/7)

古田雄介のアキバPickUp!:
“ぴったりサイズ”で好評だった新型Core 2 Duoの深夜販売
2008年のアキバで最初のイベントとなった新型Core 2 Duoの深夜販売。商品の在庫を超える人数が集まり、行列に並べない人も出たようだ。「Vistaのときよりよかった」と語るショップも。(2008/1/20)

古田雄介のアキバPickUp!:
45ナノ新型Core 2 Duo解禁直前――深夜販売に並ぶべきいくつかの理由
1月20日の0時から新型Core 2 Duoがいよいよ発売される。「じゃんけんに勝てば500GバイトのHDD」「88GTが7980円」「22インチワイド液晶が当たる」など、深夜販売に参加するショップは、赤字覚悟の出血大サービスを用意している。(2008/1/19)

古田雄介のアキバPickUP!:
「トータルならAMD」――SpiderイベントでPhenomの最新ロードマップを公開
勤労感謝の日にAMDの最新プラットフォーム「Spider」を紹介するイベントがアキバで開催。「直線番長なら他社、トータルならAMD」と、競合“I社”に言及する場面も。(2007/11/25)

5分で分かった気になる、7月のアキバ事情:
深夜販売は、やはりアキバの華だった
インテルの新型Core 2シリーズの解禁で、少数のショップが深夜販売を敢行。当初は不安視されていたイベントも、フタを開ければ大盛況だった。一方のAMDもミドルレンジを中心にシェアを獲得している。(2007/8/1)

古田雄介のアキバPickUp!:
「マザーとCPUはセットで買おうよという時代が来るかも」と“神様”
サーマルティクの新製品を紹介するイベント「サーマルキャンプ2007 in 秋葉原」では、メカチックな超高級ケースが展示され、メインステージには“兄貴”と“神様”が上がった。(2007/7/23)

古田雄介のアキバPickUp!:
アキバの深夜販売は大盛況!!――そしてクアッドコアは市民権を得た
7月22日0時、インテルの新型Core 2シリーズの発売が解禁された。深夜のアキバに詰めかけたのは、予想を上回る約400人。最も人気を博したのは、Core 2 Quad Q6600だった。(2007/7/22)

深夜販売イベント:
新型Core 2解禁直前――深夜のアキバに350人、朝6時から並ぶ人も
7月22日に販売解禁となるインテルの新型Core 2シリーズをいち早く手に入れたいユーザーが真夜中のアキバに集結中。カウントダウン直前の模様をお伝えしよう。(2007/7/21)

古田雄介のアキバPickUp!:
「だって祭したほうが楽しいじゃんよ」――少数でも深夜販売に挑むショップ
Windows Vista解禁以来、約半年ぶりとなるアキバの深夜販売が今週の日曜日0時から始まる。お祭りの御輿はインテルの新型Core 2シリーズ。ただし、参加するショップは少ない……。(2007/7/21)

5分で分かった気になる、6月のアキバ事情:
インテルとAMDが主役を奪い合った1カ月間
インテルがPentium Dual-CoreやP35/G33マザーで市場を盛り上げれば、AMDもRADEON HD 2600/2400やAthlon X2 BE(とCPU価格改定の噂)で話題をふりまく。6月は2大巨頭が注目を奪い合った。(2007/7/3)

MSIの新製品マザーが盛りだくさん──MSIがIntel 3シリーズマザーを多数紹介
COMPUTEX TAIPEI 2007のMSIブースを東京に再現したイベントの最後には、展示されていた新作マザーの記者説明会が行われた。(2007/7/2)

古田雄介のアキバPickUP! 週末イベント:
「Phenom X4は年内に必ず出します」――静かに火花を散らすAMDとインテル
アキバでAMDとMSIがイベントを開催。MSIのゲストに呼ばれた“神様”がAMDの会場を視察し、にこやかに火花が散る場面も。(2007/7/2)

古田雄介のアキバPickUP!:
メイドさんとUltimate α+の祭典に「マニアすぎ……」の声
ダイビルでVista Ultimate α+の祭典がひっそりと開かれていた時、カフェソラーレの店内はインテル主催の展示イベントですし詰め状態。オープン初日のフェイスアキバ店にも長蛇の列ができていた。アキバといえばメイドさん、ではないのだな。(2007/6/3)

5分で分かった気になる、5月のアキバ事情:
「いまはまだ」「きっといつか……」そんな言葉が飛び交った5月のアキバ
HDMI出力端子を搭載したマザーボードが続々と登場し、HDMI対応ディスプレイの予約販売も始まった。グラフィックスカードは、NVIDIAとATIの最上位モデルがデビューしている。(2007/6/1)

古田雄介の週末アキバPickUP! 番外編:
“なんちゃってクアッドコア”ですが、何か?――インテルの“神様”がイベント
インテルが久々のアキバイベントを開催。“神様”こと天野氏がクアッドコアCPUをやさしく解説し、Bearlakeマザーの発売時期も明らかにした。(2007/5/27)

古田雄介の週末アキバPickUP! 番外編:
「I社さんにはまだできない技術でしょ」――AMD 690店頭デモでAMDがIntelを挑発
AMDがアキバ名物の店頭デモイベントを開催。AMD 690シリーズにより内蔵グラフィックスの常識は変わるのか。“兄貴”がマイクパフォーマンスで“神様”を挑発する場面も。(2007/3/26)

Windows Vista深夜販売 総括:
結局“バブル”だったのか?――Ultimate α、並ばずに買えました
Windows Vistaの発売が始まった。ユーザーにとってはアキバの深夜販売史上でも類を見ない“美味しい”イベントとなったが、果たしてショップの採算は?(2007/1/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。