ニュース
» 2010年10月21日 06時00分 UPDATE

Mac App Storeもオープン:次期Mac OS X Lionを発表、2011年夏に発売

アップルが次期Mac OS X“Lion”を2011年夏に発売する。Mac OS X向けの「Mac App Store」は90日以内にオープンする予定だ。

[ITmedia]

次期Mac OS Xは2011年夏に発売

og_macos_001.jpg Lionの新機能のうちほんのいくつかが紹介された「Back to the Mac」イベント

 アップルは10月21日、8つめのメジャーアップデートとなる次期Mac OS X Lionを2011年夏に発売すると発表、同OSに搭載される新機能をプレビューした。また、iPhone/iPad向けのApp Storeと同様に、OS X向けアプリケーションをワンクリックで購入できるMac App Storeも開設する。こちらは90日以内にサービスが提供される予定だ。

 米国で行われたスペシャルイベント「Back to the Mac」では、次期Mac OS X Lionの新機能として、iPadのようにホーム画面にアプリを並べて表示する「Launchpad」、アプリケーションの全画面表示、起動中のすべてのアプリケーションをふかんする「Mission Control」が先行して紹介されている。イベント名の“Back to the Mac”の通り、iPad(iOS)で採用されたUIのいくつかがMac OS Xにも継承された形だ。

og_macos_002.jpg iOSで進化した機能をMacに還元

 Launchpadでは、DockのLaunchpadアイコンをクリックすると、iOSのSpringBoardと同じように、Macにインストールされたアプリケーションのアイコンがホームスクリーンに並ぶ。アイコンの数が増えてもスワイプ操作でページを切り替えられ、アイコンの場所を移動したり、フォルダにまとめることが可能だ。また、iPadと同じようにシステム全体がフルスクリーンアプリケーションに対応し、ワンクリックで全画面表示に切り替えられるほか、トラックパッド(またはMagic Mouse)をスワイプすることで、ほかの全画面アプリケーションにスイッチしたり、デスクトップに戻ったりできる。

 Mission Controlは、起動中のアプリケーションを一目で見渡すための機能で、スワイプ操作で呼び出せる。Expose、Spaces、 Dashboard、全画面アプリケーションのサムネイルなどがまとめて一画面に表示され、各アプリケーションにワンクリックでアクセスできるため、非常に多くのアプリケーションを同時に立ち上げていても、迷わず目当ての作業に切り替えられるのが特徴だ。

og_macos_003.jpgog_macos_004.jpg ホーム画面にアプリのアイコンが並ぶLaunchpad。複数のアプリをフォルダでまとめることもできる

og_macos_005.jpgog_macos_006.jpg フルスクリーンアプリケーションのデモ。ワンクリックで全画面表示に、スワイプ操作でデスクトップと行き来できる。PagesやiPhotoなどで使うと没入感が高い

og_macos_007.jpgog_macos_008.jpg Mission Controlは、Expose、Spaces、 Dashboard、全画面アプリケーションのサムネイルをまとめて表示し、即座に切り替えられる

 一方、iOS向けに提供しているApp Storeと同じように、Mac OS X向けアプリケーションの提供にもMac App Storeを開設する。iPhone/iPadと同様にiTunesアカウントを使う仕組みで、カテゴリや人気によるアプリケーションの検索や開発者からの製品紹介、カスタマーレイティングなどを参照可能。また、目当てのアプリが見つかればワンクリックでダウンロードとインストールが行われ、アプリケーションのアップデートもMac App Store経由でまとめて実行できる。こちらは90日以内のオープンを予定しており、Snow Leopardから利用可能だ。また、2011年夏に出荷されるLionにも含まれる。

og_macos_009.jpgog_macos_010.jpgog_macos_011.jpg 90日以内にMac App Storeがオープンする予定。iPad/iPhone向けのApp Storeと同様にアプリの検索機能が用意されている。購入したアプリは所有するすべてのMacで利用可能。ワンクリックでアプリのアイコンが「ぴょん」とDockに入り、自動的にダウンロードとインストールが行われる。アプリのアップデートがあればまとめて実施できる

 このほか、iPhone 4と新型iPod touchでおなじみのWi-Fiを使ったビデオ通話機能「Face Time」をMacで利用する「FaceTime for Mac」のパブリックβ版も発表された。FaceTime for Macはアドレスブックを使って(相手がiPhone 4なら電話番号、iPod touch/MacならEメールアドレス)通話相手を呼び出せる。なお、FaceTime for Macの利用には、Mac OS X Snow LeopardとApple IDが必要だ。パブリックβ版は無償でダウンロードできる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-