ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「会計事務所」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「会計事務所」に関する情報が集まったページです。

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
大失敗しない「部下の育て方」とは…… どうするこれからの大企業管理職
あまりにもホワイトな環境は、若者にとってかえって“ぬるい”と思われ、離職理由になっているという。成長したい若者と、育て方が分からない上司の間で、非常に不幸なすれ違いが生じている。(2024/5/23)

“日本映画の新しい生態系をつくる” 日本発の映画製作ファンド設立 岩井俊二や是枝裕和らが賛同
海外法人や国内でも新しい投資家が参入しにくい状況や、クリエイターや制作に関わるスタッフへの利益還元も十分でない状況の打破を志向しています。(2024/5/10)

PR:まだデジタル化に悩んでいるの? 多くの企業が陥りがちな“手段の目的化”から脱却するノウハウを専門家に聞く
(2024/3/19)

いまさら聞けない「事業目標の立て方」【後編】
専門家がそっと教える「事業目標を設定する10ステップ」
事業目標を設定するに当たって、どこから情報を調達し、どのような過程を踏めばよいのか。専門家の声から、適切な事業目標を設定するための10ステップを紹介する。(2024/1/31)

いまさら聞けない「事業目標の立て方」【前編】
だから事業目標を達成できない――適切な目標設定に不足している情報とは
事業目標の通りに成果を得られないとき、まず着目しなければならないのはどの部分なのか。専門家たちの見解を基に、事業目標とは何か、適切な設定には何が必要なのかを整理する。(2024/1/17)

IT産業のトレンドリーダーに聞く!:
「会計の民主化」で中小企業の業績向上に貢献 弥生の前山社長が描く日本と弥生の未来
コロナの5類感染症変更以降も、経済状況や社会情勢の激変は続いている中で、IT企業はどのような手を打っていくのだろうか。大河原克行氏による経営者インタビュー連載の弥生 後編をお届けする。(2024/1/11)

IT産業のトレンドリーダーに聞く!:
「スピード、スピード、スピード/生産性の爆上げ/挑戦」 弥生の前山社長が呼び掛けるこだわりの理由
世界情勢の不安定化や物価の高騰、そして継続する円安と業界を取り巻く環境は刻一刻と変化している。そのような中で、IT企業はどのようなかじ取りをしていくのだろうか。大河原克行氏によるインタビュー連載の第10回は、弥生の前山貴弘社長だ。(2024/1/9)

SaaS for SaaSの世界:
SaaS管理が情シスに“刺さる”背景 freeeが買収した「Bundle」の戦い方は
SaaSの急増に伴い注目されるSaaS管理サービス。しのぎを削るメインプレイヤーたちに取材し、サービスの特徴や戦略を探る。今回はfreeeに目を向ける。(2023/12/25)

SaaS for SaaSの世界:
情シス狙う“SaaS管理市場”が盛り上がる背景 179億円調達「ジョーシス」の戦い方は
SaaSの急増に伴い注目されるSaaS管理サービス。しのぎを削るメインプレイヤーたちに取材し、サービスの特徴や戦略を探る。今回はジョーシスに目を向ける。(2023/12/18)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
部下を育てる、Z世代攻略コミュニケーション法
「最近の若者は」と言っていても始まらない人材育成。若手人材からの不満の声と企業からの求める声。ここに人材育成のヒントがある。(2023/12/14)

CFO Dive:
デロイトトーマツの「生成AI」浸透術 1万8千人に使わせる方法
巨大会計事務所であるデロイト トウシュ トーマツは会計監査業務に生成AIを取り入れている。同社は1万8000人の監査専門家にいかに生成AIを使わせているのか。「導入したが、使われなくなったツール」にしないための方策を見てみよう。(2023/12/14)

SaaS for SaaSの世界:
ムダなSaaSを“お片付け” 勃興するSaaS管理ビジネスの可能性 祖業を生かすマネフォ流の戦略は
SaaSの急増に伴い注目されるSaaS管理サービス。しのぎを削るメインプレイヤーたちに取材し、サービスの特徴や戦略を探る。今回はマネーフォワードグループの「マネーフォワード Admina」に目を向ける。(2023/11/27)

経理業務を実は「会計事務所に委託した方がいい」会社とは? 3つのパターン
経理業務を会計事務所に委託した方がいい会社とは? 白井敬祐氏の著書『経理になった君たちへ』(2022年)を一部抜粋しお届けします。(2023/11/22)

IT業界で活躍する女性のロールモデル【第20回】
ライブ配信やアプリで女性活躍の道を開く――IT業界の壁を壊すリーダー
英Computer Weeklyは2012年から毎年、IT業界で活躍する女性を表彰している。大手会計事務所やソーシャルメディアで活躍し、表彰者の中で殿堂入りを果たした女性を紹介する。(2023/10/19)

Cybersecurity Dive:
MOVEit関連のサイバー攻撃 発覚から数カ月も被害者が増え続けるワケ
MOVEitのゼロデイ脆弱性から始まったサイバー攻撃キャンペーンは発覚から数カ月が経過した今も被害者を増やし続けている。(2023/10/8)

SaaS for SaaSの世界:
サブスク時代に花開く「サブスク管理サービス」 ベンダーの声から探るビジネスの着眼点
今回の「SaaS for SaaSの世界」では、このサブスクを支える「サブスク管理サービス」に注目。実際に製品を提供する事業者への取材を基に、ビジネスとしての特徴をひもとく。(2023/9/29)

なぜ被害が減らない? ランサムウェアの最新動向と企業にありがちな“2つの盲点”
なぜランサムウェアの被害が連日のように報道されるのだろうか。そこにはセキュリティ対策を怠りがちな企業によく見られる2つの盲点があった。(2023/9/14)

ハイパフォーマンス営業の頭の中:
キーエンス出身者が教える「営業の仮説思考」 型と組み合わせ、提案力を上げる
成果を出し続ける営業は「型」だけでなく「仮説思考」のスキルも鍛えています。今回は、型と仮説を組み合わせることで営業としてどうレベルアップできるかを解説していきます。(2023/7/20)

CIO Dive:
「社内の“隠れIT人材”を探せ」 大量解雇でIT部門が回らない企業の起死回生策とは
「レイオフの嵐」が吹き荒れた米国企業ではIT部門のメンバーも削減された。新規採用ができない場面で、セキュリティ対策や顧客サービスの満足度を下げないために企業が採る選択肢の中には、「社内で埋もれているIT人材の発掘」もあるという。大量解雇後で不安に見舞われる従業員が増える中でうまくいくだろうか。(2023/7/13)

個人事業主が使うクラウド会計ソフト 3位「マネーフォワード」、2位「freee」、1位は?
MM総研は、個人事業主を対象に「23年3月末時点のクラウド会計ソフトの利用状況」調査を実施した。(2023/7/8)

新連載・SaaS for SaaSの世界:
広がる「SaaSのためのSaaS」 “ゴールドラッシュのつるはし”ビジネスの最前線
SaaSの市場規模は年々拡大しており、一般的にはあまり知られていなくてもしっかりと業績を伸ばしているサービスも増えてきている。本連載では、SaaSの中でもSaaS事業者向けにサービスを提供しているいわゆる「SaaS for SaaS」(SaaSのためのSaaS)を取り上げていく。(2023/6/30)

パスワード管理ツール LastPass vs. 1Password 「使いまわし」「下二桁変更」で済ませていませんか?
パスワード管理はセキュリティ対策の基本。でも10以上のSaaSのパスワードを管理することがあなたにはできるだろうか。多くの場合、パスワードを使い回したり、同じような文字列を用いて下2桁の数字を変える程度のバリエーションになってしまうのではないだろうか。これを解決してくれるのが今回紹介するパスワード管理ツールだ。(2023/5/30)

シリコンバレー銀行破綻の余波【中編】
シリコンバレー銀行の破綻で大迷惑を被ったベンダーの“嘆き節”
シリコンバレー銀行の破綻によって、ある給与計算システムが機能停止に追い込まれた。このトラブルに巻き込まれた給与計算システムベンダーが事態を振り返る。(2023/5/26)

SaaS対決特別編:
ちょうどいい案件管理ツール board
請求書を発行する、という処理だけでいえば、Web上で探せばExcelやWordの無料フォーマットも見つかる。そんな中ユーザー数を増やしているのがboard(ボード)だ。単に「請求書を発行する」だけでなく、その前後の業務プロセスをうまく機能に組み込むことでユーザーの支持を得ている(2023/5/22)

シリコンバレー銀行破綻の余波【前編】
給与を払えない――シリコンバレー銀行の破綻が招いた“予想外の事故”とは
2023年3月にシリコンバレー銀行が経営破綻したことで、“あるソフトウェア”のユーザー企業が給与支払いトラブルに見舞われた。何が起きたのか。(2023/5/19)

クラウドサービスの「エグレス料金」を節約するには【第6回】
「クラウドは高過ぎるからやめる」と決断する前に見直すべき3つのポイント
クラウドサービスから外部へのデータ転送に掛かる「エグレス料金」が高額になると、クラウドサービスを使い続けることが難しくなる。エグレス料金の高騰を抑えて「脱クラウド」を防ぐために気を付けるべきこととは。(2023/5/8)

SaaS対決:
Evernote vs Notion デジタルのメモ帳か、チーム共有のドキュメント管理ツールか
今回のSaaS対決は、ドキュメントを中心とした情報蓄積・共有ツールの古株であるEvernote(エバーノート)と、クラウド時代の新星であるNotion(ノーション)を取り上げる。(2023/4/28)

PwC調査で探る「景気後退下のIT投資」【後編】
米国企業が「DX」並みに重視し、最も恐れる“あの分野”とは?
米国でも主要な投資対象になっている「デジタルトランスフォーメーション」(DX)。PwCの調査によると、米国企業がDXと同じくらい重視する投資分野がある。米国企業の最大の懸念にもなっている、その分野とは。(2023/4/27)

クラウドサービスの「エグレス料金」を節約するには【第4回】
“クラウド高過ぎ”招く「エグレス料金」は割引プランでもどうにもならない理由
クラウドサービスの利用前に綿密にコストを見積もっていても、予想外の利用料金の高騰に見舞われる場合がある。その理由の一つが「エグレス料金」だ。エグレス料金の予測はなぜ難しいのか。(2023/4/24)

SaaS対決特別編:
取引デジタル化の最前線 インフォマートの戦略とは?
BtoBプラットフォームは、企業間のやりとりをデータ化し業務効率化を図るシステムであり、請求書・契約書などデジタル化が特徴。大手企業が導入すれば、取引先も参加しやすくなり、効率的にID数を増やせる。しかし、導入タイミングが重要であり、既に他のシステムを導入している企業が対象となる場合、並行利用が問題となることもある。インフォマートはフード業界向け電子商取引プラットフォームで成功し、コロナ禍や電子帳簿保存法の導入で、企業のデジタル化ニーズを満たすプロダクトとなっている。(2023/4/20)

マネフォ、再び決算上振れ 家計簿ソフトMEの課金ユーザーは急増
マネーフォワードが発表した第1四半期決算は、SaaS ARRが前年同期から42%増加して182.8億円となった。連結売上高は67.9億円、EBITDAは当初の12〜17億円の赤字予想から上振れして7億円の赤字となった。「順調な滑り出しができた」と辻庸介社長。(2023/4/14)

クラウドサービスの「エグレス料金」を節約するには【第2回】
“クラウド好き”でもうんざりする「エグレス料金」はなぜなくならないのか?
クラウドサービスを利用する際に、考慮しておかなければならないコストの一つがエグレス料金だ。クラウドベンダーがエグレス料金を設ける理由と、エグレス料金が高額になるユーザー企業の特徴を説明する。(2023/4/10)

「使われないソフトウェア」の真実【後編】
そろそろ認めざるを得ない「苦労して入れたソフトウェアが使われない理由」
新しいソフトウェアを導入しても、社内でうまく活用されない――。こうした状況を生む原因は何か。ソフトウェアを有効活用するための具体策とは。PwCなどの専門家に聞く。(2023/4/7)

「使われないソフトウェア」の真実【前編】
“使われないソフトウェア機能”が6割 調査で分かった衝撃の事実
PwCらが実施した調査レポートでは、企業がソフトウェアを十分に活用できていない実態が明らかになった。調査で分かった、ソフトウェア活用の“真実”とは。(2023/4/1)

日程調整SaaS対決:
生産性を激上げする日程調整ツール対決 Calendly vs Spir
発展途上の日程調整ツールではあるが、コロナ禍を経て確実に変わった商習慣の中ではこれまで以上に業務の効率化に寄与してくれるはずだ。私は近いうちに「日程調整ツールで候補日程を提示しないのは失礼だ」と言われる日が来ると信じている。それぐらい、メールやチャットでのアナログな日程のやり取りには無駄が多い。(2023/3/31)

フリーウェイジャパン調べ:
「賃上げを予定・検討」中小企業の3社に1社 引き上げ幅は?
フリーウェイジャパンは中小企業の経営者・従業員を対象に「2023年度の賃上げ」に関する調査を実施。「賃上げを予定・検討」している割合は33%という結果に。引き上げ幅のボリュームゾーンは?(2023/3/24)

SaaS対決:
従来の法人カードとは何が違うのか? UPSIDER vs バクラクビジネスカード(後編)
後編では、UPSIDERとバクラクビジネスカードの思想の違いと、それに基づく機能と特徴を概観する(2023/3/23)

SaaS対決:
法人もキャッシュレス なぜ銀行振込からカード決済に? UPSIDER vs バクラクビジネスカード(前編)
今回のSaaS対決では、UPSIDERとバクラクビジネスカードが提供する、決済と管理を円滑にするためのSaaS的な機能を掘り下げていく。単なる支払手段としてのビジネスカードではなく、企業における決済領域全ての業務プロセスをいかに円滑にしていくかという話だ。(2023/3/22)

慌てるな 免税事業者はインボイスどうすればいい? 税理士にぶっちゃけて聞いてみた
年商1000万円以下の免税事業者は、インボイス制度にどう対応したらいいのか? メリットとデメリットを、税理士の杉山靖彦さん(杉山会計事務所代表)に聞いた。(2023/3/3)

ビジネスチャット対決:
Slack vs. Chatwork ビジネスチャットの思想の違いを探る
今回のSaaS対決では、ビジネスチャットの国内ツートップであるSlackとChatworkを取り上げる。ともにカテゴリーとしては「ビジネスチャット」にはなるが、その思想やターゲット、機能、使い勝手は驚くほど違う。単なる機能比較表だけでは見えてこない両者の違いをいつものように歴史も含めてひも解きながら解説していく。(2023/2/28)

積水ハウスなどでメール漏えいの可能性 富士通の法人向けネットワークで起きたトラブルの影響
積水ハウスやなどが相次いで情報漏えいの可能性を発表している。原因はいずれも、富士通の法人向けネットワークサービス。同サービスでは、一部のネットワーク機器でアカウント情報を盗み取る不正なプログラムが動作していたことが分かっている。(2023/2/27)

働き方をさらに変える「人事トレンド」4選【第2回】
人事部門が「メタバース」を使いたくなる“鉄板の用途”はこれだ
「メタバース」は人事部門の間で利用が広がる可能性があると、専門家は主張する。その根拠とは何なのか。人事部門がメタバースの活用で得られる効果とは。(2023/2/20)

インボイス商戦の武器をそろえたfreee ARRは176億円に
10月に迫るインボイス制度の施行に向けて、freeeが着々とインボイス商戦で勝ち抜くための武器を揃えてきている。2月14日に発表した、2023年6月期の第2四半期決算によると、ARRは対前年比36.8%増の176億円に達した。(2023/2/15)

新ベンダー/新製品じろじろウオッチ(5):
生成AIでイノベーションリサーチの投資リストや新規事業の市場性を調査、Valuer Holdingが日本上陸
デンマークの企業Valuer Holding A/Sは2023年1月、世界中のイノベーション事例をAIによって生成し、投資・協業リストの作成や新規事業の市場性を調査するサービス「ValuerAI」の提供を開始した。(2023/3/2)

クラウドストレージSaaS比較:
「Dropbox」と「Box」、老舗クラウドストレージを企業があえて使い続ける納得の理由
今回のSaaS対決では、クラウドストレージを祖業とする両社が、なぜ競争が激化するマーケットにおいて生き抜いてこれたのか、両社の強みはどこにあるのかを掘り下げていく。(2023/1/30)

インボイス受領SaaS比較:
請求書受け取りSaaSでチェックすべき3つの観点 sweeep、バクラク請求書、invox、Bill Oneを比較する
社会変化の中でここ数年の進化が目覚ましいのが、受け取った請求書を処理するSaaSである。今回は受取請求書SaaSを「OCR特化」および「OCR+オペレーター入力補助」の2つに大別した上で、それぞれ2つずつ、計4つのSaaSを取り上げる。(2023/1/18)

リーガルテック最前線:
契約書作成ツールはWordを超える? 法務SaaS完全理解マニュアル ContractS CLM&Hubble編
ここまで契約書の締結、契約書のレビューという順番でリーガルテックを見てきて、次に紹介するのは契約書の作成と管理である。(2022/12/26)

リーガルテック最前線:
AI契約書レビューはどこまで使える? 法務SaaS完全理解マニュアル LegalForce&GVA assist編
今回はAI契約書レビューについて取り上げる。AI契約書レビューシステムに関して「違法の可能性がある」という見解が示されたことを受け、一部報道においてはまるで違反であるかのような伝え方がなされた。この点も今回解説していく。(2022/12/22)

リーガルテック最前線:
どっちが便利? 法務SaaS完全理解マニュアル クラウドサイン vs. DocuSign編
近年リーガルテックと呼ばれる法務関連SaaSが盛り上がりを見せている。今回は電子契約、AI契約書レビュー、契約書の作成と管理の3つの分野で各2つ、合計6つのSaaSを取り上げる。(2022/12/20)

日本中小企業大賞 キーワードは「人材不足解消」 「スナックDX」 「デュアルキャリア」
中小企業や社員の創意工夫や挑戦にスポットライトを当てる中小企業の祭典「日本中小企業大賞2022」。受賞企業は?(2022/12/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。