ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「Altec Lansing」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Altec Lansing」に関する情報が集まったページです。

スマートフォンで車のガソリン残量が分かる:
「Googleアシスタント」が幅広いデバイスで利用可能に――2018年、利用シーンをさらに拡大
「Googleアシスタント」は2018年に、ホームデバイス、スマートフォンおよびヘッドフォン、車載システムなどのさらに幅広いデバイスで利用できるようになる。(2018/1/10)

「その功績を等しくたたえたい」
モバイルコンピューティングを変えた10台の「殿堂入り」ノートPC
画期的な製品の登場によって、巨大産業は変化する。2006年以降に登場したクライアントノートPCで、その後のモデルに大きく影響した「記念碑」的な特徴を備えた10台を紹介する。(2016/9/10)

低予算で選ぶならこんなPC?:
7万円台でタッチもGPUも諦めない――デカ薄ノート「HP Pavilion TouchSmart Sleekbook 15」実力診断
HPが注力する大画面な薄型ノートPCに、15.6型のタッチ対応モデルが登場。価格は5万円台から、外部GPUを搭載しても7万円台で収まる。タッチ対応で低価格なPCが欲しいなら、チェックしてみては?(2013/4/11)

2013年PC春モデル:
タッチ対応15.6型スリムノートが5万円台から――「HP Pavilion TouchSmart Sleekbook 15」
日本HPの2013年春モデルとして登場した「HP Pavilion TouchSmart Sleekbook 15」は、低価格なタッチ対応PCだ。インテルCPU搭載モデルは直販限定で、AMD APU搭載モデルは量販店向けに発売する。(2013/3/25)

2013年PC春モデル:
着脱可能バッテリーを備えた15.6型Ultrabookが登場――「HP Pavilion Ultrabook 15」
ユーザーが購入しやすい、低価格Ultrabookのラインアップを拡充するHPは、2013年発モデルで5万円台の15.6型Ultrabookを投入した。(2013/1/24)

2012年PC秋冬モデル:
2万9820円からのAMDモデルも用意、14型の標準スリムノート──「HP Pavilion Ultrabook 14/Sleekbook 14」
日本HPの14型スタンダードスリムノートは、インテルCPUのUltrabookとAMD APUの“Sleekbook”の2ラインで展開。特にAMDモデルは2万9820円からとする低価格さが魅力だ。(2012/10/12)

2012年PC夏モデル:
日本HP、17.3型から14型まで「HP Pavilion」シリーズ4機種を投入
日本HPは、「HP Pavilion」シリーズの夏モデルとして、17.3型の「dv7-7000」、15.6型の「dv6-7000」および「g6-2000」、14型の「g4-2000」を投入。ノートPCのラインアップを拡充した。(2012/6/19)

7万円台でここまで快適:
第3世代Core i7搭載の15.6型ノートもコレなら手が届く?――「HP Pavilion g6-2000」実力診断
第3世代Coreが登場し、そろそろ自宅用の大画面ノートPCを買い替えようと考えているならば、低予算でパワフルな15.6型ノート「HP Pavilion g6-2000」はどうだろうか?(2012/5/22)

2012年PC夏モデル:
第3世代Core+SSDで快適操作を実現した液晶一体型PC――「HP Omni 220/120」
日本HPの液晶一体型PCでバリューモデルとなる「HP Omni」シリーズは、上位機種の「HP Omni 220」にIvy Bridge世代のシステムとSSDを採用したのがみどころだ。(2012/5/9)

2012年PC夏モデル:
“第3世代Core i7”で8万円前後からの15.6型ノート――「HP Pavilion g6-2000」
「HP Pavilion g6-2000 インテルモデル」は、クアッドコアの第3世代Core i7-3612QMを搭載し、実売価格8万円前後とコストパフォーマンスを重視した15.6型ノートPCだ。(2012/5/9)

アスク、米Altec Lansing製のコンパクトPCスピーカー2製品を発売
アスクは、米Altec Lansing製となるPC向きコンパクトスピーカー2製品「IML247AA」「BXR1320AA」の販売を開始する。(2011/10/25)

“Sabine”のコストパフォーマンスは?:
もはや“3万9900円のノートPC”でもここまで使える時代――「HP Pavilion g6-1100AU」に驚く
ついこの前までNetbookでワイワイ騒いでいたかと思ったが、気が付けば、もっと“使える”ノートPCまで驚くほど安くなっていた。その代表格ともいえる1台をレビューする。(2011/8/2)

売れ筋構成で販売再開、14型サイズの新シリーズ:
6万3000円で、Core i5+外部GPU仕様──「HP Pavilion dv4-3100 ルビーレッド+BDモデル」の実力検証
HPより実売4万円台からの外部GPU搭載14型ベーシックノートPCが登場。今回は外部GPU+Core i5+4Gバイトメモリ仕様で6万3000円の「お得モデル」で実力をチェックする。(2011/7/30)

さらにできるようになったな!:
6万円台の第2世代Core i5搭載15.6型ノート――「K53E」を試す
Intel 6シリーズの不具合騒動もほぼ終息し、各社から第2世代Core i搭載ノートPCが続々と登場している。その中でもASUSの「K53E」は、低価格ながら手堅くまとまった1台だ。(2011/4/11)

AKB48と“ツーショット”:
日本HPが「HP 春コレ・ストリート feat.AKB48」を実施中
日本HPが期間限定のストリートイベント「HP 春コレ・ストリートfeat.AKB48」を新宿駅で開催。テレビCMに起用されているAKB48メンバーが着用した衣装の展示や、オリジナルクリアファイルの配布も。(2011/1/25)

新Core i7搭載で6万円台から:
日本HPの“速くて安い”第2世代Core i7搭載ノートを徹底検証
「HP Pavillion Notebook」シリーズに追加された「dv7-5000」と「dv6-4000 Premium」は、コストパフォーマンスの高さが際立つ“Sandy Bridge”採用ノート。2台まとめてチェックしよう。(2011/1/17)

アスク、AltecLansing社製イヤフォンを2モデル発売
アスクは、AltecLansing社製のイヤフォン“MuZXシリーズ”の「Muzx eXTRA」および「Muzx ULTRA」を発売する。(2011/1/14)

アスク、米AltecLansing製のエントリー向けPCスピーカー2製品
アスクは、米AltecLansing製となるPCスピーカー計2製品「BXR1220」「BXR1221」の取り扱いを開始する。(2010/9/14)

新旧モデルをじっくり比較:
「UL20FT」を徹底検証する――5万円台の“即戦力”モバイルノートPC
Netbook以降、安価で持ち運べるノートPCは当たり前になったが、性能、機能、携帯性のバランスが整った製品は非常に少ない。期待の「UL20FT」はどこまで使えるか?(2010/8/18)

あえてCore iではない選択肢:
AMD製クアッドコアCPU搭載ノート――「HP Pavilion Notebook PC dv6a/CT」を駆る
クアッドコアCPU、外部GPU、15.6型ワイド液晶、Office Personal 2010まで備えたノートPCが約9万円。AMDプラットフォームならではの低価格だが、実際の性能は?(2010/8/10)

NVIDIA 3D Vision標準対応:
“3D”対応ノートPC「G51Jx 3D」の飛び出し具合を体感する
映画やテレビで“3D”が盛り上がりを見せる中、3D対応のゲーミングノートPC「G51Jx 3D」が登場。さまざまな3Dゲームや映像を立体視できる注目の1台を試した。(2010/5/24)

これなら新世代PCに手が届くかも:
7万円台のCore i3搭載ノート「K52F」は買いなのか?
NetbookやCULVノートPCに続き、最近ではさらに上位クラスの製品でも安く買えるようになってきた。ASUSの「K52F-SX003V」は、その典型ともいえるノートPCだ。(2010/3/15)

メインマシンとしても通用する!?:
CULV版CPU搭載、だけど大きめなノートPC――「UL80AG」を使ってみた
安価な薄型軽量ノートPCでおなじみのCULV版CPUだが、あえて大きめなノートPCに採用してメリットを享受する製品もある。ASUSの「UL80AG」は、まさにその好例だろう。(2010/1/13)

元麻布春男のWatchTower:
Core i7ノートPCの実力を「HP Pavilion Notebook PC dv7」で確認する
いまひとつ盛り上がりに欠けるCore i7搭載ノートPCだが、その性能は非常に魅力的だ。デル製PCに続き、日本HPのハイエンドノートPCをチェックした。(2009/12/9)

7 Starterの真価を問う:
Windows 7の登場で“元祖Netbook”はどうなった!?――「Eee PC 1005HR-WS」徹底検証
最近はCULVノートPCの勢いに押されがちなNetbookだが、Windows 7の発売とともに新機種もいろいろと登場している。今回は元祖NetbookことEee PCの最新モデルに注目した。(2009/11/27)

dv2の直系が登場:
CULV版はインテルだけじゃない!!──Congo採用のちょい上ノートPC「HP Pavilion Notebook PC dm3a」の実力は!?
13.3型ワイド液晶を搭載した低価格スリムノートPCを複数ラインアップする日本HP製品の中で、唯一のAMDプラットフォーム採用モデルが「dm3a」だ。(2009/11/25)

金属ボディのニクいヤツ:
2万円安く長時間駆動──7万円台のCULV版「HP Pavilion Notebook PC dm3i」も捨てがたい
13.3型ワイドのディスプレイとメタルボディが特徴の日本HP「HP Pavilion Notebook PC dm3i」。高速なハイパフォーマンスモデルに続き、2万円安く、2時間余分にバッテリー駆動する「ベーシックモデル」のパフォーマンスを検証する。(2009/11/17)

ライバル機との比較も:
Eee PCの衝撃再び!?――ASUSが放つ“5万円台”CULVノート「UL20A」に迫る
1366×768ドット表示の12.1型ワイド液晶、デュアルコアCPU、320GバイトHDD、7.4時間バッテリー駆動で5万円台。CULVノートの新星「UL20A」をじっくりチェックした。(2009/11/16)

それでも9万円台:
CULVでは物足りない──それなら、標準電圧版CPU+外部GPUの「HP Pavilion Notebook PC dm3i」はどう?(前編)
日本HPの「HP Pavilion Notebook PC dm3i」は13.3型ワイドの液晶ディスプレイと“メタル”なボディが特徴のノートPCだ。今回は“CULVでは物足りない!”と思うユーザーに向けた、9万円台の標準電圧版CPU+外部GPU搭載モデルを試した。(2009/11/6)

“安い”と“使える”は両立するか?:
Core 2 Duo×15.6型ワイド液晶×GeForce×Office 2007で10万円切り――「K50IN」を試す
NetbookやCULVノートの影響で、昨今はノートPC全体の低価格化が著しい。10万円を切るASUSの「K50IN」も、メインマシンとして十分な性能と機能、低価格を兼ね備えている。(2009/10/20)

その質感がたまらない:
薄型アルミボディが魅力の“ちょい上”CULVノート――「UX30」を攻略する
ハイコストパフォーマンスのCULVノートが多数登場しているが、デザインにもこだわりたいというユーザーは少なくないはず。ASUS「UX30」なら、そんな願いに応えてくれるかも……。(2009/10/19)

GPU切り替え機能も装備:
大画面×スリムボディが新鮮なCULVノート――「UX50V」に迫る
CULVと聞くと低価格の薄型軽量ノートPCをイメージするかもしれないが、ASUSの「UX50V」は大きく違う。15.6型ワイド液晶を備えつつ、スリムなCULVノートPCなのだ。(2009/9/16)

Netbookを超えたAtomマシン:
Atom×GeForceの個性派ミニノート――ASUS「N10Jb」を徹底チェックする
低価格ミニノートPCのグラフィックス性能が不満というユーザーは決して少なくないだろうが、それに応えうる製品は存在するのか? ASUSの意欲作「N10Jb」の実力を探る。(2009/9/4)

低価格スリムノートPC第2章:
デュアルコア化した新型「HP Pavilion Notebook PC dv2」の性能は?
日本HPの低価格スリムノートPCがモデルチェンジを果たし、全モデルでデュアルコアCPUと外部グラフィックスを搭載した。新モデルの性能をチェックしよう。(2009/7/16)

日本未発表モデルも公開:
ASUS、CULV採用のスリムノートPC「U」シリーズを発表
ASUSは、CULVプロセッサ採用のスリムノートPC「U」シリーズを発表した。12.1型ワイド液晶の「U20A」と15.6型ワイド液晶の「UX50V」を発売する。(2009/6/26)

元麻布春男のWatchTower:
選択肢が広がる低価格ミニPC──「HP Pavilion Notebook PC dv2」の実力を試す
日本HPが、安価なNetbookと高価なモバイルPCの中間を狙って投入したのが「HP Pavilion Notebook PC dv2」だ。大画面液晶と外付けGPU搭載モデルの実力は?(2009/5/14)

真のNetbookキラー見参!?:
価格はNetbook、だけどBD再生もOKな「HP Pavilion Notebook PC dv2」をチェックした
Netbookは安くて魅力的だけど、画面が狭いし性能もいまひとつ……。そんな現状に喝を入れるべく登場したのが「HP Pavilion Notebook PC dv2」だ。(2009/4/23)

シネックス、米トップシェアメーカーのiPodスピーカー「iHome iP9」発売
シネックスが、iPodスピーカーでは米トップシェアを誇るSDI Technologiesの「iHome iP9」を発売。100ワットのクラスDアンプ内蔵やデュアルDockなど、特徴ある製品も今後投入する。(2009/4/9)

アウトドアだけじゃ、もったいない:
高音質から超お手軽まで、注目のiPodスピーカーをチェックする
帰宅後にiPodをセットするだけで、お気に入りの音楽が部屋を包み込む。各メーカー製品が充実してきた今だからこそ、iPod用スピーカーに注目だ。(2008/12/25)

iPhoneのハンズフリー通話が可能なiPodスピーカーユニット
日本プラントロニクスはAltec Lansing製iPodスピーカー「T612」を発売する。iPhoneにも対応しており、i音楽再生中に着信があると自動的に通話状態へ移行する。(2008/12/9)

日本での展開は!?:
我々の右に出るものはいない――HPのハイエンドモデル3兄弟をチェックする
香港で開催された米Hewlett-Packardのアジア太平洋地区コンシューマー向け製品発表会では、数多くのPCが登場した。その詳細を見ていこう。(2008/9/29)

ASUS発表会:
GF9300M GSを搭載したAtomノート「N10J」を国内投入
ASUSTeK Computerが、10.2型ワイド液晶を搭載したモバイルノートPC「N10J」を日本市場に投入する。発表会場には竹製ノートPCやプロジェクター内蔵PCなども展示された。(2008/9/19)

進化するZEN-Design:
光り輝くボディはホンモノか!?――「HP Pavilion Notebook PC dv3000/CT」を試す
コストパフォーマンスに優れたノートPCを数多くラインアップしている日本HPだが、ひときわ“光る”のが「HP Pavilion Notebook PC dv3000/CT」だ。(2008/6/23)

もうガラバリだけじゃない:
春の“芽生え”を「HP Pavilion Notebook PC dv6700/CT」で感じる
独特なデザインでおなじみのHP Pavilion Notebook PCシリーズに、カラーバリエーションモデルが登場した。そのプレミアム感に迫る。(2008/3/19)

名門オーディオメーカー Altec Lansingのヘッドフォンが日本上陸
名門オーディオメーカー・米Altec Lansingのヘッドフォン/イヤフォンが日本上陸。カナル型から密閉型、スポーツタイプ、ノイズキャンセル機能付きなど多彩なラインアップ。(2007/11/29)

新型Zuneは11月13日発売、新アクセサリも発表
Microsoftのほか、Altec LansingやBelkinなどのパートナーがスピーカードックやケースなど60を超えるZuneアクセサリを提供する。(2007/10/31)

シリーズ初のFMラジオ搭載、Altech製iPodスピーカー「iM600」
丸紅インフォテックが米Altec Lansing TechnologiesのiPod用スピーカーユニット「iM600」を発売。シリーズ製品として初めてFMラジオチューナーを搭載する。(2007/10/4)

HP Fall 2007 Consumer Launch:
“Dragon”“Elite”“Verve”でドライブするHPのコンシューマーPC
プリンタ編に続き、米Hewlett-Packardのアジア太平洋地区コンシューマー向け製品発表会のPC編をお届けする。(2007/9/18)

白いSantaは1000台限定:
HPのスペシャルモデルは、夏だけど“雪景”――「HP Pavilion Notebook PC dv6500/CT Special Edition」
“ZEN-Design”を推し進める日本ヒューレット・パッカードの個人向けノートPCに、雪景(sekkei)をイメージした「Special Edition」が登場。実際の質感や性能のほどをチェックしてみた。(2007/8/10)

レビュー:
「機能」でなく「音」で選ぶプレーヤーソフトのススメ
PCで音楽を楽しむとき、どんなプレーヤーを使っているだろうか? 対応ファイルや機能でソフトを選択しがちだが、同じファイルでも再生される「音」が違ったら? 代表的なソフトで再生音の違いをチェックした。(2007/7/17)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。